日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2013年4・5合併号の感想と予想 | main | 週刊少年ジャンプ2013年3号の感想と予想その1
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2013年3号の感想と予想その2
どうもみなさんこんばんわ。
年賀状が元旦に届く〆切まで1週間を切っていたことに今気づいた
psychobindです。

やべインク買ってこなきゃ。


今月のトレジャー新人漫画賞は3作と数が多い上に、
どの作品も面白かったです。

特に「勇者エグモント」は個人的大ヒットでしたので
ぜひ多くの人に読んでいただきたいなあ。








◆ハイキュー!!

【サーブ】
いろいろアクション描写はこなれてきたと思いますが、
唯一、ここだけ、
サーブだけは未だに「凄さを台詞で説明せざるを得ない」
んですよねえ。

変人速攻とかは描写だけで凄さが伝わるんですが、
サーブは
「強烈」
「殺人サーブ」
って言われないと凄いことがわからんのです。

伊達工にブロックされたときの描写みたいに、
サーブした瞬間に
ボールをもっと変形させて、
ボールの輪郭をブレブレにして描けばもうちっと凄そうに見えるかな。


【展開】
この試合は初の公式戦強豪試合なためか、
ずいぶん丁寧に試合を描いていますね。
敵味方共に
全得点がどうやって得られたか省略せずに描いておりますよ。

丁寧なのは歓迎したいところですが
ずっとこのペースもちょっとスローモーかなと思うので。

ンマー、たぶん来週のセンターカラーに
「変態」を合わせる為のペース調整という役割もあったんでしょうね今週。
センター終わればもっとペース上がるでしょう多分。






◆BLEACH

【今週のサブタイトルをExcite先生に翻訳してもらおうのコーナー】
KILLERS NOT DEAD
         ↓
殺人者は死んでいません

いや、そうなんだけどさw
翻訳としては至極真っ当に正しいんだけどさw
もう少しこう、オブラート的な。

KILLERSが誰の事を示すのか。
真っ先に浮かぶのは見えざる帝国ですが、
「NOT DEAD」はピンチになった側に使われる言葉だと思うのでたぶん違う。

するとKILLERS = 死神
と解釈すればすべてしっくりくるんですが、
今まで死神のことはだいたい「DEATH」っつってた師匠が
急にKILLERSなんて使うかなあと。

ゆーてもサブタイトル全部把握してるわけじゃないし、
かなりテキトーなこと言ってるかもしれません。
つーかサブタイにここまで突っ込んで考える必要あんのかw


【総隊長】
まあ、妥当な人選ですよね。

砕蜂    :精神的に未熟
ローズ   :復帰して間もない
卯の花さん:医療との兼任は困難
平子    :復帰しても間もない
兄様    :瀕死
ワンコ隊長:堅物
拳西さん  :行方不明になる復帰して間もない
ひっつん  :若すぎる
剣八    :務まるわけがない
マユリ様  :務まるわけがない
浮竹    :病弱

せめて兄様が元気だったならまだ。


【白骨地獄】
えー!?

一護が規格外なのはわかりますケド、
死にかけとはいえ兄様も隊長格なのだからわかりますケド、
他2名も何でか知らんが規格外なの?

当の戦闘機さんが
ケガすらしてないのにフツーに全裸で浸かっていたのだから
霊圧が大きければ過回復も抑えられるっつーことですよね。

サイヤ人よろしく
死にかけた死神が復活すると霊圧が急上昇するとでもいうのかしら。


【次】
わざわざ恋次を復活させたってことは、
今度はたぶん卍解の修復でしょうね。

恋次の狒々王もけっこうボロカスにされてますし、
ここらでいっちょパワーアップを。

つってもあれだ、
いくらパワーアップしても
騎士団相手に卍解は使えないんですけどもね。恋次は。
そこんとこどうすんのよ師匠?


