日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2013年42号の感想と予想 | main | 週刊少年ジャンプ2013年41号の感想と予想その1
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2013年41号の感想と予想その2
日付かわってしまったので前口上抜きでさらりと行きます。






◆TAKUDŌ!!!!

機種依存文字を使ってしまったのでひょっとしたら↑のタイトル化けてるかも。

卓球経験者から
「ラケットを凶器に使うなゴラァ!!」
というクレームが付きそうなところが気にかかりましたが、
1本の読切としてはなかなか楽しめました。

キャラの表情がよく描けているので
喜怒哀楽が読んでる側に伝わりやすく、絵そのものも
絵柄が独特(というかちょっと古い?)ですが上手いですし。
何よりよくあるバトルものテンプレでないのがいい。

本物のラケットじゃなくて
「卓球のラケットを模した鈍器」を使うように設定変更して、
ほんでいろんなスポーツを模した格闘技使いとバトルするような漫画になれば
連載しても応援していきたいですね。






◆ワールドトリガー

【修カウント】
1話からの通算汗オサム。

osamuase2.png

さて今回も1コマ登場したはいいものの
当たり前のように汗をかいていたので通算91オサムは変わらず。

アセム、じゃなくて修くんが100オサムに到達するのは
いつになることか。
あと9人なんだからがんばれ。


【ガンナー】
ガンナー用トリガーは銃だとばかり思ってましたが、
実は「弾丸」の方がそうでした。

トリガーとはそもそも
「どんな形でトリオンを体外に出すか」
を決めているものなので、
「どんな軌道でトリオンを飛ばすか」
を決めているのがガンナー用トリガーなんでしょうね。

修くんや弾バカ先輩のようにダイレクトに撃つ隊員もいれば、
三輪くんや嵐山隊のように銃を使って撃つ隊員もいます。

とすると、本体だと思っていた銃の方こそ、
実はオプショントリガーなのかもしれないですね。
銃を使うと一度に撃てる球の数は少なくなるけど、
精密性や弾速が上がる、とか。

それと、
・三輪銃:マガジン交換で特殊弾を発射可能
・嵐山銃:銃口が2つ。2種類のガンナートリガーを使い分け。
・木虎銃:ワイヤー付き。
みたいな
オプション効果もあるようですし。


【出水】
修くん:2x2x2=8発
出水さん:5x5x5x2=250発

「出水先輩に勝つには修が少なくとも32人はいないとムリだ。
それで勝てたとしても32人中30人の修は死ぬ。」

両手からおびただしい数のナタデココを発射する弾バカ先輩まじカッケーっす。

嵐山隊2人の十字砲火を遥かに超える物量の弾幕を、
たった1人で繰り出せるのは
さすがA級トップチームの隊員、という印象でした。

それでも、実は今回誰にもダメージを与えていなかったりして、
巨大な力を持つ相手にチームワークで対抗する嵐山隊の
格上げにもなっていたかと思います。

あと木虎さんを狙った時、
なんやかんや言いながら
米屋くんには一発も流れ弾を当てていないところから
コントロールの良さもうかがい知れます。


【嵐山隊長】
現在の装備トリガー
・銃トリガー
・アステロイド
・メテオラ
・シールド
・テレポーター

あとオールラウンダーということなので
アタッカー用のトリガーを1つくらい装備してるでしょう多分。
バランス重視のラインナップですね。
ナタデココしか持ってない弾バカさんとは大違い。

テレポーターは初登場。
カメレオンと同じくサポート用の特殊効果トリガーですね。
そのうち分身するトリガーとか巨大化するトリガーとか出てくるんじゃまいか。


【とっきー】
バトルものの作品において、
「強い」ではなくて「できる」という方向性で活躍するのって
えらい難しいと思うんですよ。

とっきー本人は決して目立つ活躍はしてない、サポート役なんですが、
それで何度も仲間のピンチをさらっと救う
すごい「できる男」なんですよね。これは惚れる。
そりゃ先輩隊員方も「とっきー」って呼んで可愛がりたくなるわ。

