日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

賢い犬リリエンタール 単行本2巻について | main | 週刊少年ジャンプ2010年16号の感想と予想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2010年17号の感想と予想
みなさんこんばんわ。

ミリィさんのチート性能に頼りっきりで99階まで行ったら
道具がなくて宝物庫の謎が解けなかったpsychobindです。


例によって早売り感想ネタバレ注意ですよ。


雛森さーん!
もうカメラ回ってますよー!

○ONE PIECE
-扉絵
あら、ビビの出番あった。

したらば今度こそ次の扉絵連載シリーズ開始だと思うんだけども、
今の展開からすると、
麦わらの一味のその後よりもインペルダウンで何があったか、
をやりそうな気がする。

麦わらの一味の扉絵連載が終わった後、
各メンバーの一枚扉絵が始まって、それが全員分終わったのが黒ひげ登場前。
今回、「メンバー2~3人で扉絵」が入ったのは、黒ひげ登場前に
インペルの扉絵シリーズを始めることができなかったからじゃないかな。


-黒ひげ
ところで黒ひげがマリンフォードを揺らした時の絵にウルフがおらんのだが。
どこいった。


-津波警報
今回のパンダマンはいつになく焦っています。


-コビー
ここにきてまさかの「心綱」覚醒!?

心綱も覇気の一種というふうにも考えられるから、
ハンターの念よろしく、ルフィの覇気に当てられて覚醒したとか。

あと、「悔いはない」のあたりは第2話の流れを踏襲してますね。


-白ひげ海賊団
ク…クリエル隊長ー!!!

やはり隊長といえど、大将クラスと戦えるのはビスタ以上、
マルコ、ジョズ、エース、ビスタくらいのものなのかね。


-黄猿
ああ久しぶりの黄猿さん。
噂ではモデルになった俳優さんの事務所からクレームが来たとかあったけど、
無事に作品に復帰できて何より。

復帰ついでに少々。黄猿さんはこの戦争中、
ルフィを殺せる機会があってもそうしなかったってことで、
「鍵を壊すんじゃなくてルフィの頭を打ち抜けばいいのに」
「蹴るんじゃなくてレーザーで撃ち殺せばいいのに」
とかいろいろ言われてまして、今週も
バギーごと打ち落とせばいいのに、あえてしなかったり。

でもですね、これらの疑問についての回答は至極単純。
黄猿は最初っからルフィを殺す気なんてないんですよ。
ルフィが戦場に現れたときに
「お前を"捕まえないと"天竜人が~」って言ってるし、
今週も
「"置いていきなよォ~" 麦わらのルフィを」
って言ってるし。
海軍のなかで、少なくとも黄猿は
ルフィを「生け捕り」にして天竜人に差し出したいと考えてるはずで、
黄猿がルフィを殺せるタイミングなのに殺さないのはそういうわけ。

まあ、赤犬はそんなことガン無視して殺しにかかってますけど。
黄猿はシャボンディに出向いた張本人ってことで、
天竜人から強く言われていたりするんでしょうかね。


-赤髪
え!? まじで!?
シャンクスここで来ちゃうの!!!??

これ以上の大物の参戦はないと思ってたのでこれはビックリ。
先週の帽子の伏線は意外とあっさり回収されましたな。
でも帽子は誰か別の人を経由してルフィに戻ってくるんだろうなあ。
あの帽子はルフィが直接シャンクスに渡さないと意味ないし。

今のうちに想像されるツッコミに信者なりに回答しておきましょう。
「来るならもっと早く来ればいいのに」
・インペル編でカイドウと小競り合いしてたという情報があったので、
 シャンクスが戦争に遅れたのはそれが原因でしょう。

「正義の門が開いてないのにどうやってきたんだよ」
・正義の門が問題になるのはタライ海流に乗ってる場合のみ。
 タライ海流を迂回すればマリンフォードには普通に近づける。

「赤犬を止められるシャンクスがなんで近海の主に腕を・・・」
このへん参照。
 あとでこの記事書き直そうかな。


しかし今さらだけどベックマン老けたなあ。


○BLEACH
-今週のサブタイトルをExcite先生に翻訳してもらおうのコーナー
Edge of the Silence

沈黙の縁

おお、かっこいい。
やればできるじゃないですか先生。


-藍染様の自白タイム
他のはともかく、
「撒き餌ごときで大虚が現れたこと」
に関しては、確かに当時から謎とされながら
その原因についてはいっさいがっさい説明されていなかった。
と記憶している。

