日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2011年44号の感想と予想その2 | main | 週刊少年ジャンプ2011年43号の感想と予想その2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2011年44号の感想その1
どうもみなさんこんにちわ。
出先から携帯で更新するpsychobindです。

故にいつも以上にテキトーな文になると思いますが、
ご容赦。
◆ONE PIECE

【扉絵】
ぱ、パパ上!!

何があったとよ。
幼い娘をストーカーし暴漢をキングキックで撃退するあの親父が
こんな姿になっているのは少々ショックです。

フィクションなのだから、
2年後に登場人物がどうなっているかなんて
すべて作者のさじ加減ひとつなわけです。
極端な話、全員が全員幸せになっていても
なんら不思議はない。
というか
これまでの扉絵はみんなそうだった。

それをコブラだけ病床に付させるってのは
物語的に必要だったから、と考えざるをえません。

ンマー、何が言いたいかというと、
これ「コブラの代役として世界会議にビビが参加する」
フラグじゃね??


【ノア】
偉大な人物・・・

浦島ボーイことジョイボーイさんでしょうか。
ここであえて別人物を重要ポジに据える意味もあまりないし。

やはりノアは古代文明の技術が使われていたようで。
偉大なる人物も恐らく「ある王国」の関係者でしょうね。

しかも
「待ち続けておる」
ってことは、
いまもなお偉大なる人物の意志を受け継ぐ者がいるわけで、
そのことをネプチューンは知っているってことでもある。

やはり偉大なる人物の意志を受け継ぐのは
Dの人らであって、
約束はラフテルに行くことで果たされるのでありましょうか。

ちなみに自分は以前の予想通り
「ひとつなぎの大秘宝によって世界に起きる変化から人々を救うための方舟」
だと思います。


【ホーディ】
今週のバトルはそこはかとなく
アーロンとの戦闘を思い出しますな。
噛み付かれた状態から強引に攻撃したり、
歯が生えたり、
相手の武器(キリサメ、キリバチ)をぶち折ったり。

あとしぶといのもアーロンにそっくりですな。
ホーディのは薬キメてるからだけど。


【覇気】
ルフィの今の武装色では
斬撃にはまだ耐えられんとのこと。

ていうか武装色で斬撃を止めた人ってまだいないよね。
これまでの覇気使いはだいたい武器持ちだったから、
斬撃はみんな武器で受け止めてたもんなあ。

ンマー、斬撃まで効かなくなったら
ルフィの防御が完全無欠になってしまうので
仕方ないんですが。


【正体】
ここにきて正体とな。
むしろ生い立ちに謎があるのは
デッケンさんの方だと思っていたがなあ。

同胞を皆殺しにしてまで人間への復讐を優先させる。
そこまで人間を恨むだけの事情とは一体?

親兄弟が奴隷だった、とかはさんざんやられてるから無いだろうし、
ホーディ自身も奴隷ではない。

実は人間の血が流れている、
ってのもありそうではあるけど
それで人間を恨む理由がわからない。

ぶっちゃけ、
現時点では予想できない(未登場のキャラ絡みとか)
なんじゃねーかなー。
情報がなさすぎるよ。


【兄助】
漫画でお会いできなくなって久しいですが、
アニメのほうで会えそうですね兄助。

声は若本ヴォイスがいいと思うんだ。





◆クロガネ

【内容】
なんか雰囲気的に言いづらいんですけどね、
今週、かなり面白くね??

【運動音痴】
事あるごとに黒鉄くんを擁護する私も
運動音痴という範疇の生き物。

「見えても体が追いつかない」
ってのは、反応が鈍いって意味じゃなく、
今週袴に足を取られたように
「動いてほしい通りに体が動いてくれない」
って意味でしょう多分。

