日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2013年20号の感想と予想その1 | main | 週刊少年ジャンプ2013年19号の感想と予想その2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
少年ジャンプの「女性が主人公の作品」について(1980~)
最近めっきりジャンプ感想以外の記事が少なくなりましたので
リハビリがてらに
軽~く調べたものであります。







今回もまあ単純な話です。

ジャンプでは女性主人公は受けないと言われていますが、
実際どれほど受けていないのか、
てーのを調べてみたお話。



いくつかルールを。

・1980~2013年までに連載開始した作品が対象

・短期集中連載や途中で他誌に移籍した作品は対象外

・主人公が女性もしくは女性型ロボットである作品をカウント

・ダブルアーツのような男女のダブル主人公や、
 ラブコメ作品には男主人公が存在するためカウントしない


こんなもんです。
正直、最後の条件については
当てはまる作品とそうでない作品が主観に左右されるので
その辺ご了承ください。

たとえばDrスランプとかクロスマネジは
今回は「女性主人公ではない」と判定させていただいております。

では以下、結果をどうぞ。





【女性主人公割合】
まずは、女性を主人公とした作品がどのくらいあるのかという。

1980年からの連載作品を調べてみたところ(wikipedia調べ)、
全作品数は417、
それに対して女性主人公の作品数は28でした。

つまり、割合としてはおよそ7%というわけですね。

少年ジャンプは少年誌なわけでして、
女性主人公作品は少なかったわけですが、
全体の1割にも満たないというのはやはり尋常ではない少なさですね。




【女性主人公作品の生き残り率】

さらにここから「1年以上続いた作品」に絞ってみますと、

・キャッツアイ
・シェイプアップ乱
・アウターゾーン
・めだかボックス


の4作品のみ。

28作品を繰り出して4作しか生き残れなかったということは、
生存率はたったの14%

つまり
少年ジャンプで女性を主人公に据えた作品を連載した場合、
その生存率は14%でしかないというわけですね。

以前、ジャンプ全体の新連載生存率は「3割」だと調べたことがありましたが、
女性主人公作品に絞って考えると
生存率はその半分以下にまで低下するわけでして。

実に厳しい道のりです。




【各年の女性主人公作品】

さらに、女性主人公作品の連載開始時期を見てみます。
下のグラフは、
各年に女性主人公作品が何作始まったかを示しています。

woman.png


ご覧のように、
28作品の実に3/4以上が、1995以前に開始したものです。
2000年代に入ってからはたった4作しか始まっておりません。

そして1996年から8年間は
女性主人公が存在しない空白期間。

一応、今回はカウントに入れてませんが、
空白期間にも魔女娘ViVianとか純情パインとか、
男女のダブル主人公みたいな作品はあったりします。

しかしそれを考慮しても、
やはり1996年以降の絶滅具合は異常です。

1994年は他の年よりも明らかに女性主人公作品が多かったのですが、
それらがすべて短期打切りになったので、
次の年から作家も編集も女性主人公に対して慎重になり、
結果としてそれ以降の年から女性主人公が少なくなったのではないか、
と考えられますがはたして。

あるいは、1980年代の後半には
スーパージャンプ系、ウルトラジャンプ、ビジネスジャンプなど
青年向け雑誌が充実してきたため、
女性主人公の作品はだんだんとそっちに流れて行った、
というのもあるのかもしれません。
まったく調べずに書いてるのでテキトーです。




現状、確かに女性主人公作品は受けていないですし、
そもそもそのような作品が
ほとんど生み出されていない状態のようです。

ちなみに現連載陣でも
めだか、キルコ、エジソンの3作品が連載されていますが、
まあめだかは完結前ということもあるのでしょうが
いずれも順位低迷しています。

ヘタすりゃ今期の入れ替えで3作とも終了なんてことも。

やはりこれからも女性主人公作品の厳しい戦いは続きそうです。

スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| その他考察 | 21:00 | トラックバック:0コメント:2
コメント
正直なところ、「少年漫画」で女性を主人公にする意味を
感じませんから、調査結果を見て納得しました。

私たちのような大人は、女性主人公の漫画でも
「どれ読んでみようか」となりますが、
メイン読者層はそうではないと思うんですよ。
女性主人公というだけで興味を失い、読み飛ばしてしまう
可能性が高いんじゃないかと。

ところで、8年の空白期間ですが、
人気至上主義のジャンプなだけに、見切りが早いですよね。
不人気と判明したら、未練がましく何年も力を注がない。
ある意味、読者に誠実と言えましょうか。
2013.04.18 Thu 12:59 | URL | plto
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 正直なところ、「少年漫画」で女性を主人公にする意味を
> 感じませんから、調査結果を見て納得しました。
>
> 私たちのような大人は、女性主人公の漫画でも
> 「どれ読んでみようか」となりますが、
> メイン読者層はそうではないと思うんですよ。
> 女性主人公というだけで興味を失い、読み飛ばしてしまう
> 可能性が高いんじゃないかと。

そうなんですよね。
小学生の男子なんかは、女が主人公の漫画を読んでる、
ってだけで友達からバカにされそうなイメージですし。


> ところで、8年の空白期間ですが、
> 人気至上主義のジャンプなだけに、見切りが早いですよね。
> 不人気と判明したら、未練がましく何年も力を注がない。
> ある意味、読者に誠実と言えましょうか。

さすがジャンプは容赦ありませんねw

年齢が高い、大人の主人公がいなくなったのも
同じ理由かもしれませんね。
少年漫画の主人公は少年であるべし、
ってのはまあ正論ではあります。

2013.04.20 Sat 10:11 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/481-d380c670
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。