日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

超好意的 「サボの出航」論 | main | ネメシスQの存在可能期間と祭達の行く末について
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2010年29号の感想と予想
どうもみなさんこんばんわ。
ONE PIECEもHUNTER×HUNTERもリリエンタールもなくたって、
PSYRENさえあればジャンプは買うpsychobindです。


背表紙はハッチ。
なんかいろいろ被さってるけど。

あとヴァイザードで出てないのは3人。
終わったら次は十刃かな。


○トリコ
-ハシラ煽り
上手いこと言うじゃないか編集の人。


-オリジナル食材
ドリルバードに、
シリアスだけどギャグっぽい回のリボーン的な笑いを感じた。


○NARUTO
-ガリガリ
で、出た。
岸本先生お得意のそのまんま擬音!!

しかも急激に体が痩せこける音、という擬音では
ゲソソソにつづいて2つめ。

こんな限られた用途の擬音をあえて使いまわさないところに
岸本先生のプロ精神を感じずにはいられない。


-回想
少し前のジャンプは老人ブームでしたが
最近のジャンプは回想ブームですね。
ONE PIECEは言うに及ばず、
来週からNARUTOとべるぜバブが回想編突入で、
今週はメタリカ、先週はLOCK ONが1話で回想終了。

BLEACHも松本さんが出てきたら回想編に行ってしまいそうなふいんきが。


○BLEACH
-サブタイトル
いつまで神を殺し続ける気だろう。


-ケイゴ&たつき
ああ、なんか初期のノリ・・・
師匠は絶対にこういう方向性の漫画を描いたほうがいいのに。


-修行
一心パパは、自分の全霊圧を息子の修行のために費やしてしまっていいのだろうか。
修行が完了しても、一心はもう戦えないよねこれだと。
どう頑張っても藍染様にはかなわない自分よりも、
まだ可能性のある息子にすべてを託すということでいいのかね。


-超好意的 「卍解を使わない人達」論
一心も浦原も、ヴァイザードの面々もみな、
「全力」である卍解を使わずにやられてしまいましたが、
しかしこれは必ずしも手を抜いているわけではないでしょう。

例えば、現在までに卍解が明らかになっている面々のうち、
砕蜂、東仙、マユリの卍解は
敵1人を味方多数で相手にしているときには
味方を巻き添えにしてしまうために使うことができないでしょう。
事実、
東仙が卍解で剣八と戦ったときには、
共に戦っていた狛村は閻魔蟋蟀に巻き込まれないように戦線離脱せざるを得ず、
東仙と剣八の一騎打ちになっています。

従って、ヴァイザードや一心、浦原の卍解が
「味方を巻き込むほどに大規模なもの」だったとすれば
説明はつけられなくはありません。
つまり、
「味方全員の始解で相手をフルボッコにする」
のと
「自分1人の卍解でタイマンを行う」
のはどっちが効果的か? という話になるわけです。


今にして思えば、東仙が狛村との戦いで閻魔蟋蟀を使わずに
虚化や刀剣解放のみを使って戦っていたのは、
ギンや藍染まで閻魔蟋蟀に巻き込まないようにするためだったのかも知れません。


○べるぜバブ
-悪魔
ただの悪魔だったか。
ベル坊の兄弟かと思ってたけど。

容疑者は六騎聖と梓ですね。
解説に定評のあるカズは心の声が描かれていたので
多分違うでしょう。

六騎聖の中では、すでに敗北したアレックス君は違う。
三木も、今週の展開と屋上での邦枝の台詞からして、
悪魔と関わって強くなったんでしょうけど
悪魔本人ではないでしょう。
アマチュア無線の人は、悪魔だったとしても
意外性がないのでこれもなし。
要君は、三木のことを「人が変わったように強くなった」と言っているので
「人を変えた原因」であろう悪魔ではなさそう。
あと一番強いやつが実は悪魔、ってのは当たり前の展開すぎる。

つーわけで
本命:静御前
(偽)スペル持ちの東条に向けた表情が怪しいのと、
要君が悪魔じゃないなら2番手のこいつが最もそれっぽい。

対抗:梓
ぶっちゃけ、今のところ物語的に「必要ではないキャラ」なので、
実は黒幕だったというのがありそう。
ただ、基本的に消去法なので根拠が薄い。

大穴:榊
いや、なんか魔界編で出てきたあの長髪とちょっと似てるかなーというだけ。


○PSYREN
-ノベル化
ktkr!!

