日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2011年29号の感想と予想その2 | main | 週刊少年ジャンプ2011年28号の感想と予想その2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2011年29号の感想と予想その1
どうもみなさんこんばんわ。
今からファイアボール3期の有無が気になるpsychobindです。

今回は29号の感想と、
おまけで先週号で結果発表があった
トレジャー新人漫画賞佳作「獣剣Lovers
も合わせてお送りいたします。



◆ONE PIECE
【扉絵】
これまた詰め込んできましたな。
ココヤシ村の主要な登場人物はこれで全員ですよね?
相変わらず心配性で過保護なゲンゾウさんは
ちょっと生え際後退した??

シロップ村とかバラティエがあんなに時間使ったのに
ココヤシ村は1回でおしまいかー。
バウンティ丸をカウントすれば2回だけども。

そして編集!
宣伝多すぎてベルメールさんの墓の文字が見えないじゃろうがい!


次は順番通りならローグタウンで
いっぽんマツがゾロが雪走を持ってないことに驚く、とか。

だがでもしかし、
ネズミの海軍支部とかクマデ族の島とかに行っても驚かない。



【ジンベエ】
ようやっと、ジンベエとエースが「互角」だった理由が判明しました。

要は体内の水分にダメージを与えるのが魚人空手の神髄だから、
能力者だろうと何だろうと防御無視で攻撃できるっつースンポーですね。

これ、恐らくは体に水分を持たないであろうクロコダイルが
ジンベエの天敵なんじゃないでしょーか。
インペルのレベル6で一触即発しかけたけど、
あすこで本当にクロコと戦ってたらジンベエ危なかったかも。

そしてわざわざ「水分」だなんて理由をつけてきたからには、
ジンベエは覇気、少なくとも武装色を使えないことは確定でしょう。
覇気ってそのくらいレア能力だと思いますよ。
今後も。新世界でも。

ちなみに今週の説明を元に考えると、
マリンフォードでジンベエの突きが赤犬に効かなかったのは、
そもそも拳が当たってなかったからかね。



【修業の成果】
やはり先週の扉絵ロビンは影分身の術でしたか。

分身が目を閉じていたのは、
たぶんどっかに目を咲かせて状況を見ながら
ケンカの仲裁に入ったからでしょうか。

あとルフィ。
ジンベエにあっさり止められてしまいましたが、
覇気には攻撃力UPの説明はあってもスピードUPの説明はなかったので、
JET技のスピードが2年前とさして変わっていないのなら、
七武海相手ならあんなもんでしょう。

くまはあっさりJETピストルを弾き返したし、
ミホークもJETバズーカを完全に見切ってカウンター可能だったし、
モリアさんも影箱でギア2ルフィを捉えているし、
七武海レベルであればギア2のスピードには付いていけるのが当たり前なんでしょう。

