日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

少年ジャンプNEXT! 2012AUTUMNの感想 | main | 週刊少年ジャンプ2012年44号の感想と予想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2012年45号の感想と予想
どうもみなさんおはようございます。
今週の巻末1コマ漫画がお気に入りのpsychobindです。
ときどきとんでもないネタがくるから侮れない。


今週は荒木先生の読切をはじめとして、
なんだかいろいろ盛りだくさんな内容でしたね。

だからというわけではないですが
ちょっとばかし遅れて感想まいります。






◆ここ1ヶ月のジャンプ連載作品人気度推移

※簡単に言えば、ここ1ヶ月で検索ヒット数と掲載順がどう変動したかの推移グラフです

検索ヒット数
・googleブログ検索のヒット数
・発売後1週以内に更新したブログ限定
・2週分の結果を各作品毎に平均
・さらにそれを全作品の平均で割る(号ごとのバラつき排除のため)
・検索ワード:"○○号" 感想 (作品タイトル)
・タイトルがアルファベットのものはカタカナ読みもOR検索。

掲載順
・本誌掲載順の2週分平均を表示
・巻頭やセンターカラーの順位は計算に含めない

グラフ
・前号、前々号のプロットも残して矢印で推移を表示

44info.png


ちょ、銀魂w
たぶんアニメ化および表紙効果でしょうな。

しかし中盤のデッドヒートが激しさを増す一方ですな。
スケット、ニセコイが落ちてきたかと思ったら
黒子と、そしてめだかが再浮上。
めだかもアニメ&表紙効果かなあ。

そしてそんな流れは気にも留めず、
右下でわが道をゆくBLEACH。

タカマガハラと恋染におびき寄せられるように落ちていくクロガネ。
1周年記念で人気投票らしいですが、
エニグマコースになりませんよう・・・






◆ONE PIECE

【扉絵】
ミホークみたいな大層な剣を背負いすぎてるヤリスギ准将は
意外と強すぎるのかもしれません。

G-5には他にネームドキャラがいすぎませんし、
もしヤリスギ准将が弱すぎたら、
兄助が解放されるだけでG-5詰みすぎるかもしれませんね。


【桃の助】
ますますもって謎が謎を呼ぶ桃の助。

竜に変化したというのもそうですが、
「飯を食べない」って。

あの錦えもんの息子だというなれば、
なんかの意地を張って飯を食わないとかいうのも、
まあ1日くらいなら考えられなくはないですが、
あの少女の言い方だと「食わないのが当たり前」な感じでしたし。

食事以外の方法でエネルギーを補給する術でもあるのか、
あるいはそもそも桃の助は「人間じゃない」とか。
ロボットでもなんでもいいですが、
とかく人外の存在であれば、
竜に変わったとかもそこそこ納得できるかなーと。


【モネ】
やはりユキユキの実でしょうね。

能力もさることながら、
厄介なのは「女性」であるということでしょうか。

主人公が女性(しかも美形)を本気でぶっ飛ばすわけにもいかないという
少年漫画的理由からか、
ルフィが殴りかかる前に「無駄なことはするな」と
半ば降伏を薦めるような言葉を吐き、
最終的にも攻撃より逃走を選択したという。

シーザーに対しては2回も出会い頭に特攻かましたというのにw

ルフィも2年前は普通にMsバレンタインとかぶっ飛ばしてたんですけどねえ。
女性大好きなレイリーに師事したことで、
ルフィも2年間で女性の扱い方を理解してきたということでしょうか。


【ルフィ】
そんなルフィ、またしても搦め手に沈むの巻。

今回については、10重のかまくらを破壊するよりも
床をぶち抜いた方が速いというのは理に適っているので、
床を抜いた先がたまたま底なし地獄だったという
運の無さが災いした形になりますが。

とは思っていても、
これはちょいとゾロの「しっかりしやがれ」が空しく聞こえてしまいますね。
せめてこのモネとの対決後に言われたのなら良かったんですが。
これでゾロまでモネに不覚取ったらどうしよう。

でもルフィはUFOで飛べるから脱出は出来なくはないと思うの。


【ヴェルゴさん】
サンジを退け、
さらに心臓というアドバンテージがあるとはいえローを一蹴したヴェルゴさん
マジTSUEEE!

しかもここでスモやんがヴェルゴさんを倒せば、
ローに敗北して下がった格を、
ロー本人へのリベンジを果たさずして一気に取り戻すチャンス。
うまいことマッチメークしたもんだわ尾田先生。

今んところ、六式と武装色?くらいしか戦闘力についてはわかりませんが、
カウンターショックを食らって血反吐を吐きながらも
「効かない」と評されるこのしぶとさは何なんでしょう。

ここで「竹」か。
竹のようにしなやかに攻撃を受け流しうんぬん。


【スモやん】
スモやんの今後の動きがちょっと気になります。
パンクハザード編が終わった後ね。

海軍の中に、
海賊の息がかかった人物が潜り込んでいることを知った彼は
今後どう動くのでしょう。
そんな人物がヴェルゴさん1人だけとは限らないですし。

外部から政府と敵対するルフィらとは別に、
内部から政府と戦う勢力になってくれると面白いなあと
スモやんに期待をかける。

ドフラミンゴも、スモやんが生きて帰れば
たぶん七武海の権限剥奪ですよね。
アイツは今さら権限失ったって痛くもかゆくもないのかもしれませんが。
あるいはドフラミンゴと取引している政府の上役が
またもみ消すのか。


【帽子】
なんとなく、
落ちたローの帽子を最下層のルフィが発見して
そこから上に昇ってくるような展開のヨカーン。


【フランキー】
あなたは今どこで何をしていますか。


【巻末】
原稿お休みして特撮博物館行ってきた尾田先生。

アレですか。
次の島では怪獣大戦争でも描くおつもりですか。






◆暗殺教室

【煽り】
「問スター」とか「でKillまで殺る」とか、
担当の言葉遊びも相当なものですねこの漫画。


【J最強決定戦】
NEXTで開催されるせんせーvs斉木楠雄がけっこう楽しみです。
どっちが話考えるんだろう。

ジャンプ最強という触れ込みですが、
確かに地球破壊クラスと世界滅亡クラスの2人が
現ジャンプ主人公では最強ですかねえ。

ナルトや一護でも広域殲滅能力では敵わないか。


【問スター】
松井先生の「化物を描きたい症候群」がとうとう抑えられなくなってしまいましたかw

せんせー以外の人外を描いてないし描く機会もありませんでしたからねえ。
しかし松井先生のクリーチャーデザインは
唯一無二の武器ですねえ。


【E組】
せんせーと生徒たちの間に
確固たる信頼関係が築かれつつありますが、
これがあまりに進みすぎると
せんせーを殺すこと自体をためらってしまいそうですね。

前回の「もうせんせーの授業無しじゃいられない」の妄想からすると、
せんせーはもう半ば「地球壊す気はありません」
と白状したようなもんですし。






◆めだかボックス

【十三組の十三人】
ってサブタイトルだから裏の6人まで出てくるのかと思ったら
出てこなくてショボーンでした。

ところで今さらなんですが、
十三組の十三人なのに、表と裏を足しても12人しかいないのはなんででしたっけ?
雲仙くんを加えて13人なんでしたっけ?


