日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2013年35号の感想と予想その2 | main | 週刊少年ジャンプ2013年34号の感想と予想その2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2013年35号の感想と予想その1
ONE PIECEもBLEACHもないのと
ちょいと風邪気味で体調悪いので短めにいきまーす。





◆ここ1ヶ月のジャンプ連載作品人気度推移

※簡単に言えば、ここ2ヶ月で検索ヒット数と掲載順がどう変動したかの推移グラフです

検索ヒット数
・googleブログ検索のヒット数
・2週分の結果を各作品毎に平均
・さらにそれを全作品の平均で割る(号ごとのバラつき排除のため)
・検索ワード:2013 "○○号" 感想 (作品タイトル)
・一か月以内に更新されたもの限定
・タイトルがアルファベットのものはカタカナ読みもOR検索。

掲載順
・本誌掲載順の2週分平均を表示
・巻頭やセンターカラーの順位は計算に含めない

グラフ
・前5号分のプロットも残して矢印で推移を表示

34info-2.png

どうも検索結果にノイズが入るようでしたので、
検索範囲を一か月以内に更新したモノに限定するようにしました。

最期のデータだけ検索方法が違うので
どの矢印もいびつなことになってますがご容赦。

クロスマネジはこの号で終了。
お疲れ様でした。
そしてエジソンも次で終了。

すると次にこの枠に入りそうなのは
すぐ真上にいるスモーキーと無刀になりそうですか・・・






◆スクラッチハガキ2013

【スクラッチ】
「殺せんせーやっつければ100億円じゃね?」

とはいえ、
一護さんが絶賛夏休み中なので、
他の面子だとやはり斉木楠雄くらいしか相手にならんのではなかろうか。

最近のトリコのインフレっぷりを見ると
マッハ20くらいなら捉えられるのかな。


【景品】
わ~んどんぶりを
家族との食事の場で使える勇者はいるのかw

殺せんせーのウォールポケットは普通に欲しいなあ。
ワールドトリガー、前のレプリカ先生ポーチは良い景品だったけども、
今回のはトップシークレットのファイルノート。
山守神社の名を出すとはなかなか通ですな。






◆クロクロク

【内容】
もともとコメディには(自分の中で)定評のあった中村先生。
加えて絵も上手くて動きのある絵もいける。
キャラ作りや表情もよくできてる。

終盤の展開こそテンプレのノリだったものの
その前のコメディパートが十分に良かったのと
最後のヒキで扉絵にいた「他の職員」を顔見せさせて
興味を引いてたりして、
全体的に十二分に面白かったです。


【背景】
背景の張り紙をはじめとして、
手書きの小さいセリフやモブの妖怪たちの行動に
いろんなネタが仕込まれてて、
繰り返し読んでも何らかの発見があって楽しいですね。

描く方にとってはすごく手間のかかる作業でしょうに、
それでもこうやって原稿の隅から隅まで使って楽しませようとしてくれる精神には
頭が下がります。






◆暗殺教室

【イメージ】
生徒たちが問スターと戦っているのは、
問題を解く、ということをイメージとして表現しているんでしょうが、
そこでA組とE組が会話しているのはどういうアレなんでしょう。

たとえば磯貝くんと放送部部長の会話は、
「磯貝くんが首相会談の回数を問う問題に正解した」
という前提がなければなりたたんわけですが、
テスト中にそんな会話が交わせるわけないですよね。

いくらイメージ空間とはいえ、
そこで登場人物たちが思ったり言ったりしたことは
イメージだけの幻の会話ではなくて現実に即した出来事だと思うのですよ。

考えるに、テストが終わって答え合わせしている最中のやりとりを
問スターとの攻防戦と交えて視覚化したのがあのイメージでのやりとり、
というところでしょうか。


【五英傑】
あら。意外にあっさり陥落しそう。
理科は奥田さんが問スターを全裸にさせてたという表現からすると満点っぽいし、
英語と社会も苦戦してましたし。
国語の人くらいですか勝てそうなのは。

浅野Jrも「僕はこんなに凄いんだアピール」をしまくってるので
カルマ君に敗北するフラグがバリバリ。
A組とE組で接戦、あるいは引き分けもあるかと思いましたが、
これはE組の圧勝という展開ですかね。

