日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2011年46号の感想と予想その2 | main | 週刊少年ジャンプ2011年45号の感想と予想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2011年46号の感想と予想その1
どうもみなさんこんばんわ。
何が師匠を栗に駆り立てるのか教えてほしいpsychobindです。


というか巻末コメは基本自由なコーナーですし、
だれも怒らないと思うよ(´ー` )



◆先週のジャンプ感想ブログ人気度チェック

今回は10/17~10/23までの検索結果です。
どーぞ。

簡易説明
・googleブログ検索のヒット数でランキング
・一週間以内に更新したページ限定
・検索ワード:"○○号" 感想 (作品タイトル)
・タイトルがアルファベットのものはカタカナ読みもOR検索。
・順位上がったのは水色、下がったのは赤色

順位 作品名 ヒット数 検索ワード
1位 HxH 86 ("ハンター" OR "hunter")
2位 ブリーチ 79 ("ブリーチ" OR "bleach")
3位 ワンピ 70 ("ワンピース" OR "one piece")
4位 めだか 69 "めだかボックス"
5位 バクマン。 66 "バクマン。"
6位 ナルト 64 ("ナルト" OR "naruto")
7位 トリコ 59 "トリコ"
8位 銀魂 53 "銀魂"
9位 リボーン 50 ("リボーン" OR "reborn")
10位 マジコ 46 ("マジコ" OR "magico")
11位 エニグマ 44 ("エニグマ" OR "enigma")
12位 スケット 43 ("スケットダンス" OR "sket dance")
13位 針栖川 43 "針栖川"
14位 クロガネ 42 "クロガネ"
15位 べるぜ 39 "べるぜバブ"
16位 ST&RS 38 ("スターズ" OR "st&rs")
17位 ぬら孫 35 "ぬらりひょんの孫"
18位 黒子 34 "黒子のバスケ"
19位 こち亀 32 ("こち亀" OR "こちら葛飾区亀有公園前派出所")
20位 いぬまる 28 "いぬまる"


めだかとバクマン。はやはりこの調査では強い強い。
HxHと3枚看板に割って入れるのはこれらと銀魂くらいのもん。

その銀魂は多少順位を落としつつも上位はキープ。
そして最後の輝きとなってしまうのかエニグマ急上昇。
ネタばらし回が受けたんでしょうか。

一方でアニメ化の話題も尽きたのか
信じられないくらい落ち込む黒子。
ST&RSもじりじり落ちてきて、本誌の順位と近づいてきてしまいました。






◆BLEACH

【今週のサブタイトルをgoogle翻訳先生に訳してもらおうのコーナー】
Rag Lag Rumble
       ↓
ラグラグランブル

  _, ._
(;゚ Д゚)

そのままかよ・・・

あまりにも・・・だったので久々にExcite先生に出張ってもらいました。
Rag Lag Rumble

小片遅れ轟音

わからん、さっぱりわからん。


【月島さん】
正直、いくら師匠の描き分けテクニックとはいえ、
眼のどアップにされると
白哉兄様なのか月島さんなのかわかりにくいです。

さて、本当に兄様は栞を挟まれたのか
怪しいもんだと思ってるんですが。

根拠1:
今まで、月島さんに刀で「挟まれた」人は
その際に刀によるダメージを受けていない。
織姫もチャドも銀城さんもそう。
ばっさりいかれてもその切り口自体がなかったことになってる。

逆に、月島さんの刀で斬られて
ダメージを受けつつ「挟まれた」人物は今のところいない。

これらの前例から考えると、
ブックオブジエンドは
・栞モード ・通常の刀モード
の2つを意図的に使い分けてるものと思われ、
月島さんに斬られてダメージ受けてる兄様は
「挟まれてる」とは思えない。


根拠2:
白哉兄様の技の特徴やその名前とかは
千本桜に挟んだだけでも知ることができそう。

千本桜に挟んだだけで、
「技を飽きるほど見た仲」になってるわけですし、
それだけで今週月島さんが喋った情報は
すべて知ることができそうな。


故に兄様はまだ挟まれていない。
月島さんは兄様を斬ったのをいいことに、
「栞を挟んだフリ」をしているのではないかと。

仮にそうだとして、
なぜそんなことをするのか?
なぜ今週の冒頭で「挟んで」しまわなかったのか?

