日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2012年36・37合併号の感想と予想 | main | 週刊少年ジャンプ2012年35号の感想と予想その1
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2012年35号の感想と予想その2
どうもみなさんこんばんわ。
卓球でポイント取った時「サー」みたいな声出すのって
案外普通だよpsychobindです。

ハンマー投げでシャウトするのと同じくらいには普通。






◆ゴブリンナイト

【屋宜先生】
( ゚∀゚)つ[ポッキー]
           ↓
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

でお馴染みの屋宜先生。

絵がかなり上達しましたね。
少なくとも主人公の造形はかなりよくなりました。
NEXTんときの主人公も作者紹介ページに顔だしてますが。

しかし動きのある絵はイマイチかなー。
というか何やってんだかわからん。
どっちがどっちを殴っているのか。

で、評価ですが、
金未来杯のトップバッターとしては
及第点いってたんじゃないでしょうか。
2年前の一休には劣るけれど
なかなかよくまとまった良作でした。

ただバトル漫画としてはもう一歩ってところですね。


【雪】
読む前は男だと思っていたら
実は女だったと思ったらやっぱり男だったと思ったらやっぱり女だった。

屋宜先生が男女の顔描き分けできてないというのもあるけど、
やっぱ格好・髪型がいかんですよね。
なにこのボーイッシュ。

髪長くするなりスカートはかせるなりしたら
全然問題なかったのに。


【悪役】
相変わらず悪役を描くのが上手い。
NEXT読切の軍曹殿とか
ポッキーの女の子とか、
そしてこの天地さんとか。

新人の読切でよくあるような、
種族の違いとか食事とかの理由で人間を襲う輩よりも、
よっぽど残虐で恐ろしい描写ができてたかと。

悪役に存在感があると話に締りが出ますから、
このキャラメイクの上手さはぜひ伸ばしていっていただきたいところ。

しかしだからこそ、
倒され方もインパクトのあるものにしてほしかったですね。
せっかく炎の能力があるのに。

最初は偶然鉄塔が倒れてきたのかと思ったから
「ラッキーマンみたいな勝ち方したくせに何を勝ち誇ってんのさ鎮くん」
とか思っちゃったよ。






◆タカマガハラ

【「何かしらの特殊な能力を持っているからだ」】
これはひどいページ稼ぎを見た。

m9(□Д□)
だけで2ページとかどんだけ贅沢な使い方だよ。

今週ラストにあの新しい能力者のシーンを持ってきたかったが故に、
こんなことをしてまでページを調整したかったんじゃないかなあ。

見開き以外にも、
文字化の能力も酷いですね。
いくら初披露とはいえ、
発動から封印まで7ページも使うってどういうことなの。
タカマガハラの1/3は文字化でできています。


【LOCK ON】
泥水コーヒーに懐かしのLOCK ONの名前ががが。

ねこわっぱといいコレといい、
川井先生とこれらの作品にどんな関係が?

川井先生自身はアシスタント経験ないらしいから
師弟関係ではないみたいだし。


【新たな力に目覚めた男】
こいつ師匠じゃね?






◆べるぜバブ

正直今週は書くことねーです。

【母君】
この漫画のことだから
すでに死んでいると思わせておいて、
ただの旅行中とか別居中とか引きこもり中とか
そんなオチかもしれないですな。


【久我山】
男鹿の強さを見て「こいつなら・・・」
的な話を側近としていたから
まだこのシリーズ終わりではない、か、
または久我山くんが次のシリーズでも出てくるか。

存外いい人だったのでここで出番終わりは惜しいから
また出てきてほしいな。






◆めだかボックス

【席を立つ】
え~!?
席を立つのって挑発行為なん??

