日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

賢い犬リリエンタール 単行本3巻について | main | 週刊少年ジャンプ2010年30号の感想と予想の前半
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2010年30号の感想と予想の後半
どうもみなさんこんばんわ。
サッカー見ながら更新しようと思ったら
試合開始前に更新終わってしまったpsychobindです。


30号の続きいきます。
BLEACH、ONE PIECE、バクマン。は前半で。


○べるぜバブ
-回想
うーむ、
これはどうみても男鹿が三木を巻き込まないように
ボコボコにして気絶させたとしか見えないが。

男鹿は凶悪だと言われているけど、
別に初期の浦飯幽助のよーな
カツアゲとか器物破損とか喫煙とかを積極的に行う不良ではなく、
ただ自分に害をなす奴や気に入らない奴への報復が
容赦なさすぎるというだけで、
極悪人じゃないのだし。

あと古市が姫川に捕まったときの一件から、
友人は大事にする奴だというのもわかってるし。

三木君にしてみたら、
「男鹿は自分(三木)のせいで厄介ごとに巻き込まれたから
頭にきて自分のことをボコった」
みたいな解釈なのだろうか。


-話の造り
けっこーストーリー展開を突っ込まれてることが多いように思うこの作品ですが、
自分は最近になって
意外と先のことまで考えてる話作ってるんじゃねーのかなーと思い始めました。
なんせ岩代先生の弟子ですし。
ネーム合宿とかしてたらしいですし。

例えば、六騎聖はなんで"六"なのかといえば、
最初っからバレーやらせるつもりだったからでしょうし、
バレーの前に六騎聖の顔見せをしとかないといけないから
屋上での小競り合いをやったんでしょうし、
その小競り合いで三木の過去への伏線もちゃんと張ってましたし。

神崎が男鹿にぶっ飛ばされて
三木が「彼のためを思って気絶させたんだろう?」
と言うところはまんま回想で三木が男鹿にボコられたところと同じですからね。
その後の男鹿の回答を聞いて三木がブチ切れるのもまたしかり。


-男鹿
で、三木と戦うときの男鹿はなんか、
あえて自分から攻撃を受けに行ってるようにも見える。

今も手出ししないからまず奥義うってこいとか言ってるし、
屋上でやったときも
三木から一撃もらった後、減り込みパンチで反撃したときから
「急に動きが良くなった」と言われている、
つまり三木の初撃をくらったときは
動きが良くなかったというわけなので。

昔ボコボコにしてしまったことの罪滅ぼし的な意味が込められているんじゃないかというのは
さすがに買い被りすぎでしょうか。


○メタリカメタルカ
-ズオゥ
なぜか受験者と一緒に落とされてるズオゥさんに笑った。
あんた試験官でしょうに。

-試験
第一試験はマラソンじゃないかと各所で言われていましたが、
始まったのはシャーマンファイトでした。

大勢が落ちていく絵を見て思ったけど、
皆いっせいに落ちたなら、ゆで理論が働かない限りは
みんな同じ速さで落ちていくはずだよね。
だのにルカとかはかなり下まで落ちているのに
まだ飛空船の近くに留まってる奴らもいるし。
あのオッサンはなぜか1人だけ猛スピードで落下していくし。

ところでガトーはなぜ空とぶスケボーを持って来なかったし。


○KIBA&KIBA
ヘタッピがあった村田先生とは違って、
ずいぶん久しぶりな気がするリーチ郎先生。

キッショウとかVSの演出とかのリーチ節は相変わらずだったけど、
なんだろう、
現実に存在するアメフトというスポーツを舞台にして
現実よりもオーバーな必殺技をやっていたアイシールドと違って、
ファンタジー世界で実在しない動物を扱ってるのに
そんなに現実離れしてない必殺技を繰り出されてもイマイチ盛り上がれないというか。

でも、カイザー王の正体を知ってからもう一度読み返すと、
いろんなシーンの「意味」が1回目とは変わって受け取れるから、
1粒で2度美味しい優秀な読みきりだったんじゃないでしょうか。
さすがはリーチ郎先生といったところですか。


○黒子のバスケ
-津川
かつては黄瀬君を苦しめた筈の彼がこうもカマセられるとは・・・
哀れ。
やはりこの世界では
ディフェンス特化の能力などでは生き残れないのだよ。

