日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2011年19号の感想と予想その1 | main | 週刊少年ジャンプ2011年18号の感想と予想その1
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2011年18号の感想と予想その2
どうもみなさんこんばんわ。
しめさばとらっきょうを食べ合わせたことがないpsychobindです。

てゆーからっきょうはキライです。



◆BLEACH
【今週のサブタイトルをExcite先生に翻訳してもらおうのコーナー】
Dirty Boots Dangers
      ↓
汚いブーツ危険

どストレートktkr!
何のひねりもねえっ!


【超好意的ダーティブーツ論】
たぶんあちこちで
「先週、能力の説明はしないって言ってたのにもう話しちゃったじゃん」
みたいなツッコミがなされていると思うので、
久々に超好意的に弁護してみます。

ジャッキーさんが今週になって能力の説明を始めたのは、
大きく分けて3つの理由があるでしょう。

1:この戦闘は一護の修業である
学校の先生と生徒に例えてみましょう。

生徒が問題を解く前に
「この問題の答えはなんですか?」
と聞いてきたら、どんな先生だって
「教えるかボケ」
と返すでしょう。

が、あまり成績の良くない生徒が
問題に挑戦しているのに一向に解けなかったら、
「この問題は○○の公式を使うんだよ」
みたいにヒントの1つも出すでしょう。

今回の一護の修業も同じこと。
修業開始前に
「あんたの能力は?」
って聞いたら
「教えるかボケ」
って答えるでしょうそりゃあ。

で、実際に修業してみたら、
一護はジャッキーさんの予想を
下回るポテンシャルしかなかった(と、思い込まされていた)。
ならばその「できない子」に対して
何らかのフォローはしてあげないと。


2:一護を殺してはいけない
ジャッキーさんにとって一護は、
倒すべき相手どころか
絶対に殺してはならない相手です。

故にジャッキーさんは
手加減しながら一護と戦わないといけません。


3:ダーティブーツの特性
ところがどっこいしょ。
ダーティブーツは「制御不能の能力」なのです。

ジャッキーさんが自分の意志で
能力の強弱をつけられるなら、何の問題もないでしょう。
が、ダーティブーツは汚れるだけで
勝手に威力が上がっていってしまうので、
このまま戦えばジャッキーさん本人も言っていた通り
一護を殺してしまいかねない。

ジャッキーさんがブーツの強弱をコントロールできないなら、
一護にブーツのことを伝えて
彼の警戒心をあおる、スカした態度をやめさせる、
ってのが最善の策というわけです。


まとめると
「絶対に殺してはならない相手である一護に修業をつけることになったが、
いざ戦ってみると一護はそれほど強くなく、
さらに自分の能力は強弱のコントロールができない。
なので次善の策として自分の能力を一護に教え、
危機感をあおることにした。」

という深い事情があったんでしょう。


◆戦国ARMORS
【政宗】
光秀が火なのに対して
政宗のは風っぽいですねー。

やっぱ重臣級ソドムは
王道の5属性対応になってるんでしょうか。
火、水、風、土、その他。
NARUTOだと5つ目は雷だったけど
この作品でも雷っぽさそうですなー。

雷といえば皇帝真田・・・じゃなくて武田信玄だけど
この時代、信玄はまだ生きてるんでしたっけか?


◆エニグマ
【航空券】
おとなのじゆうちょうさんで面白い考察がなされていました。
今までのパスワードはすべて
今回出てきた航空券に関わっているんじゃないかというもの。

確かに、日付が2月29日でQで始まる何かの文字列など
共通点が多いですし、A24も座席番号だと考えられますし。

もしそうだとすれば、
モニター部屋に最初は「飛行機の中」が映っていたのも
このチケットと何かの関係がありそうな。
弓河先生が乗るはずだった飛行機の内部とか?

ただ気になるのは、「classmate」のパスを見つけたときに、
航空券のことなど知るはずもないスミオが
パスワードに何かの法則性を発見したかのような態度を見せてるんですよね。

スミオの発見した法則性が正しいのであれば
今回の回想で出てきた航空券とは少し離れてしまうことになりますが。

それに「栗須リョウ」はさすがに飛行機とは関係なさそうな。

結局、答えはわかりかねますが・・・


【綺島】
モニター室に姿が映っていただけでなく、
タケマルに抱き着いたところで右手に
「あの模様」が出てきてます。

つまりエニグマの中の人は綺島ってことになりますが、
ここまであからさまだと逆に違うんじゃないかと気もしてきます。

が、ここはあえて綺島=エニグマ
だとしておきましょう。
そろそろテストも終わりそうですし。

エニグマは今のところラスボスみたいな扱いされてますが、
個人的には逆かなと思います。
PSYRENの07号みたいな感じですわ。

エニグマには何らかの「敵」がいて、
才能ある者を集めてそいつを倒そうとしてるんじゃないかと。
e-testを全員で突破できる者たちを望んでいるのはそのため。

綺島は怪しさ爆発で描かれていますが、
それが
「綺島=エニグマと思わせるミスリード」
じゃなくて
「綺島=エニグマ=悪い奴と思わせるミスリード」
なんじゃないかな、と。

