日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2013年36号の感想と予想その1 | main | 週刊少年ジャンプ2013年35号の感想と予想その1
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2013年35号の感想と予想その2
夏風邪はまだまだ治らないので
今回も手短にいきまーす。






◆ワールドトリガー

【修カウント】
今週の汗をかいてない修くん = 1コマ

金のオサムまであと:37コマ

金になったら歩が「と金」になったかのごとく
覚醒でもしてくれないかしら。


【トリガー】
遠征の目的はやはり、近界トリガーの奪取でしたか。

近界トリガーのデザインは、
丸4つ、大丸1つ、棒が数本、
この組み合わせで作られている様子。

丸と棒がすべて一直線に繋がっているものもあれば、
稲妻のように折れ曲がってるのもあり。

あと中心に大丸があって、
周囲に丸と棒が繋がったものが4つ配置されてるパターン。
これって、
修くんや遊真が使っていたトリガーとデザインがかなり似てるんですよね。

この3種類のトリガーが、
もしもそれぞれ
アタッカー、ガンナー、スナイパー用トリガーの元になっているのであれば、
・一直線タイプ = スナイパー
・稲妻タイプ = ガンナー
・丸棒4つタイプ = アタッカー
とかですかね。
あるいはまったく別の分類なのか。

栞さんが「トリガーの説明」って言ってましたから
近々どんなトリガーがあるかとかの解説あると思うので
そこでの答えに期待。

あと、丸と棒で構成されてるデザインといえば、
風間隊長の戦闘体もそんな感じなんですよね。
彼だけ近界トリガーをそのまま使用しているとか。


【トップ部隊】
太刀川隊のマークは
「太刀」が「川」になってるってことだったんですね?

そしてなぜ冬島隊は隊長自ら出てこないのだろう。

この3人を選抜したのが城戸司令だとしたら、
冬島隊長は城戸司令派ではないからメンバーから外したのか、
あるいは単純に戦闘能力で太刀川・風間両名よりも劣るから
それだったらNo1スナイパーの当真さんを参加させた方がよいとの判断か。

実は冬島隊長は本人の戦闘力は大したことないけど
リーダーシップとか戦略眼とかそういうところを買われて今の位置にいる、
という設定で、
それを知って修くんも奮起するみたいな展開でどうでしょうか。

そしてNo1ガンナーが出てきませんねえ。
というか純粋なガンナー自体、まだ1人も出てきてないか。
玉狛の誰かがそうって可能性もありますが。


【玉狛の技術者】
ほほう。
それは面白い情報ですね。

そしてこの説明が出てきたときに
例の「昔のボーダーのマーク」が出てきていたってことはつまり、
あのマークは
「ボーダー(こっちの世界)と近界民の両方の力を有する」
という意味合いなのかもしれないですね。

だから、修くんのC級トリガー(ボーダー製)を
遊真(近界民)が使用した場合、
戦闘体にあらわれるマークが例のモノに変化するのではないかと。

修くんもB級トリガーを使うと戦闘体にあのマークがつくけれど、
あれはトリガーの方が「玉狛製」だからでないかな。


【玉狛支部】
遊真withボーダーのトリガーはまだB級程度の強さなんですね。
モールモッドの残骸を見た木虎さんの評からすると
C級トリガーでもA級並に強いのかと思ってましたが。

まあでもあれは「盾」も併用してたしなあ。

そして千佳ちゃんは戦い方というか
ありあまるトリオン量を活かして
バズーカとかキャノン砲とかガトリングガンとかの
扱いを覚えればよいのではなかろうか。

一方、修くんのこの扱いは妥当と言えば妥当ですが、
めげずにがんばれ主人公その2。


【迅さん】
精鋭部隊のみなさん、スナイパー以外もあのマント着てますね。
やっぱりあれにはステルスとかジャミング的な効果が?