ブルーノとは違うのだよブルーノとは。



【サンジ】
一度完全に仰向けに倒れたはずなのに、
「考えてみろルフィ」
のコマでは何故か犬神家してるサンジキュンのふしぎ。



【ダルマ】
なんか超新星みたいなかっこいいフォントで
改めて紹介されたダルマさん。
回想長かったから忘れてる人のためにもう一回って所でしょうかね。

ビッグマムのお菓子工場やそのマークがついた建物を
ボコボコと破壊していってるので、
新魚人海賊団のバックにビッグマムがいる、
という線はどうもなさそうです。

まあ、考えてみりゃ恐らく人間であるビッグマムと
新魚人海賊団が手を組むわけないわなあ。

ところですでに王子達に倒されていることが濃厚なドスンさんはどうすんべ。
KOされた状態で
「DOSUN」
とか紹介されてたら笑う。



【ブルック】
もともとヨミヨミの実は
黄泉の世界から魂を引き戻すのが能力で、
いわば今までのブルックは
「骸骨に魂が憑りついて動かしていた」状態だったわけ。

その能力を利用して、再度「魂だけ離脱させる」
のは確かにやろうと思えば可能っぽい。

「悪魔の実の能力は使い方次第でいくらでも強くなれる」
とはよく言ったもので。






◆べるぜバブ
【掲載順】
なんか調子いいですね最近。

「CROWに肉薄してるGIRIとかTRAPとか」
が現実におきたとすれば、
ここ最近のべるぜバブみたいなもんかもしれません。



【プリンたいといっしょ】
なんというアニメスタッフホイホイ。
もし今週の話までアニメが続いたら
スタッフが全力を注いで作りに来ることが容易に想像できる。

にしても歴代NHK教育のキャラクターを
悪魔合体させたようなこのカオスな番組はなんだ。
絶妙に可愛くねえ。



【今週の内容を3行でまとめ】
顔芸
女子プロ
羞恥プレイ



【魔力】
対悪魔戦ではなくてこんなところでお披露目とは。

悪魔の血をひいてるわけでもないのに魔力を使えるってーのは、
なんかしら魔界道具的アイテムでも貰ったか、
あるいは本当に悪魔と契約でもしたか。

ベル坊が魔力の臭いを気に入ってるってこたー、
やはり王族がらみの何某かではないかと思うけれど。
どうせ予想してもこの漫画は当たらないからなかばテキトー。





◆NARUTO
【ナルトは参戦すべきか否か問題】
ファイアーエムブレムの主人公ユニットみたいな扱いのナルトを
どうするのか問題なんですが、
色々置いといて、
「白ゼツの術を破れるのがナルトだけ」
な時点で、忍連合はナルトを投入せざるをえないわけなんすよね。

っつーか、「ナルトは敵のターゲットだから遠方に隔離しておく」
ってのがそもそも悪手じゃないかと自分は思います。

「雷影らの目が届くところに置いて後方支援をさせる」
のが一番いいんじゃないかなーと。

遠方に隔離しておくと、今みたいに脱走される危険性もあるし、
また万が一敵に居場所を特定されてしまった場合、
ナルトとビーしか戦力がいないところに
敵全軍の集中攻撃を受ける恐れがある。

だったら、戦争そのものには参加させて、
司令部で感知能力を使った後方支援とかやらせたほうが
忍連合の戦力増強にもなるし、安全でもある。

ナルトやビーにとって最も安全なのは、
結界で遠方に閉じ込めておくのではなく
五影クラスの実力者と常に行動を共にすることではなかろーか。

あれですよ。
「旅行先で江戸川コナン一行に遭遇したときに助かる方法」と同じです。

「殺人者かもしれないやつと一緒にいられるか! 俺は部屋に戻る!」
と言って部屋に戻って鍵をかけ、閉じこもった男は100%殺害されます。

確実に助かる方法は
「常にコナンと行動を共にすること」。
これしかありません。






◆花咲一休
【名無しさん】
「お前」と叫んだら
その場にいた全員が「ん!?」と振り返ってたのが
地味ながら面白かったです。

「名前がなくなったら何が起きるか」
を適切に表していながら、かつ
事態の「大した事のなさ」もまた適切に表しているようで。

確かに、名前なくても困ることっつったら
こんなもんだよね、っていう。



【カルマ】
って姿が描かれてるときも人には見えてないんかなあ。
フツーにカルマつれて村中を歩いてるんだけど。

ケツからいったときも姿見えてるし。
門番の人気づけよ、という。



【「  」】
では誰の事かわからんので天狗娘さんについて。

先週はちょっと顔安定してなかったけど
今週は整ってたような気がします。
つかお母ちゃん美人だなや。

先週ちょっと気に入ったデザインの武器が
今週早くもぶっ壊されててちょっと残念だと思いきや
ラストのコマでなんか復活してるっぽく見えなくもないが
たぶん違う。



【願印】
ところでまだ娘っ子とカルマって1回も顔あわせてないのよね。

娘っ子がカルマの力について知ったら、
同行を申し出るのではなかろうかと。
だって願印の力があればお母ちゃん生き返らせられるしね。






◆トレジャー新人漫画賞
前述の通り、今週のではなく先週のですね。
獣剣Lovers。
こちらでタダ読みできます

編集部の総評を読んでからというもの、
絵にはまったく期待していませんでしたが、
それ以上に台詞の詰め込み具合が半端ないですな。

こーいう
「編集の手がまったく入っていない投稿作品」
を読むと、連載経験者の力量や編集の仕事の大切さというのがよくわかります。
編集が介入してたら
セリフの多すぎるコマは間違いなくダメだし食らってただろうし、
それを糧に作家は漫画の作り方を学んでいくのだろうし。

ストーリーの流れそのものはテンプレに近いですが、
各キャラの設定や演出の仕方はそこそこ凝っていた印象。
あとはやっぱ画力ですねー。
たぶん絵で敬遠されることも多いんじゃないでしょうかこれ。