しかし未だに三大王者の内の2校を
同じところにぶち込んだのはなんか納得いかんなあ。


-氷室
火に対して「氷」か。
この分だと風とか土とかいそうな気が。
風間君とか。
あ、土はツッチーがいるか。


○いぬまるだしっ
-英語
大石先生はときどき鋭いこと言うから侮れない。

確かに英語圏で育った人は英語の勉強する時間がいらないから有利だよなあ。

本当は世界の共通語を新しく作るのが一番だと思うけど
それはさすがに無理だから、
せめて英語圏の人は英語のヘタな人種には
ゆっくりわかりやすい文法で喋るようにすることを徹底するべき。

英語のヘタな人種を見下すような輩は
Throw the head at the corner of a cake of tofu and die.
とExcite先生が言っていた。


○PSYREN
-ババさま
ババさま死す。
ヴィーゴの一撃で寿命が縮まったってことは
現代で鬼瀬をなんとかすればマリーと同じく次のゲームでも生きてそう。

マリーのことを残りのエルモアウッドに托す、
ということはマリーが死ぬ未来までは見えなかったということなのか。
あるいは予知の結果がどうであれ、それを伝えれば未来は変えられると考えてのことか。

実際、エルモアウッドが宣戦の儀で死ななくなったのは
エルモアが子供達が敗北する未来を予知して子供達を止めたから。
つまり予知により得た情報をもとに行動すれば
未来は変えられるはずなので。


-首都アストラル・ナーヴァ
アストラル=astral:星の、星のような
はすぐわかるけどナーヴァはなんだろう。

カタカナ日本語でそう読みそうなのは
nerve:神経、神経繊維
かなあ。そうでなければ固有名詞でNavaか。

"神経"制御塔なんてものが建ってることからして、
意外とnerveでいいのかもしれない。

そんなことより東京にあったらしい首都。
ミラクルドラゴンズがハッキングして情報入手したのかとか思ってたけど、
よく考えてみたらクサカベさんに聞けば一発で場所わかるよなあ。


-潜入作戦
ミラクルドラゴンズ+ハルヒコが神経性御塔の掌握と膜破壊。
ドリフト組とエルモアウッドが首都潜入。
というチーム分けかな。
飛鳥も潜入組にはいるだろうかな。

しかし、読者にバレバレの作戦はうまく行かないのが漫画の常。
潜入は成功するでしょうが、
太陽光でWISE全滅とはいかないでしょうな。

たぶん、空に穴は開けられたけど
グラナのテレキネシスで太陽光が曲げられて首都まで届かないんじゃないかね。


-ノヴァ
やはりここで修業展開に入る訳ですが、
エルモアウッドが誰もノヴァを使えないあたり、
そんな一朝一夕で身につけられるものでもない気がするんですが。

それにあんまり準備に時間かけてたらまずい気がする。
包帯巻巻禁人種につれてかれた人らは、
クサカベさんの言うとおりしばらくは大丈夫なのかもですが、
ヴィーゴの独断でお持ち帰りされたマリーは
もうすでに"作品"にされていてもおかしくない気が。


○四ツ谷先輩
-焦る先輩
四ツ谷先輩みたいに普段は冷静で完全無欠な人が、
焦ったり狼狽したり叫んだりと、
キャラじゃないことばっかりやってるのを見ると
なぜかとてお幸せな気分になる。
ジャガーさんが歯医者に行ったときの話みたいな。


-次週
もう新連載攻勢が始まったってことは、
次週で最終回でしょうねこれは。
諸悪の根源だった亜内校長がいなくなって
学校で事件が起きにくくなったので、
四ツ谷先輩も別の学校に移って行ってしまって的な流れを予想しておく。


○LOCK ON!
最終回。
正直、動物園あたりからは、話はそう悪くはなかったと思う。

最大の敗因は、すでにSKET
DANCEが連載していたことでしょうか。
学園コメディはジャンプに2つもいらんというわけです。


つか、この作品に限らず、今は新連載が生き残りにくいシステムになっちゃってると思います。

そもれもこれもバクマン。のおかげで。

バクマン。が連載されたことにより、今のジャンプ読者は
ほぼ全員がアンケートシステムの仕組みを知ってしまっている。
なので、昔と比較して今のジャンプ読者は、
「プレゼントではなく好きなマンガの打ち切り阻止が目当てでアンケートを出す人」
の割合が高くなっていると思う。間違いなく。