夕闇高校には才能を狙う「敵」がいて、
綺島はそいつから才能ある生徒を守るためにやってきた。
アルやタケマルの近くにいたのはそのため。

敵は飛行機と何らかの関係があって、
綺島が航空券をみて表情を変えたり
モニター室で飛行機の映像を見張っていたりしたのもそのため。

実は弓河先生の方がタケマルの才能を狙っていた「敵」で、
綺島はその手からタケマルを守るために保健室にしょっちゅう出入りして
弓河先生を陥れた、とか。

e-testに失敗した参加者が影になるのは、
外に出て「敵」に狙われないように
異世界に閉じ込めておくため。


・・・とかね。妄想でした。
このまま「綺島=エニグマ」じゃあ
あんまりにもひねりがなさすぎると思ったので。


◆めだかボックス
【オールスター】
なんか納得いかない人選ですな。
都城くんとかがが丸くんとかプラスシックスとかどこ行ったですか。

まあ、これは球磨川くんセレクトなので、
球磨川くんと直接戦ってない都城くんが選ばれないのは当然かもですが。


【ぐだぐだの最終回】
こーいうメタとノンメタの境目ギリギリをついてくるネタは
今までのジャンプに見られなかった作劇でたいそう面白いですね。

ぶっちゃけ安心院さんの1京のスキルの中には
次元を超える「FLAT」みたいなスキルもありそうなので、
彼女は本当に2次元をこえた3次元から
作品世界を眺めているのやもしれませんな。

んで、引き伸ばした挙句のぐだぐだの最終回と安心院さんは言っていたけれど、
打ち切りと並ぶジャンプ名物といわれる「引き伸ばし」。
これってもう過去の遺物で
現在のジャンプでは引き伸ばしなんてことは一切合財行われていないと思うのです。

真偽確認はできませんが、
きっかけはスラムダンクの井上先生が専属契約をめぐって
集英社と争ったと言われている事件でしょうか。

これ以降、集英社はジャンプ作品をだらだらと引き伸ばすことをしなくなったと思います。
それが証拠に、
暗黒期真っ只中なのに看板のるろうに剣心を連載終了させていますからね。
ONE PIECEが育ってきていたとはいえ。

少なくとも、かつてやられていたような
次々と新しい敵が出てくる
ドラゴンボール方式の引き伸ばしは
すでにジャンプでは廃れているでしょう。


◆黒子のバスケ
【ハシラ】
「3度の飯より入浴剤が好きな藤巻先生に応援のお便りを送ろう」

入浴剤をふりかけにしてご飯をたべる藤巻先生を想像してしまった件。


【キセキ対決】
以前もちらっと予想したことありましたが、
対戦カードをば。
青が初戦になったわけですが、
そもそもウインターカップは最大で5回勝たないと優勝できない大会。
あと多くて4校、敵がいるわけですが、
決勝は赤、準決勝は紫で決まりとしていいでしょう多分。

あと1~2校敵がいるはずですが、
緑か黄はたぶん赤の高校の顔見せに使われると思うので、
緑と黄の両方と誠凛が再戦するってことはないでしょう。

すると最低1校はキセキなしの高校と戦うかもしれんわけですが、
そこはやっぱ無冠の五将の誰かでしょうか。


◆ジャン魂G!
【プロジェクトA】
念能力の制約と誓約みたいなもんですかね。
今回のような限定版の方が面白く感じられるという。
アホウサギおもろい。


【ランキング】
ガイガーさんktkr!!
応援し続けてはや幾年。
今度こそ優勝してください。


スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 21:44 | トラックバック:0コメント:6
コメント
引き延ばしだと、ムヒョロジが記憶に残ってますね。もう終わらせてあげてwと悲鳴を上げた覚えがあります。ホラー系のぬら孫が始まってやっと終わったんでしたっけ。
2011.04.13 Wed 08:23 | URL | 根岸鴨
>◆BLEACH
>【今週のサブタイトルをExcite先生に翻訳してもらおうのコーナー】
>汚いブーツ危険
ええ、その通りですねw そのまんますぎて、逆に吹いた。

>【超好意的ダーティブーツ論】
>1:この戦闘は一護の修業である
>2:一護を殺してはいけない
これに尽きるんですよね。ジャッキーさんのネタばらしを批判してる人は
たぶん、修行パートだということを忘れてしまっている。