根拠は1話で上記の「体が追いつかない」の台詞が出たとき、
コマに描かれていたのは
「卓球の最中にすっ転ぶ黒鉄くん」
だったから。

反応が鈍いって意味なら
「反応できない黒鉄の横をピンポン玉がすり抜けていく」
って描写になるはずなので。

こけるってことは玉を処理しようとしていたわけで、
少なくとも反応はできてるはずなんですよ。


【試合】
攻撃回数が限られてる剣道漫画とか斬新じゃないですか。

貧弱だけど回避特化、という黒鉄くんの性能が
うまく試合展開に取り入れられてて面白かったです。

「初心者」という設定もあるから、
筧先輩が時間切れを狙わず無謀に突っ込んできた理由づけもされてるし。

さゆりに教わった基本によって
視力から発展した「観察眼」で、
データテニスならぬデータ剣道をしでかすのもいいですね。
パワーアップに無理が無い。気がする。


【さゆり】
なんか小町じゃないほうのさゆりは
池沢先生もまだ描き慣れてない感じがする。

コマによって顔の大きさが定まっていないような。


【次鋒】
まあ、初心者を置くとしたらそこですよね。

しかし新入り初心者にいきなりレギュラーを奪われた
キノコ先輩ほかの心情やいかに。
スラムダンクのシオとかヤスみたいなもんですよね。





◆めだかボックス

【人吉】
乗らない、または乗ったフリをして内部から潰す。
と予想していたけど
大ハズレでしたな。

この人の漫画を既存の漫画文脈で判断することが
そもそもの間違いであった。


【主人公度】
だが安心院さんがよく例えにだす少年ジャンプ的視点で考えて見れば、
めだかのが圧倒的に主人公っぽくないのであるが。

まず女性であること。
前回、安心院さんが挙げた主人公のなかに
女性が一人もおらんのが何よりの証拠。

あと完璧過ぎる。
作中最強で能力もどチートなめだかは
どっちかってーとライバルやボス的ポジのが相応しい。

とゆーか
ここまでジャンプの主人公っぽくない主人公もいないですがよ。


【家族殺し】
昔はよくやってた、かあ?

悟空はたしかに育ての親や兄を殺したり、
シティーハンターでも
育ての親的存在がラスボスだった気はするが、
そんなもんしか思い付かないなあ。






◆実力派エリート迅

【葦原先生】
復活っ!!!

ハシラ「連載に向けて充電中」ですって!?
待つさ待つともいつまでも。

とりあえずカラーページの3分の1をオッサンで占めるとか
使い方がもったいなさすぎるw


【葦原節】
今更ですが
ASHIWARAじゃなくて
ASHIHARAだったんですねごめんなさい。

結構な緊急事態のはずなのに
「正直泣きそう」
「デキる科学者」、
子供がアクロバットしている絵を背景に
シリアスな設定説明するナレーションとかに
心が暖まった次第。


【迅】
このキャラは何となく、
リリエンタールで日の目を見なかった
音羽スーパーソニック山彦が下敷きになっている気がする。
何となく。
エロさとか武器とか。

武器が伸縮する剣ってのが
ありきたりでイマイチだなーと思ってたんですが、
陽太郎と武器を交換するって展開の為だったとは、
やはり葦原先生は話の組み立てが上手いなと思いました。

最初っから迅にエスクードを持たせておいても
展開的には問題ないんですが、
あえて陽太郎と交換する流れにすることで
1:同じ武器でも使い手でここまで違うということを示し、
武器ではなく迅自身の実力が凄いのだということを表現できる。

2:読者に、戦い方を武器の特徴から予想されないようにできる。

3:エスクードの能力を自然な形で説明できる。

などなど。
いろいろ嬉しいことがありますね。


【エスクード】
そのエスクードですが、
いいわーこれ。

「盾を出す」って能力を、
・飛び出る勢いで敵を押し潰す。
・大ジャンプのカタパルトとして使用する。

みたいな、
本来想定してない能力の使い方ってな展開大好きです。

あの盾が地面から分離できるなら
フリスビーみたいな使い方してもいいかもね。
と妄想は広がる。


【小物】
巻末コメントでも触れられていますが、
この読み切りの主人公はある意味であのバカ息子だったのかもしれません。

敵を倒してはいおわり、
にしなかったのがその根拠。

葦原先生が今までに描いたことのなかった
悪役(小物)をぶっ飛ばすことで、この話は完結している。
ムカつく相手をぶっ飛ばしてカタルシスを与える。
これが今回の読み切りの結末として用意されたものであり、
前作リリエンタールでは決してできなかったこと。