まあ編集の冗談だと思うけど、
脳獣の話とかされても誰得なのでやめていただきたい。

オムニバスでいろんなキャラの話が入ってる感じなのかな。
だとしたらエルモアウッドと祭・影虎・イアンあたりの話は間違いなく入るのでいいとして、
射場さんに焦点を当てた話とかどうだろう。
弥勒を逃がしてしまったときの話をもっと詳しくやるとか。


-ヒリュー
何ヶ月もの出番をいけにえにして
モーニングリバーフライングドラゴンを召喚するぜ!
なヒリューさんでしたが、
結局まだ能力の詳細とか何をしてたのかとかは語られず。
ただ、クサカベさんの台詞から察するに、
神経制御塔を封じてきたのは間違いなさそうですね。
イルミナ外さずにそんなことするのは
だいぶ自殺行為だけど。


-オド
安之城、じゃなくて案の定、
オドの中の人は朧でした。
アゲハが声を知っていて、面白さ至上主義で、
止血可能(=キュア使い)なんで
もう確定でいいでしょう。
そんなオドに扮した朧さん略してオドロさん曰くの
「舞台」とは?
たぶんオドロさんが自らの手でアゲハを倒すとかかなあ。

このオドロがアゲハをダークサイドに引き込む役割を果たしそうに思えてならない。
祭先生に危惧されていたのはアゲハと朧で、
この2人を止める役をまかされたのがヒリューさん。
祭先生、というか岩城先生がわざわざ祭先生に
こんなことを言わせたのだから、恐らくヒリューvsアゲハorオドロは
間違いなく起きるはず。

orとしたのは、いくら出番がなかったとはいえ
アゲハとオドロの2人を相手にするのはちょっとヒリューさん働きすぎだから。
それに朧とヒリューさんは接点があんまりなくて、
ヒリューvsオドロとかやられてもあんまり盛り上がりそうにない。

だから、オドロが何かきっかけになってアゲハが黒化、
それをヒリューさんがミラクルドラゴン昇竜覇でぶちのめして正気に戻し、
戻ったアゲハがさらにオドロを朧に戻すような、そんな流れ?


-アゲハ黒化
上の流れに乗ってちょっと妄想。

・マリーに死亡フラグ
・その下手人(ヴィーゴ)は現代では有名人(指名手配)
・現代を変えれば未来も変わる

さて、この3つから予想される今後の現代での展開は?
それは「現代でアゲハが鬼瀬(ヴィーゴ)を殺害」でしょう。

そして、5th開始前に出番を貰っていたのに
結局何もなかった武智さん。
彼の出番もここで来るのでは。

すなわち、アゲハを付けねらっている武智刑事が、
鬼瀬殺害の現場を目撃してしまって、
アゲハが殺人犯として追われる的な。


-首都潜入作戦
アゲハ、雨宮さん、カブト、ミラクルドラゴンは確定として、
エルモアウッドも全員行きそう。
逆にランハル、親父は残りそう。
根の防衛力を0にするわけにもいかないし、
戦闘でのダメージが大きそうだし。腕とか脳とか。


○バクマン。
-「言い過ぎだ!」
この顔もっとなんとかならんかったのか。


-マンガ論
念能力は才能と興味が一致していないとうまく効果を発揮できないように、
マンガもまあ、
自分を表現したものと雑誌の方向性が一致してないと駄目なんですよね。
ジャンプなら、自分を表現した「作品」がモロに少年受けするものでないと、
どんなに芸術的でも生き残れないでしょうから。

つまり新妻先生最強ってことですね。


-「絶対人気を取る!」
とはいえ、今週ラストのように
「読者人気をとることだけに全力を注いだ」
と断言されてしまうと、それはそれでなんだかなあと思ってしまう。

いつか言われていた「小手先で描いている」レベルから抜け出せているのかなあ、と。
もうちょっと、森屋さんみたく自分らを表現するとかしてもいいんじゃ。

と、書きながら思ったけど、
亜城木は表現するものがほとんどないなあ。
サイコーはまだしも、シュージンが特に。
何か好きなこととか、趣味とか感動した出来事とか、
色恋沙汰をのぞいてそういったものがほぼ描写されてないので、
自分らの体験から描きたいものを生み出す、
ってことがそもできないのではないのかなあ。


-PCP
ストラップはいいと思ったけどこのタイトルはどうかと思った。


-手塚賞
バクマン世界の審査員5人は、
一番上は手塚プロ、
一番下は鳥山先生、ちょっとロボの耳が見える。
2番目は自画像がちょっと見えてるけど、
そこから察するにリーチ郎先生かな。
あと2人はまったく見えないけど、
通常通りなら尾田先生と岸本先生でしょう。