こーいう人達を「固定層」、
純粋にプレゼント目当てで送ってくる人を「浮動層」と呼ぶとすると、
バクマン。でも言っていたように
ジャンプ編集部は浮動層の意見をこそ知りたいわけで、
固定層が増えることはノイズにしかならない。

そしてこーいう環境は新連載、特に新人の新連載に非常に厳しい。
連載がそこそこ続いている作品にはすでに固定層がついているが、
始まったばかりの新連載にはもちろんそれがない。
そして固定層にとって新連載とは、自分の支持する連載を生き残らせるための
格好の「防波堤」になるから、新連載が固定層から票を集めるのは難しい。

それでも、連載経験のある作家の新連載なら、
過去の作品のファンがいきなり固定層になってくれる可能性はあるものの、
新人の作家にはそれすらない。
よって、新人の新連載が生き残るためには
固定層のハンデを跳ね返すだけの票を浮動層から獲得しないといけない。

もちろん、ジャンプは昔っからそうだったけど、
近年はバクマン。のおかげでそれがさらに顕著になってるんじゃないかということ。

次週から連載始まるすぎたんもどこまで耐えられるか・・・
いや、すぎたん先生はある意味固定層持ちだから大丈夫かもしれない。


っと、LOCK ON!とは関係ない話になってしまいましたが
お疲れ様でした。


スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 22:01 | トラックバック:0コメント:5
コメント
>PSYREN
>現代で鬼瀬をなんとかすれば
>マリーと同じく次のゲームでも生きてそう。
個人的には、「現代での行動→未来修正」による死の回避は
もう十分かな、という気持ちです。
「未来で死んでも、現代で何かやれば~」は
どうしても、緊迫感を薄れさせるんですよね。

>そんなことより東京にあったらしい首都。
>よく考えてみたらクサカベさんに聞けば一発で場所わかるよなあ。
ヒリューさんが、自信たっぷりに発言してましたけど
情報源はクサカベさんだろうなーと考えると…w
空に大穴開けるのもタツオ担当ですし、ヒリューさんただの足場。
でも、ヒリューさんは「現代に持って帰りたい情報」を
調べたはずなので、それに期待ですね。

>グラナのテレキネシスで太陽光が曲げられて首都まで届かない
現代ですら、太陽光捻じ曲げてましたからね…。
イルミナ付けた未来だと、片手で太陽光曲げて、
もう片手でアゲハたちを迎撃しそうで怖いです。
2010.06.30 Wed 11:50 | URL | plto
>メタリカメタルカ
 ガトーのスケボーはルカが変形させちゃいましたよね。それにしてもガトーはどうやってルカをサポートする気なんでしょうね?どう考えても足手まといにしかならないような気がするんですが。

>いぬまるだしっ
 国際語として作られたエスペラント語というものがあるそうです。使用人口は少ないそうですが、Wikipediaにもエスペラント語版がありますよ。

>LOCK ON!
 やっぱり今のアンケートシステムが間違っているとしか…。それに対する改善策も「バクマン。」作中で語られている訳ですが、出来上がったシステムを再構築するというのは難しいんでしょうかね。育成のために新人の連載をバンバン打ち出すのは良いんですが、そのアフターフォローもしっかりして欲しいと思います。
2010.06.30 Wed 19:23 | URL | ジョニィ
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 個人的には、「現代での行動→未来修正」による死の回避は
> もう十分かな、という気持ちです。
> 「未来で死んでも、現代で何かやれば~」は
> どうしても、緊迫感を薄れさせるんですよね。

あんまりやりすぎちゃうと確かに緊迫感なくなっちゃいますよね。
エルモアはどのみち長くなかったんで積極的に助ける必要もないかもですし。
ただ、
マリーを歴史改変で救う必要が生じた場合はアリかなーと思ってます。
エルモアウッドを助けたときと違って、
「現代で鬼瀬をたたき殺す→未来でマリー助かる」
みたいに現代でのマイナスの行動(殺人)が未来でのプラスに繋がるという
捻じれた行動原理が生まれて
アゲハの黒化が加速していきそうなので。