それととっきーのシールド、やたら頑丈ですね。
嵐山隊長も木虎さんもシールドでは防ぎきれないはずだった
ナタデココ250発を、
片手シールドで涼しい顔して防ぎきっちゃうんだもの。

遊真でいうところの「強+盾」をやってるんでしょうかね。
盾強化のオプショントリガーとか。


【木虎vs米屋】
葦原先生十八番のワイヤーアクション来ましたコレ。

作中2連敗を喫した米屋くんですが、
自身は無傷のまま木虎さんに何か所も手傷を負わせていたところを見るに、
接近戦ではA級でも上位に食い込む実力者なのでしょう。

つか彼は8つのトリガースロットを一体何に割り当てているのか。
基本、鎗で突くことしかできない彼は
なんかすごくもったいない使い方をしているのでは。


【クライマックス】
漁夫の利に定評のある当真さんが出てきたところで、
次号決着ぽい流れですが、
ぶっちゃけ迅さんが勝ち当確しているので、
こちらの戦いは最初からクライマックスどころか
最初から消化試合だったし、
そろそろこのバトルシリーズも切り上げるのがいい塩梅ですかね。

次回でバトル開始してから6話目ですから、
ジャンプで毎週読んでいるとさすがに次の展開が読みたくなる。
・・・と、思うじゃん?

今週の話が4巻の4話目として収録予定だから、
次で決着ならば
今回のバトルは単行本の半分ほどにしかならないので、
実は単行本でまとめて読むなら
ちょうどいい長さになるのではないかという未来視。






◆ハイキュー!!

【掲載順】
なんや掲載順が心配だという話をちらほら聞きますが、
単行本が1巻あたり40万部以上売れていて、
ジャンプ公式HP内に
個別のウェブサイトが作られていて(トリコや黒子ですら無いのに)、
さらにこんなイベントまで開催されてる(しかも好評につき期間延長)作品が
いっときアンケが悪いだけで打ち切られることはないと思いますので
わたしゃー割と心配してない方です。


【ポスター】
渾身の一作だと思ったのに、
巻末コメントェ・・・


【ウシワカ】
まったく面識のない他校の選手に話しかけるのって
すごくハードル高いですよね。

そんなことはどうでもいいとして、
ウシワカは宮城県内でのラスボス的ポジションでしょうけども、
実のところあんまり烏野とは因縁がないので、
ここらで一発、絡ませておくのはいい手かもしれませぬ。

東京からはジャパンに選ばれた選手が何人かいそうだから、
今度の東京遠征で対戦しそうなジャパン選手を
ウシワカが教えてくれたりするんじゃーないでしょーか。






◆その他作品

【ニセコイ】
アツアツの中華丼をぶちまけるよりも、
塀の上からシャイニングウィザードをぶちかます方が
ダメージでかいと思うんですがw

前者を躊躇して後者をノリノリで実行するのはどういう了見よw

そして例の絵本が登場したことにより
鍵とはいっさい関係がない鶫のスーパー除け者タイム始まるよ~


【銀河パトロール ジャコ】
8話目にして一気に話が動いてまいりました。

話の緩急とでも言いましょうか、
今までのんびり進めていた分、今回急に話がいろいろ動いたのが
とんでもなく面白く感じます。

タイツのロケット、政府警察、
ジャコの燃料問題、
そして話に絡む雰囲気のないタイムマシン。
あと2話でまとまる気がしないのですが、
これらをきれいさっぱり片づけられるとしたら
鳥山先生、レジェンドの面目躍如といったところですか。

ちなみにタイツがSF作家志望というのがようやく明かされましたが、
「実はドラゴンボールはタイツの創作話」
というオチもあるかなーとか考えたこともありました。
さすがにそれはドラゴンボールのファンから苦情きそうなのでないかな。


【べるぜバブ】
ハイキューよりもわたしゃこっちの方が心配でして。
ちゃんとお話し畳んで終わらせられるかなあ。

東邦神姫は全員、紋が発動したし、
あとはラストに出てきた死神さんとやらが
アスランと同一人物で、
ソロモン商会と魔界の反乱分子を一まとめにしてラスボスにして
一気に最終決戦、とかすればなんとか?


