日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2013年24号の感想と予想その2 | main | 少年ジャンプNEXT! 2013SPRINGの感想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2013年24号の感想と予想その1
遅くなったので急ぎ足で。

扱う数も文量もちょっと控えめでいきまーす。








◆ここ1ヶ月のジャンプ連載作品人気度推移

※簡単に言えば、ここ1ヶ月で検索ヒット数と掲載順がどう変動したかの推移グラフです

検索ヒット数
・google検索のヒット数
・発売後1週以内に更新したページ限定
・2週分の結果を各作品毎に平均
・さらにそれを全作品の平均で割る(号ごとのバラつき排除のため)
・検索ワード:"○○号" 感想 (作品タイトル)
・タイトルがアルファベットのものはカタカナ読みもOR検索。

掲載順
・本誌掲載順の2週分平均を表示
・巻頭やセンターカラーの順位は計算に含めない

グラフ
・前号、前々号のプロットも残して矢印で推移を表示

2223info.png

今回は調査期間がやたらと長かったせいか平均化されて、
横軸はどいつも中央付近に集まる感じになってます。
ただしエジソンを除く。

めだかはこれがラストになります。
4年間お疲れ様でした。

そのめだかを含めて中堅組がだいたい右下に固まりつつあります。
NPGに下へ押し出された格好になりますが、
トリガーまでいっしょに押し流されてきてるのがgkbr。
耐えろ耐えるんだ。






◆SOUL CATCHER(S)

【神海っちゃん】
お帰り僕らのジーニアス。
荒木組の中では
最も師匠よりな作家さんDeathね。

今回は長く続くといいですが、
しかし結果がどうであれ
必ず伝説を残してくれると信じていますよ神海っちゃん。


【内容】
で、内容ですが、
NEXTの読切版とほぼ同じでしたので、
特に1話の時点では言うことないDeathね。

カラー扉を見ると吹奏楽部の部員はけっこういるみたいなので、
次回から部員たちが
スタミナ尽きなかったりフィジカル強くなったりと
いろんな特殊能力に目覚めるトランセンド吹奏楽のスタートですねわかります。






◆ONE PIECE

【扉絵】
やはりガブル隊長は婆さんの孫でした。

それを知った兄助がどう動くのか、ですが、
扉絵連載には悪人浄化作用があるので、
もう27回も扉絵やってる兄助なら
そろそろ悪人卒業できるくらいいい奴に生まれ変わってるのではないでせうか。


【キャベンディッシュ】
キャベツさんわりと正統派に強かった。
若干かませの雰囲気も漂っていただけに
噂通りに強かったのは嬉しいですね。

少年漫画としてはありふれた展開ではありますが、しかし
「コイツは俺の獲物だ」
的な理由で共闘の流れになるのはONE PIECEだとなんか新鮮でした。

しかしキャベツさんにとっては

メラメラの実 < ルフィの命

みたいなので、
キャベツさんDブロックの勝ち抜けが途端に怪しくなってきました。
このまま場外乱闘で失格か、
あるいはルフィを探し回っていて不戦敗みたいな形になりそう。


【花ノ国】
真の目的とはなんぞや。

目的がメラメラの実ならば、
読者にまで伏せるような言い方をする必要はないので、
メラメラ以外に何か参加した目的があるということですね。

すでに各所で予想されているように、
花ノ国の面々についている「数字」がカイドウ傘下を示すものであるならば、
突然、七武海を放棄したドフラミンゴの様子をうかがいに来たとか、
そんなんかもしれません。

あるいは花ノ国は名前的にもモデルの国的にも
ワノ国と関係がありそうなので、
こいつらもカン十郎を探しに来てるとか。


【バルトロメオ】
人喰いといえば一鬼夜行だ、と思い立ち
久しぶりに尾田栄一郎短編集を読んでみましたが
特にバルトロメオに通じるものはなかったですた。

ハックの正拳を弾き返した謎の能力ですが、
ホーキンスが使っていたような
ダメージを転写・反射するのに近いものでしょうか。

誰からも攻撃されないのも
同じ能力によるものだとしたら、
ひょっとしたら鏡、でしょうか。

マジックミラーみたいに、
観客席からは見えるが武闘場からは見えない、てな感じで
誰からも攻撃されることはなく、
ハックの正拳は鏡の「反射」で跳ね返した、とか。






◆暗殺教室

【サボり組】
今週も影も形もありませんでした。
カルマ君および、寺坂軍団+狭間さん。

これはもう描き忘れではなく、
意図的に描いていない、
つまり体育に参加していないと見てよいのでしょうね。

カルマ君は烏間先生のときはちゃんと出てたんだから、
鷹岡の本性をいち早く見抜いて一抜けたんでしょうか。


【鷹岡】
再起不能になったわけではないので、
後でまたロクでもない形で再登場しそうですががが。
ネウロの犯人みたいになって渚くんへの復讐鬼と化すか、
シロさんとでも手を組むか。

