日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2013年49号の感想と予想 | main | 少年ジャンプ作品イラストの女性&男性向け割合について
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2013年48号の感想と予想
信じられないほど忙しいので
縮小更新でいきますもうしわけなし。






◆暗殺教室

設定的に圧倒的に強いキャラが
そうでもないキャラに負ける、というのは
やはり描くのが難しいですねえ。
十本刀が弥彦に負けたときを思い出す。

今回も
「真っ向勝負で中学生に負けた暗殺者(笑)」
と、なりそうなところですが、
まあ相手がカルマくんだったというところで
個人的にはギリギリセーフかなと。






◆べるぜバブ

翻訳丸薬・・・
たしかに魔界に行ったときでてきたヨップル星人とは
会話出来てなかった気がする。

七大罪のうち、ルシファーは幼女でしたが、
シルエットにそれらしき人物はおりません。

あのルシファーが本物のルシファーの娘とかでないとしたら、
七大罪はそれぞれ別の姿に変えられているんですかね。

それでマモンはあんなことに・・・

でもアキのりはマモンの姿がひょっとこなことに驚いていたし
あのマモンの姿は関係ないのか。

あと早乙女先生が参加したという「大戦」? だったっけ? は
その七大罪の戦争のことを指すのですかね。

次回休載とは珍しい。
アメリカを描くには取材しないとですもんね。






◆SOUL CATCHER(S)

掲載順も上々、フェス後も普通に続きそうですし、
なんとか打切りの危機は回避できたっぽいですね。よかったよかった。

フェスでは勝つのも負けるのもあり得ると思っていたら
まさかの引き分け・・・
と思わせておいてからのおジジイの1票で事実上の勝利、という
アクロバットな決着のつけ方も良かったです。

あとメイン2人の勝負にばかり気を取られていて
すっかり天籟の存在を忘れてましたw
ハイキューで言うなら
伊調が大王様で天籟が白鳥沢みたいなもんでしたよね確か。






◆焼野原塵

前回、新キャラ登場を思わせるヒキで、
そいつはゴルゴンだったわけですが、
ぶっちゃけ読み終わって
誓いの門さんしか頭に残りませんでした。

誓いの門さんちょうかわいい。
お世辞です。






◆ワールドトリガー

【VOMIC】
来た! VOMIC来た!
これで勝つる!!


【ガンナー&シューター】
やっとこさガンナーとシューターの説明が。

ガンナー
・射程が長い
・命中精度が高い
・弾丸の性能調整ができない
・2種類の弾しか使えない

シューター
・弾丸の性能をカスタマイズ可
・3種類以上の弾を使い分けられる
・一度に撃つ弾の数も調整可能
・精度が悪い
・撃つまでに手間がかかる

どちらも一長一短といったところですが、
自由度の高いシューターのが面白い戦闘ができそうですね。

それにトリオン量の少ない修くんでも、
アステロイドを分割せずに一塊で撃ちこめば
相当な破壊力が期待できそうですし、火力のなさをカバーできそう。

思えば、バンダー戦で修くんのアステロイドが2x2x2だったのは、
あれが彼の限界だったからではなく、
分割しすぎると1発の威力が落ちるから
あれくらいの分割数にとどめておいただけかもしれないですね。


【金のオサム】
穏かな心を持ちながら激しい汗によって目覚めた伝説のエターナルメガネこと
金のオサムさんマジかっこいい回でした。

スロー散弾は、先週までの情報では予想できない戦法なので
「そういうこともできるのか」
というくらいでしたが、
シールドモード+スラスター
とか
レイガストで逆に相手を閉じ込めるとか、
トリガーのこれまでにない活用方法で風間隊長に一矢報いた修くんが、
まさに創意工夫で天才に食らいつく凡才、を体現していると思いました。

伊達にメガネかけてないな。

相手と自分の戦力を分析して、
目的達成のために最適な手段を考え出す。
シューターというポジションとしても、
また隊長という「司令塔」としても、修くんの適性が証明された形になりますね。


【レイガスト】
変形可能とは聞いていましたが、
ここまで自由自在に変形できるとは。
やりたい放題じゃないですか。

ちなみに2巻で、バンダーに止めをさそうとする修くんが
「スラスターの勢いを制御しきれずに回転しながら突っ込む」
シーンが描きおろしで追加されてるんですが、
あれは単にかっこいい修くんを描くためだけでなく、
今回のvs風間隊長戦を見据えて
「スラスターの効果をもっと視覚的に描いておいた方がいい」
という葦原先生の判断だったんじゃないかなーとか思ったりしたわけです。


