日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2012年47号の感想と予想その1 | main | 週刊少年ジャンプ2012年46号の感想と予想その1
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2012年46号の感想と予想その2
どうもみなさんこんばんわ。
秀徳の高尾くんが結婚したらしいですねpsychobindです。
巻末コメ参照。


今月のトレジャー
ひさびさに佳作2本あります。
要チェックやわ。





◆ハイキュー!!

【練習試合】
おおう、フツーにストレートで負けた。

負ける展開はありえると思ってましたが、
その場合も1セットは取り返すだろうと予想してたんで
これは驚き。

ここまで練習試合を「練習」と割り切った漫画も珍しいですね。

ただその分、ギリギリの緊張感がまだ描かれてないので、
いざ公式戦になったときにどうなるか。

ここまで描かれた試合のほとんどが、
ギリギリまで競った上での決着、ではなくて
一方が一方をストレートで下すものなんですよね。
記憶だけで書いてますが。


【ノヤっさん】
少年スポーツ漫画における
「ディフェンスの天才」という冠を与えられているので、
若林くんや紫原くん並のディフェンス無双を期待してしまうんですが、
さすがにその水準を要求するのは無茶というものか。

しかしそこまではいかなくとも、
この練習試合中にノヤっさんの天才っぷりをはっきり見たかったなあ。

影山が天才だというのはあらゆる描写からはっきりしてますが、
ノヤっさんは今のところ「言われてるだけ」なんですもの。
今週の音駒がやってたみたいな
「勝負所の決定的な一撃をリベロが止める」みたいのんを
ノヤっさんにやって欲しかった。






◆クロガネ

【カラー&人気投票】
黒鉄ママンはやはり和服の方が似合う。
てか人気投票一覧にママンがいないとかどういうことよ編集。
白零の監督とか註釈つけなきゃわからん人よりママン載せれや。

あと金髪はまだわかるけども、
夜鷹兄妹とか大木くんとか髪の色どうなってんのさ。
斉木楠雄の魔の手がここにも。


【映す価値なし】
桜夏剣道部格付けチェックで下位に甘んじた
2年生のみなさんと由利先輩は残念ながら映す価値なしとなりました。
パーティ会場の2階でトウモロコシでも食っててください。

真面目な話、彼ら来てるんですかね?
不自然なくらい姿が描かれないんで、
たぶん彼らは合宿行かないという判断をしたってことでしょうか。

いやまあ、怪我人出したこともある地獄の合宿ですし、
もともと選手じゃなかった由利先輩はわかりますが、2年生3人よ。
これに来なかったら多分、
今後あんたらがレギュラー勝ち取ることは不可能だよ。


【さゆり】
「今は」ってことは、
昔はやっぱ旦那がいたということでしょうか。

まこっちゃんが「刀条」という姓だったので、
火事から生き延びた八代目とやらが
さゆりの旦那という線もアリでしょうか。


【まこっちゃん】
まこっちゃんがムネタイラさんだったので
女説はやくも風前のともしび。

それとまこっちゃんの言う「アレ」。
つまりは桜一刀流の秘伝書とかそんなんだと思いますが、
しかしそれの存在並びに「他者の手に渡っている」ことを
刀条家が認識しているってことはですよ、
さゆりの代に起きた火事は
何者かが「アレ」を奪い取るために仕組んだものかもしれないですね。

まこっちゃんが偽物を異常に憎むのもそのためでしょう。


【隠居先生】
先生は着やせするタイプ。

「初めて見る本気の監督!!」
というかむしろ
今の今まで本気を見せていなかったことが指導者としてどうなのよ。






◆トレジャー新人漫画賞

今回は佳作2本

2学期のミラージュ
ジャンプ向けではないかもしれない。
が、
普段本誌で読めないタイプのお話なので
よくある読切に飽きた人ほど読んでみたらいいかもよ。

あえて本誌読切で似た話を探すとしたら
月水金はスイミング、かな。


地獄惑星
講評にあった通り、
ちょっと内容詰め込みすぎな気もしますが
テンプレにはまらない構成は良かったと思います。
雰囲気が真面目なボーボボって感じな。

描くだけ描いて説明もフォローもなしな
投げっぱなしジャーマン設定が目立つので、
もっと丁寧に話作ることと画力が伴えば
かなり尖った作品が描けそうな逸材です。






◆めだかボックス

【影武者】
wikipediaより引用
「影武者(かげむしゃ)は、権力者や武将などが、敵を欺いたり味方を掌握するため、
自分とよく似た風貌や服装の人物を身代わりとさせること。また、その身代わりの人物そのものを言う。」

