日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2013年30号の感想と予想その2 | main | 週刊少年ジャンプ2013年29号の感想と予想その2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2013年30号の感想と予想その1
どうもみなさんこんばんわ。

投稿時間でわかると思いますが
次回無いからちゃっちゃと行きますよー。






◆ここ1ヶ月のジャンプ連載作品人気度推移

※簡単に言えば、ここ1ヶ月で検索ヒット数と掲載順がどう変動したかの推移グラフです

検索ヒット数
・google検索のヒット数
・2週分の結果を各作品毎に平均
・さらにそれを全作品の平均で割る(号ごとのバラつき排除のため)
・検索ワード:2013 "○○号" 感想 (作品タイトル)
・タイトルがアルファベットのものはカタカナ読みもOR検索。

掲載順
・本誌掲載順の2週分平均を表示
・巻頭やセンターカラーの順位は計算に含めない

グラフ
・前号、前々号のプロットも残して矢印で推移を表示

29info-2.png

今の調査方法にしてから、
ときどき右に突き抜ける作品が出てくるんですよね。
ちょい前のトリコとか、今回はこち亀がそう。

原因不明なので対応も出来ないのですが。

いい感じにみんな定位置に散らばってくれています。
右上の看板組、右下のベテラン組、
左上のルーキー組、左下のがんばれ組。

新連載3組は、
今週の順位と合わせて考えると、
ソウルが1人ふんばってて、
あと2つがジリジリ落ちて行ってる印象ですね。






◆暗殺教室

【原さん】
先週、おせちみたいな弁当食ってるからこんなことにw

多分、このシリーズ終わったら次は
原さんを主役に据えたダイエット話ですね。
間違いない。


【粘膜】
ほうほう。
そうかイトナ君が雨を払っていたのは
触手を粘膜でガードしていたから可能だったわけですね。

だからなんだというわけでもないですが一人で納得。

ちなみにイトナ君も同じ触手を使ってる以上、
プールに撒かれた薬剤に弱いはずだから、
来週はせんせーが身体に吸わせた水を
スポンジのように絞り出してイトナ君にぶっかけてKOすると予想しておきます。


【寺坂】
ぽっちゃり原さんと一緒に取り残されたのは、
遠目だからわかりにくいですが
寺坂軍団の2人ですかね。

これで3人を寺坂が助けて寺坂軍団の友情復活、
といった流れですかな。

そんな寺坂はまあ、覚醒したにはしたけれど
さすがに今更悪ガキが1人、目を覚ましたからと言って
それでどうなるわけでもないという。
現実は非情である。

しかしカルマくんとのコンビプレイは
今回だけでなくこれからなかなか厄介になりそうですね。
せんせー的に。






◆トレジャー新人漫画賞

くっ・・・
時間がないときに限って佳作が4本も出るなんて・・・
嬉しいがキツイ。


過狩り狩り
いやー、久々に来ましたね。
異彩を放つ新人さんが。

構成が独特、世界観も独特、絵も荒いけど独特で
読み味が実に不思議な作品です。

と、いうか、
たぶん1回読んだだけだと何が何だかわからない部分がありますので
2回、少なくとも2回通して読むことをお勧めしますよ。
「あのときのあの台詞はこういうことだったのか」
ってのがよくわかります。

絵は独特ではあるのですが、
講評にあるようにもうちょっと画力が必要かもしれないですね。


ロジックキューブ
こ、こいつは・・・

最近、銀魂の1話分の文字数を数えるなんて狂行を行った自分だからこそわかる。
これは・・・
銀魂をすら上回る逸材?であると。

せっかく5段階評価で満点を付けられるほどに高い画力を有しているのに、
なんだこの文字の数は。
文字が多すぎるせいで1文字1文字が小さくなって読みづらいわ。

テーマからして理屈っぽいセリフを並べたかったのはわかるけども、
これはさすがにやりすぎですかね。
ただ17歳と若く、そしてこの突き抜けた画力。
上手く融合すればすごいものを創り出しそうな期待感があります。


