日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

つぶやきまとめ:アーロンさんを全力で擁護してみる | main | 週刊少年ジャンプ2011年12号の感想と予想その1
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2011年12号の感想と予想その2
どうもみなさんこんばんわ。
そういえば今月のSQ19の感想はついったーで済ませたpsychobindです。

#SQ19で検索かけてくだされ。


◆ドイソル
【!!!】
「結果は暗記で言える」
のコマ左上にマガジン作品のよーな感嘆符が。

しかしこれ以降一度も出てこないのであった。
ジャンプ作品にあの演出は正直合わないと思いますぜ。

でもエニグマだけは例外。


【岡弘丸】
いやま、岡君に限った話ではないんですが、
スポーツもので、特にジャンプで生き残るには、
主人公以外の「強いチームメイト」の存在が不可欠だと思うのです。
というか、極論
「チームメイト全員のキャラが立っている」
くらいじゃないともう無理なんじゃないかなと。

スポーツはバトル物よりもチームプレーが重視されますし、
主人公と他1人くらいが目立っていてあとはモブ、
ってのだと普通の少人数で戦うバトル物と変わんないんですよね。
スポーツである必要がないというか。

少年疾駆もLIGHT WINGも主人公に匹敵するチームメイトを
序盤から出してこなかったのが敗因じゃねーかなーと。
例えばテニスの王子様なんか、
最初っから青学レギュラー陣の存在は明らかにしてましたし、
黒子も同じチームメイトでないにしろ、キセキの世代って
明確な超能力者集団を1話目から押してきてましたからね。

そこへ行くと、
この岡くんがどれほどの実力者かに
今後のドイソルがかかっていると言っても過言ではない気がしなくもない。


◆BLEACH
【今週のサブタイトルをExcite先生に翻訳してもらおうのコーナー】
Swastika Break

まんじ中断

久々に先生の会心の一撃きましたw
なんぞこれ。
Swastikaで卍という意味らしいです。
勉強になりましたね。


【フルブリング】
一護が晴れて卍ブレイクを会得したわけですが、
チャドが能力に開眼したときのことを踏まえると、
これで一護も霊が再び見えるようになってるんでしょうか。

チャドはもともと霊がまったく見えなかったのに、
フルブリングに開眼してから霊が見えるようになったし。
銀城さんたちも死神とやりとりしている以上、
霊は見えてるはずだしねえ。


◆エニグマ
【数奇ケイ】
モトは彼の事を知らなかったけど、
こんな格好で学校に通ってる生徒なら、
いくら別のクラスでも知らないってことはないじゃろうと。

瀕死の事故にあったアルのこともみんな知らなかったし、
どんだけマンモス校なのか夕闇高校。


【学校】
さてさて、ケイが学校に侵入したわけですが、
可能性としては、

1:ケイが行ったのは現実の学校で、スミオ達がいるのは
  エニグマの創り出した異世界の学校。

2:ケイが行ったのはスミオ達のいる異世界の学校。
  ケイはすでにエニグマの能力で異世界に連れてこられていた。

のどちらかかと。
スミオたちがいるのが現実の学校、という線はほぼないでしょう。

1ならスミオとケイは同じ「学校」でも別々の場所にいることになるので、
電話で会話できても会うことはできない。
2ならケイも普通に参加者として追加招集されたということに。

スミオの交渉とケイが関係あるのなら、
1の方が可能性としては高いんじゃないでしょーか。
スミオはパスワードを1つ増やせと交渉したけれど、
それでエニグマがパスを増やすと同時に参加者を1人増やしたら
結局パスが足りない状況は何も変わらんので。

ケイはエニグマが次のtestに参加させようと考えていた人物で、
ケイを今回のtestに参加させずに「才能を試す」ために
現実の学校に呼んだとか。


◆トレジャー新人漫画賞
佳作のスモール・じゃいあんと、
は、ついったにて感想書きました。


◆めだかボックス
【不慮の事故】
ぶっちゃけ、能力が明らかになったときから
「掴んで地面に投げ捨てればいいんじゃね?」
とあちこちで言われていたので
その通りの決着になってしまったなあとしか。
むしろなぜ日之影先輩もギャラリーも
最後までその方法に気がつかなかったし。


【トランプで戦いそうな~】
不慮の事故があるのに、
球磨川くんの悪口を受け流せなかった蛾ヶ丸ちゃんですが、
これはおそらく不慮の事故の特性によるものではないでしょうか。

不慮の事故は万能ではなく、
1:攻撃してきた相手にそのままダメージを押しつけることはできない。
2:精神的苦痛は「物」に押し付けることはできない。
のではないでしょか。

1は、今回のバトルで一度として
日之影先輩にダメージを押しつけていないことからも明らか。
2はいわば当然。心のない「物」に精神的ダメージは押し付けられない。

したがって、不慮の事故の防御を破る唯一の手段、それは
「1対1の状況における精神攻撃」
ということになるのでしょう。
その場に「攻撃者」しか生物がいないのであれば、
精神攻撃のダメージを押し付ける対象がいないので
自分で引き受けるしかなくなってしまうのです。


