日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2010年25号の感想と予想の序盤 | main | ジャンプSQ19創刊号の感想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
七武海の懸賞金額について
だいぶ昔に書きっぱなしにして放置してたのを
今さらあげてみる。

だからやっぱり、今回も
現在の連載の流れに沿っていない話題なのです。


七武海の元懸賞金について疑問の声があがるとすれば、
1:クロコダイル(8100万)
2:ジンベエ(2億5000万)
3:ハンコック(8000万)
の3人だと思われます。
クロコとハンコックは額が少なすぎる、
ジンベエは肩を並べたはずのアーロンとの金額差が大きすぎる、と。
まあ、ハンコックは初当金額だから、で済む話でしょうから、
問題はあとの2人。

で、こいつらの金額事情を説明するためには
考慮しておかなければならない「懸賞金の特徴」があります。
それは、
1:懸賞金額の"内訳"
2:船長と船員での金額差
の2つ。



1:懸賞金額の"内訳"
懸賞金は強さや危険度を表すものであると
作中で明言されておりますが、
この「強さ」はさらに2つに分けて考えられます。
つまり、
・賞金首個人の強さ
・率いている勢力の強大さ
の2つ。

で、このケースにあてはまるのはクロコダイル。
クロコダイルはバロックワークスの存在が露呈すれば
懸賞金額は2倍以上になったと説明されている。
だいたい1億6000万~2億4000万くらいで。

が、このクロコダイルの件では
「クロコダイルの本来の懸賞金額」にばかり目が行きがちだけども、
真に重要なのは額そのものではなく、
金額の中で"個人の実力"が占める割合はどのくらいか、ということです。

例えば、バロックワークス込みのクロコダイルの懸賞金額を、
きり良く「2億」だとしましょう。
とすると、その2億の内訳は
・クロコダイルの実力:8100万
 (本人の強さ+七武海になる前に率いていた部下の存在)
・バロックワークスの存在:1億1900万

つまり、2億という数字の中で、
クロコダイル自身の強さが占めている割合は5割にも満たないのです。
クロコ自身の強さは最大でも8100万。
これは過去に率いていた部下の実力まで加味された額である可能性があるため、
クロコ1人の評価額は実際にはもっと低い額だった可能性もあります。

しかしバロックワークスはその規模や能力者の数などを考慮されてか、
クロコ本人の額を大きく上回る約1億2000万。
と、いうことは、
海軍や政府が懸賞金額を決める際に重視するのは
個人の戦闘能力 ≦ 強大な部下の存在
というわけです。

もしそうだとするなら、
他の2億3億越えの七武海もまた、
「個人の戦闘能力だけなら金額の半分以下でしかない」
のかもしれない。
ドフラミンゴやジンベエは多数もしくは強大な海賊団を傘下につけているし、
モリアもかつては多数の部下と共にカイドウと戦っていたわけだから、
こいつらの金額には部下の存在が大いに影響しているものと考えられる。
本人の戦闘能力だけでみるなら
ジンベエは1億2000万以下、
ドフラミンゴやモリアは1億5000万以下だったかもしれず、
個人の戦闘能力で8100万くらいの評価だったクロコダイルと
そう変わるわけではないということです。

ミホークなんかは部下がいそうな雰囲気がないので
金額自体はそう高くないのかも知れないですね。


2:船長と船員とでの賞金額の差
当然のことに聞こえるかもしれませんが、
船員よりも船長の方が懸賞金額は大きいです。
これは、上記のように船長の金額には
率いている船員達の勢力までプラスされた額になっているから、というのと、
海賊団の中で真っ先に懸賞金をかけられるのは船長だから、
という理由があるでしょう。
まず船長が賞金首になり、さらに大物になれば船員にも賞金がつく。
つまり船長は賞金額における"スタートダッシュ"ができるため
他の船員よりも金額が大きくなって当たり前なわけです。

で、ジンベエとアーロンの話に移りますが、
実はアーロンは懸賞金がかけられた時点では
船長ではなかった可能性があるのです。

アーロンはナミの過去編で東の海に来てからずっと
頭にバンダナらしきものを被っている。
しかし、手配書の写真に写っているアーロンは
頭に何もかぶっていない。
つまり、アーロンに懸賞金がかけられた(写真が撮られた)のは
彼が東の海に来るよりも前であると推測される。

そしてナミの過去編において
「魚人海賊団が分裂したという噂は本当だったのか」
という台詞がある。
噂の真相が新聞等で報道されていないということは、
アーロンが東の海に来た時点では、
ジンベエとアーロンが別れてからそんなに時間はたっていないはず。

つまり、アーロンに懸賞金がかけられたのは
アーロンがまだグランドラインにいた頃で、
かつジンベエと共に行動していた時期、
つまり魚人海賊団の本体に所属していた頃である可能性が高いわけです。
そして魚人海賊団におけるアーロンは船長ではなく、
ただの船員だったはず。

この説が正しいとするなら、
アーロンはただの船員でありながら賞金首になるほどの
大物だと海軍に認識されていたということになります。
そして、ジンベエとアーロンは"船長"と"船員"の関係だったのだから、
アーロンのが金額が少なくても当たり前と言うわけです。

