日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

ワールドトリガー2巻のいろいろについて | main | 週刊少年ジャンプ2013年40号の感想と予想その1
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2013年40号の感想と予想その2
遅くなったので
さらっと行きますよ。






◆暗殺教室

【夏休み】
Oh・・・
もう来週には合宿編スタートですか。
しばらく前回のような日常系の話を見てみたかったけど、
そーゆーのは合宿内でやれば済む話でありますからね。


【臭い】
アイスケースで炎上必至の殺せんせーは
臭いで部外者(特に殺し屋)をかぎ分けるそうですが、
それにしては一度遭遇しているシロさん&イトナが
何度か寺坂くんに接触していたり
プール破壊作戦のときに近くに潜んでいることに気付かなかったりしてますね。

ンマー、
好意的に解釈すれば、
せんせーのことを知り尽くしているシロさんが
きっちり臭い対策してたってことでしょうか。


【作戦】
1人だけアイスにがっつり釣られてる倉橋さんカワユス。

やっと待ちに待った速水さんのメイン回が・・・
たぶん合宿中には来るでしょう。あと千葉くんも。

精神攻撃にもってこいなカルマくんは今回も姿が見当たりませんが、
これでまたサボりなんてことだと
まるで成長していないことになりますし、
彼は彼で独自に作戦立てているのではないかと予想しておきます。


【弱点】
ところで、イトナ戦2ndが終わった後に渚くんが言っていた
「せんせーの最大の弱点」
っていまだに謎ですけど、
あれ結局何なんでしょう? エロ本?

今回の合宿で使われるかと思ったけど、
作戦を見るに
精神攻撃以外には特に変わったことはなさそうだし。


【渚くん】
え、ロヴロさんちょっとちょっと。
おまけに何よ??

かつてシロさんが渚くんにリアクションしたのは
彼の家族関係か暗殺の才能に関することだと考えられなくはないですが、
ロヴロさんの場合、
渚くんの親族と関係あるとは思えないし、
しかも暗殺の才能に気が付いた上で「おまけに」ってことは、
暗殺才以外に何かあるってことですわよね。

それとも単純に隣のコマと繋げて読めばよいのかしら。
「おまけに殺しの世界に興味があるのか」
と。


【死神】
ロヴロさん子飼いの暗殺者と連絡がつかなくなっているのは、
この死神さんの仕業なのか、それともシロさんあたりか。

死神さんはかなり長期間、暗殺者として活動してきているようですから、
数年前に誕生した技術である触手 ≒ 科学技術による人外化、
のようなことはしてないはずで、
純粋な人間ではあるはずですね。

ネウロで例えると
律さん ⇒ HAL
イトナ ⇒ Xi
死神  ⇒ 新しい血族

みたいなところでしょうか。






◆怪奇コンビネィション

【望月先生】
NEXTでひときわ異彩を放っていた望月先生が
早くも本誌に登場さられました。

独特な絵柄と作風は読者を選ぶところがありそうでしたが、
それでもこのスピード出世は
前2作が評価されたってーことですね。

メアリのロボットが特に好きです。


【内容】
んで、
内容ですが、
絵柄・話共にかなり本誌を意識してチューンしてあるような気がします。

絵の方は独特の雰囲気を殺さずに
しかし少年向けのマイルドな絵柄にしようとがんばられたのでしょう。

話は前作のメアリの頃からコメディ寄りになってましたが、
今回はさらにそれが加速しておる気がします。
望月先生は終盤にいっつもホロリとくるポイントを入れているのですが、
今回はちょっとシリアス展開の中にもコメディのノリを挟んできていてので
少し薄れてしまったかなーという印象ですた。

まとめると、
ちょっとNEXTの時の望月先生っぽくなくて
がっかり半分、期待半分といったとこですかな。
本誌で生きるには新しい作風は必要だと思いますし
がむばっていただきたい。

望月先生お得意?の
影のある女性を出していればまた違ったかも。






◆クロクロク

【HENTAI】
今のところ、2話目を除いて
全話に変態が出てきているんですがどういうことなのw
だがそれがいい。
骨のエロ本を勧めてくるあのガイコツ君もかなりレベル高いしw

