日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2011年48号の感想と予想その2 | main | 週刊少年ジャンプ2011年47号の感想と予想その2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2011年48号の感想と予想その1
どーもみなさんこんばんわ。
大塚さんの容体が気になるpsychobindです。


また毎朝、元気な姿を見られるようになることを願いつつ感想です。




◆先週のジャンプ感想ブログ人気度チェック

【先週分】
今回は10/31~11/6までの検索結果です。
どーぞ。

簡易説明
・googleブログ検索のヒット数でランキング
・一週間以内に更新したページ限定
・検索ワード:"○○号" 感想 (作品タイトル)
・タイトルがアルファベットのものはカタカナ読みもOR検索。
・順位上がったのは水色、下がったのは赤色

順位 作品名 ヒット数 検索ワー
1位 HxH 104 ("ハンター" OR "hunter")
2位 バクマン。 101 "バクマン。"
3位 トリコ 92 "トリコ"
4位 ワンピ 91 ("ワンピース" OR "one piece")
5位 ブリーチ 86 ("ブリーチ" OR "bleach")
6位 めだか 86 "めだかボックス"
7位 銀魂 82 "銀魂"
8位 ナルト 79 ("ナルト" OR "naruto")
9位 エニグマ 76 ("エニグマ" OR "enigma")
10位 針栖川 65 "針栖川"
11位 黒子 61 "黒子のバスケ"
12位 クロガネ 59 "クロガネ"
13位 マジコ 59 ("マジコ" OR "magico")
14位 リボーン 57 ("リボーン" OR "reborn")
15位 べるぜ 53 "べるぜバブ"
16位 スケット 50 ("スケットダンス" OR "sket dance")
17位 ST&RS 49 ("スターズ" OR "st&rs")
18位 ぬら孫 43 "ぬらりひょんの孫"
19位 いぬまる 39 "いぬまる"
20位 こち亀 34 ("こち亀" OR "こちら葛飾区亀有公園前派出所")


トリコが表紙&カラー効果で急上昇。
エニグマも最終回効果でトップ10入りですおめでとう。

それらの煽りをうけてクロガネマジコリボーンあたりがちょいちょい順位を下げる中、
ST&RSまたしても急降下。
なんだその、みんなそんなに御闇さん嫌いか。

地味にいぬまるが最下位脱出。
こちらもおめでとう。

【10月分平均】
そして10月発売号の平均をとったのが以下の結果でする。
めんどいので例によって同率順位は気にしてません。

順位 作品名 10月平均
1位 ワンピ 80
2位 HxH 80
3位 ブリーチ 71
4位 バクマン。 68
5位 めだか 66
6位 ナルト 61
7位 銀魂 60
8位 トリコ 57
9位 リボーン 44
10位 マジコ 43
11位 エニグマ 42
12位 針栖川 42
13位 クロガネ 41
14位 ST&RS 40
15位 黒子 40
16位 スケット 39
17位 べるぜ 39
18位 ぬら孫 34
19位 こち亀 30
20位 いぬまる 26

ワンピハンターが同率フィニッシュ。
ついでブリーチ、バクマンめだかと。
やはりこの調査方法では
ナルトは他看板と比べて一段落ちるようです。

クロガネはそろそろ新連載補正が切れてくる頃かと思いますが、
まあ中間順位あたりをウロウロしてる、
これといって悪くもない妥当なところ。

べるぜはかなり落ちているように見えますが、
実際は9位から17位まではわずか5ポイント差しかないので
そこまで悲観することでもなさそうです。
なんかのきっかけですぐひっくり返るでしょうし。

まあ今週の掲載順見てるとそう楽観視もできないですがねー。






◆ニセコイ

【コミィ】
ダブルアーツで名を馳せたコミィこと古味先生が帰ってきました。

コアなファンを獲得しつつも打切り競争に敗れ消えて行ったコミィ先生の
リベンジなるか。

・・・というところですが、ラブコメか~。
ジャンプでラブコメはまさにイバラの道ですぜコミィ先生。
千棘だけに。

いちご、To LOVEる、そして現在連載中の叶先生作品のように
どーしてもジャンプでラブコメが生き残るにはエロがないとあかんみたいなんですが、
コミィ先生にエロが描けるのか!?
描けたとして、
針栖川やマジコを上回れるのか!?