【風間隊長】
でも修くんのアステロイドは命中してない気がする。

風間隊長もシールドは持ってるから、
アステロイドを防御するだけならわけないはずですし。

何より風間隊長には必殺の「足の裏からスコーピオン」がありますので、
修くんの攻撃をシールドで止めつつ
地面の下から修くんを貫いて「三雲ダウン!」じゃないでしょうか次週。






◆BLEACH

クソビッチバンビエッタさん更地とか
発想が弾バカ先輩と同レベルです。
たしかアルファベットは「E」でしたがこの能力は何でしょう。
もしや「Explosion」。そう、つまり爆塵(ry

ひっつんのところには誰ぞ助っ人が来たようですが、
ここは一心の登場に期待しておきたいです。

あとやっと出てきました完聖体。
みんなで一気に聖隷したら勝負ついてしまうんじゃないのかね。






来週は遊戯王の高橋先生が、もう本当に久しぶりの帰還ですね。
しかも59ページも。
次号以降もさらに大物読切は続くはずですのでこうご期待。

ではノシ





スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 23:31 | トラックバック:0コメント:14
コメント
暗殺教室>カルマ君・・・なんの躊躇もなくいきなり目潰しを
狙う場面・・・火神君の目を狙ってボールペンを突き立ててきた赤司君を彷彿とさせますね。
両人とも普通の人間の精神を持っていないのは間違いなさそうです。
べるぜバブ>今週号の掲載順が自分のような固定ファンに
よるアンケートの援護射撃によるものなのかそれとも純粋な
面白さによるものなのか・・・出来れば後者であってほしいです。
個人的にはアメリカ編は今までにはない試みで期待しています。 次回休載してまで取材にいくあたり、田村先生の
本気度を感じずにはいられませんし。
2013.10.29 Tue 01:05 | URL | 隆明
>信じられないほど忙しいので
>縮小更新でいきますもうしわけなし。
感想を読めるだけでも、たしかなまんぞくなのです。

◆暗殺教室
一番引っかかったのは、グリップの「プロ意識」です。
「烏間たちが、スモッグの麻酔ガス噴射器を奪い、使ってくる」
ことを想定すらしていなかった、というのはガッカリ・・・。
「プロ意識」低いとしか。
得意の体術が素人、それも中学生にさばかれたというのは、
漫画的な誇張とカルマ補正で納得できたんですけど。

◆SOUL CATCHER(S)
>すっかり天籟の存在を忘れてましたw
3年連続、全国大会金賞の絶対王者なんですよ!!
神峰と伊調のバトルが濃すぎたので、忘れても無理ないですよね。
ほんと、このバトルは濃かった・・・。

実は、私はソニ学の存在を忘れていました。
今回、キョクリス先輩が出てきてくれたおかげで、
そういや、ソニ学も参加してたよなー・・・と。

◆焼野原塵
>ぶっちゃけ読み終わって
>誓いの門さんしか頭に残りませんでした。
誓いの門は、元の姿とのギャップが大きかったからですね。
まさか、幼女に変身してくるとは・・・。

一方のゴルゴンは、塵のライバルにしては常識人ですね、
というくらいしか特長が・・・。
この程度じゃ、塵の存在感には到底及びません。

◆ワールドトリガー
>【VOMIC】
トリガーオン! が聞ける喜び。
レプリカ先生が男声か女声なのか、という点も
非常に気になります。

>【ガンナー&シューター】
やっと解説がきましたねー! 待ってました。

それにしても、出水は凄かったんですね。
「撃つまでに手間がかかる」はずなのに、
ほぼノータイムで射撃してましたから。
(まぁ、命中率はイマイチでしたが・・・w)

ところで、「銃型トリガー」という言葉が出てきました。
すると、この間の頂上決戦で、
嵐山の装備していたトリガー一覧表に、1つだけ空欄があり、
「銃型トリガー」の名前がなかったのは、ミスだったんでしょうか。
コミックで加筆修正されるかも?