望キミ
今回の佳作の中ではもっともバランスがいい作品ですかね。
キャラ作りとセリフ回しにこなれたものを感じます。

ただし終盤の展開は
オチ以外はどっかで見た感満載だったのでそこが残念。


七支刀
おお、これは面白いですね。
コメディ上手い作家はだいたい当たり作家という俺ルール。

コメディ全開の前半はもう文句なしに面白かったです。
タイトルの由来とかも少年漫画チックで良かったですしね。

ただ、画力、
特に動きのある絵がちょ~っとばかり足りないですね。
後半のバトル展開になってからは
ちょっと絵の演出がついていけてなくて辛かったかも。

画力強化しての次回作に期待です。






◆ワールドトリガー

【センターカラー】
葦原先生のカラー、すでに3回目。
リリエンタールのときはほぼ単行本表紙でしか
カラーを拝めなかったことからするともうね。
アシハラーとしてはね。・゚・(ノД`)・゚・。


【陽太郎】
よく訓練されたアシハラーならば瞬時に分かったと思いますが、
読切「実力派エリート迅」に登場していた陽太郎くんですね。

彼の持っていた「盾を出す剣」エスクードはすごい好きだったなあ。
また迅さんが大地の咆哮、とかやってくんないかしら。

ちなみに、彼の相棒「雷神丸」ですが、
読切版の迅さんが使っていた武器の名前が「風神丸」だったりします。
ゆくゆくは雷神丸と迅さんのトリガーが合体して
風雷丸とか覇王丸とかに・・・


【宇佐美さん】
よく訓練されたアシハラーならば瞬時にわかったと思いますが、
前作「賢い犬リリエンタール」に登場した「宇佐美文」さんと
苗字が同じですね。もっというと顔も。
これは・・・??

宇佐美さんは本屋の娘だったので「文」でした。
そして今回出てきた「栞」さん。
これは関係ある。きっと関係ある。
ワールドトリガー世界に蓮乃辺は存在しているらしいですし。

シンプルに考えれば文さんの姉が栞さん、なんでしょうが、
実はワールドトリガーの時系列は
リリエンタールのそれよりも前であり、
この栞さんこそが後々、
リリエンタールにおいて文さんの母親になる人物ではないか、
とか思ったり思わなかったり。

宇佐美家には大学に務めている母がいる、という
アシハラーだけが知っている裏設定があるのですよ。


【玉狛支部】
防衛隊員の、このシルエット・・・!!

こないだは本部のA級1~3位の隊にいるんじゃないか、
と予想しましたが、
真ん中のシルエット、これあれじゃないの。
回想にいた二刀流の娘じゃないの。

右側の頭ツンツンの人も
それっぽい頭がやはり回想シーンに写っている、気がするし。


【林藤さん】
だがちょっと待ってほしい。

林藤さんは迅さんよりも恐らく先輩。
林藤さんに5歳の息子がいる。
迅さんは現在19歳。

もしも林藤さんが迅さんよりも1~2コ先輩なだけだったら、
15~16歳、つまり
林藤さんが中学生くらいのときに陽太郎が生まれたことになるまいか。


などと下世話なことを考えていた思ったのが、
陽太郎は林藤さんの本当の息子じゃないのかもしれないですね。

最上さんが亡くなったのは5年前。
陽太郎の年齢も5歳。

仮に5年前に最上さんが戦死するほどの大きな戦いがあったとして、
そのときに親を亡くして孤児になった子供が陽太郎で、
それを林藤さんが引き取って育てている、のだとか。

あるいはもっと単純に最上さんの息子が陽太郎、
というのもあるかもしれんですが。


【最上さん】
前回、回想シーンの迅さんが
黒トリガーを装備していないと書きましたが、
しかしあの回想は4年前のことだったはず。

5年前にすでに最上さんが黒トリガーを残していたのならば
回想の時点でもっていてもおかしくはないはずなのですが、
単に当時の迅さんでは使いこなせなかったとか
そんなことですかね。


【千佳】
ヴィジョンズした。

近界に友達と兄を探しに行きたいがために
ボーダー玉狛支部に入隊して、
修くんがしょうがないからと自分も玉狛に入り、
2人がいるならと遊真も玉狛に入って、
そして持ち前のトリオン力であっという間に修くんを追い抜いてA級になってしまう
千佳ちゃんの姿が見えた。


【過去編】
まさかの過去編突入ですよ。

過去編は人気のある漫画か、
あるいは打ち切られそうな漫画が
設定をすべて語りつくすためにやるか、
のどっちかが多いパターンなので無性に心配。






◆その他作品

【斉木楠雄】
GPNの面々が次々と周年を迎えていきますね。
おめでとうございます。
ええと次は暗殺教室かな。

人気投票は11番と43番と53番の順位が気になります。


【黒子のバスケ】
か、監督ー!!