> ヒリューさんが、自信たっぷりに発言してましたけど
> 情報源はクサカベさんだろうなーと考えると…w
> 空に大穴開けるのもタツオ担当ですし、ヒリューさんただの足場。
> でも、ヒリューさんは「現代に持って帰りたい情報」を
> 調べたはずなので、それに期待ですね。

ヒリューさんの知りたかったことってそういえばまだ明らかじゃないですよね。
すっかり龍の定期便になってしまったヒリューさんが
輝くことのできる唯一(?)のチャンスなので
ぜひ有用な情報であることを期待しておきたいところですね。


> 現代ですら、太陽光捻じ曲げてましたからね…。
> イルミナ付けた未来だと、片手で太陽光曲げて、
> もう片手でアゲハたちを迎撃しそうで怖いです。

グラナならありえそうですね。
ONE PIECEでいうなら大将クラスですし。
片手しか使えない状況ですらなおアゲハ達を物ともしないとか。

あるいは天に穴を開けたことによって
未来では使えなくなっていた「天墜」がまた使えるようになったとかなら
ミラクルドラゴンズ涙目です。


ジョニィさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


>  ガトーのスケボーはルカが変形させちゃいましたよね。それにしてもガトーはどうやってルカをサポートする気なんでしょうね?どう考えても足手まといにしかならないような気がするんですが。
そうなんですが、ルカならいくらでも元に戻せるかなーと。
思ってたんですが、どうも街の人たちに追われるときに捨ててきたっぽいですね。
元スケボー。

で、肝心のガトーは確かにスケボーなかったらただの小ずるい奴ですよね。
ハンター試験のいじわる2択クイズみたいなのでもないかぎり
活躍できそうにないですよねえ。


>  国際語として作られたエスペラント語というものがあるそうです。使用人口は少ないそうですが、Wikipediaにもエスペラント語版がありますよ。
Ω ΩΩ<な、なんだってー!!
一刻も早く日本の義務教育はエスペラント語の授業を導入するべき。


>  やっぱり今のアンケートシステムが間違っているとしか…。それに対する改善策も「バクマン。」作中で語られている訳ですが、出来上がったシステムを再構築するというのは難しいんでしょうかね。育成のために新人の連載をバンバン打ち出すのは良いんですが、そのアフターフォローもしっかりして欲しいと思います。
バクマンで言われてた「投票可能作品を3作じゃなくてもっと増やすべき」
ってのはけっこういい対策だと思うんですけどねー。
集計は大変になるかもですがデータの信頼性上げるほうが長い目で見て利益あるはず。

描かせることも経験になるはずなので、
成績がよろしくなかった新人作家にも救いの手は差し伸べておいて欲しいですよね。
サンデーみたくweb連載にまわすとか。
2010.06.30 Wed 21:19 | URL | psychobind
>メタメタ
ガトーは一応手が器用とのことらしい。何かと彫刻関係で役に立つのでしょう。読み切りだとルカは美的センス皆無っぽいし。そしてズオゥはあえて落ちたんじゃないのかな?何というかまだ詳しい試験内容が伝わってないようだし。
>サイレン
今回のエルモアの予言によって弥勒では無くかがり火の人が黒幕及びラスボス候補になったのは自分だけじゃないはず。
2010.06.30 Wed 23:39 | URL | さかす
Re: タイトルなし
さかすさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ガトーは一応手が器用とのことらしい。何かと彫刻関係で役に立つのでしょう。読み切りだとルカは美的センス皆無っぽいし。そしてズオゥはあえて落ちたんじゃないのかな?何というかまだ詳しい試験内容が伝わってないようだし。
ああ、そういえばルカは美術の成績は芳しくない子でしたねそういえば。
試験でなんか彫刻を一作つくれとかあるんでしょうかね。
したらガトーにも日の目が。

ズオゥさんは、どのみち案内役は必要っぽいですし、
やっぱりわざと落っこちたんですかねー。


> 今回のエルモアの予言によって弥勒では無くかがり火の人が黒幕及びラスボス候補になったのは自分だけじゃないはず。
そうそう、書き忘れてたんですが自分もそう思いました。
弥勒は現代のときからかがり火の情報を元に動いている感じでしたし、
元老院候補はかがり火が最有力ですかね。
2010.07.01 Thu 21:40 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/138-3bc124f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。