この漫画で言う影武者ってなんだろう。

漆黒宴に出てきた婚約者たちの影武者は、
姿形は似ていなくても「婚約者という立場」を演じ切っていたから
影武者という言葉は納得だったんだけれども。

今のこのシリーズで言われている影武者は
「本人と近い能力を持ち、また本人を影からサポートし、
本人に何かがあった場合にはその代わりとなれる人」
という意味になっているような。

つまり本来とは役割が逆になってますよね。
本人に危害が及ばぬように代わりを務めるのではなく、
本人に危害が及んだら代わりを務める人になってる。

つか半纏が言うように
「バックアップ」という言葉で統一したらいかがだろう。
西尾先生のことだから、
たぶん
「復元用にあらかじめ残しておくデータ」
という意味のバックアップと
「後方支援」
というバックアップと2つの意味をかけているんだろうなあ。


【不知火家】
え~~~、
今週でた情報を整理しますと・・・

・半纏は「珍しいものを保存したい本能」と「その対象をトレースできる能力」を持った生物。

・半纏は厳密には悪平等ではなく安心院さんをトレースした結果、もう一人の悪平等になった

・「スキルを作るスキル」は安心院さんをトレースするために発生した能力

・安心院さんより自分が先に死んだ場合を考えて、
 自分の後を継いで安心院さんの影になれるバックアップ「不知火家」を作った。

・半纏が安心院さんと行動し始めたのは百年程度前だが、
 安心院さんのトレース(バックアップ=不知火家作成)は一万年以上前から行っていた。

・5千年前から、半纏の本能と能力を受け継いでいた不知火家が言彦をトレース

・以降、不知火家がトレースのトレースを繰り返すことで言彦の存在は今まで保たれている

ってところですか。

半纏の能力は「コピーできる」というのが本筋で、
1京のスキルを持つ安心院さんをコピーするために
「スキルを作るスキル」というのが後づけで発生し、
事実上無限個のスキルを持つ存在となることで安心院さんの代わりを務められるようになった、
ということでしょう多分。


【スタイル】
そもそも言彦にスキルが通じない理屈がさっぱりぷーなので、
スタイルで何かを仕掛けてもやっぱり力づくでどうにかされちゃうんじゃないの?
としか。

だいたいスタイルってスキルで十分対抗されてたじゃないのさ。
園児の封印術はクマーや悪平等ズのスキルで解除されてたし、
もぐらの誤変換はクマーのマイナスに効かなかったじゃない。

スキル相手でも勝ったり負けたりなスタイルが、
スキルが一切通じない言彦に通用するんでしょうか。






◆タカマガハラ

【掲載順】
クマソとイズモが出てきてからこっち、面白くて仕方ないです。

だがバットしかし、エンジンかかるのが遅すぎたか。
今やってる読切3連弾が終わったら、
終了するのは円満完結しそうなリボーンとこれだろうなあ、と。


【アニコウィックチャンバー】
anechoic chamber = 無響室
という意味らしいです。
憶えておきましょう。

このアニコウィック略がどっちの神業かということですが、
「直径5m以内の音を吸収する」の中心が常に大樹くんであることを考えれば、
これは大樹くんの神業でしょう。

これがエミシの仕業で、「任意の5mの空間を無音にできる」
んだったらば、ヤマトを中心に無響室を展開させればよいはず。
それをせずいつまでも大樹さん中心にしか無響室を展開できないということは、
アニコ略は
「自分を中心にした直径5mの範囲を無音にする」という効果であるとしか考えられず、
よってアニ略の術者はエミシではなく大樹さんだという結論になるわけです。

一方のエミシ。
クマソがエミシに絡んだ途端、大樹さんに無駄な動きができたことからすると、
やはりエミシの本当の能力は操作系で、
大樹さんを操作していると見てよいでしょう。


【読唇術】
ここでクマソの腹話術設定を使ってくるとは、
上手いこと話を組み立てたものだ!

