日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
仲間の法則
いいかげんなんか更新しようと思うので
本日の議題は「仲間の法則」について。

ワンピースにおける仲間の法則として有名なのが、
「○○登場」と「○人目」の2つ。
仲間が初登場した回のタイトルは
そのキャラの名前+登場 になり、
完全に仲間入りした回のタイトルが
仲間入りした順番+人目 になるというもの。

2008年末において仲間になっているキャラクターのうち、
東の海の4人にはこの法則が当てはまっている。
しかし、グランドライン以降の仲間には、
完全には当てはまらない。
なので、今回はなぜグランドラインの仲間に法則が当てはまらないのか、
そして今後この法則は使われ続けるのか、について考えてみる。

まず、グランドライン以降では初の仲間となるチョッパー。
彼は「○○登場」の方は満たしているが、
未だに「○人目」が出てきていない。
この理由として考えられるのは3つ。
1:今後なにがしかチョッパーがらみの事件があり、それが終ったときに「○人目」が出る。
2:チョッパーは正確には人ではないので○人目とはつけなかった。
3:ビビに関する展開を読者に読まれないようにするため。

まず1はナミやウソップと同じ扱いであるということ。
2はつまり、人目という数え方ができないから、ということだが
これは少し苦しいか。
3は、ビビがアラバスタ編終わりで脱退することを予想させないため。
チョッパーの番号は、ブルックが8人目なことから「5」で間違いない。
しかし、チョッパーが乗船したときには既にビビがいたため、
ビビを人数にカウントすればチョッパーの番号は「6」にならなければならないはず。
(ナミやウソップの例から、「○人目」は正式な仲間入りの順番ではなく、
乗船した順番ということになるため。)
よって、もしチョッパーが乗船したときに「5人目」を使ってしまうと、
チョッパーより先に乗船していたビビの順番を飛ばしてしまうことになり、

ビビは「○人目」にカウントされていない → ビビは仲間にならない
→ ビビはアラバスタで別れるだろう

というように、アラバスタ後の展開を読者に予想されてしまう。
なので、チョッパーにはあえて「○人目」を使わなかったのではないか。
もし連載終了までに「5人目」が出てこなかった場合、
その理由はおそらくこれだろう。


次にロビンとフランキー。
この2人は「○○登場」がなく、ロビンは「○人目」もでてきていない。

「○○登場」が使われていないことに関しては簡単に説明がつく。
この2人は、最初は敵として登場したからだ。
敵であるキャラが登場した際に「○○登場」を使ってしまうと、
後々和解して仲間になる、という展開をやはり読者に予想されてしまう。

ロビンの「○人目」については、今のところは
ナミ、ウソップと同じく、今後まだロビン関連の事件が何かしら起こると考えるのが妥当だろうか。


最後にブルック。
彼には「○○登場」が使われていない。
この理由として考えられるのが
1:「○○の冒険」の方を優先した。
2:登場、勧誘、承諾が1話で終ってしまったので省略した。
3:1と2の両方

1は、仲間の法則以外のタイトルの法則として、「○○の冒険」というものがある。
これはグランドライン以降の島などに上陸した際に使われるタイトルで、
「砂の国の冒険」や「長い島の冒険」など。
で、ブルックが登場した際のタイトルは「魔の海の冒険」。
つまり、「○○登場」の法則よりも「○○の冒険」の法則を優先したのではないかと。

2は、ブルックは仲間の中では最速でルフィからの勧誘を承諾している。
他の仲間は登場してから実際に勧誘を受け、承諾するまでに数話を要しているが
ブルックは登場したその話のうちに承諾している。
なので、あえて「○○登場」のタイトルをつけて
読者に対してブルックの仲間入りを匂わせておく必要がなかったのではないか。


と、現在仲間になっているメンバーの法則については、自分は上記のように考えている。
そうなると、「○○登場」の法則にあてはまっているが仲間になっていないキャラである
エースは今後どうなるのか。
上記のように自分は仲間の法則はまだ生きていると考えているので、
エースは現在のインペルダウン編の終了後に仲間になるのではないか。
スポンサーサイト

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック

| ONE PIECE考察 | 17:39 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。