【今後】
ちなみにアンケートには
「今後どんな話が読みたいですか?」
という項目はありませんでした。
どうあってもラブコメ一本で勝負する気らしいなコミィ先生。

ンマー、この設定から例えばバトル漫画にもっていくのは
さすがに至難の業すぎますしね。
まさかあのペンダントの鍵を開けたら
「変形して飛んでったー!!」
なんてことにはならんだろうし。


【内容】
そんで内容ですが、
両主役の好感度が
松山くんのイーグルショットのごとく低空飛行のまま終わってしまいました。

千棘さんのツン的な部分は、
まあ今後の展開を見据えて
あえて最初は好感度低くしてきてるんだろうとは思いますが、
それにしたってなあ。
人一人を流血させるほどの勢いでぶつかっておきながら
自分の遅刻回避を優先させるなよと。

主人公の楽くんも、彼は彼で
「ペンダントの約束なんて忘れた方が~」
とか言いながら内心では小野寺さんにうつつを抜かしているという。
お前それ浮気ちゃうんかい。
小野寺さんと上手くいったとして、
その後にペンダントの子が出てきたらお前どうするつもりやったんかい、と。

叶うかわからない約束より今は目の前の女子、
というのは実にリアルだとは思うんですがね。


とまあ、なんか文句ばっかりになってしまいましたが、
この漫画は設定的に考えて、
偽恋が始まる次回以降が本番だと思いますので
そっからの展開の方に期待しておきたいです。






◆バクマン。

【PCP移籍】
必勝ジャンプって最強ジャンプとは違うコンセプトだったんすね。
むしろ年齢層上がるとか。

PCPのような基本一話完結の漫画は、
ページ数が多くて、かつトリックの考案にも時間がかけられる
月刊のが向いているとは確かに思います。

PCPのファンにとっては、移籍は迷惑っちゃあ迷惑でしょうが、
それで作品としての質が上がる可能性があるのなら
それもまた仕方なしでないでしょうか。


【REVERSI】
とはいえ、これもアニメ化という観点ではどうなんでしょうね。

現実世界を舞台にしていて、かつ
メインキャラ2人が両方とも「人類滅ぼすぜ!!」
ってノリノリなんだけど。
これもPCPと似たような理由でアニメ化見送られるのでは。

つーかPCPってアニメ化の話は来てるんだよね。
本人らや服部さんが知らないだけでさ。

佐々木元編集長もいなくなる前に教えてあげたらよかったのに。


【にーづま先生】
すでに忘れてる方も多いかと思われますが、
にーづま先生ってあの「笑っていいとも」で
亜城木にライバル宣言してたんですよね。

けっこう、バクマン。世界の読者は
にーづま先生と亜城木の読切を
そーいうライバル同士の戦いとして見ていたんじゃなかろうか。
アンケートの新記録叩きだしたのも
この2作家の戦いを支援したいと思う読者が多かったからとか。

現実では、「仲がいい作家」の話はよく聞きますが
「ライバル同士の作家」って聞きませんものね。
つーかいるのかそんな人達。






◆ONE PIECE

【扉絵】
空島編に突入。
一体何が空の民を輪ゴームに駆り立てるのかw

ウソップからもらった分だけじゃあ、さすがに2年で伸びきっちゃうだろうから、
輪ゴムの製造方法も教えてもらったんでしょか。
でも空島の植物からはゴム作れないんかなあ。


