日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2011年3・4合併号の感想と予想その1 | main | 週刊少年ジャンプ2011年2号の感想と予想その1
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2011年2号の感想と予想その2
どうもみなさんこんばんわ。
前回の記事をいきなり「その2」にしてしまってたpsychobindです。
こっちが本物の「その2」death。




◆エニグマ
【放火】
タケマルさんがライターでもって
FLATの世界を攻撃したわけですが、
スミオ巻き込まれたらどうすんだよ。

・・・というツッコミはまあそうなんですが、
しかし例えば、火でなくナイフで写真を攻撃するとしても
1:ナイフとかよりはライターのが
高校生の持ち物としては自然
2:そもそも写真を切ったり破いたりしても
平面世界に効果があるのかは不明
3:スミオが火をくぐり抜けて栗須を助ける、
というシーンが描けなくなる。

とかいろんな理由が重なってのことでしょう。


【作戦失敗】
栗須の状況を整理してみましょう。

そのまま写真の外に出れば3vs1でタコ殴り。
スミオを人質にする作戦はライターで阻まれる。

スミオ達を写真に残して栗須だけで外に出て、
「2人を外に出してもらいたければ
俺の言うことを聞け」
とかやっても、栗須はスミオを閉じ込めただけだから
人質としては不十分。
タケマルさんにボコボコにされて
「これ以上殴られたくなかったら
2人を外に出せ」
と逆に脅されるのがオチ。
むしろ写真から出ずに
「俺が死ねば2人は永遠に外に出られなくなるぞ」
と言ってライター攻撃を封じる方が得策かもしれない。
しかしこれは自分が攻撃されない、
というだけであって状況は何も好転しない。
そのまま時間が過ぎれば栗須はタイムアップで
また取り残される。

もしも3つ目のパスが誰にも知られていなかったなら、
栗須はとりあえず降伏したフリをして偽のパスを教え、
隙を見てどこかの平面に逃げ込み、
チャンスをうかがうこともできたろうが、それも無理。

しかしなぜだろう。
ここまでダラダラ書いておきながら、
もっと上手くすれば脱出できただろう感が拭えないのは。


【会長】
やっぱり栗須と会長は先輩後輩だったわけですな。
まだ見せてない会長の「望み」は栗須の救出とかでしょうね。

しかし会長は栗須が前回の脱落者だと知っていたけど、
会長も前回のe-testに参加してたってことなんだろうか。

でも、だとしたら最初にそれをみんなに明かして
e-testについて情報共有すべきだよなあ。
情報の共有は大事だぞbyウリュー父。
少なくとも、出口がないかと学校内を探し回ったりする意味は
ないと知ってるにも関わらず、率先してそれをやるわけない。

やっぱ会長自身は初参加で、
前回のe-test合格者から栗須の顛末を聞いていたとかそんなんかな。
最初のパスで使った写真に写っていた人物の中で、
メガネの人だけまだ登場してないのが怪しい。
今回の栗須の回想にもメガネがいたし。


◆バクマン
【恋愛読切祭】
やはり蒼木先生の圧勝でした。
そして新井先生が出る意味はあったのだろうか。

にーづま先生にも不得意分野はある、とのことだが、
「バトルが読みたいならクロウでいい」ってのは
「空知ギャグが読みたいなら銀魂でいい」
って言われてたようなもんか。
まあその意見もわかるんだけど認めたくない気もする。


【亜城木】
面白い漫画を描くには漫画以外のことをやれ、
ってのは昔からよく言われてることですし、
いつかバクマン。でもやるとは思ってました。

しかし例えば、今になってサイコーが囲碁に目覚めて、
幽霊に取り付かれた少年が棋士を目指す話とか描かれてもだし。
どんな趣味を見つけるにしろ
唐突感は拭えないだろうなあ。

シュージンはせっかく格闘家の嫁がいるんだし、
カヤちゃん取材して格闘マンガ描けばいいんじゃないかな。


◆サジタリ
【部長】
あなた出る漫画間違えてませんか?
どっちかというと死狂ってる感じが。


【内容】
悪人はだれもおらず、
主人公がトラウマ克服してめでたしめでたしなお話。
悪くない読み切りでした。
いい意味で普通の少年漫画っぽくなかったかな。
ちょっと頭身と年齢あげてやればSQ19にも載せられるくらい。