>【金のオサム】
今回の修は、えらいカッコよかったですよね!
まさか、風間を追い込むとは予想できませんでした。

>【レイガスト】
「スコーピオン」並みに、
ブレード部分を自由に変化させられるみたいですね。

そう言えば、
「盾モード」の「レイガスト」は、
風間の「スコーピオン」による一撃を弾いていましたね。
現状、修と風間のトリオン能力の差は不明ですが、
さすがは「守備的なトリガー」というところでしょうか。

>【風間隊長】
>でも修くんのアステロイドは命中してない気がする。
最精鋭の1人ですから、これをそのまま食らってしまうと
ちょっとガッカリしますよね。

◆BLEACH
弾バカ属性に加え、ドルキ属性とか、
バンビエッタさんのやられ度が大変なことに!
2013.10.30 Wed 20:06 | URL | 秋あかね
どうもこんばんは。DEEP PURPLEです。先週、コメントしようと思ったのですが、思うように時間が取れず出来ませんでした。残念です。なので今回のコメントは先週の内容も含めた物になっていると思います。
それにしても、多忙だというのにわざわざ更新していただけるとは…。あまり無理せず頑張ってください。

>暗殺教室
僕は弥彦の場合は「彼もここまでやれるんだなあ。やはり剣心たちの戦いぶりを見て成長していった証拠か。」と素直に感したの物ですが…。
まあ、それはそれとして、今回の場合は「相手が少年だという事で気づかないうちに甘く見ていた」という見方も出来ると思います。
それにしても、「『ぬ』を付ければ日本人っぽい」というのは日本人を茶化しているようにも思えます(笑)。

>食戟のソーマ
>>潮見潤
最初見た時彼女だけ暁月あきら先生っぽいなと思いました。そして名前からして男性かと思っていたので、女性だったのはいい意味で予想外でした。そして、ソーマの父を嫌っていた理由が実験台にされていたのは予想通りでした。やはり血は争えませんね。そしてその後のソーマの「親父のやつ…後輩相手にひでぇことしてたんだなー」という台詞の後の田所さんの「ソーマくんだって同じことしているでしょ…。」と言いたげな表情が笑えました(笑)。
あと、彼女は個人的に望んでた「科学の力を用いて料理するキャラ」と感じなようでこれもまた嬉しい予想外でした。
しかしカレー料理というと「華麗なる食卓」(作:ふなつ一輝、週刊ヤングジャンプ連載)を彷彿とさせます。あれは個人的に好きな作品でした。料理漫画としても面白かったですがお色気も出て来るのがまた良かったです。
そして、今回は何よりも待望のエロリアクションが出て来た(しかも2つも)のでこれまた嬉しかったです。ただ、服の透過は個人的には中途半端に感じました。個人的にはやはり全部脱がして欲しかったです(笑)。まあ、「まだ本気を出していない」という事を表しているようにも解釈できると思いますけど。そしてソーマの挑発的な態度も出てきてやはり安心しました。唐揚げの時にも言いましたがやはりこれらの要素が無いと本作という感じがしません(笑)。
あと、葉山は最終的にライバルというよりは「良き友人」という感じになりそうな気がします(何となくそう思っただけですけど)。

>磯部磯兵衛物語
最初、連載すると聞いたときは「さすがにそれだと厳しいかも」と思ったのですが、こうして読んでみると意外とイケるのではないかと思えてきます。このまま脱力系ギャグ漫画として頑張って欲しいです。

>恋のキューピッド 焼野原塵
ライバル登場、そして誓いの門少女化という事から見て「人気ないんだな」と思いました。どう考えてもテコ入れです(笑)。特に最近のジャンプのギャグ漫画において「早くからこういうキャラを投入する作品は人気が無い」というジンクスがあるために余計にそう思います(笑)。誓いの門人間体自体はなかなか良いと思いますけど。この先が不安です。このコロコロっぽい絵柄も敬遠される要因の一つとなりそうですし。その一方でゴルゴンは久保帯人先生っぽいような気がします。
あと、どうでも良いですがこの漫画コピー多いですね…(笑)。
2013.10.31 Thu 00:07 | URL | DEEP PURPLE
追記…というか余談
追記です。先週の記事から見るにもしかしてpsychobindさんはドラマはあまり見ない方なんですか? 僕は結構見る方だと思います。推理物とかが多いかな? そしてあなたが見ているリーガル・ハイ、僕も見ています。第1シリーズの時から。
ところで今回の「黒子のバスケ」の「倍返しだ!!」というアオリを見て、ジャンプにも「半沢直樹」ブームが浸透しているのだろうかと思ってしまいました(笑)。
2013.10.31 Thu 22:55 | URL | DEEP PURPLE
更新、お疲れ様です!