ただ悲しいかな、久保師匠の場合、
「狙って予め張っておいた伏線」というよりは
「とりあえず張っておいた伏線をあとでこじつけた」と
捉えられてしまいがちなのですね。
まあ、どっちかというなら自分も後者っぽいなとは思いますが。

今週、親父が出てきましたけど、
その親父の「コンは名前で読んでない事件」のときも
読者の反応はそんな感じでしたからねー。


-親父
そんな親父。
がここにいるということは浦原さんたちも来週辺り出てきそうな。

つーかこの親父さんは何者なのか。ようやく明かされるときがきたか。
浦原より立場は上っぽいので、浦原が入るより前の時代の隊長格?
あるいは王族特務とやら?


○黒子のバスケ
-黄vs青
うお。
一週で終わるかと思ってたら意外と引っ張るのね。

しかし、考えてみれば当たり前か。
こーいう「ライバルvsライバル」の戦いがごく自然にできるのが
スポーツ漫画の利点の一つだし。
主人公が絡まない試合は勝敗が予想しにくいから盛り上がるし。

しかしそれでも現時点でのラスボスである青峰君が負けるとは思えず。


○ストキン炎&ガリョキン炎
ストキンがリーチ朗先生と大場先生、
ガリョキンが村田先生と小畑先生。

ものの見事に作画分担作家が得意分野を担当してますなー。
編集部もこの漫画賞はコンビ作家を育てるのが狙いなんだろうか。

バクマンもある程度連載が進んだら
漫画賞の審査員な内情みたいな展開を描いてくれないかな。


○SKET DANCE
-なわとび
何をどう考えても1対1のが大縄より難しいです。
狭いし短いし。


-クラス
普段、放課後の活動ばっか見ているせいか、
いまいち誰がどこのクラスだかわからない。

スケット団の3人が同じクラスなのも、
キャプテンが違うクラスだったのも、
チュウさんが担任だったのも地味に驚き。

ああでもスケット団の3人は文化祭で同じ出し物やってたかそういえば。


○アラタのツクモガミ
なんとなーく、岸本先生のアシっぽい気がした。
絵柄とか自画像とか。

話の大筋は先週の読み切りとだいたい同じなんだけど、
主人公と相棒をいがみ合う関係にしたことや
主人公本人が覚醒するわけではないこととか、
テンプレからけっこうはみ出してて良かった。

「足元から崩してやる」と言いながら
アラタ本体に向かっていった敵さんはどうかと思ったけど。


○PSYREN
-生存
何・・・だと・・・?

新たに生存した根の人たちに「アゲハと会った記憶がある」ということは
この記事で予想した説は間違っていたというわけか。

つまり、
・歴史改変を行えば、
 過去に行われたサイレンゲームでのアゲハ達の行動も変化する。
・しかしサイレン世界でのアゲハ達の行動が改変されても
 現代のアゲハ達の行動が改変されることはない。
というわけですな。

今回の改変で言うなら、
・宣戦の儀のDVDの内容が消えたので3rdのアゲハ達はDVDの内容を知らない。
・しかしアゲハ達が現代に持ち帰ったDVDに「宣戦の儀」と書くのは変わらない。
と。

しかし何をどうすればこんな事態になってしまうのか。
一番不思議なのは、
「根でフブキと涙の再会を果たしたアゲハ」は
一体全体どこにいってしまったのか?

このアゲハをアゲハ(改)とすると、
オリジナルアゲハの記憶が書き変わっていない以上、
アゲハ(改)は「現代」には帰還していない。
かといって、パラレルワールドの「別の現代」に飛んだというのは、
大改編のときのみパラレル化する、という07号の説明と食い違うし。

思うに、アゲハ(改)は
4thをクリアして現代に送られた時点で消滅してしまうのでは。

以下の図は4thクリア直後の歴史の状況。

生存


重要なのは、この時点で
「エルモアウッドと再会した(フブキと再会していない)アゲハの帰還」が
歴史的事実として刻まれているということ。

そしてここから影虎vsジュナス、弥勒vs01号、遊坂関連等
いろいろと歴史改変を行って、
5th開始直後がこれ。

生存2


歴史改変の影響を受けたのが青い領域。
これによって4thでのアゲハと根の住人達との邂逅が変化し、
この時点で既にフブキと再会を果たしている「アゲハ(改)」が誕生する。