ジャッキーさんは、うまく一護の修行相手を務めていると思いました。
リルカや、ギリコとは全然違いますよ。リルカは説明が足らなかったし、
ギリコに至っては「自分で解除できない能力」を仕掛けてましたからね。
ルール破ると焼却とかヒドすぎませんかw 修行ですよ修行。

今回の修行は、チャドも心配してないですしね。
ジャッキーさんはメンバーで最も良識的で、分別のある人なんでしょう。

>◆エニグマ
>今までのパスワードはすべて
>今回出てきた航空券に関わっているんじゃないかというもの。
なるほど、これは面白い発想ですね。榊先生に期待しておこう。

>◆めだかボックス
>【ぐだぐだの最終回】
>こーいうメタとノンメタの境目ギリギリをついてくるネタは
>今までのジャンプに見られなかった作劇でたいそう面白いですね。
「主人公には誰も勝てない」とかもそうですよね。
ただ、あまりやられると興ざめするところがあるんですよねー。
特に「主人公には誰も勝てない」は、西尾先生の「逃げ」にも
思えるんですよ。

めだかvs都城、めだかvs球磨川。いずれの戦いも、あれほどチートで
強大に描かれていたボスが、意味不明に弱体化して負けてますからね。
強敵を出しても攻略法思いつかないから、メタネタで倒しました…
ってのもスッキリしないというか…。

>現在のジャンプでは引き伸ばしなんてことは
>一切合財行われていないと思うのです。
ブリーチとかナルトは、何となく行われている気もしますが
下位作品と違って、作者の自由に描かせて貰っているだけかも
しれませんね。結果、展開が間延びすると。

しかし、ジャンプのアンケ主義はシビアですよね。
ブリーチ・エニグマは明らかに順位が下がってるし、
ぬらりひょんの孫なんか、何すかこの位置…。
これは作家もストレス溜まる。
2011.04.13 Wed 12:03 | URL | plto
Re: タイトルなし
根岸鴨さん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 引き延ばしだと、ムヒョロジが記憶に残ってますね。もう終わらせてあげてwと悲鳴を上げた覚えがあります。ホラー系のぬら孫が始まってやっと終わったんでしたっけ。
調べてみましたところ、
ぬらりとほぼ入れ替わりで連載終了してますね。
一応ネウロもその時期はすでに連載してましたが
あれはホラーとはちょっと違うかw

最大の宿敵とかを倒した後にまだ話が続いていくと
不安というか不憫というかな気持ちになりますよねw
2011.04.13 Wed 19:39 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> >◆BLEACH
> >【今週のサブタイトルをExcite先生に翻訳してもらおうのコーナー】
> >汚いブーツ危険
> ええ、その通りですねw そのまんますぎて、逆に吹いた。

先生はときどき直球すぎる球を投げてくるので困りますw


> >【超好意的ダーティブーツ論】
> >1:この戦闘は一護の修業である
> >2:一護を殺してはいけない
> これに尽きるんですよね。ジャッキーさんのネタばらしを批判してる人は
> たぶん、修行パートだということを忘れてしまっている。

「能力を教えない」ということにこだわり過ぎると
逆にうまい修業ができなくなりますからねー。
ネタばらしも状況次第ですよね。


> ジャッキーさんは、うまく一護の修行相手を務めていると思いました。
> リルカや、ギリコとは全然違いますよ。リルカは説明が足らなかったし、
> ギリコに至っては「自分で解除できない能力」を仕掛けてましたからね。
> ルール破ると焼却とかヒドすぎませんかw 修行ですよ修行。
>
> 今回の修行は、チャドも心配してないですしね。
> ジャッキーさんはメンバーで最も良識的で、分別のある人なんでしょう。

一番マトモな人かとおもったギリコさんがアレでしたからねw
実は月島側の人間でしたとか言われても驚かないレベル。
もはやフルブリンガー達の唯一の良心がジャッキーさんですね。


> >◆エニグマ
> >今までのパスワードはすべて
> >今回出てきた航空券に関わっているんじゃないかというもの。
> なるほど、これは面白い発想ですね。榊先生に期待しておこう。

日付にQに座席番号っぽいA24とか繋がりは多いんですよね。
ミステリ・サスペンスとしては評価が下がって来始めている気がするので
ここらで挽回してもらいたいですね。


> >◆めだかボックス
> >【ぐだぐだの最終回】
> >こーいうメタとノンメタの境目ギリギリをついてくるネタは
> >今までのジャンプに見られなかった作劇でたいそう面白いですね。
> 「主人公には誰も勝てない」とかもそうですよね。
> ただ、あまりやられると興ざめするところがあるんですよねー。
> 特に「主人公には誰も勝てない」は、西尾先生の「逃げ」にも
> 思えるんですよ。
>
> めだかvs都城、めだかvs球磨川。いずれの戦いも、あれほどチートで
> 強大に描かれていたボスが、意味不明に弱体化して負けてますからね。
> 強敵を出しても攻略法思いつかないから、メタネタで倒しました…
> ってのもスッキリしないというか…。