妖怪退治ものでもなく、
妖怪を率いて戦うバトルものでもなく、
変態妖怪コメディとしてこのまま突き進んでもらえるといいなあ。


【クロク】
ちらっと挟まれた回想コマによりますと、
どうも妖怪の近くにいたことで
クロクは「力」を身に付けて、はみ出し者になってしまったようですね。
そんで1話目の回想に続くと。

やっぱクロクの近くにいたのはなんとか棒の持ち主の
悟空さんでしょうか。
アレが近くにいたならクロクのバカみたいな力も納得なんですが。






◆べるぜバブ

【魔力】
おうい。
あの魔力って今回限りの1発ネタかよ。

したらば姫川があえて魔力封印装置を使う意味なかったのでは。
その前に男鹿が使ってた
対消滅エネルギーだけで勝てそうだったし。

それとも、
あの対消滅エネルギーは長く続かないことを姫川は知っていて
あのまま戦ってもガス欠で負けるのがわかってたから、
とか?

なんか説明が欲しい所ですね次回あたりに。


【ソロモン商会】
ラストに出てきた2人の紋章は、
まんま「かに座」と「てんびん座」ですね。

悪魔の紋章はその悪魔の特徴を形どったものでしたが、
こいつらの紋章には明らかなモチーフがあるので
悪魔の力ではない、とか、人造の悪魔とか、
そんなノリになりそう。






◆その他作品

【銀河パトロール ジャコ】
あと3話・・・
特に大事件は起こらなさそうですね。

来週は政府警察がまた出てくるようですが、
お面マンの姿は2話目で見られていますから
完全に逮捕しに来るってことですわね。

そこで直ったばかりの宇宙船で逃避行な展開を予想しておきます。


【SOUL CATCHER(S)】
春が来た!!
神峰くんとこの作品に春が来たよ!!

深刻なヒロイン欠乏症だったこの作品にようやくヒロインが。
本来の意味でのツンデレってやつですか邑楽先輩。
もう少し早ければ佐伯先生に描いてもらえたのにねえ。

あと出歯亀どもの顔がひどいw
そんな量産型心亜みたいにならなくてもw

しかし、神峰くんも、
心が見えるなら
色恋沙汰には誰よりも敏感でおかしくないはずなんですけどねえ。
あるいは彼の能力では
LoveとLikeの違いまでは見分けられないんでしょうか。

そして新パートリーダーが出てきたら恒例の
2話目の見開きに戻ってスタンドを探すのコーナー。

カスミン先輩の砂時計は見当たらないですね。
きっとあの砂が全て落ちると中からチェーンソーが・・・

ちなみに邑楽先輩のスタンドは
2話目見開きの真ん中下段にある「壁」ですかね。


【ハイキュー!!】
にしては珍しいこの順位。
アンケ的には青城戦決着あたりが反映されてる頃だから、
とれてないことはないと思うんですよ。
人気と言うよりは入稿遅れか
センターカラー作品との順位シャッフルとかですかな。

谷地さん目線のコメディーハイキュー略してコメキューは続きます。
青城戦がこれ以上ないってくらいに盛り上がったので、
しばらく試合から離れた話を描くのは
ほとぼりを冷ます意味でもちょうどいいかもですね。


【スモーキーB.B.】
火貴くんマダー?

作中最大の謎も明かされそうだし、
ジャコがあと4話で終わることを考えると、
打切り執行もそのあたりからかなあ。

となるとこの布袋戦が最後の試合になりそうで、
となると弁天には勝ってもらわねば締まりません。

しかし
・火貴くん相手に逆転
・9回裏で再び三上くんを打ち取る
という二重の無理ゲーを強いられるわけですが。
残り話数的にも間に合うのか?