しかし、歴史改変というものは、
基本的に「未来」を変えるものであって「過去」は変えられない。
PSYRENという作品でいうなら、
ネメシスQの存在する「今」よりも未来の歴史のみが改変可能なのであって、
「今」よりも過去の歴史は「確定」してしまっていて変えることはできない
(図の赤い領域)。
そして4thからアゲハ(アゲハ(改)ではない)が帰還することは
この改変不可領域に入ってしまっている。

したがって、歴史改変によってどれだけ4thのアゲハの行動・記憶が変化しようと、
現代に帰還するアゲハは
「エルモアウッドと再会した(フブキと再会していない)アゲハ」
で確定してしまっているのではないか。


・・・と考えてみたんですがいかがでしょう。


-祭先生
ああ・・・考察したらなんか疲れた。
殺意の波動に目覚めた雨宮さんとか
まさかのイアンパパとかちょっとだけヴァンの性格が大人しめになってそうだとか、
いろいろあるけど他サイト様にお任せします。

で、祭先生のことだけ。
5th招集直後から行方不明ってことは、
転生の日の後に救助活動を行っていない、
つまりグラナ&シャイナに遭遇していないってことなので
間違いなく生きてるでしょう。

ジュナスが再戦フラグ立ててたし、今回エルモア側がピンチになった所で
アメリカンコミック・ヒーローのようにジャジャーンと登場して
「待ってました!」と間一髪助けてくれるってわけにはいくんでしょう。


-スカージ
顔見せてない人が怪しい。怪しすぎる。

そもそも顔隠しキャラってのは
・既出キャラである
・意外な正体(男と見せて女、誰かの肉親など)
の2択なんですが、
これ前者じゃね? 朧じゃね??


-ヴィーゴ
どこにもイルミナが見当たらないんですが
生身? それとも背中に?

この人も自分で名前考えたんかなあ。
それともかがり火さんに
「ヴィーゴ」か「げろしゃぶ」みたいな2択でも迫られたのか。



○バクマン。

-タント
本当に打ち切ったー!!

しかしタントは黒歴史にはして欲しくないなあ。
ちゃんと「タントで身に着いた○○があったからこそ」
みたいな展開にしてくれないとこの作品が浮かばれない。


-次回作
で、結局はここに戻ってくるわけだけど、
次どうすんだろう。

少なくとも両新妻作品に匹敵する作品になることは間違いないんだけど、
少年誌の看板作品っつったら
・ジャンプ:ほぼすべてバトル系
・サンデー:推理、ラブコメ、野球
・マガジン:不良、ボクシング、バトル、推理

チャンピオンはわかりませぬ。
推理を狙ったTRAPがダメで、シュージンにスポーツは無理。
ラブコメは蒼樹先生のがすでにあるし、不良ものが今受けるとも思えん。

もうバトルに行くしかないって。
普通の王道バトルがだめなら、ジョジョやハンターよろしく
頭脳戦メインのバトルにすれば。
一応、頭がいい設定のシュージンならアホの心理戦にはならんでしょ。


○べるぜバブ
-あらすじ?
前から思ってたが、遊びすぎだろう編集の人。


-城山さん
あんた、漢や・・・( ´Д⊂ヽ

先週、姫川にも突っ込まれてましたけど、
神崎のが城山さんに酷いことしてたわけなんですが、
しかし城山さんはそんな神崎が入院して
部下達が軒並み離れていった時でも決して離れようとはしなかった。
そんな忠義の塊である城山さんに対してなら
神崎がその態度を変えたとてなんら不思議はないわけです。

まあ、敵討ち失敗しましたけど。神崎。


○賢い犬リリエンタール
-掲載順そして内容
う・・・
これはさすがに信者といえど
まとめ展開にはいっていると認めざるをえない。

でも今までのキャラ総出演で
いいお話にしてくれることを期待しております。


-おかしくて平和な日常
食費は払わないがちゃんとお手伝いはするLLL。
一瞬で怪我が完治した紳士。

そしてリリがスカーフを外し忘れていますな。


-ザッツ大人
しかし016さまとシュバインさんが味方に回ることのなんと頼もしいことよ。
戦闘力的な意味ではなく状況判断的な意味で。

うーん、しかしあのオペレーターのお姉さんはもう出てこないのかなー。


-黒服
ねこ絡みでアキラとも共闘。戦力にはならんか・・・?
だれかあの子に銃を与えてあげて。

そしてエリート組の2人は首領の側についたようですが、
龍之介が引き抜きを期待してたのはこの伏線だったわけですね。


-現状
本部:リリエンタール、ねこ
   2匹で協力でもして脱出?