具合悪そうだなと気付いたのは先週だったんですが、
それより前からそんな描写ありましたっけか。


【ヨーロッパ特派員の体験レポート漫画】
メガネ人口あがってますな。

これを描いた伊達先生は
いつぞやのジャンプNEXTでサッカー漫画描いてましたね。
絵が上手い。

特に内容について言うことはないんですが、
珍しい企画だったので一言触れておきました次第。






しばらくはロクに時間取れないかもしれないので、
まあコメント返信とかは気長にお待ちください。

ではまた明日ノシ


スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 00:38 | トラックバック:0コメント:12
コメント
さすがに林藤さんのあの顔で二十歳そこらというのはどうでしょうw シャアもびっくりです。
迅よりも年齢的にはだいぶ先輩でアラサーくらいなんじゃないですかね。
2013.06.25 Tue 09:59 | URL | グッドマン
いつもの表、たまには、1~ヶ月範囲で計測さするとかできませんかね。そのほうが統計としてより参考になる形になるかと。
まあ、前年の雑誌動向と作品の内容を鑑みれば、今年終了する、あるいはさせられるのは自ずと分かる気もしますが。
2013.06.25 Tue 22:06 | URL |
>次回無いからちゃっちゃと行きますよー。
「時間」の誤記と気づいてほっとしました・・・。

◆暗殺教室
>【原さん】
昼食の「量」が生死を分けることになろうとは・・・w

>【粘膜】
粘液でガードしてたんですね。
既出情報なのに思いつかなかった・・・。

イトナの触手は「扱い方を変えただけ」なんですね。
性質を変えられるほどには、触手の研究が
進んでないんでしょうか。

新たな触手の特長が判明したところで、次は「目」ですね。
例の「圧力光線」を発射できる、ギミックになっているとか?

>【寺坂】
クラスメイトをあの場から救出する・・・
それくらいなら、カルマと組めばできそうな気がしますね。
寺坂の汚名返上の方法として、うまいやり方だと思いました。

◆ワールドトリガー
>【センターカラー】
人気を計る指標のひとつなので、定期的に貰えると安心します。

>【宇佐美さん】
陽太郎は気づけませんでしたが、こちらはばっちりですよ。
目元が文とそっくりで、笑っちゃいました。

不良が読んでいたジャンプに『リリエンタール』が載っていたり、
米屋の制服に「リリエンタール、スーパー宇宙猫、ごむぞう」
のピンバッジがついていたり、と葦原先生はサービス精神旺盛ですよね。

>【林藤さん】
林藤は奥さんいて、子持ちなのかよ!!
と最初は驚きましたが、「養子」という可能性もありますね。

>【最上さん】
彼の死を遊真父が知らなかった、ということは
遊真父は5年以上前から、ボーダーを離れていたことになりますね。

そう言えば、
林藤たちは、遊真父に子供がいることを知らなかったようなので、
遊真が生まれる以前には、もうボーダーにいなかった・・・
とも考えられますか。

>【千佳】
トリオン器官が優秀なので、一発採用間違いなしですね。
遊真とレプリカ先生と迅が指導すれば、すぐA級ですよ。

>【過去編】
>まさかの過去編突入ですよ。
週毎の掲載順位の関係で懸念はありますが、
そろそろ遊真の過去が知りたいと思っていたので、
私得のヒキでした。
これまで断片的に伝えられていた近界についても、
過去編では詳細に描かれるはずなので、楽しみです。
2013.06.25 Tue 22:35 | URL | plto
トレジャー
ロジックキューブ>・・・なぜでしょうか? 銀魂は台詞の量が
膨大であるにもかかわらず、読みやすいというのに、当作品は頭が痛くなってしまう・・・
作風が少年誌っぽくないからなのか・・・
2013.06.25 Tue 23:26 | URL | 隆明
◆ワールドトリガー
>【過去編】
今回のヒキを改めて読むと、レプリカが重要な発言をしていますね。
遊真がこちらの世界に来たのは、
「父親の遺言だけではない」という意味に取れます。
さらに、話の流れから、遊真が林藤の誘いを断った理由でも
あるようなので、ますます過去編に興味がわいてきました。

遊真によると父親は4年前に亡くなったそうですが、
日本を訪れるまでの4年間、何をしていたのか・・・
そもそも、当時の遊真は11歳、どうやって生活していたのか
・・・が気になります。