そして迅さん初バトル? なヒキですが、
「遊真たちを守る」という目的を達成するだけならば、
迅さんが自分の黒トリガーを差し出す、
という形でも解決はできてしまうんですよね。
黒トリガーが2つあることが問題なので。

例のサイドエフェクトで
「今、本部に黒トリガーを渡してもあとで取り戻せる」
という未来がもし見えていたならば
ここはあっさり降伏して戦闘回避というのもありうるか。






◆その他作品

【ハイキュー!!】
小説もう更新しねーのかなー。
とか思って公式HP見に行ったら
「ハイキュー展」なるものが開催されるらしいですよ。マジか。

そして本編は東京編へ。
和久南戦ではなかったか。
音駒が再登場するのは確実でしょうが、あっちは勝てたんでしょうかね。


【スモーキーB.B.】
「歩くクソみたいな人が~」
「引きこもりの親の気持ちも~」
とか久々に皮肉爆発で大満足でした。

本番は夏、と言ってるから
ここで逆転できずに普通に負ける展開もありなんですよね。
つか灰村くんが布袋打線を抑えたとしても
点をとらなきゃどーしよーもない上に、
まだ例の火貴くんが登板しているのかどうかすらわからんという。

火貴くんを温存された状態でこれだと正直勝てそうにないですが。


【SOUL CATCHER(S)】
エジソン除いて下から2番目か・・・うーむ。

御器谷先輩は機雷の使い手・・・
2話のイメージ図で鎖をジャラジャラ言わせてたのがソレですかね。
チェーンソーはまだか。
そして御器谷先輩の性別確定はまだか。
座り方とか、邑楽先輩に下の名前で呼ばれてるのとか
すごく女性っぽいんですがどうなのよ。


【スマホで漫画を読もうの漫画】
黒田先生!!
これは嬉しいサプライズ。
連載はまだですか?

ちなみに石橋と暖炉辺は、Gカップ受賞作「ドント・ストップ・バス」
の主人公2人ですね。
黒田作品伝統の「説明が下手!」も相変わらずのキレ味。

そしてそんな黒田先生がついにジャンプLIVEに参戦すると聞いて。
これはもうスマホに乗り換えてでも読むしか。

と思ったら配信明後日からかよ早いな。






◆恋するエジソン

最終回。お疲れ様でした。

乳首が逃げ出したりするカオスなギャグは好きだったんですが、
やはりジャンプで女性主人公では勝てないか。

ただ、連載後半から絵、特に女性キャラが
ものすごい勢いで上達していったのが印象的ですね。
もう少し対象年齢の高い雑誌でエロギャグやったらいけるんじゃなかろうか。






◆ジャンプLIVE

許斐先生が「許斐メソッド(編集部命名)」なるもの引っさげて帰ってくるそうな。

ジャンプもシビアにアンケート結果を反映させはしますが、
スマホを利用してダイレクトに読者の反応を取り入れるのは
面白そうな試みですね。七峰くんを彷彿とさせる。





では悪化させないうちに早めに寝るとしましょう。
また来週ノシ



スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 21:53 | トラックバック:0コメント:5
コメント
◆ワールドトリガー
>【修カウント】
カウントが進まなさすぎるw
1周年までに、金のオサムになれるのか?!

>【トップ部隊】
冬島が出てこないのは、戦闘以外にはまるで興味がなく、
報告などの業務をすべて部下に任せているためかもしれません。
(この場合、冬島が「№1ガンナー」の可能性も)
あるいは、他の方の考えですが、冬島は「№1オペレーター」かもしれません。

>【玉狛の技術者】
>修くんもB級トリガーを使うと戦闘体にあのマークがつくけれど、
>あれはトリガーの方が「玉狛製」だからでないかな。
修のB級トリガーは本部から支給されたものだと思いますが、
そうすると、玉狛の技術者が製作したトリガーは、ネイバー大嫌いの
城戸や鬼怒田を認めさせるほどの完成度、ということになりますね。
登場が楽しみです。中年なのか、10代の天才技術者なのか・・・。
まさか、雷神丸というオチ(ねーよ)。

>【玉狛支部】
>モールモッドの残骸を見た木虎さんの評
実際の戦いぶりを見ると、
また違った評価を下したかもしれませんね。
あるいは、木虎の実力はギリギリA級ということなのかもw

一方の修ェ・・・。
いや、彼はC級レベルなので妥当な評価なんですが。
うむ、やはりオペレーターに転向したほうがいいのでは。

>【迅さん】
この3日間で、
太刀川たちと戦闘を避け、城戸の考えを変えさせる策を
練っていたのかもしれませんね。

しかし、迅さんは敵に回したくないですねぇ。
頭が切れるうえに、未来視までできる黒トリガー使い・・・。
なにこのチート。

【ハイキュー!!】
>音駒が再登場するのは確実でしょうが、
>あっちは勝てたんでしょうかね。
音駒からの提案で、烏野が東京へ遠征するとなると
全国へ進めたのかな?