これらの疑問をいっぺんに解決する仮説として考え付いたのは、
実は兄様に挟むことは最初からできなくて、
月島さんはそれを感づかせないために芝居しているってーもの。

ブックオブジエンドも万能ではなく、
実は挟むにあたって何かしらの条件が必要である、とか。
例えば、現在わかっているだけでも、
「ブックオブジエンドは同じ相手に"2枚"の栞を挟むことはできない」
って限定条件がありますよね。
2回斬ったら元に戻ってしまうから。

だから、例えば斬魄刀とその使い手のように、
あまりにも近しい・一心同体に近い存在には
2枚の栞を挟むことができない、とかね。

とまあ、そんな感じで、
(何らかの限定条件で)ブックオブジエンドは最初っから兄様には効果がなくて、
それを隠しながら月島さんが戦ってるのではないかと。


【∪´・ω・`∪】
あら、かーわいっ。

コンの玉ひっこぬいてこれに憑依させません? ダメ?

ちゅーかね、別にBLEACHだけに限ったことじゃないんですが、
なんでバトル漫画の人達って
「致命傷になる攻撃」
はフツーに避けられるのに、
「それほどでもない攻撃」
はまともに喰らっちゃうのさ??
後者のが特別速いとかいうわけでもないのに。

剣はかわせるけど蹴りには当たります、とか、
普通の刀は防ぐけど逆刃刀にはボコスカ殴られます、とか、
ぬいぐるみ射出はかわせるけどアディクションショットには当たります、とか。


【鬼道】
豚肉さんの一件で、
ぬいぐるみに閉じ込められても言葉は喋れるのはわかってるから、
たぶん鬼道は使えますよね。

生身はそんな強そうじゃないリルカなら
鬼道だけでも
いてこませるんじゃーないでしょうか。







◆ONE PIECE

【扉絵】
あ、あれ?
スパイダーズカフェ・・・

うっかり温泉は空島連中の後に出てくるとしても、
ここで出さなかったらあのカフェの連中ってどこで出したらいいのよさ。

猿山のみなさんもお元気そうで。
ルフィのコスプレしてヘラクレスを後生大事に育てている
ショウジョウさん(人類)に和んだ。

次回はまさかのベラミーとか。
あるいは普通にコニス達か。


【ロビン】
やっぱグラサンない方がいいと思いますのんが。

体咲きは今までにも片鱗は見せてきましたが、
やはり分身の術。
しかも本体が分身の方に移動することもできるみたいですね。
モリアさんの影法師みたく。

見開きで千人に分身してナルトアタックやってくないかしら。


【ブルック】
ブルックの新技お披露目会のはずなのに、
ところどころゼオさんが美味しい役をかっさらっていくので
なんとなく印象が薄いというw

怪談=涼を取る、みたいな比喩は良く使われますし、
ホラー系能力者が冷気使いというのは盲点でしたね。
今までいそうでいなかった。
これでやっとゾロと差別化できる。


【ウソップ】
かっくいー。

「衰えたな。今やウソを本当にできちまう」
だなんて。
衰えた、を「嘘つきとしての力量」にかけることで
逆説的に自らの実力を表現するという、
この漫画で久々に綺麗な言葉遊びを見ましたわ。

新技そのものは次回に持越しみたいですが。


【ファントム】
1週またいだことでいろいろと予想されていたホーディの正体ですが、
その答えは剛速球の後のチェンジアップのごときものでした。

凝った背景・過去があるわけじゃなく、
とにかく空虚な、何もない敵。
歴史がそうだったから、周囲がそういうから、
そんな理由で自ら考えることなく恨みを重ね、
たまたま得たESという「力」にのぼせ上がって自惚れて。

魚人と人間が仲良くできていない現状、
すなわち環境に流されて、反人間教育をされて、
その環境の悪い所が寄り集まってできたようなのがホーディ。

ホーディが必要以上に小物に描かれていたのは、
今回の兄ほしの言葉をこそ言いたかったからかもしれません。
環境に流されて実体のない悪意を振るう者、
それこそがこの世で最も恥ずべき存在であると。

現実世界でもいろいろと省みなければならないことがありますね。


【兄助】
以前も書きましたが、
なんやかんやでしらほしの誘拐に成功するが
デッケンさんのマトマトに追いつかれて一騎打ち、
みたいなデッケンさん祭を期待しなくもない。