遊真は近界の一国に身を寄せていて、
その国の任務で日本に来たのかなと推測しています。
日本行きのゲート、日本円や住居の用意、編入手続きなどは
その国の人間が遊真のためにやったのかなーと。
2013.06.27 Thu 16:00 | URL | plto
Re: タイトルなし
グッドマンさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> さすがに林藤さんのあの顔で二十歳そこらというのはどうでしょうw シャアもびっくりです。
> 迅よりも年齢的にはだいぶ先輩でアラサーくらいなんじゃないですかね。

同期の忍田さんがかなり若そうだったのでw
前作のシュバインさんも若かったですし。

とはいえフツーにアラサーで
20代前半で陽太郎が生まれたとするのが一番スムーズですよねw

2013.06.29 Sat 12:31 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
コメントありがとうございますm(_ _)m


> いつもの表、たまには、1~ヶ月範囲で計測さするとかできませんかね。そのほうが統計としてより参考になる形になるかと。
> まあ、前年の雑誌動向と作品の内容を鑑みれば、今年終了する、あるいはさせられるのは自ずと分かる気もしますが。

現状、載せるデータが多すぎると矢印がごっちゃごちゃになって見にくくなるということで
3号分のデータにとどめていますが、
最近新しい検索方法に変えたところですし
このまま少し長いスパンでデータを掲載していってもよさそうですね。

2013.06.29 Sat 13:05 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> >次回無いからちゃっちゃと行きますよー。
> 「時間」の誤記と気づいてほっとしました・・・。

お騒がせして申し訳ありませんw
書き間違えたのも時間がないせいですw


> ◆暗殺教室
> >【原さん】
> 昼食の「量」が生死を分けることになろうとは・・・w

ぽっちゃりは時として死に繋がる・・・w


> >【粘膜】
> 粘液でガードしてたんですね。
> 既出情報なのに思いつかなかった・・・。

言われてみれば、て感じでしたね。
意外と気が付かないものです。


> イトナの触手は「扱い方を変えただけ」なんですね。
> 性質を変えられるほどには、触手の研究が
> 進んでないんでしょうか。
>
> 新たな触手の特長が判明したところで、次は「目」ですね。
> 例の「圧力光線」を発射できる、ギミックになっているとか?

殺せんせーが触手第一号だとすると、
けっこう生まれて間もない技術なので
そこまで応用の研究が進んでいないのかもですね。

目の変貌もシロさんの作戦の一つですかね。
もし光線発射したらいよいよ人間じゃなくなってきてますなw


> >【寺坂】
> クラスメイトをあの場から救出する・・・
> それくらいなら、カルマと組めばできそうな気がしますね。
> 寺坂の汚名返上の方法として、うまいやり方だと思いました。

そして救出された原さんと寺坂くんのロマンス展開が・・・
ないなw


> ◆ワールドトリガー
> >【センターカラー】
> 人気を計る指標のひとつなので、定期的に貰えると安心します。

少なくとも他の作品と戦えているのだなと実感できますね。


> >【宇佐美さん】
> 陽太郎は気づけませんでしたが、こちらはばっちりですよ。
> 目元が文とそっくりで、笑っちゃいました。
>
> 不良が読んでいたジャンプに『リリエンタール』が載っていたり、
> 米屋の制服に「リリエンタール、スーパー宇宙猫、ごむぞう」
> のピンバッジがついていたり、と葦原先生はサービス精神旺盛ですよね。

過去作品の要素がちょいちょい出てきますよねw

古くは、読切「トリガーキーパー」に
リリエンタールの看板が出てきたりしてましたし、
過去作品を大事にしてくれるのはファンとしては嬉しい限りです。


> >【林藤さん】
> 林藤は奥さんいて、子持ちなのかよ!!
> と最初は驚きましたが、「養子」という可能性もありますね。

陽太郎の存在がファンサービス以外に意味があるのだとしたら、
実は養子で、重要人物の息子でした、
という流れがスムーズかなーと。


> >【最上さん】
> 彼の死を遊真父が知らなかった、ということは
> 遊真父は5年以上前から、ボーダーを離れていたことになりますね。

そうなりますね。
ボーダー自体、かなり年季の入った組織なのかも。


> そう言えば、
> 林藤たちは、遊真父に子供がいることを知らなかったようなので、
> 遊真が生まれる以前には、もうボーダーにいなかった・・・
> とも考えられますか。