>SOUL CATCHER(S)
よく考えたら情報量半端ないのに、詰め込んでる感じがしない…
LIGHT WINGの後半から垣間見えていましたが
神海っちゃん構成上手いなあ……

フェスが終わったらパートリーダー攻略に戻るのでしょうが
それだけだとダレると思うので、
伊調か刻阪のメイン回を途中で入れて来るのかなと予想

伊調の元の心が可愛らしいだけにこの変化は怖い
殺せんせーが怒って真っ黒になったような、そんな怖さを感じます

余談ですが今週のタイトル『The takedown』
屈辱、地位を奪われる という意味らしいです

>ワールドトリガー
こっちはバトルが上手くなった気が
スラスターonのときの迫力、「おっ」となりました

修の戦闘スタイルいいなー!個人的にはとても好きです!
元がハイスペックなのも良いのですがやっぱり応援したくなる
これで行けば個人戦でもいい線行けそうですし、
チームの司令塔として活躍する戦い方も充分見えてきましたね
2013.11.02 Sat 00:11 | URL | レイン
追伸
>SOULCATCHER(S)のジャンBANG!

いつも以上に気合いが入っているのがとても伝わってきました
スタッフさん達頑張り過ぎw
これは期待されているということでいいんですかねジャンプ編集部の皆様!?

作品とはほとんど関係のないことをやることが多い番組ですが
今回は設定・ストーリーを解説するだけでなく
楽器を体験したり、作中で出てきた音楽を実際に演奏したり
信者としては感無量でした

たしかなまんぞく。(*´ω`*)
2013.11.03 Sun 02:08 | URL | レイン
◆BLEACH
>バンビエッタさん
そう言えば、「星」十字騎士団の一員で、
アルファベットが「上から五番目のE」なんですよねw
敵組織の幹部。上から五番目。同僚からバカにされている。
これは明らかにっ・・・!
2013.11.08 Fri 17:47 | URL | 秋あかね
Re: タイトルなし
隆明さん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 暗殺教室>カルマ君・・・なんの躊躇もなくいきなり目潰しを
> 狙う場面・・・火神君の目を狙ってボールペンを突き立ててきた赤司君を彷彿とさせますね。
> 両人とも普通の人間の精神を持っていないのは間違いなさそうです。

ちなみに赤司がやったのはボールペンでなくハサミですね。
なのでなお危険w


> べるぜバブ>今週号の掲載順が自分のような固定ファンに
> よるアンケートの援護射撃によるものなのかそれとも純粋な
> 面白さによるものなのか・・・出来れば後者であってほしいです。
> 個人的にはアメリカ編は今までにはない試みで期待しています。 次回休載してまで取材にいくあたり、田村先生の
> 本気度を感じずにはいられませんし。

昔は上位の少し下で安定していたことを考えると、
今はすこし人気にブレが出てきた感は否めないですね。
アメリカ編は作品的にもジャンプ的にも久しく見ていない展開なので
よい起爆剤になることを期待してます。

2013.11.08 Fri 19:38 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
秋あかねさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> >信じられないほど忙しいので
> >縮小更新でいきますもうしわけなし。
> 感想を読めるだけでも、たしかなまんぞくなのです。

ありがとうごますm(_ _)m


> ◆暗殺教室
> 一番引っかかったのは、グリップの「プロ意識」です。
> 「烏間たちが、スモッグの麻酔ガス噴射器を奪い、使ってくる」
> ことを想定すらしていなかった、というのはガッカリ・・・。
> 「プロ意識」低いとしか。
> 得意の体術が素人、それも中学生にさばかれたというのは、
> 漫画的な誇張とカルマ補正で納得できたんですけど。

スモッグが倒されたことを認識していながらの、コレでしたもんね。
中学生がそこまで頭が回るわけがない、と
油断していたのでしょうか。


> ◆SOUL CATCHER(S)
> >すっかり天籟の存在を忘れてましたw
> 3年連続、全国大会金賞の絶対王者なんですよ!!
> 神峰と伊調のバトルが濃すぎたので、忘れても無理ないですよね。
> ほんと、このバトルは濃かった・・・。