アマゾンさんなんてマニアックな人選をしてきた尾田先生ですが、
たぶんこれは空島編での「登場順」に
キャラを出していくつもりだからだと思われます。

となると次はコニスとパガヤとスー。
スーが妻子持ちになってそうな悪寒。


【鳥人戦隊レッドホーク】
ありゃ。
先週の描写からして、
ルフィはすでに空気球の中にいたと思ってたんだけど、
まだ海の中だったみたい。
よくそれで火拳できたな。

あれですね。花火を水中につっこんでも消えないのと同じですねきっと。


【白ひげ】
お懐かしいですわオヤジさん。

こう、死しても過去の武勇伝で活躍できるってのが
白ひげという男の偉大さを表していると共に、
漫画的にもいいスパイスになっていますね。

それはそーと、
白ひげ海賊団が旗をおったててるコマに注目していただきたい。
マルコやジョズと並んで、
若き日のティーチもいますね。

そのティーチの左手、
なんか「鉤爪」みたいのんを装備しているじゃありませんか。

これではっきりしましたね。
シャンクスの顔についた「傷」がなんだったのか。
ティーチとやりあった際にこの鉤爪で切り裂かれたものだったんでしょう。

鉤爪姿のティーチなんて、今回が初出ですから、
シャンクスが傷を負ったのも
このくらいの時期なのかもしれませんね。


【友達】
「友情は付き合った時間とは関係ナッスィング」
と、その昔、とある高名なオカマが仰っていてな・・・

ルフィにとっちゃ、たとえ出会ったばかりであっても
協力してくれるヒトはすべからく友達なのですよ。
あにほしとか。


【NAN DATO!!】
子供たちの疑問をうけて、
とある魚人の服が言い放った一言。


【ブルック】
い~いこと言った。
説得力が違いますね一度死んだ人間が言うと。
「命を粗末にする人大嫌い」という
どっかのゲド戦記で聞いた様な台詞も重みがあります。

拾った命で希望を捨てずに50年も耐え忍んできたんですものね。


【決着】
そろそろ各自の戦いに決着がつきそうです。

ウソップはすでに前回から匂わせていましたが、
今回でブルック、フランキー将軍、チョッパーがトドメの準備をば。
ゾロとサンジンベエはもう勝ってるようなもんだし。

チョッパーはやはり暴走状態をコントロールできるようになったみたいですね。
どうせならワダツミとの怪獣大決戦を見たかった。

あ、膨らんだワダツミの身体で
ノア跳ね返せないかなあ。


【兄助】
今広場に出て行って麦わらの一味と一緒に戦えば
ヒーローになれるよ兄助。






◆めだかボックス

【先に動いた方が負ける】
前回、前々回あたりから思ってましたが、
ここ最近のメタ的な「漫画でよくこんなことあるよね/言われてるよね」
ってネタが、
けっこう古い漫画にしか当てはまらない気がするのです。

この「先に動いた方が~」ってのも、聖闘士星矢の時代なら
よく見かけたようなおぼろげな記憶がありますが、
しかし今の連載作品でこんなシーンあったか? と。
ONE PIECEやBLEACHでそんなやり取り見たことないし。
むしろ先に全力を出した方が負け(ry


【読み仮名】
ええい、
悪平等とかいて「あんしんいんさん」とか「ぼく」とか
自由とかいて「わたし」とか、
アニメ化したときのことを考えているのか。

字幕付きじゃないと何言ってるのか理解できない自信があるぞ。


【大嘘憑き】
クマーは殺されても復活するだろうとは予想してましたが
こんなに早いとは。

中学生4人と1機は
クマーが死んでてもまったく動揺する素振りを見せていないから、
どうも最初っから大嘘憑きが復活することを知ってたみたいですね。

これは単純に、安心院さんが
クマーにもう一度スキルを貸してあげただけのことではないでしょうか。
中学生は端末だからそのことも知っていたと。





今週はまた遅くなってしまったのでここまでにしときます。
その2でお会いしましょうПока~


スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 23:21 | トラックバック:0コメント:8
コメント
◆ニセコイ
>針栖川やマジコを上回れるのか!?
ジャンルだけ被ってて、中の方向性は全然違うので、住み分け可能な
内容に感じました。受ければ、共存して生き残る可能性あります。

>【今後】
>まさかあのペンダントの鍵を開けたら
>「変形して飛んでったー!!」
楽&千棘「ザクシャ イン ラブ!」
敵ギャング「な、何だ……ペンダントが光ってッ?」
あのペンダントは持ち主のラブパワーで、銃に姿を変え、
敵を打ち抜くのだっ。

>【内容】
>両主役の好感度が松山くんのイーグルショットのごとく
>低空飛行のまま終わってしまいました。
言葉は悪いですがクソ人格でしたね、特に主役の一条楽が。
料理うまい、ノートも取ってあげる、傷ついた動物は放っておけない。
良い性格のはずなのに、何であんな不快人物になってしまうのかw

逆に千棘のほうは、それほど悪い印象は抱きませんでした。
彼女の暴力性は一条によって引き起こされているので、彼女がキレるたびに
逆に一条の好感度がガンガン下がっていきましたねw
とにかく、一条の描き方が残念な一話目でした。うーん……先行き不安。
これまでの不快系主人公の漫画は、スタートダッシュに失敗してるし。
四ッ谷先輩とか、動物園の椎名園長とか、ロックオンのカメラ小僧とか、
ドイソルの互いに褒め殺しコンビとか……。

