日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

紳士ウィルバーとRDについて | main | 週刊少年ジャンプ2010年41号の感想と予想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2010年42号の感想と予想
どうもみなさんこんにちわ。
久々の土曜発売でゆっくり記事が書けるpsychobindです。

ぬーん、ONE PIECEのないこの内容で250円はちと高い・・・


背表紙は、えーと、あれだ、ほら。
ハリベルのフラシオンその1とネル改めネリエルはわかるんだけど、
後ろの合掌してるオッサンはえーと・・・



○LIGHT WING
-3行まとめ
強豪校と間違えてサッカー弱小校に入学してしまった元Jrユースの
天谷吏人。やる気を失った先輩部員+αとの100vs1の勝負を
難なく制し、高校サッカー3冠を目指してスタートを切るのだった。


-リアルvsトンデモ
どちらに分類すべきなのかこの漫画。
世界観とか目標は実にリアルなんだけど、
100vs1とか「消えた」とか大勢に掴まれても
空飛んで脱出したりとか、そこはかとなくトンデモの香りがする。

最初っから世界観も何もかもトンデモちっくな話なら気にならないんだけど、
なまじリアルな目標、現実にあるJリーグやバルサという単語が出てきてるだけに、
じゃあメッシなら高校生100人相手でも勝てるのかよ、
という疑問がどうしても。

今んとこ一番近そうな過去作品は、
ボロボロのラケットで試合してた頃のテニスの王子様、かな。


-キーパー2人
ところで先輩たちは本当に勝ちたいなら
10人くらいキーパーにまわして
物理的にゴール不可能にするべきだった。
すでに2人キーパーにしてるんだからプライドも何もあるまいし。


-調子こいてCK放棄
いやいや。
たった1人でコーナーキックをどうしろと。
直接ゴールに入らなかったら
がら空きの自ゴールにカウンターまっしぐらじゃないですか。

それならまだコーナーキック放棄して
1人ででも守りに入った方がまだ可能性があるんじゃ。

ていうか、人数が増えるたびに天谷ボールから再開されるのはなんでなの?
一度でも先輩方がボール持ったなら、
細かくパスで刻んでいけばどうあがいても天谷に勝ちの目はなかったはず。
それこそ及川君のあの想像図のように。


-谷間
ものすごくどうでもいいですが、
ひしめいてる強豪がみんな「た行」の名前な件。
ていじょう、とうとう、たまき、たかの・・・


○トップ・オブ・ザ・スーパーレジェンド
前も似たような企画はありましたね。
ジャンプ作家の中から読み切りを描いてほしい作家を読者投票で決定し、
そんで読み切りの順位も読者投票で決めてしまうという。
そうそう、和月先生がメテオストライクを描いたときでした。

そんときは鳥山先生が1位になってそのまま連載。
あんときゃー、企画そのものが
鳥山先生に再度連載させるための口実づくりとしか思えなかったものです。
ちょうど暗黒期と呼ばれてたころだったし。

そして今回。
はさすがに純粋な読み切りスペシャルだと思いますが。
順位もつけないようだし。
許斐先生には期待している。

第一弾は岸本先生の熱血野球漫画「ベンチ」。
熱血ベンチウォーマーという
新しいジャンルの話だったらいいなあ。


○べるぜバブ
-3行まとめ
実は静御前と顔見知りだった東条は、出馬の居場所を聞き出し
ケンカに向かう。一方、悪魔の件を問いただすため男鹿もまた出馬の元へ。
しかしその3人は突然現れた新担任・早乙女にまとめて一蹴されるのだった。


-対ジャスラックその1
歌詞さえ使わなきゃあ、
その歌を暗に匂わせる描写がああっても無問題なんですね。
スケットの笑点もそうでしたけど。
ベル坊は便利なキャラだ。


-心の声
以前どっかで、聖石矢魔編になってから
男鹿の心の声がまったく描写されないことが怪しい、と書いた記憶がありますが、
今回は心の声オンパレード。
やっぱ三木との一件を読者に伏せておくためだったようですね。


-男鹿=善人?
その三木との一件ですが、
これをもってして男鹿が善人じゃんみたいな意見が散見されるのですが、
そもそも
「悪人」と「仲間・友人想い」って相反する要素ではないじゃないですか。
それは、
幻影旅団やヒル魔という前例からもわかります。

