日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2011年27号の感想と予想その1 | main | 週刊少年ジャンプ2011年26号の感想と予想その2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ロビンは結局アラバスタでどうすればよかったのよ問題について
次のジャンプではONE PIECEが休みだということを思い出したので
穴埋め的に突発的にやってみた。

ちょっとお遊び要素あります。


アラバスタでのロビンの行動を責める意見はよく見かけるけど、
「じゃあロビンはどうしてたらよかったの?」
ということにはあんまり言及されてないなーと思ったので
やった。



ロビンは仲間になった当初とかはもちろん、
今でもよく読者から
アラバスタにしたことについての責任を追及されることがあります。

が、
「ロビンの方からアラバスタ乗っ取り計画を持ちかけた」
と思われていた当時はまだしも
「実は計画はクロコダイルの方が発案していた」
ということが明らかになった今となっては、
単純に
「ロビンはアラバスタを苦しめた悪い奴」
とは言えなくなってきていると思うのです。

つーか自分も、アラバスタでのロビンの行いについての責任が
どう判断されるべきなのかよくわかりません。

そのへんの詳細は以下に。


とはいえ、いつもと同様に
長々と駄文で説明するのもあれですし、
ここはひとついつも通り思いつき突発企画。

"ゲームブック風ニコ・ロビン"

以下、ロビンになったつもりで回答ください。
GAME OVERになってもういいやって方や
めんどくせーよっさっさと結論言えって方はここをクリック




Q1:
七武海クロコダイルから
「アラバスタ乗っ取り計画に協力しろ」と持ちかけられた。
どうする?

A1-1:断る。 → Q2へ
A1-2:協力する。 → Q4へ
















































Q2
計画を知った人物を生かして帰すわけもなく、
クロコダイルが襲いかかってきた。
どうする?

A2-1:戦う。 → R1へ
A2-2:逃げる。 → Q3へ


















































R1
ロビンではクロコダイルに敵わないのは
原作に示された通り。
ロビンはクロコダイルに殺害されGAME OVER






















































Q3
なんとかして逃げ切った。
さて、クロコダイルの計画に対してどう対処する?

A3-1:放置。 → R2へ
A3-2:海軍、アラバスタ民などに垂れ込む。 → R3へ





















































R2
ロビンが協力しなくても、クロコダイルはいずれ
アラバスタ乗っ取りを実行することは自明。
そしてロビンがバロックワークスにいない以上、
ビビは黒幕の正体に気付くことができないので、
バロックワークスは誰の妨害も受けずに速やかにアラバスタ乗っ取りを成功させる。
GAME OVER





















































R3
バロックワークスが実際に国獲りに動くまでは決定的な証拠がないため、
いくら垂れ込んでもクロコダイルの捕縛にはいたらない。
結局、ほとぼりが冷めたころに
クロコダイルはアラバスタ乗っ取りを実行する。
GAME OVER






















































Q4
「ダンスパウダーでアラバスタから雨を奪え」と言われた。
どうする?

A4-1:従えない。組織を抜ける。 → Q2へ
A4-2:命令通り動く。 → Q5へ






















































Q5
いよいよ最終作戦が間近に迫ってきた。
どうする?

A5-1:忠実に組織のために動く。 → R4へ
A5-2:海軍、アラバスタ民などに垂れ込む。 → R5へ























































R4
あまりにも忠実に働きすぎた。
ポーネグリフには辿り着けたが、その後は原作通りクロコダイルに始末され、
アラバスタも乗っ取られGAME OVER

























































R5
秘密犯罪組織のボスを捕まえるには、
本人が直に動く最終作戦を現行犯で押さえるしかない。
故に垂れ込みのタイミングはここしかない。
GAME CLEAR









いろいろ強引な展開と恣意的な選択肢ばかりでしたが、
まあお遊びですしこの辺にして。

   
言いたいことその1:
ロビンはクロコダイルに協力したことを責められるけど、
そもそもロビンがバロックワークスに入ってなかったら
その時点でアラバスタは詰んでるんですよね。