◆クロガネ

【授業】
おお。
何気に初めてじゃないっすか授業の描写。

さすがに教室にさゆり小町はおらなんだ。
放課後までさゆりは何してんのだろう。


【捨ての大将】
ンマー、例えば人数足りないとこは普通、
大将のところを空けてきますしね。
妥当っちゃ妥当。

しかしですな、
個人戦優勝者が率いる白零はともかく、
全員が全国区という、立海大付属みたいな落陽に対しては
この作戦って機能しないんじゃなかろうかと。

先鋒と次鋒の先輩がまともにやっても勝てないことは
火を見るよりも明らかなのだから、
吊り竹パーフェクトの黒鉄くんを
敵の次鋒にぶつける方がまだ可能性あるのでは。


【白零】
偵察に行くってことは、
ヒーロー君がいるのは白零なんじゃないかと思った。

ヒーロー君は黒鉄くんと同学年っぽいから、
白零のスーパールーキーとかそんな扱いが妥当ですか。


【センターカラー】
センターかあ。

開始当初のぶっ叩かれっぷりから考えると
感慨深いものがありますね。

とはいえLOCK ONみたいな例もあるので
カラー取ったからって安泰とは限りません。
そういえばST&RSもカラー連発だった気がするし。





◆競技ダンス部へようこそ

【横田先生】
ネット界隈では、ここ最近の新人さんの中では一番有名でしょうねえ。
理由は省略。
ちなみに横田先生のトレジャー佳作「戦下に咲く」は
例によってジャンプの漫画賞ページから読めますですぜ。

ところで自画像がパンダなら奥さんの横にいる人は誰なん?


【内容】
これはー、昨今のジャンプにはなかった作風ですね。
というか題材自体がなかなか漫画では見ないですね。
近いのはサンデーのブリザードアクセルとかか。

爽やか青春部活ラブコメディでキャラもよく立ってて
読後感もいいし絵もうまいしエロいしで
ぶっちゃけ褒めるところしか見当たらないんですが、
しかしこれを連載化するのは厳しいかもしれません。

連載化するとどうしても競技ダンスを扱った
スポーツ漫画になると思いますが、
こーいう「芸術点」を競うスポーツって
スポーツ漫画につきもののインフレとすごく相性悪いと思うので。

例えば全国優勝クラスのダンスと
地方大会優勝レベルのダンスを絵のみで表現し分けられますか? と。

結局、登場人物に
「やっぱりあいつらのダンスには敵わないぜ・・・!」
みたいな台詞を言わせないと凄さが表現できないんじゃ。
バクマン。に対してよく言われてる
「作中作の凄さが、それを読んだ登場人物のセリフでしかわからない」
のと同じじゃないかな。


とはいえ、これだけのものが描けるのなら
これを連載化せずとも
別の題材でも十分いけるとは思いますがね。






◆金未来杯結果発表

【HUNGRY JOKER】
でーすーよーねー。

うむ。今回はね、個人的にはこれしかないと思ってました。
これじゃないなら叢鋼かなってくらい。

勝因は、タイマーの設定が視覚的に面白かったのと、
6作品のなかではこれが一番「どっかで見たような主人公じゃない」かったからかなーと。


以前も書きましたが、これで7回やった金未来杯のうち、
3回も岩代組が優勝したことになります(べるぜ、メタリカ、JOKER)。

さあ、ジャンプ連載を目指す新人漫画家たちは
今すぐに岩代先生のアシに応募する作業に入るんだ。






最近はなんだか感想その1とその2のバランスがよくわからんように。
こんな分量でよかったかしらねえ。

ではまたその2でお会いしましょうПока~

スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 23:16 | トラックバック:0コメント:10
コメント
無題
こんばんは。Mr.パープルです。

>競技ダンス部へようこそ
横田卓馬先生は個人的に期待している方なのでこの読切は楽しみにしていました。
ちなみに僕が先生に期待しているのはジャンプNEXT!に掲載された「転生変身DX ドラゴンシャフト」が個人的に好きだったからです。あの作品は「ある運命に翻弄される主人公がヒロインの為に命をかけて戦う」といったところに素直に感動できたからです。あと、雰囲気が好きだったというのもあります。