【スモーキーB.B.】
灰村の皮肉、三上の芝居がかった台詞・・・
これでこそ本作ですよ! 楽しめました。

【SOUL CATCHER(S)】
内容はベタすぎるほどの王道であり、
「友情・努力・勝利」のジャンプイズムが
濃厚に詰まった良作のはず・・・なんですが、
どうもメイン読者からのウケはよくないようで・・・。

うーん、吹奏楽という題材が彼らの興味を引けてないのか、
独特の演出が嫌われているのか・・・。

>御器谷先輩の性別確定はまだか。
肩をおっぱいと見間違えて(どんな見間違いだw)、
女の子と早合点してしまいましたが・・・
性別確定を早くお願いします!

今回、マッチョ属性が加わりましたが、だからといって
女の子の可能性は消えませんよね。
2013.07.31 Wed 12:13 | URL | plto
>やはりジャンプで女性主人公では勝てないか
キャッツアイ、アラレ、シェイプアップ乱、めだかボックス
少ないながら女性主人公でも生き残ったやつ、あります
女性主人公だからダメだったというのは正直言い訳で単にこの作者に実力がなかっただけです
後半は明らかにネタ切れ起こしててオチのない話すらあったくらいですし残当。


あと、次週久々に突き抜けが出る模様ですよ
「厳しいジャンプ」が帰って来ますね。楽しみです。
2013.07.31 Wed 23:19 | URL | 火種
どうも、DEEP PURPLEです。こちらには感想書いてない作品もあります。

>黒子のバスケ
黒子が最初、無表情だったのには意味があったんだなと思いました。キセキの世代の崩壊によってああなったんですね。そして話が進むにつれて徐々に熱い面も見せていったところを見るに、彼は誠凛で活躍していったことでかつての魂を取り戻していったという風にも解釈できると思います。

>銀魂
「To LOVEる-とらぶる-」程度じゃ、まだ隠すには至らないと思います(笑)。一応一般向け漫画だし。本物のR-18漫画だったら(それこそ佐伯俊先生の「以前の」作品のように…!)隠さなきゃなりませんけど。

>恋するエジソン
打ち切りに終わりましたね…まあ妥当なところだと思います。
第1回の時にも言いましたが前作「メルヘン王子グリム」はイソッペのママのような強烈なキャラクターが出てきて個人的には好きな作品でしたが、これはそういった要素も無く、凡庸なギャグ漫画となっていたと思います。ただ、(画力は高くないものの)相変わらず女の子はかわいく描けていると思いました。
渡邉先生、これからどうするんでしょう? 個人的にはもっと頑張って欲しいと思います。
2013.08.01 Thu 23:56 | URL | DEEP PURPLE
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ◆ワールドトリガー
> >【修カウント】
> カウントが進まなさすぎるw
> 1周年までに、金のオサムになれるのか?!

牛歩戦術ですねw
遊真を勧誘したときのようなめっさシリアスな話なら
そこそこ稼げるんですががが。


> >【トップ部隊】
> 冬島が出てこないのは、戦闘以外にはまるで興味がなく、
> 報告などの業務をすべて部下に任せているためかもしれません。
> (この場合、冬島が「№1ガンナー」の可能性も)
> あるいは、他の方の考えですが、冬島は「№1オペレーター」かもしれません。

No.1オペレーター!
その考えはありませんでしたw
冬島隊のマークがチェスみたいなのは、
ひょっとして冬島オペレーターの指揮能力を表しているのでは・・・


> >【玉狛の技術者】
> >修くんもB級トリガーを使うと戦闘体にあのマークがつくけれど、
> >あれはトリガーの方が「玉狛製」だからでないかな。
> 修のB級トリガーは本部から支給されたものだと思いますが、
> そうすると、玉狛の技術者が製作したトリガーは、ネイバー大嫌いの
> 城戸や鬼怒田を認めさせるほどの完成度、ということになりますね。
> 登場が楽しみです。中年なのか、10代の天才技術者なのか・・・。
> まさか、雷神丸というオチ(ねーよ)。

玉狛の技術者が作ったから、
修くんでもバンダーを倒せるほどの強さに・・・?
渋い大人に定評のある葦原先生ですから
ナイスミドルなおじさまかもしれないですが、
雷神丸というのもなかなか面白そうですw


