日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

少年ジャンプ擬音祭り2013 | main | 週刊少年ジャンプ2013年44号の感想と予想その1
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2013年44号の感想と予想その2
日付が変わる前に。
前口上抜きでささっといきます。







◆トレジャー新人漫画賞

センタクルス
画力以外のすべてが4点以上(5点満点)という期待の新星。

ジャンプでいうなればアウターゾーンに近い、
ミステリーホラーとでも言うのでしょうかなジャンルに、
さらに心理戦の要素を加えて
少年漫画としてあらたな境地を切り開いた意欲作、
と言ったらほめ過ぎかな。

作品ジャンル的に万人にはおススメできないですが
ハマる人はめっちゃハマりそうな
実に尖った作品です。

このまま連載はさすがに無理でしょうが、
次にどんな作品を描くのかかなり興味がありもうす。


月がx2+(y-3√x2)2ですね。
一方こちらも画力以外はオール4点の高評価。

その画力もまだ17歳ということで
これからぐんぐん伸びていくでしょうから問題ないでしょう。

銀魂やスケットに通じる
キャラクター同士の掛け合い・捻ったセリフの応酬を軸にした
コメディ作品なのですが、
そのコメディ部分が非常によく練られていて脱帽もの。

一見さんの興味を引くタイトルも
ちゃんと物語の山場で使われていて構成力も申し分なし。

こちらの作品もやや一発ネタに近いので、
別の作品をぜひとも見てみたいですね。






◆ワールドトリガー

【修カウント】

osamuase3.png

おかえりぼくらのエターナルメガネ。

ここんとこ続いていたラブゲーム(出番が)のうっぷんを晴らすかのごとく
8コマ出演、2コマ汗無しで
金のオサム2号まであと7オサム!!

遊真がB級に上がるのが先か、
金のオサム2号が誕生するのが先か。


【ぼんち揚】
うまし!

迅さんの地道な営業活動が実を結び、
とうとうぼんち揚パーティー開催(3人)の運びとなりました。
おめでとうございます。ありがとうございます。

アタッカー1位2位のノリがいいだけなのか、
それとも今までに勧誘された奴等が特殊だっただけなのか。

迅「ぼんち揚食う?」
三輪(玉狛支部が出してきたものなど食えるか!)

迅「ぼんち揚食う?」
奈良坂「すいません俺たけのこの里しか食わないんで」


【太刀川さん】
出水さんが弾バカなら
この人はさしずめ太刀バカでしょうかw
迅さんと戦えればなんでもいいんだろうなあ。

決着付けないまま遠くに行ってしまったライバルが
急に復帰するよってんだからそりゃテンションも上がりますよね。
ガレージに突っ込んだのも
「迅に勝てると思ったらもう勝ちたい一心で他の事はあんまり・・・」
というだけなんじゃ。
出たての芸人か。

しかし太刀川さん急に砕けたキャラになっちゃって。
ンマー、城戸司令および後輩たちの前ではキリッとしていたんでしょうけど
迅さん風間さんしかいないこの場では素がでるのもしかたなしw


【真の目的】
城戸司令の目的は、
もちろん三門市を守るだけではなく別のところにあったようで。
だからこそ遠征にも行かせているんでしょうし。

近界民皆殺せ派の城戸司令のことですから、
ストレートに考えれば真の目的とは
「近界を滅ぼす」
になりそうですが、
それに迅さん(遊真も)が賛同するわけはないので、
もっと別の何かだとは思うわけなのですががが。

今の時点ではたぶん予想するのに情報が足りないんだろうなーと
いうことで納得して諦めます。


【3年ぶり】
・5年以上前:アタッカー用トリガーは弧月のみ

・5年前:最上さん死亡。風刃誕生。

・4年半前:近界民侵攻。ボーダーはほぼ全員弧月装備。

・3~4年半前:迅さんがスコーピオン開発。

・3年前:迅さんが風刃の使い手に。

とう流れがほぼ確定のようです。
やはり風刃誕生から使い手が決まるまでの間に
2年くらいの謎の空白期間があるようで。

スコーピオンの特性が劣化風刃なところからして、
迅さんは風刃を研究・解析してスコーピオンを作りだした、
とかあるかもですね。
2年の空白の回答にはならんですが。

あと、今さらながら、
最上さんが5年前に死亡ってことは、
迅さんは5年以上前からボーダーにいたわけで、
そしてその迅さんよりもキャリアが長い
KONAMI先輩(17歳)は
12歳以前、
つまり小学生のときからボーダーで戦ってたってことになるわけですか??


