日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2011年22号の感想と予想その2 | main | 少年ジャンプNEXT! 2011SPRINGの感想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2011年22号の感想と予想その1
どうもみなさんこんばんわ。
放送時間が変わったのでファイアボールのネタが使えないpsychobindです。


ちょ、Log Collection "BELL"の
チョッパーが可愛すぎるんですけどなにこれ。


◆ONE PIECE
【扉絵】
勉学にはげむカヤお嬢様と
ヒツジケンポーで荒ぶるメリーさんと
群がるデュバサムたち。

ところでメリーさんはメリー号の死を知っているのかなあ。

順当にいけば次はバラティエのみなさんですけども、
ここは一つ、クロネコ海賊団のその後とか
見てみたいです尾田先生。


【コアラ】
とりあえず死ななさそうですね。一安心。

蟹の甲羅にかじりついて
ヒビを入れるほどのアゴを持つこの子には
間違いなく魚人海賊団員としての資質がある。

そして結局アーロンとは一度も触れあわず。
ハチは言うまでもなく、
クロオビやチュウも宴会では同席してるのに。

コアラの今後については変わらず、
「革命軍として現代で登場」だと予想しておきます。


【アラディン】
やっぱり元奴隷だったこのヒト。
今になって名前公開されたり船医だったり、
ジンベエ側の魚人海賊団員として
再登場の目がありますかな。


【失血】
サンジの鼻血のときにもありましたが、
「今更ONE PIECEで失血とか言われても」
みたいな意見があるかと思いますが、
ONE PIECEの人らは失血には弱いですよ?

少なくともアラバスタまでは
失血が理由でダウンしたりパフォーマンス低下したりとか
フツーにありましたから。
あと、それ以降のシリーズでは
大量に失血するような攻撃を食らったことが
ほぼありません。

故に失血で死にかけるのは
サンジだろーがタイガーだろーが特におかしくないわけです。


【タイのお頭】
実際に魚人島に伝わっていた話とは違い、
タイガーは輸血を拒まれたのではなく
自ら拒んだわけですね。

しかし、そうなると魚人島に
歪んだ情報を伝えたのは誰なのか。
「伝えない」どころか「間違って伝える」とは。
やっぱアーロン一味の誰かか。

ハチやジンベエはお頭の言いつけを守って、
この情報を訂正しようとはしてないようですが。

ちなみにタイガーも最期は「笑顔」でしたね
ONE PIECEの伝統にのっとり。

唯一(かどうかわからんけど)ONE PIECEで
最期の瞬間を笑顔で迎えられなかったノーランドが
他の人らと違ったのは
「託す者」がいなかったからなのかなあと思ったり。


【アーロン】
単騎で後の大将に特攻をかけて
あっさり捕まるアーロンさん。

このままジンベエ七武海入りの
交渉材料にされてしまうのでしょうか。

ぬーん、「アーロンを解き放った」発現の真意については
「ヨサクが知ってるくらいゆるい秘密なんだから
アーロンを司法取引で解放、だなんて
一般世間に知れたらやばいことじゃない」
という自分の予想は外れてしまいそうですな。


【今後】
さてまだ魚人島での暗殺事件が残ってるので、
あと2週くらいは続きそうかな過去編。

ジンベエが魚人島に戻ってからの事件なはずなので、
ジンベエ七武海入りの後の話かな。

主に天竜人絡みの罪人である「タイヨウの海賊団」の存在が
オトヒメにとってマイナスになったということだったから、
オトヒメを暗殺した「闇夜の裁き」とやらは
政府・天竜人の手のものだったりするのかね。

アーロン一味の仕業とも思えないし、
これ以上、魚人島の別の勢力が出てくるとも思えないし。

だとしたら、ハモンドは
「人間を嫌うものたちから裁きを受ける」っつってたけど
実のところは
「人間が人間の都合で裁いてた」だけだったりして。


◆バクマン。
【尾田先生】
そうだろうなとは前から思ってましたが、
やっぱしまだ連載してたのね尾田先生。


【夢】
昔、あるオルフェノクは言っていた。
「夢は呪いと同じ」だと。

夢を持ったら叶えるために努力せねばならない。
そのためにどんな辛いことも苦しいことも耐えなきゃならない。
かといってすべての人の夢がかなうわけじゃない。
全てを捨ててまで臨んだ夢が叶わなかったら・・・

夢を持って生きるのは素晴らしいこと。
しかし夢という「呪い」にやられて
中井さんのようになってしまう可能性をもまた、
背負って進まなければならない。
まさしく修羅の道。


【模倣犯】
でたー
大場先生の
「事件が起きると何でもかんでも
漫画アニメのせいにするマスコミ批判」やでえ。
ネットの次はこれですか。

まあ間違いなく編集部に苦情は来るだろうし、
自体が収束するまでPCPは休載とかあるかもね。
これで打ち切りにはならんだろうが。

例えば過去に用務員さん事件(※)を起こした某漫画があったけど、
回収騒ぎになっただけで
特に連載打ち切りとかの措置は
取られなかったしなあ。

※先生が用務員に降格したから
 生徒から何をされても文句いえないぜ的展開をやったら
 本当の用務員さんから苦情がきた事件

この事件で一時的に人気が落ちるも
「こんな状態のPCPに勝っても嬉しくない」
とかなんとか七峰くんに言われて奮起するみたいな展開だと
熱くていいなと思ったり。


◆銀魂
【人気投票】
ぱっつぁんまさかの888!!

