日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2013年41号の感想と予想その1 | main | 週刊少年ジャンプ2013年40号の感想と予想その2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ワールドトリガー2巻のいろいろについて
なぜ1巻のときは何も記事を書かなかったのか?

なんでだろう。

※3巻以降に収録予定の話のネタバレが含まれますので
 ジャンプ未読の方はご注意ください。




【表紙】
真っ黒かと思ったら、
うっすらと青味がかっていますね。
修くんの戦闘体カラーに合わせているのでしょう。

3巻の表紙が千佳ちゃんだと
表紙はむしろ白っぽくなるかもですね。

あと裏表紙にも注目。
1巻の裏表紙には「近界民」のマークが。
一方、
2巻の裏表紙には「ボーダー(DEFENSE ORGANIZATION)」のマーク。

当然、1巻の表紙は遊真だったので近界民マークで、
2巻は修くんだったのでボーダーマークだったんでしょう。
千佳ちゃん表紙のときにもボーダーマークになるでしょうが、
迅さん表紙のときには
旧ボーダーのマークになりそうです。






【著者近影】
2巻の近影を見て気づきましたが、
葦原先生、1巻でも2巻でも表紙の人物と同じポーズしてるんですねw






【Road to 金のオサム】
2巻も手に入ったので、
1話~28話までの汗無し修くんの数をカウントしてみました。

ちなみに扉絵や表紙、頭部が見えていないコマ、
解説シーン修(モールモッドvs20人の修など)は含みません。

osamuase.png

実のところ、
1巻収録分ですでに50オサム、
すなわち金のオサム引き換え条件は達成していたんですね。

ただし2人目の金のオサム、すなわち100オサムについては
目前の90オサムまで迫っておきながら足踏み状態が続いています。
最近は出番そのものがないから仕方ないといえばないんですが。

ちなみに1話から最新話までの汗無し修の累計数を
グラフ化してみたのがこちら。

osamuasegraph.png

うーむ、特に14話以降の伸びしろの無さが目立ちますね。
唯一ガツンと伸びてる21話は
修くんが遊真を勧誘する回ですね。

こういう会話的シリアス回ならば一気に稼げる可能性あるんですが。
出番はまだかいな。






【トリオン兵】
トリオン兵を傷つけたり破壊した時に出るトリオンの煙は、
真っ黒で、
ボーダー隊員の戦闘体から出るものとは違いますね。

こっちの世界の人間と近界民とでは
トリオンの色(性質)が違うんですかね。

遊真の身体から出るトリオンの色はこっちの人間と同じですが、
今の遊真の身体は有吾パパのトリオンでできているから、
かな。






【木虎さん】
設定画で木虎さんの貴重な制服?シーン。

リリエンタールの頃からですが
葦原先生の女性キャラは
普段着かスーツが多いので、
たまにおめかし絵が出てくるとだいぶ雰囲気違いますね。






【おっさんの世界】
・城戸司令:
ボーダーのルールは作っているけれども、
「ボーダーという組織を作った」とは書かれていないのがミソですね。
設立者としては
最上さん、有吾パパ、
もしくは3人共同で作り上げたとかが可能性濃厚ですかね。

あと独身なのは奥さんを近界民に殺されたからな気がする。


・たぬき:
技術部門の長であるからには凄い人だとは思ってましたが
本当に凄い人ですね。

さて、遊真が近界で使っていたトリガー(の戦闘体)には
旧ボーダーのマークがついていましたが、
あれもたぬきさんが量産したものなんでしょうか。

たぬきさんと有吾さんには面識がないので、
たぬきさんがボーダー入りしたときには
既に有吾さんはボーダーにいなかったはず。

にもかかわらず遊真(有吾さん)が
ボーダー印のトリガーを持っているということは、
有吾さんは近界に行った後も
こっそり一部のボーダー隊員と連絡を取っていたのか、
あるいは
あのトリガーはたぬき産ではないのかもしれないですね。