火貴くんをベンチに入れたまま連載終了、
になったらそれはそれで面白いかもしれませんが。






来週はいよいよ師匠が帰ってきます。
いろいろ気になるところで話が止まっているので
楽しみに待っていますから今度は隊長など崩さずに
最後まで描き切ってくだされ。

ではノシ


スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 23:48 | トラックバック:0コメント:4
コメント
どうも、DEEP PURPLEです。

>クロクロク
折此木はなかなか良いキャラですね。出来れば一発キャラで終わらせて欲しくないところですが。「男性は2秒で終わり」という点がいい加減なのではなく、これはこれでキチンと診察しているというのは上手いなと思います。
そして、今回もギャグのキレが冴えていた方だと思います。千秋のツッコミも冴えてきました。「座薬」はシュールでした(笑)。
ところで、今回の冒頭の半魚人の少女といい、看護師といい、前回の時にも思ったのですがこの漫画の女性キャラは何気にレベルが高いなあと思いました。いいことだと思います。あと、看護師もおそらく妖怪でしょうが何の種族なのか気になります。
2013.09.04 Wed 14:45 | URL | DEEP PURPLE
◆暗殺教室
>【臭い】
シロは他の殺し屋たちとは違って、殺せんせーに「狙われる側」
なので、きっちり対策してたんでしょうね。

ふと思ったんですが、
シロが殺せんせーに居場所を突き止められていない、
というのも凄いですよね。
どうやって、殺せんせーの目から逃れ続けているんだろう。
殺せんせーの情報収集力は驚異的ですからね。

>【作戦】
>1人だけアイスにがっつり釣られてる倉橋さんカワユス。
自分が食べるのではなく、昆虫採集その他に使えると思って
受け取ったのかもw

>【弱点】
感情が不安定になると起きかねない「反物質臓の暴走」・・・
でしょうか。
シロの呟きに注目していたのは奥田ですが、
その奥田もどこまで聞き取れていたか定かではないので、
「クラス全員が見落としていた弱点」に該当するかな、と。

>【渚くん】
>え、ロヴロさんちょっとちょっと。
>おまけに何よ??
ヒント 渚は男に見えない

ビッチ先生の小さいころに似てるとか、ロヴロ先生は
そんなとんでもないことを思っていたりしてw

◆怪奇コンビネィション
>【内容】
コメディ色を強めた代償かなと思っているのですが、
突っ込みどころが結構ありました。

友彦父の行動は「子煩悩」では納得できませんし、
宝助父が息子を邪妖退治に参加させ、ザコの1匹でも
始末させなかったことも腑に落ちません。

一番引っかかったのは、冒頭で友彦と宝助の付き合いの長さを
描いておきながら、友彦が宝助の誕生日を知らなかったことです。
これでは、友彦が薄情者に見えてしまいます。

『くものいと』では話作りがうまい作家というイメージが
あっただけに、今回の読切は期待を裏切られた・・・
という感じです。

◆クロクロク
>【クロク】
正直、千秋はクロクに鉄拳食らわしていいと思うんですよね。
何の説明もなく異常な環境に晒しといて、いまさら警告するとかw

◆その他作品
>【SOUL CATCHER(S)】
>深刻なヒロイン欠乏症だったこの作品にようやくヒロインが。
神峰にデレるのは予想していましたが、惚れるとまでは
予想できませんでした。こりゃあ、邑楽派の嫉妬の炎が・・・。
2013.09.04 Wed 19:41 | URL | plto
Re: タイトルなし
DEEP PURPLEさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> どうも、DEEP PURPLEです。
>
> >クロクロク
> 折此木はなかなか良いキャラですね。出来れば一発キャラで終わらせて欲しくないところですが。「男性は2秒で終わり」という点がいい加減なのではなく、これはこれでキチンと診察しているというのは上手いなと思います。
> そして、今回もギャグのキレが冴えていた方だと思います。千秋のツッコミも冴えてきました。「座薬」はシュールでした(笑)。

先生はギャグ要員として実に優秀でしたねw
それでいて仰られるように診察をいいかげんにしているわけではないので
印象も悪くないですし。
千秋のツッコミは最初から達者でしたが、
最近は輪をかけて上達してきましたねw