【玉狛】
KONAMI先輩ちょうかわいい。
嘘です。

KONAMI先輩は増量されていないようなので、
このままの性格で人気取れると判断されたんですかね。

とりまる先輩は
弟妹たくさんいるんだけど両親が近界民に殺されてしまって
ボーダーの稼ぎだけじゃ養っていけないから
防衛任務のかたわらバイトもしている苦労人、
だと俺のサイドエフェクトがいっている気がする。


【ジョブチェンジ】
修くんガンナーにジョブチェンジの巻。

せっかくポジションが3種類あって、
三雲隊も3人なんだから、
1人ずつ別々のポジションになったほうがそりゃいいよね。
漫画的に。

修くんは前線に出て戦うよりは
後方から指示を出すほうが得意だと思うし、
かといって千佳ちゃんがいるのにメガネスナイパーになってもしょうがないし、
間を取ってガンナーがちょうどいい落としどころかもしれないですね。

トリオン量に不安があるなら、
当てやすいバイパーをメインに使って無駄弾を減らすとか
いろいろ工夫の仕様はあるんでないかな。


【C級】
やはり遊真以外に黒いトリオン体のやつはいないですね。

ついでに旧ボーダーのマークを付けているのも
三雲隊の3人だけ。

トリオン体の色やボーダーマークは
近界要素があるか否か、で決まると前に予想しましたが
その辺、次回あたりに解説入りますかね。

モブ隊員の
「なんであいつのトリオン体だけ黒いんだ?」
みたいなセリフをきっかけにする感じで。






◆BLEACH

【今週のサブタイトルをExcite先生に翻訳してもらおうのコーナー】
Blazing Bullets
    ↓
弾丸を燃やすこと

まあ炎の弾丸なわけだからあながち間違ってもいないようなそうでもないような。

ちなみに侘助を撃ち抜いたのも
この爆熱ゴッドフィンガーのようですね。
あっちは1本じゃなくて3~4本くらい固めて撃ったっぽいですが。


【マユリ様】
ナックルボールさんの能力は、
以前の描写を見ても、
どうやら設置型のトラップ系能力みたいですな。

本当に帰る気だと、
マユリ様の戦闘が見たいこちらとしてはちょっとがっかりなんで、
マユリ様をおびき出すための方便であってほしい所。


【砕蜂】
やはりBG9はロボットでしたか。
んー、でもなんか、
あんまロボロボしてないので心惹かれるものがないなあ。

もっと胸からバルカンとか指から火炎放射とか
いろいろ使おうぜ。

つーかこれが滅却師扱いということは、
ロボットに陛下の血が流れてるんですかね?
パシフィスタみたいなもんか?
どっかのSFで
血液で動くロボットみたいな設定のもあった気はするが。


【ミルフィーユ隊長】
「総隊長の炎に焼かれた星十字騎士団員は"全員"生きてる」
あの・・・
オーバーキル・・・いえ何でもないです。

バズビーさんも自分と一緒に飛びかかった2人のことを言ってるんでしょうし。

剣術を見せる暇すらなくやられてしまったよミルフィーユ隊長。
卍解が戻ってくることもまだないだろうし、
やっぱ一心に助っ人に来てもらうしかないでしょうか。

そして来週は乱菊さんがバーナーリョナされるヨカーン。






◆その他作品

【銀魂】
今週ラストのモブ少年描いてたのって、
スモーキーB.B.の河田先生じゃね?


【ニセコイ】
いまだフルネームを明かさない風ちゃんが
4人目なんじゃないかと
けっこう真面目に疑ってたりします。

髪の色も絵本のお姫様と同じですし。
まあそれはマリーもなんですけど。


【食戟のソーマ】
今週は附田先生のネームも一緒に公開されてましたけども、
どうやらこの漫画のエロ成分は
佐伯先生の暴走により生み出されている可能性が非常に高いですねw

ネームだと親父が各国の人と触れ合っているイメージだったのに
漫画だと親父の存在が消失して
女子二人が異国の恰好で喘いでいるというw


【SOUL CATCHER(S)】
宿命のライバルと早くも直接対決の場が整ってしまい、
これは話を畳み始めているのか・・・とも思いますし、
スポーツものではよくある
「序盤の試合で一度負ける」というアレかもしれないですし。