【SOUL CATCHER(S)】
一方こちらもだいぶ心配。

この展開で次回いきなり最終回!
みたいなのはないと思いますのでもうしばらくは安泰でしょうが、
今まで温存していた大物キャラが急に登場すると
これもやっぱり展開を急いでまとめにきているような、
そんな雰囲気を感じなくもない。

それはそうと久しぶりに
神海っちゃんの擬音祭が開催されましたねw
さすがは荒木先生の系譜。

電車ガタガタいいすぎ
砂時計サラサラしすぎ
鳩ポポポポいいすぎw






◆スモーキーB.B.

お、終わったー!?

マジか。
ジャコが終わるタイミングまでは続くと思ってたのに。

敗因は・・・
突き詰めると、煙の字のキャラが受けなかった、からかなあ。

少なくとも3話目までは、
「性格に難ありだが腕は最強の主人公が無双する物語」
として構想してたと思うんですよ。

でも、3話目までのアンケが芳しくなかったんで、
主人公のキャラ変更をせざるを得なくなった。
そんでチームプレイや仲間に激励されたりする描写が増えて行ったけれども、
仲間が活躍するということは主人公が無双できないということ。
反比例的に煙の字の最強設定がなりを潜めていき、
当初の最強主人公の無双物語が瓦解。

急激に舵をきりすぎたせいで、
物語・主人公としての方向性がブレたまま終わってしまった、
そんな印象ですね。
ウルトラマンでいうならゼットンくらいの強さだった主人公が、
蓋を開けてみたらせいぜいバルタン星人くらいになってしまったという。

本当にベンチのまま連載が終わってしまった火貴くん、
ただ出てきただけだった外人の人に幸あれ。
単行本で描き下ろしがあるらしいので
そこで出番あるかね。

しかし小宮山先生のセリフ回しは一休の頃から好きなので
何とか頑張って帰ってきてもらいたいのであります。






◆新連載

【HACHI】
西先生はこないだのジャンプLIVEでエッセイ漫画を描いておられましたが、
新連載決まってたんですね。

予告を見てもさっぱり内容わかりませんが、
修羅の世界と化した今のジャンプで生き残れるか否か。


【焼野原塵】
これ来たかw

エジソンが終わってギャグ枠が斉木だけになってましたし、
バイオレンス系のこれはその斉木とも食い合わないだろうし、
うまくやれば生き残っていける、かな。






来週月曜が休みなので、次号は土曜日発売ですね。
しかもそれが2連続という。
ジャンプ読みにとっては嬉しい9月です。
ではノシ

スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 00:07 | トラックバック:0コメント:2
コメント
◆ワールドトリガー
>【修カウント】
だから、何で解説のときに汗をかいてるんだよw
「修くん知ってるよね?」と話を振られることを
恐れているのだろうか・・・。

>【ガンナー】
まさか、弾丸のほうがメインとは思いませんでした。
てっきり、すべての弾が銃のオプショントリガーかと。

出水の射撃が時枝のシールドに弾かれ、逆に嵐山隊の十字砲火は
出水のシールドを削っていましたが、
これは銃で弾を撃ち出したほうが威力が上がるんでしょうか。
それともトリオン能力が、嵐山≒時枝>出水・・・
だったんでしょうかねw

>【出水】
むちゃくちゃ弾幕を張ってましたね。さすが、シューター。
一度に撃ちだす弾の数もさることながら、
メテオラによる爆煙を逆手に取って、ハウンドを射出していたのが
印象的でした。的確に攻撃してますよね。
おっしゃっているように、コントロールも優れているようですし。

