日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

ネメシスQの存在可能期間と祭達の行く末について | main | 星将の名前の法則について
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2010年28号の感想と予想
どうもみなさんこんばんわ。
夜科パパのことをずーっと飛鳥と書いていたpsychobindです。


背表紙で拳西さんの生存を確認。
とりあえず師匠に存在を忘れられてはいなかったようで。

○ONE PIECE
-カラー扉絵
立てばジェントル、座れば紳士な麦わらの一味。
チョッパーは帽子に黒い飾り布つけてるのに
ルフィのはそのままなのはこれいかに。

あとドーナッツといえば
コルレオニスはジャンプSQ19で絶賛連載中ですよろしく。


-サボ
先週も書きましたが、まあ死んでないでしょうね。

ここで死なすなら、
別にサボの存在をこの回想をやるまで読者に伏せておく意味はないので、
サボは生きていてかつすでに登場済みなんでしょう。
サボは最期まで海賊を夢見て、かつエースルフィとの兄弟の絆を忘れずにいたので、
もしも生きていたならエースの危機に現れないはずはないでしょう。

いや、それ以前にエースが名を上げて行ったり
白ひげ海賊団に入ったりしたときに、
先に海に出ていたサボが会いに行かないはずがない。
なので、サボが生きているとしたら
「エースに会いに行けない状況」
にあるのでしょう。

真っ先に思い付くのは
「記憶喪失」
サボは一命を取り留めるものの記憶を失い、
海賊にはなったがエースもルフィも覚えておらず、
故にエースに会いに行くこともなかった。

あるいは「革命軍入り」。
表立って動けない革命軍に籍を置いているため、
今回の戦争などでも自由に動くことができなかった。

ただ、革命軍だとすると、
まともにルフィと接したことがあるのがほとんどおらず、
あえてサボの存在を隠しておくほどのこともない気がする。

一方で記憶喪失なら、やっぱり巷で言われているローが怪しいかな。
麦わら帽子を見て意味深な表情をしていたり、
助ける義理もねえのにルフィを助けたり。

あ、あと、
サボがわざわざ式典の日に出発したのは
単に式典のあるときが一番監視が緩くなるときだったからじゃないすかね。


-エース
「俺は絶対に死なねえ」
が省かれているけど、これは単にページ数やテンポの都合で削られただけか、
それともこの台詞が出るのはもっと後なのか。

ところでエースの逃げない理由が明らかになりましたが、
確かにエースは「自分一人」の時はフツーに逃げてるんですよね。
扉絵連載もそうだし、スモーカーからもルフィ達が逃げ切った後に自分も逃げた。
例外は、ルフィを守るためだった黒ひげ戦。

あと戦争で赤犬から逃げなかったのは、
いろんな理由の複合でしょう。
まず何よりも、白ひげを侮辱されたこと。
エースの生きる目的は「生まれてきても良かったのか知ること」であり、
白ひげ海賊団に入ってその答えを得たエースにとっては、
答えを与えてくれた白ひげこそが次なる「生きる目的」だった。
極端な言い方をすればエースは白ひげのために生きているわけだから、
その白ひげの誇りが傷つけられれば
エースは命懸けでそれを否定にかかるわけで。
ルフィで例えるなら麦わら帽子を傷つけられるようなもの。

それとルフィの存在。
これはまあポルシェーミとかブルージャムのときと同じ。

あと白ひげ海賊団。
確かに結果としてエースは死亡し、
仲間達の命懸けの救出劇を無駄にしてしまったわけだけど、
かといってあのまま逃げつづければ白ひげ海賊団の仲間達にも被害が及んでいたことは確実。
マルコ、ジョズが戦闘不能である以上、
あの時の白ひげ海賊団での最高戦力はエースであり、大将を止められる可能性が最も高い。
それに赤犬の狙いはエースなのだから、
自分が前線に留まれば少なくとも仲間達が狙われることはない。
さらに同じ自然系である以上、
基本的に決着はつかないというのが常識であり、
エースは決して、ブルージャムの時のような「無謀な戦い」を仕掛けたわけじゃない。
「メラメラ<マグマを予想しろ」というのはあまりに酷だし。