これで連載は難しそうだけど。
やるとしたら弓道でライバルと戦うタイプに路線変更しないと
たぶんジャンプでは受けない。
でもそれだと読み切りのテーマから外れてしまうし。


◆いぬまるだしっ
【今週のMVP】
はたまこ先生です。
マジいい先生だよたまこ先生。
伊達に人外と年齢不詳をのぞけば最年長ヒロインやってないよ。


【父親】
巷では、こないだたまこ先生に付きまとってた
犬壱さんがいぬまるファーザーではないかと噂されていますが、
これが正解でいい気がします。

「犬」つながり。
犬壱回だけなぜかいぬまる君が1コマも出てこなかったこと。
犬壱ファンの園長先生はいぬまる母には会っていても父には会っていないこと。
最後に出てきた人が犬壱だったとして、
参観日なのだからスーツ着ていても不思議じゃないこと。

とか。


【巻末コメント】
大石先生はできる子だと思っていました。
しかし作中で使われてるのはPSIであってPSYではないんだぜ。


スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 22:21 | トラックバック:0コメント:4
コメント
>エニグマ
>【放火】
「写真への点火」=「作者の思考」ってことで、かなり不自然でした。
「FLAT」の性質・弱点を知らないタケマルたちが、こんな大胆な行動を
とるのはちょっと考えにくいです。

というか、火の広がりが異常に遅いってことが一番のツッコミどころw
タケマル「俺の才能なんだよっ」
エニグマ「いやいや、私が介入したのですよ」
サクシャ「残念。全て私の仕業です」

>【作戦失敗】
>しかしなぜだろう。
>ここまでダラダラ書いておきながら、
>もっと上手くすれば脱出できただろう感が拭えないのは。
スミオを殴って気絶させたとき、日記帳を取り上げ、
スミオを写真に放り込んでおけば良かったのだっ!
というツッコミが成立するからだと思います。

「影」に感染させておくのも良かったかも。
そう言えば、クリスって「人間から影(影から人間)」の切り替えが
自由にできるように見えますが…
なぜ、室内に侵入してこなかったのだろうか。
室内で「影化」してるし、人間へ戻るのも自在なら入れそうだぞう。

>【会長】
>会長も前回のe-testに参加してたってことなんだろうか。
才能がチートクラスなのも、「e-test」経験者なら説明はつきそう。
会長が情報共有しなかったのも「e-test」の内容を語ってはいけない、
などと、クリアした者にだけ課されるルールがあるのかもしれません。

>メガネの人だけまだ登場してないのが怪しい。
メガネと細目は、腹黒キャラの定番ツールですもんね。

>いぬまるだしっ
>【巻末コメント】
>大石先生はできる子だと思っていました。
大御所からのお疲れコメントはなかったものの、3人もの同僚から
お疲れコメントを貰った岩代先生…。
久保先生も「お疲れ様でした(ネタも頂きましたよ的な意味で)」
ってコメント出せばいいのに。
2010.12.15 Wed 12:09 | URL | plto
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(__)m


> >エニグマ
> >【放火】
> 「写真への点火」=「作者の思考」ってことで、かなり不自然でした。
> 「FLAT」の性質・弱点を知らないタケマルたちが、こんな大胆な行動を
> とるのはちょっと考えにくいです。
>
> というか、火の広がりが異常に遅いってことが一番のツッコミどころw
> タケマル「俺の才能なんだよっ」
> エニグマ「いやいや、私が介入したのですよ」
> サクシャ「残念。全て私の仕業です」

タケマルさんたちが写真みつけてから
火を付けるまでの行動がまるっと省略されてるのが
問題ですね。
写真の栗須を指で抑えても殴っても効かず、
最終手段で火を付けてみたら効いた、
という流れがあったのならまあわかるんですが。
写真内のスミオが殺されかけてるわけですし。

火が広がらないのは擁護できませんw


> スミオを殴って気絶させたとき、日記帳を取り上げ、
> スミオを写真に放り込んでおけば良かったのだっ!
> というツッコミが成立するからだと思います。
>
> 「影」に感染させておくのも良かったかも。
> そう言えば、クリスって「人間から影(影から人間)」の切り替えが
> 自由にできるように見えますが…
> なぜ、室内に侵入してこなかったのだろうか。
> 室内で「影化」してるし、人間へ戻るのも自在なら入れそうだぞう。