【言彦】
十三組が言彦をボコれるのは、
まあ言彦が遊んでるだけだから、ということなんでしょうが、
だったら
「言彦を轢くなんて」という驚きがなんかおかしいというか唐突というか。

いままでさんざ攻撃を食らってたのに
自動車によるひき逃げアタックだけそんな評価するのはどうなのよ。

あのときの言彦はすでに遊びを終えた本気モードだったから、
ということかもしれませんが、
言及がないのでモヤモヤがどうしても残る。


【半纏】
HANTEN!

遂に来た! 半纏の時代が来た!
このまま後ろ向きで連載終了までいくのかと思ったですよ。

安心院さんと反転したってのは、
今まで表舞台で活躍していた安心院さんが退場したから、
ずっと裏方だった自分が表舞台に立つことができる、
ってことですかね。

悪平等はどちらか1人しか表舞台に立つことができない、
みたいな制限でもあるんですかね。
まるでどこぞの
死んだらローテーションで入れ替わる3人の魔法使いみたいだ。






◆BLEACH

【今週のサブタイトルをExcite先生に翻訳してもらおうのコーナー】
お久しぶりです先生!

The Extinction

消滅

短っ。
ンマー、久々ですし、リハビリということで。


【ロイド・ロイド】
最初のページで、絵柄でBLEACHだということはわかったんですが、
「あれ前回の話なんだったっけ?」
と混乱するくらいにはイミフでした。
ロイドさんの正体を思い出したところですべてが一本に繋がりました。

前回の偽陛下騒動はこれが答えということですね。
「記憶」を真似る方のロイドが
陛下になりきって山じいの相手をしていたと。

「力」を真似る方に陛下をコピーさせた方が良かったんじゃね?
という意見もあるかもですが、
その場合、陛下と同等の力を持ったロイドが反逆する恐れがあるので、
部下をまったく信用していない陛下はそんな危ない橋は渡らないでしょう。
ってこのコピー能力にも思うところがあるのですがそれは後述。


下で述べる卍解奪掠の件といい、
今回の師匠は切れっ切れですね。

ロイドさんというコピー能力者の存在を、
読者に知らせてはおくけど印象には残らせない
「剣八のかませ」
という方法で消化するという。
師匠お得意の「伏線レベル3」ですね。


【能力】
あと、ロイドらの例からすると、
滅却師たちの能力は
「陛下から○○の文字を与えられた」とか言ってましたけど、
別に陛下から与えられた能力ではなく
彼らの生来の能力みたいですね。

つまり陛下は部下に仇名を付けていただけなのか。
「お前ら、明日からユアセルフな」


【剣八】
しかし解せないのが、
陛下のガワだけかぶってたロイドさんに剣八が敗北している点ですね。

そもそもロイド兄弟の能力、コピーできるのは
兄:力と技術の全て
弟:記憶と精神の全て
らしいですが、
「力」というのは筋力や脚力などのパワー、
「技術」というのは剣の腕前とか瞬歩とかのテクニック、
なのであって、対象の「特殊能力」とかはコピー不可能だと思うんです。

剣八がコピー剣八(ロイド兄)に勝てたのは、
「霊圧制御」でコピーの実力を上回ったからのはず。
つまりコピーの側は「霊圧制御」が使えなかったってことです。
故に兄ロイドの能力では
対象の固有能力まで真似ることはできないだろうと。

だから、特殊能力のコピーは
弟ロイドの「精神」のコピーに含まれるんじゃないかなあと。
記憶はわかりますけど「精神」って具体的に何よ? って話ですし。

偽陛下(弟ロイド)が極大防御呪法という滅却師の最大奥義的な術を使えたのも、
術・鬼道・特殊能力といった
間接攻撃系の能力値がそのまま陛下のそれをコピーしたものだからではないかな。

で、ようやく本題。
陛下をコピーした弟ロイドは、
力などの基本ステータスはロイドのままだけど
特殊能力だけは陛下のステータスのそれになっている状態。

極端な例えをするなら
「レベル1だけど魔力255でギガデインが使える」ような状態?

剣八は相手の基本ステータスが低かったから、
霊圧制御がマイナスに働いてフルパワーを出せなくなっていた。
そこに「威力だけは陛下レベル」の一撃が来たら剣八さんでも倒れるだろうという。


【卍解奪掠】
やられた・・・!

そう、我々は全員、師匠にしてやられていたのである。

なぜか自信満々に卍解を使う山じい。
それを奪わない陛下。驚く青ビョウタン。

我々読者は心の中でツッコミ続けた。
「何で卍解奪わないん?」と。
その説明を待ち続けた。何週も何週も。

そしてようやくその答えらしきものが作中で語られたとき、
待ちに待たされた読者たちの群れは
何も考えずにその答えに飛びついてしまった。
「やっときたか」という気持ちが強すぎて、
「その答えが嘘かもしれない」
という可能性に考えが及ばなかったのである。

事実、前話において、
山じいの説は滅却師側の誰からも、
「否定も肯定も」されてはいない。
つまり山じいの言ったことは「仮説」の域を出てはおらず、
それが間違いである可能性は十分に考えられたはずなのである。

しかし我々はそれに気がつかなかった。
師匠の類まれなる作戦により。
我々は師匠の掌の上で踊らされていたも同然なのである。


【奪掠条件】
これにて、
「恋次の卍解は奪えるのか?」
「日番谷の卍解は完成したのか?」
「情報の少ない雀部の卍解がなぜ奪われたのか?」
等の疑問にも一応の回答が出た形になりますね。

別に情報の過少や成長性の有無に関わらず奪えるよ、と。

山じいも、「一護の卍解は奪えない」
ということから推測してあの仮説を立てたのであり、最初から知っていたわけではないのでしょう。

しかし、逆に増えた謎が一つあります。
結局、一護の卍解が奪えないのはなぜなのか?
わかったと思ったとたんにまた迷宮入りか。


【スパイ】
ところで卍解奪掠の条件がまたわからなくなっても、
スパイの可能性は消えたわけではありません。
「雀部さんが2000年も卍解を使ってない」なんて、
滅却師側はやたら内部事情に詳しいですし。

というわけで、今週シーンすら省略でぬっころされた
沖牙さんがスパイ候補として怪しいのではなかろうか。


【藍染】
藍染様復活の兆し?