【やちる】
なん・・・だと・・・

実は山じいに次ぐ実力者というのは公式設定でしたが、
まさか初代剣八、
しかも名前が「八千流」だと!?

剣八(更木)が、「こうありたい」と願う人がやちるであって、
今の副隊長のやちるにはそこから名をとったという
エピソードが大昔にあったんですよね。

卯の花さんが初代だったとて、
剣八は今まで気づかなかったのかとか、
なんで剣八の名を2代目に継がせたのに生きているのかとか
(「剣八」は殺し合いで勝った方が名乗れるので
刳屋敷剣八という例外を除いて、剣八が2人、生存しているというのはあり得ない)
いろいろ気になる点はあります。

「初代剣八は死んだ」
ということにして名前と姿を変え、
医療の道に進んだのでしょうか。






◆伊達先パイ

【掲載順】
掲載順って、作品に負の先入観を与えているような気がします。

掲載順が低い作品 = 人気がない作品
という認識があるため、
巻末付近の作品に対しては
「これは面白くない作品なんだ」という先入観を持ったまま読むため、
結果として「やっぱり面白くなかった」
となりそうな気がするんですよ。

と、いうことが関係しているのかいないのかは知りませんが
今週の伊達先パイはかなり面白かったです。

先パイが片倉くんを狙うパターンはもう飽和状態なので、
こーゆー違う方向性を見せてもらえると新鮮で面白い。






◆べるぜバブ

【神崎組】
最初はただのモブにすぎなかったパー子がここまでのキャラになるとは
田村先生にとっても嬉しい誤算だったのでしょうな。

正直メインの人らよりこいつら見てる方が楽しいw


【出馬】
やりやがったーーー!

予想できたこととはいえ
それは人としてやるわけがないだろうと否定していた可能性を
あっさり現実のものとしやがったよコイツ。

今まで大した出番もなかったのに
この大一番でコレでは好感度さがりっぱですよ元会長。


【ラブコメ番長】
魔力については、またコマちゃんの仕業ですかね。

哀場の強さ、というか男鹿のミルクなしでの強さが
いまいち良くわからんですな。
ミルクなしでも柱将くらいなら物の数ではない今の男鹿と、
魔力を纏っているとはいえ対等にやり合えるって、
どうにも腑に落ちない。

コマちゃんのアレってそんなに凄いんか?






◆HUNGRY JOKER

【言葉】
特に現実を舞台にした漫画でしばしば見られる、
「登場人物が何語で喋ってるのかわからん問題」
ですが、
この作品では
「登場人物をみな高学歴にする」ことで、
この問題を回避できていますね。

自称天才科学者と、
大学生で、そんな研究者の元でのバイトを選択した助手であれば、
まあ外国で普通に会話ができていてもそこまで不自然ではないかなと。
少なくとも某ゴルフ漫画よりは。

え? マブロ?