つーかこの先生方のコメントって、
すごくそれっぽいこと言ってるけど、
いつかの手塚賞のコメントを丸写ししたものなのかな?
さすがにこのためだけに大場先生がコメントまで作ったとは考えづらいが。


○マインズ
村田先生単独での読切。
前の読みきりはカレー食ってロケットパンチする話だったけど、
今回はバイクで地雷をぶっちぎる話。

今いる連載陣と同じ土俵で戦うのは得策でないとはいえ、
バトルでもスポーツでもないアクション物。
これを連載にもってくのは難しいんじゃないかなあ。
むしろ連載狙うならカレーのが良かった。

ただまあ、流石の画力に演出力はもちろん、
読み切りとしてはまとまってて良かったかも。


○四ツ谷先輩
-校長
亜内検事! 亜内検事じゃないか!!


○ジャガーさん
今週、アシスタントいらなくね?
こんなに作業量が少ないのに
面白い話は作れるもんなんだなあと感心した。

地味に引っ張りますを「ぱります」と略してるのがよかった。


スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 23:50 | トラックバック:0コメント:4
コメント
>射場さんに焦点を当てた話とかどうだろう。
>弥勒を逃がしてしまったときの話をもっと詳しくやるとか。
いいですねぇ。本編ではわりとさらっと流されましたからね。
遊坂関連のエピソードも読みたかったりするんですが、
WISE関連は本編の核心に触れそうで、まだ書けないかなぁと思ったり。
今回のノベルが売れて、人気が上がって、ノベル第二弾なら
WISE関連の話が読めそうかも。

>神経制御塔を封じてきたのは間違いなさそうですね。
彼らキチッとやることはやってたんですね。
WISEに捕まってたり、とか思ってた自分がいるw
ヒリューたちがタイミング良く「根」にきたのは、
神経制御塔から首都にハッキングか何かして、「根」襲撃の情報を
知ったからかもしれませんね。

>恐らくヒリューvsアゲハorオドロは
>間違いなく起きるはず。
出番なかった分、ヒリュー大活躍は間違いない…はず。
2010.06.22 Tue 15:01 | URL | plto
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> >射場さんに焦点を当てた話とかどうだろう。
> >弥勒を逃がしてしまったときの話をもっと詳しくやるとか。
> いいですねぇ。本編ではわりとさらっと流されましたからね。
> 遊坂関連のエピソードも読みたかったりするんですが、
> WISE関連は本編の核心に触れそうで、まだ書けないかなぁと思ったり。
> 今回のノベルが売れて、人気が上がって、ノベル第二弾なら
> WISE関連の話が読めそうかも。

遊坂もいいキャラしてましたからねえ。
あれで終わりにするのも勿体無いし小説で出番あるのもいいですね。

WISEはまだまだ謎が多いですから、
もすこし話し進まないと小説だせないかもですね。
今回、首都に潜入したら未来WISEの実態とか書いてくれないですかねー。
意外とパラノイドサーカスみたいに仲良く(?)生活してるやも。


> >神経制御塔を封じてきたのは間違いなさそうですね。
> 彼らキチッとやることはやってたんですね。
> WISEに捕まってたり、とか思ってた自分がいるw
> ヒリューたちがタイミング良く「根」にきたのは、
> 神経制御塔から首都にハッキングか何かして、「根」襲撃の情報を
> 知ったからかもしれませんね。

そうですねー。
神経制御塔からは首都とかWISEの動向とか、
いろいろ美味しい情報が手に入ってそうです。
クサカベさんのノートPC?も気になりますし。
彼らの戦いの詳細も小説版で・・・とか。


> >恐らくヒリューvsアゲハorオドロは
> >間違いなく起きるはず。
> 出番なかった分、ヒリュー大活躍は間違いない…はず。

以前から伏線張られてたこの戦いで活躍しておかないと、
それこそ次の人気投票でベスト10落ちしてしまいそうですからね。
やるときはやる男・・・なはず。
肉壁とか足場とかじゃなくて。

それはそうと「恐らく間違いない」っておかしな日本語だ自分。


2010.06.22 Tue 22:46 | URL | psychobind
海草ばっかりやられると意味ワカメ
2010.06.24 Thu 20:21 | URL | 魔王
Re: タイトルなし
魔王さん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> 海草ばっかりやられると意味ワカメ

上手いこと言った!!
2010.06.24 Thu 23:45 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/135-65edd94c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。