日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2010年41号の感想と予想 | main | PSYREN another call 1 紅蓮の聖誕
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2010年40号の感想と予想
どうもみなさんこんばんわ。
とうとうゼノブレイドのプレイ時間がカンストしたpsychobindです。
でもまだラストは見えない。


背表紙は、なんか雑多な人達。
ネルの扱いが小さいなあ。

○べるぜバブ
-3行まとめ
誤解の解けた男鹿と三木の前では影組など
物の数ではなく、六騎聖の活躍により人質も解放。
残った霧矢は全開ゼブルブラストで吹き飛ばされて一件落着。


-アニメ化
本当にアニメ化しよった!!
来年の1月スタートだからまだストック稼げるとはいえ、
ちょっと早過ぎないかねえ。
今週のバクマン。ラストの編集長と同じ気分です今。


-霧矢
あまりにあっさり決着したので
物足りない方もおられるかと思いますが、
このあっさり加減も作者の計算でしょう。

トドメをゼブルブラストで締めたってことは、
霧矢の「物語的な役割」は
「全校生徒の前で魔王の力をフル解放するための相手」
だったってことでしょう最初から。

こうなってしまえば、学園に潜む「悪魔」に
ベル坊が魔王の息子だということがバレたはずなので、
次からはその悪魔絡みの話にシフトしていけるわけです。

故に霧矢をそんな強者に設定する必要も無ければ
話数をかけてやる必要もないというわけです。


○ONE PIECE グランドカウントダウン
-「麦わらの一味再会まであと4WEEK」
と、編集の人が申しております。

これを信じるなら、再開1話目ですぐ仲間集結ってことかねえ。


-尾田先生マル秘ノート
ほう・・・これは珍しいものを見た・・・

ぶっちゃけこの穴埋め企画には
まったく期待してなかったんだけど、
こんなお宝が見られるとは。

いろいろ試行錯誤の跡が見えて面白いですね。

ノート冒頭の
・酒場へ行く~かいぞくはいいぜ
がバツで消されてて、ストーリー運びとテンポのために
このあたりの展開を削ったことがわかります。
この流れだと、シャンクスとルフィの出会いから
始めるつもりだったんでしょうかね。
本編はすでに出会った状態から始まってますのはご存じのとおり。

ピースメインの設定も読み切りから受け継ぐ予定だったようですが、
カットされたみたいですね。
このあたりが形を変えて七武海とかになったんでしょうか。

消された「銃のように強い」とかは
(見えにくいですが)矢印で下の方に出番がスライドされてるだけだったり。
個人的に、この第一話の伏線の使い方で素晴らしいのは
この「銃のように強い」ですね。
最初はルフィの子供らしい強さの表現として。
次はシャンクスからヒグマにやられているルフィへの皮肉として。
最後に近海の主を倒す必殺技「ゴムゴムの銃」として。
こんな何気ないセリフに
1つの話の中で3つも意味を持たせるとか相当スゲーですよ尾田先生。

1つ、ぶっとい黒線で完全に消されてるシーンがありますが、
隣の絵と照らし合わせるに、
ルフィが頬をナイフで刺したシーンのことみたいです。

そして世界地図。
なるほど。
考えてみれば、東の海とグランドライン前半は隣接してるのだから
マリージョアから天竜人が来やすいというのは納得。

そしてこの地図を見るに、
北極南極はレッドライン上にあるようですね。
わざわざ地図に記すあたり、なんか北極でイベントでもあるんでしょうか。


○バクマン。
-3行まとめ
+NATURALを抜き打ち切りを回避したPCP。打倒亜城木へライバル達が
闘志を燃やす中、PCPのドラマCD化が決定。当然、亜豆をヒロインに推す
サイコーだったが、実はすでにアニメ化のオファーまで来ていて?