陛下は手下にする気でいたけれども、
不死身な上に超戦闘力の藍染様を制御し切れる自信があるのだろーか。

たぶん純粋な戦闘力なら山じいすら上回っているだろうし、
加えて不死身と完全催眠でどう考えても手におえない危険物件ですよそれ。

あるいは
聖隷を使えば不死身の藍染様といえども抑えつけられるのかな。






◆岸部露伴は動かない

【ジョジョ講座】
ファンが集まるとだいたい・・・

Q:第何部が好き?
A:甲乙つけがたいが5部。

Q:どのスタンドが好き?
A:クラフトワーク。バトル自体はチープトリックのそれ。

Q:岸辺露伴のどの台詞が好き?
A:「書いといてやるよ」 ⇒ 地獄に行く

Q:ヘブンズ・ドアーで誰になんて書いてみたい?
A:冨樫先生に「漫画を描く」


【エピソード5】
もうこんなにやってたのか。
たぶん最初のポップコーンを落とさず食うやつしか読んだことなかったですわ。
いつのまにか破産してるし何やってるんだ露伴先生w

内容は相変わらずの日常に潜む非日常からの
ちょっとしたホラー・サスペンス、そして知略も用いた逆転劇と
いつものジョジョ、いつもの第4部でした。

そういや完結してから一気読みする気だったSBRにまだ手を付けてないなあ。


【ヘブンズ・ドアー】
えーと、
「トウモロコシに正解」で1つ得られるものとして泉さんの命を、
少年が3回畳の縁を踏んだから、
「少年が3つ失った = さっき泉さんから奪った3つの命(母、彼、鳥)」
が返って来たという解釈でよろしいか?

ちなみにヘブンズ・ドアーって
書きこめば「不可能すら可能になる」チートな使い方もできるので
(例:イタリア語が喋れるようになる)
泉さんに「マナーを遵守する」って書きこんでから再チャレンジしたら
簡単にクリアできたりしないだろうか。






◆ハイキュー!

【仇名】
デカツン、トサカヘッド、濃い坊主の人。

日向のあだ名センスは中二的要素もなく
実に現実的なものですね。
仇名としての役割を至極真っ当に全うしている。
髪型に注目するきらいがありますが。

中学高校のとき、相手校の選手とかって
だいたい苗字か、あるいはこんな感じで憶えてたしなあ。

ただ最後についてはもうちょっと何とかならなかったものかw


【試合展開】
ここにきて、
「音駒がどうやって得点しているのか」が明らかになってきましたが、
これを最初(1セット目)に描いてから、
その後描写カットして得点経過のみ、という流れにはできんかったのだろうか。

だってAクイック⇒一人時間差や、全員攻撃からのバックアタックとかは、
この2セット目が初見なわけですよねみんな。
ってことは1セット目はさらに違う方法で点を取っていたことになるわけで。
その方法とは何ぞや? という疑問はやっぱり消えない。


【福永】
FUKUNAGA!
やっと福だけでなく出番も招いてくれたか。

誰だって?
今週バックアタック撃った彼ですよ。決まらなかったけど。

ンマー、まだセリフ1回もないし、
夜久さんみたいな大ゴマも貰えてないしで扱いは悪い方ですけどね。






◆べるぜバブ

【仲間】
背中を預けられるヤツも横に並んで立つヤツも
今の男鹿には両方ともありますよ。
というちょっとイイ話。

背中は預けてるというより背中で預かっているという方が正しい気もしますが。


【古市】
古市にもなんか秘密があるんじゃねフラグと
便利アイテム:ティッシュを手に入れて終了した? このシリーズですが、
やはり後々の決戦にそなえて
古市も戦力になれるようにと用意されたものである気がしますね。

前回の大戦、とかアスランとか、
いろいろ今後の大きな戦いを予感させる伏線は随所に張ってありますし、
そこで古市が戦闘力0のくせにツッコミ役としてだけそこに参加するのは
さすがに不自然ですしねー。


【キャラ】
ラストの一同集結を見て。

東邦神姫やその取り巻き達のキャラは抜群なんですが、
抜群すぎて新キャラを出してもなかなかレギュラーに食い込めないという歯がゆさもまたありますね。

六騎聖とか、柱師団とか、
いいキャラはそろってるんですけどねえ。もったいない。






◆クロガネ

【次週】
少し遅れの1周年記念カラー&人気投票開催!
といういつものジャンプの流れ。

あれだ、開始当初は漫画の内容以外のところで
いろいろ話題になりましたが、
マイナスからのスタートと言えるものでありましたが、
それでもなんやかんや1年続き、VOMICにもなり、
新人作家の1作目としてはまあ成功の部類に入るのではないでしょうか。

しかし、この人気投票、
結果発表を本誌で迎えることはできるのであろうか・・・

順位は順当に黒鉄くん1位だと思いますが
投票するなら黒鉄ママンに1票入れたいと思います。


【まこっちゃん】
一人称が「僕」?
ノンノン。
そんな女性キャラはこのご時世、珍しくもないのだぜ。
と、あくまで女性推しの態度は崩さないw

師匠的ポジもいいかなと思ってたら
一週間後にまた来る、って。
地獄の合宿でパワーアップした黒鉄くんにリベンジされる気まんまんじゃないですかやだー。


【飛花】
五月雨と似ていますが、
こちらは右手一本で繰り出しています。

五月雨と思わせておいて型の違う突きを繰り出す技なのか、
あるいは突きではなく面の形に変化した技なのか。
ジャンプしている所を見ると後者っぽい?

どちらにせよ、桜夏七式って全部あの構えから繰り出すみたいですね。
つまり七択攻撃か。






◆タカマガハラ

【「タ」「カ」「マ」「ガ」「ハ」「ラ」】
このネタ好きね川井先生w


【エミシ】
ワンナップだけってことはないですよね。
それだと大樹さんの三点リーダーを解読できる理由にならない。

大樹さんの神業も含めて考えると3パターンあって、
1:大樹さんの使っている神業こそがエミシの真の神業
2:大樹さんの神業とエミシの神業は別で、エミシが大樹さんを操作している。
3:大樹さんの神業とエミシの神業は別で、エミシと大樹さんに関わりは全くない。

どのパターンにせよ、
大樹さんに近づくと「音が聞こえなくなる」
のはこれたぶん間違いないと思われます。

「機械のように正確な打撃」は、
これエミシが大樹さんを格ゲーの要領でコントロールしているなら
納得できるんですよね。

というわけで、予想としてはパターン2。
大樹さんの神業は「音操作」
エミシの神業は「他人操作」
で、どっちも直接攻撃系ではなく間接攻撃系だったと。


【どんな能力も使い方次第】
しかし青いごはんの能力はディオ様でも擁護できないレベルw

鼻毛の方は極めたらボーボボのようになれそう。






◆読切

次号から読切3連弾が開始。

【恋愛銀河区石川荘】
キタ━(゚∀゚)━(∀゚ )━(゚  )━(  )━(  )━(  ゚)━( ゚∀)━(゚∀゚)━ !!