>【嵐山隊長】
出水の撃ち出したハウンドでやられそうになったり
時枝に礼を言った隙を三輪につかれたり、た、隊長殿・・・。
何というか、時枝がいないとダメな人のような気がw
いや、確かに、テレポーターを使っての緊急回避から反転攻勢
の流れは落ち着いているなあ、さすが隊長と思いましたが。

>【とっきー】
一気にキャラを立てましたよね。
時枝がいなければ、嵐山も木虎もペイルアウトしていた
ので、なおさら彼の優秀さが際立ちます。
個人戦ランク高そうだ。

>【木虎vs米屋】
それぞれの格を上げるような戦闘描写でしたね。
米屋が、やられっぱなしで終わらなかったのがよかった。

>【クライマックス】
戦闘自体は面白いんですが、トリガーの解説と絡めて・・・
というやり方はどうしても冗長に感じられます。
ただ、トリガーの説明も面白いんですけどねw

◆ハイキュー!!
>【掲載順】
これが何週も続くようだと、危ないかなーという気はします。
アニメ化でも決まっていれば、安心なのですが。

>【ポスター】
>巻末コメントェ・・・
(´;ω;`)

>【ウシワカ】
>実のところあんまり烏野とは因縁がないので、
>ここらで一発、絡ませておくのはいい手かもしれませぬ。
大王様チームを打ち破った以外だと、
ウシワカはまったく関係ないんですが、
影山が白鳥沢を受験して失敗した・・・くらいしかないw

◆その他作品
【ニセコイ】
>絵本
昔、お嬢がよく読んでいた絵本ですよ! しか
話に絡みようのない鶫が不憫である・・・。

【SOUL CATCHER(S)】
>神海っちゃんの擬音祭が開催されましたねw
思わず静かにしろ! と言いたくなりますねw

◆スモーキーB.B.
>物語・主人公としての方向性がブレたまま終わってしまった
でしたねー。
前作のほうが最後まで一貫していて、話の完成度は
高かったように思います。

結局、灰村の何が高校野球のすべてを変えてしまったのかは
不明なままでしたね・・・。
北里の蛇のスタンドのほうが、よっぽど野球を変えそうな気がw
2013.09.11 Wed 19:31 | URL | plto
Re: タイトルなし
pltoさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ◆ワールドトリガー
> >【修カウント】
> だから、何で解説のときに汗をかいてるんだよw
> 「修くん知ってるよね?」と話を振られることを
> 恐れているのだろうか・・・。

修「やっべB級に上がった時に1回説明受けたけど全然覚えてない・・・」


> >【ガンナー】
> まさか、弾丸のほうがメインとは思いませんでした。
> てっきり、すべての弾が銃のオプショントリガーかと。
>
> 出水の射撃が時枝のシールドに弾かれ、逆に嵐山隊の十字砲火は
> 出水のシールドを削っていましたが、
> これは銃で弾を撃ち出したほうが威力が上がるんでしょうか。
> それともトリオン能力が、嵐山≒時枝>出水・・・
> だったんでしょうかねw

銃を使うことによるメリットは何かしらあるはずですよね。
威力や、弾速、照準とかがパッと思い当るところですが。
出水先輩は
威力の無さを数でカバーする戦法だったとかかもですね。


> >【出水】
> むちゃくちゃ弾幕を張ってましたね。さすが、シューター。
> 一度に撃ちだす弾の数もさることながら、
> メテオラによる爆煙を逆手に取って、ハウンドを射出していたのが
> 印象的でした。的確に攻撃してますよね。
> おっしゃっているように、コントロールも優れているようですし。

おお、煙幕の件は気づきませんでした。
しかも建物の影で気づかれにくい位置から撃ってますし、
自身の戦法とそれが活きる戦い方を心得ていますね。
さすがA級1位なだけはある。