> >【玉狛支部】
> >モールモッドの残骸を見た木虎さんの評
> 実際の戦いぶりを見ると、
> また違った評価を下したかもしれませんね。
> あるいは、木虎の実力はギリギリA級ということなのかもw
>
> 一方の修ェ・・・。
> いや、彼はC級レベルなので妥当な評価なんですが。
> うむ、やはりオペレーターに転向したほうがいいのでは。

木虎さんは単騎でイルガーを落とせるくらいですし、
それなりの実力者であってほしいところですな。

修くんはやはりメガネの宿命として、
オペレーター転向に向かっていくのでしょうかw


> >【迅さん】
> この3日間で、
> 太刀川たちと戦闘を避け、城戸の考えを変えさせる策を
> 練っていたのかもしれませんね。
>
> しかし、迅さんは敵に回したくないですねぇ。
> 頭が切れるうえに、未来視までできる黒トリガー使い・・・。
> なにこのチート。

ただトップ部隊を追い返すだけでは解決になりませんからね。
実力派エリートならその辺もちゃんと対策打ってくれてそうな。
さすがに元主人公なだけのことはありますw


> 【ハイキュー!!】
> >音駒が再登場するのは確実でしょうが、
> >あっちは勝てたんでしょうかね。
> 音駒からの提案で、烏野が東京へ遠征するとなると
> 全国へ進めたのかな?

全国へ行けたから、最適な練習相手として召喚されたのか、
全国へ行けなかったので、
次こそはと2校で力を合わせるために遠征を企画したのか。
どっちともとれそうなところですね。


> 【スモーキーB.B.】
> 灰村の皮肉、三上の芝居がかった台詞・・・
> これでこそ本作ですよ! 楽しめました。

久々にこの作品らしい展開が出てきましたねw


> 【SOUL CATCHER(S)】
> 内容はベタすぎるほどの王道であり、
> 「友情・努力・勝利」のジャンプイズムが
> 濃厚に詰まった良作のはず・・・なんですが、
> どうもメイン読者からのウケはよくないようで・・・。
>
> うーん、吹奏楽という題材が彼らの興味を引けてないのか、
> 独特の演出が嫌われているのか・・・。

神海っちゃんは良くも悪くも独特ですからねえ。
受け入れられるには時間がかかるのは仕方ないのかも。


> >御器谷先輩の性別確定はまだか。
> 肩をおっぱいと見間違えて(どんな見間違いだw)、
> 女の子と早合点してしまいましたが・・・
> 性別確定を早くお願いします!
>
> 今回、マッチョ属性が加わりましたが、だからといって
> 女の子の可能性は消えませんよね。

ムキムキアイアンボディの僕っ娘という可能性はまだまだありますw
2013.08.02 Fri 21:30 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
DEEP PURPLEさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> どうも、DEEP PURPLEです。こちらには感想書いてない作品もあります。
>
> >黒子のバスケ
> 黒子が最初、無表情だったのには意味があったんだなと思いました。キセキの世代の崩壊によってああなったんですね。そして話が進むにつれて徐々に熱い面も見せていったところを見るに、彼は誠凛で活躍していったことでかつての魂を取り戻していったという風にも解釈できると思います。

なるほど。
初期の彼の無感情っぽさは
このときの影響でああなってしまったっつーことなんですね。


> >銀魂
> 「To LOVEる-とらぶる-」程度じゃ、まだ隠すには至らないと思います(笑)。一応一般向け漫画だし。本物のR-18漫画だったら(それこそ佐伯俊先生の「以前の」作品のように…!)隠さなきゃなりませんけど。

佐伯先生レベルまでいくと、新八は持ってるだけでアウトですからねw


> >恋するエジソン
> 打ち切りに終わりましたね…まあ妥当なところだと思います。
> 第1回の時にも言いましたが前作「メルヘン王子グリム」はイソッペのママのような強烈なキャラクターが出てきて個人的には好きな作品でしたが、これはそういった要素も無く、凡庸なギャグ漫画となっていたと思います。ただ、(画力は高くないものの)相変わらず女の子はかわいく描けていると思いました。
> 渡邉先生、これからどうするんでしょう? 個人的にはもっと頑張って欲しいと思います。

前作から特異な女性キャラを描くのはこなれていましたし、
次はもっとそれを前面に押し出した作風にすれば生き残れますかねえ。


2013.08.02 Fri 21:39 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/515-74e300fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。