日野宅:日野家一同、紳士組、016さま、シュバインさん、アキラ
    本部に殴りこみ? どうやって?
    マリーの部屋の扉を繋げればいけるかなあ。

その他:春永姉弟・・・留守番?
    ごむぞう・・・直ったら春永姉弟と出撃しても。
    グラサン組・・・出番なさそう。
    日野両親・・・出るとしたら最後の切り札だろうなあ。


○ジャン魂G!
-日本一決定戦
カスガイガーには申し訳ないがNo.14が一番良かった。
最下段の3つはどれも良かったけど。


-フキダマシイ
髭男色、ペンネームもいいがネタもイイ!!


-今日のカスガイガー
せっかくの絵ネタだけどちっちゃくて
爪に何かいてあるのか見えない。

+6Pで依然として首位キープ。がんがれ。



スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 20:01 | トラックバック:0コメント:6
コメント
○ワンピ
ここでシャンクスとは全く想像してませんでした。
白ヒゲにエースを止めるよう直談判しに行った時もそうでしたが、シャンクスは現在のパワーバランスを崩したくないと考えてるんですかね。
海賊でそういう配慮をする人は珍しいように思いますが。

しかし、いくらシャンクスとてこの状況をどうにか出来るとは思えないんですが、どうするんでしょう。

黄猿がフリーズの姿勢をしてるということは、ベックマンの銃弾は黄猿にも脅威なんでしょうか。
光速移動でも避けきれないほど速く、覇気を纏っている?

コビーは言ってることとか何となくガンダムっぽいと思いました。
声が消えていくという言い回しもニュータイプというか。

○PSYREN
>・宣戦の儀のDVDの内容が消えたので3rdのアゲハ達はDVDの内容を知らない。
>・しかしアゲハ達が現代に持ち帰ったDVDに「宣戦の儀」と書くのは変わらない。

これ、アゲハ達の「記憶」に修正がされていないだけで、身体的な「経験」としては修正がされているというのはどうでしょう?

つまり、アゲハ(改)は現在のアゲハと全く同一で、アゲハが認識できないだけで、身体的にはフブキと涙の再会という経験をしているとか。

中身のないDVDが持ち帰られたままになっているように、ドリフトの「行動の歴史」は基本的には改変の影響を受けにくいけれども、改変の整合性の為に必要な部分は「世界」によって修正されるとか。

ものすごく都合が良いし、私自身もよく分からないで書いてるんですが。

○バクマン。
読者には申し訳ない、みたいな台詞はサイシューから欲しいですね。
2010.03.29 Mon 08:48 | URL | sui
>・宣戦の儀のDVDの内容が消えたので3rdのアゲハ達はDVDの内容を知らない。
>・しかしアゲハ達が現代に持ち帰ったDVDに「宣戦の儀」と書くのは変わらない。

アゲハたちの記憶も改変されれば、未来改変自体認識できないので記憶が改変されないのは仕方ないかと思います。
アゲハたち本人にとっては4thは既に過去の出来事ですし改変されないのでしょう。
ドリフトがイレギュラーだからってのもあるかもしれませんが。
逆にサイレン世界自体は未来の出来事だから改変されてしまい、今回のような事態になった。
アゲハ(改)はしいて言うなら、フブキ達の記憶の中だけの存在になってしまったのではないかと。


例えるなら、
未来でアゲハが石につまずいて怪我をしたとして、その石が消滅するような改変を行ったとしてもアゲハの怪我が突然治るわけでもない。
しかし、未来の住人からすればアゲハが怪我をした、という事実は存在しない
のような感じではないかと。


……なんか自分でも何言ってるのか分からなくなってきました(汗)
2010.03.29 Mon 11:14 | URL | ライン
黄猿さん「あいつら死刑でいいんすか~」
センゴク「おk」

みたいな会話ありませんでした?
ルフィは除外してたとしても確実に囚人に対しては言ってるので
バギー(ほか多数)を一瞬で消さないのはお話しの都合上、
としか言えないでしょうね。
不殺を誓ってるとか頭を撃つことはできないとかの可能性もありますけど。