たぬきさんはあくまでも「量産」しただけで
オリジナルのボーダートリガーは別の人が作成した、とか。
実は有吾さんこそが元々のボーダーのエンジニアだったりして。


・きつね:
アンチボーダー団体とやらはいつか出てくるのでしょうか。
近界・ボーダー・アンチの三つ巴構成もなかなか面白そうではあります。


・唐沢さん:
「この人がいなくなるとボーダーはすごく困る」

ふ、フラグ・・・!
これは明らかな唐沢さん離反フラグ。

かといって近界につくとは思えないし、
それこそ上記のアンチボーダー組織に引き抜かれて
ボーダー大ピンチな状況が目に浮かぶ。






【ぼんち揚公認エリート】
関西圏で売れているぼんち揚、
そしてマネージャーのこまさんが関西人(1巻カバー裏の木虎解説より)、
ということは葦原先生って関西圏の人なのかね。

と思ってwikipediaを見たら要出典とはいえ岡山出身とな。
やはりか。

2.4MAIME、の迅さん、
音羽スーパーソニックより0.1枚だけ男前ですね。






【修vsバンダー】
描き足し書き直しされててちょっとびっくり。

さてさて、謎機能だった「スラスター」ですが、
どうも描き足しシーンを見るに、
武器に「推進力」を与える機能みたいですね。

スラスターという名前的にも妥当ですしね。
修くんは推進力を制御しきれずに
回転斬り状態でバンダーに突っ込む形になりましたが。
そんでそのあと目を回している。

スラスターがレイガストの固有能力ではなく
オプショントリガーなのだとしたら、
重くて振り回しにくい武器に対して
推進力を付け加えてその欠点をカバーするとは、
修くんなかなかいいトリガーの組み合わせを考えるじゃないのさ。






【高取チカ】
メインキャラの苗字に天候関係の文字が入ってるのは
偶然ではなく意図的なものだということですね。

迅さんは「迅」の字がちょっと風っぽいのと、
読切からの続投キャラなので名前変えられなかったとして、
あとは嵐山隊長と風間隊長、
苗字じゃないけど陽太郎ですか。
陽太郎も読切からの続投ですが。






【トリオン兵】
バンダーさんは活躍できなかったけど、
次の登場が確約されているだけ幸せかもしれないですね。

イルガーとかもう出番ないんだろうなあ。






【三輪隊】
未だに姿を見せないオペ子さんの詳細が判明。
月見さん、19歳ですか。
これは「好きな物:姉」の三輪くんのたっての希望でしょうか。

そして米屋くん
「好きな物:(賢い)犬」ですねわかります。






【鉛弾】
武器トリガーはスコーピオンを除いて
常時実体化していますが、
逆にオプション系やガード系は実体は無くて
使用時に効果だけ現れる感じですよね。

一方で、三輪くんの鉛弾は例外的です。
どっちかと言えばオプションに属する武装だと思いますが、
しかし実体としてあるマガジンを
銃トリガーに装填することで使用可能になります。

銃トリガーのオプションはこんな感じで
マガジン交換で効果を変えるのがデフォルトなんすかね。
早くガンナー登場したって。






【印】
2巻とは関係ないですけど、
恐らく世界で初めてワールドトリガーをネタに使ってくれた
黒田いずま先生のギャグ漫画「横浜後輩の充実術(誤)」
がジャンプLIVEで絶賛配信中ですよ。
「無料」って書いてあったから無料なはず。

やっと来ました印の解説。

そうそう。
こういう「組み合わせ」能力こそ神髄ですよね。
1話目からこういう使い方を夢想していましたよ。
トリガーの組み合わせもそうですけど、
すごいゲーム向けの設定ですよね。

・弾+強:跳躍力強化。重ねがけと同じだから意味ない?

・弾+盾:攻撃をはね返す盾?

・弾+鎖:弾力を持った鎖(バンジージャンプのゴムみたいな?)

・弾+錨:弾力をもった重り(意味なし?)

・弾+射:遠くの相手を弾き飛ばす?

・強+盾:盾の強度アップ。

・強+鎖:鎖の拘束力アップ?

・強+錨:重りの重量アップ?

・強+射:射程、弾速アップ?

・盾+鎖:鎖形の盾(意味なし?)

・盾+錨:重たい盾(意味なし?)

・盾+射:盾を飛ばす?

・鎖+錨:重たい鎖?

・鎖+射:遠くに鎖トラップ設置?