しかしだね、一番凄いのは
アニメのOPとEDにしか出てないのに
15位とか12位とか獲ってる坂本さんなんじゃないのかい。
定春より上ってどういうことなの。


【本編】
そして人気投票ネタじゃなかったことに
ちょっとガッカリ。


◆戦国ARMORS
【般若心拳】
知っているのかむっくん!!

何のためにいるのと言われ続けてきたむっくんが
ここにきてまさかの解説ポジゲットだぜ。

南無阿弥陀仏の文字に数字を重ねているから
「なむきゅうだぶつ」とか読めてしまって
なんか語呂が悪くて気持ち悪い。

10念しか持たない必殺技を
走り出すまでの間に3念も消費するってどうなのよ。


【アポトキシン変若水】
ま、まさか安土桃山時代にまで
黒の組織の魔の手が・・・

あれっすね、多分。
お長様はある年代まで成長すると
心臓に膨大な魔力が宿ってうんぬんかんぬん。
だから若返らせてタイムリミットを伸ばす的な。

つーかこの薬、
すでにご老体のリアルロリコン光秀にこそ
飲ませるべきなのでは。


◆べるぜバブ
【巻末コメ】
美しい師弟愛。


【古市】
他の人達は呼んでこなかったん?
こんだけやってりゃすぐ来るとは思うけど。

ぜひ本物の悪魔野学園を見た感想をお聞きしたい。


【ゼブルエンブレム】
しこたま殴った時点でもはやKOしてるようなもんなのに、
その上爆発さすとか、まさに鬼畜の所業。
あれだね。スパロボのトドメ演出みたいなもんですね。

しかし安易に
ビームとか出すようなパワーアップじゃなくてよかった。
これならまあ「パンチ力が壮絶にUP」したのと変わらんから、
今までのノリとさして変わらんバトルになるでしょう。


◆次号予告
ちょっと気が早いですけどこれだけ先に。

一休!!
待ってました!!

前回の金未来杯では個人的ぶっちぎりだったので
連載版ももちろん期待大なわけです。

が、連載向きじゃないとは当時から言われていたので
そこをどうクリアしてくるかが問題ですかなー。
どうやら1話は読み切りのときよりもさらに昔、
一休があの妖怪(名前失念)と
出会うところから始まるみたいですがはてさて。

そしてやっぱり今回はこの1本のみ新連載みたいですね。
この不規則スケジュールはやはり、
冨樫先生の復活が近いことを示しているのか・・・!?

スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 21:57 | トラックバック:0コメント:6
コメント
なんか黄猿とアーロンが関わりあったって事すら違和感
黄猿を前にするとどっちが下等かわかりませんな
さらに我らがモリア様を前にするともう魚人とかどうでもよくなる


あと個人的に"Dの一族は笑って死ぬ"だと思ってたんですけど違いますかね?
んで"時代はスマイル"なのかと
まぁただの根拠無き勘ですが
2011.05.10 Tue 01:13 | URL |
>◆ONE PIECE
>【タイのお頭】
>実際に魚人島に伝わっていた話とは違い、
>タイガーは輸血を拒まれたのではなく
>自ら拒んだわけですね。
この辺の心情描写、実に複雑。もちろん、良い意味でなんですけど。
もう、少年漫画のレベルを超えてますね。
ジャンプの平均年齢が上がってるから書けることなのか、
ワンピースの圧倒的人気のために書けるのか…
何にしても、こちらとしは嬉しい限りです。

>◆バクマン。
漫画家の癖に、レッテルが陳腐で苦笑してしまった。
「普通」ってw それこそ、サイコーが「勘違い」してるんじゃ…。
サイコーの観察力や想像力の欠如を感じて、残念です。

例えば、途中で参加してきたヤマちゃんなんか、他の同級生とは
明らかに違う人間性を備えていて、サイコーを特に持ち上げることも、
羨ましがることもなく、同じ世界に立つ人間として接してくれていた
わけですが、サイコーはそのことに全く気がついていない。
逆に「皆と合わなくなってる」と自分の世界に引きこもる始末。
年齢的に22-23なのに、精神が妙に子供っぽいのが違和感ありますなぁ。
同年代との付き合いをせず、特殊な世界にずっといると、
こんな感性になっちゃうのかなぁ…。
経験って必要なんだ、と思いました。

ヤマちゃんみたいなキャラを出してきたってことは
大場先生もそこら辺のこと分かってるんですよね、たぶん。
2011.05.10 Tue 13:17 | URL | plto
黄猿を前にしたら、人間や魚人の違いなど些細なことだと分かりました。
あいつら(大将)を人間にカテゴライズしたくない・・・。