遊真がずっと父親と一緒に行動していたのだとすると、
ボーダー連中が知らないはずはないですしね。
とすると15年も前からボーダーは存在したってことでしょうか。


> >【千佳】
> トリオン器官が優秀なので、一発採用間違いなしですね。
> 遊真とレプリカ先生と迅が指導すれば、すぐA級ですよ。

千佳ちゃんのトリオン力なら
練習用トリガーでもイルガー落とせそうです。


> >【過去編】
> >まさかの過去編突入ですよ。
> 週毎の掲載順位の関係で懸念はありますが、
> そろそろ遊真の過去が知りたいと思っていたので、
> 私得のヒキでした。
> これまで断片的に伝えられていた近界についても、
> 過去編では詳細に描かれるはずなので、楽しみです。

ある意味、この作品最大の謎でもありますので
そこが描かれるのは楽しみですね。

過去シーンは描かれずに遊真の語りだけで終わってしまうかもですが。


2013.06.29 Sat 13:41 | URL | psychobind
Re: トレジャー
隆明さん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ロジックキューブ>・・・なぜでしょうか? 銀魂は台詞の量が
> 膨大であるにもかかわらず、読みやすいというのに、当作品は頭が痛くなってしまう・・・
> 作風が少年誌っぽくないからなのか・・・

銀魂はたくさんのネタ・ボケを詰め込んでいるという感じですが、
この作品の場合は
1つの事柄を言うのにやたらと文字数を消費しているので
わかりにくくなってしまっている、という違いですかね。

2013.06.29 Sat 13:45 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ◆ワールドトリガー
> >【過去編】
> 今回のヒキを改めて読むと、レプリカが重要な発言をしていますね。
> 遊真がこちらの世界に来たのは、
> 「父親の遺言だけではない」という意味に取れます。
> さらに、話の流れから、遊真が林藤の誘いを断った理由でも
> あるようなので、ますます過去編に興味がわいてきました。

親父の教え3がありますし、
遊真も素直に父親の言うことだけに従って来たわけでもないということになりますね。


> 遊真によると父親は4年前に亡くなったそうですが、
> 日本を訪れるまでの4年間、何をしていたのか・・・
> そもそも、当時の遊真は11歳、どうやって生活していたのか
> ・・・が気になります。
>
> 遊真は近界の一国に身を寄せていて、
> その国の任務で日本に来たのかなと推測しています。
> 日本行きのゲート、日本円や住居の用意、編入手続きなどは
> その国の人間が遊真のためにやったのかなーと。

そこなんですよねー。
日本での生活やらなんやらを
バックアップしている連中はいそうです。

それが近界の1国だというならいろいろ納得ができますね。
平和志向の国から
協力を求めて派遣されたとかでしょうか。

2013.06.29 Sat 15:15 | URL | psychobind
宇佐美家・米屋家および宇佐美ちゃんの目の系譜
『ワールドトリガー』2巻のカバー裏の情報も加えると、下記のようなことが分かります。

①宇佐美栞さんと米屋陽介くんはイトコ。
②宇佐美文ちゃんと宇佐美栞さんと米屋陽介くんは同じような形の目をしている。
③宇佐美文ちゃんの父である天林堂書店の店長さんは違う目をしている。

それを合わせて考えると、陽介くんは文ちゃんの息子、栞さんは文ちゃんの姪っ子という可能性も考えられますよ!
2013.11.14 Thu 01:19 | URL | kun*kun
Re: 宇佐美家・米屋家および宇佐美ちゃんの目の系譜
kun*kunさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 『ワールドトリガー』2巻のカバー裏の情報も加えると、下記のようなことが分かります。
>
> ①宇佐美栞さんと米屋陽介くんはイトコ。
> ②宇佐美文ちゃんと宇佐美栞さんと米屋陽介くんは同じような形の目をしている。
> ③宇佐美文ちゃんの父である天林堂書店の店長さんは違う目をしている。
>
> それを合わせて考えると、陽介くんは文ちゃんの息子、栞さんは文ちゃんの姪っ子という可能性も考えられますよ!

栞ちゃん⇒文ちゃんラインを考えていましたが、
ワールドトリガーがリリエンタールよりも過去の話で
文ちゃんが米屋くんの母親という可能性もありますね。

従兄妹という設定を明かした以上、
そういう可能性のが高いかもしれないですね。

2013.11.16 Sat 14:03 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/503-1bb8483d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。