日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

ロジャーのグランドライン制覇の証明について | main | 超好意的 「能力を自分からばらす人達」 論
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2010年21・22合併号の感想と予想
どうもみなさんこんばんわ。
貴重な武器や盾ほど
合成すべきか成長させるべきか迷うpsychobindです。
受け流しの盾ゲットしたけど
どうすんべかな・・・


ONE PIECEもPSYRENも書くことがあんまりなかったんで
前後編にわけずにできました。


& ← 吉良。

○ONE PIECE
-扉絵
ウソップからのパスをサンジが悪魔風脚で発火させ
最後にルフィがシュート、って感じですかね。

あと、ルフィチーム(ユニフォームからするとチーム名はなんちゃらケルベロス?)
のキーパーが汚くね?
あいつ体でかすぎて
ゴール前に座ってるだけでディフェンス完璧じゃん。


-モリアさん
安否はお預けか。


-ベポ
雌熊いないかな、ってことは
着ぐるみとか動物系能力者じゃなくて
マジの熊なんでしょうね。


-ダダン
やっと出た!!
噂のダダン。

ちなみに自分のダダン関連の予想の流れ。
「エースが父と呼んでないから女性に違いない」
    ↓
ダダンは乱暴な言葉遣いなのが発覚
    ↓
「男っぽく話す女性かもしれないし、
男と一緒に住んでるのかもしらん」
    ↓
ふとってる、エースと仲悪いのが発覚
    ↓
「こりゃ、ダダンは男で父と呼ばれないのは
ただ仲悪かったからか」
    ↓
ダダン、女で山賊

うーむ。
結果だけを見れば
ダダンは女で男と暮らしてて、
過去の予想は当たってはいるものの、
予想の根拠としたところが全然違ってたしなあ。


-エース
そうかー過去編かー。
そうきたかー。

思えば戦争開始直前からちょいちょいエースの回想が挟まってたし、
ここで過去話がくるのは十分予想できたことでしたな。
というかこのタイミングしかないな。
この過去話でサボの件も回収されるんでしょうな。

エースはロジャーがラフテル制覇した後にできた子供。
つまりロジャーは自分の子に
何かしらの期待というか、
やってもらいたいことはあったんじゃないかと思う。

そんなエースは死んでしまったものの、
白ひげは「エースの意志を継ぐもの」も現れるという。
「継ぐもの」は間違いなくルフィで、
受け継ぐ「意志」はこの話の中で明らかになるんでしょうか。
「絶対に悔いのないように生きる」
「誰よりも自由に」
のどっちかだとは思うけども。


○BLEACH
-DEICIDE
特に神殺鎗が注目されてもいないのに
このサブタイトルってことは、
このDEICIDEが示すのは
神のごとき存在へ上り詰めようとしている藍染のことか、
それともそんな藍染を背後から撃ち抜いた浦原のことか。


-崩玉
の正体はRD(リアライズデバイス)でした。
と言っても、所詮「できることしかできない」崩玉では
本家RDシリーズには到底及びませんがね。


-超好意的「崩玉の真実をぺらぺら喋る」論
一見すると、藍染は喋る必要のない事柄を
一心にぺらぺらと暴露してしまっているように思えますし、
一心も話を聞くことに夢中でさっぱり攻撃する気がないように見えます。

ですが、これもまた藍染様の練りに練られた策略なのです。

まず、崩玉のことを喋ってしまったのは、
自分の体が完全に変化するまでの時間稼ぎでしょう。
変化途中の現在では、藍染の動きはむしろ悪くなっているらしいので、
完全に変化し終わるまでの時間を稼ぐために
崩玉の話をして一心の注意を引こうと思ったのでしょう。

一方で一心が藍染に手を出さなかったのは、
「今、藍染を殺せば崩玉の真実は永遠にわからなくなる」
と考えてしまったがためでしょう。
現状、崩玉の真実を知っているのは藍染ただ1人。
藍染を殺してしまえば
その真実にたどり着く手段が一切失われてしまうのではないか、と。

もちろん、冷静に考えれば
「藍染を殺した後で崩玉を奪い、浦原に再び研究させて真実を洗い出す」
といった方法がベストであることはすぐにわかります。
しかし一心は「今まで自分が真実だと思っていたことを覆す事実」
を聞かされている真っ最中。
このような状況下では脳は自然と
「聞かされた話の理解・真偽の判定」に傾倒してしまい、
上記のような考えに至らなかったのだと思われます。

また、一心の脳が上記のような状態にあると言うことはつまり、
「藍染にもっと崩玉のことを喋らせたがっている」と言うこともできるわけでして。
これらの理由が重なって一心は「攻撃」よりも「静聴」を選択してしまい、
そして藍染は「崩玉の真実をばらす」という悪手とも思える行為によって、
見事に一心の動きを止め、自らの変化に要する時間を稼いだというわけです。