ついでに、
エースのこの心の内を知ってか知らずか、
vsルッチのときのルフィも同じようなこと言ってますね。


-今後
今週のラストから
「俺たちは絶対に悔いのないように生きるんだ」
に繋がって、そんで回想編終わりだろうか。

どうせならエースがスペード海賊団を結成するまでのいきさつも見てみたい。
腕の刺青のくだりとかも。


○NARUTO
-背景
白すぎる。


○BLEACH
-拘突
実に久しぶりに登場した拘突さん。
恐らく読者の5割は存在すら忘れていたのでは。

理の側の存在とかよくわからんかったけどまあ、
つまりあれだよね。PSYRENのカブトの新能力みたいな感じ?


-藍染様とギン
なんかこやつら急に仲悪くなったな。
ギンも裏切り時を一生懸命模索してるんだろうか。


-空座町
に残ってる戦力といえば、石田パパくらいしかいないのでは。
たつきとか黒崎妹では何の役にも立たんだろうし。
あと藍染との戦いに参加しなかった死神達もいるか。
つっても副隊長以上は七緒くらいしか。


○バクマン。
-亜城木
いくら新妻先生に勝たなければならないとはいえ、
入院の前科があるんだからあんま無理させちゃいかんでしょ服部さん。
ろくに睡眠とってないとわかるんならまず休ませなきゃ。


-名前
「実在しそうな名前は避けたほうがいい」
ってのはデスノートのことですね。
シブタクとかシブタクとかシブタクとか。

主人公っぽくない名前ということで、
現連載陣の主人公名を見直してみたところ、
一番主人公っぽくないのはルカだと思った。
ファンタジー系のフィクションでは比較的ありがちで、
しかもどっちかといえば脇役の女性キャラの名前だろこれ。

あと大鳥はフルネームを思い出せなかった。残念。


-ストラップ
正直、これは今までのバクマンの中で一番共感できた。
これはいい少年向け。
少年とは、どう考えても生活の役には立たないのに
なんかカッコいいという理由で修学旅行で木刀を買う生き物なので
「なんかカッコいい道具」というのは実にいいスパイス。
だから少年は拾得ナイフも好き。


○銀魂
-背景
黒すぎる。


○魔境旅行師グラム
ん~~、
世界観がどうにも残念。
遺跡とか廃墟とかならいいんだけど、
毒と異常生物に覆われた世界では、
主人公の言う面白ツアーにまるで共感できないなあ。
ONE PIECEとかがラピュタを探して冒険しているようなもんだとしたら、
これはナウシカの腐海を探して旅行しているような。


○メタリカメタルカ
-ルカ
主人公っぽくない名前私的ランキング1位のルカ君の
人の話を聞かないっぷりと空気の読めなさがちょいちょいイラっとする。
像を勝手に捻じ曲げたりするのに、
名簿を書き換えるのには懐疑的だったりして、
常識があるのか非常識なのか。


-鉄の人
早くもヘタレた鉄の人。
RPGでいうなら、見た目強そうなキャラを仲間にしてみたら
実はただのドランゴ引換券だったときのようながっかり感。


-ツイーッ
なにげに今までで一番うまい能力の使い方ではないだろうか。


○黒子のバスケ
-青峰
もう一つ上とは何じゃろうて。
というか、キセキの世代はその隠し玉を知らなかったんだろか?
緑間君の射程距離がオールコートに伸びていたように。

でも戦う相手がいなくて真面目に練習しない青峰君が
中学→高校で新能力開眼するとも思えないし。
黄瀬君が新入りキセキだから知らなかっただけか?