ぬう、確かに今までの相手も主人公相手に理不尽な負け方してますね。
「主人公には勝てない」をスキルとして認めてしまうと
バトル漫画としてはかなり面白くなくなってしまいますよねえ。

西尾先生、少なくともこの作品ではけっこう後付多いので
(名瀬さんの性格が初登場時は全然違ってたり)、
今までの不完全燃焼な決着を説明するために
「主人公なので必ず勝てるというスキル」を後づけてきたのかも。

都城くんは「能力を使いこなせればジエンドにも負けない」
とマグロ兄貴に言われていたので
パワーアップしての再登場を期待したいですが。


> >現在のジャンプでは引き伸ばしなんてことは
> >一切合財行われていないと思うのです。
> ブリーチとかナルトは、何となく行われている気もしますが
> 下位作品と違って、作者の自由に描かせて貰っているだけかも
> しれませんね。結果、展開が間延びすると。

特に師匠とかはあんまり編集に口出しされてないのかもですねw
以前、久々にネーム直したとか巻末コメントで言ってましたし。
普段は直してねーのかとw

尾田先生は明言してますが、
今の看板作品ぐらいの長期連載になってしまうと
もう次の作品を描く余力がなくなってしまうので、
今の作品に描きたいものを全部詰め込む、ってことをやってるから
長くなるのかもですね。


> しかし、ジャンプのアンケ主義はシビアですよね。
> ブリーチ・エニグマは明らかに順位が下がってるし、
> ぬらりひょんの孫なんか、何すかこの位置…。
> これは作家もストレス溜まる。

アニメ化作品のぬらりですらこれですからね。
リボーンもアニメ終わってから落ちてきてますし。
下位の作家さんはアンケ結果でるたびに胃が痛んでるでしょうね。



2011.04.13 Wed 20:02 | URL | psychobind
昔サイレンWikiでアンケートの結果が反映されるのは8週間後くらいって書いてあるのを見ましたがどうなんでしょうか?後、掲載順はアンケートの順位と平行して漫画のジャンルが隣り合わせにならないように気を付けていると言うのも聞いたことあります。なので掲載順が低いからといって打ち切りになるかというと微妙ですね。自分視点では今のジャンプじゃあハズレがないからなぁ。打ち切りを決めるほうが苦労しそうだ。それとぬら孫がドベなのはアンケートもあるけど掲載順高くても新規読者が入らないかつ低順位でも今までの読者も離れる気配もないような過去編だからなのも関わっている気がする。
まあ、今自分が言いたいことは今のジャンプには掲載順が高くても低くても何が打ち切りになるか分からないということです。マジであてにならないです
2011.04.14 Thu 21:10 | URL | 風魔
Re: タイトルなし
風魔さん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> 昔サイレンWikiでアンケートの結果が反映されるのは8週間後くらいって書いてあるのを見ましたがどうなんでしょうか?後、掲載順はアンケートの順位と平行して漫画のジャンルが隣り合わせにならないように気を付けていると言うのも聞いたことあります。なので掲載順が低いからといって打ち切りになるかというと微妙ですね。自分視点では今のジャンプじゃあハズレがないからなぁ。打ち切りを決めるほうが苦労しそうだ。それとぬら孫がドベなのはアンケートもあるけど掲載順高くても新規読者が入らないかつ低順位でも今までの読者も離れる気配もないような過去編だからなのも関わっている気がする。
過去の10話前後打ち切り漫画の順位下落ぶりから察するに、
6~8週くらいからアンケ結果が順位に影響するってのは妥当なところだと思います。

あとはおっしゃられる通り、ジャンルかぶりを防ぐとか、
さらに入稿の遅さとかが順位に影響してきますね。
銀魂の順位変動が激しいのはここらへんが原因とかなんとか。

ここ最近の下位順位が安定しないのは、最近のバクマン。でも言われていたように
「新連載決めるより終了作品決める方が難しい」状態なんでしょうね。やっぱり。

ぬら孫は、どうなってるんでしょうね。
椎橋先生が遅筆とも思えないし。
過去編による読者の出入りはおっしゃる通りだと思うんですが、
過去編に入る前から順位は下がり気味だったので
純粋なアンケ結果かなあ、とも思います。

以前、過去編で人気を盛り返した経験がある作品なので
今回もそうなるかもしれませんね。


> まあ、今自分が言いたいことは今のジャンプには掲載順が高くても低くても何が打ち切りになるか分からないということです。マジであてにならないです
今期はドべ固定の絶対的な打ち切り候補がいないですしねー。
今は上位にいる新連載が急に・・・ってこともあり得ますし。
2011.04.16 Sat 11:22 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/255-c53c5181
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。