ビビやイガラムに情報リークしてくれる人がいなくなるんだもの。
だからアラバスタは敵の正体を知ることができず、
何の対策も打てず、
ルフィらがアラバスタに上陸することももちろんなく、
バロックワークスは実に容易にアラバスタを征服していたはず。




言いたいことその2:
それでもアラバスタに害が出る前に
クロコダイルの計画を止めていれば、という意見もありましょう。

でもねー、例えばロビンがクロコダイルからの指令書とかを
海軍に横流ししたとしても、
クロコダイル本人がしらばっくれたら
それ何の証拠にもならんのですよね。

ロビンは身分を明かせないから情報は匿名で送るしかなく、
その信憑性は限りなく低いしね。

結局、単騎でクロコダイルを仕留められる実力
でも持っていない限りは、
「アラバスタに被害が出る前にバロックワークスを止める」
なんてことはできないだろうと。



言いたいことその3:
あとクロコダイル本人も言ってた通り、
クロコダイルを止めない限りアラバスタに未来はない。
ロビンが協力を拒んだり
バロックワークスの細かい悪事を止めたりしたところで、
クロコダイルさえ健在ならいずれ乗っ取りは実行されるから。


故に、アラバスタを救うには
クロコ本人が動いたところを現行犯で押さえるしか。



つまり、
・バロックワークスに参加して
・機密情報が得られる程の高い地位を得て、
・作戦が最終段階に入るまで待ってから
・その情報を外部にリークして
・クロコダイルを現行犯で捕える。


これしかバロックワークスを止める手段はないと思うのです。
そんでロビンの行動はまさにこの通りになってますよね。

もちろんこの方法では、
最終段階に入るまでアラバスタの人を苦しめ続けることになる。
それは事実。
でもこれしか方法がないのなら
そこに情状酌量の余地はあるんじゃないのかなあと。


とはいえロビンの第一目的はポーネグリフであって
アラバスタを救うことではないけど。

でもロビンにアラバスタを救う気が微塵もなかったのなら、
ビビに情報を与えたり
イガラムを殺したと見せかけて助けたりする必要は
全くないわけですよね。
ルフィを救った件もしかり。

「クロコダイルの計画を利用して
ポーネグリフに近づきつつ、
その計画の成就もなんとか阻止する」

ってのがロビンのスタンスに一番近いんじゃないでしょうか。


実際に被害に遭った人たちのことを考えれば
ロビンに罪はない、とは言えないけれど、
でもロビンの状況を考えれば、
彼女の行動は考えうる選択肢の中で
最善のものだったのではないかと。


海列車の件で罪を帳消しにしたトムさんではないけれど、
ロビンは確かにアラバスタの人達を苦しめたけど
同時にバロックワークスの野望を砕くのに
大きく功績したことをもっと考慮してあげてもいいんじゃないのかな。


スポンサーサイト

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック

| ONE PIECE考察 | 15:53 | トラックバック:0コメント:8
コメント
週間連載故の
今回の魚人島編でもロビンに対する批判と似たような意見が
多いんですけど、あまりにもくだらない理屈に拘りすぎていますよね。
アーロンパーク編連載当初は世界政府や天竜人なんて設定は絶対考えられていなかったはずであり、ココヤシ村でのアーロン一味の行動と魚人島回想編での行動に整合性が取れない等、週間連載という過酷さを考えればストーリーにおける矛盾点が生じるのもやむを得ないと思います。
だったら、自己保身の為に海賊でも犯罪者ですらない考古学者や島民や自分の部下だった男まで島ごと消した海軍トップのジジイは一体何なんだと・・・まるで海軍の行ってきた虐殺は許されて海賊や魚人の悪行は許されないといっているような気がしたので個人的には不快でした。
2011.09.06 Tue 23:03 | URL | 隆明
Re: 週間連載故の
隆明さん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> 今回の魚人島編でもロビンに対する批判と似たような意見が
> 多いんですけど、あまりにもくだらない理屈に拘りすぎていますよね。
> アーロンパーク編連載当初は世界政府や天竜人なんて設定は絶対考えられていなかったはずであり、ココヤシ村でのアーロン一味の行動と魚人島回想編での行動に整合性が取れない等、週間連載という過酷さを考えればストーリーにおける矛盾点が生じるのもやむを得ないと思います。