昔、ある組織の偉い人は言いました。
「非合法の組織でも、組織の中までルール無用じゃ成り立たない」と。
悪人だって仲間を大事にする気持ちは当然持ってるはずで、
それがなかったら、そいつは悪人ではなく「ゲス野郎」です。

姫川との一件の際、
男鹿はそんなやつのことを「男ですらない」と言っていましたし、
男鹿が友情にはそれなりに厚いやつだというのは
別に最近になって降って湧いた設定でもないのですしね。


-レッドテイル
髪留めの人とマスクの人はよく出るので覚えてるんだけども、
あの背が高い、先週「有名店のケーキだ」って言ってた人は
前からいたっけか?
町戸高校の西ちゃんに似ている。


-静御前
これは・・・どう考えるべきか。
超私的「実は悪魔なんじゃねーのランキング」
第一位だった静御前が東条と知り合い、というのは。

屋上で六騎聖とやりあったとき、静御前が
東条に対して意味深な目線を向けていたのはこの伏線だったわけで、
別にゼブルスペル(の偽物)を見ていたわけではなかったのか。

でも早乙女は東条の目標にしてた人と同一人物でほぼ間違いなく、
静御前が昔から東条と知り合いだったのなら、
早乙女繋がりで悪魔関係者の可能性はまだあるかも。


○いぬまるだしっ
-3行まとめ?
ザリガニ!
コハダ!
バッタ!


-対ジャスラックその2
オーズのあの歌?にはさすがにジャスラックも動かないか。
ビギンズナイトといい大石先生はライダーにはまっているのだろうか。

つかいぬまるくんが普通に幼児向け番組を見ていて
すでにベルトまで所持していることに何故か安堵した。


-竹千代くん
この作品で一番好きなのは竹千代くんです。

そんないぬまる&竹千代という、
作品内でも屈指の「表情変わらないコンビ」が
たまこ先生の写真を見てとんでもない表情になってたのに笑った。

生徒に愛されてるなあ。たまこ先生。


○エニグマ
-3行まとめ
校内探索の最中、影に祀木が連れ去られてしまう。逃げ込んだ教室で
スミオの夢日記が発動、パスワードを見つけるも、肝心の部分がわからない。
その夢日記には、パスワードの解読には支倉の力が必要と記されていた。


-水沢アル
絵柄は相変わらずの金田一少年っぷり。

は置いといて、誰か「脱げよ」と突っ込まないのか。
まー、着ぐるみはバイトの備品だから
持って帰らないといけないのはわかるんだけど。

カラー扉では銃持ってるし、
ひょっとしてアルの才能は銃撃だったりするのか。

そして「ボク」なんて言ってるが騙されないぞ。
おのれはきっと女子だ。たぶん。


-支倉モト
先週からそうなんですが、ちょこちょこ「怖がり」描写されてんですよね。

影とはなんなのか真っ先にエニグマに聞いたり、
校舎破壊に消極的だったり、
影が出現したら真っ先に逃げ出してたり、
祀木がどうなったのかしつこく聞いてきたり。

夢日記の「けさなくて」が能力の事だとすると、
恐らくは左眼で見たものを消す能力?
それなんて万華鏡写輪眼カカシVer?

でも本当にカカシみたいな能力だと写真ごと消えるだけだから
写真の中に干渉できる能力と考えた方がいいのかな。
吉良父のような。

とはいえ、パスワード入手を怖がる必要はないし、
能力を使用することそのものを恐れているということなのか。

あと写真の中の名札が見えない人は、
彼もなんだか左目が右目とくらべて大きい気がするんだけど
気のせいかな?


-祀木ジロウ
能力を披露していないやつは死なない、
のBLEACH理論により生存はほぼ確定している会長。
いや、ひょっとしたら生徒会長としてのリーダーシップが
才能と見なされていたら、危ないかもしれんが・・・


○BLEACH
-3行まとめ
最後の月牙天衝とは、「自らが月牙となる」こと。その代償として
死神の力を一切失う。斬月が教えたがらない理由もそこにあった。
今、一護はその力を使い、月牙となって藍染へ一撃を放つ。


