日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2011年50号の感想と予想 | main | 週刊少年ジャンプ2011年49号の感想と予想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
第一部終盤でのONE PIECE人気について
ONE PIECE最新刊400万部おめでとうということでなんか書いてみる。
どうしてここまでの人気を得られたかについてとかね。




このONE PIECEの快進撃が始まったのは
シャボンディ諸島に入って超新星たちが出てきたあたりから。
単行本でいうと50巻くらいから。

ここから第一部完くらいまで何がすごかったかって、
単行本が最新刊だけでなく既刊のほとんどの巻まで根こそぎ品切れになってたこと。
つまり、シャボンディ~第一部完くらいまでで
相当数の新規読者(と、しばらく読んでなかった出戻り読者)を獲得したってことになります。 

普通、巻数の多い漫画は「途中から読む気がしない」と、
新規読者が入ってきにくいものですが、
ONE PIECEがこのハンディを打ち破れたのには2つの理由があると思います。 


1:新規読者の入りやすい話

1つには、シャボンディ~アマゾンリリーまで、新キャラをメインに据えた話にしたことでしょう。

「一話完結なら新規読者にも読んでもらえる」とはバクマン。のシュージンの弁。
しかしこのほかにも、
「新キャラを前面に押し出した話」でも同じことは可能だと思います。
(上記、正確には「読んでもらえる」というか「楽しんでもらえる」でしょうね。)

新規読者にとっての難点は「これまでの話の辻褄」がわからんこと。
しかし作品に出てきたばかりの新キャラをメインにした話ならその問題も解決できる。

ONE PIECEではこれまでにも新しい島に行くたびに新キャラ出してきてはいたけど、
麦わらの一味とタイマンしたり、一味の誰かと因縁があったりと、
あくまで「麦わらの一味との絡み」がメインに据えられていた。
のが多かった気がする。

そこへ行くと、シャボンディもアマゾンリリーもメイン張ってたのはルフィだけ。
他の一味はさして目立たずにいた(アマゾンリリーに関してはそもそも居なかった)ので、
新規読者も過去の辻褄を気にせず話に没入できたと。


2:少年漫画の王道展開

2つ目には、少年漫画の王道展開を
10年以上たった今更になって投入してきたことでしょう。

いや、ONE PIECEはこれ以上ないほどの王道少年漫画ですけど、
にもかかわらず足りていなかった要素が2つ。
「ライバル」と「ラブコメ」。

ONE PIECEは10年以上少年漫画をやっていたのに、
「互いに認め合い競い合うライバル」というものがまったく存在していなかった。
スモーカーはライバルとするにはポジションが違いすぎるし。

ラブコメ展開については尾田先生が、
少年漫画は少年のものだからあえて排除していた、と語っている。

これらの要素は、
少年漫画であれば比較的序盤に出して
人気獲得のためのブースターとして使用するべきもの。

ところがONE PIECEはこれらの要素を使うことなく人気を獲得し、
そのまま10年以上走り続けた。
そして第一部の終盤、盛り上がりが必要不可欠な場面において、
満を持して
「ライバル」と「ラブコメ」という2つのカードを切ってきたわけです。

「ライバル」としてキッドとローを。
「ONE PIECEらしいラブコメ要員」としてハンコックを。

昔からの読者にとっては
「長いこと連載していて初めて出てきたライバル」ということで盛り上がるし、
新規読者には
「王道少年漫画らしい展開」で盛り上がる。

両読者層からの支持をうまいこと集められたというわけです。


3:旧キャラ攻勢

そうして、シャボンディからアマゾンリリーまでで
大幅に読者を増やしたONE PIECE。
その後に打った一手がまた見事でした。

新キャラ攻勢で新規読者を獲得した後に、
今度は「旧キャラ攻勢」で
がっちりファンとして固める作戦に打って出たのです。
(もちろん狙ってやってたわけじゃないでしょうが)

例えばシャボンディからの新規読者が、
インペルダウン編に入って登場した
「バギー」というキャラに興味を持ったとします。

すると、その読者がバギーのことを知るためには
なんと単行本の2巻(バギー編としては1巻から)まで
遡らないといけない。

50~56巻 → 1~2巻
のように、
また見事に最新巻から初期の巻に誘導しているわけです。

こうなればもうONE PIECEの虜。
同じくインペルで登場したバロックワークスの面々を知るためには
11~20巻を読まなければならないし、
マリンフォードで登場した七武海を知るためには
各々が活躍した巻を読まないといけない。

こうやって、シャボンディから入った新規読者が
次々と過去の巻に興味を持ち、
既刊を買いあさり、結果として
単行本がほとんど品切れれになるという恐ろしい状況が生まれたわけですね。


まとめると、
新キャラ攻勢 → 旧キャラ攻勢
という順番でシリーズを組み立てていったことで、
新規読者を増やしつつ
既刊の単行本にも興味を持たせることに成功した、と。