-PCP
意外とあっさり生き残り確定。

猶予はもう1周残ってるから
まだ決まらないと思ってたんだけどなー。

あと、PCPはもちろんクロウもそうそう1位になれないのは、
仮にもまだONE PIECEが連載している設定の雑誌で
1位を取ることに説得力がなさそうというのと、
あと1位とっちゃったら新妻先生の
「漫画を打ち切る権利」の伏線を発動しないといけないからですかね。


-正義の三肩
コマでかいな高浜先生。
内容もまんま逆転裁判っぽい。

そしてしっかり傍聴に行って取材する高浜先生さすが。


-GIRI
4つ子走法はギャグだろうw

スポーツものでいうところの、リアル系よりは
トンデモ系に近い作品かな。
ホイッスル以上、リベロの武田未満。


-ドラマCD
アニメ化でないとはいえ、半分夢がかなったような感じになって
燃え尽き症候群で作品のクオリティが落ちるとか予想。

つーかアニメ化が本決まりしたらマジでそうなりそうな。


○BLEACH
-3行まとめ
一護の霊圧消失を身体能力強化のため、と推測する藍染。
それでも自分の方が上だと一護に攻撃を仕掛けるも、
一護はそれらを悉く弾き返し、藍染へ一太刀浴びせる。


-アニメ「外伝 一護と魔法のランプ」
どうしてこうなった・・・・


-膂力
Yahoo辞書先生に聞いてみた。

りょ‐りょく【×膂力】
筋肉の力。また、腕力。「―衆にまさる」

・・・おお、意外と普通だった。
つか普通に「筋力」っていえよ藍染様。


-刀の一振りで地形が変わる
眼帯外した剣八さんも
一振りで同じくらいの破壊をしてた気がするよ藍染様。


-「俺の力の方が上だ」
これは一護が強くなりすぎているのか、
それともむしろ藍染様がどんどん弱体化していってるのか。

ギンが崩玉を奪い返される直前になんか仕込んで
藍染様を弱体化させたとかなら師匠を崇拝しようとします。


○PSYREN
-3行まとめ
グラナに圧倒される朧。救援に駆け付けたアゲハとの
闘いを望むグラナだったが、そこへさらに現れたのは
ドリフトとなり未来へやってきていた祭と影虎だった。


-朧
どうしてこうなった・・・
を真面目な意味で見る日がこようとは。

現代には帰らないって言ってるけど、
それはそれで
現代で容疑をかけられてるアゲハが困るわけで。

タツオがイルミナを外せれば朧も外せるとは思うけども。

そういやタツオのイルミナ外しの伏線が
まったく回収の気配すらないなあ。
こりゃ6thあるか!?


-流星?
なんか流星がVerアップしてない??
エフェクト違うし、そもそも前方射出してないし。

でも前方に飛ばさないとすぐ横の雨宮さんとか
背後のヴァンとかの方に飛んで行っちゃうかもだし、
うまいこと前に枝が伸びてもグラナでなく朧を貫いちゃうかもだし。
前方射出がない代わりにPSIサーチ範囲は前方直線状のみ、
とか条件つけたとかかな。


-2人
グラナの他に2人?

読者視点では弥勒とミスラのことかと思ってしまうけど、
ジュナス&弥勒のことだよねたぶん。


-祭&影虎
ごめんなさいごめんなさい
「祭達がドリフトになった可能性はほぼ0」とか言っててごめんなさい。
生まれてきてすいません来世は貝になりたい。

謝罪はこのくらいにして、祭組の謎をちょっと考えてみる。
結局、祭達はどのタイミングで未来にやってきたのか?

恐らく5th開始時にはまだ度数復活はしていなかったはず。
もししていたなら祭はアゲハ達と一緒に5thに行くのが普通だし、
何より07号の5th召集時のテレパスが
「借りは返す」
ではなく
「借りは"返した"」
でないとおかしい。

つまり度数が復活したのは5th開始後しばらくしてからなはず。
タイミングとしては、
WISEが根に進攻してアゲハ達がピンチになった時に
それを救うため祭にネメシスで接触し、度数を復活させたというのが
最もそれらしいか。

事実、祭は「今朝」に度数復活に気が付いていて、
そして祭&影虎は回想シーンと未来で服装が同じなので、
度数復活に気が付いたその日に未来へ来たはず。
流れとしては

・5th開始日
(現代):アゲハ達が未来へ移動 → → → → 祭の所にネメシス出現
(未来):WISE、根襲撃 → 首都潜入を計画 → 07号が現代の祭に接触↑