とは言っても、2億5000万と2000万では
あまりにも差が開きすぎではないか、
と思う人もいらっしゃるかもしれません。
確かにジンベエの金額はアーロンの10倍以上にもなります。

が、「何倍か」と考えると物凄い差に感じますが、
金額の「差」で考えてみたらどうでしょう。
実はジンベエとアーロンの「金額差」である2億3000万というのは、
麦わらの一味で考えるなら
ルフィ(3億)とサンジ(7700万)の金額差とほぼ同じなのです。

麦わらの一味におけるサンジのポジション(戦闘力的に)だったのだと考えれば、
アーロンがジンベエと肩を並べたというのも、
懸賞金額の差も、なんか納得できるような気がしませんか?
スポンサーサイト

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック

| ONE PIECE考察 | 14:14 | トラックバック:0コメント:9
コメント
あと付け足すなら、ほっといた時の世界政府への危険性、
出世の可能性ですかね!

ロビンは大した戦力も能力も持ってないのに7000万を
超える賞金首だったわけだし、ほっといた時の危険性。
一応、表向きはあの年齢で軍艦数隻を沈めたということ
にはされてましたが。

アーロン編でルフィに3000万賭けられた時も、将来の
危険性も考慮してとのことだった気もするので。

まあ賞金額はどれだけ政府がその賞金首を捕まえたいか
でしょうかね!

なかなかのルーキーは、超大物になる前に七武海に
してしまえってのもあると思います!
2010.05.22 Sat 20:21 | URL | ロハン
え?強い弱いでなく単純に危険度じゃないの?
雑魚でも何人も平気で殺すなら1000万
強い故に更に大量に略奪できるから3000万
性格、思想に問題ありだとか
要はどれだけ多大な危害を周りに及ぼす、もしくは及ぼせる、及ぼしたかが懸賞金の付け方なんじゃ?

でもアーロンはネズミ大佐とつるんでたから低いんじゃね?
目付けられないように低くさせたとか
2010.05.23 Sun 02:30 | URL | 魔王
え?強い弱いでなく単純に危険度じゃないの?
性格、思想に問題ありだとか
要はどれだけ多大な危害を周りに及ぼす、もしくは及ぼせる、及ぼしたかとか犯罪歴が懸賞金の付け方なんじゃ?

アーロンは海軍とつるんでたから安いんじゃね?
目付けられないように安くさせたとか

だから今クロコダイルやアーロンに懸賞金をつけなおすならもっと高価になるんじゃね?
2010.05.23 Sun 02:38 | URL | 魔王
ちょっと七武海とは関係無い話になってしまいますけど、
ルフィもどこかで解除されない限り5億、8億と上がっていくことになりますが
なんかそれって安っぽく感じます。

ドラゴンボール終盤で「俺の戦闘力は100億だ」なんて言ってたなら
大失敗だったはずなので、3億以降は曖昧になったり5億を上限にしたりする
かなと予想していましたがルーキーでまた持ってきたのを見るとまだ使いそう。
色々余計な要素が付いちゃうからぶっ壊してもいいと思うんですけどね。
アーロン肩並べの件は「アーロンが吹聴して周った嘘」でも私は許します。
2010.05.23 Sun 11:28 | URL | りり
Re: タイトルなし
ロハンさん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> あと付け足すなら、ほっといた時の世界政府への危険性、
> 出世の可能性ですかね!
>
> ロビンは大した戦力も能力も持ってないのに7000万を
> 超える賞金首だったわけだし、ほっといた時の危険性。
> アーロン編でルフィに3000万賭けられた時も、将来の
> 危険性も考慮してとのことだった気もするので。
>
> まあ賞金額はどれだけ政府がその賞金首を捕まえたいか
> でしょうかね!

ですね。
青キジも強さと危険度を示すものだといってますし、
将来性を加味して金額を吊り上げるというのもそうでしょうしね。

ただまあ、七武海の懸賞金に限って言えば、
その金額はほとんど戦力を評価されてのことだと思います。
政府がどうしても捕まえたいと思ってるやつらは
七武海にスカウトされたりしないと思うので。

> なかなかのルーキーは、超大物になる前に七武海に
> してしまえってのもあると思います!

これはハンコックがまさにそれですね。
九蛇そのものはすでに悪名が轟いていたので、
船長であるハンコックがまだルーキーのうちに
協定を結んでしまえ、という。


魔王さん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> え?強い弱いでなく単純に危険度じゃないの?
> 性格、思想に問題ありだとか
> 要はどれだけ多大な危害を周りに及ぼす、もしくは及ぼせる、及ぼしたかとか犯罪歴が懸賞金の付け方なんじゃ?