◆ONE PIECE
あれれ、ルフィの「火拳銃」はホーディを貫通してなかった……のか。
しぶといホーディ。さすが、HPが万単位で仙豆持ちのスライムなだけある。

◆めだかボックス
>【大嘘憑き】
>クマーは殺されても復活するだろうとは予想してましたが
>こんなに早いとは。
前回のナレーションが「なかったこと」にされてしまったよ!
2011.11.08 Tue 13:36 | URL | plto
輪ゴームといい、64巻SBSのTDといい、やっぱり空島との交易がありそうですね。
TD工場とか出てきたりしないでしょうかねー?
もしくはめでたくスカイピア出身と判明した(おそらく)ウルージさんが関係してるとか。

兄助はアニメでクレイジーさが増していてなんかうけました。
やっぱり声がつくと違いますね。
2011.11.09 Wed 15:20 | URL | 一休
ONE PIECE
ルフィのギア3後の描写がまだない気がします 。
ちょっと気になってます。

カリブーさんアニメの方で活躍しとりますな~。
2011.11.09 Wed 20:58 | URL | マルコツ
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> ◆ニセコイ
> >針栖川やマジコを上回れるのか!?
> ジャンルだけ被ってて、中の方向性は全然違うので、住み分け可能な
> 内容に感じました。受ければ、共存して生き残る可能性あります。

エロがないというのがまさしく方向性の違いですね。
まあ、ニセコイはまだ2話目なので
次週から超絶エロくなる可能性もありますがw


> >【今後】
> >まさかあのペンダントの鍵を開けたら
> >「変形して飛んでったー!!」
> 楽&千棘「ザクシャ イン ラブ!」
> 敵ギャング「な、何だ……ペンダントが光ってッ?」
> あのペンダントは持ち主のラブパワーで、銃に姿を変え、
> 敵を打ち抜くのだっ。

「作者 イン ラブ」に見えてコミィ何言ってんだと思いましたw

あのペンダントは形的に武器になってもおかしくないですよね。
そのうちマジでギャングの跡継ぎに祭り上げられて
死ぬ気の炎とか言い出さないことを願う。


> >【内容】
> >両主役の好感度が松山くんのイーグルショットのごとく
> >低空飛行のまま終わってしまいました。
> 言葉は悪いですがクソ人格でしたね、特に主役の一条楽が。
> 料理うまい、ノートも取ってあげる、傷ついた動物は放っておけない。
> 良い性格のはずなのに、何であんな不快人物になってしまうのかw

「現国のノートだ、使えよ」だけで終わらせておけば良かったんですが、
「困ってる人を見捨てるほど俺ってお人よしじゃあ~」
というのが余計でしたかね。
これがあるから親切心より賞賛を得たいがための行動に見えてしまったような。


> 逆に千棘のほうは、それほど悪い印象は抱きませんでした。
> 彼女の暴力性は一条によって引き起こされているので、彼女がキレるたびに
> 逆に一条の好感度がガンガン下がっていきましたねw
> とにかく、一条の描き方が残念な一話目でした。うーん……先行き不安。
> これまでの不快系主人公の漫画は、スタートダッシュに失敗してるし。
> 四ッ谷先輩とか、動物園の椎名園長とか、ロックオンのカメラ小僧とか、
> ドイソルの互いに褒め殺しコンビとか……。

「ふざけるなぁ!」のマイスター雷歩くんも追加でお願いします。
LIGHT WING吏人も第一印象はそんなによくなかった気がします。


> ◆ONE PIECE
> あれれ、ルフィの「火拳銃」はホーディを貫通してなかった……のか。
> しぶといホーディ。さすが、HPが万単位で仙豆持ちのスライムなだけある。

爆風だけ貫通してったような描写でしたね。
さすがに水中では火で相手を仕留めることはできなかったんでしょうか。

いくら殴っても回復するスライムベホマーディは
実はまだ生きてる気がします。
最後は仙豆のせいで過労死するのではないかなー。


> ◆めだかボックス
> >【大嘘憑き】
> >クマーは殺されても復活するだろうとは予想してましたが
> >こんなに早いとは。
> 前回のナレーションが「なかったこと」にされてしまったよ!

とうとう作品世界の外にまで影響が!!