むしろ恋人を殺した挙句に封印して人質にしている一味と
同じ席に座り続けろってのが無茶な話だと思うが。

他の3人も
1時間ずっと何もせずに席に座り続けているつもりだったのかよと。


【彼】
彼 = 鶴喰博士
だとしたら、
今週ラストのセリフは
「彼は黒神めだかの父親などではない」
みたいな言い回しになると思うんで、
やっぱあの謎の院長先生が彼なんでしょうか。

ていうか1時間のトリックが気になりすぎて
それ以外の謎とか伏線がすべからくどうでもいい。






◆BLEACH

【今週のサブタイトルをExcite先生に翻訳してもらうコーナーだった】
日本語・・・だと・・・!?

だったら日本語を英語にしてやれと思ったけど
先生の頭では散桜を英訳することはできませんでしたとさ。


【始解】
始解はてっきり使えないものだと思っていたけど、
使えるの?

それとも「始解の『姿』」だから、
刀および本人は始解状態の姿だけども、
その能力は失われているということでしょうか。

例えば逆撫が奪掠されたら、
反転能力自体は使えなくなるのだけど、
刀はあの穴あき包丁みたいな形状のまま、とか。


【兄様】
死んだか死んでないかで言えば、死んだと思います。

その上で最終的には復活すると思います。

単行本持ってないのでうろ覚えですが、
師匠は
「たたっ斬られてフェードアウトしたが実は生きていた」
というキャラに
「死んだ」
とはっきり言ったことはなかったような気がします。
「霊圧が消えた」ならいっぱいありますけど。

逆に「死んだ」と言われたキャラはだいたい本当に死んでるような。

しかし兄様ほどの人気キャラを
回想も見せ場もなく殺すとは思えないので、
遅くとも最終回前には復活してハッピーエンドになる気が。

どーやって復活するのかというと
なんか海燕inアーロニーロさん方式でどうでしょう。


【奪掠】
ふと思ったけど、
滅却師が卍解を奪って、それを使って虚を倒せば
霊子のバランスも崩れなくて万事丸く収まるんじゃね?


【剣八】
剣ちゃんキター!
なんで倒したザコ3人を抱えてきたのかは知りませんが。
あんたそんなことしてるから登場が遅くなるんだよ。

卍解もクソもないんだから剣八活躍すんじゃね?
とは言われていましたが、
まさかすでに3人も片づけているとは。

素の状態で卍解隊長と張り合う強さなわけですから、
滅却師さんたちにとっては天敵みたいなもんですね。
「卍解使ってみろよほらほらw」
とか余裕ぶっていたら始解のまま斬り殺されたでござるの巻。

剣ちゃんのことだからブルートも「慣れ」で斬れるんだろうなあ。






◆クロガネ

【隠居リターンズ】
いた!!
レア度S級の隠居先生、審判やってたんかい。

しかしだ。
隠居先生が審判やろーがやるまいが
今の展開には毛虱ほども関係ないわけなので、
そこには何か(作者的な)理由があるはず。

1:先週まですっかり存在を忘れていたので急遽理由づけをした
2:いない間に何か訝しい行動をしていた

1だったらガッカリだよ隠居&池沢両先生。


【アシスタント】
そういえばいまさらアシスタント募集してるんですが
まだまだ続くのですかね?

いやまあ漫画家にとっては最終回前だろうがそうでなかろうが
人手が足りなければ死ねるわけなので、
この募集はあんまり今後を占うのには役に立たんかなあ。


【無の構え】
黒鉄くんがノヴァに目覚めた・・・!
そうか彼の目は「脅威」だったのか。

ポルナレフの三択でいうところの1番を
ピンチのときに実行できてしまうあたり、
主人公補正と言わざるを得ないのですが、
その理由を
「感情の高ぶり」とか「才能が覚醒した」とか
「そのとき不思議なことが起こった」とかじゃなくて、
「体力なさすぎて自然にこうなった」
という納得できる形にしているのはよかったです。