-最後の月牙
なる、ほど。

教えたがらない理由もそうですが、
これで一心が死神になれなかった理由がわかりましたね。
一心はかつて最後の月牙を使用して死神の力を失い、
人間になっていたと。

それはつまり、浦原さんの協力とかがあれば、
なんとかして死神の力を復活させることは可能なので、
(つーか1回それやってるし)
あんま悲壮感はないですね。

一心がもう一回、最後の月牙やりゃーよかったんじゃねーの?
とも思いましたが、
一護があれだけの強さなのは卍解+虚化(白崎さん)+月牙
の3段重ねによるものなので、
一心が月牙したところで今の藍染には及ばないのかもですね。


-藍染様
先週は気づかなかったけど、
顔の皮膚が真っ二つに裂けて左右にズル剥けになってるのかよ。
怖いよ。グロイよ。キモいよ。


○リボーン
-3行まとめ
メガネが外れたことにより視力が数百倍にアップした紅葉は、その眼で
了平を圧倒する。しかし攻撃が急に直線的になったことから何かに気付いた
了平は、紅葉に隙ができることを予期し、強烈なカウンターをお見舞いする。


-敗因
良すぎる視力は弱点にもなりうるということですね。
あらゆるものを視界に捉えてしまうことを逆用し、
木の実を揺らして催眠にかける、ではなく、
眼から入ってくる情報が多すぎて、
使い続けると脳がやられてしまうってとこでしょうか。


-シモンファミリー
らうじ君は「山の炎」、サラダ水野は「池とか川とか水関係の炎」
ってのは名前からだいたい予想できるんですが、
残りの連中がどうにも。
しとぴっちゃんとか名前をもとに考えると
下品な炎しか出てこないよ。


○トレジャー新人漫画賞
-久保師匠へ質問
Q「魅力的なキャラデザのコツは?」

A「最初に頭に浮かんだ案をそのまま描くといいよ」

・・・まったく回答になっていないと思うのは自分だけだろうか。
「いいもの」を「頭に浮かべる」ための方法を聞かれている気がするのだが。

あれか。名選手、名監督たりえず、とはよく言ったもので。
師匠は指導者としてはあんまり向いていないのかなあ。
きっと師匠は目を閉じるだけで
オサレなキャラ達や不気味なクリーチャーやイモ山さんやらが
勝手に脳内に浮かんでくる天才なんだ。

尾田先生は逆に、かなりデザインをいじってから決定している気がする。
海軍大佐チョップ(モーガン)、とか。


○PSYREN
-3行まとめ
マリーを守って倒れるヴィーゴだが、そこにシャオ・カブトが到着。
弥勒はミスラと初めて「通信」したときのことを思い出しながら、生命の釜で
セフィロトを発動。しかしそれを阻止せんと、遂にアゲハが弥勒の元に来る。


-ヴィーゴ
さようならヴィーゴさん。
灰にならなかったのはイルミナを砕かれたわけじゃないから?

ドリフトが死んだときに灰になるのは07号のPSIによるものだけど、
イルミナ持ちが死んだときに灰になるのは
「装着状態のイルミナを砕かれた」場合だけなのかな。

そして思わぬところで「イルミナ外し」の方法を発見。
ミスラさんに頼んでもタツオのイルミナは外してくれないだろうけど、
ミスラにできるなら何かの方法を使えば原理的には可能ということだわね。

少なくともミスラと同種の存在っぽい
「約束の涙」があればなんとか。


-ミスラ
今週わかったこと。+妄想。

弥勒がグリゴリにいたころには、
ミスラはもうすでに人間の姿をして地球に存在していた。

恐らく07号は、ミスラの存在および
テレパスで弥勒に接触していたことに気が付いている。
07号の真の目的(かつて言っていた「真犯人をつきとめる」)は
ミスラの存在のこと?
弥勒がミスラに唆されていることを知っていたから、
グリゴリ壊滅の日に弥勒とともに行かなかった?

弥勒の夢、狼=ウロボロスという示唆、
能力を持つもの(=黒い羊)は生き、
能力を持たないもの(=白い羊)は死ぬ、
黒い羊は狼になった。
つまり最終的に、能力を持つものはみな
ミスラと同種の生命体に生まれ変わる?