【クロクロク】
クロクの怠け者スタイルと
バドの効率絶対主義が意外とうまく噛みあってて
わりと面白いコンビかも。

コメディは面白いんですが、
シリアスすぎるノリになるとどうだろうですかなー。
これが最後のイベントになる気もするし(´・ω・`)


【べるぜバブ】
おいおいおい。最下位かよ大丈夫かよ。
ちゃんと完結できるのかよ。

美咲姉さんがバトル初参加ですが、
こーいう
「主人公の身内の女性が最強」
のノリはギャグではよくある展開ですが、
いざシリアスバトルになるとその最強設定は持続しないんですよね。
(例:ナミ)

ところがこの漫画と美咲姉さんの設定だと
本当に悪魔だろうが悪魔憑きだろうが
素でボコってしまいそうな安心感があります。






◆銀河パトロール ジャコ

鳥山先生、たぶん最後の連載お疲れ様でした。

派手さはありませんでしたが、
ゆるーーく楽しめるいい連載だったと思います。
特に終盤の展開はゆるいながらに盛り上げてきて素晴らしかったですな。
誰も不幸にならないところが特によい。
じりじりとにじりよってくる海ボウズも面白かったですw

そして例の宇宙人はやっぱり悟空のことで、
通貨が違っていたのも「地域が違うから」というのであっさり解決。
銀河パトロールなるものがあるのに
フリーザ様とかがはびこっていたのはまあ、単に戦闘力の問題ってことで。

あとブルマの方はかなり本編と絡めて来ましたね。
タイムマシンとか、重力コントロール装置とか。
これが映画公開前に掲載されてたら
さらに盛り上がったんだろうになあ。






来週はキルコさんでお馴染み平方先生の
新作読切があります。
が、そのあとはどうなるんすかね。
さすがにまだ打切り執行には早いと思いますが。


ではノシ
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 23:15 | トラックバック:0コメント:8
コメント
ジャコ>ラストの読者サービスは流石鳥山先生と言ったところでしょうか。
惑星ベジータで思い出したのですが、サイヤ人来襲時に、
いずれヤムチャはベジータにブルマを奪われた挙句の果てに
噛ませ犬街道街道まっしぐらになるなんて・・・予想できた読者は一体どれくらいいたでしょうか? おそらくは皆無だったと
思いますけどね。 
ドラゴンボールに限った話ではありませんが、人気キャラばかりを優遇して、そうじゃないキャラを不遇な扱いにするというのはあまり・・・コビーにしても何か特別な実績を積んだ訳でもないのに、いきなり大佐じゃスモやんとヒナとの
扱いに差がありすぎるというかなんというか・・・
べるぜバブ>かつて打ち切りの危機に直面していた黒子のバスケとは完全に立場が逆転してしまいましたね。
やはりコメディ路線で人気がとれていたにもかかわらず、
無理にシリアスバトルに路線変更した結果、歯車が大きく狂ってしまった感は否めません。
美咲姉さん>美咲姉さんって、この作品内では、江田島
塾長のようなポジションなんじゃないんですかw
2013.10.02 Wed 00:24 | URL | 隆明
◆ワールドトリガー
>【修カウント】
>おかえりぼくらのエターナルメガネ。
常に汗率7割台をキープする、我らのメガネが帰ってきました!

>【ぼんち揚】
迅ラブの太刀川は分かるとして、
風間もボリボリ食ってたのが意外でしたw

>【太刀川さん】
風間(何で、こんなのに指揮執らせたんや城戸はん・・・)

太刀川は、遊真の戦闘力に興味を示していたので、
(まぁ、迅が評価したからかもしれませんがw)
腕比べが好きでたまらないタイプみたいですね。

>【3年ぶり】
>迅さんよりもキャリアが長いKONAMI先輩(17歳)
だからこそ、有吾の理念を受け継いでいる玉狛支部に
所属しているのかもしれませんね。

>【玉狛】
>KONAMI先輩ちょうかわいい。
木虎と同じくキツい性格なんですが、
KONAMI先輩はなぜか可愛らしく感じますね。
騙されやすかったり、食い意地が張ってたり、
木虎より女の子らしい外見だったり・・・
という要素が好感度を上げているんでしょうか。

>【ジョブチェンジ】
>修くんガンナーにジョブチェンジの巻。
隊長としての役割を見据えて・・・と思えますよね。
ただ、烏丸に転向の理由をはっきり言わなかったので、
別の理由があるのかもしれません。
「隊長として~」の場合、
口ごもるほど変な理由じゃありませんし。