・・・と感心しそうになりましたが、
よく考えてみると読唇術と腹話術って関係性あるんでしょうかw

音を解放したときに
「こいつが犯人だ」という台詞が流れてましたんで、
これがヤマトが叫んでいた言葉ですかね。

この解放された音、ちゃんとイズモやクマソ(黒白)のセリフとか混じってて
面白いですね。






◆その他作品

結局今週もやることにしたのよ。

【斉木楠雄】
巻頭カラーおめでとうございますm(_ _)m

斉木くんは不思議がっていますが、
巻頭をゲットの条件は十分満たしていると思います。

まず人気。
はこれ間違いないでしょう多分。

続いて筆の速さ。
普段の原稿スケジュールに無理がある作家は巻頭カラーなんて描く暇ないでしょうから。
麻生先生は筆の速さには定評があるから大丈夫。

最後に作風。
To Loveるの掲載順が芳しくなかったのと同じ理由で、
巻頭の方に持っていきにくい作品てあると思うのですよね。
そこへ行くとこの作品はまあ健全健全。

ゆーわけで巻頭とれるのも不思議はないかなと思うわけです。
ギャグ作家は多作が困難だといいますケド、
ギャグ3作目にしてヒット作を生み出した麻生先生かっこいいです。


【トリコ】
ちっちゃい玉が相手を削り取っていくよりは、
でっかい玉で一口丸のみとかのが爽快感もあるしページ数も節約できるし良かったのでは。

と思ったけどそれだと元気玉とほぼ変わらんなあ。
てか差し込む光に照らされるあの玉がシュールw


【NARUTO】
「せっかく苦労して手に入れたものを」
「せめて女だけでも回収」
「死体を敵に渡すな」

うーむ。
「回収」「敵に渡すな」
という言い回しからは、リンが血霧側の人間だったような
ニュアンスが読み取れなくはないです。

血霧が血継限界を持っていたリンの身柄を狙った、
という可能性もありますが、
だとしたら写輪眼もちのカカシも一緒に回収しようと狙いますよね。
「女だけでも回収」という言い方にはならんはず。


【黒子のバスケ】
「キセキの世代最強の殺傷力を誇る技!!」

とうとうバスケで殺傷力が競われる時代になりましたw
まあ紫原くんに魔王と名付ける編集だから仕方ない。


【SKET DANCE】
チュウさんの薬シリーズとスイッチの発明シリーズになるたび思うんですが、
彼らがあんまり無茶苦茶なものを作ってしまうと、
シリアス編でなんか問題が起きても
「あの薬or発明使えば万事解決じゃね?」
ってなってしまいそうで怖いわあ。


【ニセコイ】
「何か気に障ること言ったのか!?」
って・・・
ええ~・・・

先週ラスト、大声で怒鳴られた挙句、
そこを境に態度が冷たくなったのに
そこにまったく気がつかずこれは無いわあ・・・
まず真っ先にあの時自分が言った言葉に原因を求めようぜ。


【伊達先パイ】
SKET DANCEの椿(佐介)とキリの関係が
真田十勇士からきているんじゃねーかということにこれを読んで気がついた。
というわりとどうでもいい話。


【クロス・マネジ】
関くんが今週のMVP。
まだアンケ結果は掲載順に反映されてないはずなので、
順位低目に感じるのは他作品との兼ね合いでしょうかね。


【銀魂】
空知先生があの手この手で
楽に原稿あげられるように工夫してるのがよくわかりますw

場面同じ、モブ登場させず、構図似たようなのばかり、
という条件をみたし背景作画を限りなく簡略化させた上で
ちゃんとネタとして成立する話を作れるところがさすが熟練の技。


