日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2010年29号の感想と予想 | main | 週刊少年ジャンプ2010年28号の感想と予想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ネメシスQの存在可能期間と祭達の行く末について
PSYRENの考察始めてからずっと疑問だったのです。
ネメシスQっていつまで存在しているのだろうかと。
あとそれにかこつけて祭先生と影虎さんの行方とか。

ネメシスQがいつまで存在しているのか?
というのがどういうことかを説明するのに、
まず下の図をご覧頂きたい。


ネメシス存在1

これはサイレン世界と現代をつなぐネメシスQと07号の、
5th開始直前の状況を示したもの。
07号が時点JでネメシスQを生み出し、10年前に飛ばす。
それから幾度となくゲームを繰り返して今に至ると。

ネメシスは07号のいるサイレン世界の「今」から
きっかり10年遡った時点に存在している。
そしてネメシスと07号はリンクしていて、
5th開始前に現代の「今」にいるアゲハが
サイレン世界の「今」にいる07号と会話できたのもこのため。

と、いうことを踏まえて、次の図。


ネメシス存在2

現代とサイレン世界は別に平行世界ではなく、同じ歴史を共有しているため、
現代に存在しているネメシスは当然ながら
サイレン世界の歴史でも存在していたことになっているはず。

そして問題はここから。
10年前にとばされたネメシスQは、サイレン世界の歴史では
いったいいつまで存在したことになっているのだろうか?
基本的に、07号がネメシスを引っ込めない限りは
ネメシスは永久に世界に存在し続けるはず。
なのでサイレン世界の「今」までずっと存在し続けているのか、
あるいは現代の「今」と同じ時点で止まっているのか、
はたまたネメシスが誕生する時点Jで消えてしまうのか。


恐らく、ネメシスが「10年後の07号とリンクしている」
ということから考えれば、
ネメシスは現代の「今」である時点Gを最後に
サイレン世界の歴史から消えてしまうのではないか。
というのは、
「10年後の07号とリンクしている」ということは、
逆に言えばまだ10年後が存在していない時点においては
ネメシスQは存在することができないのではないか。


ネメシス存在3


この図で言えば、時点Hにネメシスは存在できるかというと、
たぶん存在できない。
なぜなら時点Hからみて10年後の世界というのは、
まだ時空のどこにも存在していないから。
だからもちろん10年後の世界に本体である07号もまだ存在せず、
本体がいないのだからネメシスが存在できる道理もない。

つまり、上図に示したオレンジの領域では
ネメシスQは存在することができないのではないかと。
ただあくまでこれは「5thのサイレン世界の歴史上」の話であって、
現代やサイレン世界の「今」が未来に進めば
それに伴ってオレンジの領域も削減されていくはず。


で、それがわかったらどうなるのかと言うと、
このオレンジの領域内ではネメシスは現れない、つまり
未来の情報を喋り放題なんじゃないかということ。

ここでタイトル通り、祭・影虎の話に繋がってくる。
祭は影虎に「命懸けで真実を話す」と言っていたが、
もしそれがこのネメシス存在不可能期間で行われたとしたら、
祭は灰にならずにすむのではないか。

あるいはもっと単純に、07号が借りを返すために
祭への制裁を見逃すのかもしれないけど。
はたまた現代の碓氷さんをみつけて
カードをイレギュラーしてもらうのかも。


で、もし祭が無事に未来の情報を影虎に伝えられたとしたらこっちのもの。
影虎はドリフトではないので、
いくら未来の情報を喋っても制裁されることはない。
よって、重要人物に事情を話して協力を仰ぐことができる。
例えば、朱鳥とか。

5thの歴史では朱鳥が皆を誘導して沢山の人を助けていたり、
またPSI能力を身につけていたりするけど、
これは「未来で何が起きるか」をあらかじめ影虎らから聞いていた結果なのではなかろうかと。


しかし、祭は「歴史の強制力」についても身に染みて理解している、
つまり以前の歴史と同じような行動をとれば、
場所や時期に関わらず同じような結果になる、
ことを知っている。
よって祭・影虎は
自分達やイアンが死なないように、エルモアウッドやラン・ハルヒコ、イアンと
連絡を取ることはできない。
同様に返り討ちになることがわかっているので
WISEと戦うこともできない。

だから祭達は、5thのアゲハ達を助けるために
どこかに10年間身を隠してきたのではないかと。
ドリフトにならなくても、
10年生き延びればアゲハ達を助けに行くことは可能だから。

おそらく祭が影虎に真実を話したのは、
アゲハ達が5thから帰ってこないことが確実になった後。
なんとか10年後でアゲハ達さえ救うことができれば、
また歴史が変わって崩壊を防ぐ可能性が復活するから。


というわけで、祭・影虎はドリフトにはならずに
サイレン世界で再登場説を提唱しておきます。
少なくとも影虎はドリフトにはなっていないと思うので。
だって影虎がドリフトになっちゃったら
祭が影虎に「命懸けで真実を話す」意味も必要もなくなっちゃうから。




スポンサーサイト

テーマ:PSYREN─サイレン─ - ジャンル:アニメ・コミック

| PSYREN考察 | 14:08 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/130-4e69c2d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。