日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2012年19号の感想と予想その1 | main | 週刊少年ジャンプ2012年18号の感想と予想その2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプのカラー原稿について
先に断っておきます。
この記事を読み終えた時、
あなたは
「だからどうした」
と思うことでしょう。






ジャンプの巻頭カラーやセンターカラーについて思うことをつらつらと。


【掲載順への影響】

ジャンプの掲載順についてはいろいろな噂が
まことしやかにささやかれておりますが、
その中の一つに
「カラーの前後の回は掲載順が落ちる」
というものがあります。

例えば100話記念でカラーをもらった作品があったとして、
そのカラー回の前後回である99話や101話は
掲載順が妙に低くなるというものです。

なにゆえこんな現象が起きるのかなと考えてみた次第。


まず、ジャンプ作品の掲載順が落ちる理由としては、
アンケート人気が低い、というものの他に
「原稿の入稿遅れ」というのがあります。
尾田先生の巻末コメで証明済み。

カラーの前後回で掲載順が落ちる理由として最も単純なのは、
単にカラー作業のせいで原稿執筆が遅れた、
というものでしょう。

カラーは色を塗る分手間がかかるということの他、
「モノクロ原稿よりも〆切が早い」ために
作業への負担が大きいと考えられます。

〆切の早さについてはバクマン。から読み取ることができます。
バクマン。で「PCPのカラー扉に仕掛けを施そう」ってやってた回で、
亜城木はカラー扉の原稿のみを先に服部さんに渡しています。
つまりカラー関係の〆切は原稿よりも早いってことです。

するとどうなるか。
前述したような「100話でカラーを貰った作品」
を例にすると、その作業スケジュールは以下のようになると予想できます。

カラー1

100話のカラーは100話のモノクロ原稿よりも〆切が早いため、
どうしても99話の原稿と同時並行に作業を進める必要があります。
故に99話の原稿作業が圧迫され、
完成が遅れて入稿が遅くなり、
結果として99話の掲載順にまで影響を及ぼすというわけです。

また、99話の作業スケジュールが遅れると、
100話以降の原稿にも影響を及ぼしてしまうでしょう。

例えば、カラーがなければ下図の上半分のようなスケジュールで
作業ができていたものとします。

カラー2

ここにカラー作業が加わることで
99話、100話のモノクロ原稿の作業が圧迫され、
スケジュールが後ろにずれ込みます。
すると、
101話の作業も余裕がなくなってきて、
結局99話と101話という
「カラー回の前後」で入稿遅れが発生するという事態になっているのではないでしょうか。

黒子のバスケとか、
巻頭カラーの次の回で一気に巻末近くまで落ちていたことがありましたが、
カラー作業で圧迫されたスケジュールを
元に戻せていないから、なんじゃないですかねと。



【巻頭カラーの「カラー原稿」】
昔のジャンプでは、
巻頭カラーといえば
「カラー原稿1P」

「見開きのカラー扉絵2P」
の合計3Pのカラーがあるのが普通でした。

ところが今は、
「カラー扉絵2P」のみで
カラー原稿は描かないという作品が増えてきました。
ONE PIECEとか。

これもなんでなのかなと考えてみた次第。


前述した「カラーは〆切が早い」というのから、
カラー原稿がなくなりつつある現状について
なんとなく答えは見えてくる気がします。

巻頭カラーの場合、カラー3Pに加えて
下手すると表紙まで描く必要が出てきますから、
2週以上前からカラー作業に取り掛からねばならないこともあるでしょう。

例えば100話で巻頭カラーを貰った作品の場合、
下図のように98話かそれよりも前から
カラー作業を進めておかないとならんかもしれません。

カラー3

この場合、原稿遅れとはまた別の問題が出てきます。
それは
「98話を描きながら100話冒頭(カラー原稿)を描かなきゃならない」
ということです。

つまり、100話の巻頭カラーでカラー原稿を描こうと思ったら、
99話がまだ影も形もないころから、
100話の冒頭だけは先に決めておかなきゃならんというわけです。

各話が独立している1話完結型の作品や、
作画と原作が分かれていて作業に余裕がある作品ならまだしも、
1人で描いてるストーリー系作品はかなりやりにくいでしょうこれ。

例えば、99話を描くときに
「やっぱり話の流れを変えたい」と思ったとしても、
100話の冒頭がすでに出来上がっているのなら
路線変更できませんからね。

そもそも99話に取り掛かっていないのだから
100話の冒頭がどうなるかなんて決められない、という作家さんもいるでしょう。

だから最近の巻頭カラーでは、
扉絵だけでカラー原稿がなかったり、
あるいは
「登場人物が人気投票の告知をする」
みたいな番外編的内容を
カラー原稿で描いたりする作品が多いのではないかと。
番外編なら
話の辻褄に関係なく描くことができますから。

そんなこんなで
最近巻頭カラーのカラー原稿が少なくなった理由はこうなんじゃないかなと。

18号のめだかと黒子は両方ともカラー原稿あったけど、
その前の14~17号は
どれもカラー原稿無し、または番外編でしたからねえ。

もちろんカラー原稿もやってやれないことはないんでしょうが、
描かなくていいなら描きたくない作家も多いんじゃないでしょうか。

自分はPSYREN好きでしたが、
作者が遅筆な上にストーリー漫画なので
これほど巻頭貰いにくい作品もなかったんだなーと改めて思う。



というわけでこの記事は終いです。
特に結論めいたものはなく。

だから言っておいたでしょう。
「だからどうした」
と。


スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| その他考察 | 14:46 | トラックバック:0コメント:9
コメント
「だからどうしたーーー!!」