・次の日
(現代)祭が影虎にカードの説明 → → 未来へ↓
(未来)潜入作戦開始 → 星将たちと戦闘 → 祭と影虎、首都に到着

こんな感じか。

が、これだと小説版との間に矛盾が生じる。

大好評発売中な小説版では、祭は5thの歴史において
アゲハ達が5thから帰って来なかった際の祭とエルモアのやり取りが描かれている。
が、もし上記のタイミングで祭の度数が復活したなら
アゲハ達の帰還不能が確定するまで
祭が現代に留まっているわけがない。

つじつまを合わせるには、
「祭達が未来に来たこと」
自体が歴史改変によるものと考えるほかない。

つまり、アゲハ達が5thに飛んだ時点では
まだ祭の度数は復活していなかったため
「祭が再ドリフトしない歴史」になった。
これが5th開始時の歴史であり小説版。

5th開始の少し後、
07号がネメシスで祭に干渉することで歴史を変え、
「祭と影虎がドリフトする歴史」になった。
これが現時点での歴史。


-祭先生
人工的に作られたPSI兵器ともいえるグラナとタメ張れる祭先生は
何をどうやってそんな力を手に入れたんだろうか。
才能? で片づけてしまっていいものか。

ドルキさん+α×2からあわてて逃げ帰っていたころが嘘のようだ。


○黒子のバスケ
-3行まとめ
WCの決勝リーグ出場4校が決定。緑間擁する秀徳の他、木吉と同じ
「無冠の逸材」:花宮擁する霧崎第一がリーグ戦での相手。
その霧崎第一は初戦を捨ててデータ収集に走り、誠凛の前に立ちはだかる。


-霧崎第一
ああよかった。
ドキドキしながらページめくってました。
緑間君がカマセにされないかと心配で心配で。
リーグ戦だから負けるのも十分あり得たしね。


-秀徳
すでに1勝。
モブキャラオンリーの泉真館に負けることはないとみて2勝目も確定。
誠凛に負けたとしても2勝1敗。
一方の誠凛は卑怯キャラ枠の霧崎第一に負けるはずがないので、
霧崎第一はどうあがいても1勝2敗が限界。

よって緑間君、2位以上は確定なので東京代表決定おめでとう。


-誠凛
霧崎第一と秀徳、どっちと先にやるのか。

先に霧崎第一とやったとすると、まず誠凛が勝つから
誠凛と秀徳が2勝同士で並んだ状態での試合になる。
するとこの時点でこの2校が代表決定になってしまい、
せっかくの因縁の対決が盛り上がらんのでこれはない。

一方、秀徳と先にやると、
もしも勝った場合は、2勝でトップに立って
主人公側が有利な状態で最終戦に臨むことになり、
これもちょっと盛り上がらない。
秀徳に負けた場合は、
秀徳が3戦全勝でトップ。
誠凛と霧崎第一のうち勝った方が代表になれる、という
ゴリいわく「わかりやすくていい」結果になるので、
これじゃないかなー。

緑間君にもたまには勝たせてあげてほしいし。


○べるぜバブ番外編
-3行まとめ
猫と
魔王と
時々不良。


-ベル坊
ところでベっさんは
男鹿にくっついてないと電撃出せない設定だったはずだが、
リンク切れ事件で多少は自由度が上がったということだろうか。
癇癪なら可能だけど、
今回の電撃はどうみても癇癪レベルじゃないしなあ。


-猫
ねこわっぱの松本先生が手伝っていたような気がしてならない。
きっと今回の話の猫を描くついでに
バレーの解説の人も描いていたのであろうきっと。


○SWOT
-3行まとめ
闇暗は梟へ奇襲をかけ全滅させるも、すべて無壊の作戦の内であった。
一方、倒藤のもとに辿り着いた学崎は苦戦しつつもなんとか倒藤を撃破。
したと思ったのも束の間、両手に謎の光を携えて倒藤が立ち上がる。


-カクゴ
お・・・オーラだー!!