○黒子のバスケ特別篇-Tip off-
-Tip off
はバスケットボールのジャンプボールのことなんですってよ。


-「幻の6人目」
いやいやいや、黄瀬君。
あなたさっき自分で、キセキの世代と呼ばれてるのは
「四人」だって言ってたじゃないですか。

通常で4人しかいないキセキの世代の隠し玉が
なぜ「6人目」なんですか。


-赤司
軍師タイプ?
とりあえずキャプテンっぽいですねこの人。

でもこの赤司君も結局は点取り屋なはずなんですよね。
つーのは以前の回想シーンで黄瀬君が
「得点ノルマ達成してないのは(黒子除いて)お前だけ」
って言われてるんですよ。

だからこの赤司君も、スラムダンクの深津のようなタイプではなくて
ガンガン点が取れるスコアラーのはず。
残る1人もまたしかり。
だから今後「ディフェンス特化のキセキの世代」とかは
出てこないんじゃないかなーと思うわけで。


○バクマン。
-次回作
うーん。何だろうこのモヤモヤは。

結局、今回で亜城木がやったこと、
ならびに次回作で亜城木がやろうとしていることって
「一生懸命な人を笑う」
ってことなわけで、
どうにも期待できん・・・


○黒子のバスケ
-武器
あ、あれ?
黄瀬君の武器って本当に意味どおりの「成長」だったの?

てっきりコピー能力を駆使した何かだと思ったのに、
「今までコピーできなかったのもコピーできるよ!!」
だと、あんまりなあ。

長い少年漫画史において、
コピー能力者がオリジナルに勝ったことって
ごく初期のカカシ先生くらいのものでは。


○PSYREN
-スカージ
微妙にどこかで見た様な技を使うスカージの面々。

アッシュ = トランプ
ネッカ  = 女
バーリィ = アゴ
オド   = マスク

オド、オド・・・
Odo、Obo、オボ、オボロ・・・
やっぱこいつ朧じゃね?


-名前
で、オドの名前とか考えてるときに思ったんですが、
カプリコってたぶん山羊座:カプリコーン
からとった、てかこれが命名理由の一つだと思うんですよ。

で、ヴィーゴって名前も乙女座:ビルゴ(バルゴ)
からとったんじゃねーのかなー、とか思うわけです。

つまり、星将ってみんな十二星座の名前をもじってるんじゃね??

とか思ったんですけどドルキさんがどうやっても思いつかないので諦めました。
Dで始まる星座がねえよ。


ううむ、今週はPSYRENなのに書くことがあんまないぞ。


○HUNTER×HUNTER
-「老いてるー!!」
ガビーン

を思い出した今日この頃。
これ、元に戻んのかね。

そして伸びた毛は何にも一切関係なかったという。


-黒子舞想
って結局なんだったんだろう。
絵を見るに、自分自身を操作する系っぽいけど。

今週のピトーの手足がビキビキギリギリいってるのが、
カイトの腕を落としたときの大ジャンプに似てるんで、
あれも黒子舞想みたいなもんだったんだろうか。
でもあのときはまだ念能力考えてなかったしなあピトー。

あとピトーは特質系なはずなんだけど、
玩具修理者の「修理」は強化系でできそうな気がするから
黒子舞想が特質なのかとも思ってたんだけど。
このまま能力の詳細わからずに終わってしまうのか。


-巻末コメント
ヤバイ・・・
冨樫先生がまた病んできている・・・


○賢い犬リリエンタール
-1ページ目
なんつーか、詰め込んだなあ。
コマ間の隙間がいっさい無いよ。

巻きに入っているから仕方ないことではあるんですが。
確かに、話は早く進めてもらったほうがいいこともある。
しかし、例えばこんなぎゅうぎゅう詰めの
あんこくまじん編が読みたかったかというとそこはうーん・・となるわけで。


-ボンボン組
エリートすぐる。スマートすぐる。
別にケンカが強いわけでも壮絶に頭が切れるわけでもないのに。

仕事ができる人ってのはこーいう人らをいうのかなあ。
まさにエリート。


-マリー
なんか思わぬところでマリーの正体が発覚しました。
やはりマリーは「本物の幽霊」ではなく「被造物」だったようですね。
うむ。やっぱりマリーは人殺しではなかったのだ。

と、いうかRDシリーズの能力で出てきたものって
基本的にイメージ体であって、
「本物を呼び出す」的なことにはならないんじゃないのかね。
光彦も、オリジナルの光彦と「同じ設定を持つイメージ体」なだけで。