たしかに、スミオを自由に行動させて
タケマルさんといさかい起こさせる意味は
あんまりなかったですね。
他人を信じるスミオが気に入らなかったから
そう仕向けたのかもですが、悪手でしたね。

栗須は自在に影をコントロールできるというよりは、
会長みたいに精神力で押さえ込んでいただけなんじゃないでしょうか。
今週のアレはただ自分の中の影を開放しただけで。
一度開放してしまったらもう戻れないからこその「道連れ」でしょうからね。
あのあと人間に戻れるなら道連れというより切り札ですし。


> >【会長】
> >会長も前回のe-testに参加してたってことなんだろうか。
> 才能がチートクラスなのも、「e-test」経験者なら説明はつきそう。
> 会長が情報共有しなかったのも「e-test」の内容を語ってはいけない、
> などと、クリアした者にだけ課されるルールがあるのかもしれません。

おお、なんかPSYRENみたいですね。
箝口令しかれたり、参加者がパワーアップしたり。

クリア者はtestのことを喋れないってのは
ありそうですね。
そうでなきゃe-testもサイレンゲームのように都市伝説になってるはず。


> >メガネの人だけまだ登場してないのが怪しい。
> メガネと細目は、腹黒キャラの定番ツールですもんね。

出馬君ですねわかります。


> >いぬまるだしっ
> >【巻末コメント】
> >大石先生はできる子だと思っていました。
> 大御所からのお疲れコメントはなかったものの、3人もの同僚から
> お疲れコメントを貰った岩代先生…。
> 久保先生も「お疲れ様でした(ネタも頂きましたよ的な意味で)」
> ってコメント出せばいいのに。

ナマ宮さん繋がりがありましたからねー。
みえるひとから好きだったとおっしゃってましたし。
やはり中堅漫画家は同じ中堅どころと仲がいいのでしょうか。

そもそも師匠って誰かにお疲れコメントしたことありましたっけ?
師匠の交遊関係がワカラナイ。

2010.12.15 Wed 20:56 | URL | psychobind
どうも、久保先生の話には割り込みます陽炎ですこんばんわ。

>そもそも師匠って誰かにお疲れコメントしたことありましたっけ?
>師匠の交遊関係がワカラナイ。

ネウロの松井先生、アイシの村田・稲垣両先生にはお疲れコメントしていらっしゃいましたよー。

あとうすた先生と仲がいいのは結構有名だったりしますね。
それなりに漫画家さんと交友関係ありますよ久保先生!(笑)


それでは、短文失礼しましたですm(__)m

あ、そういえば映画観てきました。
スカルクラッド一護がカッコイイってのは自分が言っても説得力ないので言いませんw
2010.12.16 Thu 21:35 | URL | 陽炎
Re: タイトルなし
陽炎さん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> どうも、久保先生の話には割り込みます陽炎ですこんばんわ。
>
> >そもそも師匠って誰かにお疲れコメントしたことありましたっけ?
> >師匠の交遊関係がワカラナイ。
>
> ネウロの松井先生、アイシの村田・稲垣両先生にはお疲れコメントしていらっしゃいましたよー。
>
> あとうすた先生と仲がいいのは結構有名だったりしますね。
> それなりに漫画家さんと交友関係ありますよ久保先生!(笑)
>
>
> それでは、短文失礼しましたですm(__)m

おお。けっこうコメント出されてらっしゃったんですね。

そういえば、うすた先生とは一緒に中田ヤスタカと会うくらいの
仲でしたねw
あとヘタッピRの松井先生の回で背景に師匠の姿が描かれていたので
この2人とも仲良しなんでしょうね。


> あ、そういえば映画観てきました。
> スカルクラッド一護がカッコイイってのは自分が言っても説得力ないので言いませんw

お、さすが早いですね陽炎さん。

静止画と動画ではやっぱり違いますからねー。
動くとかっこいいってのも巷ではよくあるできごとです。

2010.12.17 Fri 21:51 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/217-fa982551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。