-射場さん
事前に「弥勒を処分するかも」と聞かされていたんですね。
だから、死ぬ前にせめて一度だけでも、
という気持ちになってスイッチを切ってしまったのでせうか。


-潜入組
まさかの真ラスボスと戦うことになったわけですが、
ミスラはもう体にガタがきているので何とか逃げることはできる、かも。

ただ、ミスラとしては誰かの体を乗っ取らなきゃいかんわけだし、
ここでマリーを連れて逃げおおせても、今度はフブキとか
根の住人達の誰かが狙われるだけだし。

個人的には結局マリーは乗っ取られるよーな気がするわさ。


○ジャン魂G!
-日本一決定戦結果発表
うむ。これしかないと思っていた。
今レース最大のできだと思うこれ。
・・・にしては2位と僅差だなあ。


-赤嶺総理
が2ネタとも良かった。
・・・女性だと!?

スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 15:26 | トラックバック:0コメント:4
コメント
こんばんは、新連載、私は面白いと思ったけど
他のサイトの評価を見ると面白いというところと
酷評してるところがあるようです。

あのトンでもサッカーだもんなー。

>グランドカウントダウン
あと2週間ですね。再開が楽しみでしかたがない。
声優さんの予想が面白かったですね。

2年後にドラゴンとロビンが本当に結婚してたら
どうしよう(笑)

意外とお似合いのカップルかもしれません。
でもルフィの母親が生きてるかもしれないし。

いつかルフィの「母親」について語られる日は来るので
しょうか?
2010.09.18 Sat 18:54 | URL | mituki
Re: タイトルなし
mitukiさん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> こんばんは、新連載、私は面白いと思ったけど
> 他のサイトの評価を見ると面白いというところと
> 酷評してるところがあるようです。
>
> あのトンでもサッカーだもんなー。

自分もなんか酷評っぽく書いてしまいました、
というか試合内容に対するツッコミしかしてないんですが、
内容的にはいけ好かない先輩を主人公がぶったおして校正させるってんで
なかなか良かったですよ。

あと100vs1の絵はいろんな意味でインパクトがあったようですねw

> あと2週間ですね。再開が楽しみでしかたがない。
> 声優さんの予想が面白かったですね。
>
> 2年後にドラゴンとロビンが本当に結婚してたら
> どうしよう(笑)
>
> 意外とお似合いのカップルかもしれません。
> でもルフィの母親が生きてるかもしれないし。
>
> いつかルフィの「母親」について語られる日は来るので
> しょうか?

ドラゴンと結婚という発想はありませんでしたw
さすが声優。

母親はいつか必ず明かされると思います。
たぶんとんでもない人物だということはわかるんですがねー。
恐らくはすでに故人である可能性が高そうですが・・・

2010.09.18 Sat 21:03 | URL | psychobind
>LIGHT WING
>-リアルvsトンデモ
>どちらに分類すべきなのかこの漫画。

トンデモでしょうねぇ。「疾駆」に比べると明らかにトンデモです。
「ライジングインパクト」みたいに、どんどん天才が出てくれば
面白いと思いますが…。粗も目立ちますよね。
リヒトの天才性をアピールするのに、色々と強引なところが…。
高校間違ったりとか、超人的な身体能力のわりに
シュートの成功率がやけに低いとか。

>エニグマ
>-水沢アル
>そして「ボク」なんて言ってるが騙されないぞ。
>おのれはきっと女子だ。たぶん。

でも、声は低くて男っぽいんだろうな…と思ったり。
万年発情男のスミオが、アルの声に何の反応も示さなかったので。
女声だったら「女の子なの? だったらケッコンしようっ」と
迫るはずですからねw

>-祀木ジロウ
>能力を披露していないやつは死なない、
>のBLEACH理論により生存はほぼ確定している会長。

参加者全員が「才能」を披露するまで
「生存確定」してるのが、難点ですね。
PSYRENのときみたいに、「こいつ死ぬかも」
と言う緊迫感がなくなってしまいました。
早く、全メンバーの「才能」を明かして欲しいですね。


>PSYREN
>つまり最終的に、能力を持つものはみな
>ミスラと同種の生命体に生まれ変わる?