完全に伊調との最終決戦の舞台、という認識にすり替わってましたw


> 実は、私はソニ学の存在を忘れていました。
> 今回、キョクリス先輩が出てきてくれたおかげで、
> そういや、ソニ学も参加してたよなー・・・と。

ソニ学もあんまり目立たなかったですね。
打ち上げ会場で存在感を挽回してくれるでしょうか。


> ◆焼野原塵
> >ぶっちゃけ読み終わって
> >誓いの門さんしか頭に残りませんでした。
> 誓いの門は、元の姿とのギャップが大きかったからですね。
> まさか、幼女に変身してくるとは・・・。
>
> 一方のゴルゴンは、塵のライバルにしては常識人ですね、
> というくらいしか特長が・・・。
> この程度じゃ、塵の存在感には到底及びません。

まさかの幼女追加は早めのテコ入れなんでしょうかねw

ゴルゴンさんは最新話でまさかのメインに抜擢されましたので
ここでレギュラーとして生き残れるかどうか決まりそうですね。
塵にわずかにでも太刀打ちできるだけの存在感を示せるかどうか。


> ◆ワールドトリガー
> >【VOMIC】
> トリガーオン! が聞ける喜び。
> レプリカ先生が男声か女声なのか、という点も
> 非常に気になります。

声についてはレプリカ先生が誰よりも気になりますねw
遊真の母親説もありますし女性ボイスかなあ。


> >【ガンナー&シューター】
> やっと解説がきましたねー! 待ってました。
>
> それにしても、出水は凄かったんですね。
> 「撃つまでに手間がかかる」はずなのに、
> ほぼノータイムで射撃してましたから。
> (まぁ、命中率はイマイチでしたが・・・w)

伊達に弾バカと呼ばれていませんねw
しかも、「手間がかかる」部分を利用して
佐鳥をおびき出すなんて頭脳プレーも。


> ところで、「銃型トリガー」という言葉が出てきました。
> すると、この間の頂上決戦で、
> 嵐山の装備していたトリガー一覧表に、1つだけ空欄があり、
> 「銃型トリガー」の名前がなかったのは、ミスだったんでしょうか。
> コミックで加筆修正されるかも?

個人的にはあの空欄は、
「銃型トリガーがあるから」こその空欄だと思ってます。

銃型トリガーは実体化している(=出し入れ不可)ので、
あの「メニュー画面」で選択する必要がないと思うんですよ。
使う時は自らの手で引き金を引く感じで。

同じ理由で弧月を装備していたとしても
あのメニュー画面には表示されないんじゃないかなあと。


> >【金のオサム】
> 今回の修は、えらいカッコよかったですよね!
> まさか、風間を追い込むとは予想できませんでした。

そう、もはや今までのメガネとは違うのです!


> >【レイガスト】
> 「スコーピオン」並みに、
> ブレード部分を自由に変化させられるみたいですね。
>
> そう言えば、
> 「盾モード」の「レイガスト」は、
> 風間の「スコーピオン」による一撃を弾いていましたね。
> 現状、修と風間のトリオン能力の差は不明ですが、
> さすがは「守備的なトリガー」というところでしょうか。

想像以上に自由自在な変形でした。
相手を閉じ込めたりできるんですねー。

レイガストの強度も使用者のトリオンによって変わることは
モールモッド戦で明らかになっていますが、
修くんと風間先輩の差を覆せるほどにシールドモードは強力なんですね。

そう考えるとなぜ修くんはシールドモードについて知らされていなかったしw


> >【風間隊長】
> >でも修くんのアステロイドは命中してない気がする。
> 最精鋭の1人ですから、これをそのまま食らってしまうと
> ちょっとガッカリしますよね。

そのまま直撃、ではありませんでしたね。
風間さんも隊長の意地を見せてくれました。


> ◆BLEACH
> 弾バカ属性に加え、ドルキ属性とか、
> バンビエッタさんのやられ度が大変なことに!