・錨+射:重り弾を飛ばす

ちらほら意味なさそうな組み合わせもありますが。






【カバー裏】
今回も黒い葦原節全開でしたw

にしてもまさか米屋くんと栞ちゃんにそんな関係があったとは。
確かに目は似てるかも。

米屋くん、今の作戦失敗したらまた
ベイルアウトせずに戦闘体解除しそうなので、
そのまま玉狛に連行されて栞ちゃんとご対面、すかねえ。

てか玉狛に親族がいる時点で味方化フラグがビンビンと。






てなわけでワールドトリガー2巻、
から思いついたことについて取り留めもなく書いてみた記事でした。


スポンサーサイト

テーマ:ワールドトリガー - ジャンル:アニメ・コミック

| ワールドトリガー考察 | 16:04 | トラックバック:0コメント:8
コメント
>【表紙】
凝っているので、眺めていて楽しく、満足感がありますよね。

1巻と2巻で裏表紙のマークが違っていることには、
この記事を見るまで気づきませんでしたw
作品への愛が足りなかったかッ・・・!

>【著者近影】
>1巻でも2巻でも表紙の人物と同じポーズしてる
お茶目ですなあw

>【Road to 金のオサム】
>1話~28話までの汗無し修くんの数をカウントしてみました。
おお、これは素晴らしい! お疲れさまです。

>1巻収録分ですでに50オサム
やった! これで抽選に応募できるぞ!!
確実に当てるためには、もう50オサム・・・
いや500オサムくらいは欲しいですな・・・と思ったら・・・。

それにしても、修の汗率は高いですねえw 
7割を切ったことがないという・・・。

>【トリオン兵】
>こっちの世界の人間と近界民とでは
>トリオンの色(性質)が違うんですかね。
修vsモールモッドを見ると、修のトリオン体からも
真っ黒の煙が出ているので、性質ではなく密度が違うのかもしれません。

>【木虎さん】
本編では、時期が冬のせいでコートを着てましたから、
この初期設定画は貴重ですね。

>【おっさんの世界】
全員の顔に貼られているトーンのせいで、
みんな大変に顔色が悪いというか、ぶっちゃけ悪人にしか見えないw

>・城戸司令
人材発掘能力は、特に優れているようですね。

>・たぬき
会議では近視眼的な発言が目立って、まったく凄い人には
見えなかったのですが、実は超デキるおっさんでした。
(イレギュラー門事件で、2時間以内に
ラッドを解析してレーダーに映るようにしたくらいなので、
技術者としては有能な人だと思っていましたが)
彼に対する見方が変わって来ます。

バツイチですが、死別して独身になった状態も
バツイチと呼ぶので、彼の奥さんこそ近界民に殺された
のかもしれませんね。

>・きつね
問題の隠蔽に奔走とか、アンチボーダー団体の存在とか、
サラッと重要なこと書いてて驚きました。
記憶処理はこの人が、城戸に進言したんでしょうかねー。

>・唐沢さん
予想以上のスーパーマンだったw

彼の言動は常にドライというか、中立的なので、
本編で城戸派だと明らかになったときは、驚きました。
それだけに、彼がボーダーから離反するというのは、
ありそうな気がしますね。

そもそも、外見、切れ者といった要素が、
藍染や『暗殺教室』の理事長と被るので、
いずれ主人公たちと敵対するんだろうなという確信がw

>【修vsバンダー】
>描き足し書き直しされててちょっとびっくり。
私も驚きました。
「スラスター」の効果が一目瞭然じゃないですか!
ついでに、修の実力もw

雑誌版よりも情けなく描かれた修ですが、
よくよく考えたらこれが正しい姿なんですよね。
元々、彼にはC級レベルの実力しかなく、
栞のレイガスト解説シーンでも、固有機能について
「知らなかった」と心中で呟くくらいですから、
雑誌版のように慣れた様子で、レイガストを扱えるのが
間違っていたのですw

>【三輪隊】
>月見さん、19歳ですか。
>これは「好きな物:姉」の三輪くんのたっての希望でしょうか。
蓮は男の子にも使うので、実は男性の可能性も。
水泳で鍛えられた肉体が眩しいんですよ、きっと!
木崎みたいなゴツい体して、むしゃむしゃ和菓子を食べる
蓮にA級シスコンの三輪もガッカリ・・・。

>【鉛弾】
マガジン交換時には隙ができますから、実体なしのほうが
使い勝手はいいはずなのに、なぜ「マガジン」という
形で実体化させてるんでしょうね。
銃トリガーの形態に合わせているのか、鉛弾の性質が複雑なため
技術的に実体なしにはできないのか・・・。

>【印】
それぞれの効果を知りたかったので、ありがたかったですね。
次のおまけは、ぜひ迅の未来視について詳しい解説を!