おおっ、これは面白い!
弥勒の夢の解釈は色々と妄想できて面白いですよね。
今回の夢で残念だったのは、弥勒がミスラの掌の中…
ってのが分かってしまったことです。
黒幕はミスラでも、弥勒とミスラは互いに利用しあっている…
と言うのが良かったんですが…。

>-射場さん

下っ端のはずが、簡単にスイッチを切れたのはおかしい
と言う感想がありましたが、ここでフォローされましたね。
弥勒が処分されるかもしれない…と思ったからこそ
射場はPacsの外すコードを必死で調べたんでしょう。

>-潜入組
>まさかの真ラスボスと戦うことになったわけですが

まさか、ミスラとのファーストコンタクトをカブトが果たすとは。
首都決戦編では、地味だったカブトですが、ここで一気に目立てますね。
あと、シャオくんがエロエロ嘔吐しないか心配です。
2010.09.19 Sun 20:19 | URL | plto
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> トンデモでしょうねぇ。「疾駆」に比べると明らかにトンデモです。
> 「ライジングインパクト」みたいに、どんどん天才が出てくれば
> 面白いと思いますが…。粗も目立ちますよね。
> リヒトの天才性をアピールするのに、色々と強引なところが…。
> 高校間違ったりとか、超人的な身体能力のわりに
> シュートの成功率がやけに低いとか。

あー、ライパク路線は面白そうですね。
パスコースが芝に光の道で見えるとか、
風の流れが読めるとか。

シュートはさっくり決めてほしかったですよね。
それこそ100人相手でも苦にしないなら
キーパー2人くらいさくっと突破してほしかった。
5点先取とかにすれば
吏人がガンガンゴール決めても不自然じゃなかったのになあ。


> でも、声は低くて男っぽいんだろうな…と思ったり。
> 万年発情男のスミオが、アルの声に何の反応も示さなかったので。
> 女声だったら「女の子なの? だったらケッコンしようっ」と
> 迫るはずですからねw

アルが女性だとして、
アルト声な上に被り物で声が籠って
女性っぽく聞こえないのやもしれませんw

まー、男だったとしても
バクマンの白鳥君みたいなのだったら
あの仕草と言葉づかいも許せる気がしますw


> 参加者全員が「才能」を披露するまで
> 「生存確定」してるのが、難点ですね。
> PSYRENのときみたいに、「こいつ死ぬかも」
> と言う緊迫感がなくなってしまいました。
> 早く、全メンバーの「才能」を明かして欲しいですね。

7人は、連載前の予告とかカラー扉とかで
全員がメインキャラ、ってことがバレちゃってますからねー。
おいそれと死ぬことがないのはわかっちゃってるんで
どうしても緊迫・緊張感は薄れてしまいますよね。

影が今のような曖昧な感じではなく、
凶器をもったクリーチャーみたいな、「こいつにやられたらマズイ!」
ってデザイン・攻撃方法だったらまだ違ったかもですねー。


> おおっ、これは面白い!
> 弥勒の夢の解釈は色々と妄想できて面白いですよね。
> 今回の夢で残念だったのは、弥勒がミスラの掌の中…
> ってのが分かってしまったことです。
> 黒幕はミスラでも、弥勒とミスラは互いに利用しあっている…
> と言うのが良かったんですが…。

ありがとうごますm(_ _)m
能力者(黒)と非能力者(白)の違いは色だけで、
ウロボロス(狼)とは種族がそもそも違うので、
黒が狼になったってことは、そーゆーことなのかなと思いまして。

今まで絶対的ボスキャラだった弥勒が、
実は利用されてただけだった、というのは
どうしても格が落ちてしまいますよね。
弥勒にとってミスラは「初めての友人」なので、
そもそもミスラを疑うという思考回路すら存在しないのかもですね。

ただそこにはグラナさんが気づいているようなので、
弥勒とグラナの二人三脚でなんとかミスラに一泡吹かせてほしいですね。


> 下っ端のはずが、簡単にスイッチを切れたのはおかしい
> と言う感想がありましたが、ここでフォローされましたね。
> 弥勒が処分されるかもしれない…と思ったからこそ
> 射場はPacsの外すコードを必死で調べたんでしょう。

なる、ほど。
自分は感情的な意味でしか考えてませんでしたが、
確かに資格・技術的な意味でも射場さんには困難な作業を、
何とかして乗り越えた、ってとこの動機としては
十分すぎますね。


> まさか、ミスラとのファーストコンタクトをカブトが果たすとは。
> 首都決戦編では、地味だったカブトですが、ここで一気に目立てますね。
> あと、シャオくんがエロエロ嘔吐しないか心配です。

弥勒に対しては嘔吐→ガン逃げ
くらいに成長していたシャオ君ですが、
ミスラが弥勒以上のプレッシャーを持っていたとしても、
愛しのマリーの前なのでなんとか持ちこたえてくれるのではないでしょうかw


2010.09.20 Mon 00:01 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/163-06c7bb5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。