青キジが言うには、
「そいつの強さだけじゃなく政府への危険度を示すものでもある」
なので、
強さ・戦闘力も金額には反映されてるはずですよ。
少なくともアーロンの額は個人の戦闘力を示したものだと思ってます。
ヨサクの「個人の実力ならクリークを上回る」発言より。

あと七武海は強さや戦力で金額を上げたやつが選ばれやすいんだと思います。
七武海は強くなければ務まらないのと、
ロハンさんへの返信でも書きましたが
危険思想などが問題視されてる奴はそもそもスカウトされないと思うので。


> アーロンは海軍とつるんでたから安いんじゃね?
> 目付けられないように安くさせたとか
>
> だから今クロコダイルやアーロンに懸賞金をつけなおすならもっと高価になるんじゃね?

クロコダイルはSBSで実際の額は倍以上になると明言されていますね。
ただそれもバロックワークスの存在が露呈するから、
つまり単純な戦力の上乗せによる金額の増加みたいです。

インペル脱獄後の現在なら、
アラバスタの一件(危険思想)+脱獄(犯罪)+ダズの存在(部下戦力)
で、8100万を上回ることは確実でしょうね。

アーロンは難しいですね。
そもそも(恐らく)グランドラインで賞金首になってから
東の海にやってきたという変り種ですからね。
だから2000万というのがグランドライン基準の額なのか
東の海基準なのかもわからないですし。

あと、アーロンはおっしゃられるとおりネズミと癒着していましたし、
それに実際に「大人しくしてはいた」んですよね。
にもかかわらず、大艦隊を率いて東の海を荒らしまわっていたクリークのが
懸賞金は低いので、
東の海では「犯罪を犯したことで上がる金額」は微量なのかもしれません。
するとアーロンが癒着していなかったとしても
金額にそれほどの変動はないのかもしれません。
2010.05.23 Sun 11:36 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
りりさん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> ちょっと七武海とは関係無い話になってしまいますけど、
> ルフィもどこかで解除されない限り5億、8億と上がっていくことになりますが
> なんかそれって安っぽく感じます。
>
> ドラゴンボール終盤で「俺の戦闘力は100億だ」なんて言ってたなら
> 大失敗だったはずなので、3億以降は曖昧になったり5億を上限にしたりする
> かなと予想していましたがルーキーでまた持ってきたのを見るとまだ使いそう。
> 色々余計な要素が付いちゃうからぶっ壊してもいいと思うんですけどね。
> アーロン肩並べの件は「アーロンが吹聴して周った嘘」でも私は許します。

たしかにあんまり額が大きくなりすぎるのも考え物ですね。

エネルにかけるとしたら5億らしいので、
四皇の連中はそれよりも金額が上なのかもしれないですが、
ひょっとしたら四皇などある程度のレベル以上までいってしまうと、
もはや懸賞金をかける意味もないとして解除されるのかもですね。
あるいは金額設定不能みたいな感じになるのか。

アーロンは、例えば魚人海賊団の中に
ジンベエとアーロンしか賞金首がいなかったとしたら、
「肩を並べた」と言われても不思議はない気がしてます。
このへんは魚人島編で明らかになりそうですね。
2010.05.23 Sun 11:57 | URL | psychobind
自分は危険思想の持ち主も七武海の選考基準に入ると思います
危険思想持ちのやつを捕まえるだけで済むならスカウトはされないと思いますが
勢力の全容が見えない、トップを捕まえた後の暴走の恐れ、後継者が居る
等の可能性がある人物は手元に置いておいて
監視するといった意味も七武海にあると思います
2010.05.23 Sun 12:41 | URL | tha
Re: タイトルなし
thaさん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> 自分は危険思想の持ち主も七武海の選考基準に入ると思います
> 危険思想持ちのやつを捕まえるだけで済むならスカウトはされないと思いますが
> 勢力の全容が見えない、トップを捕まえた後の暴走の恐れ、後継者が居る
> 等の可能性がある人物は手元に置いておいて
> 監視するといった意味も七武海にあると思います

たしかにエースも七武海に勧誘されたことがありますし、
監視するという目的で七武海に入れるのも作戦としてはあると思います。
くまもそーいう裏があって七武海入りできたのかもですし。

ただ、手元に置くとはいっても、七武海はあくまで同盟関係であって
完全に政府がコントロールできるわけではないので
監視としての効果が薄そうなのと、
危険思想の持ち主だとわかりきっている相手に
七武海の特権を与えることの危険性とかが気になりますね。

実際、ハンコックと黒ひげには
その特権を利用してインペルに侵入されてしまったわけですし。
危険すぎるとわかっている人物は、
寝首をかかれないように七武海にいれないのでは。

結局、エースのように
思想ではなく「血統」的な危険因子だったら
監視目的で七武海に任命するというのもあるでしょうね。
2010.05.23 Sun 14:19 | URL | psychobind
これに決めました。
ロハンで遊びはじめて間もないんですが、トイレなど
不在を強いられる時ってありますよね。
そこで、ちょっと調べてみましたが、ばっちり代わってくれるらしいです。
その代名詞的な存在がオートマウスで、動きがぎこちなくないから、
運営さんに怪しまれることもないって聞いたんですけどね。
これって本当ですかね。騙されたつもりで試してみるのはいけないでしょうね。
体験のある方からのお一言を待ってますね。
2010.05.28 Fri 12:39 | URL | おっとり
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/125-d3a6b0b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。