日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

なぜジャンプで新連載が生き残れないのかについて | main | 週刊少年ジャンプ2011年35・36合併号の感想と予想その3
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
少年ジャンプNEXT! 2011SUMMERの感想
前回NEXT買ってみてなかなかよかったので
今回のも買ってみました。
ちょっと今回辛口かも。
お気に触ったならごめんなさい。

堀越先生も新作きたことだし、
葦原先生とかそろそろどうなんすかねー編集の方々。

◆宇宙少年バルジ

椎名は好き嫌いがはっきりわかれそうなキャラでしたが、
バルジは少年受けのよさそうな真っ当型主人公ですね。
ティアマトのキャラといい
さすがに連載経験者は新人読切とは安定感が違います。

ただ、いっつも細かいところばかり気になる自分の性といいますか、
小さいところが気になって気になって。

君ら何語で話してるの? とか。
オリオン座が三星並んだ形に見えるのは
地球から見た場合限定のお話であって、
他の惑星からではそーゆー形には見えん、とか。

まあでも最初にも書いた通り安定して読めました。
主人公の能力があまりにも無体すぎるので
連載化するならもーちょい設定変更が必要ですかね。






◆ShraPnel!!

巻末コメントで作者が言っているのは、
トレジャー新人漫画賞で佳作をとった作品の事ですね。
ちなみに下敷きにした・・・というほど似た作品ではなかったです。

本誌に載ってた瞬間ヒロイズムもこの人でしたか。

内容的にはテンプレ。
何の脈絡も必要性もないエロが挟まれるのが
なんだかなあ、って感じでした。






◆デマエストロZ

野本先生だけは手塚賞もトレジャーも受賞歴ないですね。
持ち込み新人?

タイトルのZがなんなのか最後までわからなかった件。

自分から客の元に出向く料理人こそが一流、
って思想には共感できたんですが、
おもっくそ食材を粗末にする戦闘方法が
なんだかなあ、って感じでした。

食材を催涙弾として利用して粗末にする人が
料理人の心構えを説いても、ねえ。
せめて道中に使用した食材は
実はすべて回収していた、ってことにしておけば。

本誌でサンジやトリコがやってることと真逆を行ってるので
余計に違和感を覚えてしまいました。

絵も悪くないし話の構成もテンプレではなかったんで、
その辺がおしいなー、と。






◆FINAL TAKASHI

この人もトレジャー出身
↑の一番下にありますね。

冒頭で実際に地球を一度救っているという事実が
あまりにも考慮されていないタカシの扱いが不憫すぎて。

だんだんと共感できないキャラになっていくタカシは
そーゆーギャグ漫画の主人公としてアリとは思うんですが、
地球側の対応にもいっさい共感出来なかったので、
責められまくるタカシを見ても素直に笑いにつながらないというか。

ラストの告白→玉砕→タカシ砲の流れとか
スピーディーでたいへんよろしかったんですけどね。






◆チャコの脱獄論

作者紹介ページの
照明と「すげーオーラだ」をうまく利用してるところにセンスを感じます。

つい最近のトレジャーで佳作とってましたね。

題材選びと、そこからの「主張したいテーマ」への繋げ方とか
うまいことやったなって思いました。
構成力を買われて受賞しただけのことはあります。
いくぶん説教臭いところがありますがそれはまあ仕方ないですか。

画力とかに難がまだありそうですが、
「どっかでみたような読み切り」でなかっただけでも
評価したいですね。

残念なところとしては、
強化ガラスを爪で切裂いたこと。

あれを身体能力のみでやってのけたなら、
チャコが脱獄できたのは彼が「超人」だったからということで、
その後の彼の主張に説得力がなくなるし。
爪に何かを仕込んでおいたんなら
それをちゃんと説明してほしかったし。






◆青春フルパワー忍伝
ギャグは本家NARUTOよか面白かったです、
ってギャグ漫画として描いてるんだから当たり前か。

あとサクラも本家NARUTOより可愛かったです。
これは由々しき事態。






◆Phantom

トレジャー受賞のサスプフィクション
なんというか落ちずに終わったというか
キャラクターの目的とか解決すべき問題とか
全部投げっぱなしにして、
肝心なトリックのみ明かして終了という
なんとも大胆な作品でした。

そんでこのPhatnomも
なかなかの投げっぱなしっぷり。
冒頭の男はそもそもどういう存在なんだとか、
いっさい説明されずに終わりましたね。

あとーは、終盤で明らかにされる展開ですけども、
スパイが本部にした報告が盗聴されてるなんてのは
ありふれた展開で予想できましたし、
その時の署長の態度から、
すでに「やられて」いるなってのも予想できましたし。

「実はこうだった」と明かされる内容が
ほぼ予想通りだった上に、
とくにそのまま話が別方向に転ぶことなく終わってしまったので
なんとも肩すかしをくらった印象です。

せめて、署長の
「今後は定時連絡いらん。潜入続けろ。」
って命令が、
「とにかくそうしろ」じゃなくて
なんか読者もロクシーも納得できる理由をつけていれば
先が読まれずにすんだのではないかなあと思ってみたり。