少年漫画らしいカタルシスを得ること。
これを葦原先生が試すための、
ある種実験的意味合いもあったのかもしれません。

ネイバーが人格のないただのモンスターなのもそのせいでしょうね。
敵に人格があるとバカ息子の印象が薄れるから。


【伏線】
砕け大地の咆哮、「もうっ迅さんのバカ」、
そして「息子を助けてくれ」(←これはさらにダブルミーニング)
などなど、
序盤で撒いた伏線を綺麗に終盤で回収していくそつのなさ。
一話完結の読み切りだとさらにその上手さが際立ちました。


【アシハラー】
おことわる、とか
「きけんな任務がキミを待っている」とか、
よく訓練されたアシハラーにしかわからないネタもあって
満足でした。

背景のどこかに賢い犬がいるかと思ったが、
そんなことはなかったぜ。






◆銀魂

【TSUKISHIMA】
今週はGINTAMAでもKINTAMAでもなくTSUKISHIMAでした。

空知先生ならきっと
ブックオブジエンド展開にしてくれると信じているw






◆BLEACH

今週は携帯からなので翻訳はお休みしまする。


【雪緒】
なる。
決着はつけるけど空間は解除されない
という展開としては上手い一手。

たしかに、能力バトル漫画に慣れっこの読者視点では、
「敵を倒せば能力も解除されるもの」
と考えがちだけど、
実際ホントにそうなるかどうかはわからんもんね。


【鬼灯丸】
え。
鬼灯丸さん折れちゃって中の人は大丈夫なんすか??

と思ったけど、
そういや初登場時に一護に折られましたな。
ざびまるもひどい壊れ方したことあるし、
壊れても基本的に問題ないのか。


【ツキ】
すっかり忘れてた。
一角ってそういえば「ツイてるキャラ」でしたね。

ジャックポットの破り方も、
「拳が当たった後はツイてる」
けど
「拳が当たるまでは特にツイてるわけじゃない」
という点を突いた
良い回答だったと思います。

一撃必殺の能力者が、
能力を連続使用した場合のリスクを知らない、
ってのも説得力ありますしね。






さて携帯の文字制限でこの辺が限界です。
また続きは明日にしましょう。
スポンサーサイト
| ジャンプ感想 | 17:29 | トラックバック:0コメント:16
コメント
ホーディの正体は何故か知らないけど元人間な気がするのはどうしてだろうか?元々人間だったが何らかの人体実験なりで魚人になった的な気がする。そもそも魚人というものが元々人間だったというフラグも立ってますし。後、ホーディの身元に関してはデービィバックファイトの創始者(だっけか)のデービィ・ジョーンズの子孫じゃないのかな?というかデービィという名前をとあるブログで再び見るまで完全に忘れてました。けどそれだと余計ホーディが人間を憎む理由は予想しにくいですね。
2011.10.08 Sat 22:14 | URL | 風魔
久々に。

携帯からの更新で文字制限ってスゴイの一言。頭下がりますわ(*_*)

ONE PIECE
ホーディ気になりますね~。
でも、次回は一味のバトルになるのかな~と予想。分かるのは少し先かな~。

次回、巻頭カラー。久々な気がします。
2011.10.09 Sun 09:08 | URL | マルコツ
携帯からご苦労様です!

ホーディーの正体はなんだか分かりませんが、今週口呼吸してませんでしたか?
クロオビ戦でエラに空気吹き込まれて敗北したのを考えると、魚人や人魚って口呼吸しないんじゃ・・・?
最近のジャンプしかないので確認できませんが、これがヒントになってると思います。

クロガネ普通に面白いですよね。
ジャンプ的スポーツ漫画を地でいってる感じで。
ただ、現行連載陣と戦えるかと思うとちょっと・・・
何かは分かりませんが、何か物足りない気になります。

葦原先生の作品に「悪党」が出るとは珍しかったです。
相変わらず話の組み立てが上手で、すっと最後まで読めます。
次回作がいつになるか分かりませんが、とても楽しみですね。
次回作ついでに、リリエンタールを文庫で出すといいと思いますw

では、次回の感想・考察も楽しみにしてます!
2011.10.09 Sun 09:44 | URL | kindani
>ワンピ
ビビが代わりに会議に行く、というのはありそうですね。
子供のときに付いて行ってるから、突然の行動ではありませんしね。
ここでいろんな人たちが集うのでしょうか?