クロスマネジと同じ、新世代杯の勝者です。
またラブコメっちゃあラブコメなんですがまあ読んでみ。

心配なのは、これだけ新作ではなくて
「NEXTの焼き直し」なので、
NEXT読者から人気を獲れるのかどうかという点ですが。

あと宮島先生の名が出るたびに宣伝してますが
GOD LUCK!」名作です。第47回。
読んでおきたまえ。


【呪禁奇譚宮浦さん】
改造人間ロギィの人ですね。
え? 憶えてない?
トレジャーで佳作ではなく準入選とって本誌掲載されたアレですよ。

「準入選」なんてめったに出ない評価をいただいてることもありまして、
期待してもよろしいのではないでしょうか。


【六攻特課】
こちらはいつぞやのNEXTで
HIYOTA GETを描いてた人。

動きのある絵が凄い上手かった印象がありやす。
あらすじを見る限り、どっかで聞いた様なお話なので
どこまで予想を裏切ってくれるか。






◆その他作品

ありがたくもリクエストもあったことですし、
今号は休日発売で時間もありますし、
小粒ですが全作品感想書いてみますよ。

あ、読んでる作品限定で、ですね。


【NARUTO】
たしか、万華鏡の覚醒条件は
「親しいものを自分の手で殺すこと」でしたよね。
カカシ先生がいつのまにか万華鏡に開眼していましたが、
なるほどこういうことでしたか。

このへんの、カカシ過去~オビト=仮面の男
あたりの設定は、岸本先生が昔から力入れて作りこんだ部分なんでしょうね。
今すっげーノリノリで描いてるんだろうなあ。

こう、伏線を多用する作品のいいところは、
「作者のモチベーションが下がりにくい」というのが1点挙げられると思います。
伏線撒いたら、それを回収するところまで描きたいって思いますものね普通。


【ニセコイ】
ズコー

ONE PIECEでも、
「サンジの心臓が止まった ⇒ ウソップが胸の左右を間違えてただけでした」
というとんでもないオチを週またぎで食らわせたことがありましたが、
今回の
「キス ⇒ 寝てた&キムチ」
もなかなか。

この作品はラブコメ漫画なのだから、
主人公とヒロイン誰かがくっつくくっつかないというのは作品の根幹に関わる問題なわけで。
それを匂わせておきながら次週でちゃぶ台をひっくり返すのは
かなり読者的ダメージ大きそうですよね。

これもONE PIECEで例えるなら
「ワンピースが見つかったぞ! ⇒ 服の方でした」
くらいご無体なヒキとオチではなかったかと。


【斉木楠雄】
巻頭&表紙か・・・
せんせーとのJ最強決定戦に勝利して
副賞として貰ったのだろうか。

なんてことはともかく、伊達に何回も本誌読切をやってないですね。
ここまでの人気が出るとは。
本編自体の感想はなかなか書きにくいんですが
いつも楽しく読んでおります。


【トリコ】
肉弾戦メイン ⇒ エネルギー波メイン
の流れは
ジャンプの古典にして伝統的な能力シーケンス。

トリコもその流れには逆らえなかったか。
ンマー、レッグナイフとかはすでに気円斬みたいになってましたけどね。


【黒子のバスケ】
ミドリンがゾーンに入ると思ってたら入らなかったので、
黄瀬くんも入らずに負けてしまうのかなあ。

何気にキセキ2人目のゾーン突入者である紫原くんはけっこう優遇されてるのかもしれない。


【伊達先パイ】
荒木先生に言及するとはこやつ、出来る。

「まごうことなき変態」という言葉を
ジャンプ誌面で見る日がくるとは思わなかったですよw
ギャグそのものはけっこー好きです。


【銀魂】
銀魂世界の歴史的にはアレでしたっけ。
幕府成立までは現実の史実の通りで、
幕末あたりで天人が絡んできて現実の史実とは異なる形になったんでしたっけ。

この世界にも信長や家康は存在していたのだなーと改めて。


【クロス・マネジ】
てーねーに描いてることはわかるのですが、
今週の話まで進めてもまだ、
「読切時の話の3/4程度」でしかないのですよね。

マネージャーを真剣にやろうと考え始めた主人公に
外部から圧力がかかり始めるという。

この作品はNEXTと本誌で2回も、類似した話を発表しているわけなので、
3回同じような話をやるよりは
急いで「次の」展開に持っていった方が生き残れそうな気がしますです。


【SKET DANCE】
巻末コメント、
自分はさらば青春の光がイチオシでした。


【リボーン】
川平のおじさん!! 川平のおじさんじゃないか!!

唯一残っていた未回収の伏線がここで回収されてしまったということは、
やっぱリボーンはこのシリーズでもって終了するんでしょうね。
いざ終わりが近づいてみると寂しい限り。


【ジャン魂G!】
アホ郵便屋さんは美しさすら感じる素晴らしいネタだと思いました。






というわけで今号も終わりましたが、
すぐにNEXTが発売されますので
今週はジャンプだらけの密度の濃い週になりそうです。

ではまた近いうちにノシ


スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 08:20 | トラックバック:0コメント:14
コメント
長文失礼します
ハイキュー

バレーボールってのは相手のブロックが相当に強力でなければ
普通にアタック打って決まるモノです
問題は相手のブロックが攻撃を読んでついてくる場合ですので
今回あったような速攻を使って相手を惑わす訳です
音駒が今回使っていたトリッキーな攻撃は
それまでのパターンが通用しなくなってきたから使ったのだと
思われます
作中の"引き出しの多さ"というのはこういうのではないかと
どういう攻撃でも繰り返しているうちに慣れる、
と研磨くんが言っておりましたがアレは音駒側だけでなく
烏野側にも言えることだと思います
パターンに慣れた相手に新パターンを見せることによって
混乱させ、従来のパターンも機能させる
ひどく理にかなったバレーボールかと思われます
なんにせよ今週も非常に上手い展開でした
誰一人好感度は下がっていないし