【リボーン】
川平のおじさん、
恥ずかしいお面だとわかっていたなら別のデザインにしたら良かったじゃないのさw

もうすべての話が週末に向かっていて、
あと3~4話で完結しそうですね。






ぬう、やっぱり全部感想はとても疲れる。
いつやめてもいい勢いでやはり次回も予定は未定也。

ではノシ




スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 23:39 | トラックバック:0コメント:10
コメント
´д` ;
ハイキュー

今回の練習試合は、烏野が次の段階に進むための布石かと思われます
1セットも取れなかったのは、バレーボールにおいて
チーム力がいかに重要か、というのを示すためではないかと
烏野は今は個人技のみでチームを組み立てていますが、後に個人としてでなく、チームとして動くことで彼らがより強くなれる、というのが今回の練習試合のテーマではないか、と愚考しております。

後、相手のアタックを拾って、セッターの位置にキッチリと、
しかもフワッとしたボールを返す、というのはレシーブが上手い人でなければ少し難しいです。


余談ですが、今週は田中先輩がクロス・マネジに出てきて
何事かと思いましたσ(^_^;)
2012.10.17 Wed 08:05 | URL | 通りすがり
◆ハイキュー!!
>【練習試合】
意味のある練習試合をちゃんと描ける、というのは強みですね。

>ギリギリの緊張感
今回、烏野が1セット取り返すかも? という点では描けてましたね。
初めて、勝つか負けるか予想のつかない試合内容を見た気がします。
これなら、公式戦も期待できそう・・・と思いました。

>【ノヤっさん】
ノヤっさんよりも、音駒の守備力に焦点が当てられていましたね・・・。

◆クロガネ
>【カラー&人気投票】
>人気投票一覧にママンがいないとかどういうことよ
木野子とか猿飛入れるくらいなら、ママを入れろやー!

>【映す価値なし】
2年生どもw アフロだけでも参加して欲しかったですね。

>【隠居先生】
>「初めて見る本気の監督!!」
なにこの皮肉w と思いました。
ヒキをこうするなら、隠居先生を活躍させておくべきだったでしょー
と思わざるを得ない。

◆めだかボックス
>【影武者】
本来の意味と異なる使いかたをするなら、説明して欲しいのですが・・・
そこをすっ飛ばして、影武者影武者言ってるものだから、意味不明なことに。

>【不知火家】
半纏は安心院の人格や外見までは模倣してないようですが、
そこは彼の「珍しいもの」の範疇に入ってないんでしょうかねぇ。
あるいは、模倣可能だけど、意図的にやってないだけなのか・・・。

>【スタイル】
>スキルが一切通じない言彦に通用するんでしょうか。
封印系なら通用しそうですが、「新しい」言われて
あっさり脱出されるのがオチ・・・という気もしますね。

◆タカマガハラ
>この解放された音、ちゃんとイズモやクマソ(黒白)の
>セリフとか混じってて面白いですね。
細部に凝ってますよね、扉絵も毎回楽しいですし。

◆その他作品
>【斉木楠雄】
>巻頭カラーおめでとうございますm(_ _)m
巻頭カラーのせいで、自分の存在が目立ってしまった、困る・・・
という斉木のメタネタが見られそうで楽しみです。