組み合わせを考えたら、ひとつのトリガーに8種類の機能しか
持たせられないボーダー製トリガーとは、
比較にならない機能の豊富さですなあ。

>【カバー裏】
迅はサイドエフェクトを使って、尻を触っても大丈夫な相手を
選んでいるとか、重要なことをサラリと書いてましたね。
これは、迅が「尻を触ろう」と思いながら他人を見た場合、
「その人間の尻を触った未来」が見えることになるわけで、
とんでもないチート能力ですよ。
2013.09.08 Sun 00:19 | URL | plto
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> >【表紙】
> 凝っているので、眺めていて楽しく、満足感がありますよね。
>
> 1巻と2巻で裏表紙のマークが違っていることには、
> この記事を見るまで気づきませんでしたw
> 作品への愛が足りなかったかッ・・・!

いやあ、自分も記事書くために見直してようやく気づきましたし、
わからんですよアレはw
なにより帯で隠れちゃってますからね。


> >【著者近影】
> >1巻でも2巻でも表紙の人物と同じポーズしてる
> お茶目ですなあw

レイガストのかわりにバナナをチョイスするセンスも尖ってますw


> >【Road to 金のオサム】
> >1話~28話までの汗無し修くんの数をカウントしてみました。
> おお、これは素晴らしい! お疲れさまです。

あざます( ´ ▽ ` )ノ
確認作業はしてないので1~2くらい間違ってるかもですがご愛嬌w


> >1巻収録分ですでに50オサム
> やった! これで抽選に応募できるぞ!!
> 確実に当てるためには、もう50オサム・・・
> いや500オサムくらいは欲しいですな・・・と思ったら・・・。

500集めるころには10巻オーバー間違いないですねw
最近は出番自体がないとはいえ、
玉狛あたりの修くんはちょっとひどいですw


> それにしても、修の汗率は高いですねえw 
> 7割を切ったことがないという・・・。

汗のかきすぎで干からびるんじゃないかと心配になるレベルですw


> >【トリオン兵】
> >こっちの世界の人間と近界民とでは
> >トリオンの色(性質)が違うんですかね。
> 修vsモールモッドを見ると、修のトリオン体からも
> 真っ黒の煙が出ているので、性質ではなく密度が違うのかもしれません。

そうなんですよね。
戦闘体から出てる煙も中心付近は黒くて
周辺にいくほど薄くなってるので
単に密度の問題なのかもしれないですね。

しかし戦闘体とは段違いの密度のトリオンもってるくせに
弱いトリオン兵が憐れw


> >【木虎さん】
> 本編では、時期が冬のせいでコートを着てましたから、
> この初期設定画は貴重ですね。

まだ増量されてませんしね。
制服だと正直よくわかりませんけどw


> >【おっさんの世界】
> 全員の顔に貼られているトーンのせいで、
> みんな大変に顔色が悪いというか、ぶっちゃけ悪人にしか見えないw

ですよねw
なんであれトーンはっちゃったんでしょうw


> >・城戸司令
> 人材発掘能力は、特に優れているようですね。

3人ともスカウトしてきたとは、
人を見る目は確かなようですね。


> >・たぬき
> 会議では近視眼的な発言が目立って、まったく凄い人には
> 見えなかったのですが、実は超デキるおっさんでした。
> (イレギュラー門事件で、2時間以内に
> ラッドを解析してレーダーに映るようにしたくらいなので、
> 技術者としては有能な人だと思っていましたが)
> 彼に対する見方が変わって来ます。

思考はすごい凝り固まってる人ですけど、
技術者としてはとんでもない人ですね。

ボーダーが解散しても技術を軍とかに売り込むだけで売り込むだけで
その後の人生遊んで暮らしていけそうな。


> バツイチですが、死別して独身になった状態も
> バツイチと呼ぶので、彼の奥さんこそ近界民に殺された
> のかもしれませんね。

バリバリの城戸派なので
たぬきさんも奥さんを殺されて
近界民に恨みをもっているのかもしれないですね。


> >・きつね
> 問題の隠蔽に奔走とか、アンチボーダー団体の存在とか、
> サラッと重要なこと書いてて驚きました。
> 記憶処理はこの人が、城戸に進言したんでしょうかねー。

