日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

アーロンはジンベエと肩を並べた発言について | main | 週刊少年ジャンプ2010年49号の感想と予想その2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2010年49号の感想と予想その3
どうもみなさんこんばんわ。
感想その2で作品を消化しすぎて
PSYREN以外に書くことがないpsychobindです。


SWOTはもう、カクゴでUFOを具現化して
インデペンデンスデイビームを撃ったらいいと思うよ。



○SUCCEED
-カラー
が未来的な扉だったんで
たぶんSF的夢オチだろうなー
と思っていたら案の定でした。


-内容
面白いかどうかと聞かれれば
それほどでもない、んですが、
普段描いてる作品と違うもの、という意味では
ぶっちぎってると思います。

ばんからさんとかは、面白いけど銀魂と同じじゃん、
みたいなことけっこー言われてましたしね。

こち亀は常に新人と同じ立場で勝負して来るから凄い、
と連載作家のだれかが過去に言ってましたが
この読み切りもそんな感じですね。
そーゆー姿勢じゃなきゃこんなに連載続かないわと。


○動物園
-ライオンの雄は狩りをしない
そうそう。
でら気になっていたことをサカマタさんが突っ込んでくれました。

ライオンはあまり狩りをしないから、
むしろ動物たちの中では弱い部類なんじゃないか、
ゴリコンとかのほうが強いんじゃないか。

とか思ってましたが、
サカマタさんの解説からすると、
よその群のリーダーにケンカふっかけてたシシドは
戦い慣れしてる、ってーのが特性というか強みみたいですね。

一方で、狩り、すなわち
「自分よりも弱いものを仕留める」
ことしかしてこなかったサカマタは
同等以上の相手との戦い方がわからないとかそんなんですかね。


-次
ところで水族館編が終わったら次はどうするんだろう。

巷で囁かれている虫編なのか。
あるいは動物の擬人化がありなら、
動物園vs植物園で植物人間と戦うとかでもいいかも。
ゴジラvsビオランテよろしく。


○PSYREN
-「俺の話を聞け」
さながらタイガー&ドラゴンなアゲハさん。
この場に極道タイガーはいますが
残念ながら無免許ドラゴンは登場の予定はありません。


-力のかけら
カードが体に混入したのは、
弥勒が07号の幻影に攻撃して、
アゲハがノヴァを使ってそれを助けたときですね。

07号の本当に本当の目的は、
現代の弥勒にこのカードを届けること。

今まで07号は自らの目的について、
現代では
・歴史を変える
・真犯人を突き止める
未来では
・どうやって弥勒が世界を滅ぼしたのかを知る
・アストラルナーヴァまでドリフトを到達させる

と言っており、また雨宮さんから
本当は世界を救いたいのでは、と本心を問われた際に
はっきりと否定しなかった。

いざ答えがわかってから
これらの07号の言動を振り返ってみると、
確かにすべて今回の「目的」のための行動だったことがわかりますね。

世界を救う、歴史を変える、
というのは07号の目的そのものだったわけだし、
真犯人や世界を滅ぼした方法を突き止めるのも、当然弥勒にそれを伝えるため。
カードの記憶に未来の弥勒の姿が映っていなければ、
現代の弥勒がそれを未来の光景だとは信じないだろうから、
アストラルナーヴァまでドリフトを送り込まないといけないのもまた必然。
というわけですかね。


-0・・・7号
ところでみなさん
名前のないグリゴリ実験体を何と呼んでいましたか?

自分は例えば
07号なら「なな号」ではなく
0も含めて「ぜろなな号」と呼んでいたんですが、
今週の弥勒が
「0・・・7号・・・」
と言っていたんで、
0は飛ばさずにちゃんと呼んでやるのが正解みたいですね。

「れいなな号」かもしれませんが。
つーか日本語読みで統一するなら
むしろこれしかないわけですが。


-自衛隊
本来の歴史ならば、約束の涙を手に入れて
パワーアップした後の状態で戦う相手だった自衛隊ですが、
この歴史のWISEは涙抜きで戦わないといけないため
けっこー苦戦気味ですね。

特に、能力が防御には使用できず、
単純な火力でも戦車砲に劣るドルキさん住所不定無職には
厳しい戦いになりそうです。
今この時代から星船形態を出せるというのならば別ですが。


-「この星の王」
女王でなくて王ってことは、
かがり火は僕っ娘ではなくて本当に男なんじゃないかと。

"ミスラ"になってからは体を自由に取り替えられるんで
未来のミスラは女の体だっただけで。

まーそんな細かいことはドラゴンウイングしておいて、
かがり火の目的が「王になること」ってことは、
かがり火は元からネヴァスの忠実な部下だったわけではなく、
約束の涙を利用して
世界を牛耳ってやるつもりだったのが、
涙に乗っ取られてミスラ化してしまったという流れみたいですね。

しかしミスラが今週ラストで見せたような力を持っていたのなら、
射場さんの出来心を待たずとも
かがり火がグリゴリに単機突入して
弥勒を救い出せば良かったのでは?
とも思ってしまう。

短時間なら戦闘も可能だけど
病気か何かで本当に体が弱ってて長期戦は無理、
とかですかねえ。


-未来
現代については、
弥勒はほぼ無力化、それに従いグラナも無力化。
というかかがり火に対してはむしろ共闘勢力になるだろうから、
もうほとんど終わったようなもんなんですよね。
たとえかがり火がミスラ化したところで
ノヴァゲハ+弥勒+グラナ+祭先生+影虎さん
の5人がかりに勝てるとは思えない。

で、かがり火を倒して約束の涙が手元に残る。
これって結構なキーアイテムではないかと思うのです。

たとえば仮に何とかしてサイレン世界に戻る手段があったとして、
戻ってもネヴァスを滅ぼさない限りは世界を救うことはできんわけです。
が、もしも約束の涙と一緒にサイレン世界に行くことができたら?

