日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

超好意的 「能力を自分からばらす人達」 論 | main | 週刊少年ジャンプ2010年20号の感想と予想の前編
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2010年20号の感想と予想の後編
後編です。
とくに前編と後編のバランスは考えてないので
どっちかが肥大化することもさもありなん。
○集英社マンガカプセル
遠い昔「脱衣」とかやってた作者と
今のハンターを描いてる人が同一人物とは思えん。


○べるぜバブ
-アレックス君
予想通りまだ生きてた。
・・・と思ったらやっぱり死んだ。

最初っから邦枝を戦わせない気だったから
この因縁無視の組み合わせにしたということかね。


-三木君
「あの事件」は、ガラス片らしきものと血が描かれていて、
そして昔の三木君には左顎の傷がないから、
三木君があの傷を作ったときの話なんでしょうが。

男鹿が憧れの対象から超えるべき対象に変わっていることから、
「あの事件」で男鹿の何かに幻滅したんですかね。
どっかの不良にやられてたのに助けてくれなかったとか。

そして見開きページはどっちが男鹿でどっちが三木君か
一瞬わかんなかったよ。


○PSYREN
-カラー扉
06のPACSヘルメットが、
背景の黒い模様と合わさって「瞳」になってるのね。
初見じゃ気づかなかった。
てかこの背景って誰の顔? 弥勒?


-潜航師
やはり、ヴィーゴの能力は
カウンターでなければ打撃ですら「通り抜ける」ようですね。

んで、肌と物体が完全に癒着するともう元に戻らんということなので、
癒着してない状態で能力を解除すると
今週のシャオやヴィーゴみたいに外にはじき出されるんですね。
「いしのなかにいる」とはならなんだか。

しかし「無心」があんま意味ない戦いだったなあ。


-陰陽心羅
シャオのアンチサイキックは
相手の能力をよく理解してないと使えないみたいですね。
「反転滅絶」ってのからすると、
相手のPSI波動と真逆の波動をぶつけて相殺してるとかそんなんかな。


-ヴィーゴ
さっそく死亡確認されてしまったヴィーゴさん。
まだ杯にはなってないから復活の目もあるにはあるけど、
PSYRENという作品の凄いところは、
ヴィーゴみたいな新キャラを
あっさり殺して使い捨てられるってことなんですよ。

だって、現代に戻れば彼まだ生きてるんだもの。
未来で倒したって現代での敵キャラとしてはまだまだ現役。
だから未来では思い切ってキャラを退場させられる。

現代で戦うときにはシャオの陰陽心羅はないわけだから
また違う戦況になるだろうし、
何より現代でも鬼瀬を殺してしまったら
5thでのシャオvsヴィーゴがどうなるのかとか、いろいろ展開は広げられそう。


-キミの好きなPSI結果発表
ぬう、暴王が首位だろうというのは予想できたけど、
マテハイが意外に低いなあ。
セフィロトも人気なさ杉だろラスボスなのに。

あと哀れなるはシャイナ。
六方転晶系が最初っから選択肢に含まれてれば
票われせずに電磁'nの上くらいまで行けたろうに。

あの人とあの人にはあえて触れません。


○黒子のバスケ
-「お前らどーやって海常に勝ったの?」
自分としてはむしろ「誠凛に負けた」という印象のが強くて
「海常はどーしてあんなに強いの?」
という感じなのだが。

まあ、黄瀬君のレベルアップで全部解決する問題の気もするが。


-武器
以前、お遊びで黄瀬君のコピー能力が進化したらどうなるか
予想してみたことがありましたが、
来るか!? 複数人の特技を合成するカービィ戦法。

両チームのシューターの特技を合成して
変なフォームで早いシュートとか。


-今週の主人公
2コマ出演。


○HUNTER×HUNTER
-電光石火
"雷"光石火じゃなかったっけか。
と思ったらすでに単行本で修正されてたのか。
雷光石火のがネーミング的に好きだったんだけどなあ。