>めだか
主人公度。
ジャンプなら善吉の方が上でしょうけど、この漫画ならめだかの方が上を行ってるんじゃないでしょうか。

>ぶり
すしくんの能力はカッコイイ気がしますが、いまいち分からない。
「簡単には殴れないけど、当たればでかい」ってことでしょうか?
殴り合いなれば威力が落ちる。ばくち打ちな能力ですね。
あと777のサックは、本当にありそう。ヒップホップな人がはめてそうで。
2011.10.09 Sun 17:38 | URL | 度々
◆ONE PIECE
>【ホーディ】
サメ歯がにょきにょき生え変わるのなんか、アーロンでしたねぇ。
それにしぶとい。リジェネやリレイズがかかってるんじゃ…。

>【正体】
…うーん、ホーディが相当な小物なんで正体とか言われましても
というツッコミをついついしてしまいます。

◆クロガネ
>【内容】
>なんか雰囲気的に言いづらいんですけどね、
>今週、かなり面白くね??
真っ当なスポーツものやってるクロガネであった。
先週と今週は十分面白いですね。
8話Cカラーいけるか?

>【さゆり】
ぶっちゃけ、大人さゆりはイマイチ…。

◆めだかボックス
>【主人公度】
>ここまでジャンプの主人公っぽくない主人公もいないですがよ。
最初の方は、思考回路が訳ワカメのめだかを、善吉やら阿久根が
解説するパターンでしたね。
ここまで共感できにくい主人公だったんで、
順位も低迷してたんでしょう。

西尾プロテクトだのなんだの揶揄されてましたが、
本当によく打ち切られずにきたものだ…。

◆実力派エリート迅
>【葦原先生】
>復活っ!!!
リリエンタールの路線というか、ほのぼの漫画でしたなぁ。
個人的に葦原先生はミステリーとかサスペンスが合っている
と思っているので、そういう作品を期待してました。
相変わらず、無表情少女がいましたな。てつこ2号。

◆BLEACH
>【雪緒】
恋次に続いて、日番谷もしっかり成長してるところを
見せてくれました。

>【鬼灯丸】
鬼灯丸「ツイてねーよ、折られてんじゃねーよハゲ!(泣)」

すしの戦闘力の高さに驚愕。一角の攻撃を見切ってないと、
鬼灯丸の穂先に当てるなんてことはできないはず。
…高校生と同等の実力の死神ェ…。
一角だけ、全然成長してない気がする。

始解状態の一角じゃ、すしの背後に回って手刀で気絶とか
できないみたいですしw
2011.10.09 Sun 19:01 | URL | plto
>>ワンピ
ホーディの正体ですが、人間の両親から生まれた魚人じゃないでしょうか?
魚人・人魚は古い記憶を遺伝子に宿すとのことで遠い先祖が魚人でホーディは先祖返りで魚人として生をうけ、しかし人間社会で実の両親からも差別をうけたと。
2011.10.09 Sun 19:20 | URL | 名無しさん@ニュース2ちゃん
Re: タイトルなし
風魔さん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> ホーディの正体は何故か知らないけど元人間な気がするのはどうしてだろうか?元々人間だったが何らかの人体実験なりで魚人になった的な気がする。そもそも魚人というものが元々人間だったというフラグも立ってますし。後、ホーディの身元に関してはデービィバックファイトの創始者(だっけか)のデービィ・ジョーンズの子孫じゃないのかな?というかデービィという名前をとあるブログで再び見るまで完全に忘れてました。けどそれだと余計ホーディが人間を憎む理由は予想しにくいですね。
ホーディの生い立ちが人間と関係あって~、というのは、
細かい理屈はともかく感覚的には理解できるんですがねー。
そこからどう人間への憎悪につながるんでしょうかね。

魚人はおっしゃるとおり、
たぶん元々の祖先をたどれば人間なんでしょうね。
自然に進化したのか誰かに改造されたのか。

デービー・ジョーンズとホーディの関係を指摘していたのはヤマカムさんですね。
確かになまえの繋がりは怪しいんですが、
気になるのは、
「ジョーンズ」って姓じゃなくて名なんですよね。
姓であるデービーの方が両者で共通していたら
子孫って線がかなり濃くなるんですが。