すぎたん作品でエネルギーソースが出てくるとはおもわなんだ。
わずか9話目にしてテニスの領域に足を踏み入れたことに。

これでカクゴを体の各部に移動させて攻防力を強化したり
カクゴを棄てる代わりに膂力を大幅に強化したり
人の上に立つものだけがもつ覇王色のカクゴとか出てきたりしないことを願う。


○少年疾駆
-3行まとめ
6年後、全国大会決勝のピッチに立つ大鳥は、前日に会った
陣明との事を思い出す。イングランドのプレミアリーグへの移籍が決まった
陣明に対し、10-0で負かしてやると6年前のように宣言するのだった。


-最終回
展開がねー。遅すぎたかねー。
スポーツ漫画がジャンプで生き残るためには、
早々に試合に持っていくか、あるいはギャグパートなどの
スポーツ以外の部分で人気を取るか、のどちらか。

しかしこの作品は試合には全然入らないし、
かといって完全にギャグに走れる作風でもなかったし。

スポーツ漫画で成功するには計画性が必要ですねー。
って次もサッカー漫画ですか編集部ェ・・・


○ジャン魂G!
-日本一決定戦
全体的によかったと思います今回。
中でもNo.13は固有名詞を出さずに、
しかし誰もが元ネタわかるようなボケ方で非常に上手いですね。


スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 00:01 | トラックバック:0コメント:9
コメント
どうも
いつも感想お疲れ様です

>前方射出してないし
アゲハ前方射出してるんじゃないでしょうか?
グラナの横の方にアゲハ
グラナのテレキネシスの塊にメルゼス射出。
射出後アゲハ達朧の下へ移動(タン)

>本誌+小説版
祭と影虎(未来エルモア談-アゲハ達と時を同じくして消えた)

小説の『あいつらは……私達は何もしてやれなかったのか……』
・サイレン世界に行く前に何もしてやれなかったという台詞。


それから(エルモアと話)しばらくして祭先生も影虎さんもいなくなった

・いなくなった=エルモア邸に滞在していた

ヴァンの日記は追記された形

イアンが祭に電話をするが応答なし。
イアンエルモア邸を訪ねる(ヴァン日記に追記)

イアンとフブキ-チルドレン(??経過-ヴァン日記に追記)

アゲハ召集(5th開始~根襲撃)→祭達エルモア邸へ行きエルモアと話しこの日からエルモア邸に泊まる事に
アゲハ達アストラル・ナーヴァへ~今週→翌日度数復活-祭影虎と喫茶店へ-影虎テレカ使用-ネメシス出現-サイレン世界へ-アゲハ達に合流

ってのはどうでしょうか?七月某日とヴァンの拙い感じの日記的に七月にあった出来事を全て書き綴ってる可能性ないですかね?

>祭先生
ドルキ+2人にやられ逃げた(フード被ってるので星将か改変前の星将?)
・祭が慣れて来た時期でPSI技術がまだ未熟な時期だった(※グラナの祭への発言)

祭の+α要素
祭の発言(鍛練し続けている)+前と違いサイレン大気が蔓延した状態+ゴルゴンで死にかけ有りで体力万全

未来グラナ(まとめ役?)の日々
・闘う相手がいないのでテレキネシス工事が主な作業?
案外良い感じかもしれませんよ?(グラナがイルミナ付けてなければ)
W・I・S・Eにも食料あるみたいだし付けてない可能性もありそう
2010.09.07 Tue 02:21 | URL | 界師
>BLEACH
>3行まとめ

藍染「理解した。私の方が強い(`・ω・´)キリッ」
一護「今のあんたの力より、俺の力の方が上だ」
藍染「…(´・ω・`)」

藍染ェ…と思わずため息を吐きたくなる展開に涙。
藍染が小物ザコ化してしまった。

>PSYREN
>グラナの他に2人?