◆テンカの花嫁

新人読切の中ではこれが一番面白かったです。

主人公・ヒロイン・敵に加えて、
主人公の友人たちがキャラ立ってる上に
ちゃんと作中で活躍してるのがおおって思いましたね。

その活躍が主人公の株を上げることにも繋がってるし。
瀬戸△。

まあ、毒入りおにぎりを躊躇なく食うのは
さすがに説得力ないとか(即効性の毒だったら話終わってた)、
執事弱すぎとか、
お前ら何語で喋ってんの? とか
気になるところもありましたが
それらを吹き飛ばすくらいの勢いと爽快さがあって大変よろしかったです。

絵もうまいし。






◆リコレクトF

好感度高くない人物(主人公、先輩)が
結局好感度を上げきれずに終わってしまった印象ですね。
特に主人公の、自分の態度に関する心からの謝罪が
1回としてなかったのが。






◆伊達先パイ

伊達先輩のノリが最初っから最後まで一貫して面白かったです。
「抜いた」のくだりとか。






◆袋とじ番外編
【magico】
エマのお色気シーンを1ページまるごと使って描かせたかったという
編集部の狙いが透けて見えたり見えなかったり。

「おやめ・・・ルー」は面白かったです。

【めだかボックス】
善吉ちゃんを久々に見た気がする。
半纏くんも久々に見た気がする。

【ST&RS】
4コマの題字に途方もないアイシールド臭。

4コマっつーかギャグはそんな得意じゃないっぽいですねー。
私感ですが。

【針栖川】
エロ枠その2。
と、特に語るべきことが・・・

【花咲一休】
可愛いと言われたら喜ぶのがじょーしき、
だとさっちんに教えればそれで済むのではなかろうかと。
でもコメディ展開として素直に面白かったですわ。贔屓目ですけど。

あと怪談という概念を普通に知っていた幸にちょっと驚き。
「怪談って何な!?」
くらいなリアクションだと思ってた自分は
どんだけ幸がバカだと思っていたのかと。

【エニグマ】
真面目かっ!

1作だけ本編に繋がるシリアス番外編できましたね。
っていうかこれほど番外編やりにくい作品もないし仕方ないか。

【いぬまるだしっ】
4コマという枷から解き放たれた大石先生は
いろいろアクロバティックなことに挑戦してらっしゃいますね。
なんつーかイキイキしてる。





◆東京デパート戦争体験記

やっぱり松井先生は松井先生でした。
やっぱりこの人のセンスはネジが2~3本ぶっ飛んでるわ。
野生の単三電池」とか
どういう発想したらでてくるのかw

幼女の絵が妙に上手くなったような。
あと絶対、都条例にケンカ売ってるよねこの漫画。

久々の松井ワールドが体感できて満足でした。





◆MAG

朝っぱらから酔っぱらったおっさんがうろついてるのが不思議でしたが
おおむね楽しく読めました。

ただ、梅持くんの豹変っぷりを見て
密リターンズを思い出した。
「優しくしといたら都合がいい」って、
それならその事実をばらさないほうがよくね?
普通そこはやんわり断って、
自分の評判を落とさずに済ませるだろ。
なぜそこで本性ばらす??

あと背景の描き方がなんとも特殊ですねー。
縞々ライン多っ。





◆Gカップ
バスのやつは結果発表で見たときから面白そうだと思ってましたが
案の定面白かったです。
設定の勝利ですね。ツッコミも上手いし。

宇宙のほうは、自分にはちょっとレベルが高すぎたようです・・・






◆保健室の死神

これで本当に完結ですね。
藍本先生お疲れ様でした。

なんつーか、鈍にくっついてる子供が
妙にアシタバ君に似てる気がしてビビった。
色あんま黒くなかったし。

ハデス先生はみのり先生とくっついている。
―――そう思っていたが、違った。
結局進展あったのかなかったのか、
あとはご想像にお任せしますパターンですね。

たぶん敵を除いたオールキャラ総登場で
それぞれがそれぞれに幸せな道を歩んでるようで。
操のじーさんくらいですかね出てないのは。

まだまだ単行本の作業もあるでしょうが
じっくり休んだのち
また新作でお会いしたいですね。




◆ポンコツ

あまりにもストレートな下ネタすぎて拒否反応。





◆オカルトさんGO! GO!

ギャグもなかなか切れてる上に絵が上手いですねー。
寝不足くんZがデザイン的にもノリ的にもツボでした。
本編とほぼ関係ないけど。

南田カナさんは普通に可愛いと思いますぜ。






だいぶ時間かかってまいましたが何とか感想終了。
次号以降もやるならもうちょっと簡易にしよう・・・
Пока~

スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 18:00 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/296-65ec8f96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。