一応(・。・)

おおー、そういうこと。
掲載落ちてもしょうがない部分がありますね。

なぜカラーの〆切りは早いのでしょうか?遅いと製本に響くのか。

コミックスもカラー作業ありますよね。〆切りに追われはしないのだろうけどそういうのも並行して行われているのでしょうか?
先生方は忙しいですな。

ONE PIECEは1話と2年後の最初の話意外にカラー原稿ありましたかね?
でも、数えるほどしかないのでしょうな。
ある意味、貴重ではww

2012.04.07 Sat 15:58 | URL | マルダ
最近はカラー原稿ほんと少なくなりましたね
ほんと子供の頃ドラゴンボール連載中とかは巻頭カラーって言ったら3色カラーだったんですが・・・
今3色ページは基本アニメ情報になってますしねぇ・・・

あと前のコメントの方のカラーの〆切関連ですがやっぱカラーページは紙から違うので〆切はやくして先に印刷しないと製本出来ないんでしょうね
同人誌なんかでもカラーでオフセットなんか何割か増しで取られるとかなんとか
2012.04.08 Sun 03:24 | URL | らら
Re: タイトルなし
マルダさん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> 「だからどうしたーーー!!」
>
> 一応(・。・)

あざまーすw


> おおー、そういうこと。
> 掲載落ちてもしょうがない部分がありますね。
>
> なぜカラーの〆切りは早いのでしょうか?遅いと製本に響くのか。

やっぱ製本の都合でしょうねー。
あとカラーは代原が効かないから
万が一に備えて〆切早くしてると言うのもあるかもです。


> コミックスもカラー作業ありますよね。〆切りに追われはしないのだろうけどそういうのも並行して行われているのでしょうか?
> 先生方は忙しいですな。

コミックス作業もありますね。
あと増刊の出張版とか。
連載だけでも忙しいのに大変ですな。


> ONE PIECEは1話と2年後の最初の話意外にカラー原稿ありましたかね?
> でも、数えるほどしかないのでしょうな。
> ある意味、貴重ではww

バギーと戦ってたころまでは普通にカラー原稿ありましたね。
今見るとけっこう違和感w


2012.04.08 Sun 17:32 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
ららさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 最近はカラー原稿ほんと少なくなりましたね
> ほんと子供の頃ドラゴンボール連載中とかは巻頭カラーって言ったら3色カラーだったんですが・・・
> 今3色ページは基本アニメ情報になってますしねぇ・・・

3色カラーもありましたね昔は。
いぬまるの大石先生が
「3色カラーは大変なのに原稿料が変わらないから誰もやりたがらない」
って暴露してらっしゃいましたがw


> あと前のコメントの方のカラーの〆切関連ですがやっぱカラーページは紙から違うので〆切はやくして先に印刷しないと製本出来ないんでしょうね
> 同人誌なんかでもカラーでオフセットなんか何割か増しで取られるとかなんとか

やっぱ印刷所の都合が大きいんでしょうね。
カラーが混じるとえげつないほど金額上がりますし。

2012.04.08 Sun 17:35 | URL | psychobind
「だから、どうした」

ONE PIECEは一年に約5巻コミックスを発行
一巻に二話カラーページ回
だから、ジャンプ50号のうち、10回もカラーを担当してる計算になります。
単純計算ですが。
他の先生たちはどのくらい受け持ってるんでしょうね?
2012.04.08 Sun 20:22 | URL | 度々
Re: タイトルなし
度々さん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 「だから、どうした」
( ´ ▽ ` )ノ


> ONE PIECEは一年に約5巻コミックスを発行
> 一巻に二話カラーページ回
> だから、ジャンプ50号のうち、10回もカラーを担当してる計算になります。
> 単純計算ですが。
> 他の先生たちはどのくらい受け持ってるんでしょうね?

多いですよねー。
巻頭カラーのときは間違いなく表紙も描いてますし。

他の先生は、NARUTOが同じくらい、
BLEACH、トリコあたりが次に続くくらいでしょか。

2012.04.11 Wed 21:14 | URL | psychobind
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.06.29 Fri 15:42 | |
カラーを描くと、掲載順が下がる理由がわかりました。確かに大変そうですよね

それと聞いた話ですが、カラーをやるとアンケートが良くなるらしいです。確かに開きやすいし、華やかな印象になります
なので、一時的に順位が落ちてもすぐに持ち直せるそうです
2013.01.18 Fri 23:56 | URL |
Re: タイトルなし
コメントありがとうございますm(_ _)m


> カラーを描くと、掲載順が下がる理由がわかりました。確かに大変そうですよね
>
> それと聞いた話ですが、カラーをやるとアンケートが良くなるらしいです。確かに開きやすいし、華やかな印象になります
> なので、一時的に順位が落ちてもすぐに持ち直せるそうです

バクマン。でも言われてましたね。
カラー回はチャンスだと。

印象に残りやすいのでアンケートで票を入れられやすくなるのでしょうね。
巻頭は特に。

2013.01.20 Sun 09:32 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/368-754d7462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。