ジュナスとカプリコなんじゃないですかね?
首都への道を塞ぐ邪魔者と考えると。
…そうすると、雨宮さんは見た目少女のカプリコも「敵」と
認識していることになりますねw
さすが「戦闘のプロ」と言わざるを得ない。
油断の「ゆ」の字も見られない。

>ドルキさん+α×2からあわてて逃げ帰っていたころが嘘のようだ。

ああ、ドルキ第5(現・7)星将の全盛期の頃ですな。
今じゃ、ドルキさんは祭先生に小指一本でイルミナ砕かれそうだ。
ドルキさんの傍らにいた二人も「無かったこと」にされてしまったし。
当初は幹部クラスとして登場させるつもりだったけど、
何だかんだでうやむやにされてしまったんだろうなぁ。
2010.09.07 Tue 14:19 | URL | plto
はじめまして
>BLEACH
どうやら藍染は力に溺れているからか知らないが結構いい気になってるからオサレ値が低くなって敗北フラグ立ててしまったな。マユリが負ける気がしないと言ったのはこのことだったのか・・・・。

でも、藍染の恐ろしいところは「完全催眠」なんだよな。そしていろいろと策が回るところだから自分よりも「力」は強い相手に当たったからこれからは一筋縄でいかないかもしれない。後、まだ卍解が残ってるし。

それと一護が強くなってる理論は斬月の能力に自分の霊力を喰わせて霊圧を放出する「月牙天衝」という技がに関係があるのでしょうか?何故か一護は斬月と合体しているようですし。でも、それだと筋力とも変わらないけど斬月の性質上霊力が通常よりもかなり増えているのかもしれません。

>サイレン
暴王の流星は遊坂戦の反省を生かして何かしらプログラムの追加をしたのかもしれません。それに遊坂戦の前にもドルキ戦で同じような弱点を突かれてしまいそ当時冷静だったらイルミナ一個の状態でも楽に勝てることが証明されたからな。改良するのに時間かかったのはプログラミングが難しかったのかな。実際はどうか知りませんが。

それと、祭はグラナに前回から「全快だったらいい勝負になるかもしれない」と評されていたのでドルキと会った時よりは相当強くなったのかもしれません。現にその時は雨宮もいなくて結構新米ぽかったし。それだけじゃ足りなくても朧がいるし復活したら結構いい感じになりそうです。
2010.09.07 Tue 16:32 | URL | さかす
>pltoさん

>ドルキさんの傍らにいた二人も「無かったこと」にされてしまったし。
>当初は幹部クラスとして登場させるつもりだったけど、
>何だかんだでうやむやにされてしまったんだろうなぁ。

某巨大掲示板だと未来改変されなかった場合WISE入りしていたであろう
ハルヒコ、ラン、犬居辺りだったのではないかという説が出てますね。

コミックス最終巻辺りのおまけページで
この種の失われた未来・伏線の解説やネタばらしをしてくれたら嬉しいな。
2010.09.07 Tue 22:41 | URL | めそ
Re: どうも
界師さん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> アゲハ前方射出してるんじゃないでしょうか?
> グラナの横の方にアゲハ
> グラナのテレキネシスの塊にメルゼス射出。
> 射出後アゲハ達朧の下へ移動(タン)
いやー、
どうもあのシーン見ると、アゲハの手元から
ダイレクトに流星の枝が発生してるような感じに描かれてるんですよ。
だもんで球体の前方射出はしてないのかなと。


> 祭と影虎(未来エルモア談-アゲハ達と時を同じくして消えた)
>
> 小説の『あいつらは……私達は何もしてやれなかったのか……』
> ・サイレン世界に行く前に何もしてやれなかったという台詞。
>
>
> それから(エルモアと話)しばらくして祭先生も影虎さんもいなくなった
>
> ・いなくなった=エルモア邸に滞在していた
>
> ヴァンの日記は追記された形
>
> イアンが祭に電話をするが応答なし。
> イアンエルモア邸を訪ねる(ヴァン日記に追記)
>
> イアンとフブキ-チルドレン(??経過-ヴァン日記に追記)
>
> アゲハ召集(5th開始~根襲撃)→祭達エルモア邸へ行きエルモアと話しこの日からエルモア邸に泊まる事に
> アゲハ達アストラル・ナーヴァへ~今週→翌日度数復活-祭影虎と喫茶店へ-影虎テレカ使用-ネメシス出現-サイレン世界へ-アゲハ達に合流
>
> ってのはどうでしょうか?七月某日とヴァンの拙い感じの日記的に七月にあった出来事を全て書き綴ってる可能性ないですかね?