ところで、
烏丸の発言から察するに、どうも修のトリオン能力は
ボーダーの平均水準かそれ以下のようですね・・・。

◆BLEACH
>【マユリ様】
ナックルボールは、本作にしては珍しいタイプの敵キャラですね。
一筋縄ではいかなそうで頼もしくはあるんですが、
このままバトらず帰りそうで拍子抜けの感あり・・・。

>【砕蜂】
>つーかこれが滅却師扱いということは、
>ロボットに陛下の血が流れてるんですかね?
実際は、サイボーグなのかもしれませんね。
脳など部分的に生身であれば、血に関する疑問も氷解します。

>【ミルフィーユ隊長】
>あの・・・
>オーバーキル・・・いえ何でもないです。
私も一瞬、突っ込みかけましたw 
あの場にバズビーがいたら、彼も骨にならずに・・・。
まぁ、総隊長は激おこだったので、仮に生き残っても
追撃でバズビーごと消し炭にされたでしょうがw

◆その他作品
【ニセコイ】
後任の担任が4人目ではないか、と妄想しております。
楽との年齢差の問題が出てきますが、20代前半なら何とか!
年下好みということであれば、問題ない・・・はず。

【食戟のソーマ】
アカン、エロすぎやろ! 
と原作者が制止することもあったんでしょうかねw

【SOUL CATCHER(S)】
うーん・・・『スモーキーBB』みたく、
ライバルとの直接対決ののち、終わりそうな気がします。
続いて欲しいんですけどねえ・・・。

【クロクロク】
>これが最後のイベントになる気もするし(´・ω・`)
(´;ω;`)ブワッ

イツイのヌエ乳に関する造詣の深さなど、
掘り下げれば面白そうな要素はたくさんありますが、
いかんせん人気が・・・。

確か、読切が凄い人気取れました、みたいな触れ込みで
連載が始まったと記憶してるんですが、どうしてこうなった・・・。
2013.10.02 Wed 18:54 | URL | 秋あかね
Re: タイトルなし
隆明さん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ジャコ>ラストの読者サービスは流石鳥山先生と言ったところでしょうか。
> 惑星ベジータで思い出したのですが、サイヤ人来襲時に、
> いずれヤムチャはベジータにブルマを奪われた挙句の果てに
> 噛ませ犬街道街道まっしぐらになるなんて・・・予想できた読者は一体どれくらいいたでしょうか? おそらくは皆無だったと
> 思いますけどね。 
> ドラゴンボールに限った話ではありませんが、人気キャラばかりを優遇して、そうじゃないキャラを不遇な扱いにするというのはあまり・・・コビーにしても何か特別な実績を積んだ訳でもないのに、いきなり大佐じゃスモやんとヒナとの
> 扱いに差がありすぎるというかなんというか・・・

真実は定かではありませんが、
ベジータとブルマをくっつけたのは
サイヤ人を増やすためにとった展開らしいです。
それが本当なら
ベジータが人気だからやったことではないことになりますね。

むしろ人気男性キャラには恋人を設定しないんじゃないですかね。


> べるぜバブ>かつて打ち切りの危機に直面していた黒子のバスケとは完全に立場が逆転してしまいましたね。
> やはりコメディ路線で人気がとれていたにもかかわらず、
> 無理にシリアスバトルに路線変更した結果、歯車が大きく狂ってしまった感は否めません。

東邦神姫あたりはバトル展開で普通に人気出てたんですけどね。
コメディが人気出過ぎたせいで
それ以外の展開に進みにくいという、逆ジャンプバトル化現象とでもいうのでしょうか。


> 美咲姉さん>美咲姉さんって、この作品内では、江田島
> 塾長のようなポジションなんじゃないんですかw

無理を通せば道理が引っ込むタイプですねw
2013.10.05 Sat 09:28 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
秋あかねさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ◆ワールドトリガー
> >【修カウント】
> >おかえりぼくらのエターナルメガネ。
> 常に汗率7割台をキープする、我らのメガネが帰ってきました!