長々と偉そうに長文失礼しました
でもやっぱりこれは経験者としての観点なわけで
初心者には分からないよなあσ(^_^;)
2012.10.07 Sun 10:32 | URL | 通りすがり
◆ONE PIECE
>【モネ】
>厄介なのは「女性」であるということでしょうか。
それに加え、良くも悪くも賢いですよね。ナミとロビンを足したよう。
「攻・防・速」の合計値では、ルフィより圧倒的に落ちると思いますが、
逆に「知」の部分では圧倒してますよね。

・・・ま、ルフィがアホすぎるだけ、という気もしますがw

>【ルフィ】
>そんなルフィ、またしても搦め手に沈むの巻。
ゾロとのやり取りが、台無しじゃないですかー!
「油断しない」とゾロに返してたのに・・・。

詳細不明な能力者に、接触させては駄目ですよねぇ・・・。
「避けられなかった」でなく「避ける気がなかった」
んでしょう、あのシーン・・・。
しかも、床破壊して落下・・・どこのヤミーさんだ。どこの覆面レスラーだ。
(彼らは、他人に床を破壊され、落ちていった人たちですが)

◆暗殺教室
>【煽り】
コミックに全収録して欲しいデキ。

センスある人が担当ですと、松井先生もアイディア考案に
困ったとき、頼りがいがあるのではないでしょうか。

>【問スター】
置き換えて描くのは、松井先生と島袋先生がうまいですよねー。
冨樫先生も結構上手だったかな? 休載長くて忘れたよ・・・。

>【E組】
>せんせーを殺すこと自体をためらってしまいそうですね。
この方面での切迫感は、もう無いに等しいですねw
ただ、この緩んだ空気を引き締める何かを、
松井先生なら用意してくれてるはず・・・という信頼感はあります。

◆めだかボックス
>【十三組の十三人】
>ってサブタイトルだから裏の6人まで出てくるのかと思ったら
ネタバレになるから、控えたのかな・・・。

雲仙冥利を加えて、十三人だったようですね。
めだかとの対決後、負傷を理由にメンバーから離脱したそうです。

◆BLEACH
>【剣八】
>極端な例えをするなら
>「レベル1だけど魔力255でギガデインが使える」ような状態?
腑に落ちました。
山じいの始解を受け、軽傷で済んでいたことから、
弟ロイドの「素の戦闘力」は異様に高いのか、と思っていましたが
陛下の特殊能力(血装以外の、身体強化の技?)で、
自身の肉体をガードしていたのかもしれませんね。

「霊圧」の面で、山じいを騙くらかせていたのも、
陛下の特殊能力に、そういった技が存在していたからとか。

>【奪掠条件】
>「情報の少ない雀部の卍解がなぜ奪われたのか?」
山じいの仮説が外れた今回、陛下の一言によって
「2000年鍛え続けた雀部の卍解は、ドリスコールさん程度でも扱える」
ことになってしまったw

山じいの「この程度ではない!」発言が、出力を抑えて使っていた
ことの証であると思いたいっ・・・。

>【スパイ】
弟ロイドvs山じいの現場に居合わせなかった陛下が、
なぜか「残火の太刀・南」の性質を知ってましたからね。
(青ビョウタンの固有能力が、「自分の見聞きしていることを
他者と共有する」という可能性もありますが)

◆岸部露伴は動かない
山の神さんに質問。心を覗くのはマナー違反と判断したのに、
書き込むのを華麗にスルーした理由は?w

◆クロガネ
>【次週】
>少し遅れの1周年記念カラー&人気投票開催!
>しかし、この人気投票、
>結果発表を本誌で迎えることはできるのであろうか・・・
NEXT完結編で発表の可能性。もしくは、コミックで・・・うわあああ!
ただ、『PSYREN』のように、巻き返す可能性もないとは言えません。

それはさておき、黒鉄ママンが一番可愛いですよねw

◆タカマガハラ
>【エミシ】
>ワンナップだけってことはないですよね。
キクチ先生も「攻撃力の高い者ばかり集めた」と
言ってましたからねぇ。ワンナップは攻撃力とは関係ないですし。

パターン2だと、2人の神業が説明できておいしいですね。
ところで、ヤマトの「神業」にまるで興味を抱けなくなりました。
他の連中の「神業」のほうが、面白いんですもん・・・。

>【ニセコイ】
>ズコー
前回のヒキを台無しに、てのは何度もやってきましたが
今回は連載開始以来、最大級でしたね。
さすがに、アンケに影響するかと思われます。酷すぎるw

>【斉木楠雄】
>巻頭&表紙か・・・
今のジャンプは、打ち切り組が強いですよね。
(『バルジ』や『パジャマ』は無かったことに・・・)

NEXTでの、殺せんせーとのコラボが楽しみすぎるんですが。
両作品ともコメディの質が高いので、えらい名作になりそう。

>【トリコ】
最後のページの演出に、大笑いしました。
トリコたちと四獣本体の形勢が、一瞬にして逆転。

「食欲玉」の威力が、パッと見ただけで理解できます。
優れた演出力ですよねー。

>【クロス・マネジ】
櫻井の設定や、豊口が櫻井を勧誘するまでの展開は
丁寧でしたが、そこからは読切よりも雑になってますね・・・。

この漫画、当初はスポーツ漫画と思って読んでましたが、
どうも櫻井物語のようで・・・まぁ、主役が櫻井なので当然のことなんですが、
櫻井を引き立たせるために、周りを犠牲にしているのが問題かと。

「部員数忘れてました」で、豊口の「ラクロス好き、部長」設定を
台無しにしたり、鳥海を「急遽、陰湿な悪役」に変貌させて
登場させる・・・と、読んでて引っかかる部分多いです。
2012.10.07 Sun 20:02 | URL | plto
Re: 長文失礼します
通りすがりさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ハイキュー
>
> バレーボールってのは相手のブロックが相当に強力でなければ
> 普通にアタック打って決まるモノです
> 問題は相手のブロックが攻撃を読んでついてくる場合ですので
> 今回あったような速攻を使って相手を惑わす訳です
> 音駒が今回使っていたトリッキーな攻撃は
> それまでのパターンが通用しなくなってきたから使ったのだと
> 思われます
> 作中の"引き出しの多さ"というのはこういうのではないかと
> どういう攻撃でも繰り返しているうちに慣れる、
> と研磨くんが言っておりましたがアレは音駒側だけでなく
> 烏野側にも言えることだと思います
> パターンに慣れた相手に新パターンを見せることによって
> 混乱させ、従来のパターンも機能させる
> ひどく理にかなったバレーボールかと思われます
> なんにせよ今週も非常に上手い展開でした
> 誰一人好感度は下がっていないし
>
> 長々と偉そうに長文失礼しました
> でもやっぱりこれは経験者としての観点なわけで
> 初心者には分からないよなあσ(^_^;)

