日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

七武海の懸賞金額について | main | 週刊少年ジャンプ2010年24号の感想と予想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ジャンプSQ19創刊号の感想
予告どーりSQ19の感想いきます。

最初だから全作品感想で。
数多いから簡潔にやっちゃいます。


・・・ぶっちゃけ感想だけ書くのは苦手なんですけどね。
でも読みきりと第一話だけじゃ予想もくそもあったもんじゃないし。

○(G)えでぃしょん
わかった。
河下先生に足りなかったのは原作じゃない。
「少年誌の規制なしで描ける環境」だったんだ!!

と思うくらい週刊のときとは印象が違った。
巻末でも書いてるけど、
ラブコメじゃなくてただのお色気コメディのが向いてるのではないか。


○1/11
え!? これ読みきりじゃないの!?

と思ったくらいで内容はとても良かったです。
ツヨシが「日本代表候補の相手エース」になったんだと
勝手に思い込みながら読んだせいで、
ツヨシの正体に最後まで気づかなかったので
うまいこと作者の掌で転がされる感を味わうことができました。

しかしこっから先の展開どうなるの?
「ドラマ連作」って書いてあったのが気になる。
ひょっとしてソラの話はこれで終わりで、
次回はまったく別の人の話とか。オムニバス形式で。


○モテ虫王者カブトキング
なみえ先生のギャグは、
パインとかねじめの頃からなんか合わなかったので、
今回のもやっぱり・・・でした。


○帝一の國
自分はこの作者の作品を読むのは初めてなんですが、
なんだろう・・・
バクマン。で亜城木が目指しているところがわかったような気がする。

このリアル絵柄で
「生徒会長に、俺はなる!」を大真面目に、
しかもなんか相棒とかライバルっぽいのとか、
糸電話で話す恋人とか、
真面目にやってることが逆に面白い、ってのはこういうことなのか。

シリアスな笑い抜きで見ても、良くできてたと思います。
バトル物ではない、「知略・政略の戦い」の目標が生徒会長であるってだけで、
しかも作品内では生徒会長というのはその後の人生を左右するものとして設定されてるし。
今後どんな感じで生徒会長のイスの奪い合いが行われるのか、
ちょっと予想のつかないところであります。

あと美形の男子がほぼすべて女子に見える・・・


○アグリッパ
少年誌規制から解き放たれたんで、
内水先生のグロさ全開でした。
裂けたり頭貫いたり。

内水先生は少年誌じゃなきゃいける気がするんで
がんばっていただきたい。
でもサソリみたいのも読みたいんだけどなー。

あとキャラの名前がとてもじゃないが覚えられん。


○ひまスペ兎!(≧ω≦)
(゚Д゚)・・・

これがあの中島先生だというのか・・・

しかしまあ、中島先生といえば
世界設定と見開きドンで名を上げた人なので、
ヘタに少年向けなのは書かずに、
SF設定でガチガチに固めた世界で
大ゴマドンやってた方がいいのかな。

それでもガロンの夢を捨てきれない自分は
いつかマキちゃんがガロンのスーパーモード(違)になってくれないかと
期待しているのでありました。


○となりのランドセルw
タイトルでネタバレしてるので
主人公の思考にまったくついていけなかった。
そして名前テキトーすぎるだろ。


○若きウツマルの悩み
掲載されてたギャグ漫画の中では
これが一番よかったですね。
手書き文字じゃなくて印刷文字を多用してたのがなんか新鮮。

心の闇が具現化したくせに面倒見のいい闇太郎が
なんかとてもいいキャラだ。イケメンだし。
闇のくせに光を例えに出すし。

あと光は足せば足すほど、というよりは
もともと一つになってるものを無理やり分解することで
ようやく色づいて見えるのだが、
まあ闇太郎がいいこと言ってる脇でそんな無粋なツッコミはするまい。


○地球侵略! コルレオニス
そしてこれ。

SQ19は内水・中島両先生目当てで読んだけど、
正直なところこの作品を掘り当てられたのが一番の収穫でした。

まずギャグがいい。というかパパがいい。
全体としてはウツマルとかミサワのが上でも
個人的最大瞬間風速は「タモリじゃないだと・・・!?」
でしたもの。
パパ以外でも、サービスの5個が
実は週末サービスデーだったからだという
細かい仕込みしてるのもいい。

あとテーマもいい。
ただのおバカコメディかと思いきや、
文明の発展と没個性化、という
ジャンプ本誌ではあんまり取り扱えなさそうなテーマを取り上げ、
それにコメディなりの回答を示す。
本誌読切に多い、単純な勧善懲悪めでたしめでたしじゃなくて、
何かしら伝えたいテーマをもっていると
作品に深みが出ていいですね、
と、誰かがいつかの十二傑漫画賞で言ってた気がする。