と、いうか、
「体力ないから全行動を必要最低限の動きで行う」
ってのは吊り竹地獄のときから言われてたことなので、
むしろ今までのカウンターとかも
ぜんぶ最小限行動の賜物だとおもってたんですが。
今回のこれは
眼に全神経を集中できるようになったのが大きいということでしょうか。

あるいは
今回は特に気合い入れて脱力したぜ! ってこととか。
それなんてグルメヤクザ。






◆戦星のバルジ

【ドべ】
さもありなん。

ただただ、さもありなん。

・メインキャラが少なすぎる
・王具に能力としての魅力がなさすぎる

このへん、
ごく序盤に手を打たなければならんところだったんじゃないかなあ。
旅に出てすぐティコと王具変形を出していればまだ・・・


【ブラックサン】
じゃなかったブラックさん。

回想で登場したと思ったら早速本編に登場。
やはり展開がせっぱつまっているのか・・・

このままだとブラックさんがラスボスで、
彼を倒して俺たちの戦いはこれからだENDになりそうです。





35号はこれにて。

来週は金未来杯で焼野原塵。
これまで金未来杯をギャグ漫画が獲ったことはありませんが、
今回はじめてそれを達成できるやもしれません。
それだけ彼のポテンシャルはずば抜けているw

ではノシ
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 23:03 | トラックバック:0コメント:2
コメント
◆ゴブリンナイト
>【屋宜先生】
ポッキーの人でしたかw

>しかし動きのある絵はイマイチかなー。
>というか何やってんだかわからん。
でしたねー。絵が下手というか、描き込みが足りてないのかな?
締め切りに追われて仕上げたかのような、ラフな絵がところどころ・・・。

>【雪】
>なにこのボーイッシュ。
荒廃して治安の悪い世界観なので、襲われないように・・・
という意見を見ましたね。

私は、「雪はボーイッシュ」=「主人公の弟に似ている」=「だから雪を助けた」
という流れで、雪を男の子みたいなデザインにしたのかな、と思いました。

>【悪役】
>倒され方もインパクトのあるものにしてほしかった
外道なので、体が溶けてウギャーとか因果応報な最期にして欲しかったです。
今回だと、善次郎さんが死んだかどうかよくわからず、スッキリしませんでした。

◆タカマガハラ
>これはひどいページ稼ぎを見た。
破面編のブリーチのようなページ稼ぎは、いかがなものかw
今回でようやく1話終了なんて、あまりにもトロすぎます。
文字化の演出、カッター使いのキレっぷり、など演出面では
見るべきものはありますが・・・。

>【LOCK ON】
>川井先生とこれらの作品にどんな関係が?
つまり、自分には彼らと同じく特殊な性癖がある・・・
そのように主張したいんではなかろうか・・・。

◆べるぜバブ
このシリーズあっさり終わりましたねw 不評だったのかしら。
力技で絵を持ち帰るところは、実にこの漫画らしい。

◆BLEACH
>【始解】
また、日番谷隊長による誤情報ですか・・・。
「刀の声が聞こえない」とは何だったのかw
卍解奪われても始解が使えるのなら、
砕蜂は戦力低下したとは言えませんね。
彼女の場合、始解のほうが使い勝手いいですし。

>刀および本人は始解状態の姿だけども、
>その能力は失われているということでしょうか。
仮にそうだとすると、白哉の刀は柄だけになっているはずなんです。
うーん、エス・ノトさんが勘違いしてるんじゃないかなぁ。

>【剣八】
始末したのは2人かと思ったら、3人だと・・・そして無傷・・・。
完聖体すら披露してないエス・ノトに、完敗した白哉ェ。
まぁ、剣八は小説の件で、大幅パワーアップしてますしね。