いえ。
経験者からの貴重なご意見ありがとうございますm(_ _)m

わたくしドシロートですんで
いつも思いつきで好き勝手なこと書かせていただいてますので、
頓珍漢なことも言ってるかと思います(´ー`;)

まとめますと、
1セット目は普通に音駒側のアタックが決まっていて、
今週の2セット目のアレは
慣れてきた烏野側をかく乱するための奇策という感じですかね。
2012.10.07 Sun 20:32 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ◆ONE PIECE
> >【モネ】
> >厄介なのは「女性」であるということでしょうか。
> それに加え、良くも悪くも賢いですよね。ナミとロビンを足したよう。
> 「攻・防・速」の合計値では、ルフィより圧倒的に落ちると思いますが、
> 逆に「知」の部分では圧倒してますよね。
>
> ・・・ま、ルフィがアホすぎるだけ、という気もしますがw

「なにもするな」の主である可能性も残ってますし、
ローの作戦が失敗したのもモネのせいですし、
頭の良さは今後も厄介になってきそうですね。


> >【ルフィ】
> >そんなルフィ、またしても搦め手に沈むの巻。
> ゾロとのやり取りが、台無しじゃないですかー!
> 「油断しない」とゾロに返してたのに・・・。
>
> 詳細不明な能力者に、接触させては駄目ですよねぇ・・・。
> 「避けられなかった」でなく「避ける気がなかった」
> んでしょう、あのシーン・・・。
> しかも、床破壊して落下・・・どこのヤミーさんだ。どこの覆面レスラーだ。
> (彼らは、他人に床を破壊され、落ちていった人たちですが)

あれが身体を接触させて冷やす、とかでなくて
遠隔攻撃で体温を奪う、
とかだったらまだ納得できたんですけどねえ。

床に落ちた人はその後復活してリベンジするのが伝統ですので
そっちに期待しておきましょうw


> ◆暗殺教室
> >【煽り】
> コミックに全収録して欲しいデキ。
>
> センスある人が担当ですと、松井先生もアイディア考案に
> 困ったとき、頼りがいがあるのではないでしょうか。

作家と編集の二人三脚は
いい作品を作るための必要条件ですものね。

松井先生についていく編集はかなり大変かもしれませんがw


> >【問スター】
> 置き換えて描くのは、松井先生と島袋先生がうまいですよねー。
> 冨樫先生も結構上手だったかな? 休載長くて忘れたよ・・・。

冨樫先生もレベルEとかでいろいろ描いてた記憶がありますね。
HxHではどうでしたか・・・もはや記憶の彼方w


> >【E組】
> >せんせーを殺すこと自体をためらってしまいそうですね。
> この方面での切迫感は、もう無いに等しいですねw
> ただ、この緩んだ空気を引き締める何かを、
> 松井先生なら用意してくれてるはず・・・という信頼感はあります。

停学中?の生徒4人が帰ってきたら、
またシリアスな雰囲気に戻してくれるかもしれませんね。

カルマ君以上にぶっとんだ生徒を出すのも
松井先生ならやってくれるはず。


> ◆めだかボックス
> >【十三組の十三人】
> >ってサブタイトルだから裏の6人まで出てくるのかと思ったら
> ネタバレになるから、控えたのかな・・・。
>
> 雲仙冥利を加えて、十三人だったようですね。
> めだかとの対決後、負傷を理由にメンバーから離脱したそうです。

たしかに、今だしたらネタバレもいいところですねw
つっても彼らほとんど活躍してないですけどw

やはし雲仙くんでしたか。
もう記憶があいまいになってていかんなあw


> ◆BLEACH
> >【剣八】
> >極端な例えをするなら
> >「レベル1だけど魔力255でギガデインが使える」ような状態?
> 腑に落ちました。
> 山じいの始解を受け、軽傷で済んでいたことから、
> 弟ロイドの「素の戦闘力」は異様に高いのか、と思っていましたが
> 陛下の特殊能力(血装以外の、身体強化の技?)で、
> 自身の肉体をガードしていたのかもしれませんね。
>
> 「霊圧」の面で、山じいを騙くらかせていたのも、
> 陛下の特殊能力に、そういった技が存在していたからとか。

滅却師のみなさんはいろいろ便利な術を持ってますからねえ。
陛下仕様の術が使えれば格下のロイドさんでも
剣八や山じいと渡り合えそうです。

例えば陛下仕様の乱装天傀とか使えば
陛下並のポテンシャルを疑似的に出せたりしないでしょうか。


> >【奪掠条件】
> >「情報の少ない雀部の卍解がなぜ奪われたのか?」
> 山じいの仮説が外れた今回、陛下の一言によって
> 「2000年鍛え続けた雀部の卍解は、ドリスコールさん程度でも扱える」
> ことになってしまったw
>
> 山じいの「この程度ではない!」発言が、出力を抑えて使っていた
> ことの証であると思いたいっ・・・。

あるいは、ドリスコルさんが扱いきれなかった結果が
「この程度ではない!」だったのかもしれませんw


> >【スパイ】
> 弟ロイドvs山じいの現場に居合わせなかった陛下が、
> なぜか「残火の太刀・南」の性質を知ってましたからね。
> (青ビョウタンの固有能力が、「自分の見聞きしていることを
> 他者と共有する」という可能性もありますが)

そういや陛下、なんでか南のことを知ってましたね。
青ビョウタンがお仕事したのでしょうか。
ていうかいい加減にあいつも何かしないと、
副官としての立場がないですよねw


> ◆岸部露伴は動かない
> 山の神さんに質問。心を覗くのはマナー違反と判断したのに、
> 書き込むのを華麗にスルーした理由は?w

山の神さん的には、
ヘブンズドアーで相手を本にして行った行為を
全部ひっくるめて1回とカウントしているのかもしれないですね。

露伴先生は少年の中身についてそれこそ何ページにもわたって覗き見したわけですけど、
ペナルティになったのは1回だけですから、
少なくとも「相手の中身を読む」という行為に対しては
何ページ読もうがペナルティは1回しか与えられないみたいです。

読むも書くも「1回のヘブンズドアー」とカウントされているってことですかね。
山の神さんけっこうアバウトw


> ◆クロガネ
> >【次週】
> >少し遅れの1周年記念カラー&人気投票開催!
> >しかし、この人気投票、
> >結果発表を本誌で迎えることはできるのであろうか・・・
> NEXT完結編で発表の可能性。もしくは、コミックで・・・うわあああ!
> ただ、『PSYREN』のように、巻き返す可能性もないとは言えません。

果たしてクロガネの進む先は
「みえるひと」か「PSYREN」か・・・
けっこう沈んでは復活するを繰り返している作品なので、
ここからまた蘇ってくれるかもしれませんねw


> それはさておき、黒鉄ママンが一番可愛いですよねw
Exactly(その通りでございます)!