しかし学内最強の生徒たちを1学期の期末で早くも倒してしまったら、
2学期のテストはどうするつもりなんでしょう松井せんせー。
また理事長が洗脳でもしてパワーアップさせるのか、
それとも学外から助っ人でも引っ張ってくるか。






◆その他作品

【食戟のソーマ】
先週、堂島さんらが言ってた「選抜」はこの合宿内で消費されるのかと思ったら
次のシリーズの伏線だったようで。
「選抜」という言葉からすると
何人かの料理人でチームを作って食戟で戦う感じのイベントですかねえ。

そして結局、他の極星連中の料理はほとんどというか全く見られなかったなあ。
選抜とやらでの極星勢の活躍に期待。


【べるぜバブ】
覚醒じゃなくて「ただがんばるだけ」というおとうさんスイッチが、
結局のところ覚醒に近い何かだったのは
説明がついたことによる納得感もあり、ちょっとした残念感もあり。

すっかり記憶の彼方だった
「ベル坊が富士鷹茄子に奪われる」という夢が
これにて正夢になったとみてよろしいのでしょうか。
奪われるならてっきり藤相手だと思ってたけども。

そして姫ちゃんが王臣No3ならば裏切っているはずはないのだけれども、
現時点で男鹿と敵対しているのが本心からならば
王臣No3は実は古市とかいうパターンもありかも。


【銀河パトロール ジャコ】
今週も淡々と話が進みますね。
とはいえ次回から舞台が変わるのでようやく話が動きそうか。

東の都はドラゴンボールにも出てきたことあったなーと思い
検索してみたらベジータとナッパが到着したところでした。

ドラゴンボールの前日譚というのはすごくそれっぽい予想なんですが
未だにこの世界がドラゴンボールと同一とは思えず、
どんなオチを付けてきてくれるのか。





終わりも手短に。
ではまた次回ノシ


スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 00:29 | トラックバック:0コメント:5
コメント
>クロクロク
読切と大体同じ流れだったので新鮮味もなく同じ話を2回読まされているようでした
神海のソウルキャッチャーズも読切と瓜二つの初回やって案の定今実質ドベ2状態ですし、
一度読切を読んだ人の為にもう少し違う切り口からやって欲しかったですね。
編集仕事しろよ。

その点、読切の持ち味を殺さず微妙に内容とキャラを変化させて挑んできたソーマは上手くやったなと思う
斉木も初回は読切と内容被らないように努力してたし。
神海とか中村はもっと努力してほしいですよ。切実に。
2013.07.30 Tue 10:44 | URL | たいだ
どうも、DEEP PURPLEです。現在TBSで放送されているドラマ「半沢直樹」が面白いです。僕は経済ものの作品はどちらかというと苦手な方ですが、これは好きです。この作品を一言で言うと「熱い」です。主人公の半沢が逆境にもめげず、様々な困難や陰謀に立ち向かっていく様は正に痛快であり、なおかつどのキャラクターも非常に個性的で印象に残るため、それが動いているだけでも面白いです。そして、半沢とライバルキャラとの駆け引きがまた熱く、爽快感を覚えます。これが一番の見どころだと僕は考えています。さらに、銀行や経済に関する知識が無くとも楽しめるのがまた良いです。ただ、上戸彩さんが妻役というのはあってない気がしました。

>クロクロク
読み切り版はあんまり印象に残っていないので比較は出来ませんが、この第1話は結構読める方だと思いました。
まず、新人としてはなかなかの画力だなあと思いました。ヒロインの千秋がかわいいです。
作風としてはやはり「銀魂」のように基本はコメディ&人情といった感じで、たまにアクセントとして軽いバトルを挟むといった感じでしょうか。ただ、ジャンプ漫画としてはやや派手さに欠ける方かなーとも感じます。とりあえず、様子見だと思います。