読者にとってはすごくいじりがいのあるキャラになりそうですが、
作中の扱いがアレなことになりそうですねw


2013.11.08 Fri 20:05 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
DEEP PURPLEさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> どうもこんばんは。DEEP PURPLEです。先週、コメントしようと思ったのですが、思うように時間が取れず出来ませんでした。残念です。なので今回のコメントは先週の内容も含めた物になっていると思います。
> それにしても、多忙だというのにわざわざ更新していただけるとは…。あまり無理せず頑張ってください。

ありがとうございますm(_ _)m
出来る範囲でがんばります。


> >暗殺教室
> 僕は弥彦の場合は「彼もここまでやれるんだなあ。やはり剣心たちの戦いぶりを見て成長していった証拠か。」と素直に感したの物ですが…。
> まあ、それはそれとして、今回の場合は「相手が少年だという事で気づかないうちに甘く見ていた」という見方も出来ると思います。
> それにしても、「『ぬ』を付ければ日本人っぽい」というのは日本人を茶化しているようにも思えます(笑)。

漫画に出てくる中国人の語尾が「アル」になるみたいなもんですねw


> >食戟のソーマ
> >>潮見潤
> 最初見た時彼女だけ暁月あきら先生っぽいなと思いました。そして名前からして男性かと思っていたので、女性だったのはいい意味で予想外でした。そして、ソーマの父を嫌っていた理由が実験台にされていたのは予想通りでした。やはり血は争えませんね。そしてその後のソーマの「親父のやつ…後輩相手にひでぇことしてたんだなー」という台詞の後の田所さんの「ソーマくんだって同じことしているでしょ…。」と言いたげな表情が笑えました(笑)。

なんとなく善吉の母を思い出しますねw

田所ちゃんもソーマの実験台にされていたので
汐見先生とは意気投合できそうですw


> あと、彼女は個人的に望んでた「科学の力を用いて料理するキャラ」と感じなようでこれもまた嬉しい予想外でした。
> しかしカレー料理というと「華麗なる食卓」(作:ふなつ一輝、週刊ヤングジャンプ連載)を彷彿とさせます。あれは個人的に好きな作品でした。料理漫画としても面白かったですがお色気も出て来るのがまた良かったです。
> そして、今回は何よりも待望のエロリアクションが出て来た(しかも2つも)のでこれまた嬉しかったです。ただ、服の透過は個人的には中途半端に感じました。個人的にはやはり全部脱がして欲しかったです(笑)。まあ、「まだ本気を出していない」という事を表しているようにも解釈できると思いますけど。そしてソーマの挑発的な態度も出てきてやはり安心しました。唐揚げの時にも言いましたがやはりこれらの要素が無いと本作という感じがしません(笑)。
> あと、葉山は最終的にライバルというよりは「良き友人」という感じになりそうな気がします(何となくそう思っただけですけど)。

エロリアクションは久々でしたね。
もず屋の店長以来でしたか。
一応、あれは親父の実験台ということでしたし、
本気の料理ではなかったので全脱がしにはならなかったということでしょうw

葉山はルックスもイケメンですし
タクミとならんで準レギュラー化しそうですね。


> >磯部磯兵衛物語
> 最初、連載すると聞いたときは「さすがにそれだと厳しいかも」と思ったのですが、こうして読んでみると意外とイケるのではないかと思えてきます。このまま脱力系ギャグ漫画として頑張って欲しいです。

自分もネタ切れを心配していましたが
連載してみるとかなりいけそうな気がしてきました。
特にハシラでのお遊びが面白いですねw


> >恋のキューピッド 焼野原塵
> ライバル登場、そして誓いの門少女化という事から見て「人気ないんだな」と思いました。どう考えてもテコ入れです(笑)。特に最近のジャンプのギャグ漫画において「早くからこういうキャラを投入する作品は人気が無い」というジンクスがあるために余計にそう思います(笑)。誓いの門人間体自体はなかなか良いと思いますけど。この先が不安です。このコロコロっぽい絵柄も敬遠される要因の一つとなりそうですし。その一方でゴルゴンは久保帯人先生っぽいような気がします。
> あと、どうでも良いですがこの漫画コピー多いですね…(笑)。