どこぞのハイエナさんのようにカッコよくなって再登場、
・・・は期待できないだろうなあ。


【巻末コメント】
鬼才が天才を褒め称えるの図。





短めですがこれにて。
また明日ノシ






スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 22:45 | トラックバック:0コメント:12
コメント
>扉絵連載には悪人浄化作用があるので

バギー……ワポル……エネル……。
あんまり浄化されてる気がしませんw 

>突然、七武海を放棄したドフラミンゴの様子をうかがいに>来こいつらもカン十郎を探しに来てるとか。

そういった目的なら別に大会に参加せねばならない理由はないんですよねー。むしろ無駄に拘束されてしまいますし。

>ハックの正拳を弾き返した謎の能力

カベカベの能力で透明な壁を出していたとか。
壁の色を自在に変えられるのならば、以前舞台の端に寝っ転がっていたのに参加者達は誰もバルトロメオを気にしなかったのは、間に壁を造って、その色を背後の観客席に擬態させていたとか。

まあその場合バルトロメオ側(観客席側)からは戦う闘技者達が見えていたので、バルトロメオ側の色は透明、あるいは選手が闘っているように擬態させていたことになり、壁の両面をそれぞれ別の色に変えられるというやや複雑な能力になってしまいますが。
2013.05.13 Mon 23:28 | URL | グッドマン
Re: タイトルなし
グッドマンさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> >扉絵連載には悪人浄化作用があるので
>
> バギー……ワポル……エネル……。
> あんまり浄化されてる気がしませんw
 
いやあ、バギーはかなり丸くなりましたよw
前は赤っぱなって言っただけで大砲で部下を消しとばすような男だったのに。


> >突然、七武海を放棄したドフラミンゴの様子をうかがいに>来こいつらもカン十郎を探しに来てるとか。
>
> そういった目的なら別に大会に参加せねばならない理由はないんですよねー。むしろ無駄に拘束されてしまいますし。

そこはあれ、
コロシアムに参加している幹部クラスと接触するのが目的なんじゃないでしょうか。


> >ハックの正拳を弾き返した謎の能力
>
> カベカベの能力で透明な壁を出していたとか。
> 壁の色を自在に変えられるのならば、以前舞台の端に寝っ転がっていたのに参加者達は誰もバルトロメオを気にしなかったのは、間に壁を造って、その色を背後の観客席に擬態させていたとか。
>
> まあその場合バルトロメオ側(観客席側)からは戦う闘技者達が見えていたので、バルトロメオ側の色は透明、あるいは選手が闘っているように擬態させていたことになり、壁の両面をそれぞれ別の色に変えられるというやや複雑な能力になってしまいますが。

あと、壁などで防御していた場合、
ハックの攻撃を防ぐだけならばわかるんですが、
ハックの腕の方がダメージを受けているのが妙といえば妙なんですよね。


2013.05.13 Mon 23:50 | URL | psychobind
【SOUL CATCHER(S)】
内容はNEXTとほぼ同じでしたが
NEXT版の「心の鍵を開ける」という表現が好きだったので
やって欲しかった~と思いました。

LIGHT WING同様、今回もタイトルで異彩を放っていたと思うので
来週以降も期待です。

>スタミナ尽きなかったりフィジカル強くなったりと
>いろんな特殊能力に目覚めるトランセンド吹奏楽のスタートですねわかります。
トランセンド吹奏楽ってなんだw
吹奏楽なのに1対1で勝負を仕掛けたりすることかw
2013.05.14 Tue 00:07 | URL | maru
>あと、壁などで防御していた場合、
>ハックの攻撃を防ぐだけならばわかるんですが、
>ハックの腕の方がダメージを受けているのが妙といえば妙なんですよね。