> ◆タカマガハラ
> >【エミシ】
> >ワンナップだけってことはないですよね。
> キクチ先生も「攻撃力の高い者ばかり集めた」と
> 言ってましたからねぇ。ワンナップは攻撃力とは関係ないですし。
>
> パターン2だと、2人の神業が説明できておいしいですね。
> ところで、ヤマトの「神業」にまるで興味を抱けなくなりました。
> 他の連中の「神業」のほうが、面白いんですもん・・・。

HxHでいうところの強化系能力ですからねえ。
他の変化系操作系具現化系能力のが
どうしてもトリッキーでバトルは面白くなりそうなのが
主人公のつらいところ。


> >【ニセコイ】
> >ズコー
> 前回のヒキを台無しに、てのは何度もやってきましたが
> 今回は連載開始以来、最大級でしたね。
> さすがに、アンケに影響するかと思われます。酷すぎるw

せめて千棘の方はちゃんと聞こえてたとか、
あのヒキに何らかの意味を持たせてほしかったですねー。


> >【斉木楠雄】
> >巻頭&表紙か・・・
> 今のジャンプは、打ち切り組が強いですよね。
> (『バルジ』や『パジャマ』は無かったことに・・・)
>
> NEXTでの、殺せんせーとのコラボが楽しみすぎるんですが。
> 両作品ともコメディの質が高いので、えらい名作になりそう。

どうなるのかまるで予想がつかなくて楽しみですw

前作で打ち切られたものの固定ファンを得た作家が、
次作でブレイクしている感じですね。
ニセコイとかハイキューとか。


> >【トリコ】
> 最後のページの演出に、大笑いしました。
> トリコたちと四獣本体の形勢が、一瞬にして逆転。
>
> 「食欲玉」の威力が、パッと見ただけで理解できます。
> 優れた演出力ですよねー。

あの化物のイメージ体たちが
ちゃんと正装して着席してるのがすごいシュールな絵面ですよねw
食をメインとするこの漫画ならではの演出ですね。


> >【クロス・マネジ】
> 櫻井の設定や、豊口が櫻井を勧誘するまでの展開は
> 丁寧でしたが、そこからは読切よりも雑になってますね・・・。
>
> この漫画、当初はスポーツ漫画と思って読んでましたが、
> どうも櫻井物語のようで・・・まぁ、主役が櫻井なので当然のことなんですが、
> 櫻井を引き立たせるために、周りを犠牲にしているのが問題かと。
>
> 「部員数忘れてました」で、豊口の「ラクロス好き、部長」設定を
> 台無しにしたり、鳥海を「急遽、陰湿な悪役」に変貌させて
> 登場させる・・・と、読んでて引っかかる部分多いです。

スポーツ漫画というよりは、
マネージャー漫画を目指してるっぽいですね。

部員数の問題はあちこちで指摘されてましたが、
不自然さが拭えないところですよね。
そもそもラクロス部を設立するときに
目標として「試合ができる人数」を設定しますよね普通。


2012.10.07 Sun 21:30 | URL | psychobind
【桃の助】
>ますますもって謎が謎を呼ぶ桃の助。
>そもそも桃の助は「人間じゃない」とか。
それだと、さすがに子供でもあの子はほかの子とは違う
とわかるんじゃ…
まあ外観がリアルに人間っぽいものなら分からないかもですが
竜になったから絶食しても大丈夫!とか?

【モネ】
>能力もさることながら、
>厄介なのは「女性」であるということでしょうか。
まさかそれはサンジ専用イベントだったはずじゃ…
それと、"覇気は熱や冷気を防げない"
の説はこれでほぼ確実になったんじゃないでしょうか

【ヴェルゴさん】
>サンジを退け、
>さらに心臓というアドバンテージがあるとはいえローを一蹴したヴェルゴさん
>マジTSUEEE!
ローが負け負けなのは残念ですが、
七武海(+ハンデ)が敵わないともなればサンジが負傷したのにも納得。
それほどまでにヴェルゴは強い。

>ここで「竹」か。
>竹のようにしなやかに攻撃を受け流しうんぬん。
シャーマンキングのタリムが使ってた植物の中に
電気を地面に流せる、的な物があったのを思い出す。
竹がどうかはわかりませんが、
竹は横からの衝撃には半端なく強い
みたいなのはあったと思うんで、とりあえず超超超丈夫な奴ってことはわかります。

【スモやん】
センゴクとガープの仲に「踊る大~
を感じたのは自分だけでしょうか?w
きっとスモーカーも以前言っていたように、
戦う、変革するのにまず必要なのは地位だと思っているはずなんで
正面から戦うよりまずは昇格狙い。で進んでいくかな

【フランキー】
>あなたは今どこで何をしていますか。
実は一番初めにレーザーを危険視されていたことを忘れがち。
2012.10.08 Mon 13:03 | URL | たまご
パンクハザード編がここまで長編になるとは思いませんでした。あと一年くらい続くかもしれませんね。
ルフィはが落ちたところに桃の助がいて助けてもらうんじゃないかなと思いました。

桃の助がエースそっくりでびっくりなんてあらぬ想像をしてしまいました。
もしそんな事になったら桃の助を手放したりしないだろうなルフィ。
2012.10.08 Mon 19:13 | URL | mituki
ナルト
読んでて「うわああ」って声をあげてしまいました。
これはオビト闇落ちは仕方ないなあ。と思いました。
カカシもオビトも好きなんで今週の展開はきつかったです。オビトって最後にはマダラと心中エンドになりそうですね。金田一少年に出てた犯人で犯人とその母が
金田一の目の前で焼死したシーンを思い出しました。

オ「もうあんたを一人にはしない。これからは
ずっと一緒にいる」
マ 「オビト。。」

カカシ大ショック。こんな感じ
あるいは死にそうになったとこをナルトに助けられるとか

カカシに「もう二度とこんな事するな!!」と殴られるとか。
2012.10.08 Mon 19:29 | URL | mituki
>でもルフィはUFOで飛べるから脱出は出来なくはないと思うの

あれは体を捻って、元に戻す時の回転による揚力で少し浮いているだけではないでしょうか。
なので、時間的にも高度的にもそれほど高くは飛べないんじゃないかなあ。


>この世界にも信長や家康は存在していたのだなーと改めて

幽霊旅館で信長、光秀、秀吉、家康の幽霊は出ていましたね。
ブリーフ一丁で。
2012.10.09 Tue 10:28 | URL | グッドマン
宮島先生の「GOD LUCK!」
読ませていただきました。

確か別の記事でも絶賛されていたような記憶があり、来週読み切りも載るとのことで、いっちょ読んでみようかと。


スゲエ面白かったです。
面白かった勢いでレビューも書いてしまいました。

来週の読み切りが俄然楽しみです。
2012.10.10 Wed 19:40 | URL | rexel
Re: タイトルなし
たまごさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 【桃の助】
> >ますますもって謎が謎を呼ぶ桃の助。
> >そもそも桃の助は「人間じゃない」とか。
> それだと、さすがに子供でもあの子はほかの子とは違う
> とわかるんじゃ…
> まあ外観がリアルに人間っぽいものなら分からないかもですが
> 竜になったから絶食しても大丈夫!とか?