最後に、ロボがいい。
いやもう完全に趣味ですけど。
hacoが本誌に載ったときにも書いたけど、
ジャンプ系列には圧倒的にロボ漫画が足りない!!
だから単純ロボアクションじゃなくても
ロボ漫画が連載してくれるのは嬉しい限りなのです。

話の重要なファクターだった「ドーナッツ」が
最後の最後で、
パイロットは殺さず動きは封じる「非殺傷兵器」として
使われたりといった全体の話の流れもGOOD。

カタカナの名前が読みづらいことを除けば
とてもいい作品なんじゃないでしょうかこれ。


○喜劇のヒロイン
主人公と神楽川が両方とも金髪(?)ロン毛で
どっちがどっちかわからなくなることが多々あった。
ううむ、あとはこれといって特に・・・


○SQ本誌連載漫画特別番外編
ちなみに自分、無印のSQはまったく読んでないです。

-迷い猫オーバーラン!
矢吹先生は相変わらずだなあ、と思った次第。

あとヨゴレじゃなくてかつ
ちゃんとキャラ付けされてる男キャラが多いのが新鮮。
To Loveるだとリト君以外は猿山と校長くらいのもんだったしなあ。


-青の祓魔師
初めて読むので
キャラを掴むだけで精一杯だったんですが、
最後のオチは笑った。


-Drるっる
これも初見だったんですが、まあ、
だいたいどんな漫画なのかこれだけでわかった気がする。


-貧乏神が!
本誌に掲載してた時期もあったんですが、
そのころとは登場人物が多くなりすぎてて何がなにやら。


-カッコカワイイ宣言!
ミサワはリリエンタール繋がりで知ってました。
ジャンBANGにでるだと!? しかもイケメンじゃないか!!

漫画も良かったです。
タオル的なものとか。欄外のとおる5歳とか。


○ドット・インベーダー
着眼点に感心した。これはすげえ。

しかし主人公が頑張っているのに肝心のヒロインの態度がどうにも。
最後でちょっと盛り返したけど、結局好感度は上がらなかったよ。


○グラス☆マジック
びっくりするほど短かった。
したがって書くこともない。


○A HARD DAY'S RUN
別々の時期の回想シーンが連続でくるのは、
ちょっと冗長だなあと思った。

でも、タイトルどおりハードな内容だけど
回想の長さ以外はうまくまとまって面白かった。
手が裂けるのはエグイけど。


○山吹色の時計台
ヤマブキはたぶん老人なんだろうけど、
見た目のせいでジジイ言葉の少年みたいで
そこだけなんか引っかかってしまった。

でもそれ以外は軒並み気に入りました。
だいたい先の展開は読めるんだけど、
でもその通りに進む予定調和が逆に心地よい感じで。

今回の新人読切の中では一番良かったですかなこれが。


○ゼーンの騎士
漫画歴が1年5ヶ月・・・だと・・・?

その短さもあってか、絵は一番拙かったですが、
話は「良い奴だと思っていた奴が実は悪い奴だと思ったらそのまた逆だった」
というどんでん返しのどんでん返しとか、
絵の分をなんとか話の工夫で埋めてこようという気概がよろしいですね。

ただ主人公の影の薄さ・ストーリー的ないらなさは致命的。


○咲耶丸
女の格好をしても女装にしか見えなかったのが残念。

あとバカ息子の真意がいまいち掴めないままだったんだけど、
ありゃー咲耶丸に一目ぼれしたということでよろしいのか?


○血界戦線
新連載だと聞いていたから、
完全な新作なのかと思いきや、先にSQで掲載されてたのね。

とりあえず設定を理解し切れなくて
ついていけなくなることが多々ありました。
が、そこは流石の横綱相撲。
最後まで勢いと迫力と絵力で読みきらせていただきました。

透明人間以外の特技がほぼ披露されなかったんで
まだ各キャラの特徴がイマイチ。




スポンサーサイト
| ジャンプ感想 | 00:29 | トラックバック:0コメント:2
コメント
SQ19
初めてまして。

自分もコルレオニスはかなり良い作品と思いました
父さんがワイン飲めなかった所が、一番良かったです
続いてほしいなぁ~( ´∀`)
2010.05.22 Sat 22:26 | URL | マシエリ
Re: SQ19
マシエリさん
はじめてまして(・ε・∪
コメントありがとうごますm(_ _)m


> 自分もコルレオニスはかなり良い作品と思いました
> 父さんがワイン飲めなかった所が、一番良かったです
> 続いてほしいなぁ~( ´∀`)

コルレオニスいいですよね。
パパがあの調子なら兄貴二人がろくでなしなのもうなずける気がしますw

名前を間違えられやすいのが玉に傷ですが。
目次でコルレニオスって書かれてるし・・・

2010.05.23 Sun 11:39 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/124-c32b94d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。