これは単純に「硬い壁を思いっきり殴って指と腕が折れた」んじゃないかなーと。
バルトロメオの壁>ハックの正拳突きが前提になりますが、能力を使ってないとみて覇気を抑えていたとすればハックへのフォローになるかな。
2013.05.14 Tue 00:51 | URL | グッドマン
すみません、ミスって投稿して2つになってしまいました……。

>いやあ、バギーはかなり丸くなりましたよw
>前は赤っぱなって言っただけで大砲で部下を消しとばすような男だったのに。

あーたしかに。前は部下を盾にして身を守っていましたしねw
以前より仲間思いにはなったかも。扉絵の孤独体験を経ての心情変化と考えればたしかに浄化作用ですね。

>コロシアムに参加している幹部クラスと接触するのが目的なんじゃないでしょうか。

なるほど、そういえば幹部はコロシアムに集合してるんでしたっけ。
グリーンビットでの取り引きもカイドウサイドは知らないので、ドフラや幹部クラスと接触がとれないことに業を煮やしてコロシアムに参加するという形をとったということですか。

ただまあコロシアムに参加せずとも直接幹部の控え室やらに乗り込めば良いような気も……いや既に試みてカイドウの威を借りたにも関わらず門前払いされたとかで、確実に接触できる大会参加という形をとったってのはありえますね。
2013.05.14 Tue 00:59 | URL | グッドマン
◆SOUL CATCHER(S)
>【内容】
NEXTの読切版は「ごちゃごちゃして読みにくい」ところが
難点でしたが、連載版はそこが改善されているように感じました。
読切版とほぼ同じ内容だからだと思いますが、
コマ割りや吹き出し・キャラの位置、カメラアングルを
細かく変更しているのも効いているのかなと。

ところで、
「あの人」に匹敵するキャラを期待してしまいますね。

◆ONE PIECE
>【扉絵】
>もう27回も扉絵やってる兄助
えっ・・・そんな長編だったんですか!

◆暗殺教室
>【サボり組】
寺岡たちは一度暗殺に失敗してから、意欲を失っている
ようなので、キツいだけの鷹岡の授業はサボるでしょうね。
カルマは鷹岡がつまんないからふけた、って感じでしょうか。

>【鷹岡】
彼が烏間や渚を見返す方法としては、
彼らに先んじて殺せんせーを暗殺する・・・というやり方があります。
数ヵ月後、鷹岡は手塩にかけて育てた精鋭を引き連れ、
再登場するかもしれません。で、渚たちに撃退されるとw
2013.05.15 Wed 00:33 | URL | plto
暗殺教室>「僕達を強くしてくれた事に関しては感謝します」
・・・渚くんって本当に大人ですね。
大人であるはずの鷹岡が「自分の事しか考えていない」精神的な幼稚さが露呈されているだけに、よりキャラが立っていましたね。
それにしてもまさか「理事長」にまで愛想を尽かされるとは
予想外でしたwww
こんな「私」に誰がした!?
2013.05.15 Wed 20:27 | URL | 隆明
Re: タイトルなし
maruさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 【SOUL CATCHER(S)】
> 内容はNEXTとほぼ同じでしたが
> NEXT版の「心の鍵を開ける」という表現が好きだったので
> やって欲しかった~と思いました。
>
> LIGHT WING同様、今回もタイトルで異彩を放っていたと思うので
> 来週以降も期待です。

心の鍵からだいぶ発展して、
海から船を引き上げたり海を割ったり
大冒険してましたねw


> >スタミナ尽きなかったりフィジカル強くなったりと
> >いろんな特殊能力に目覚めるトランセンド吹奏楽のスタートですねわかります。
> トランセンド吹奏楽ってなんだw
> 吹奏楽なのに1対1で勝負を仕掛けたりすることかw

吹奏楽で1対1って想像つきませんねw
誘う方も誘う方だけの乗る方もw

2013.05.16 Thu 23:03 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
グッドマンさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> >あと、壁などで防御していた場合、
> >ハックの攻撃を防ぐだけならばわかるんですが、
> >ハックの腕の方がダメージを受けているのが妙といえば妙なんですよね。
>
> これは単純に「硬い壁を思いっきり殴って指と腕が折れた」んじゃないかなーと。
> バルトロメオの壁>ハックの正拳突きが前提になりますが、能力を使ってないとみて覇気を抑えていたとすればハックへのフォローになるかな。