-紫原
紫かよ!!
こうなったら白はきっと帝光の監督ですね。
白髪鬼ですね。

キセキのセンターはたぶんデカブツだと思ってたけど、
思ったとおり。
でも当面のライバルは青峰君だし、
ラスボスはたぶん赤司君だと思うので
紫原君の立ち位置が難しいなあ。

正直、誠凛の練習よりキセキの勝敗のが気になる。


○PSYREN
-超好意的 「朱鳥」論
今週はこっちで超好意的感想。

なぜノヴァの情報を
敵であるジュナスに話してしまうのだとお思いの方も多いでしょう。
しかしながら、あれは立派な朱鳥の作戦なのです。

まず、朱鳥が話そうが話すまいが、
ノヴァを使っておきながらジュナスを仕留め切れなかった時点で、
「イルミナなしでPSIを爆発的に高める方法がある」
「鼻血が出るほどに脳に負荷がかかる」
というのはジュナスにばれているのです。
それに比べたら、
ノヴァという名前や4つ目のPSI、という情報は大したことではありません。

つまり、朱鳥はノヴァに関する「本質とはかけ離れた情報」
をあえて敵に明かすことで、その興味を引こうとしたわけです。

もし朱鳥がミラクルドラゴンの存在を知っていたのなら、
これは単に時間稼ぎでしょう。
少なくともノヴァという未知の情報を語っているうちは、
ジュナスは朱鳥を殺すことはできないので。

逆にミラクルドラゴンのことを知らなかったのなら、
ノヴァを交渉の道具にするつもりだったのでしょう。
つまり
「ノヴァの情報を教えてやるから息子は見逃してくれ」
とかそういうことです。


-ノヴァ
そんなこんなで突然登場したノヴァ。
なんだこれは。通信教育で習うのか。

ちょっと唐突過ぎて戸惑いましたが、
まあライズトランスバーストの設定が最初に出てきたときもこんな感じだったんで
すぐ慣れるでしょう。

しかしこれが超サイヤ人みたいに強キャラのスタンダードになると、
皆が皆鼻血を噴出しながら戦うことになるけどいいのだろうか。
絵面的に。


-ヴィーゴ
先週、倒れているヴィーゴの背面の床が波打っていたので、
ヴィーゴが再起動して能力発動したことを示しているのかと思いましたが、
心臓を吸い上げていたとは。
戸愚呂兄みたいなやっちゃな。

あとイルミナはたぶん能力で体内に埋め込んでるんでしょうね。
狙われないように。
とことん戸愚呂兄みたいなやっちゃな。

予想通りヴィーゴはマリーを殺さずに連れ去りましたが、
絶対に「返す」気なんてないよね。
帰ったら即効で固める気だよね。


-ミラクルドラゴン
ヒリューさんキター!!
いつのまにやら立派なドラゴンまで召喚できるようになって。

彼らは結局何を得たのだろう。
タツオとクサカベさんの珠は外れてないようだし。
空を覆っている膜の破壊方法とかかね。

確かに冷静に考えてみると、膜破壊ってかなり凶悪な技ですよね。
タツオが何発も撃てるんなら、
それだけで首都壊滅させられるんじゃ。


○ジャン魂G!
-日本一決定戦
No.7、10、14が良かったです。
でも全体的に良かった。


-J喜利
お題にされた漫画が次々に打ち切られるというジンクスも
次のお題がぬらりひょんの孫ということでここで終焉か。
いやまだLOCK ON打ち切りきまってないですけど。


-優勝
ぐはっ
カスガイガー駄目だったか。
わずか2P届かず。



スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 20:09 | トラックバック:0コメント:4
コメント
>そんなこんなで突然登場したノヴァ。
朱鳥が根拠不明で強かったりと、ちょっと引っかかる。
BLEACHとかだと、良くある展開なんですがね。
PSYRENでは伏線なしに、味方を強化させることはあまりないので
朱鳥の強さには、どうも違和感を感じてしまいました。

>ヴィーゴ
透過でなく同化のPSIにしたことを、上手く利用してますよね。
コイツを完全に倒すには、アンチサイキックで同化を解除した瞬間
フーのような高威力のバーストで消し炭にするしかないですねぇ。
ジュナスなどと比べると、戦闘力は数段落ちますが、
しぶとさがゴキブリ並み。