ヴァンのはたしかに、日記というよりは
数日分の出来事をまとめて記している感じですね。
7月のけっこう長い期間にわたって書かれたものだと思います。
さながら夏休みの最終日に絵日記をまとめて書く小学生みたいなもんでしょうか。

んー、でもやっぱりですね、
自分は
「何もしてやれなかったのか」は
5th前に何もしてやれなかった、という意味合いではないんじゃないかなと。
身動きの取れないアゲハの代わりにはるかぜ学園を調査したり、
一緒にグリゴリ跡地に潜入したり、
5thでの行動について作戦会議したり、雨宮さんの恋愛相談にのったり、
かなりいろいろ「やってあげてた」と思うので。


> ドルキ+2人にやられ逃げた(フード被ってるので星将か改変前の星将?)
> ・祭が慣れて来た時期でPSI技術がまだ未熟な時期だった(※グラナの祭への発言)
>
> 祭の+α要素
> 祭の発言(鍛練し続けている)+前と違いサイレン大気が蔓延した状態+ゴルゴンで死にかけ有りで体力万全
>
> 未来グラナ(まとめ役?)の日々
> ・闘う相手がいないのでテレキネシス工事が主な作業?
> 案外良い感じかもしれませんよ?(グラナがイルミナ付けてなければ)
> W・I・S・Eにも食料あるみたいだし付けてない可能性もありそう

ドルキさんらと遭遇した時はまだ祭先生も今ほどの実力はなかったんでしょうね。
ただそれにしても、ドルキレベルからグラナレベルまで
「鍛錬」で行けてしまうのがすごいなあと。どんだけ天才なのかと。

イルミナはヴィーゴはつけてなかったし、成長してたカプリコもたぶんつけてないので
食糧調達手段はあるんでしょうね。
つける・つけないの区別がわからないですが、
グラナならつけてなくてもおかしくないですね。
なんとなく。


pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 藍染「理解した。私の方が強い(`・ω・´)キリッ」
> 一護「今のあんたの力より、俺の力の方が上だ」
> 藍染「…(´・ω・`)」
>
> 藍染ェ…と思わずため息を吐きたくなる展開に涙。
> 藍染が小物ザコ化してしまった。

数週間前まで「どうやって倒すんだよ」って言われたんですよねあの人・・・

トランクスに斬られたフリーザ様よりもひどい凋落っぷりに
盛者必衰の理を感じずにはいられません。
どうしてこうなった・・・


> ジュナスとカプリコなんじゃないですかね?
> 首都への道を塞ぐ邪魔者と考えると。
> …そうすると、雨宮さんは見た目少女のカプリコも「敵」と
> 認識していることになりますねw
> さすが「戦闘のプロ」と言わざるを得ない。
> 油断の「ゆ」の字も見られない。
ああ、なるほど。
単に現在視界に入っている敵の数を数えただけかもですね。
というかセリフの流れ的にそれが一番自然ですね。

現代で祭先生・影虎さんから
「額に傷のある幼女がWISEにいる」
みたいなこと聞いてればあるいは・・・
いや、そうでなくても雨宮さんならカプリコも敵視してた気がするw


> ああ、ドルキ第5(現・7)星将の全盛期の頃ですな。
> 今じゃ、ドルキさんは祭先生に小指一本でイルミナ砕かれそうだ。
> ドルキさんの傍らにいた二人も「無かったこと」にされてしまったし。
> 当初は幹部クラスとして登場させるつもりだったけど、
> 何だかんだでうやむやにされてしまったんだろうなぁ。

ドルキさんと祭先生、なぜ差がついたか。
才能・才能・才能の違い。

下でめそさんが書いてらっしゃいますが、
当時はまだアゲハが山荘事件に介入しなかった場合の歴史だったので、
犬居、嵐、晴彦がそのままWISEに残ってあのローブ姿の幹部になった、
んだとすると、けっこう辻褄あいそうですね。


さかすさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> どうやら藍染は力に溺れているからか知らないが結構いい気になってるからオサレ値が低くなって敗北フラグ立ててしまったな。マユリが負ける気がしないと言ったのはこのことだったのか・・・・。
>
> でも、藍染の恐ろしいところは「完全催眠」なんだよな。そしていろいろと策が回るところだから自分よりも「力」は強い相手に当たったからこれからは一筋縄でいかないかもしれない。後、まだ卍解が残ってるし。