それで、今回の読切ですが、第一印象では「絵柄変わったなあ」という感じを受けました。
それで、読んでみた感想ですが、「普通」という感じを受けました。
確かにストーリー、キャラクター、絵、雰囲気、どれをとっても非常に良く出来ていると言えるのですが、何故か個人的にはあまり心に残りませんでした。理由は自分でも分かりません。
個人的には横田先生の別の作品を読んでみたいと思っています。

あと、本作は特に連載を意識せずに描いた作品だと思われます。何故なら、この読み切りで完全にストーリーが完結しているからです。
いずれにせよ、横田先生にはこれからも頑張って欲しいと思っています。

それでは
2011.10.24 Mon 23:56 | URL | Mr.パープル
本当にホーディの過去に何も無かったのかどうかちょっと疑問です。まぁ、フカボシ王子の言ったとおりでもハチやタイガー、オトヒメの言った悪い予感通りで物語的にも問題ないのですがね。アーロン辺りは真面目に人間への怨みなどをホーディ達若い世代に確実に伝えているだろうし。

ただ前にこのブログで言った通りの正体だとしてもホーディはああ言った気がしますね。それにフカボシ王子が国民に放送が届く状況(知ってるかどうか知りませんが)で「人間が原因」の新魚人海賊団結成理由を言うとも思えませんし。何というか新魚人海賊団全員が大海賊時代突入してによる混乱で全員が家族全員何とも無いというのもありえない気がします。でも新魚人海賊団の大半はフカボシ王子の言った通りの連中でしょうが。それをホーディ、あるいはエネルギーステロイドの供給者がそのような怨念を自分の目的の為に煽っているというところですかね。

それにしてもダンスのやつ面白かった。アンケート調査に面白かった順のやつに書き忘れたのが嘆かわしい。後抽選のプレゼント当たってほしいな。
2011.10.25 Tue 00:18 | URL | 風魔
◆BLEACH
>【月島さん】
>さて、本当に兄様は栞を挟まれたのか
>怪しいもんだと思ってるんですが。

怪しいですねぇ。白哉は挟まれてないと思います。
私が思うのは、白哉に「死すべき無知」と戦い方を否定された
月島さんがサドっ気を発動して、白哉の記憶を改ざんしたフリして
嬲ってるんじゃないかなぁと。
「君の嫌いな絆を奪っちゃった。悔しいかい? くくく」みたいな。

あと、白哉の場合、身内が相手だろうと刀を向けるの躊躇わない
人ですからね。月島さんは、どんな条件で挟むべきか悩んでる可能性も。
一度挟んだら、もう一度斬らないと元に戻せませんからね。

>【∪´・ω・`∪】

「兄が一太刀振り終える前に~」と言って、斬られた兄さんも兄さんですが、
貧乳の義妹はもっと酷い醜態さらしましたw
実力が伴ってないのに恋次のマネして自爆とか…。

◆ONE PIECE
>【ウソップ】

新章入ってからのウソップは、凄いカッコいいんですよね。
PSYRENのカブト的なオーラを感じる。

>【ブルック】

実力的にゾロ、サンジより二枚くらい落ちる魔法剣士ですが
「冷気」を使えるということで、ロギア系相手にも戦える
ようになったのかも。

◆クロガネ
>【センターカラー】
>センターかあ。

確かに、レギュラーかけた試合の辺りから、おっ!
と思うようにはなりました。普通に面白いんですよね。
一休よりは人気が取れてるんでしょう。

◆競技ダンス部へようこそ

「戦下に咲く」から、ずいぶんと変えてきましたね。
陰鬱で悲劇的なカラーは、ジャンプに合わないので
これは良かったと思います。
…しかし、独特のコマ割りは変わってませんねぇ。
このパノラマ的な横長で、ちょっと引いた視点の描き方は
ちょっと苦手です。何か没入感に欠けるというか。

>【内容】

青春物としてまったりやるのは、ジャンプでは難しいので
連載になると、他校とのバトル! になるんでしょうね。
そうなると、高校生活&まったり青春のバーチャル体験的な
楽しさが消えてしまう気もして、うーん…難しいところです。
しかし、青春が甘酸っぺええぇぇぇ!!
ちっ、帰宅部だった私には眩しすぎて直視できないぜ。