ちなみに、最新巻 → 初期の巻
と読んでいった読者は、すでにレイリーやジンベエを知ってるわけですから、
バギーの回想にレイリーが出ていたり
ジンベエが名前だけ初期から出ていたりといったことに感嘆して
さらにのめり込んだということもある、かも。


スポンサーサイト

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック

| ONE PIECE考察 | 20:55 | トラックバック:0コメント:6
コメント
>2:少年漫画の王道展開
>「ライバル」と「ラブコメ」。
確かに、明確なライバルはいませんでしたね。
ライバルといえば、初期はゾロかな……と思っていましたが、
途中から仲間にシフトしましたし。

ラブコメは本当にないですよねぇ。ナミにしろ、ビビにしろ、
ロビンにしろ、ヒロインというより、仲間ですから。
むぅ、ハンコックは初のヒロインと言えるのか。30すぎだけどw
まぁ、ブリーチのルキアなんて100歳オーバーのおばあちゃまですし…。

>3:旧キャラ攻勢
>「バギー」というキャラに興味を持ったとします。
>すると、その読者がバギーのことを知るためには
>なんと単行本の2巻(バギー編としては1巻から)まで
>遡らないといけない。
尾田先生の凄いところは、ただ昔のキャラを出すだけでなく
生き生きと魅力的に描いてることなんですよね。
そりゃ、新規は既刊に飛びつきますわ。

今、冨樫先生がせっせと旧キャラを出してますが、
果たしてワンピほどの爆撃になるかなー、というところですね。
アニメの方の人気はどうなのかしりませんが、うまく噛み合えば
ワンピのように既刊が爆売れ……になるのだろうか。
2011.11.20 Sun 15:05 | URL | plto
ワンピースがこれだけ指示されている理由
ワンピースが第一部の終盤になって、人気が急上昇した一番の理由は、ストーリーにおける矛盾点や読者の批評に惑わされる事なく、ひたすら今入って来た少年達に向けて漫画を描き続けることを貫いてきた結果だと思います。
自分は頂上決戦から新規参入したんですが、少年ジャンプの黄金期を支えた名作である北斗の拳やキン肉マンやドラゴンボールやJOJOで感じたものを享受できるという点が、大人の新規読者も獲得した理由ではないでしょうか。
時代が変わろうとも、少年達が少年漫画に斬新なものを求める状態は変わりませんから。

頂上決戦で思い出したのですが、七武海最強は誰か・・・・
という疑問があります。
常識的に考えれば、ミホークと言いたいところですが、自分はハンコックの可能性もあると思います。
理由はたくさんあるのですが、何よりも大きいのが、あのセンゴクに「あの女は強いぞ」と認めさせた事。 同じ七武海であるドフラミンゴやクマを目の前にしても、何の反応も示さなかったというのにです。
覇王色の覇気を修得している事に加えて、パシフィスタを蹴り一発で破壊する等、体術の方もトップクラスの実力を持っているので、ハンコックと戦ったらミホークでも危ないと思います。

2011.11.22 Tue 02:20 | URL | 隆明
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> >2:少年漫画の王道展開
> >「ライバル」と「ラブコメ」。
> 確かに、明確なライバルはいませんでしたね。
> ライバルといえば、初期はゾロかな……と思っていましたが、
> 途中から仲間にシフトしましたし。

いないんですよねー。
実力や立場的にはゾロが一番近かったんですが
ゾロにはミホークという存在がいる以上、
ルフィとは競い合えないんですよね。


> ラブコメは本当にないですよねぇ。ナミにしろ、ビビにしろ、
> ロビンにしろ、ヒロインというより、仲間ですから。
> むぅ、ハンコックは初のヒロインと言えるのか。30すぎだけどw
> まぁ、ブリーチのルキアなんて100歳オーバーのおばあちゃまですし…。

尾田先生はあえてそこを外して描いてるらしいですね。
少年漫画に恋愛は不要というお考えなのでしょうか。

ハンコックは年齢こそ三十路ですが
頭の中は中二なので大丈夫でしょうw
ルキアもそういえばおばあちゃんでしたねw


> >3:旧キャラ攻勢
> >「バギー」というキャラに興味を持ったとします。
> >すると、その読者がバギーのことを知るためには
> >なんと単行本の2巻(バギー編としては1巻から)まで
> >遡らないといけない。
> 尾田先生の凄いところは、ただ昔のキャラを出すだけでなく
> 生き生きと魅力的に描いてることなんですよね。
> そりゃ、新規は既刊に飛びつきますわ。