ンマー、防いで終わり、じゃ展開的に盛り上がりませんしね。
何もないと思ったところに壁があったら
いかな達人でも不覚を取りますか。

そんな負け方をした中学生マフィアがどっかにいたような気もしますし。



2013.05.16 Thu 23:06 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
グッドマンさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> すみません、ミスって投稿して2つになってしまいました……。
いえいえ。
私なんていつも感想2つに分けてるんで全然問題ないです(違


> >いやあ、バギーはかなり丸くなりましたよw
> >前は赤っぱなって言っただけで大砲で部下を消しとばすような男だったのに。
>
> あーたしかに。前は部下を盾にして身を守っていましたしねw
> 以前より仲間思いにはなったかも。扉絵の孤独体験を経ての心情変化と考えればたしかに浄化作用ですね。

仰られる通り、孤独が彼を変えたのかもしれませんね。
あと改心したのはハチとかジャンゴとか、
ゲダツは善人なんかはよくわかりませんが悪いことはしてませんねw


> >コロシアムに参加している幹部クラスと接触するのが目的なんじゃないでしょうか。
>
> なるほど、そういえば幹部はコロシアムに集合してるんでしたっけ。
> グリーンビットでの取り引きもカイドウサイドは知らないので、ドフラや幹部クラスと接触がとれないことに業を煮やしてコロシアムに参加するという形をとったということですか。
>
> ただまあコロシアムに参加せずとも直接幹部の控え室やらに乗り込めば良いような気も……いや既に試みてカイドウの威を借りたにも関わらず門前払いされたとかで、確実に接触できる大会参加という形をとったってのはありえますね。

フランキーもそれを狙ってコロシアムへの参加を計画したわけですしね。

例えば用があるのがディアマンテだったりすると、
容易に控室等に行くことができないので
勝ち抜くことで確実に接触する、という方法にでたとかもありますね。
2013.05.16 Thu 23:13 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ◆SOUL CATCHER(S)
> >【内容】
> NEXTの読切版は「ごちゃごちゃして読みにくい」ところが
> 難点でしたが、連載版はそこが改善されているように感じました。
> 読切版とほぼ同じ内容だからだと思いますが、
> コマ割りや吹き出し・キャラの位置、カメラアングルを
> 細かく変更しているのも効いているのかなと。

ストーリーをほぼ読切のまま持ってくる代わりに、
演出や描き方などを徹底して詰めてきたって感じですね。


> ところで、
> 「あの人」に匹敵するキャラを期待してしまいますね。

心を折る吹奏楽ですねw
主人公コンビに対抗して、
音楽で心を砕くような吹奏楽部はいずれ出てきそうですね。


> ◆ONE PIECE
> >【扉絵】
> >もう27回も扉絵やってる兄助
> えっ・・・そんな長編だったんですか!

一向に話が進んでないのでびっくりですけども、
実はそんなにやってたんですw


> ◆暗殺教室
> >【サボり組】
> 寺岡たちは一度暗殺に失敗してから、意欲を失っている
> ようなので、キツいだけの鷹岡の授業はサボるでしょうね。
> カルマは鷹岡がつまんないからふけた、って感じでしょうか。

烏間先生のときすらサボってたのに、
鷹岡の授業を受けるわけないですよね。
カルマ君はサボって当然な生徒ですが、
仲良し渚くんとかを見捨ててフケるのも
なんか彼の性格的に合わない気がするのですよね。


> >【鷹岡】
> 彼が烏間や渚を見返す方法としては、
> 彼らに先んじて殺せんせーを暗殺する・・・というやり方があります。
> 数ヵ月後、鷹岡は手塩にかけて育てた精鋭を引き連れ、
> 再登場するかもしれません。で、渚たちに撃退されるとw

なるほど。
確かに先に暗殺してしまえば生徒達への逆襲にもなりますし、
手柄も立てられますしいいことづくめですね。
まあ、渚くんらに撃退されるでしょうけどねw
2013.05.16 Thu 23:44 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
隆明さん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 暗殺教室>「僕達を強くしてくれた事に関しては感謝します」
> ・・・渚くんって本当に大人ですね。
> 大人であるはずの鷹岡が「自分の事しか考えていない」精神的な幼稚さが露呈されているだけに、よりキャラが立っていましたね。
> それにしてもまさか「理事長」にまで愛想を尽かされるとは
> 予想外でしたwww
> こんな「私」に誰がした!?

今回は完全にE組だけでの独立した話だと思ったので
理事長が登場したことがまずびっくりでしたね。


2013.05.17 Fri 00:26 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/489-0d6a833e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。