◆金未来杯結果発表
>【HUNGRY JOKER】

「WOLF×RED」とどっちかな…と思ってたんですが、
センスとテンポの良さで、「HUNGRY JOKER」が勝ったみたいですね。
いやー、これが連載で読める待ち遠しいです。
絵に勢いがあるので、ブリーチ的な「視覚の快感」が
味わえるんですよこの漫画。

>ではまたその2でお会いしましょうПока~

火星で発生してる竜巻を見て
「あっ、クァトネヴァスが捕食してる! らめええぇぇぇ」
と思った、岩代脳の私です。
2011.10.25 Tue 12:37 | URL | plto
ホーディさんの正体は賛否両論のようですね。
小学生なんかは理解できているのでしょうか。
と思いましたがそういう年齢層の読者のために
バトルシーンを前半に持ってきたのか。


表紙連載に敵役が出るのは
今後本編に関わってくるキャラクターだけとかですかねえ。
そうなるとフェアリーヴァースにいらっしゃるあの方の扱いが気になるところ。
成長したゴールデンウィークはちょっと見てみたかったです。
2011.10.25 Tue 21:00 | URL | 一休
>「それほどでもない攻撃」
余裕ぶってたりすると意外にくらうもんです
戸愚呂(弟)風にいうなら「危機感が足りない」

>ホーディ
そりゃこんなのが自分たちが原因で出てきたら嫌でしょうな

>競技ダンス部へようこそ
パラパラめくった時はコマ割りが忙しないって印象でした
話は非常に面白かったんですけどね

パラパラめくった時の印象は個人的に大事だと思ってます
というのも少しでも「おっ」と思わせるようなシーンがあれば読んでくれる可能性が高くなると思うからなんですが
リリエンタールとサイレンはそういうのが少なすぎた…
2011.10.26 Wed 20:28 | URL | pal
Re: 無題
Mrパープルさん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> こんばんは。Mr.パープルです。
>
> >競技ダンス部へようこそ
> 横田卓馬先生は個人的に期待している方なのでこの読切は楽しみにしていました。
> ちなみに僕が先生に期待しているのはジャンプNEXT!に掲載された「転生変身DX ドラゴンシャフト」が個人的に好きだったからです。あの作品は「ある運命に翻弄される主人公がヒロインの為に命をかけて戦う」といったところに素直に感動できたからです。あと、雰囲気が好きだったというのもあります。

自分はこのNEXT読切は読んでいないんですが、
設定だけ見るとモロにジャンプ王道を狙った少年漫画っぽいですね。
面白そう。


> それで、今回の読切ですが、第一印象では「絵柄変わったなあ」という感じを受けました。
> それで、読んでみた感想ですが、「普通」という感じを受けました。
> 確かにストーリー、キャラクター、絵、雰囲気、どれをとっても非常に良く出来ていると言えるのですが、何故か個人的にはあまり心に残りませんでした。理由は自分でも分かりません。
> 個人的には横田先生の別の作品を読んでみたいと思っています。

今回は作品の内容にあわせて絵柄を丸くしてきたのかもしれませんね。
全体的にレベル高くまとまっていたとは思うんですが、
欠けていたものがあるとすれば「爽快感」かもしれませんね。
悪役がまったくいないので、
主人公が悪役相手に大活躍して気分爽快!
ってな感じにはなりませんし。


> あと、本作は特に連載を意識せずに描いた作品だと思われます。何故なら、この読み切りで完全にストーリーが完結しているからです。
> いずれにせよ、横田先生にはこれからも頑張って欲しいと思っています。
>
> それでは

横田先生もダンスは素人みたいですしね。
連載ねらうなら別の題材でしかけてくるでしょうか。
NEXTのような少年漫画っぽい作品も読んでみたいですね~。


2011.10.26 Wed 22:48 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
風魔さん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> 本当にホーディの過去に何も無かったのかどうかちょっと疑問です。まぁ、フカボシ王子の言ったとおりでもハチやタイガー、オトヒメの言った悪い予感通りで物語的にも問題ないのですがね。アーロン辺りは真面目に人間への怨みなどをホーディ達若い世代に確実に伝えているだろうし。
ここからさらに「実は・・・」と本当の理由が明かされる展開もアリだと思います。
が、たぶんいるであろうESの流通元、つまり黒幕の事を考えると
ホーディさんは本当に空っぽのただの道化のほうが
都合はいいのかもしれません。


