日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2011年27号の感想と予想その2 | main | ロビンは結局アラバスタでどうすればよかったのよ問題について
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2011年27号の感想と予想その1
どうもみなさんこんばんわ。
強烈な偏頭痛に苛まれているpsychobindです。

というわけで今回は短めに切り上げるかも。




◆べるぜバブ
ONE PIECEがないと自分の感想トップはべるぜバブになるのか・・・

【アニメ】
東条編で終わり・・・かとも思ったけど
フツーに続くようです。

このまま聖石矢魔編までいっちゃうかね。
六騎聖は意外と好きなのでばっちこいっっ。

いや、その前に魔界大冒険編があったか。


【ドブ男っちゃま】
どうでもいいが
今、2人が15m離れたらどうなるんじゃろう。
というか電撃はどっちから出るんだ。

精神が入れ替わっただけなら
ドブ男っちゃまの方から出るのかな。

あとケンカ買うときの、
目が「三」みたいになったドブ男っちゃまの顔が
ものすごく可愛いんですがどうしたら。
本家より可愛い。


【インターバル回】
言っちゃった。メタ発言。
しかしインターバルだからと油断していると
以前の魔界大冒険みたいなことになるので気は抜けない。

たぶん、今回は田村先生そーとーアニメを意識しているな。
アニメオリジナル回は大抵グッドナイト下川が活躍?しているのです。
ちょっと前の巻末コメでも
アニメにジェラシー燃やしてたし。


【邦枝】
男鹿坊に懐かれて勘違いラブコメ展開ktkr。


◆バクマン。
【しょんぼりアフロ】
すごくどうでもいいが
本物の服部雄二郎編集はもうアフロじゃないんだよね。
ソースは藍本先生。


【終わらせる作品】
やっぱCROWでしたね。
NATURALとかはあまりにも作者の出したフェイクっぽかったし。

でもNATURALも終わると思うなー。
つか今週のにーづま先生の弁を聞いた岩瀬さんが
新しい作品で勝負するために終わらす。

そんで作画担当として中井さんとコンビ組む流れ。

また、NATURALが終わればCROWの今後に関係なく
にーづま先生の「2作同時連載」は終了するから、
その代わりに亜城木が
「PCP+もう一本の2作同時連載」をやることも可能になる。

2作同時連載を2人の作家に同時には認められない、
的なことをいつだったか言われていた気がするので。
にーづま先生がやめれば亜城木にチャンスが回ってくるという。


【終わらせ方】
先週も書きましたが、
ドラゴンボールが連載していた頃ならともかく、
今のジャンプでにーづま先生が言うような
「終わりたいところで終われない」作品はたぶんほとんどないでしょう。
しいて言うならリボーンがちょっとそれっぽい? くらいで。

バクマン。内でも、
編集長はすぐににーづま先生の申し出を了承しているし、
「引き伸ばしは作家のせいか編集のせいか」
というところに深く切り込んでいくつもりはないようですね大場先生。


【チャンスはあと7週】
打ち切る打ち切らないだけで終わるシリーズかと思いましたが、
こういう熱い漫画バトル展開になるとは
予想外で面白かったです。

これで平丸先生が1位とったらオチも完璧なのに。

まあ、もし誰かが1位を取ってしまえば
にーづま先生が終わらせたいタイミングで
作品を終わらせてやれないことになるわけですが、
しかし
CROWという作品を抜くチャンスがあと数週間しかないのであれば
それまでに何としても、
という気持ちもわからなくはない。

・・・なんてこととはまったく関係ないんですが、
なんか今週人によってタイムリミットまでの勘定がバラバラなんですが
誰が正しいの?

サイコー:もう5週1位で今週も速報は1位。実質あと4週。

って言ってるのに

福田先生:6週獲っていて今週も速報は1位。

とか言っちゃってて。
サイコーが正しいなら10週連続1位までのリミットは
あと4週ってことで、
福田先生が正しいならあと3週。

にーづま先生が掌に「5」って書いてるから
たぶんサイコーのが正しいんでしょうケド。

で、にーづま先生が「最終回の原稿描くまで」
とリミットを延長したから、
4週+物語のまとめに使う10週 = 14週
がリミットかと思いきや、
その14週目が「CROWの最終回」なわけだから、
14週目はカウントできない。
あと13週目の結果が出るときにはすでに14週目(最終回)
の原稿に取り掛かっているわけだから、
13週目もたぶんカウントできない。

そして亜城木たちも
来週分の原稿はすでに提出していて修正できないから
さらに1週分マイナス。

だとしても
14週 - 3週分 = 11週。
シュージンが言っていた
「チャンスはあと7週」っていったい???
あと4週分はどういう理由でマイナスされるの??