あいつらは・・・シラネ。


【ホワイトジョーカー】
いまんところアランとミラしかネームドがいないので、
ウルトラマンでいうところの科学特捜隊みたいな印象です。

護廷十三隊みたいに、
単騎でマブロもぶっ殺せる凄腕のエウレカ使いとか、
ストーリーの核心を知ってそうな偉い人とか、
そんなキャラをばしばし出してほしいです。

ハイジに資金提供してた老人が
実はホワイトジョーカー所属で後者キャラな可能性もあるけど。

まあとにかく仲間をいっぱい出せということです。
タカマガハラの二の舞にならぬうちに。


【マブロ】
ピエロみたいのが1人と、
背後にデカブツが1匹。

デカブツの方はマブロではなくて、
またエンドウマメで作られたモンスターかもしれませんが。

ピエロの方は電気使いのようですね。
見たところ無手のようですが。
電気、電気のエウレカ、電気の発見・・・
むう、まるでわからん。






◆SKET DANCE

【サマータイムマシンブルース】
を思いだした。
あっちはエアコンだったけども。

タイムトラベルものっていいよね。






◆キルコさん

【バレット】
その昔、
年端もいかぬ少女に戦いを教えながら戦場を共にし、
最終的に成長したその女性と結婚した
伊集院隼人という海坊主がおってだな・・・

グラサンのいかついおっさんというところもそっくりだし、
違いといえば毛があるか無いかくらいじゃないのかこのおっさんら。

そうだな、とりあえず
イルミナスフォージしてダサいヘルメットを被れば
歳の離れた彼女とうんめぇーの人になれるよバレットさん。






◆クロス・マネジ

【歳の離れた女性祭り】
暗殺教室の家主といいアランといいバレットといい、
そしてこの龍兄ちゃんといい、
なんやそういう嗜好の人が多い週ですな。






◆銀魂

【巻いたクソ】
現実的に無理、ってサブタイトルでも言われているように、
現実にあんなものは存在しないわけなんですが、
最初にアレを排泄物の形として採用した作品ってなんなんでしょうね。

アレを見たら誰でも排泄物とわかるって
とんでもない浸透率ですよ。






◆トレジャー新人漫画賞

今月は佳作3本。
豊作豊作。
読むにはトレジャーのページへGO。


【勇者エグモント】
これはいいですね。
キャラも絵も構成もすばらしい。

実際、編集部によるレーダーチャートも
5段階評価でオール4点、
キャラクターに至っては満点の5点とべらぼうに高評価ですよ。

というか、
これでまだ佳作なんだったら、
準入選とか入選ってどんだけ高得点とらなきゃいけないのよ。

オール5点でもとらなきゃ入選なんて不可能だすやん。

まあ、それはともかく
高得点にもうなずける面白い作品でしたのでぜひ読んでみてくだしあ。


【MUTATION】
すごい特徴的な絵柄。
それが独特の雰囲気にも繋がっています。

しかしあれだ、
講評にも書かれていたように、
読切とはいえ主人公らの「目的」がさっぱり見えないので
続きを読みたいという気にさせないのが
珠に傷かな。


【トゥー・バット(゛)】
途中にどう見てもクロマティ高校なシーンがあることも含めて
面白かったですw

ただ最後に明らかになる主人公の設定は、
あれいらなかったような。
途中に突然出てきた能力もアレでしたし。

ネタバレになるので詳しくは書きませんが。






◆クロガネ

【朝霧先輩】
苦戦が演技なのはバレバレでしたが、
ちゃんと強さを見せつけてくれたので大体満足です。

願わくばこれが
朝霧先輩の(連載での)最後の試合にならないとよいのですが・・・


【ブランク】
ないわー。
アオハルそれはないわー。

あなた地獄合宿で1万本やったんだから、
朝霧先輩とも2000本以上は試合してるんでしょう?

これが復帰第一戦とかならともかく、
2000回以上も試合を見てきた上で
今さら「ブランクが~」とかないわー。


【シドウ】
アオハルが勝ってしまったことで、
これでシドウまで勝つと3勝で桜夏の勝利確定。
重い腰を上げてはるばるやってきた
まこっちゃんが涙目になってしまうので、
シドウに勝ちはなく、負けか引き分けになるはずなんですが。

まこっちゃんの最大の目的は黒鉄くんをしばき倒すことですから
黒鉄くんと戦えさえすれば3敗してても問題ないと考えがちですが、、
公式戦の場に出てきてしまった以上は、
彼の属するチームに負けは許されませんからね。
桜一刀流の名誉的に。

そんなわけで次週はシドウの初敗北なるか。






◆めだかボックス

【嘘八百】
ううん・・・なんかもうわかんない。

喩の文字が嘘に変わったのとどういう関係が?