黄猿さんの設定エグすぎだってばよぉ
ヤミヤミのティーチが倒す以外に道はあるのだろうか。
2010.03.29 Mon 15:15 | URL | り
Re: タイトルなし
suiさん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> ○ワンピ
> ここでシャンクスとは全く想像してませんでした。
> 白ヒゲにエースを止めるよう直談判しに行った時もそうでしたが、シャンクスは現在のパワーバランスを崩したくないと考えてるんですかね。
> 海賊でそういう配慮をする人は珍しいように思いますが。

ですよねー。まさか来るとは。
最終盤まで出番ないと思ってました。

シャンクスはロジャーと共に世界の歴史の全てを知った男ですし、
その内容が彼の行動に結びついてるのかもしれないですね。


> しかし、いくらシャンクスとてこの状況をどうにか出来るとは思えないんですが、どうするんでしょう。
>
> 黄猿がフリーズの姿勢をしてるということは、ベックマンの銃弾は黄猿にも脅威なんでしょうか。
> 光速移動でも避けきれないほど速く、覇気を纏っている?

赤髪海賊団は五老星をして「暴れさせれば手におえん」と言わしめるくらいですし、
疲弊した上に策も使い切った今の海軍では厳しい相手なんじゃないですかね。
まあ、「なぜそんなに強いのか」がよくわからんのですが(^^;
ひょっとして団員全員が覇気使いとか。

ベックマンの銃はなんなんでしょうね~
マーガレットの例から、銃弾に覇気を纏わせることも可能とは思いますが、
赤犬の例を見ると、覇気銃弾一発くらいで黄猿が死ぬとも思えないですし。
いくら自然系でも、心臓とか脳とか撃たれたら一撃なんでしょうか。

あと、黄猿は移動速度は光速でも反射神経まで光速ではないんで、
銃弾かわせないと考えてるとしたらそれが理由ですかね~


> コビーは言ってることとか何となくガンダムっぽいと思いました。
> 声が消えていくという言い回しもニュータイプというか。

たしかに。今回のはなんかガンダムっぽかったですね。
自分は空島で似たようなのあったときはそんなこと思わなかったんですけどねえ。
やっぱ今回が「戦争」だからか。


> ○PSYREN
> これ、アゲハ達の「記憶」に修正がされていないだけで、身体的な「経験」としては修正がされているというのはどうでしょう?
> つまり、アゲハ(改)は現在のアゲハと全く同一で、アゲハが認識できないだけで、身体的にはフブキと涙の再会という経験をしているとか。
>
> 中身のないDVDが持ち帰られたままになっているように、ドリフトの「行動の歴史」は基本的には改変の影響を受けにくいけれども、改変の整合性の為に必要な部分は「世界」によって修正されるとか。

なるほど。つまりドリフト達の記憶だけを除いて
上書き修正されているというわけですね。
これですと、「いつ」アゲハと(改)が統合されるのかが気になりますね。

自分の説と似ていますが、
現代に帰還した時点でアゲハ(改)の記憶はなくなってしまうのか、
それともアゲハ(改)は(改)の記憶のままでありつづけ、
こと5th開始直後の「今」にいたってアゲハの記憶に戻るのか。

ああなんかこんがらがってきた。
難しいですね今回の改変は。


> ○バクマン。
> 読者には申し訳ない、みたいな台詞はサイシューから欲しいですね。

タント読者も、タント開始のために終わった連載も、
その連載のファンもいるわけですからね~。
何かフォローは欲しいですよね。

思えばストライキ騒動のときも
「読者はどうなるんですか」のセリフが出てきたのずいぶん遅かったしなあ。


ラインさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> アゲハたちの記憶も改変されれば、未来改変自体認識できないので記憶が改変されないのは仕方ないかと思います。
> アゲハたち本人にとっては4thは既に過去の出来事ですし改変されないのでしょう。
> ドリフトがイレギュラーだからってのもあるかもしれませんが。
> 逆にサイレン世界自体は未来の出来事だから改変されてしまい、今回のような事態になった。
> アゲハ(改)はしいて言うなら、フブキ達の記憶の中だけの存在になってしまったのではないかと。

そうなんですよね~。
自分の説もだいたい同じような感じです。
現代のアゲハ達からみると、4thの出来事は過去でありながら、
しかし歴史的には未来。
歴史改変を行うと、アゲハ達の体験してきたことは過去であるがゆえ変わらないが
未来の4thゲーム期間の出来事は改変の影響で変わってしまう。