「陛下の情報」は恋次や一角の卍解についても、記されているようなので
剣八についても当然記述されていたと思います。
恐らく、特記戦力の1つでしょうね、剣八。

・・・総隊長が拳西化している件。

◆クロガネ
>【隠居リターンズ】
剣道経験者が説明してくれましたが、
「競技人口の関係で、地区大会の審判は参加校の有段監督がやる」
そうです。なるほど。

しかし、別の経験者によると
「珍しくないことだが、自分の学校の監督できない組み方をされるのは、
運営がよほど無能じゃないとあり得ない」
そうで、つまり

1:先週まですっかり存在を忘れていたので急遽理由づけをした

が真実に近いと思われますww

>【無の構え】
疲労が吹っ飛んだかのような描写は、どうかと思いましたw

◆戦星のバルジ
>【ドべ】
編集長が変わってからは、初めてですかねぇ・・・
新連載のこの時点での急落ドベ。

>王具に能力としての魅力がなさすぎる
王具振るうシーンよりも、タドさんがヒャッハーして蹴りまくる絵のほうが
迫力あってカッコいいという、困った現象が・・・。

あと、絵が見にくいんですよね。コマ内の構図が把握しにくいし、
コマとコマの流れも、見直さないとよくわかりません。
今回の王具進化でタド撃退シーンも、初見では「?」でした。
イラストとして見た場合の画力は、高いと思うんですがねぇ・・・。
2012.08.01 Wed 14:51 | URL | plto
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ◆ゴブリンナイト
> >【屋宜先生】
> ポッキーの人でしたかw

あのときは精神でも病んだのかと思いましたw


> >しかし動きのある絵はイマイチかなー。
> >というか何やってんだかわからん。
> でしたねー。絵が下手というか、描き込みが足りてないのかな?
> 締め切りに追われて仕上げたかのような、ラフな絵がところどころ・・・。

もともと画力が達者な方ではなかったので、
今回のも必死にクオリティあげてこの作品だったのでしょうね。
ラフなところはやっぱり間に合わなかったんでしょうか。


> >【雪】
> >なにこのボーイッシュ。
> 荒廃して治安の悪い世界観なので、襲われないように・・・
> という意見を見ましたね。
>
> 私は、「雪はボーイッシュ」=「主人公の弟に似ている」=「だから雪を助けた」
> という流れで、雪を男の子みたいなデザインにしたのかな、と思いました。

なるほど・・・それだったらかなりストンと腑に落ちますね。
というかもうそれしかない気がしてきましたw


> >【悪役】
> >倒され方もインパクトのあるものにしてほしかった
> 外道なので、体が溶けてウギャーとか因果応報な最期にして欲しかったです。
> 今回だと、善次郎さんが死んだかどうかよくわからず、スッキリしませんでした。

「失せやがれ」って言ってるから殺してはいないのかもしれませんね。
鎮くんが直接手を下すのはまずかったのかもしれませんが、
フリーザ様がまっぷたつになったときみたいに
自業自得な感じで派手に散ればよかったのになー、とか。


> ◆タカマガハラ
> >これはひどいページ稼ぎを見た。
> 破面編のブリーチのようなページ稼ぎは、いかがなものかw
> 今回でようやく1話終了なんて、あまりにもトロすぎます。
> 文字化の演出、カッター使いのキレっぷり、など演出面では
> 見るべきものはありますが・・・。

なんというか、演出に命を懸けすぎて
話が停滞しまくってる気がしますね。
このままだと神業の正体が判明する前に打ち切られちゃうよ。


> >【LOCK ON】
> >川井先生とこれらの作品にどんな関係が?
> つまり、自分には彼らと同じく特殊な性癖がある・・・
> そのように主張したいんではなかろうか・・・。

ま、まさかの少年誌でロリレイプだと・・・!?
そういや読切ではそんなことやってましたが。


> ◆べるぜバブ
> このシリーズあっさり終わりましたねw 不評だったのかしら。
> 力技で絵を持ち帰るところは、実にこの漫画らしい。

タマポチだけは良かった。それがこのシリーズの収穫ですかね。
あの絵を使ってまた次回以降なんか起きるんでしょうか。


> ◆BLEACH
> >【始解】
> また、日番谷隊長による誤情報ですか・・・。
> 「刀の声が聞こえない」とは何だったのかw
> 卍解奪われても始解が使えるのなら、
> 砕蜂は戦力低下したとは言えませんね。
> 彼女の場合、始解のほうが使い勝手いいですし。