コピーと、あと顔のどアップが多いですね。
まだまだ画力に難があるので
できるだけ背景作画が減らせるようにしているのだと思われます。

幼女追加はともかくw、
ゴルゴンさんの投入はタイミング的には最初から決めていたのかもしれません。
塵が強烈すぎるキャラなので、
早めに違う系統のキャラを出しておかないと
それこそ序盤でネタ切れ・飽きられてしまいますから。
2013.11.08 Fri 20:44 | URL | psychobind
Re: 追記…というか余談
DEEP PURPLEさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 追記です。先週の記事から見るにもしかしてpsychobindさんはドラマはあまり見ない方なんですか? 僕は結構見る方だと思います。推理物とかが多いかな? そしてあなたが見ているリーガル・ハイ、僕も見ています。第1シリーズの時から。
> ところで今回の「黒子のバスケ」の「倍返しだ!!」というアオリを見て、ジャンプにも「半沢直樹」ブームが浸透しているのだろうかと思ってしまいました(笑)。

仰る通り、あんまりドラマは見ないですね。
でも自分も推理モノは見ますね。ガリレオとか。
リーガルハイは見終わったら1シーズンも見てみようかなと思ってます。

黒子のアオリは流れにのったネタですねw
そのうちじぇじぇじぇも出てくるでしょう。
2013.11.09 Sat 11:02 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
レインさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 更新、お疲れ様です!
>
> >SOUL CATCHER(S)
> よく考えたら情報量半端ないのに、詰め込んでる感じがしない…
> LIGHT WINGの後半から垣間見えていましたが
> 神海っちゃん構成上手いなあ……

省くところは省いて、
必要なところに集中して描きこんでいますね。
独特な作風に隠れがちですが構成も光るものがありますよね。


> フェスが終わったらパートリーダー攻略に戻るのでしょうが
> それだけだとダレると思うので、
> 伊調か刻阪のメイン回を途中で入れて来るのかなと予想
>
> 伊調の元の心が可愛らしいだけにこの変化は怖い
> 殺せんせーが怒って真っ黒になったような、そんな怖さを感じます

残るパートリーダー達の攻略が次の目的になりそうですが、
カスミンの途中で伊調との遭遇があったみたいに、
これまでのようにただ攻略するだけ、とはならなさそうですね。

伊調はさわやかライバルだと思ってましたが、
あの心の変化からすると闇落ちしそうな雰囲気で怖いですね。


> 余談ですが今週のタイトル『The takedown』
> 屈辱、地位を奪われる という意味らしいです

まさに伊調の変化を表しているのでしょうか。


> >ワールドトリガー
> こっちはバトルが上手くなった気が
> スラスターonのときの迫力、「おっ」となりました
>
> 修の戦闘スタイルいいなー!個人的にはとても好きです!
> 元がハイスペックなのも良いのですがやっぱり応援したくなる
> これで行けば個人戦でもいい線行けそうですし、
> チームの司令塔として活躍する戦い方も充分見えてきましたね

天才が特殊な能力を駆使して闘うのではなく、
凡人が自分にあるものを組み合わせて戦う、というのは
読んでる側も燃えるものがありますね。

遊真が天才型なだけに
相棒の修くんのこのスタイルは対照的でよろしいですな。
仰る通り司令塔としても向いていそうです。

2013.11.09 Sat 11:37 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
レインさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 追伸
> >SOULCATCHER(S)のジャンBANG!
>
> いつも以上に気合いが入っているのがとても伝わってきました
> スタッフさん達頑張り過ぎw
> これは期待されているということでいいんですかねジャンプ編集部の皆様!?
>
> 作品とはほとんど関係のないことをやることが多い番組ですが
> 今回は設定・ストーリーを解説するだけでなく
> 楽器を体験したり、作中で出てきた音楽を実際に演奏したり
> 信者としては感無量でした
>
> たしかなまんぞく。(*´ω`*)

!!

そうでした。ジャンBANG!があったんでしたorz
見逃したorz

うむむ、
しかしなかなか良い内容だったみたいですね。
VOMICもあるそうですし
定期的に番組での作品プッシュを続けて行ってもらいたいですな。
2013.11.09 Sat 11:41 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
秋あかねさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ◆BLEACH
> >バンビエッタさん
> そう言えば、「星」十字騎士団の一員で、
> アルファベットが「上から五番目のE」なんですよねw
> 敵組織の幹部。上から五番目。同僚からバカにされている。
> これは明らかにっ・・・!

「アタシは・・・第五十字騎士・・・バンビエッタ・・・だぞ・・・」
「じゃーな、オバサン。
アンタ、熱くなると物事を深く考えないタイプだろ?」
ですねw
2013.11.09 Sat 15:50 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/539-662eddf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。