>【トリコ】
>ちっちゃい玉が相手を削り取っていく
グロいパックマンでしたな・・・。
あの玉を食べるのか、玉の中でミンチになってるお肉をいただくのか・・・。

>【ニセコイ】
楽くんは、マジで脳疾患を抱えていると思います。
だって、記憶障害が激しすぎるんですもの・・・。
前回なんか、いきなり眠ってたし・・・。
2012.10.17 Wed 12:18 | URL | plto
トレジャー
二学期のミラージュ>荒木先生が指摘されている強烈な個性が発揮されていましたので、とても面白かったです・・・特に
ラストが・・・
もしかして、佳作に収まってしまったのは少年誌向けの内容じゃないから・・・だとしたらちょっと可愛そうだなあ・・・
タカマガハラ>前にも書きましたが、何故最初からクマソと
イズモを出さなかったのか・・・担当が服部さんや吉田氏のような方だったらこんな事にはなっていなかったかもしれません。
大場先生>ガモウ先生が大場ひろしという一切実績のない新人作家としてデビューしたのか自分なりに推察してみますね。
多分・・・バクマンの東さんと同様、ガモウ先生自身があの編集のような人間にさんざん嫌な思いをさせられたんじゃないかと思うんですよね。
デスノートの原作を読みもせずに「戦力外通告を受けた作家は使わない」とか。
もしも、連載会議で吉田氏がデスノートの原作者の名前をガモウひろしの名前で出していたら、それだけで会議が通らなかった可能性もあると思います。
2012.10.17 Wed 19:38 | URL | 隆明
Re: ´д` ;
通りすがりさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ハイキュー
>
> 今回の練習試合は、烏野が次の段階に進むための布石かと思われます
> 1セットも取れなかったのは、バレーボールにおいて
> チーム力がいかに重要か、というのを示すためではないかと
> 烏野は今は個人技のみでチームを組み立てていますが、後に個人としてでなく、チームとして動くことで彼らがより強くなれる、というのが今回の練習試合のテーマではないか、と愚考しております。

終盤ではそのへんがより顕著に描写されていましたね。
ツッキーとかまだいまいちチームに馴染んでいない気もしますし
そのへんのイベント消化とともに
チームプレー獲得な流れでしょうか。


> 後、相手のアタックを拾って、セッターの位置にキッチリと、
> しかもフワッとしたボールを返す、というのはレシーブが上手い人でなければ少し難しいです。

ノヤっさんにそーいうのをもうちょっと見せてもらえたらなーと
思ってたりします。


> 余談ですが、今週は田中先輩がクロス・マネジに出てきて
> 何事かと思いましたσ(^_^;)

あっちの田中先輩もいいヤツでしたねw

2012.10.18 Thu 22:43 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ◆ハイキュー!!
> >【練習試合】
> 意味のある練習試合をちゃんと描ける、というのは強みですね。

練習試合だけど人生かけてるような勢いの漫画もありますからねw


> >ギリギリの緊張感
> 今回、烏野が1セット取り返すかも? という点では描けてましたね。
> 初めて、勝つか負けるか予想のつかない試合内容を見た気がします。
> これなら、公式戦も期待できそう・・・と思いました。

あのセットに限れば確かにそうですね。
このセットは取るだろうと思って読んでたので意表を突かれました。


> >【ノヤっさん】
> ノヤっさんよりも、音駒の守備力に焦点が当てられていましたね・・・。

音駒がチームプレーでかく乱する戦法だったせいか、
ノヤっさんの守備力があんまり光ってなかったんですよね。


> ◆クロガネ
> >【カラー&人気投票】
> >人気投票一覧にママンがいないとかどういうことよ
> 木野子とか猿飛入れるくらいなら、ママを入れろやー!

カラーでの扱いはあいつらより全然よかったんですけどねw


> >【映す価値なし】
> 2年生どもw アフロだけでも参加して欲しかったですね。

向上心までみられなくなったらおしまいですよまったく。


> >【隠居先生】
> >「初めて見る本気の監督!!」
> なにこの皮肉w と思いました。
> ヒキをこうするなら、隠居先生を活躍させておくべきだったでしょー
> と思わざるを得ない。

そもそもこの人の剣道の腕前がよくわからんですよね。
ムキムキボディからはなんとなく強そうな印象は受けますが。


> ◆めだかボックス
> >【影武者】
> 本来の意味と異なる使いかたをするなら、説明して欲しいのですが・・・
> そこをすっ飛ばして、影武者影武者言ってるものだから、意味不明なことに。

全国の小学生たちが影武者の意味を間違って覚えてしまいそうだぜ。


> >【不知火家】
> 半纏は安心院の人格や外見までは模倣してないようですが、
> そこは彼の「珍しいもの」の範疇に入ってないんでしょうかねぇ。
> あるいは、模倣可能だけど、意図的にやってないだけなのか・・・。