出番なかった分の汗を一気に放出していますw


> >【ぼんち揚】
> 迅ラブの太刀川は分かるとして、
> 風間もボリボリ食ってたのが意外でしたw

さっきまで殺し合いしてた相手から普通にお菓子をもらうくらいには
懐の深い人なのかもしれないですねw
隊長ですし。


> >【太刀川さん】
> 風間(何で、こんなのに指揮執らせたんや城戸はん・・・)

城戸司令も太刀川さんの迅スキスキ病を知っていれば
指揮官を任せたりはしなかったかもw


> 太刀川は、遊真の戦闘力に興味を示していたので、
> (まぁ、迅が評価したからかもしれませんがw)
> 腕比べが好きでたまらないタイプみたいですね。

米屋くんとは違うタイプでのバトルマニアですね。
対人での腕比べが大好きな、
どっちかというと部活動のノリですかw


> >【3年ぶり】
> >迅さんよりもキャリアが長いKONAMI先輩(17歳)
> だからこそ、有吾の理念を受け継いでいる玉狛支部に
> 所属しているのかもしれませんね。

ボーダーの中でもかなりの古株でしょうから、
旧ボーダーの思想を受け継いで
今も玉狛にいるってのはありえそうですね。


> >【玉狛】
> >KONAMI先輩ちょうかわいい。
> 木虎と同じくキツい性格なんですが、
> KONAMI先輩はなぜか可愛らしく感じますね。
> 騙されやすかったり、食い意地が張ってたり、
> 木虎より女の子らしい外見だったり・・・
> という要素が好感度を上げているんでしょうか。

木虎さんは油断からくる隙が特徴ですが、
KONAMI先輩は常時隙だらけですからねw
そのあたりが好感度に繋がっているのかも。
あと謎の癖毛w


> >【ジョブチェンジ】
> >修くんガンナーにジョブチェンジの巻。
> 隊長としての役割を見据えて・・・と思えますよね。
> ただ、烏丸に転向の理由をはっきり言わなかったので、
> 別の理由があるのかもしれません。
> 「隊長として~」の場合、
> 口ごもるほど変な理由じゃありませんし。

たしかに口ごもるところを見ると
何か言いにくい理由でもあるっぽいですね。
修くんに限ってやましい理由ではないでしょうがw


> ところで、
> 烏丸の発言から察するに、どうも修のトリオン能力は
> ボーダーの平均水準かそれ以下のようですね・・・。

みたいですね(´・ω・`)
トリオン量がすべてではないとはいえ
今後の戦いに不安を残す事実ではあります。


> ◆BLEACH
> >【マユリ様】
> ナックルボールは、本作にしては珍しいタイプの敵キャラですね。
> 一筋縄ではいかなそうで頼もしくはあるんですが、
> このままバトらず帰りそうで拍子抜けの感あり・・・。

脳筋ではなさそうですね。
滅却師の仲間割れを止めたりもしてましたし。
それだけにマユリ様とのバトルは見てみたいんですが
このまま帰っちゃうんですかねえ。


> >【砕蜂】
> >つーかこれが滅却師扱いということは、
> >ロボットに陛下の血が流れてるんですかね?
> 実際は、サイボーグなのかもしれませんね。
> 脳など部分的に生身であれば、血に関する疑問も氷解します。

なるほど。
サイボーグという可能性もありましたね。

しかしサイボーグって、
混血の滅却師よりもさらに純血から遠いような気がしますw


> >【ミルフィーユ隊長】
> >あの・・・
> >オーバーキル・・・いえ何でもないです。
> 私も一瞬、突っ込みかけましたw 
> あの場にバズビーがいたら、彼も骨にならずに・・・。
> まぁ、総隊長は激おこだったので、仮に生き残っても
> 追撃でバズビーごと消し炭にされたでしょうがw

バズビーさん達が生き残れたのは
彼らがあくまで乱入者で正規の対戦相手ではなかったからで、
普通に山じいと戦っていたら
どの道消し炭になっていましたよねw


> ◆その他作品
> 【ニセコイ】
> 後任の担任が4人目ではないか、と妄想しております。
> 楽との年齢差の問題が出てきますが、20代前半なら何とか!
> 年下好みということであれば、問題ない・・・はず。

その可能性もありますかw
そういえば後任の先生がまだ出てきていませんでしたね。
年上はそれだけで今までのヒロインとは差別化ができますので
物語にインパクトを与える意味でも有効打かも。


> 【食戟のソーマ】
> アカン、エロすぎやろ! 
> と原作者が制止することもあったんでしょうかねw

一時期、エロ描写が少なくなったのは
そういう裏事情があったのかもですねw


> 【SOUL CATCHER(S)】
> うーん・・・『スモーキーBB』みたく、
> ライバルとの直接対決ののち、終わりそうな気がします。
> 続いて欲しいんですけどねえ・・・。