◆めだかボックス
【第二関門】
つまり現代文の小説の試験みたいなことをしたというわけですね。

あれって作者ですらわからん問題にされてるからなあ。
テレビ番組かなんかで
「このときの主人公の気持ちを選びなさい」
という問題の解答を見た
その小説の作者が「そういう気持ちだったのか」
と驚いてたりしたし。たしか。多分。


【阿久根先輩】
ひょっとしてこのシリーズは
中学生5人のためではなく
人気投票ぶっちぎりの下位だった
阿久根先輩の株を上げるためという気がしないでもない。

第三関門が「不人気投票」
というどう考えても
阿久根先輩への嫌がらせとしか思えない内容なのも。


【大刀洗さん】
目を覚ます前と後では
明らかにクッションの長さが違うのだがどうしたことだ。


◆花咲一休
【台詞】
さすがに本家小説家の西尾先生には敵わないけれど、
鏡の化物に対して「鏡で顔みたことあんのか」とか
加子に「嫁の鑑だ」と言ったり、
なかなかに気のきいたセリフが多くて感心します。
「めでたい」と「愛でたい」とかも。


【今週のお題】
先週の「空印」の化け猫にはけっこう苦戦したのに、
「願印」を持ってる今週の鏡には苦しむ様子もなく
あっさり勝ってしまったのがちょっとだけ拍子抜けだったかも。

つーかこれまでに「印」絡みのお題は3つあったけど
その中でも一番簡単に解いてた気がする。

まー、ページの都合で一休が考える・悩むシーンは
入れられなかったんだろうけど。

一休の取った方法以外では、
弓の弦に引っかけて3枚同時に倒して地面にぶつけるとか。
「弓も使える」ってとこに気がつくかどうかがポイントのお題ですね。


【カルマ】
印を取り戻したカルマがバカカワイイ。
寿限無はシルエットを見るに、
物の怪というよりはこの人も坊主か?

カルマが寿限無にとんち勝負を持ちかけて敗北。
そんで願い事として
「願印を霧散させる」みたいなことでも願われたんでしょうか。













スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 21:22 | トラックバック:0コメント:2
コメント
>◆バクマン。
>【チャンスはあと7週】
いかにも少年漫画王道のバトル展開でしたね。燃えます。
燃えるんですが、よく考えると萎える話だったり。
これ下手に抜かれたりすると、せっかく最終回に向けてキレイに纏めつつ
ある作品が崩れてしまうってことですよね。

まぁ、エイジは「抜かれるわけがない」と確信してるからこそ、
こんな勝負を受けたんだと思いますが、「終わらせたい形で終わらせる」
と自分で決めてるのに、万が一にもそれが崩される恐れのある
勝負を受けるなんて…と思ってしまった。

>◆花咲一休
何か地味だなーと思ってしまった。
毎度驚きはあるので、面白いんですけどね。
この漫画のジャンルは変則的な推理モノだと思ってるんですが、
ジャンプで推理モノはことごとく失敗してるという歴史が。

ところで、ヒロインはまだですか…。
坊主とおっさんのコンビは、そろそろ絵的にキツくなってきた。
まんじゅうでもゆっくりでも良いので、ヒロインを…。
2011.06.15 Wed 13:19 | URL | plto
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> >◆バクマン。
> >【チャンスはあと7週】
> いかにも少年漫画王道のバトル展開でしたね。燃えます。
> 燃えるんですが、よく考えると萎える話だったり。
> これ下手に抜かれたりすると、せっかく最終回に向けてキレイに纏めつつ
> ある作品が崩れてしまうってことですよね。

過去キャラが総登場して最終決戦やってるのに
「もうちっとだけ続くんじゃ」
ってされると読者的にも肩すかしくらうでしょうねー。
ファンの人はそれでも嬉しいのではありましょうが。


> まぁ、エイジは「抜かれるわけがない」と確信してるからこそ、
> こんな勝負を受けたんだと思いますが、「終わらせたい形で終わらせる」
> と自分で決めてるのに、万が一にもそれが崩される恐れのある
> 勝負を受けるなんて…と思ってしまった。

挑戦された以上は受けざるを得ないってことなんでしょう多分。
挑戦を受けなかったら、
「10週連続1位を阻止されるのが怖い」と認めたも同義ですからねー。

それに、勝負を受けたことによって変わったのは
「福田組のやる気」と「タイムリミット」だけであって、
にーづま先生の状況はほとんど変わってないんですよね。
もともと自分一人で決めたルールに
福田組が勝手に乗ってきたって状況ですから。


> >◆花咲一休
> 何か地味だなーと思ってしまった。
> 毎度驚きはあるので、面白いんですけどね。
> この漫画のジャンルは変則的な推理モノだと思ってるんですが、
> ジャンプで推理モノはことごとく失敗してるという歴史が。

ジャンプの推理物はネウロくらいはっちゃけないと
生き残れませんからねえ。

この漫画にもカルマって人外はいますが、
いかんせんネウロほどやりたい放題な存在でもないですし、
もうちっと派手なお題をだす物の怪の登場に期待したいところですがはてさて。


> ところで、ヒロインはまだですか…。
> 坊主とおっさんのコンビは、そろそろ絵的にキツくなってきた。
> まんじゅうでもゆっくりでも良いので、ヒロインを…。

来週、用心棒が出てくるらしいので
たぶん2話のあの娘だと思います。
来週までの我慢ですw
2011.06.15 Wed 20:14 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/275-5b99904d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。