> ただ前にこのブログで言った通りの正体だとしてもホーディはああ言った気がしますね。それにフカボシ王子が国民に放送が届く状況(知ってるかどうか知りませんが)で「人間が原因」の新魚人海賊団結成理由を言うとも思えませんし。何というか新魚人海賊団全員が大海賊時代突入してによる混乱で全員が家族全員何とも無いというのもありえない気がします。でも新魚人海賊団の大半はフカボシ王子の言った通りの連中でしょうが。それをホーディ、あるいはエネルギーステロイドの供給者がそのような怨念を自分の目的の為に煽っているというところですかね。
やっぱESの黒幕さんがうまいこと新魚人海賊団の連中をけしかけた気がしてならないですね~
新魚人海賊団のみなさんは基本的に魚人街のみなしごらしいので
家族とかは最初っからいなかったっぽいですね。


> それにしてもダンスのやつ面白かった。アンケート調査に面白かった順のやつに書き忘れたのが嘆かわしい。後抽選のプレゼント当たってほしいな。
余談ですが、
プレゼントがあたると、そのハガキはアンケートには反映されないらしいですよ。

2011.10.26 Wed 23:01 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> ◆BLEACH
> >【月島さん】
> >さて、本当に兄様は栞を挟まれたのか
> >怪しいもんだと思ってるんですが。
>
> 怪しいですねぇ。白哉は挟まれてないと思います。
> 私が思うのは、白哉に「死すべき無知」と戦い方を否定された
> 月島さんがサドっ気を発動して、白哉の記憶を改ざんしたフリして
> 嬲ってるんじゃないかなぁと。
> 「君の嫌いな絆を奪っちゃった。悔しいかい? くくく」みたいな。

ですよねー。
挟まれてないですよねー。きっと。

とくに意味もなく織姫とチャドに記憶をねじ込んで壊そうとする
どS月島のやることですから、
意外と白哉の言動が気に障ったとか
そんなことが原因で弄んでるのかもしれませんね。


> あと、白哉の場合、身内が相手だろうと刀を向けるの躊躇わない
> 人ですからね。月島さんは、どんな条件で挟むべきか悩んでる可能性も。
> 一度挟んだら、もう一度斬らないと元に戻せませんからね。

しかし、月島さんはどうやって
「白哉は身内でも斬る人」だと知ったんでしょう。
むしろ挟んだ後にしか知ることができないような内容なのに。
これも千本桜に教えてもらったんでしょうか。


> >【∪´・ω・`∪】
>
> 「兄が一太刀振り終える前に~」と言って、斬られた兄さんも兄さんですが、
> 貧乳の義妹はもっと酷い醜態さらしましたw
> 実力が伴ってないのに恋次のマネして自爆とか…。

「奴は所詮われわれ死神6人衆の中でも最弱」
「リルカごときにしてやられるとは護廷十三隊の面汚しよ」

階級は副隊長に上がったみたいですが、
実力的にはやっぱこの中だと最弱っぽいですもんねー。


> ◆ONE PIECE
> >【ウソップ】
>
> 新章入ってからのウソップは、凄いカッコいいんですよね。
> PSYRENのカブト的なオーラを感じる。

ああ、カブトはイメージぴったりですね。
成長したヘタレ。


> >【ブルック】
>
> 実力的にゾロ、サンジより二枚くらい落ちる魔法剣士ですが
> 「冷気」を使えるということで、ロギア系相手にも戦える
> ようになったのかも。

兄助とか凍らせて仕留められそうですもんね。


> ◆クロガネ
> >【センターカラー】
> >センターかあ。
>
> 確かに、レギュラーかけた試合の辺りから、おっ!
> と思うようにはなりました。普通に面白いんですよね。
> 一休よりは人気が取れてるんでしょう。

一休みたいにセンターすらとれずに沈んでいった作品よりは
チャンスがあるってことみたいなので
がんばってもらいたいですね。


> ◆競技ダンス部へようこそ
>
> 「戦下に咲く」から、ずいぶんと変えてきましたね。
> 陰鬱で悲劇的なカラーは、ジャンプに合わないので
> これは良かったと思います。
> …しかし、独特のコマ割りは変わってませんねぇ。
> このパノラマ的な横長で、ちょっと引いた視点の描き方は
> ちょっと苦手です。何か没入感に欠けるというか。