今後の成長に期待。



スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 21:26 | トラックバック:0コメント:2
コメント
>◆ONE PIECE
>【修業の成果】
>あとルフィ。
>ジンベエにあっさり止められてしまいましたが
>七武海レベルであればギア2のスピードには付いていけるのが
>当たり前なんでしょう。
空手家のジンベエからしてみれば、我流体術オンリーのルフィは
対処しやすいでしょうしねぇ。
2年前の実力でも、ルフィはクロコやモリアを倒してますが
あれは弱点を突いたり、影のドーピングを受けた結果の勝利なので
素の実力ではかなり差がありましたよね。
2年間の修行で、七武海と同等クラスにはなったのかな
という感じです。

>【ブルック】
この状態だと、無敵なんでしょうかね。
まぁ、ブルックの方も戦闘能力皆無でしょうけど。
偵察や潜入に向いてますね。

>◆花咲一休
>確かに、名前なくても困ることっつったら
>こんなもんだよね、っていう。
天狗の里の連中は、戦闘能力に優れた異能使いなうえに
仮面もしてますから、それらの特徴で「里の人間」
と認識できれば十分なんでしょうね。
あえて、里の人間の命を危険に晒してまで、化け物を倒して
名前を取り返す必要もないという。

>【カルマ】
>って姿が描かれてるときも人には見えてないんかなあ。
寺の坊主と、若旦那には見えてましたよね。
カルマが姿を見せようと思う以外は、取り憑かれてる一休
にしか見えないのかな。
しかは、異能使いの天狗連中にも見えないのが吹いた。
妖怪退治は無理ですね。化け物にも勝てないみたいだし。

>つかお母ちゃん美人だなや。
殺る気満々、死ぬ気満々の母親に爆笑した。
僅かなページで、良いキャラに描いてましたね。
2011.06.28 Tue 12:18 | URL | plto
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> >◆ONE PIECE
> >【修業の成果】
> >あとルフィ。
> >ジンベエにあっさり止められてしまいましたが
> >七武海レベルであればギア2のスピードには付いていけるのが
> >当たり前なんでしょう。
> 空手家のジンベエからしてみれば、我流体術オンリーのルフィは
> 対処しやすいでしょうしねぇ。
> 2年前の実力でも、ルフィはクロコやモリアを倒してますが
> あれは弱点を突いたり、影のドーピングを受けた結果の勝利なので
> 素の実力ではかなり差がありましたよね。
> 2年間の修行で、七武海と同等クラスにはなったのかな
> という感じです。

以前のルフィでは
七武海とはかなり実力の差がありましたよね。
それこそくま1人に全滅させられるくらいに。

これから四皇と敵対することもあるでしょうし、
今はもう
最低でも七武海クラスにはなってないと厳しいでしょうかね。


> >【ブルック】
> この状態だと、無敵なんでしょうかね。
> まぁ、ブルックの方も戦闘能力皆無でしょうけど。
> 偵察や潜入に向いてますね。

壁とかすり抜けられるみたいですし
無敵っぽいですねー。
無害ゆえに無敵、ってやつでしょうか。

敵の体に憑りついて操作できたりすると
面白いんですがねー。


> >◆花咲一休
> >確かに、名前なくても困ることっつったら
> >こんなもんだよね、っていう。
> 天狗の里の連中は、戦闘能力に優れた異能使いなうえに
> 仮面もしてますから、それらの特徴で「里の人間」
> と認識できれば十分なんでしょうね。
> あえて、里の人間の命を危険に晒してまで、化け物を倒して
> 名前を取り返す必要もないという。

命かけてまでやることではない、ですよね。

皆が同じような仮面してるってことは
それだけ「個」の概念が希薄な種族なんでしょうしね元から。


> >【カルマ】
> >って姿が描かれてるときも人には見えてないんかなあ。
> 寺の坊主と、若旦那には見えてましたよね。
> カルマが姿を見せようと思う以外は、取り憑かれてる一休
> にしか見えないのかな。
> しかは、異能使いの天狗連中にも見えないのが吹いた。
> 妖怪退治は無理ですね。化け物にも勝てないみたいだし。

やっぱカルマは見えてないっぽいですねー。
デスノートの死神に近い感じでしょうか。

異能力者なのに霊的なものが見えないとは
BLEACHとは設定が異なるようでw


> >つかお母ちゃん美人だなや。
> 殺る気満々、死ぬ気満々の母親に爆笑した。
> 僅かなページで、良いキャラに描いてましたね。

娘の前であすこまで堂々と自分の死を宣言するとか
豪快なお母ちゃんでしたねw
ベルメールさんとはまた違ったタイプのワイルド母ちゃんでした。



2011.06.29 Wed 21:29 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/280-ff2c6e0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。