半分くらいのパートリーダーは味方に付けましたし、
あとはライバルとの対決をこなせば
だいたいの伏線は回収して終われるんですよね。
うーむ、やはりまとめに入っているのか。


> 【クロクロク】
> >これが最後のイベントになる気もするし(´・ω・`)
> (´;ω;`)ブワッ
>
> イツイのヌエ乳に関する造詣の深さなど、
> 掘り下げれば面白そうな要素はたくさんありますが、
> いかんせん人気が・・・。
>
> 確か、読切が凄い人気取れました、みたいな触れ込みで
> 連載が始まったと記憶してるんですが、どうしてこうなった・・・。

読切のなかで最高支持を獲得した、ということでしたが、
1話のような悪い奴しばき倒し展開を続けてった方が受けたんでしょうか。




2013.10.05 Sat 10:09 | URL | psychobind
返信ありがとうございます。
>ベジータとブルマをくっつけたのはサイヤ人を増やすために
とった展開らしいです。
・・・そうだったんですか・・・だとしたらかつてのライバルポジションだったのにまるで坂道を転がるように転落人生を歩んだ
ヤムチャがあまりにも不憫というかなんというか・・・
ただ、ベジータが仲間となりブルマと結ばれるというのはどう考えても当初から予定していたことではないでしょう。
>逆ジャンプバトル化現象
やっぱり悪魔達とのバトルは失敗でしたね・・・
展開的にいずれはバトル路線にシフトしなければならないのなら、早乙女先生あたりが犠牲になるくらいのインパクト
を与えるくらいのことをやらなければ、読者も本気で入ってこられないのではないかと。
ただもうこうなってしまったら仕方がないので、なんとか
人気が回復することを祈るのみです。
2013.10.06 Sun 00:12 | URL | 隆明
どうも、DEEP PURPLEです。続きです。むしろこっちの方に気合が入ると思います。

>銀河パトロール ジャコ
ついに終わりましたね…好きな作品だけになんだか寂しくなります。話自体は展開が遅いのに、全体的な雰囲気が独特で、さらに掛け合いが絶妙でそれだけ楽しめる作品でした。やはり鳥山先生は他の漫画家と違う物を持っていると感じさせられました。
とりあえず「ドラゴンボール」との繋がりが出てきてニヤリとさせられました。「伝説のキャラ」のうち悟空は予想通りでしたが、まさかブルマまで出て来るとは…。まあ、タイツがブルマの関係者だというのはある程度予想していましたが。ただ、彼女がブルマの姉だとは思わなかったです。
そして今回のエピソードで色々と「ドラゴンボール」との関連性が明かされたわけですが、大きな矛盾もなくきれいに繋げていたと思います。鳥山先生は「辻褄合わせの達人」と言われていましたが、正にそう思えます。様々なところで指摘されている「悟空が戦闘服を着ている」「ブルマが既に大学を卒業している」といった矛盾点は、単なる矛盾ではなくむしろ鳥山先生が「今、ドラゴンボールを連載していたらこういう設定にすると思う」という事を言いたくて、あえてそうしたと僕は解釈していますし。こういう事がきちんと出来るという点でもやはり鳥山先生は漫画家の鑑だと思います。
あと、ブルマの母が「ジャコ」を「ザコ」と間違えたの爆笑しました(笑)。
それにしても本作のキャラ、「ドラゴンボール」では登場していないだけにあちらでの動向が気になります(特にタイツ)。いつか(読み切りでいいですから)本作と「ドラゴンボール」のキャラが絡む話を見てみたいです。そして、鳥山先生、「ジャンプLIVE」では「これが最後の連載になるかも知れない」と言ったそうですが、そんなこと言わずに出来ればまだまだ連載作品を発表していただきたいと思っています。いつになるかは分かりませんが、次回作を楽しみにしています。繰り返しますが出来れば「ジャコ」と「ドラゴンボール」のキャラが絡む話を見てみたいです。鳥山先生、お疲れ様でした!
2013.10.07 Mon 00:42 | URL | DEEP PURPLE
Re: タイトルなし
隆明さん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 返信ありがとうございます。
> >ベジータとブルマをくっつけたのはサイヤ人を増やすために
> とった展開らしいです。
> ・・・そうだったんですか・・・だとしたらかつてのライバルポジションだったのにまるで坂道を転がるように転落人生を歩んだ
> ヤムチャがあまりにも不憫というかなんというか・・・
> ただ、ベジータが仲間となりブルマと結ばれるというのはどう考えても当初から予定していたことではないでしょう。