ネヴァスは涙によって地球に引き寄せられた。
ならば逆に、涙を地球外に追放してやれば
ネヴァスもそれに釣られて宇宙に飛び去ってくれたりしないだろうか。

少なくとも、ただ普通にネヴァスに立ち向かうよりは
同質の力である約束の涙があればまだ対応策も立てやすいはず。

どうやってサイレン世界に行くのだよ、
って問題は結局解決してないんですけどね。
もしいけたらの話。


スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 22:16 | トラックバック:0コメント:4
コメント
>0は飛ばさずにちゃんと呼んでやるのが正解みたいですね。

call102で死にかけの射場さんが「…ろ…く…06号―…」
と言っていたので私は「ろくごう、ななごう」と呼ぶのかと思っていました。
2010.11.11 Thu 00:31 | URL | 駄犬
…アレ、ライトウイングの感想が…ない? うそ…だろ…
(まぁ、今回は大したトンデモ無かったですしね)

>PSYREN
>これらの07号の言動を振り返ってみると、
>確かにすべて今回の「目的」のための行動だったことがわかりますね。
積み重ねた伏線が、最大限に威力を発揮した回でしたね。
今回は、久々の神回だったのではないでしょうか。

>自衛隊
本当にこの作品は「回避スキル」がないと死ねますw
ウラヌスは「ライズ」で戦車砲くらい、余裕で回避しそうですが
問題はドルキさんですよね。ドルキさんの「ライズ」レベルでは、
戦車砲を楽々見切れる程とは思えなかったり…。
シャイナと組めば、なかなかの移動砲台になるのに
単身で吼えるとか…ちょっと無謀すぎませんかw

一方ヴィーゴのPSIは、この局面で最大の効果を発揮します。
地中に潜り込んで、誰にも見られず、こっそりと戦車隊に向かえる。
恐ろしいことに、地中から戦車内に入れますからねヴィーゴは。
しかし、何故かニヤつくだけで行動に移さないヴィーゴであったw

シャイナのPSIも有効なんですが、いかんせん「へたれ」ですから…。
「傷つかない道」を選ぶ「非戦士」なので、被弾の危険に晒された現状
逃げ回るしかしないでしょうね。

そうそう、ジュナスがテレパスで命じた順番が、
星将の格付け順で吹いてしまいました。
ドルキさんの「第7星将」は確定ですね。
2010.11.11 Thu 11:53 | URL | plto
Re: タイトルなし
駄犬さん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> call102で死にかけの射場さんが「…ろ…く…06号―…」
> と言っていたので私は「ろくごう、ななごう」と呼ぶのかと思っていました。

ありゃ。
そんなこともありましたねそういえば。

グリゴリ内部の人は「ろくごう」で
それ以外の人は「ぜろろくごう」と呼んでいる、
・・・とかどうでしょう。
2010.11.11 Thu 22:09 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> …アレ、ライトウイングの感想が…ない? うそ…だろ…
> (まぁ、今回は大したトンデモ無かったですしね)

・・・あ。
(すっかり書くの忘れてたとは言えない。)


> 積み重ねた伏線が、最大限に威力を発揮した回でしたね。
> 今回は、久々の神回だったのではないでしょうか。

継続は力なりといいますか、
今までの積み重ねを爆発させた良展開でしたね。


> 本当にこの作品は「回避スキル」がないと死ねますw
> ウラヌスは「ライズ」で戦車砲くらい、余裕で回避しそうですが
> 問題はドルキさんですよね。ドルキさんの「ライズ」レベルでは、
> 戦車砲を楽々見切れる程とは思えなかったり…。
> シャイナと組めば、なかなかの移動砲台になるのに
> 単身で吼えるとか…ちょっと無謀すぎませんかw

ドルキさんはこのころからライズ嫌いでしたでしょうから、
ちょっとばかし無謀な戦いですねw
サイレン世界ですら流星をギリギリかわせる程度なので
現代ドルキさんでは戦車砲に狙われたら
木端微塵になるのではないでしょうか。

シャイナさんと仲が良ければ
最強のコンビになれるんですけどねー。
シャイナさんはむしろドルキさんを
敵陣のど真ん中に放り出して放置とかしそうでw


> 一方ヴィーゴのPSIは、この局面で最大の効果を発揮します。
> 地中に潜り込んで、誰にも見られず、こっそりと戦車隊に向かえる。
> 恐ろしいことに、地中から戦車内に入れますからねヴィーゴは。
> しかし、何故かニヤつくだけで行動に移さないヴィーゴであったw

今週のヴィーゴさんは本当、なんだったんでしょうねw
この場では最強の能力のはずなのに。
ドルキさんがやられるところを見たかったんでしょうか。


> シャイナのPSIも有効なんですが、いかんせん「へたれ」ですから…。
> 「傷つかない道」を選ぶ「非戦士」なので、被弾の危険に晒された現状
> 逃げ回るしかしないでしょうね。

なまじ逃亡能力としては最強なところが、
彼のヘタレ化を促進しているのでしょうね。
この時代からヘキサゴナル以下略ができれば
一網打尽なんですけどねー。


> そうそう、ジュナスがテレパスで命じた順番が、
> 星将の格付け順で吹いてしまいました。
> ドルキさんの「第7星将」は確定ですね。

さすがのドルキさんクオリティですねw
このころはまだカプリコが戦力外だったでしょうが
未来では彼女にまで抜かれることになるとは
誰が思ったであろうか。
2010.11.11 Thu 22:33 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/197-7f18560c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。