1:舌の文字は現在使用しているスタイルによって変化する
2:嘘八百も「喩」の能力の一部

のどっちかかなあ。

1はかけがえさんが複数のスタイル所持者ってことで、
2は「嘘八百(人)」という表現を現実のものとする、という
「喩」の能力、ってことか。

つか800人に増える、というのは
他のスタイルと比較して明らかに汎用性に欠けるので
2番だと思いたいなあ。


【クマー】
普通の漫画なら
クマーがやられたところまで含めて作戦、と思うところなんだけど、
この漫画では
そんなわかりやすい展開にするかなあという疑念が常に付きまといます。

かといって普通にクマーが負けてたらそれはそれでガッカリ展開だし。
と、考えていくと答えの出ない堂々巡りになるので
そのうち考えるのをやめた。






次号は土曜日発売なので注意が必要ですね。
そして来週はジャンプはないけどNEXTがあるので
こちらも要チェックやで。

ではノシ

スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 00:19 | トラックバック:0コメント:6
コメント
◆BLEACH
>KILLERSが誰の事を示すのか。
剣八と、初代剣八の卯の花のことかもしれません。
「剣八」の名が持つイメージを考えると、
「KILLER」の表現は合っているように思います。

また、「NOT DEAD」については、剣八は回復する見込みがあり、
卯の花は敵を切り伏せるという覚悟を決めた、という感じで
「『剣八』はまだ戦える」というニュアンスが、
込められているのかもしれません。

>【白骨地獄】
副隊長クラスの霊圧があれば、大丈夫なのかな・・・。
麒麟寺が「元の倍ほども元気にしてやる」と言ってましたが、
単に回復するだけでなく、パワーアップする効果もあるんでしょうか。

>【次】
>卍解の修復
一角さんェ・・・「見込みがない」と判断されてしまったのか。

>【やちる】
>「初代剣八は死んだ」
>ということにして名前と姿を変え、
>医療の道に進んだのでしょうか。
麒麟寺に「お前がやるべきことは、治療ではない」と諭されたときも、
辛そうな表情を見せていたので、ありそうな話ですよね。
卯の花の過去編が見たいです。

◆HUNGRY JOKER
>【ホワイトジョーカー】
ミラが余裕を見せているので、戦力は揃っているんでしょうね。
ミラ自身がトップクラスの「エウレカ使い」という可能性もありますし。

残念なのは、ハイジとアランのキャラが被ってるところですね・・・。
アランの印象が薄くてしかたないです。

>【マブロ】
ノーリスクで「エウレカ」を使えるらしいですが、
時間制限はあって欲しいですね。
戦闘に駆け引きを出せる、おいしい要素なので。

>ピエロの方は電気使いのようですね。
私も最初はそう思ったんですが、能力を発動させているわりに、
目に模様が浮かんでいないので
デカブツが電気使いで、ピエロはまた別の能力者かもしれません。

あるいは、ピエロはデカブツが「電気で操っている」人形、
または、デカブツが能力で作り出したモンスターとか。

◆クロス・マネジ
>【歳の離れた女性祭り】
性的なものを匂わせていた、家主と龍の描写が
ヤバイ雰囲気を醸し出していましたねw

◆銀魂
>【巻いたクソ】
リアルでやろうとしたら、非常に高難度ですよね。

◆クロガネ
>【ブランク】
池沢先生としては、その場のノリを重視したんでしょうが・・・
過去の描写を無視しているようにしか見えず、
ノレないんですよねー・・・。

◆めだかボックス
>【嘘八百】
「喩」の能力のひとつ、と考えるほうが、
元の設定に沿っていて無理がなさそうですね。
2012.12.19 Wed 06:28 | URL | plto
>ハイキュー

こんなに緊張感のある試合を見たのはいつ以来だろうか、
と思うくらいには素晴らしかったと思います
これは来週期待せずにはいられないですね

さて、来週からは大きく展開が動くとは思いますが
問題は2セット目ですよね
変人速攻への対策も講じてくるでしょうし
旭さんや大地さんの頑張りはそこからかな

考えたことがありまして
この試合で日向くんがリードブロックを会得するのではないか、ということです
空中戦ってのはアタッカーだけの問題ではないですからね
2012.12.20 Thu 12:25 | URL | 通りすがり
◆ハイキュー!!
伊達工のブロックの威圧感が、うまく表現されてましたね。
特に、手がにょきっとネットから伸びてくる描写がよかった。