いかに今の一護といえども、
完全催眠にかかればさすがに勝ち目はなくなるでしょうからね。
ここからはいかにして藍染様が一護に始解の瞬間を見せつけるか、
の戦いになるのでしょうか。

あ、そういや卍解がありましたねまだ。


> それと一護が強くなってる理論は斬月の能力に自分の霊力を喰わせて霊圧を放出する「月牙天衝」という技がに関係があるのでしょうか?何故か一護は斬月と合体しているようですし。でも、それだと筋力とも変わらないけど斬月の性質上霊力が通常よりもかなり増えているのかもしれません。
そういえば月牙ってそんな技でしたね。
となると、最後の月牙ってのはつまり、飛び道具として放出するのではなく
自身の体に流し込んでパワーアップさせる炎殺黒龍波みたいな技ってことですね。


> 暴王の流星は遊坂戦の反省を生かして何かしらプログラムの追加をしたのかもしれません。それに遊坂戦の前にもドルキ戦で同じような弱点を突かれてしまいそ当時冷静だったらイルミナ一個の状態でも楽に勝てることが証明されたからな。改良するのに時間かかったのはプログラミングが難しかったのかな。実際はどうか知りませんが。

遊坂んときは確かに、周囲のガスに狙いが逸れてしまって
攻撃したいところにできないってことがありました。
そこから考えてまっすぐ飛ぶ流星を考案したいうのはありそうですね。


> それと、祭はグラナに前回から「全快だったらいい勝負になるかもしれない」と評されていたのでドルキと会った時よりは相当強くなったのかもしれません。現にその時は雨宮もいなくて結構新米ぽかったし。それだけじゃ足りなくても朧がいるし復活したら結構いい感じになりそうです。
今にして思えば立派な再戦フラグ立ってたんですよね祭先生とグラナ。

ドルキさんと会ったときは確かに祭先生はまだ弱かったんでしょうけど、
グラナ >>>越えられない壁>>> ドルキさん
の壁をノヴァとかを覚えたわけでもないのに乗り越えた
祭先生パねぇって感じたわけです。


めそさん

pltoさんへのレスですが便乗して。

> 某巨大掲示板だと未来改変されなかった場合WISE入りしていたであろう
> ハルヒコ、ラン、犬居辺りだったのではないかという説が出てますね。
>
> コミックス最終巻辺りのおまけページで
> この種の失われた未来・伏線の解説やネタばらしをしてくれたら嬉しいな。

この説は面白いですね。
アゲハが介入しなかった歴史では
WISEの面々も今とは全然違う面子になってたってのは十二分にありえますし。
少なくとも犬居はアゲハが絡んでこなけりゃ
死ぬことはなかったはずですしね。

電柱が溶けたり電車がテレポートしたりした事件も
嵐と晴彦の仕業じゃないかと言われてたこともありましたね。
2010.09.07 Tue 23:59 | URL | psychobind
どうも
追記
>かなり色々「やってあげてた」

現代では
はるかぜ学園は影虎任せ(+ハルラン)のまま終わりグリゴリ跡地では自衛隊相手に活躍したもののゴルゴンにやられ本当に危険な敵はアゲハと雨宮頼りになり作戦に関しては失敗。
作戦会議はアゲハの爆弾発言で終了(祭は無茶をさせたくないタイプ-雨宮さんの塔の件とか)で雨宮さんの恋愛相談に関しても祭(のキャラ)的に的確に出来たかというと微妙な所ですし。
※祭(師匠)の心情的には何もしてやれてない感(不甲斐なさ)あってもおかしくないような気がします。

んで※な祭が
サイレン世界に行くアゲハ達に何か(生き抜く為の修業)をしてやるつもりで
影虎と共にエルモア邸を訪れた時にはアゲハ達は既に未来へ召集されてしまっていた…的な

しかし今週号で祭指輪してたんですね。全く気付きませんでした(笑)
2010.09.08 Wed 09:04 | URL | 界師
こんばんは。ベルゼバブアニメ化が早すぎると思ってたのは私だけじゃないと知って安心しました。