ですね。
ただ昔の遺産として使うだけではなく、
物語の一部として実に上手く、魅力的に描いてきますよね。

そして既刊に興味を持った新規読者は
初期バギーの残虐性に度肝を抜かれるというw


> 今、冨樫先生がせっせと旧キャラを出してますが、
> 果たしてワンピほどの爆撃になるかなー、というところですね。
> アニメの方の人気はどうなのかしりませんが、うまく噛み合えば
> ワンピのように既刊が爆売れ……になるのだろうか。

ハンターも過去キャラ総動員してきてますね。
レオリオとか、もはやバギー並に懐かしいキャラなのでw、
既刊の起爆剤になるかも。


2011.11.22 Tue 22:23 | URL | psychobind
私が世間の流れで感じた事があるんですが、
ワンピースって他には漫画読んでないような人も結構読んでるような気がします。

バティさんがメディア担当になったのもその頃だったんじゃないかなと記憶してるんですが、
やはりその頃から急激にグッズ類が増えてる気がしますし、
バラエティー番組でもよく取り上げられるようになったと思います。

そういうメディア展開から入ったって人もいるんじゃないでしょうかね?
なんの確証も無いですが。



あと、
これ笑われるかも知れませんが、

アンジャッシュの児嶋に奨められた明石家さんまがハマって、
事あるごとにテレビでワンピースの話題を出すようになったのが丁度白ひげが活躍した直後なんですよね。

「あの明石家さんまがハマるワンピースって漫画はなんだ?」
なんて話題になって読み始める人が増えたとか、
んな訳ないか…。
2011.11.22 Tue 23:28 | URL | カの字
Re: ワンピースがこれだけ指示されている理由
隆明さん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> ワンピースが第一部の終盤になって、人気が急上昇した一番の理由は、ストーリーにおける矛盾点や読者の批評に惑わされる事なく、ひたすら今入って来た少年達に向けて漫画を描き続けることを貫いてきた結果だと思います。
> 自分は頂上決戦から新規参入したんですが、少年ジャンプの黄金期を支えた名作である北斗の拳やキン肉マンやドラゴンボールやJOJOで感じたものを享受できるという点が、大人の新規読者も獲得した理由ではないでしょうか。
> 時代が変わろうとも、少年達が少年漫画に斬新なものを求める状態は変わりませんから。

島が変わる度に、
背景もキャラも戦う理由もがらりと変えてくるのが、
常に新しい読者を受け入れられるという強みなのでしょうね。


> 頂上決戦で思い出したのですが、七武海最強は誰か・・・・
> という疑問があります。
> 常識的に考えれば、ミホークと言いたいところですが、自分はハンコックの可能性もあると思います。
> 理由はたくさんあるのですが、何よりも大きいのが、あのセンゴクに「あの女は強いぞ」と認めさせた事。 同じ七武海であるドフラミンゴやクマを目の前にしても、何の反応も示さなかったというのにです。
> 覇王色の覇気を修得している事に加えて、パシフィスタを蹴り一発で破壊する等、体術の方もトップクラスの実力を持っているので、ハンコックと戦ったらミホークでも危ないと思います。

数少ない覇王色の持ち主ですからね。
さらに男なら半分以上はハンコックと戦闘になる前に石化するでしょうし。

しかし、ミホークもそうなんですが、
ドフラミンゴは実力の底がまったく見えていないので
なかなかに最強を決めるというのは難しいですな。
あとくまが2年の間にどれだけ改造されているのか。
2011.11.23 Wed 00:13 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
カの字さん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> 私が世間の流れで感じた事があるんですが、
> ワンピースって他には漫画読んでないような人も結構読んでるような気がします。
>
> バティさんがメディア担当になったのもその頃だったんじゃないかなと記憶してるんですが、
> やはりその頃から急激にグッズ類が増えてる気がしますし、
> バラエティー番組でもよく取り上げられるようになったと思います。
>
> そういうメディア展開から入ったって人もいるんじゃないでしょうかね?
> なんの確証も無いですが。

別に漫画はそれほど好きじゃないけど
ONE PIECEは読んでるとか知ってるって人はかなり多いですよね。
身の回りでも、有名人とかでも。

バティってメディア担当だったんですか。知らなかった。
特にまだジャンプを読まない年代の子供は
アニメとかから入ることも多いと思いますし、
メディア展開も人気増加の一助になっていることは間違いないでしょうね。


> あと、
> これ笑われるかも知れませんが、
>
> アンジャッシュの児嶋に奨められた明石家さんまがハマって、
> 事あるごとにテレビでワンピースの話題を出すようになったのが丁度白ひげが活躍した直後なんですよね。
>
> 「あの明石家さんまがハマるワンピースって漫画はなんだ?」
> なんて話題になって読み始める人が増えたとか、
> んな訳ないか…。

いやあ、あのワンピ推しもかなり効果あったと思いますよ。
他にもキムタクとかもいますし、
有名人のプッシュはけっこー効いてたんじゃないすかね。

2011.11.23 Wed 00:24 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/323-92a492d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。