若干、立ち上がりは鈍いようですが、彼らが本領発揮すると
どれほど「鉄壁」になるのか楽しみです。

◆HUNGRY JOKER
「能力を発動させているわりに、 目に模様が浮かんでいない」
と書きましたが、ピエロの「通常の目の状態」は
まだ描かれていませんでした・・・。
早とちりして、申し訳ないです。
2012.12.20 Thu 18:24 | URL | plto
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ◆BLEACH
> >KILLERSが誰の事を示すのか。
> 剣八と、初代剣八の卯の花のことかもしれません。
> 「剣八」の名が持つイメージを考えると、
> 「KILLER」の表現は合っているように思います。
>
> また、「NOT DEAD」については、剣八は回復する見込みがあり、
> 卯の花は敵を切り伏せるという覚悟を決めた、という感じで
> 「『剣八』はまだ戦える」というニュアンスが、
> 込められているのかもしれません。

おおおお、なるほど!
たしかにこの解釈しかありえない気がしますこれは。

卯の花が前線復帰するという意味合いと、
剣八が死んでないandさらに強くなるという。
うむ、これしかないですね。


> >【白骨地獄】
> 副隊長クラスの霊圧があれば、大丈夫なのかな・・・。
> 麒麟寺が「元の倍ほども元気にしてやる」と言ってましたが、
> 単に回復するだけでなく、パワーアップする効果もあるんでしょうか。

恋次あたりがマスクマンを圧倒とかしちゃって、
「実はあの白骨地獄には~」
みたいにドヤ顔でキリンジさんが解説するみたいな流れがありそうですw

侘助さんを連れてこなかったのは、
ひょっとして彼の霊圧では白骨地獄に耐えられないから、とか・・・


> >【次】
> >卍解の修復
> 一角さんェ・・・「見込みがない」と判断されてしまったのか。

零番隊のみなさん、普通に一角が卍解使えることを知らなかったという線もw


> >【やちる】
> >「初代剣八は死んだ」
> >ということにして名前と姿を変え、
> >医療の道に進んだのでしょうか。
> 麒麟寺に「お前がやるべきことは、治療ではない」と諭されたときも、
> 辛そうな表情を見せていたので、ありそうな話ですよね。
> 卯の花の過去編が見たいです。

剣八と卯の花の過去に何があったのか(面識はないのかもですが)、
ぜひ時間とって書いてもらいたいですね。
師匠もずっと温め続けてきた伏線なのでしょうし
やる気MAXでしょう。


> ◆HUNGRY JOKER
> >【ホワイトジョーカー】
> ミラが余裕を見せているので、戦力は揃っているんでしょうね。
> ミラ自身がトップクラスの「エウレカ使い」という可能性もありますし。

そういや必要以上に余裕綽々だったので、
ミラ自身が強キャラというのもありそうですね。


> 残念なのは、ハイジとアランのキャラが被ってるところですね・・・。
> アランの印象が薄くてしかたないです。

なぜローテンション主人公にローテンション仲間をぶつけたのか・・・


> >【マブロ】
> ノーリスクで「エウレカ」を使えるらしいですが、
> 時間制限はあって欲しいですね。
> 戦闘に駆け引きを出せる、おいしい要素なので。

キルドはエンドウマメをこまめに補給していたので、
時間制限は奴等にもあるみたいですね。
ただ、連続摂取によるダメージはなさそうですが。


> >ピエロの方は電気使いのようですね。
> 私も最初はそう思ったんですが、能力を発動させているわりに、
> 目に模様が浮かんでいないので
> デカブツが電気使いで、ピエロはまた別の能力者かもしれません。
>
> あるいは、ピエロはデカブツが「電気で操っている」人形、
> または、デカブツが能力で作り出したモンスターとか。