2011.10.09 Sun 23:52 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
マルコツさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 久々に。
>
> 携帯からの更新で文字制限ってスゴイの一言。頭下がりますわ(*_*)

ありがとうございますm(_ _)m
打ち辛い形態でカチカチがんばりましたw


> ONE PIECE
> ホーディ気になりますね~。
> でも、次回は一味のバトルになるのかな~と予想。分かるのは少し先かな~。
>
> 次回、巻頭カラー。久々な気がします。

たしかに、次回冒頭で明らかになるのを期待していましたが、
場面転換して仲間のバトルから開始しそうですな。

こないだの休載はカラーのためだったんですね。
そういえばけっこう間が開いたかも。


2011.10.09 Sun 23:55 | URL | psychobind
ものすごい細かい発見なんですけど
ホーディさんてすね毛生えてるんですよ。
で、他の魚人は基本的に脚つるつるなんです。
まあネプチューンさまやワダツミは胸毛もじゃもじゃですし
ただのデザインかもしれないんですがなんとなく気になりました。
人間と魚人のハーフ説の根拠になるのかも?とか……

でも過去編の15歳ホーディさんを見るに特に生い立ちに問題があるとは思いづらいんですよねえ。
何も知らねェ世代がミーハーではしゃいでる感があるというか。
なんにしても次号が気になります。
2011.10.09 Sun 23:58 | URL | 一休
Re: タイトルなし
kindaniさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 携帯からご苦労様です!
あざまーすm(_ _)m


> ホーディーの正体はなんだか分かりませんが、今週口呼吸してませんでしたか?
> クロオビ戦でエラに空気吹き込まれて敗北したのを考えると、魚人や人魚って口呼吸しないんじゃ・・・?
> 最近のジャンプしかないので確認できませんが、これがヒントになってると思います。

アーロンパークでのサンジキュンによると、
魚人は「地上では肺、水中ではエラ呼吸に切り替わる」
らしいです。
魚人といえどもエラを使うのは水中にいる間オンリーで、
あとは口(肺)呼吸してるみたいっすね。


> クロガネ普通に面白いですよね。
> ジャンプ的スポーツ漫画を地でいってる感じで。
> ただ、現行連載陣と戦えるかと思うとちょっと・・・
> 何かは分かりませんが、何か物足りない気になります。

ですよねー( ´ ▽ ` )ノ
同じスポーツ枠の黒子とも、
球技と格闘技だから棲み分けはできそうです。

あと足りなさそうなのは、コメディ要素ですかねぇ。
ジャンプで売れたスポーツ漫画はみな
ギャグやコメディが達者だったので
そっち方面を強化しないといけないかもですね。


> 葦原先生の作品に「悪党」が出るとは珍しかったです。
> 相変わらず話の組み立てが上手で、すっと最後まで読めます。
> 次回作がいつになるか分かりませんが、とても楽しみですね。
> 次回作ついでに、リリエンタールを文庫で出すといいと思いますw
>
> では、次回の感想・考察も楽しみにしてます!

リリエンタールでは最後まで憎むべき小悪党が出ませんでしたから、
「悪党をぶっとばす」て展開ができませんでしたからねー。
アクションと悪党という苦手要素を克服するための読切だったのかもですね。

次回作はこれで連載でもいいですし、
また別の作品での読切とかも見てみたいですね。
文庫が出たら2セットづつ買いましょうw

2011.10.10 Mon 00:15 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
度々さん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> >ワンピ
> ビビが代わりに会議に行く、というのはありそうですね。
> 子供のときに付いて行ってるから、突然の行動ではありませんしね。
> ここでいろんな人たちが集うのでしょうか?

