日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

抜き足の速さについて | main | 週刊少年ジャンプ2010年14号の感想と予想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
自然系能力者vs覇気について
いつだったかの感想で書いた奴に加筆訂正したものです。

単なる思い付きでQ&A形式。

あと例によって断言してますが確定情報ではないですよ。

結局、覇気による攻撃が自然系能力者に効いているのかいないのか
よくわからん、という意見をお見受けしますが

「覇気を使うと自然系にも攻撃が命中するようになるが、
 別に相手の能力を封印しているわけではない」

で覇気vs自然系がらみの事象はだいたい説明できると思う。


Q:なんで「能力を封印しているわけではない」って言い切れるの?

A:ルフィvsサンダーソニアにおいて
 ソニアの覇気込みの締め付けをくらいながら足を伸ばしたルフィ、
 黄猿vsレイリーにおいて
 「能力」で作った天叢雲剣が「覇気込み」のレイリーの剣と
 斬り結べていたこと、
 青キジvsジョズにおいて
 ジョズの覇気込みのパンチをくらった青キジが
 氷化して砕けたこと。

 これら3例では、能力者は覇気を込めた攻撃に接触していながら
 実の能力を発揮できているので、
 覇気に相手の能力を封印する効果はないものと思われる。


Q:なんで赤犬にはマルコとビスタの覇気斬撃が効いてないの?

A:あれはたぶん効いてる。
 少なくとも、覇気斬撃が何の効果もないんだったら
 「クッ」とか「(覇気使いが)うっとうしい」とか言わない。


Q:でも赤犬は切り口がマグマ化してたけど?

A:前述の青キジvsジョズでは、
 青キジが覇気パンチを受けた際に氷化して砕けたのに、
 再生した青キジは口から血を流していた。

 つまり自然系能力者は、覇気攻撃に対しては
 「身体が自然化したからといって
  ダメージを無効化しているとは限らない」
 ということ。

 赤犬の場合も、斬られた部分がマグマ化していることは
 ダメージの無効化とイコールではない。

 切り口がマグマ化していたのは、
 このときの赤犬は別に能力が封印されているわけではないので、
 ダメージがあろうがあるまいが
 「斬られた所は自然系の能力で元に戻る」からかと。
 もちろん、元に戻るのは「身体の欠損」だけで
 「斬られた痛み(ダメージ)」までは元に戻らない。


Q:なんで白ひげの覇気攻撃では赤犬はマグマ化しないの?

A:マルコらに斬られた際のマグマ化はあくまでも
 身体の欠損・破損を再生するためなので、
 身体が破損しない「打撃」ならマグマ化はしない。


Q:でも青キジは覇気で殴られて氷化したんじゃ?

A:青キジのヒエヒエは自然系でも特殊な「固体」に変化する能力。
 「体が崩れてもダメージを受けず、無限に再生できる」という点は同じでも、
 他の自然系が柔軟・流動的であるのに対して、ヒエヒエは「硬い」。
 これは、青キジがロングリングロングランドで
 ルフィに蹴り飛ばされていたことからわかる。
 自然系は基本的に物理攻撃が当たらないが、
 ヒエヒエは硬いが故に、物理攻撃が覇気なしでも当たる。
 (覇気なしではダメージは通らないだろうが)

 そして青キジのみ覇気打撃で自然化するのは、
 この硬さが原因ではないかと思われる。
 硬いものはつまり変形の余地がないものということなので、
 強い衝撃を与えると変形せずに壊れてしまう。
 ゴムボールとガラス玉では、硬いのはガラス玉の方だが
 これらを地面に叩きつけるとガラス玉の方が壊れてしまうように。

 つまりゴムボールが普通の自然系、ガラス玉がヒエヒエのようなもの。
 普通の自然系能力者は覇気打撃を受けても体が変形する余地があるが、
 「硬い人間」である青キジはもう変形の余地がないため、
 覇気打撃でも体が壊れてしまう。
 (しつこいが、覇気では能力は封印されないので、
 覇気打撃を受けた瞬間の青キジは「氷人間=硬い人間」のまま)

 そして、前述の通り覇気の攻撃を受けた際の自然化は
 「身体の欠損」を再生するためのもので、
 「変形」程度では発動しない。


雑多ですがこんなところで。
スポンサーサイト

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック

| ONE PIECE考察 | 20:32 | トラックバック:0コメント:2
コメント
これに関しては様々な考察がなされていますが、自分が考えるには、覇気で覇気攻撃の覇気を無効みたいなのもありそうな気がしています。
青雉と赤犬がそれっぽいことをやってますし、黄猿がレイリーとぶつかった時も戦桃丸がそれを示唆するような発言をしていますし。

あと、皆さん覇気とロギアの関係についてあれこれ考え過ぎな気もします。
覇気という新要素は、人物の強さをより如実に表現するための補助要素と考えるのが妥当で、ロギア能力者が覇気持ちキャラの攻撃を喰らったのに問題無く流動しているのも、そこまで気にすることでもないと思います。
どちらも人間で同様に互いに気迫もあるんですし。
ただ尾田先生としては、疑問を持つ読者が多いがために、どうしても説明が必要だと考えたのでしょう。
2012.10.18 Thu 08:13 | URL | ぎょく
Re: タイトルなし
ぎょくさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> これに関しては様々な考察がなされていますが、自分が考えるには、覇気で覇気攻撃の覇気を無効みたいなのもありそうな気がしています。
> 青雉と赤犬がそれっぽいことをやってますし、黄猿がレイリーとぶつかった時も戦桃丸がそれを示唆するような発言をしていますし。

覇気の強さで優劣が決まるとかはありえそうですよね。
スモやんの「お前の覇気じゃ受けきれねえ」もそれを示しているような気がします。


> あと、皆さん覇気とロギアの関係についてあれこれ考え過ぎな気もします。
> 覇気という新要素は、人物の強さをより如実に表現するための補助要素と考えるのが妥当で、ロギア能力者が覇気持ちキャラの攻撃を喰らったのに問題無く流動しているのも、そこまで気にすることでもないと思います。
> どちらも人間で同様に互いに気迫もあるんですし。
> ただ尾田先生としては、疑問を持つ読者が多いがために、どうしても説明が必要だと考えたのでしょう。

深く考えすぎ、
というのは確かにそうかもしれません。
が、
自分とかはむしろ深く考えることができる題材が、
作中で説明されてしまう前に考察すること自体を楽しんでいる人種ですw

ただまあ、「描写」の問題として、
覇気こめたはずなのに自然系に効いてない、
と理解されてしまう描き方が少なからずあるというのが
ややこしく考えてしまう原因としてあるとも思います。



2012.10.19 Fri 00:39 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/102-831dfb91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。