天竜人、は怪しいですが、
世界政府の存在は最初っから考えられてたみたいですよ。
バラティエ編後、すでに世界政府(と七武海)の存在は明言されてました。

まあそれはともかく、
週刊連載、それも長期連載なれば
設定のほころびはどこかに出てきてしかるべきなんですよね。

もちろんそこが許せないと言う人もいるかもですが、
信者的に言うと、アーロンの件は
理屈をこねくりまわして説明つけられるレベルだと思ってますw


> だったら、自己保身の為に海賊でも犯罪者ですらない考古学者や島民や自分の部下だった男まで島ごと消した海軍トップのジジイは一体何なんだと・・・まるで海軍の行ってきた虐殺は許されて海賊や魚人の悪行は許されないといっているような気がしたので個人的には不快でした。
海軍自体に対してはたしかに、
そういった批判の声はほとんど聞かないですね。
人身売買を見て見ぬふりするなんてド外道なことまでやってるというのに。

海軍や政府はいずれ作中で
今までの行動の制裁を受けると思ってるから、
あえて批判しないのかもしれないですが。
あるいは天竜人がうまいことスケープゴートになってるのやもしれません。



2011.09.07 Wed 00:50 | URL | psychobind
国家の陰謀
返信ありがとうございます。
オハラ島バスターコールや人身売買容認は、ナチスのユダヤ人大量殺人やアフリカ奴隷貿易に匹敵する大虐殺ですから、アーロンやロビンとは「殺した数」が全然違います。

これは推測ですが、ロビン回想編と魚人島回想編で海軍の株が大暴落した今頃になってアーロンとロビンに対する誹謗中傷を繰り返しているのは十中八九海軍ファンです。

結局のところ、オハラ編と魚人島編で海軍が行ってきた虐殺の全てをロビンとアーロンのせいにして話をすり替えているようにしか見えないんですよね。
もしも本気でベルメールやアラバスタで犠牲になった人達に対する冒涜だと言うのなら、なんの罪もないオルビアと
サウロとタイガーを殺した海軍を批判しないのは道理に合わないと思います。

そして勝手にロビンとアーロンが嫌いなのは構わないんですが、自分みたいに頂上決戦から新規に参入した読者もいますし、管理人様のようにアーロンが好きだという読者もいると思います。
「自分達の主観が全て正しいと思うのは間違い」そう言いたかったための投稿です。

2011.09.07 Wed 22:57 | URL | 隆明
Re: 国家の陰謀
隆明さん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> 返信ありがとうございます。
> オハラ島バスターコールや人身売買容認は、ナチスのユダヤ人大量殺人やアフリカ奴隷貿易に匹敵する大虐殺ですから、アーロンやロビンとは「殺した数」が全然違います。
>
> これは推測ですが、ロビン回想編と魚人島回想編で海軍の株が大暴落した今頃になってアーロンとロビンに対する誹謗中傷を繰り返しているのは十中八九海軍ファンです。
>
> 結局のところ、オハラ編と魚人島編で海軍が行ってきた虐殺の全てをロビンとアーロンのせいにして話をすり替えているようにしか見えないんですよね。
> もしも本気でベルメールやアラバスタで犠牲になった人達に対する冒涜だと言うのなら、なんの罪もないオルビアと
> サウロとタイガーを殺した海軍を批判しないのは道理に合わないと思います。