> 例えるなら、
> 未来でアゲハが石につまずいて怪我をしたとして、その石が消滅するような改変を行ったとしてもアゲハの怪我が突然治るわけでもない。
> しかし、未来の住人からすればアゲハが怪我をした、という事実は存在しない
> のような感じではないかと。

ですね。
歴史改変によって生まれたアゲハ(改)の行動やら記憶やら経験やらは
4th終了と共に消滅してしまって
現代の、「今」のアゲハにはフィードバックされないつー感じなんでしょうかね。


いやしかし5thはハナっから難しい展開をぶつけてきましたね。
岩代先生は本当に細部まで考えているのか?w


りさん
コメントありがとうございます。


> 黄猿さん「あいつら死刑でいいんすか~」
> センゴク「おk」
>
> みたいな会話ありませんでした?
> ルフィは除外してたとしても確実に囚人に対しては言ってるので
> バギー(ほか多数)を一瞬で消さないのはお話しの都合上、
> としか言えないでしょうね。
> 不殺を誓ってるとか頭を撃つことはできないとかの可能性もありますけど。

あ、そういえば「死刑」言ってましたね。
言動が不安定だなオジキィ。

まあでも「死刑」より「捕まえないと」のが後の発言なんで、
後者のが本音だと思いたいですね。
まあ、直後にアホみたいな規模のレーザーをルフィに撃ってますけど。

そんな規模のレーザーでバギー達を一掃しないのは、
バギーは参戦直後はモビーディックのほど近くにいたので
撃ったとしてもモビーへの被害を恐れたマルコに防がれる恐れがある
(マルコと黄猿が戦争序盤は積極的に動いていないのは
      互いを牽制しあってるからというのが持論です)、
その後、混戦状態になってしまったら、そんなん撃つと味方も相当数巻き込まれるから、
黄猿は死刑許可を取っただけで、
そんな積極的にバギーらを始末しようとは思ってないから、
とか脳内補間してます。


> 黄猿さんの設定エグすぎだってばよぉ
> ヤミヤミのティーチが倒す以外に道はあるのだろうか。

攻撃力は尋常じゃないですが、
光速で自由自在に動き回れるわけではなさそう、
というのが付け込みどころですかね。
vsレイリーを見る限り、接近戦ではあまり自身の光速を活かせてなさそうです。

現在のレイリーさん並にまで覇気と身体能力を鍛えて
接近戦に持ち込めればなんとかなるんじゃないでしょか。
2010.03.29 Mon 21:18 | URL | 管理人
はじめまして。
今週のサイレンに頭がついて行けずに悶々と悩んでたらこのサイトを発見しました。
色んな可能性を捨てずに真剣に考察されていてとても面白いブログだと思います!
僕も、"フブキに再会したアゲハ"はどこにいってしまったんだ⁈ と頭を悩ませてたのですが、このブログに書かれているように"アゲハ(改)は消滅した"と考えるのが1番しっくり来ます。
消滅してしまう理屈が少し謎ですが作者を見捨てず整合性を追い求めましょう。
2010.04.03 Sat 15:41 | URL | Yusshii
Re: タイトルなし
Yusshiiさん
はじめまして~
コメントありがとうございますm(_ _)m

> 今週のサイレンに頭がついて行けずに悶々と悩んでたらこのサイトを発見しました。
> 色んな可能性を捨てずに真剣に考察されていてとても面白いブログだと思います!
> 僕も、"フブキに再会したアゲハ"はどこにいってしまったんだ⁈ と頭を悩ませてたのですが、このブログに書かれているように"アゲハ(改)は消滅した"と考えるのが1番しっくり来ます。
> 消滅してしまう理屈が少し謎ですが作者を見捨てず整合性を追い求めましょう。

ありがとうございますm(_ _)m
今後も何か本編に動きがあれば逐一考察していきたいと思っております。

今週の展開はいろんなところで物議を醸し出していますね~
(改)が消えてしまうのは、現在の本編で出ている言葉で表現するなら
「歴史の強制力」が一番しっくりきますかね。
もし平行世界がありな設定だったら、
別の世界に飛んでいた的な話にもできるんですけどね。

2010.04.03 Sat 22:34 | URL | 管理人
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/107-a32ab573
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。