蜂さんは1発撃ったらバカみたいに疲れますしね。
ぶっちゃけ相手に卍解使ってもらって
疲れたところを雀蜂で2撃した方が効率的に倒せるのではw


> >刀および本人は始解状態の姿だけども、
> >その能力は失われているということでしょうか。
> 仮にそうだとすると、白哉の刀は柄だけになっているはずなんです。
> うーん、エス・ノトさんが勘違いしてるんじゃないかなぁ。

余所のブログで拝見したんですが、
雀部さんがやられたとき、刀は始解状態のままだったらしいんですよ。
ゆえに能力はなくなっても形状はそのままなんじゃないかなーと。

千本桜は刀を「分離させて操る」のが能力だから、
能力を封じられると分離もできなくなって刀形状のまま固まってる、とか。


> >【剣八】
> 始末したのは2人かと思ったら、3人だと・・・そして無傷・・・。
> 完聖体すら披露してないエス・ノトに、完敗した白哉ェ。
> まぁ、剣八は小説の件で、大幅パワーアップしてますしね。

しかしそれでもまだ、眼帯装備中なんですよね。
あれ外したらマジで1人で騎士団殲滅できるんじゃ。


> 「陛下の情報」は恋次や一角の卍解についても、記されているようなので
> 剣八についても当然記述されていたと思います。
> 恐らく、特記戦力の1つでしょうね、剣八。
>
> ・・・総隊長が拳西化している件。

小説版の出来事も考慮されているならば、
間違いなく特記戦力扱いでしょうね。

山じいは本来なら真っ先に陛下のところに駆けつけて然るべきなはずなのに
どこで道草食っておるのか。


> ◆クロガネ
> >【隠居リターンズ】
> 剣道経験者が説明してくれましたが、
> 「競技人口の関係で、地区大会の審判は参加校の有段監督がやる」
> そうです。なるほど。
>
> しかし、別の経験者によると
> 「珍しくないことだが、自分の学校の監督できない組み方をされるのは、
> 運営がよほど無能じゃないとあり得ない」
> そうで、つまり
>
> 1:先週まですっかり存在を忘れていたので急遽理由づけをした
>
> が真実に近いと思われますww

やっぱそうですよねーw


> >【無の構え】
> 疲労が吹っ飛んだかのような描写は、どうかと思いましたw

これまた試合後にぶっ倒れて
次の試合に出られない的なことになるんではw


> ◆戦星のバルジ
> >【ドべ】
> 編集長が変わってからは、初めてですかねぇ・・・
> 新連載のこの時点での急落ドベ。

ここまで急落したのは初めてかもしれませんねえ。


> >王具に能力としての魅力がなさすぎる
> 王具振るうシーンよりも、タドさんがヒャッハーして蹴りまくる絵のほうが
> 迫力あってカッコいいという、困った現象が・・・。
>
> あと、絵が見にくいんですよね。コマ内の構図が把握しにくいし、
> コマとコマの流れも、見直さないとよくわかりません。
> 今回の王具進化でタド撃退シーンも、初見では「?」でした。
> イラストとして見た場合の画力は、高いと思うんですがねぇ・・・。

タドさんはなんか園長を彷彿とさせますね。
堀越先生もそのせいでノリノリで描いてるから妙に迫力出るというかw

コマ割りは改めて見てみると独特ですよね。
既存の流れに捕らわれないというか。
その分読みにくさを助長している感は否めないかもしれません。
2012.08.01 Wed 23:01 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/405-c13b4e6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。