あとはサクラ王国のドルトンとか、
ウォーターセブンのアイスバーグ市長とかも
ひょっとしたら来るかもですね。


> >めだか
> 主人公度。
> ジャンプなら善吉の方が上でしょうけど、この漫画ならめだかの方が上を行ってるんじゃないでしょうか。

そもそもタイトルが「めだかボックス」ですしねw


> >ぶり
> すしくんの能力はカッコイイ気がしますが、いまいち分からない。
> 「簡単には殴れないけど、当たればでかい」ってことでしょうか?
> 殴り合いなれば威力が落ちる。ばくち打ちな能力ですね。
> あと777のサックは、本当にありそう。ヒップホップな人がはめてそうで。

個人的理解ですが、
すし君の能力はあくまでも
「殴った後の結果が最幸運になる」
というもので、
「どこを殴るか/殴れるかは、すし本人の判断/実力による」
ってとこなんだと思います。

つまり、
「適当に殴ったら運よく急所に当たった」
ってのは起こりえないってことですね。

777サックは普通に商品として通用しそうですねw
2011.10.10 Mon 00:28 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> ◆ONE PIECE
> >【ホーディ】
> サメ歯がにょきにょき生え変わるのなんか、アーロンでしたねぇ。
> それにしぶとい。リジェネやリレイズがかかってるんじゃ…。

ESで手動でしたがレイズかけてましたねw
どんだけしぶとくても勝ち目何て一切見えないのが悲しい所ですが。


> >【正体】
> …うーん、ホーディが相当な小物なんで正体とか言われましても
> というツッコミをついついしてしまいます。

もはや本人の格がどうというより、
作品の世界観を広げてくれる設定を期待してしまいますね。


> ◆クロガネ
> >【内容】
> >なんか雰囲気的に言いづらいんですけどね、
> >今週、かなり面白くね??
> 真っ当なスポーツものやってるクロガネであった。
> 先週と今週は十分面白いですね。
> 8話Cカラーいけるか?

このくらいのクオリティをこの先も続けていけるなら
カラーゲットも夢ではないかもですね。


> >【さゆり】
> ぶっちゃけ、大人さゆりはイマイチ…。

もう小町から出てこな(ry


> ◆めだかボックス
> >【主人公度】
> >ここまでジャンプの主人公っぽくない主人公もいないですがよ。
> 最初の方は、思考回路が訳ワカメのめだかを、善吉やら阿久根が
> 解説するパターンでしたね。
> ここまで共感できにくい主人公だったんで、
> 順位も低迷してたんでしょう。

初期はかなり順位低迷してましたね~。
まったく読者の共感を呼べないキャラが、
仰られる通り痛かったんでしょうね。


> 西尾プロテクトだのなんだの揶揄されてましたが、
> 本当によく打ち切られずにきたものだ…。

言われてましたね。。。
さらに当時はエロ枠の争いもありましたし。
風紀委員編くらいからの方向転換が
功を奏したってことなんですかねー。


> ◆実力派エリート迅
> >【葦原先生】
> >復活っ!!!
> リリエンタールの路線というか、ほのぼの漫画でしたなぁ。
> 個人的に葦原先生はミステリーとかサスペンスが合っている
> と思っているので、そういう作品を期待してました。
> 相変わらず、無表情少女がいましたな。てつこ2号。

葦原先生はもう、何を描いてもほのぼの路線になってしまうのでしょうねw
そんなオーラがにじみ出ています。
自分も葦原先生はROOM303的漫画が向いている気がします。
いっそ亜城木のように推理物に手を出してみてもいいかも。
紳士探偵とかいって。

リリエンタールの組織ではほとんど出てこなかった
オペレーター娘さんがいっぱい出てきて嬉しい限り。
てっこさんが捻じ曲がらずに成長したらあんな感じになりそうですね。


> ◆BLEACH
> >【雪緒】
> 恋次に続いて、日番谷もしっかり成長してるところを
> 見せてくれました。

そろそろ大紅蓮氷輪丸も完全に使いこなしてそうですね。


> >【鬼灯丸】
> 鬼灯丸「ツイてねーよ、折られてんじゃねーよハゲ!(泣)」

一角さん夢の中で相棒と大喧嘩ですな。

> すしの戦闘力の高さに驚愕。一角の攻撃を見切ってないと、
> 鬼灯丸の穂先に当てるなんてことはできないはず。
> …高校生と同等の実力の死神ェ…。
> 一角だけ、全然成長してない気がする。
>
> 始解状態の一角じゃ、すしの背後に回って手刀で気絶とか
> できないみたいですしw