> ところで、今回の冒頭の半魚人の少女といい、看護師といい、前回の時にも思ったのですがこの漫画の女性キャラは何気にレベルが高いなあと思いました。いいことだと思います。あと、看護師もおそらく妖怪でしょうが何の種族なのか気になります。
妖怪たちのデザインがいいですよね。
未だに何の妖怪なのかわからないのもちらほらいますが、
看護師さんとか脇キャラはひょっとして単行本で紹介とかかもしれないですね。
2013.09.07 Sat 09:44 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ◆暗殺教室
> >【臭い】
> シロは他の殺し屋たちとは違って、殺せんせーに「狙われる側」
> なので、きっちり対策してたんでしょうね。
>
> ふと思ったんですが、
> シロが殺せんせーに居場所を突き止められていない、
> というのも凄いですよね。
> どうやって、殺せんせーの目から逃れ続けているんだろう。
> 殺せんせーの情報収集力は驚異的ですからね。

シロさんはいろいろせんせー対策をしてそうなので、
対せんせー用バリケードでも作ってるんでしょうか。

シロさんはうっかりせんせーに見つかるとアウトな人なんで
それこそ秘密基地みたいなところに籠っているかも。


> >【作戦】
> >1人だけアイスにがっつり釣られてる倉橋さんカワユス。
> 自分が食べるのではなく、昆虫採集その他に使えると思って
> 受け取ったのかもw

さすが昆虫ハンターw


> >【弱点】
> 感情が不安定になると起きかねない「反物質臓の暴走」・・・
> でしょうか。
> シロの呟きに注目していたのは奥田ですが、
> その奥田もどこまで聞き取れていたか定かではないので、
> 「クラス全員が見落としていた弱点」に該当するかな、と。

やっぱあの反物質関係があやしいですよね。

この合宿中にその暴走が起きて弱点発覚するのかもですね。
死神さんあたりにちょっかい出されたのをきっかけにして。


> >【渚くん】
> >え、ロヴロさんちょっとちょっと。
> >おまけに何よ??
> ヒント 渚は男に見えない
>
> ビッチ先生の小さいころに似てるとか、ロヴロ先生は
> そんなとんでもないことを思っていたりしてw

まさかビッチ系暗殺者に育てるつもりだったのか・・・!w
いや渚くんならやってやれないことはなさそうですがw


> ◆怪奇コンビネィション
> >【内容】
> コメディ色を強めた代償かなと思っているのですが、
> 突っ込みどころが結構ありました。
>
> 友彦父の行動は「子煩悩」では納得できませんし、
> 宝助父が息子を邪妖退治に参加させ、ザコの1匹でも
> 始末させなかったことも腑に落ちません。

コメディ要素を強め過ぎたせいか、
いろいろ納得できないところがありましたね。
命や人生に関わる部分をコメディ的失敗で済ませてしまうからでしょうか。


> 一番引っかかったのは、冒頭で友彦と宝助の付き合いの長さを
> 描いておきながら、友彦が宝助の誕生日を知らなかったことです。
> これでは、友彦が薄情者に見えてしまいます。
>
> 『くものいと』では話作りがうまい作家というイメージが
> あっただけに、今回の読切は期待を裏切られた・・・
> という感じです。

あれ、別になくても成り立つセリフだったから、
入れなくても良かったんじゃないかと思うんですよね。
入れたことで不自然な雰囲気になってしまったような。


> ◆クロクロク
> >【クロク】
> 正直、千秋はクロクに鉄拳食らわしていいと思うんですよね。
> 何の説明もなく異常な環境に晒しといて、いまさら警告するとかw

そういわれるとかなりのブラック労働環境ですねw
バイト始めるときに説明しとけよとw


> ◆その他作品
> >【SOUL CATCHER(S)】
> >深刻なヒロイン欠乏症だったこの作品にようやくヒロインが。
> 神峰にデレるのは予想していましたが、惚れるとまでは
> 予想できませんでした。こりゃあ、邑楽派の嫉妬の炎が・・・。

邑楽先輩と仲良くなりすぎると
それはそれで新たな敵を作りそうですねw

2013.09.07 Sat 10:27 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/523-73d6a378
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。