-ごむぞう
久しぶりのごむぞうktkr!!
長かった。実に長かった。

しかもねこさんとの2ショットが見られるなんて。
リリエンタールの真似してるごむぞう可愛いよごむぞう。

ところでごむぞうは初登場のときは光彦よりでかかったのに
今は同じくらいにまで縮んでしまったなあ。
肺活量の問題か。


-カナリーナ様と賢いキツネ
こないだの「まだちょっと早いわ!」とか
今週の「すごく好きみたいではないか」とか。
さすがの恋人いない暦400年。

そして賢い動物がいっぱい出てくる漫画ですねこれは。
自分の生み出した使い魔より賢くない魔女もどうかと思うが。


-なんかもう伏線いろいろ
毎週褒めてる気がしますが、
この最終(?)シリーズに入ってからの
話の畳み方がすごい。すごすぎる。

おやすみビームが目を閉じれば効かない事も、
そのことをアキラしか知らないことも、
そのアキラが都合よく「サングラス組」だったのも、
今までなくしたサングラスをかけていなかったのも、
ゆきがKOAKUMA GIRLだったのも、
カナリーナが魔法で城の人を羊(人畜無害な動物)に変えたのも、
表層より深層のが強いという解説も、

すべて、すべてこの話のためだったというのか。
特に、敵と味方でイメージ体の性能が違う、ってのは
少年漫画なら「友情パワー」で片付けてもいいところを、
ちゃんと能力のルールと絡めて理由付けしてくるんだから天晴れです。

あと回収されなさそうな伏線といえば
・兄の仕事
・てつこの稽古先
くらいのものか。
日野両親は最後まで謎でもそれはそれでいい気がする。

これで最後に、あんこくまじんがじゅんぱくめがみにクラスチェンジして
あの団子を叩き潰してくれたら言うことないです。


-紳士
ところで、一行の中でまだほぼ活躍していないに等しい紳士。
そろそろ何かしてほしいところ。
今こそ「紳士組が終わらせたヨーロッパ支部の任務」を明かすとき。


○ジャン魂G!
-日本一決定戦結果発表
1位のアレ。今気づいた。

あのネタは
「全54枚のトランプのカード当てマジックを53回連続で失敗した」
つまり
「正解の1枚を最後まで残したのが逆に凄い」
ってネタだったのね。

これ投票した中学生男子も気づいてないだろ。


-プロジェクトA
こーいうミニコーナーのネタが今週の中で一番面白いと
ちょっと不思議な気分になる。
うがい薬良かった。


-J喜利
うーん・・・
「餌」とか「箸でドッグフード」とか見ると、
リリエンタールがあんま読まれていないのかと悲しくなる。

リリエンタールはスプーンとフォークを上手に使って
兄上がまごころ込めて作った
目玉焼きとかスパゲッティとかを食べるんだよ!

スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 19:35 | トラックバック:0コメント:4
コメント
初めてコメントさせていただきます。


J喜利はジャンプ漫画がお題に入っていますが選者の意向か殆ど掲載作には反映されません。

今回の場合「リリエンタール」は殆ど無視されて「賢い」と「犬」しかキーワードが残ってませんね。

逆に原作知っている事が足枷になる事が多いコーナーなので自分は苦手です。


「実在の漫画とは関係ありません」と割り切って見た方がいいコーナーです。
2010.04.27 Tue 02:55 | URL | 投稿者
Re: タイトルなし
投稿者さん

初めまして~
コメントありがとうございますm(_ _)m


> J喜利はジャンプ漫画がお題に入っていますが選者の意向か殆ど掲載作には反映されません。
>
> 今回の場合「リリエンタール」は殆ど無視されて「賢い」と「犬」しかキーワードが残ってませんね。
>
> 逆に原作知っている事が足枷になる事が多いコーナーなので自分は苦手です。
>
>
> 「実在の漫画とは関係ありません」と割り切って見た方がいいコーナーです。

なるほど~。
むしろ原作成分を入れようとする方が難しいコーナーなのですね。

今回のではリリエンタール成分がかろうじて残ってるのは
「お手」の奴くらいのもんですし、
うろ覚えですがあねどきのときもこんなんだった気がします。

せっかく連載作品がお題なんですし
作品の中身に触れたネタをもっと選んでほしいものですね。
2010.04.28 Wed 00:00 | URL | psychobind
6人目(シックスマン)ってのはバスケ用語でスタメン5人にたいして後から状況を変えるために入れるサブなので間違ってないよ。奇跡の世代4人ともう一人のレギュラーがいて黒子は体力的にも能力的にも後から入れたほうがいいんだと思う。
2010.04.28 Wed 13:40 | URL |
Re: タイトルなし
コメントありがとうございますm(_ _)m

> 6人目(シックスマン)ってのはバスケ用語でスタメン5人にたいして後から状況を変えるために入れるサブなので間違ってないよ。奇跡の世代4人ともう一人のレギュラーがいて黒子は体力的にも能力的にも後から入れたほうがいいんだと思う。
らしいですね~。
自分も記事書いた後知りましたです。もうしわけない。

黄瀬君がキセキ入りしてからは
ダブルミーニングになったんでしょうね。
2010.04.28 Wed 22:06 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/118-467b5a10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。