2011.11.09 Wed 21:59 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
一休さん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> 輪ゴームといい、64巻SBSのTDといい、やっぱり空島との交易がありそうですね。
> TD工場とか出てきたりしないでしょうかねー?
> もしくはめでたくスカイピア出身と判明した(おそらく)ウルージさんが関係してるとか。

ま、まさかウルージさんが空と青海の仲を取り持って・・・!?

しかし交易はありえそうですねー。
TDはもちろん他の貝も大量生産して売りさばけそう。


> 兄助はアニメでクレイジーさが増していてなんかうけました。
> やっぱり声がつくと違いますね。

7割増しでクレイジー、そしてキモいですねえw
声の力とはかくも偉大です。

2011.11.09 Wed 22:56 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
マルコツさん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> ONE PIECE
> ルフィのギア3後の描写がまだない気がします 。
> ちょっと気になってます。

そうなんですよ。まだ第二部になってから
縮んでないんですよね。たしか。
武装色で押さえてるのかなんなのか。


> カリブーさんアニメの方で活躍しとりますな~。
思えばこれが兄助の全盛期だった・・・

2011.11.09 Wed 23:02 | URL | psychobind
頂上決戦=王位争奪戦
今週の白ヒゲ登場にマジ感激です!!!
頂上決戦で、エースと白ひげが死んだ時、「もうこの漫画に用はねェ」と本気で呆れたのですが、キン肉マンの兄であるソルジャー(アタル)を見る目でエースを見たら、自然な流れだったんじゃないかと思うんですよね。

なぜ、エースと白ひげは死ななければならないのかというと・・・
    ワンピース            キン肉マン
    ルフィ               スグル
    エース              ソルジャー(アタル)
    白ひげ海賊団          超人血盟軍
    赤犬               フェニックス
    世界政府&海軍        邪悪神&知性チーム
    頂上決戦            名古屋城決戦
・・・両作主人公(ルフィ&スグル)が、兄(エース&アタル)
  の敵討ち。
これが、王位争奪編をトレースしたルフィ海賊王への道のシナリオなんです。
エース(アタル)の役割は、ルフィ(スグル)の精神的成長を促す事。
怒りのパワーを引き出す為に、赤犬(フェニックス)の策略にはまって死ぬ事だったのかもしれません。

キン肉マンの方も、ソルジャーがフェニックスを倒した方が、読者的には盛り上がったでしょう。
でも、フェニックスを準決勝で退場させてしまうと、王位争奪を巡る戦いに緊張感がなくなるから、ソルジャーの敗北も致し方なかったのではないかと。        
                     
2011.11.10 Thu 00:02 | URL | 隆明
Re: 頂上決戦=王位争奪戦
隆明さん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> 今週の白ヒゲ登場にマジ感激です!!!
> 頂上決戦で、エースと白ひげが死んだ時、「もうこの漫画に用はねェ」と本気で呆れたのですが、キン肉マンの兄であるソルジャー(アタル)を見る目でエースを見たら、自然な流れだったんじゃないかと思うんですよね。
>
> なぜ、エースと白ひげは死ななければならないのかというと・・・
>     ワンピース            キン肉マン
>     ルフィ               スグル
>     エース              ソルジャー(アタル)
>     白ひげ海賊団          超人血盟軍
>     赤犬               フェニックス
>     世界政府&海軍        邪悪神&知性チーム
>     頂上決戦            名古屋城決戦
> ・・・両作主人公(ルフィ&スグル)が、兄(エース&アタル)
>   の敵討ち。
> これが、王位争奪編をトレースしたルフィ海賊王への道のシナリオなんです。
> エース(アタル)の役割は、ルフィ(スグル)の精神的成長を促す事。
> 怒りのパワーを引き出す為に、赤犬(フェニックス)の策略にはまって死ぬ事だったのかもしれません。
>
> キン肉マンの方も、ソルジャーがフェニックスを倒した方が、読者的には盛り上がったでしょう。
> でも、フェニックスを準決勝で退場させてしまうと、王位争奪を巡る戦いに緊張感がなくなるから、ソルジャーの敗北も致し方なかったのではないかと。
        
ほうほう。
キン肉マンは未読なのですが、
作中のキャラに与えられた役割としてはこの通りに下敷きにしているのかもしれませんね。
エースの死は間違いなくルフィに
過去最大の成長をもたらした出来事ですし、
エースは最初からルフィのために死ぬことを運命づけられていたのでしょうね。
作者的に。
2011.11.12 Sat 11:04 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/319-998e99fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。