>暗殺教室
スゴイですねこれは、テストのシーンなのにまるで違う作品を見ているようです(笑)。この演出、フォロワーが出るかもしれません。

>食戟のソーマ
扉絵が良いです。ただ、アオリの「丼研の夏休み」は違うだろうと思いました(ソーマと田所さんは違うでしょう!)
さて、えりなとアリスは従姉妹でしたか…無難なところだと思います。ソーマとアリスはさしずめ「保守派vs革新派」「アナログvsデジタル」といったところでしょうか。それにしても失敗を笑い飛ばせるソーマの精神力は流石だと思いました。あとえりな、幼少時からあんな性格だったんですね。キャラがブレていなくてこれはこれで良かったと思います(笑)。
そして、卒業生がフルコースを振る舞うとは、なかなかニクイ事をしますね。とりあえず卒業生自身も合宿が過剰と言えるほどにシビアである事を自覚していて、それでご褒美を用意した、といったところでしょうか。それにしても、最初の時点で1学年1000人を超えていたなんて、やはり物凄いマンモス校だったんだなと思いました。あと、この時の堂島の台詞が第1話に出て来た「料理とは、果て無き荒野そのものである」というナレーションと繋がっていると思いました。

>銀河パトロール ジャコ
今回も話が進んでいませんね。でも、やはりこれまでと同様、掛け合いが面白いので気になりません。それにしてもジャコがテトラポットを光線銃で破壊したシーンは一体何のために出て来たのでしょう? 笑えたから良いですけど(笑)。
さて、前回も言いましたがこの作品、「ドラゴンボール」の前史である可能性が出てきましたが、本作の世界での通貨がそれとは違い「円」となっているところ(ちなみに「ドラゴンボール」の世界での通貨は「ゼニー」)を見ると、以前psychobindさんが仰ったように何らかの理由で世界そのものが大きく変わってしまい、それによって「ドラゴンボール」の世界観になる感じになるのかなと思いました(あくまでこの予想が当たればの話ですが)。
2013.07.30 Tue 19:45 | URL | DEEP PURPLE
◆暗殺教室
>【イメージ】
>テストが終わって答え合わせしている最中のやりとり
ギャグ漫画特有のファンタジーなノリと受け取りましたが、
真面目に考えると、答え合わせという結論になるんですね。

>【五英傑】
彼らは天才との触れ込みでしたがw
特に英語の人は「LAに1年いて、基本的な会話は十分覚えた」
程度で語学力を誇っていたのなら、過大評価もいいとこです。
進藤くん! 盛りすぎですよ!!

>【銀河パトロール ジャコ】
『ワールドトリガー』に近いですね、この淡々とした感じ。
そのせいか、アイドルが命懸けでロケットに乗る件も、
深刻なものと感じられたり。
テンションの高いギャグ漫画であれば、受け止め方は
また違ったんですがw
2013.07.31 Wed 08:30 | URL | plto
Re: タイトルなし
DEEP PURPLEさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> どうも、DEEP PURPLEです。現在TBSで放送されているドラマ「半沢直樹」が面白いです。僕は経済ものの作品はどちらかというと苦手な方ですが、これは好きです。この作品を一言で言うと「熱い」です。主人公の半沢が逆境にもめげず、様々な困難や陰謀に立ち向かっていく様は正に痛快であり、なおかつどのキャラクターも非常に個性的で印象に残るため、それが動いているだけでも面白いです。そして、半沢とライバルキャラとの駆け引きがまた熱く、爽快感を覚えます。これが一番の見どころだと僕は考えています。さらに、銀行や経済に関する知識が無くとも楽しめるのがまた良いです。ただ、上戸彩さんが妻役というのはあってない気がしました。
半沢直樹、すごく面白いらしいですねー。
最近名前をよく聞きます。
聞けば銀行員の話だとか。
自分も経済には明るくないですがなかなか面白そうな設定です。


> >クロクロク
> 読み切り版はあんまり印象に残っていないので比較は出来ませんが、この第1話は結構読める方だと思いました。
> まず、新人としてはなかなかの画力だなあと思いました。ヒロインの千秋がかわいいです。
> 作風としてはやはり「銀魂」のように基本はコメディ&人情といった感じで、たまにアクセントとして軽いバトルを挟むといった感じでしょうか。ただ、ジャンプ漫画としてはやや派手さに欠ける方かなーとも感じます。とりあえず、様子見だと思います。

今週は顔見せだけだった残りの職員がどんなキャラかにもよりそうですね。
彼らが戦闘可能なキャラならば
バトルの要素が強くなりそうです。
コメディが面白いので銀魂のようなタイプでも全然いけそうです。