違いに気がついていたとしても
さして問題にはならない気もします。
新世界に住む子供達ですし、
「そういう種族」なのかと理解したとしても不思議はないかと。

というかそもそも人間じゃない説が怪しさ爆発なわけですけどもw


> 【モネ】
> >能力もさることながら、
> >厄介なのは「女性」であるということでしょうか。
> まさかそれはサンジ専用イベントだったはずじゃ…
> それと、"覇気は熱や冷気を防げない"
> の説はこれでほぼ確実になったんじゃないでしょうか

いやいや、まだあきらめられませんw
主に耐熱性と発火性が自分の主張だったので、
熱を相手にするときまで答えはお預けということにw


> 【ヴェルゴさん】
> >サンジを退け、
> >さらに心臓というアドバンテージがあるとはいえローを一蹴したヴェルゴさん
> >マジTSUEEE!
> ローが負け負けなのは残念ですが、
> 七武海(+ハンデ)が敵わないともなればサンジが負傷したのにも納得。
> それほどまでにヴェルゴは強い。

ですね。
仮にも七武海の腹心ですし、
そんじょそこらの中将よりよっぽど強そうです。


> >ここで「竹」か。
> >竹のようにしなやかに攻撃を受け流しうんぬん。
> シャーマンキングのタリムが使ってた植物の中に
> 電気を地面に流せる、的な物があったのを思い出す。
> 竹がどうかはわかりませんが、
> 竹は横からの衝撃には半端なく強い
> みたいなのはあったと思うんで、とりあえず超超超丈夫な奴ってことはわかります。

ああそうか。
竹には絶縁性能もありましたね。
カウンターショックが効かなかったのもそのせいかも。

衝撃に強いのももちろんなので、
まあ硬い相手になりそうですね。


> 【スモやん】
> センゴクとガープの仲に「踊る大~
> を感じたのは自分だけでしょうか?w
> きっとスモーカーも以前言っていたように、
> 戦う、変革するのにまず必要なのは地位だと思っているはずなんで
> 正面から戦うよりまずは昇格狙い。で進んでいくかな

現場のガープと上に行ったセンゴクですねw

すでに中将まで昇っていることですし、
このまま昇り続けて赤犬の次の大将を狙うのが最も近道ですかね。
どのみち内部から探りをいれないといけないでしょうし。


> 【フランキー】
> >あなたは今どこで何をしていますか。
> 実は一番初めにレーザーを危険視されていたことを忘れがち。

フランキーはシーザーとの絡みがどうなるかも気になりますね。
さっさと出てこーい。

2012.10.11 Thu 21:23 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
mitukiさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> パンクハザード編がここまで長編になるとは思いませんでした。あと一年くらい続くかもしれませんね。
> ルフィはが落ちたところに桃の助がいて助けてもらうんじゃないかなと思いました。

自分もこんなに長くなるとは思いませんでしたね。
敵の数は限られているので
さすがにあと半年くらいで終わってくれるんじゃないでしょうかw
と思いたい。


> 桃の助がエースそっくりでびっくりなんてあらぬ想像をしてしまいました。
> もしそんな事になったら桃の助を手放したりしないだろうなルフィ。

そしたら錦えもんも一緒についてきますねw


2012.10.11 Thu 21:26 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
mitukiさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ナルト
> 読んでて「うわああ」って声をあげてしまいました。
> これはオビト闇落ちは仕方ないなあ。と思いました。
> カカシもオビトも好きなんで今週の展開はきつかったです。オビトって最後にはマダラと心中エンドになりそうですね。金田一少年に出てた犯人で犯人とその母が
> 金田一の目の前で焼死したシーンを思い出しました。
>
> オ「もうあんたを一人にはしない。これからは
> ずっと一緒にいる」
> マ 「オビト。。」
>
> カカシ大ショック。こんな感じ
> あるいは死にそうになったとこをナルトに助けられるとか
>
> カカシに「もう二度とこんな事するな!!」と殴られるとか。

かなり重い展開ですよね。
そらカカシ先生も墓の前で自分を嗜めたくなるわ。

オビトは最終的に死んでしまいそうな雰囲気がプンプンですが、
せっかく生きていられたのですし
なんとか和解エンドに持って行ってもらいたいですねえ。

仰られるようにナルトの主人公パワーで救われる展開に期待しましょうw
2012.10.11 Thu 21:29 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
グッドマンさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> >でもルフィはUFOで飛べるから脱出は出来なくはないと思うの
>
> あれは体を捻って、元に戻す時の回転による揚力で少し浮いているだけではないでしょうか。
> なので、時間的にも高度的にもそれほど高くは飛べないんじゃないかなあ。

原理としてはその通りなんでしょうが、
けっこう自由自在に飛んでいたのでなんとかなるかなとw

それ以前にロケットと腕伸ばしでなんとかなるかもしれませんしねえ。


> >この世界にも信長や家康は存在していたのだなーと改めて
>
> 幽霊旅館で信長、光秀、秀吉、家康の幽霊は出ていましたね。
> ブリーフ一丁で。


すっかり忘れていましたw
そういや出てましたねブリーフの幽霊で。

2012.10.11 Thu 21:33 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
rexelさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 宮島先生の「GOD LUCK!」
> 読ませていただきました。
>
> 確か別の記事でも絶賛されていたような記憶があり、来週読み切りも載るとのことで、いっちょ読んでみようかと。
>
>
> スゲエ面白かったです。
> 面白かった勢いでレビューも書いてしまいました。
>
> 来週の読み切りが俄然楽しみです。

おお!
読んでいただけましたか!
しかも気に入っていただけたようで、
今までに何度も勧めてきた甲斐がありましたw

とても良くできた作品ですよね。
来週の読切もNEXT時のはすごく面白かったので
そのままの勢いで突っ切っていただきたいところです。




2012.10.11 Thu 22:05 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/423-e8f9b5cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。