デカブツのがザコいと思われがちな少年漫画において、
実はデカブツのが本体でした、というのだったら新しいですね。

デカブツの眼と電気のエフェクトが同じなので、
本当にデカブツの方が電気使いかも。


> ◆クロス・マネジ
> >【歳の離れた女性祭り】
> 性的なものを匂わせていた、家主と龍の描写が
> ヤバイ雰囲気を醸し出していましたねw

ジャンプが最近おかしな方向に向かっている気がしなくもないですw


> ◆銀魂
> >【巻いたクソ】
> リアルでやろうとしたら、非常に高難度ですよね。

できたとしても誰に見せびらかすわけにもいかないという
悲しい特技になりそうですしねw


> ◆クロガネ
> >【ブランク】
> 池沢先生としては、その場のノリを重視したんでしょうが・・・
> 過去の描写を無視しているようにしか見えず、
> ノレないんですよねー・・・。

せめて事情を知らないギャラリーとかに言わせれば
まあ問題なかったんですケドねえ。
その場合、試合後に朝霧先輩が
「パニック」言った奴をしばき倒すシーンが描けなくなりますがw


> ◆めだかボックス
> >【嘘八百】
> 「喩」の能力のひとつ、と考えるほうが、
> 元の設定に沿っていて無理がなさそうですね。

あるいは「スタイルとはパターン」
という謎説明の詳細が関係しているのかもですね。

どちらにせよ予想して当たるきがしない(´・ω・`)



2012.12.20 Thu 21:46 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
通りすがりさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> >ハイキュー
>
> こんなに緊張感のある試合を見たのはいつ以来だろうか、
> と思うくらいには素晴らしかったと思います
> これは来週期待せずにはいられないですね
>
> さて、来週からは大きく展開が動くとは思いますが
> 問題は2セット目ですよね
> 変人速攻への対策も講じてくるでしょうし
> 旭さんや大地さんの頑張りはそこからかな

日向の速攻が決まりだしたら
東峰さんも動きやすくなるはずですしね。

東峰さんのリベンジとともに、
実は初めて日向が「囮」らしい働きをする試合として
重要なのかもしれないです。

1セット目は取るにせよ取られるにせよ、
日向が主役になりそうなので、
2セット目から東峰さんのリベンジ展開でしょうか。


> 考えたことがありまして
> この試合で日向くんがリードブロックを会得するのではないか、ということです
> 空中戦ってのはアタッカーだけの問題ではないですからね

たしかに日向の運動性とバネは
リードブロックに向いているのかもしれないですね。
変人速攻に続いて変人ブロックか。
2012.12.20 Thu 21:51 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ◆ハイキュー!!
> 伊達工のブロックの威圧感が、うまく表現されてましたね。
> 特に、手がにょきっとネットから伸びてくる描写がよかった。
>
> 若干、立ち上がりは鈍いようですが、彼らが本領発揮すると
> どれほど「鉄壁」になるのか楽しみです。

ブロックの威圧感は絵による表現がすごくよくできてましたね。
青根くんの顔の怖さも手伝ってw、凄い迫力です。

それだけに、ブロックがハマり始めるであろう
1セット後半の展開が気になりますね。


> ◆HUNGRY JOKER
> 「能力を発動させているわりに、 目に模様が浮かんでいない」
> と書きましたが、ピエロの「通常の目の状態」は
> まだ描かれていませんでした・・・。
> 早とちりして、申し訳ないです。

いやあ、今週冒頭もハイジがリンゴ状態だったはずなのに
目が普通の状態に描かれているコマが何個もあったので、
単なる田畠先生の描き忘れか、
あるいは本当に能力を「使用している間」
しか目は変わらないのかもしれません。


2012.12.20 Thu 21:56 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/449-a5c5ea77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。