> >【嵐山隊長】
> 出水の撃ち出したハウンドでやられそうになったり
> 時枝に礼を言った隙を三輪につかれたり、た、隊長殿・・・。
> 何というか、時枝がいないとダメな人のような気がw
> いや、確かに、テレポーターを使っての緊急回避から反転攻勢
> の流れは落ち着いているなあ、さすが隊長と思いましたが。

周りから支えられるタイプのリーダーなんですかねw
この人は危なっかしいから自分がしっかりしないと!
で、周囲がどんどん優秀になるタイプ。

次回の挽回に期待しておきましょう。


> >【とっきー】
> 一気にキャラを立てましたよね。
> 時枝がいなければ、嵐山も木虎もペイルアウトしていた
> ので、なおさら彼の優秀さが際立ちます。
> 個人戦ランク高そうだ。

ぶっちゃけ菊地原とかよりとっきーの方が役に立ちそうですしねw
嵐山隊を5位に押し上げてるのは
実はとっきーの功績説浮上。


> >【木虎vs米屋】
> それぞれの格を上げるような戦闘描写でしたね。
> 米屋が、やられっぱなしで終わらなかったのがよかった。

「と思うじゃん?」が一部で流行りそうなのも良かったですw


> >【クライマックス】
> 戦闘自体は面白いんですが、トリガーの解説と絡めて・・・
> というやり方はどうしても冗長に感じられます。
> ただ、トリガーの説明も面白いんですけどねw

まだあとスナイパー用とオプションの説明が残ってますからねw
いっそ特集ページで一気に説明してしまっても・・・


> ◆ハイキュー!!
> >【掲載順】
> これが何週も続くようだと、危ないかなーという気はします。
> アニメ化でも決まっていれば、安心なのですが。

次回は増ページのようで、
入稿遅れの可能性もありますし、まあまだ気楽に構えています。
次回の順位次第ではちょっと危機感持った方がいいかもしれませんね。


> >【ポスター】
> >巻末コメントェ・・・
> (´;ω;`)

単純に絵を反転させるだけでは・・・済まないでしょうなあ。


> >【ウシワカ】
> >実のところあんまり烏野とは因縁がないので、
> >ここらで一発、絡ませておくのはいい手かもしれませぬ。
> 大王様チームを打ち破った以外だと、
> ウシワカはまったく関係ないんですが、
> 影山が白鳥沢を受験して失敗した・・・くらいしかないw

影山の受験失敗だけでは因縁として弱すぎますしねw
ウシワカにとっては知ったこっちゃないことですしw


> ◆その他作品
> 【ニセコイ】
> >絵本
> 昔、お嬢がよく読んでいた絵本ですよ! しか
> 話に絡みようのない鶫が不憫である・・・。

今からでも100円ショップでオモチャの鍵を買ってきて
強引に話に割り込むんだ。


> 【SOUL CATCHER(S)】
> >神海っちゃんの擬音祭が開催されましたねw
> 思わず静かにしろ! と言いたくなりますねw

サラサラという静かな音なのに過剰な存在感を放つのはw


> ◆スモーキーB.B.
> >物語・主人公としての方向性がブレたまま終わってしまった
> でしたねー。
> 前作のほうが最後まで一貫していて、話の完成度は
> 高かったように思います。
>
> 結局、灰村の何が高校野球のすべてを変えてしまったのかは
> 不明なままでしたね・・・。
> 北里の蛇のスタンドのほうが、よっぽど野球を変えそうな気がw

冒頭のあのナレーションが意味不明になってしまいましたねw
それがすごく残念。
多少アンケ悪くても当初の路線で貫き通してくれた方が良かったなあ。

蛇使いとして覚醒した北里さんはいいキャラで面白かったんですがねw


2013.09.12 Thu 23:24 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/526-4dc1f9d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。