-ゴン
すげえ。
仮にも主人公がここまで異形変身するとは。
なんか伸びてるのは髪の毛?
方向性的にパームのブラックウィドウみたいに
武装して戦ったりすんのかな。
同じ強化系だし。負のオーラだし。


○賢い犬リリエンタール
-賢い犬リリエンタールとスーパーうちゅうねこ
ついにこのサブタイトルが使われるときが・・・

いうなれば、この2匹が邂逅するというのは、
他作品で言えば
ONE PIECEでルフィとシャンクスが再会するくらいの
大きなイベントであるわけでして。
本当にクライマックスなんだなあとしみじみ。


-おやすみビーム
おやすみビームで部屋の壁が破壊できること、
そしてボスが「イメージ体の活動を停止させる光線」と言っていること。

これらはつまり、イメージ体が
人間の「意識」から生まれた存在だからでしょう。
おやすみビームとは言うなれば、
「強制的に意識を途絶えさせる」光線ということ。
従って、イメージ体がおやすみビームをくらえば
意識が途絶えるのと同じ状態になって活動停止するのです。

壁が壊れたのは、あの部屋もボスの意識から作られたものだからでしょう。


-サングラス組
バスにしがみついての宇宙旅行は、
あまりにも過酷すぎたのでしょう。
あわれケンジの髪が真っ黒に・・・


-シュバインさんがバスに乗ったいくつかの理由
1:ねこさん救出
2:エリート組を潜入させたまま放置はできない
3:ボスの真意確認

ボスに直接何かを訊こうとしているようだし、
まだあるかな?


-エリート組
まさかの潜入工作・・・!
これはやられた。完全に裏切ったと思ってた。
トイレでの一件があっただけに。

ところで2人がもってる銃はぜひアキラに渡してあげてほしい。
ただの銃ですらあんなに変わってしまうアキラが
マシンガン的なものを持ったらいったいどうなってしまうのか。


-ねこさん
現連載陣の中で、
超個人的に「さん付けで呼ばざるを得ないキャラ」ランキング
暫定5位のねこさん。
弱ったときにフキダシがふにゃふにゃになるとか芸が細かい。
らくがき帳さえあれば無敵なんだけどなあ。

ちなみに
1位:両さん
2位:銀さん
3位:雨宮さん
4位:シュバインさん


-「秘剣ライトニングイナズマ」
光彦キタ――――!!!!
十中八九、ごむぞうも一緒でしょう。
てかまだ膨らませてない状態か。

「光彦経由で(ごむぞうを)届けてあげたらどうですか」
と使い魔キツネが言ってたから、
カナリーナ様は来てないかなたぶん。
来ちゃってたらボスですら物の数ではない気がするし。

しかし、主人公のピンチに今までの登場人物が次々と助けに現れるのは
うしおととらとかガッシュとかを彷彿とさせますな。
熱い。こんなほのぼのなのに熱い。


○ジャン魂G!
-日本一決定戦結果発表
なん・・・だと・・・
カスガイガー渾身のあのネタでも3位だと・・・
あのセンス大好きなんだけどなー


-ピーナッツマン
ヤバイ。マジヤバイ。
これはもっと評価されるべき。
独立コーナー設けるべき。
できればセリフはいっさい無いほうがいいなあ。


↓こっから2回目の感想です。
単に前編で書き忘れただけ。


○銀魂
正直に告白しますと、
自分、未だに華陀がどこのどなただったか思い出せんのです。
いつごろのどんなシリーズで出てきたっけこの人?

wikipediaとかで調べれば一発なんだろうけど、
それをやってしまうと何か負けた気がして。


○BLEACH
「卍解が同じ卍解で止められないわけない」
ってのは、
「スタンドはスタンドでしか攻撃できない」
とかの"ルール"みたいなものじゃなくて、
単に
「同じ隊長格同士が同じ卍解状態で戦ってるんだから、
片方の放った攻撃をもう片方が止めても別に不思議じゃない」
ってことを言いたいんじゃないかと思います。

スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 23:03 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/116-b951b43a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。