半纏のコピー癖が行き過ぎてしまったのが不知火の里の連中なのかもしれませんね。
姿形までまねるとか。


> >【スタイル】
> >スキルが一切通じない言彦に通用するんでしょうか。
> 封印系なら通用しそうですが、「新しい」言われて
> あっさり脱出されるのがオチ・・・という気もしますね。

理屈もなにもなく脱出されそうですよねw


> ◆タカマガハラ
> >この解放された音、ちゃんとイズモやクマソ(黒白)の
> >セリフとか混じってて面白いですね。
> 細部に凝ってますよね、扉絵も毎回楽しいですし。

不思議なセンスがありますよねw
連載進むにつれセンスが表に出てくるのがLight Wingっぽいです。


> ◆その他作品
> >【斉木楠雄】
> >巻頭カラーおめでとうございますm(_ _)m
> 巻頭カラーのせいで、自分の存在が目立ってしまった、困る・・・
> という斉木のメタネタが見られそうで楽しみです。

この漫画、メタネタ得意ですからねw


> >【トリコ】
> >ちっちゃい玉が相手を削り取っていく
> グロいパックマンでしたな・・・。
> あの玉を食べるのか、玉の中でミンチになってるお肉をいただくのか・・・。

どちらにしろ食欲わかなさそうですね。
あのあとどうすんねやろ。


> >【ニセコイ】
> 楽くんは、マジで脳疾患を抱えていると思います。
> だって、記憶障害が激しすぎるんですもの・・・。
> 前回なんか、いきなり眠ってたし・・・。

鍵の一件に始まり、
ちょっと憶えてないことが多い印象。
というか大宇宙の意志に操られているとも言えますねw

2012.10.18 Thu 23:45 | URL | psychobind
Re: トレジャー
隆明さん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 二学期のミラージュ>荒木先生が指摘されている強烈な個性が発揮されていましたので、とても面白かったです・・・特に
> ラストが・・・
> もしかして、佳作に収まってしまったのは少年誌向けの内容じゃないから・・・だとしたらちょっと可愛そうだなあ・・・

編集部と天野先生の講評によりますと、
子供の描き方が大人目線であること、
それとヒロインの魅力を指摘されていましたね。

逆に評価されていたところは、主に構図や演出のようです。


> タカマガハラ>前にも書きましたが、何故最初からクマソと
> イズモを出さなかったのか・・・担当が服部さんや吉田氏のような方だったらこんな事にはなっていなかったかもしれません。

たぶん、2人の登場自体は早めにしたかったんだろうなと思うんですが、
カッターや怒張との戦いにあまりにも話数をかけてしまったのが原因でしょうね。
計算通りのスケジュールで話を勧められなかったんでしょう。


> 大場先生>ガモウ先生が大場ひろしという一切実績のない新人作家としてデビューしたのか自分なりに推察してみますね。
> 多分・・・バクマンの東さんと同様、ガモウ先生自身があの編集のような人間にさんざん嫌な思いをさせられたんじゃないかと思うんですよね。
> デスノートの原作を読みもせずに「戦力外通告を受けた作家は使わない」とか。
> もしも、連載会議で吉田氏がデスノートの原作者の名前をガモウひろしの名前で出していたら、それだけで会議が通らなかった可能性もあると思います。

名前を変えたのは、
仰られるようにかつてのイメージを払しょくするためなんでしょうね。

んー、ですが編集に嫌な思いをさせられたかどうか、
というのは部外者である我々には決してわかりえない情報ですので、
不確かな情報を元に他者のことを悪く推測するのは
あまりよろしくないかと思います。
漫画の中の人物ではなく、編集は現実に実在しますからね。
2012.10.19 Fri 00:30 | URL | psychobind
> ◆めだかボックス
> 【影武者】
> つまり本来とは役割が逆になってますよね。
> 本人に危害が及ばぬように代わりを務めるのではなく、
> 本人に危害が及んだら代わりを務める人になってる。