バクマン
ドラマCDの報告にアニメ化じゃなかったとがっかりする
サイコーを見てイラっとしましたね。
そこは喜べよ!ってね(苦笑)

予想なんですが、安野城舞の声優がアニメでは
亜豆じゃなくなったりして。

ドラマCD→アニメではキャストが変わるのはよくある話ですし。
ワンピースでも、アニメツアーのビデオと今のアニメでは
声優が違います。

アニメツアーではルフィは田中真弓さんではなく
高野麗さんが演じてました。

田中さんとは一味違うルフィでした。 なんてゆうか
りりしかったです。
2010.09.08 Wed 20:13 | URL | mituki
Re: どうも
界師さん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> 現代では
> はるかぜ学園は影虎任せ(+ハルラン)のまま終わりグリゴリ跡地では自衛隊相手に活躍したもののゴルゴンにやられ本当に危険な敵はアゲハと雨宮頼りになり作戦に関しては失敗。
> 作戦会議はアゲハの爆弾発言で終了(祭は無茶をさせたくないタイプ-雨宮さんの塔の件とか)で雨宮さんの恋愛相談に関しても祭(のキャラ)的に的確に出来たかというと微妙な所ですし。
> ※祭(師匠)の心情的には何もしてやれてない感(不甲斐なさ)あってもおかしくないような気がします。
>
> んで※な祭が
> サイレン世界に行くアゲハ達に何か(生き抜く為の修業)をしてやるつもりで
> 影虎と共にエルモア邸を訪れた時にはアゲハ達は既に未来へ召集されてしまっていた…的な

祭先生は「"私たち"はなにもしてやれなかったのか」と言っていたので
影虎さんも含まれてるはずなんで、
はるかぜの件はやったことにカウントしてあげて
いいんじゃないかと思います。

確かに祭先生は現代で目立って活躍してはいないですね。
ふがいなさも感じていたかもしれません。

が、影虎さんは立派に活躍していましたし
そもそもアゲハ達の事情を知らないので、
「私たち」と影虎さんを含めた言い回しはしないんじゃないかな、と。
「私はなにも~」ならわかるんですが。

それに、祭先生が5th前に何かをするつもりだったなら
「なにもしてやれなかった」
よりは
「間に合わなかった」
と言うんじゃないでしょうか。

メタ的な視点ですが、
「間に合わなかった」と言わせればそれですんだはずなのに、
あえて勘違いしやすい・理解しづらい言い回しを
させることはしないんじゃないかなあと。


だもんで、
やっぱりあのセリフは
「未来の自分たちがアゲハ達の力になれなかったこと」
を意味してる気がしてなりませぬ。


> しかし今週号で祭指輪してたんですね。全く気付きませんでした(笑)

自分も気づきませんでした。
しかも左手の薬指とか。影虎さんついにプロポーズ成功じゃないですか。

2010.09.08 Wed 22:25 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
mitukiさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> こんばんは。ベルゼバブアニメ化が早すぎると思ってたのは私だけじゃないと知って安心しました。
このままだとあっちゅー間に原作のストックが尽きると思うんですよねー。
「ベル坊と魔法のランプ」みたいにならないことを祈る。


> バクマン
> ドラマCDの報告にアニメ化じゃなかったとがっかりする
> サイコーを見てイラっとしましたね。
> そこは喜べよ!ってね(苦笑)
>
> 予想なんですが、安野城舞の声優がアニメでは
> 亜豆じゃなくなったりして。
>
> ドラマCD→アニメではキャストが変わるのはよくある話ですし。
> ワンピースでも、アニメツアーのビデオと今のアニメでは
> 声優が違います。
>
> アニメツアーではルフィは田中真弓さんではなく
> 高野麗さんが演じてました。
>
> 田中さんとは一味違うルフィでした。 なんてゆうか
> りりしかったです。

へー、そうだったんですか。
ルフィは徹頭徹尾田中さんだと思ってました。
りりしいルフィもそれはそれで新鮮ですねw

ドラマCDにすらなれてない作品があることを思うと
サイコーのあれは確かにイラっとしますw
PSYRENさんは2年かけてやっと小説に辿り着いたというのにお前ときたら・・・



2010.09.08 Wed 22:34 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/160-0969c81e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。