まあ、これもソース不明の噂話なので
真偽は明らかではないのであくまでご参考までに(´ー` )


> >逆ジャンプバトル化現象
> やっぱり悪魔達とのバトルは失敗でしたね・・・
> 展開的にいずれはバトル路線にシフトしなければならないのなら、早乙女先生あたりが犠牲になるくらいのインパクト
> を与えるくらいのことをやらなければ、読者も本気で入ってこられないのではないかと。
> ただもうこうなってしまったら仕方がないので、なんとか
> 人気が回復することを祈るのみです。

最近1回順位が回復したことがあるので
やりようによってはまだまだいけると思うんですよね。


2013.10.13 Sun 19:05 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
DEEP PURPLEさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> どうも、DEEP PURPLEです。続きです。むしろこっちの方に気合が入ると思います。
>
> >銀河パトロール ジャコ
> ついに終わりましたね…好きな作品だけになんだか寂しくなります。話自体は展開が遅いのに、全体的な雰囲気が独特で、さらに掛け合いが絶妙でそれだけ楽しめる作品でした。やはり鳥山先生は他の漫画家と違う物を持っていると感じさせられました。

終わっちゃいましたね。
個人的にはドラゴンボール以降の短編の中では
これが一番お気に入りです。

緩い雰囲気とやりとり、
決めるところはきっちり決める話運びはさすがの一言ですね。


> とりあえず「ドラゴンボール」との繋がりが出てきてニヤリとさせられました。「伝説のキャラ」のうち悟空は予想通りでしたが、まさかブルマまで出て来るとは…。まあ、タイツがブルマの関係者だというのはある程度予想していましたが。ただ、彼女がブルマの姉だとは思わなかったです。
> そして今回のエピソードで色々と「ドラゴンボール」との関連性が明かされたわけですが、大きな矛盾もなくきれいに繋げていたと思います。鳥山先生は「辻褄合わせの達人」と言われていましたが、正にそう思えます。様々なところで指摘されている「悟空が戦闘服を着ている」「ブルマが既に大学を卒業している」といった矛盾点は、単なる矛盾ではなくむしろ鳥山先生が「今、ドラゴンボールを連載していたらこういう設定にすると思う」という事を言いたくて、あえてそうしたと僕は解釈していますし。こういう事がきちんと出来るという点でもやはり鳥山先生は漫画家の鑑だと思います。
> あと、ブルマの母が「ジャコ」を「ザコ」と間違えたの爆笑しました(笑)。

自分も出てくるとしても悟空だけかと思いましたが
まさかのブルマでしたね。
しかもブルマは直接ジャコ達と接触していましたし。

戦闘服やらなんやらの矛盾はまったく気づかなかったクチですがw、
ここで悟空が全裸で出てきても
漫画的インパクトを考えるとちょっと、というのもありますしね。
仰られるように
いわば公式リメイクみたいなもんですから、
鳥山先生がこうしたかった、というのもあるんでしょうね。

ブルマの母はそういえばこんなキャラでしたねw
ギャグセンスも鈍っておられないようでw


> それにしても本作のキャラ、「ドラゴンボール」では登場していないだけにあちらでの動向が気になります(特にタイツ)。いつか(読み切りでいいですから)本作と「ドラゴンボール」のキャラが絡む話を見てみたいです。そして、鳥山先生、「ジャンプLIVE」では「これが最後の連載になるかも知れない」と言ったそうですが、そんなこと言わずに出来ればまだまだ連載作品を発表していただきたいと思っています。いつになるかは分かりませんが、次回作を楽しみにしています。繰り返しますが出来れば「ジャコ」と「ドラゴンボール」のキャラが絡む話を見てみたいです。鳥山先生、お疲れ様でした!
タイツはブルマの家族なんですし出てきてしかるべきですよね。
ジャコとかパトロールはどうなってるんでしょうかね。
戦闘力的にはフリーザ一味のザコにすら勝てなさそうですが。

最後の連載、というのは
「自分が作画をする」
ということらしいので、
原作としてならまだ連載してくれる可能性はあるかもですよ。

2013.10.13 Sun 19:39 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/531-a8f16aa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。