> >暗殺教室
> スゴイですねこれは、テストのシーンなのにまるで違う作品を見ているようです(笑)。この演出、フォロワーが出るかもしれません。

松井せんせーならではの不思議なテストでしたねw


> >食戟のソーマ
> 扉絵が良いです。ただ、アオリの「丼研の夏休み」は違うだろうと思いました(ソーマと田所さんは違うでしょう!)
> さて、えりなとアリスは従姉妹でしたか…無難なところだと思います。ソーマとアリスはさしずめ「保守派vs革新派」「アナログvsデジタル」といったところでしょうか。それにしても失敗を笑い飛ばせるソーマの精神力は流石だと思いました。あとえりな、幼少時からあんな性格だったんですね。キャラがブレていなくてこれはこれで良かったと思います(笑)。

えりな様は子供のころから暴君だったんですねw
アリスさんは科学の料理を得意とするみたいですが、
ソーマともえりな様とも違う独自の路線ですね。
なかなか聞かない料理法なので期待できそう。


> そして、卒業生がフルコースを振る舞うとは、なかなかニクイ事をしますね。とりあえず卒業生自身も合宿が過剰と言えるほどにシビアである事を自覚していて、それでご褒美を用意した、といったところでしょうか。それにしても、最初の時点で1学年1000人を超えていたなんて、やはり物凄いマンモス校だったんだなと思いました。あと、この時の堂島の台詞が第1話に出て来た「料理とは、果て無き荒野そのものである」というナレーションと繋がっていると思いました。
へー。
あのナレーションて1話にもあったんですね。

卒業生ズが本気のおもてなしをしたら
そりゃ丸井くんが点に召されるのも仕方ないというものですw


> >銀河パトロール ジャコ
> 今回も話が進んでいませんね。でも、やはりこれまでと同様、掛け合いが面白いので気になりません。それにしてもジャコがテトラポットを光線銃で破壊したシーンは一体何のために出て来たのでしょう? 笑えたから良いですけど(笑)。
> さて、前回も言いましたがこの作品、「ドラゴンボール」の前史である可能性が出てきましたが、本作の世界での通貨がそれとは違い「円」となっているところ(ちなみに「ドラゴンボール」の世界での通貨は「ゼニー」)を見ると、以前psychobindさんが仰ったように何らかの理由で世界そのものが大きく変わってしまい、それによって「ドラゴンボール」の世界観になる感じになるのかなと思いました(あくまでこの予想が当たればの話ですが)。

テトラポットは、鳥山先生がなんかしらの破壊シーンを描きたかったんでしょうかw

そうか、ドラゴンボールの世界は通貨が円ではありませんでしたね。
やっぱドラゴンボールの世界そのものってわけではないみたいです。
何かとんでもないことが起きるってことでしょうか。
2013.08.02 Fri 20:59 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ◆暗殺教室
> >【イメージ】
> >テストが終わって答え合わせしている最中のやりとり
> ギャグ漫画特有のファンタジーなノリと受け取りましたが、
> 真面目に考えると、答え合わせという結論になるんですね。

磯貝くんが貧乏だってことを
放送部の彼が知ってるような描写が今後あったら、
もはやギャグ描写ではすまなくなりますねw


> >【五英傑】
> 彼らは天才との触れ込みでしたがw
> 特に英語の人は「LAに1年いて、基本的な会話は十分覚えた」
> 程度で語学力を誇っていたのなら、過大評価もいいとこです。
> 進藤くん! 盛りすぎですよ!!

進藤君ノリノリでしたからw
ついついオーバーに紹介してしまったとか。
とはいえ実際に進学校で上位にいるってことは
LAパワーを伸ばすための努力も欠かしていなかったんでしょう、ね。


> >【銀河パトロール ジャコ】
> 『ワールドトリガー』に近いですね、この淡々とした感じ。
> そのせいか、アイドルが命懸けでロケットに乗る件も、
> 深刻なものと感じられたり。
> テンションの高いギャグ漫画であれば、受け止め方は
> また違ったんですがw

あのロケットひどいですよねw
6割て。何かどうしても乗らなきゃならない理由があるんでしょうか。

鳥山先生、Drスランプのノリなら
ロケット爆発してもアフロになるくらいですませそうですがw
2013.08.02 Fri 21:10 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/514-ce4e1bde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。