◆保健室の死神
【よくわからなかった人のための損得勘定講座】
結局、損得勘定ってどんな能力なの?
という方々のために。

損得勘定は、生涯の運を先払いして「幸運」を得る能力。
ただ、ラッキーマンのようなものかというとそうではなく、
ラッキーマンは幸運な結果まで確約されているのに対して、
損得勘定は結果がどうなるかまではわからない。

例えば、今週のように損得勘定で
「植木鉢が落ちる」という幸運を発生させたとしても、
それで相手を倒せるかどうかまではわからない。

そして、損得勘定を使用した結果として、
自分に利益があれば「利息」が増えて残高も回復する。
逆に利益がなければ残高は減っていくばかり。
前述の植木鉢で経一が倒せていたなら利息が増えていただろうと。

御引出は、単に運を大量に消費する応用技。
ただし、この場合は得をするのが当然なので
利益があっても利息は増えない。


◆LIGHT WING
【ドラゴンボール】
この曲をチョイスするセンスが最高w
あとでちゃんと
「残ってるか?」と追撃する心亜もさすが。


【どこか痛めたのか】
はい。これが普通の反応ですね。
普通なんですがなんでかシュールw

残念ながら一般人である審判には
メルヘン人であることが明らかになった吏人の羽を見ることはできないようです。


【お前らそういうサッカーするんだ】
トリプルプレイとか、ダンシングマッドとか、
クレイジークロックワークとか、
それが見えてしまう心亜の死神の目もすごいけれど、
この名前だけでどんなサッカーなのか理解できるのはもっとすごい。
ぜひご教授願いたい。
とくにクレイジー。


【あゝ無情】
そんな心亜の真の力とは、
相手に強制的にあの人と言わせる力でした。
漫画的表現とか心の声まで支配するとかどんな早乙女浪漫ですか。

もう今回は神海先生が暴走しすぎておっつかないw


【キョロキョロ】
ちょっと可愛かった、というのはナイショ。


【宇宙】
この漫画が伝説になった瞬間であった。
まさかサッカー漫画で聖闘士星矢ばりのスケールの見開きを見せられるとは。

いやね、もう、素晴らしいの一言ですね。
神海先生は、確かに打ち切られたけれども、
しっかりと固定ファンのハートを掴んでいったと思います。

できればこのノリのまんま新連載を頑張っていただきたい。

可哀想なのはこのノリとどうしても比較されてしまうドイソルか。




スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 22:53 | トラックバック:0コメント:6
コメント
>めだかボックス

でも球磨川の物理攻撃を球磨川に反射して倒してませんでしたっけ?(うろ覚えなんで間違ってたらすみません)
個人的には超高速で動き回る物体に当てられないのかなーとか思ってました。
2011.02.22 Tue 23:26 | URL | 小瀬みらい
>ドイソル
>【!!!】
>「結果は暗記で言える」のコマ左上にマガジン作品のよーな感嘆符が。
PSYRENでもあったような。ジュナスと朱鳥のバトルシーンだったかな。
唐突な感嘆符は、何故だが吹いてしまいます。

>BLEACH
>まんじ中断
ゲラゲラゲラ。とクリス先輩が笑っておられます。

>【フルブリング】
>一護が晴れて卍ブレイクを会得したわけですが、
>チャドが能力に開眼したときのことを踏まえると、
>これで一護も霊が再び見えるようになってるんでしょうか。
ルキアとか死神連中が登場するのかもしれませんね。
まぁ、新キャラの数が多いので、とりあえずは彼らの
掘り下げに専念して貰いたいですが…。

>エニグマ
>【数奇ケイ】
>こんな格好で学校に通ってる生徒なら、
>いくら別のクラスでも知らないってことはないじゃろうと。
この漫画はインパクト重視で、細部の設定が甘いですからねぇ…。

>保健室の死神
>【よくわからなかった人のための損得勘定講座】
宿主に利益ばかり与えるわけじゃない、というところが
実に病魔らしい。

>LIGHT WING
>【宇宙】
>この漫画が伝説になった瞬間であった。
とんでもないですよねw 地球を覆う翼とか、これ何の漫画だっけ。
今回は、キャラの顔の表情だとか「ドドドド」とか、
非常にブリーチっぽい演出が多くて満足満足。
疾走感が半端じゃないんですよねー。次回作が本当に楽しみ。
2011.02.23 Wed 13:13 | URL | plto
Re: タイトルなし
小瀬みらいさん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> >めだかボックス
>
> でも球磨川の物理攻撃を球磨川に反射して倒してませんでしたっけ?(うろ覚えなんで間違ってたらすみません)
> 個人的には超高速で動き回る物体に当てられないのかなーとか思ってました。

あのときは、不慮の事故でネジを受け止めたところまでしか描写されておらず、
あの後どうなったのかは描かれていないんですよね。
そのままダメージを跳ね返したのか、あるいは素手でぼこったのか。
なのでまあ、説明を付けようと思えばなんとでもなってしまうという
困った展開ではあります。

不慮の事故は、ダメージを移す相手を見ないといけないのであれば、
光速で動く日之影先輩に使えなかったのも納得ですね。
ただ、今後不慮の事故の設定が掘り下げて語られることがなさそうなので
真実は闇の中かもしれませんねー。
2011.02.23 Wed 20:07 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> >ドイソル
> >【!!!】
> >「結果は暗記で言える」のコマ左上にマガジン作品のよーな感嘆符が。
> PSYRENでもあったような。ジュナスと朱鳥のバトルシーンだったかな。
> 唐突な感嘆符は、何故だが吹いてしまいます。

やや、PSYRENにもありましたっけか?