半纏だけに、意味が反転してるんですよ。

それはさておき、ここのサイトって投稿コーナーやトレジャー新人漫画賞の感想を書いたり、クロガネをずーっと追っかけていたりと、独特なところがありますね。
ただのレビューじゃつまらないってことで意図的にされているのか、たまたまそうなったのかは分かりませんが、読んでいて面白いです。
トレジャー新人漫画賞はこのサイトのレビュー見て興味をもち、読み出しました。結構面白いの多いですよね。
2012.10.19 Fri 13:33 | URL | 名も無き者
Re: タイトルなし
名も無き者さん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> > ◆めだかボックス
> > 【影武者】
> > つまり本来とは役割が逆になってますよね。
> > 本人に危害が及ばぬように代わりを務めるのではなく、
> > 本人に危害が及んだら代わりを務める人になってる。
>
> 半纏だけに、意味が反転してるんですよ。

なるほど!


> それはさておき、ここのサイトって投稿コーナーやトレジャー新人漫画賞の感想を書いたり、クロガネをずーっと追っかけていたりと、独特なところがありますね。
> ただのレビューじゃつまらないってことで意図的にされているのか、たまたまそうなったのかは分かりませんが、読んでいて面白いです。
> トレジャー新人漫画賞はこのサイトのレビュー見て興味をもち、読み出しました。結構面白いの多いですよね。

ありがとうございますm(_ _)m
こういうのもなんですが、感想書くのはそんな得意ではないのでw、
面白い文が書けないならせめて差別化しようということで
よそ様が触れてないようなところを扱い出したのが始まりですね。

ああでもクロガネを扱ってるのは差別化というか
趣味ですw

トレジャーはけっこういい作品あるんですよね。
編集部のフィルターがかかっていないので、
少年誌っぽくない作品が読めるのも魅力的です。
2012.10.19 Fri 19:54 | URL | psychobind
ジャンプ編集部
返信ありがとうございます。
>不確かな情報を元に他者のことを悪く推測するのはあまりよろしくないかと思います。
そうですよね・・・何の根拠もない憶測で話を進めるのは現実に熱意を持って働いている編集の人達に対して失礼ですよね・・・今後は自重します。
大場つぐみ先生の正体がガモウひろし先生というのも、こちらが勝手に判断しただけの憶測でしかありませんが、ガモウ先生は大バツ組らしく、編集から戦力外通告を受けたのは事実のようです。
その一方で、「ライアーゲーム」の原作者である甲斐谷 忍先生のように、連載を短期で打ち切られた後、専属契約を理由に
他誌との契約を妨害する等、編集部・編集者がその胸三寸で漫画家の職業生命の一端までをも自在に左右することも可能な、編集部に圧倒的に有利な力関係が作られていることは問題だと思います。
2012.10.20 Sat 03:25 | URL | 隆明
Re: ジャンプ編集部
隆明さん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 返信ありがとうございます。
> >不確かな情報を元に他者のことを悪く推測するのはあまりよろしくないかと思います。
> そうですよね・・・何の根拠もない憶測で話を進めるのは現実に熱意を持って働いている編集の人達に対して失礼ですよね・・・今後は自重します。
> 大場つぐみ先生の正体がガモウひろし先生というのも、こちらが勝手に判断しただけの憶測でしかありませんが、ガモウ先生は大バツ組らしく、編集から戦力外通告を受けたのは事実のようです。
> その一方で、「ライアーゲーム」の原作者である甲斐谷 忍先生のように、連載を短期で打ち切られた後、専属契約を理由に
> 他誌との契約を妨害する等、編集部・編集者がその胸三寸で漫画家の職業生命の一端までをも自在に左右することも可能な、編集部に圧倒的に有利な力関係が作られていることは問題だと思います。

まあ、ガモウ先生=大場先生というのは
証拠がないだけで半ば公認みたいなもんですよねw

もちろん現状の編集部や契約制度等に問題があるのは事実でしょうが
だからといって編集部員がみなダメなヤツ、嫌なヤツかというとそうとは限らないことは
忘れずにおきたいです。
2012.10.24 Wed 20:17 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/426-dcd43aac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。