日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2012年16号の感想と予想 | main | 週刊少年ジャンプ2012年15号の感想と予想その2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ連載作品の情報量について
4連休の人も飛び石連休の人も
休みのお供に。
なるといいな。





情報量とか言ってますが、
結局のところは単純にジャンプ連載作品の
「コマ数」
「セリフ数」
を調べてみたと言うだけのお話ですことよ。


【調査内容】


以下詳細
・現在(2012/3/17)ジャンプに連載中の作品22作が対象
・各作品の最新3話が調査対象
・各話の扉絵を除いたページ内での全コマ数、全セリフ数をカウント
・ページ数でコマ数、セリフ数を割ることで
 「1ページあたりのコマ数」「1ページあたりのセリフ数」を計算。
・セリフ数をコマ数で割ることで「1コマあたりのセリフ数」を計算
・これらの最新3話での平均を計算しランキング

あと特筆事項として
・セリフにはナレーション、モノローグも含むが手書き文字、擬音、煽り文等は含まない
・セリフはフキダシの数
・2~3のフキダシが繋がって大きなフキダシを形成している場合、
 繋がっているフキダシの数すべてをカウントする
・ナレーションは段落が分かれていたら別々にカウントする
・HxHの最新話(339話)はセリフがなさすぎるので336~338話で調査


1ページあたりのコマ数・セリフ数は、
それぞれ1ページにどれだけの絵・文字による情報が詰まってるかということの指標。
1コマあたりのセリフ数は、
1コマにどれだけ文字情報を詰め込んでるかということの指標。

と、考えてください。

ホントはセリフ数じゃなくて文字数を数えるべきなんでしょうが、
流石にそんな気力と根性はありませんでした。


もちろん正確に数えたつもりではありますが、
これで論文書こうってんじゃないから
そんな気合い入れて数え間違いのチェックしたわけじゃないです。
のでたぶんいくらか数え間違いはあるでしょうし、
3話のみの平均だから、もっと長いスパンで調査すれば
違った結果になるでしょう。

なので細かい順位とか数字とかは
そこまで信用のおける結果ではないですが、
各作品のおおまかな傾向はこれでもなんとなくつかめるハズ。


【調査結果】

まずは3項目のランキングから。
以下どうぞ。

コマ数ランキング

これだけではわかりにくいと思うので、
横軸にコマ数、縦軸にセリフ数、
各点の大きさにコマあたりのセリフ数を割り当てたバブルチャートに
上の結果をプロットしたのが以下のようになりますです。

コマ数

各点の色は区別のためについてるだけで意味はないです。

グラフを通っている矢印軸2つの交わるところが、
全作品での平均値(コマ数、セリフ数)となります。


【結果考察】
まず目を見張るのが、ぶっちぎりで情報量の多いいぬまるだしっ。
基本的にセリフで笑わせるギャグ漫画であるためか、
セリフ数が断トツに多いです。

とはいえ、いぬまるだしっは他作品の半分程度のページ数しかないので、
1話につめこむ情報量が多くなるのは仕方ないところでしょう。


逆にハイキューは、新連載でページ数が多いにも関わらず、
コマ数セリフ数とも2位。
たしかに読み返してみると、細かいコマ割り、
そしてそのコマにフキダシをいっぱい詰め込んでるのがわかります。


グラフではそのハイキューに肉薄しているスケット、バクマン。
コメディなので大ゴマを基本的には使わないスケットと、
大ゴマと小ゴマをバランスよく使い分けているバクマン。
セリフはもちろんどっちも多いです。


1ページあたりのコマ数が7を超えるのは、
これら4作に銀魂を加えた5作品だけですね。

とはいえ、情報量が多すぎると逆に「読みづらい」と感じる読者もいますので、
コマ数セリフ数を増やしすぎるのも考え物ではあります。


その銀魂はシリアス編なのでセリフ数がそんな伸びませんでしたが、
コメディ編で調べたらたぶんもっと上にいくでしょう。


同じく絶賛バトル中で大ゴマ多用、セリフなしコマが多かった
ナルト、リボーン、マジコあたりも
調査期間が変わってればコマ数もセリフ数も
多少上がっていたでしょう。

あとこれら3作は1コマ当たりのセリフ数が特に低くなってます。
文字よりも絵・動きで話を進める傾向が見て取れそうです。
特にナルト。


対照的なのがめだか。
コマ数はドべなのにセリフ数は平均を上回り、
結果として1コマあたりのセリフ数では
いぬまるだしっを抑えての1位に。

実際見てみるとわかります。大ゴマとセリフを乱発していることに。
原作者が小説家であるが故なのでしょうが、
徹底的に文字でもって話を進めて行こうとしているのがわかります。


同じスポーツ漫画でも、
絶賛試合中で大ゴマ連発の黒子は低い位置に収まってますが、
クロガネは平均的に高い位置にいます。
意外となんでもこなせる子、クロガネ。


HxHはもっと文字だらけな印象があったんですが、
調べてみるとそうでもなかった。


ワンピースは予想通り文字多かったですが、
コマ数は平均以下。
大ゴマ多用してますしね。


そして逆方向に圧倒的な強さを見せたブリーチ。
まあ、つまり、
そういうことです。


【情報量】
しかしまあ、上でも書きましたが、
情報は多ければいいというわけでもないわけでして。

なけりゃないで非難受けますが、
多すぎても読みにくいと言われてしまう。

現ジャンプ連載陣では、
1ページあたりに6コマ、10セリフが平均値のようです。

平均値に近いべるぜやパッキーは
その読みやすさを評価されているのかもしれませんな。



それでは長々とお付き合いいただきありがとうございました。
Пока~


スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| その他考察 | 19:01 | トラックバック:0コメント:4
コメント
「コマ数」
「セリフ数」
を調べてみたと言うだけ。。だと。。

お疲れ様ですッ!!としかいいようがないですよ。

ブリーチの圧勝すぎるww

2012.03.17 Sat 20:06 | URL | マルダ
Re: タイトルなし
マルダさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 「コマ数」
> 「セリフ数」
> を調べてみたと言うだけ。。だと。。
>
> お疲れ様ですッ!!としかいいようがないですよ。
>
> ブリーチの圧勝すぎるww

ありがとうございますm(_ _)m

実際、疲れましたw

調べる側からしてみると
ブリーチは大変ありがたかったですねw
数えやすくて。
2012.03.18 Sun 20:04 | URL | psychobind
こんな面倒そうで面白い事を調べるとは…お疲れ様です!
いぬまるだしが情報量NO.1とはちょっと意外。スケット、銀魂あたりだと思ってました~

べるぜは確かに読み易いですね。

ブリーチはさすがですね(笑)
2012.03.21 Wed 09:48 | URL | しじみ
Re: タイトルなし
しじみさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> こんな面倒そうで面白い事を調べるとは…お疲れ様です!
> いぬまるだしが情報量NO.1とはちょっと意外。スケット、銀魂あたりだと思ってました~
>
> べるぜは確かに読み易いですね。
>
> ブリーチはさすがですね(笑)

ありがとうござますm(_ _)m
いぬまるは自分も以外でした。
ページ少ないからだいぶ圧縮してるんですね。

銀魂はあんぱんの回とかならトップ取れてたかもw

べるぜはほどよくセリフとコマのバランスとってますね。
平均値のちょい上あたり。

ブリーチは予想通りの結果でしたw
ここまでぶっちぎりとは思いませんでしたがw
2012.03.21 Wed 23:44 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/361-074d08b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。