言われてみると、
たしかに横長のコマ多いですね。
こーいう構図が得意にしてる作家さんなんでしょうか。


> >【内容】
>
> 青春物としてまったりやるのは、ジャンプでは難しいので
> 連載になると、他校とのバトル! になるんでしょうね。
> そうなると、高校生活&まったり青春のバーチャル体験的な
> 楽しさが消えてしまう気もして、うーん…難しいところです。
> しかし、青春が甘酸っぺええぇぇぇ!!
> ちっ、帰宅部だった私には眩しすぎて直視できないぜ。

スポーツ化すると読み切り版の良さが消えてしまうし、
部活ラブコメだとジャンプカラーとは合わないし。
あちらを立てればこちらが立たずですね。

まあしかし実際問題、
あんないい先輩ばかりの部活もありえませんけどねw
それこそクロガネの剣道部のがよっぽどリアルw


> ◆金未来杯結果発表
> >【HUNGRY JOKER】
>
> 「WOLF×RED」とどっちかな…と思ってたんですが、
> センスとテンポの良さで、「HUNGRY JOKER」が勝ったみたいですね。
> いやー、これが連載で読める待ち遠しいです。
> 絵に勢いがあるので、ブリーチ的な「視覚の快感」が
> 味わえるんですよこの漫画。

連載が楽しみですねー。
岩代先生の玄人テクニックと
久保師匠のオサレ画力が合わさったような作品になれば
まさに無敵なんですが。


> >ではまたその2でお会いしましょうПока~
>
> 火星で発生してる竜巻を見て
> 「あっ、クァトネヴァスが捕食してる! らめええぇぇぇ」
> と思った、岩代脳の私です。

そうか、火星が赤い不毛の星になってるのはすべてネヴァスの仕業・・・!

そうなるとメッセージを受け取った白舟くんは
すでにミスラ化が始まっているのではw

2011.10.26 Wed 23:26 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
一休さん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> ホーディさんの正体は賛否両論のようですね。
> 小学生なんかは理解できているのでしょうか。
> と思いましたがそういう年齢層の読者のために
> バトルシーンを前半に持ってきたのか。

あー、なるほど。
ホーディの正体とか魚人の過去とか、
重苦しい話ばかりじゃ少年たちの支持が得られないから、
合間にちょくちょくバトルを挟むような構成にしてるんですね。


> 表紙連載に敵役が出るのは
> 今後本編に関わってくるキャラクターだけとかですかねえ。
> そうなるとフェアリーヴァースにいらっしゃるあの方の扱いが気になるところ。
> 成長したゴールデンウィークはちょっと見てみたかったです。

エネルも出て来てくれますかねえ。
さすがに月まで新聞はとどかないはずですがw

あるいはクロコダイルとかが扉絵に出てくるときに
セットで紹介されないですかねえ。カフェの人達。
ゴールデンウィークは意外と外見がめっさ変わってきてるかもしれませんねw
見てみたい。


2011.10.26 Wed 23:30 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
palさん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> >「それほどでもない攻撃」
> 余裕ぶってたりすると意外にくらうもんです
> 戸愚呂(弟)風にいうなら「危機感が足りない」

なるほど。
しらずしらずのうちに油断してしまってるわけですね。


> >ホーディ
> そりゃこんなのが自分たちが原因で出てきたら嫌でしょうな

読者からも登場人物からも
株が下げ止まらないホーディさんw


> >競技ダンス部へようこそ
> パラパラめくった時はコマ割りが忙しないって印象でした
> 話は非常に面白かったんですけどね
>
> パラパラめくった時の印象は個人的に大事だと思ってます
> というのも少しでも「おっ」と思わせるようなシーンがあれば読んでくれる可能性が高くなると思うからなんですが
> リリエンタールとサイレンはそういうのが少なすぎた…

2つとも地味漫画の代表格みたいなもんですからね・・・
やっぱり見た目のインパクトって重要ですよね。

競技ダンス部も、2ページぶち抜きの見開きで
ダンスを披露するとかやってみたらもっと印象強かったかもですねー。



2011.10.26 Wed 23:58 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/315-1399ec4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。