そういえば、黄猿が登場したのはシャボンディでしたね。
やつが今回のテーマの象徴なのでしょうか?
2011.05.10 Tue 19:18 | URL | 度々
Re: タイトルなし
コメントありがとうございますm(_ _)m

> なんか黄猿とアーロンが関わりあったって事すら違和感
> 黄猿を前にするとどっちが下等かわかりませんな
> さらに我らがモリア様を前にするともう魚人とかどうでもよくなる

人間は下等! と言ってるアーロンでも
さすがに黄猿にはかないませんよねえ。
人間を誰であろうと下等と言い続けるのは
もはやアーロンの意地みたいなもんなんでしょうかね。

モリアさんも○○族みたいな特殊な種族っぽいですね見た目は。
首長族とか。


> あと個人的に"Dの一族は笑って死ぬ"だと思ってたんですけど違いますかね?
> んで"時代はスマイル"なのかと
> まぁただの根拠無き勘ですが

なるほどー。
死の間際に笑う一族=スマイルと。
これは面白い予想ですね。
したらばドフラミンゴもそっちの一族側に属しているか。

ちなみにベルメールさんもヒルルクもルンバ―海賊団もエースも、
みんな死の間際には笑っていましたよ。
白ひげは笑ってませんでしたけど悔いを残したって表情でもなく。

2011.05.11 Wed 21:24 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> >◆ONE PIECE
> >【タイのお頭】
> >実際に魚人島に伝わっていた話とは違い、
> >タイガーは輸血を拒まれたのではなく
> >自ら拒んだわけですね。
> この辺の心情描写、実に複雑。もちろん、良い意味でなんですけど。
> もう、少年漫画のレベルを超えてますね。
> ジャンプの平均年齢が上がってるから書けることなのか、
> ワンピースの圧倒的人気のために書けるのか…
> 何にしても、こちらとしは嬉しい限りです。

さすがですよね。表情とかもういろんな感情が入り混じってて
よくあんな顔かけるもんだと。
鏡の前で尾田先生顔釣りそうになってんじゃないだろか。

とはいえやはり、メインターゲットの少年たちには
今一伝わりきらないかもしれませんね。
コミックス派の人は年齢層高めの人もたくさんいるので
最初っからそっち向けに描いてるのかもですね。


> >◆バクマン。
> 漫画家の癖に、レッテルが陳腐で苦笑してしまった。
> 「普通」ってw それこそ、サイコーが「勘違い」してるんじゃ…。
> サイコーの観察力や想像力の欠如を感じて、残念です。
>
> 例えば、途中で参加してきたヤマちゃんなんか、他の同級生とは
> 明らかに違う人間性を備えていて、サイコーを特に持ち上げることも、
> 羨ましがることもなく、同じ世界に立つ人間として接してくれていた
> わけですが、サイコーはそのことに全く気がついていない。
> 逆に「皆と合わなくなってる」と自分の世界に引きこもる始末。
> 年齢的に22-23なのに、精神が妙に子供っぽいのが違和感ありますなぁ。
> 同年代との付き合いをせず、特殊な世界にずっといると、
> こんな感性になっちゃうのかなぁ…。
> 経験って必要なんだ、と思いました。
>
> ヤマちゃんみたいなキャラを出してきたってことは
> 大場先生もそこら辺のこと分かってるんですよね、たぶん。

あの場にいたのがサイコーでなくて
社会経験者の平丸先生だったら
まちがいなくカラオケでもスキーでも行ってたでしょうしねw
いや、あの人の場合、社会経験は関係ないか。

とはいえ、休みの話や手のインクの件で
露骨に引いた挙句、
「忙しくて参加できない」人がいるのにそっちのけで
スキー旅行参加者でグループ作って騒ぎ出す
他の参加者たちもどうかなーと思いました。

あそこまで露骨にグループ作られたら、
その旅行に参加しないサイコーはどうやったって
話の輪に入っていけないだろうし、
おっしゃられる通りヤマちゃんはサイコー相手でも
普通に接してくれましたけど、
結局最後はスキー組の方に行っちゃいましたし。

なんかサイコーもそれ以外の参加者たちも、
どっちも態度が極端すぎた気がします。

つーか、旅行の話はクラス会の後に参加者だけでやれよ!
って思ってしまいました。
自分なら、いつでも行けるスキーなんてほっぽっといて
現役ジャンプ連載作家にいろんな裏話とかずっと聞いていたい。
と思うのは自分がジャンプ感想書きだからでしょうかw

2011.05.11 Wed 21:57 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
度々さん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> 黄猿を前にしたら、人間や魚人の違いなど些細なことだと分かりました。
> あいつら(大将)を人間にカテゴライズしたくない・・・。
>
> そういえば、黄猿が登場したのはシャボンディでしたね。
> やつが今回のテーマの象徴なのでしょうか?

魚人の方が基本スペックは高くても、
さすがに大将相手では、どうにもなりませんねえ。
分類的には人間ってより悪魔でしょうか。能力者だけに。

黄猿は天竜人関連でいろいろやってる印象が強いですね。
さすいがに魚人と関係があったり
天竜人と親戚だったりとかはしないと思いますがはてさて・・・?

2011.05.11 Wed 22:00 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/263-647e594c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。