逆に背後とられてましたしねw

いちお、フルブリンガーは死神と同じで
霊圧の大きさ=基礎能力っぽいので、
すし君の霊圧がどんなもんなのかですねー。
まさか月島さんクラスとは思えませんが。


2011.10.10 Mon 01:09 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
名無しさん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> >>ワンピ
> ホーディの正体ですが、人間の両親から生まれた魚人じゃないでしょうか?
> 魚人・人魚は古い記憶を遺伝子に宿すとのことで遠い先祖が魚人でホーディは先祖返りで魚人として生をうけ、しかし人間社会で実の両親からも差別をうけたと。

ああ、なるほど。
確かに実の両親のどっちかが人間でも、
遺伝子の関係で完全な魚人として生まれてくる可能性ありますね。
もともと人間の社会で生まれて、そこで差別を受けたのなら
人間を恨むのもやむなしですね。


2011.10.10 Mon 01:35 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
一休さん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> ものすごい細かい発見なんですけど
> ホーディさんてすね毛生えてるんですよ。
> で、他の魚人は基本的に脚つるつるなんです。
> まあネプチューンさまやワダツミは胸毛もじゃもじゃですし
> ただのデザインかもしれないんですがなんとなく気になりました。
> 人間と魚人のハーフ説の根拠になるのかも?とか……

すね毛ですか~。
そこは気づきませんでした。
魚人は下半身が人間に近いので、
人間の遺伝子が濃いとすね毛生えてくるのかもしれませんね。


> でも過去編の15歳ホーディさんを見るに特に生い立ちに問題があるとは思いづらいんですよねえ。
> 何も知らねェ世代がミーハーではしゃいでる感があるというか。
> なんにしても次号が気になります。

そこが問題ですよね。
正体と言われてもなんか唐突と感じてしまう。
それでも正体は予想がつかないので答えには期待しておきたいですね。
2011.10.10 Mon 01:42 | URL | psychobind
ホーディ
実はホーディは魚人と人間のハーフで、母親がロジャーに縁のある女性だったので世界政府運営の犠牲になってしまったがために人間を憎んだ・・・と今考えました。

それにしても海軍が株を下げるたんびに責任転嫁されているホーディがかわいそう。
彼は外道ではありましたけど、自分の命をけづってまでタイガーの敵討ちを含めた人間への復讐を成し遂げようとしている様は、一本筋の通ったものを感じました。
裏を返せばそれだけタイガーを敬愛していたことの証明になる訳で。
今の黄猿は信念も何もない上に、絶対的正義の信条も忘れて天竜人と仲良くしているだけの小悪党に成り下がっていますのでもはやホーディ以下かと。
自分の中で海軍については今回だいぶ株が落ちましたが、ホーディについてはまだ同情の余地が残されていると思います。
2011.10.11 Tue 02:31 | URL | 隆明
Re: ホーディ
隆明さん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> 実はホーディは魚人と人間のハーフで、母親がロジャーに縁のある女性だったので世界政府運営の犠牲になってしまったがために人間を憎んだ・・・と今考えました。
やっぱ人間との混血って予想が多いですねー。
政府関係でいろいろ差別的扱いされたことが引き金になったんでしょうか。


> それにしても海軍が株を下げるたんびに責任転嫁されているホーディがかわいそう。
> 彼は外道ではありましたけど、自分の命をけづってまでタイガーの敵討ちを含めた人間への復讐を成し遂げようとしている様は、一本筋の通ったものを感じました。
> 裏を返せばそれだけタイガーを敬愛していたことの証明になる訳で。
> 今の黄猿は信念も何もない上に、絶対的正義の信条も忘れて天竜人と仲良くしているだけの小悪党に成り下がっていますのでもはやホーディ以下かと。
> 自分の中で海軍については今回だいぶ株が落ちましたが、ホーディについてはまだ同情の余地が残されていると思います。

いやー、でもホーディさんも、
アーロンさんを尊敬していると思わせておいて、
実は名前を利用していただけでした、ってことがあったので、
どんだけタイガーを敬愛してるかってのもまだわからんですねー。

彼の正体がタイガーに繋がっているのなら問題ないんですが。

黄猿は現在どーなってますかねえ。
まあまだ2年後の彼は描かれてないので、
評価は登場を待ってからですかねえ。
2011.10.13 Thu 22:40 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/312-fb895346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。