アンチボーダーはびっくり情報でしたね。
アンチいるんですねやっぱり。
きつねさんが記憶処理を取り仕切っていそうですね。
でも作ったのはたぬきさんでしょうか。
とんでもない技術。


> >・唐沢さん
> 予想以上のスーパーマンだったw
>
> 彼の言動は常にドライというか、中立的なので、
> 本編で城戸派だと明らかになったときは、驚きました。
> それだけに、彼がボーダーから離反するというのは、
> ありそうな気がしますね。
>
> そもそも、外見、切れ者といった要素が、
> 藍染や『暗殺教室』の理事長と被るので、
> いずれ主人公たちと敵対するんだろうなという確信がw

これだけの仕事を1人でやってるとか、
なんかしらのサイドエフェクト持ってるんじゃないかと疑うレベルですねw

ちゃんと外国とも話しつけて動いていたんですねボーダー。

理事長っぽいというのは同意ですw
今のところ一番底が知れない幹部なので
ボーダー裏切ってラスボス化とかしてくるかもとかw


> >【修vsバンダー】
> >描き足し書き直しされててちょっとびっくり。
> 私も驚きました。
> 「スラスター」の効果が一目瞭然じゃないですか!
> ついでに、修の実力もw
>
> 雑誌版よりも情けなく描かれた修ですが、
> よくよく考えたらこれが正しい姿なんですよね。
> 元々、彼にはC級レベルの実力しかなく、
> 栞のレイガスト解説シーンでも、固有機能について
> 「知らなかった」と心中で呟くくらいですから、
> 雑誌版のように慣れた様子で、レイガストを扱えるのが
> 間違っていたのですw

本誌掲載時も「修強くなりすぎ」とか言われてましたものねw
単行本のような
「トリガーの性能のおかげで偶然勝てました」
みたいな方が説得力ありますね。


> >【三輪隊】
> >月見さん、19歳ですか。
> >これは「好きな物:姉」の三輪くんのたっての希望でしょうか。
> 蓮は男の子にも使うので、実は男性の可能性も。
> 水泳で鍛えられた肉体が眩しいんですよ、きっと!
> 木崎みたいなゴツい体して、むしゃむしゃ和菓子を食べる
> 蓮にA級シスコンの三輪もガッカリ・・・。

2話目で
「おかしいわね」
「私たちが一番乗りのはずよ」
と、三輪くんと話しているオペレーターさんが女性言葉を使っていたので
女性かな、と。

いや、オネエ口調のごつい男という可能性もありますがw


> >【鉛弾】
> マガジン交換時には隙ができますから、実体なしのほうが
> 使い勝手はいいはずなのに、なぜ「マガジン」という
> 形で実体化させてるんでしょうね。
> 銃トリガーの形態に合わせているのか、鉛弾の性質が複雑なため
> 技術的に実体なしにはできないのか・・・。

鉛弾使っているのは今のところ三輪くんだけっぽいですし、
かなり特殊なトリガーなので
実体化させざるをえない、とかの縛りがあるのかもしれないですね。


> >【印】
> それぞれの効果を知りたかったので、ありがたかったですね。
> 次のおまけは、ぜひ迅の未来視について詳しい解説を!

未来視もいまいち性能がわからない能力ですもんね。
人物の未来しか見えないのか、
風景からでも未来は見えるのか、
どのくらい未来まで見えるのか、などなど。


> 組み合わせを考えたら、ひとつのトリガーに8種類の機能しか
> 持たせられないボーダー製トリガーとは、
> 比較にならない機能の豊富さですなあ。

おまけに威力も、
例えば鉛弾のコピーはオリジナルより強力、という厨性能ですものね。
チート扱いされるだけはあります。


> >【カバー裏】
> 迅はサイドエフェクトを使って、尻を触っても大丈夫な相手を
> 選んでいるとか、重要なことをサラリと書いてましたね。
> これは、迅が「尻を触ろう」と思いながら他人を見た場合、
> 「その人間の尻を触った未来」が見えることになるわけで、
> とんでもないチート能力ですよ。

やってることはとんでもない超能力セクハラなんですがw、
これを別の行動に置き換えて考えてみるとチートさが浮き彫りになりますね。
「風刃を撃とう」と思いながら相手を見て、
避けられる未来がみえたら撃つのをやめればいいですし、
当たる未来だったらそのままいけばいいんですもんね。