>彼らは結局何を得たのだろう。
首都関係の情報は、確実に得ていそうですね。
未来だけでなく、10年前のアジトの位置もゲットできてれば
ヒリューさん万歳です。
2010.06.15 Tue 13:56 | URL | plto
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> 朱鳥が根拠不明で強かったりと、ちょっと引っかかる。
> BLEACHとかだと、良くある展開なんですがね。
> PSYRENでは伏線なしに、味方を強化させることはあまりないので
> 朱鳥の強さには、どうも違和感を感じてしまいました。

通信空手家がああなってしまいましたからねー。
自分は、空手ベースで「柔よく剛を制す」みたいな強さだったら納得だったんですが、
おもっくそPSI特化のパワープレイでしたからね。
そのへん自分も違和感バリバリでした。
5thの歴史で朱鳥に何があったのかが、
根拠として今後明かされるんじゃないですかねー。


> 透過でなく同化のPSIにしたことを、上手く利用してますよね。
> コイツを完全に倒すには、アンチサイキックで同化を解除した瞬間
> フーのような高威力のバーストで消し炭にするしかないですねぇ。
> ジュナスなどと比べると、戦闘力は数段落ちますが、
> しぶとさがゴキブリ並み。

やっかいですよね。
肉弾戦ではどうやってもトドメは刺しきれなさそうです。
今回は特に、周囲に同化物が豊富にある地下という環境でしたしね。

あるいは、同化できないよう空中にふっとばしてからトドメとか。
・・・ハッ!
まさかここでヒリューさんが!


> 首都関係の情報は、確実に得ていそうですね。
> 未来だけでなく、10年前のアジトの位置もゲットできてれば
> ヒリューさん万歳です。

なるほど。ありそうですね。
確かにヴィーゴは首都の場所までは教えてくれなかったので
ヒリューさんが首都の情報まで仕入れてきてくれてたら
まさしく遅れて空からやってきたヒーローですね。

「現代に持ち帰ることができれば」とか言ってたので、
10年前のアジトの位置もなんとかしてくれてそうです。
2010.06.16 Wed 00:11 | URL | psychobind
ワンピ
今回の話は読んでいて辛かったです。サボの死に
エース&ルフィがあそこまで動揺するとは。
特にエースの涙にぐっときました。

サボ
多分生きてますね。(断言)
今まで過去で死んだ人に比べ、あっさりすぎるし。

サボが生きていたとエースが知ったらどれほど喜んだ
かと想像したら切なくなりました。

今回の過去編、全体的に面白かったです。
過去編を読んで、鬼束ちひろさんの
「キャッスルイミテーション」が脳内再生されてました。

サボ→エース&ルフィへみたいな

ニコニコ動画でコードギアスのMADになってますので
機会があれば聞いてみてください。
2010.06.16 Wed 20:09 | URL | mituki
Re: タイトルなし
mitukiさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ワンピ
> 今回の話は読んでいて辛かったです。サボの死に
> エース&ルフィがあそこまで動揺するとは。
> 特にエースの涙にぐっときました。

サボは、エースにとっては恐らく人生で初めてできた
「友達」だったでしょうからねえ(後に兄弟)。
普段、ルフィに泣くなといってるエースでも、
こらえきれないものがあったんでしょうねえ。


> サボ
> 多分生きてますね。(断言)
> 今まで過去で死んだ人に比べ、あっさりすぎるし。
>
> サボが生きていたとエースが知ったらどれほど喜んだ
> かと想像したら切なくなりました。

ですよね(断言)。

できれば3人で再会させてやりたかったですね。


> 今回の過去編、全体的に面白かったです。
> 過去編を読んで、鬼束ちひろさんの
> 「キャッスルイミテーション」が脳内再生されてました。
>
> サボ→エース&ルフィへみたいな
>
> ニコニコ動画でコードギアスのMADになってますので
> 機会があれば聞いてみてください。

おお、ありがとうございます。
ニコニコは誰かが歌詞つけてくれるからいいですね。

ところどころサボの状況と重なる歌詞がいいですね。
生きて・・・いけなかったけどエースは。


2010.06.17 Thu 18:44 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/134-347fdb5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。