ロビンについてはまあ、
今、ルフィ達の仲間になって「罪が許された」的に感じてしまうから、
というのもあるんでしょうね。

逆に海軍は(設定的には正義でも)
作品的には一貫して「敵」扱いなので、
敵が悪いやつなのは当たり前的精神で
そんな批判が及ばないのかもしれません。

いずれ彼らの罪が表ざたになるときに
すべてが裁かれるとは思います。


> そして勝手にロビンとアーロンが嫌いなのは構わないんですが、自分みたいに頂上決戦から新規に参入した読者もいますし、管理人様のようにアーロンが好きだという読者もいると思います。
> 「自分達の主観が全て正しいと思うのは間違い」そう言いたかったための投稿です。

なかなか1つの意見に偏り過ぎないことっていうのは
大切なんですが難しいですよね。

自分もつねづねそうならないようにとは心がけていますが
果たして実践できているやら。

色んな人がいますから
色んな人の存在を考慮した発言を心がけていきたいですね。


2011.09.08 Thu 21:36 | URL | psychobind
読者層の違い
返信ありがとうございます。
個人的には、管理人様のコメントは批判・肯定を含め非常に
バランスがとれていて、本当に作品への愛が感じられ素晴らしいと思っています。

自分は前述したように、頂上決戦から新規参入した読者ということもあり、従来の読者層の方々とは受け取り方が異なるという部分もあると思います。
海軍ファンの人達の立場からしてみれば、完全に小物化した海軍と引き換え、本来は悪党であったはずのロビンと
アーロンの好感度が上がったのが気に入らないというのもあるのかもしれません。
しかし、だからと言って、肯定派の人格まで否定するかのような表現は不適切だと思います。
「自分がつまらなかった」と「話として失敗だった」は別ですからね。

余談ですが、海軍本部を実質的に動かしている人達の殆どは「自分達の主観だけが正しい」と決め付けている人間だけで構成されていると推測できます。
それは、エニエス・ロビーのバスターコール発動時、ルフィ
がいる第4号艦を味方もろとも砲撃し、またそれに諌言した
部下を射殺した中将を見れば明らかです。
海軍トップの元帥が自分の思い描いたストーリーを達成する為ならば手段を選ばない究極の自己中心的な思考回路の持ち主であり、そういう人間を元帥に任命したのが海軍組織を作った五老星ですから、こんな理不尽が罷り通っているのでしょう。
>すべてが裁かれると思います。
今までいろいろな作品で偽善的な悪党はたくさん見てきましたが、この海軍本部上層部に関してはそれともどこか異質な雰囲気を感じます。 自分の部下さえも道具としか見なしていない、人を殺すことに達成感まで抱くようになっている、しかもその過程で殺さなくてもいい罪のない人間も
大勢犠牲にしている・・・そんな下衆に因果応報が訪れないのは摂理として、エンターテイメントとして確実に間違っていますので。 まあ、これはないと信じていますが。
2011.09.09 Fri 03:18 | URL | 隆明
Re: 読者層の違い
隆明さん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> 返信ありがとうございます。
> 個人的には、管理人様のコメントは批判・肯定を含め非常に
> バランスがとれていて、本当に作品への愛が感じられ素晴らしいと思っています。

ありがとうございますm(_ _)m
光栄です( ´ ▽ ` )ノ


> 自分は前述したように、頂上決戦から新規参入した読者ということもあり、従来の読者層の方々とは受け取り方が異なるという部分もあると思います。
> 海軍ファンの人達の立場からしてみれば、完全に小物化した海軍と引き換え、本来は悪党であったはずのロビンと
> アーロンの好感度が上がったのが気に入らないというのもあるのかもしれません。
> しかし、だからと言って、肯定派の人格まで否定するかのような表現は不適切だと思います。
> 「自分がつまらなかった」と「話として失敗だった」は別ですからね。

どんな話題であれ、
話の軸は作中の事柄に限定すべきで
話者の人格にまで踏み込んだ言動は慎まなければなりませんね。
他者の唱える説、ならまだしも、
他者そのものなんて誰にも否定する権利ないのですからね。