感嘆符を見るとなんか変な印象をうけるんですよねw
自分は金田一でトリックのヒントが示されたときの状況にしか
見えなくなるので困りものです。


> >BLEACH
> >まんじ中断
> ゲラゲラゲラ。とクリス先輩が笑っておられます。

Excite先生の今年初のヒットでしょうか。


> >【フルブリング】
> >一護が晴れて卍ブレイクを会得したわけですが、
> >チャドが能力に開眼したときのことを踏まえると、
> >これで一護も霊が再び見えるようになってるんでしょうか。
> ルキアとか死神連中が登場するのかもしれませんね。
> まぁ、新キャラの数が多いので、とりあえずは彼らの
> 掘り下げに専念して貰いたいですが…。

まだ力が中途半端な今、
死神たちと再開されても微妙に盛り上がらない気もしますしねえ。
まだ銀城さんと愉快な仲間たちを中心に
お話進めていってもらいたいですね。


> >エニグマ
> >【数奇ケイ】
> >こんな格好で学校に通ってる生徒なら、
> >いくら別のクラスでも知らないってことはないじゃろうと。
> この漫画はインパクト重視で、細部の設定が甘いですからねぇ…。

スミオたちって、あまりにも自分以外の参加者のことを知らなさすぎて、
ホントにお前ら同じ学校の生徒かって思っちゃいます。


> >保健室の死神
> >【よくわからなかった人のための損得勘定講座】
> 宿主に利益ばかり与えるわけじゃない、というところが
> 実に病魔らしい。

生涯の運を使い切ったあとがちょっと恐ろしいですよね。
それこそラッキーマンから追手内洋一になるくらいの
恐ろしい落差が待っているのでは。


> >LIGHT WING
> >【宇宙】
> >この漫画が伝説になった瞬間であった。
> とんでもないですよねw 地球を覆う翼とか、これ何の漫画だっけ。
> 今回は、キャラの顔の表情だとか「ドドドド」とか、
> 非常にブリーチっぽい演出が多くて満足満足。
> 疾走感が半端じゃないんですよねー。次回作が本当に楽しみ。

もはやサッカー漫画の皮をかぶった何か、ですねw
顔が黒くなった心亜とかもう完全に虚じゃないですかw
まだ恩返しし切れてないそうなので
速めの復帰をお願いしたいところですねー


2011.02.23 Wed 20:20 | URL | psychobind
>SQ19 帝一
お父さんが白眉でした
あや取りをわざわざ見せに来る親父とかお茶目過ぎる
厳格なだけでなくこういった親しみやすさと子への愛を感じられるからこそ父を尊敬しているんでしょうね

>感嘆符
自分は特攻の拓とかGTOの「!?」を思い出します
今では!?を見るだけで笑ってしまうほどに…

アーロンさんの強さかー、今となっては遠い昔のようだ
ワンピースを毎週読みつづけるキッカケになったエピソード
インフレって最強が簡単に覆ることだと思ってるのでワンピースはインフレとは違うんじゃないかと
ドラゴンボールなんかは紛うこなくインフレですねw
2011.02.23 Wed 23:53 | URL | pal
Re: タイトルなし
palさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> >SQ19 帝一
> お父さんが白眉でした
> あや取りをわざわざ見せに来る親父とかお茶目過ぎる
> 厳格なだけでなくこういった親しみやすさと子への愛を感じられるからこそ父を尊敬しているんでしょうね

親父が可愛い回想でしたねw
なるほどしかし、
それこそが帝一と親父の信頼に結びついてるわけなんですねー。


> >感嘆符
> 自分は特攻の拓とかGTOの「!?」を思い出します
> 今では!?を見るだけで笑ってしまうほどに…

特攻の拓はひどかったですねw
1ページに1つは感嘆符あったんじゃないかってくらい。


> アーロンさんの強さかー、今となっては遠い昔のようだ
> ワンピースを毎週読みつづけるキッカケになったエピソード
> インフレって最強が簡単に覆ることだと思ってるのでワンピースはインフレとは違うんじゃないかと
> ドラゴンボールなんかは紛うこなくインフレですねw

あのころのONE PIECEは第一次絶頂期だった感じですね。
たしかこのくらいでるろうに剣心に代わって
ジャンプの看板(掲載順トップ)になりましたからね。

インフレは確かに、個人の戦闘力というよりは
「最強の基準」が上がっていくことですね。
そういう意味では最強が最強のまま退場したONE PIECEは
インフレは起こっていないと言えそうですね。
2011.02.24 Thu 20:59 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/238-d363efee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。