けっこう見る未来を自在に変えられるっぽいですね。
これはサイドエフェクトの範囲に収まらない強能力かも。


2013.09.08 Sun 19:36 | URL | psychobind
B級に昇級した修が着ているユニフォームのマークが
旧ボーダーのマークなのは何か理由があるのでしょうか?
2巻時点では、修が使用しているトリガーは本部のもののはずなのですが…
C級のときはちゃんと新ボーダーのマークのものを着ているのに

>【著者近影】
>2巻の近影を見て気づきましたが、
>葦原先生、1巻でも2巻でも表紙の人物と同じポーズしてるんですねw
これは気づかなかった!
単行本の隅々まで工夫があって、見るたびに新たな発見があるのは
人気作品の特徴だと個人的に思っているので
今後も安泰だ!…といいな(汗)

>・城戸司令:
>ボーダーのルールは作っているけれども、
>「ボーダーという組織を作った」とは書かれていないのがミソですね。
それにも関わらず『「私の」組織には必要ない』と言うあたり、
今後城戸さんの傲慢さから重大なミスが発生するのではないかと
推測しておきます。
2013.09.09 Mon 00:29 | URL | maru
>【三輪隊】
>2話目で
>「おかしいわね」
>「私たちが一番乗りのはずよ」
>と、三輪くんと話しているオペレーターさんが女性言葉を使っていた
あ・・・完全に忘れてました(´・ω・`)
うん、女性ですね。間違いないw オネエ口調のごつい男なんてイヤです。
2013.09.09 Mon 02:05 | URL | plto
Re: タイトルなし
maruさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> B級に昇級した修が着ているユニフォームのマークが
> 旧ボーダーのマークなのは何か理由があるのでしょうか?
> 2巻時点では、修が使用しているトリガーは本部のもののはずなのですが…
> C級のときはちゃんと新ボーダーのマークのものを着ているのに

修くんのC級トリガーも、
遊真が使うと旧ボーダーのマークになったりするんですよね。
今のところ、
「使用者」と「トリガー」の組み合わせによって
どっちのマークが出るか決まるみたいです。
詳細解説が待たれるところですね。


> >【著者近影】
> >2巻の近影を見て気づきましたが、
> >葦原先生、1巻でも2巻でも表紙の人物と同じポーズしてるんですねw
> これは気づかなかった!
> 単行本の隅々まで工夫があって、見るたびに新たな発見があるのは
> 人気作品の特徴だと個人的に思っているので
> 今後も安泰だ!…といいな(汗)

隅々までネタを敷き詰める葦原先生、
ファンサービス精神の塊のようなお方です( ´ ▽ ` )ノ
単行本は何度も読み返すためにあるものなので
ネタ盛りだくさんなのは嬉しい限りですね。
これが人気ブーストに繋がればよいのですが。


> >・城戸司令:
> >ボーダーのルールは作っているけれども、
> >「ボーダーという組織を作った」とは書かれていないのがミソですね。
> それにも関わらず『「私の」組織には必要ない』と言うあたり、
> 今後城戸さんの傲慢さから重大なミスが発生するのではないかと
> 推測しておきます。

今も城戸司令の命令で内部分裂しかかってますし、
実は自分自身が一番のアキレス腱だった、とかありそうですね。

2013.09.12 Thu 21:02 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> >【三輪隊】
> >2話目で
> >「おかしいわね」
> >「私たちが一番乗りのはずよ」
> >と、三輪くんと話しているオペレーターさんが女性言葉を使っていた
> あ・・・完全に忘れてました(´・ω・`)
> うん、女性ですね。間違いないw オネエ口調のごつい男なんてイヤです。

今週も月見さん声だけ出てましたが、
やっぱり女性ぽいですねw
2013.09.12 Thu 21:04 | URL | psychobind
>【Road to 金のオサム】
これは素晴らしいですね。
見て感動しました。
まさか1巻ですでに50オサム達成していたとは。
金のオサム欲しいですね。
2013.10.28 Mon 21:34 | URL | hinata
Re: タイトルなし
hinataさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> >【Road to 金のオサム】
> これは素晴らしいですね。
> 見て感動しました。
> まさか1巻ですでに50オサム達成していたとは。
> 金のオサム欲しいですね。

そうなんです。
実はかなり早めに達成していたんですね。

公式ツイッターに
汗無し修のコマを数えて送ったら金のオサム貰えるかもしれませんねw

2013.11.06 Wed 19:52 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/524-c0c1dd62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。