> 余談ですが、海軍本部を実質的に動かしている人達の殆どは「自分達の主観だけが正しい」と決め付けている人間だけで構成されていると推測できます。
> それは、エニエス・ロビーのバスターコール発動時、ルフィ
> がいる第4号艦を味方もろとも砲撃し、またそれに諌言した
> 部下を射殺した中将を見れば明らかです。
> 海軍トップの元帥が自分の思い描いたストーリーを達成する為ならば手段を選ばない究極の自己中心的な思考回路の持ち主であり、そういう人間を元帥に任命したのが海軍組織を作った五老星ですから、こんな理不尽が罷り通っているのでしょう。

あれらは赤犬に代表されるような「行き過ぎた正義」ですよね。
たとえ正義の心からくる行動だったとしても、
やりすぎると一周回って悪にもなりうりという。

仰る通り、自分らの思考というか「正義」という信念を疑いもしないことから
こんなことが起きるのでしょうが。


> >すべてが裁かれると思います。
> 今までいろいろな作品で偽善的な悪党はたくさん見てきましたが、この海軍本部上層部に関してはそれともどこか異質な雰囲気を感じます。 自分の部下さえも道具としか見なしていない、人を殺すことに達成感まで抱くようになっている、しかもその過程で殺さなくてもいい罪のない人間も
> 大勢犠牲にしている・・・そんな下衆に因果応報が訪れないのは摂理として、エンターテイメントとして確実に間違っていますので。 まあ、これはないと信じていますが。

私見ですが、
センゴクやガープのように
上層部若しくはそれらに意見できる立場にありながら
上層部と意見を違えている人物も同時に描かれているので、
海軍という大きなくくりでみたときに
単なる悪党集団という印象を抱きにくいのかもしれません。


2011.09.11 Sun 17:14 | URL | psychobind
センゴク=昭和天皇?
返信ありがとうございます。
大東亜戦争を引き起こしたのは、表向きは昭和天皇ということになっていますが、実際に権力を握っていたのは軍の上層部であり、とてもじゃないが止められる状況ではなかったという事情もあるかと思います。 
ワンピース世界での海軍組織も、戦前の日本と同じように、
実際に権力を握っているのは赤犬と黄猿であり、センゴクはただのお飾りに過ぎないのかもしれません。
今の海軍は、赤犬の持つ絶対的な恐怖に支配されている状態であり、ガープやセンゴクの力ではもうどうにもならないくらいのレベルに達していると思われます。
逆らえば、敵前逃亡した海兵と同じように殺されるだけですからね。
赤犬はいざとなれば、青雉やガープも殺すと思われます。
海軍が内部分裂するというのもあながちあり得ない話ではないような気がしてきました。
2011.09.12 Mon 02:16 | URL | 隆明
Re: センゴク=昭和天皇?
隆明さん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> 返信ありがとうございます。
> 大東亜戦争を引き起こしたのは、表向きは昭和天皇ということになっていますが、実際に権力を握っていたのは軍の上層部であり、とてもじゃないが止められる状況ではなかったという事情もあるかと思います。 
> ワンピース世界での海軍組織も、戦前の日本と同じように、
> 実際に権力を握っているのは赤犬と黄猿であり、センゴクはただのお飾りに過ぎないのかもしれません。
> 今の海軍は、赤犬の持つ絶対的な恐怖に支配されている状態であり、ガープやセンゴクの力ではもうどうにもならないくらいのレベルに達していると思われます。
> 逆らえば、敵前逃亡した海兵と同じように殺されるだけですからね。
> 赤犬はいざとなれば、青雉やガープも殺すと思われます。
> 海軍が内部分裂するというのもあながちあり得ない話ではないような気がしてきました。

大将のうち誰が元帥の座についたのかわかりませんが、
赤犬とかだったら恐怖政治がしかれていてもおかしくないですねー。

個人的には、赤犬は本当にただの行き過ぎた正義漢で、
どこまで本気なのか読めない黄猿のがあやしい気がします。

分裂もありそうですし、
海軍には明確な上部組織としての世界政府があるので、
海軍が政府に反逆するような展開でも面白そうです。

2011.09.14 Wed 21:10 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/274-cc4d8993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。