日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2014年1号の感想と予想その2 | main | 週刊少年ジャンプ2013年52号の感想と予想その2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2014年1号の感想と予想その1
ちょっと気が早い新年号。


今期の新連載は1作だけなんですね。
巻末の目次を見ても、
スペース的にフルに詰め込んでも19作しか入らなさそうですし、
この1年は19作品態勢で行くんですかね。





◆背表紙

今号から新年号ということで、
前回までの一言背表紙とはうってかわって
10周年の銀魂が背表紙を飾るようですね。

ということは、最低でもあと1年は銀魂の完結はないということで、
新連載たちの椅子取りゲームは
まだまだ厳しい状況のままということですな。






◆ジャンプLIVE

好評につき? ジャンプLIVE2号が12月20より配信されるとのこと。
参加陣の名前を見ると
クロスマネジのKAITO先生や伊達先パイの近藤先生の名前もありますね。

イメージキャラクターは篠原先生の「LIVEマン」。
友よどうして(ry






◆アイアンナイト

【新連載】
焼野原塵の長谷川先生からお祝いコメント。
金未来杯の同期なんですよね。
ひめドルもそうだから
あと一週もってれば同期が3人揃ったことになったんですが。

去年の金未来杯はこれで4作中3作が連載化したんですね。
(アイアンナイトはリメイクされてますが)
残る1つのINPWEAR CODEの連載はマダー?


【屋宜先生】
いろいろありますが、
絵が特に上達された気がします。
ゴブリンナイトの時はヒロインが少年っぽく見えてましたけど、
今はちゃんと女の子が女の子ってわかりますし、
キャラのバリエーションもなかなか。

ただ、バトルシーンで
効果線が多すぎて見づらいのも変わらないですね。


【内容】
HACHIといろんなところが被ってますね。

人がモンスターに変わって、
人間の世界を蹂躙して征服して、
主人公も敵方と同じ力に目覚めて、それに反逆するという。

ただ、雰囲気は圧倒的にこっちのがブラックで絶望的ですね。
第一話にしてここまでダークで救いのない世界観はなかなか見ないので
とかく次の話が気になります。


【ゴブリン】
どういう理屈かわからんけども、
彼らの変身は「自分の衣服を破壊しない」んですね。

まあ、変身するたびに衣服を調達してたら描くのめんどいですし、
敗北したらその場に全裸で転がるゼブラさんもとい斬鬼さんみたいなことになるから
見た目的にもアレですし。

天狗のおっさんはアレ、完全に空飛ぶ変質者でしたが見た目。






◆暗殺教室

【アニメDVD】
12月27発売の7巻には、
通常版の他にアニメDVD同梱版があるらしく、
キャストが発表されていますね。

京都編を収録ということでレッドアイさんなんて懐かしい名前も。
しかも中身が狙い撃つ人だし。

殺せんせーはVOMICとは変わって関智一さん、
武装錬金のムーンフェイス役らしいからある意味はまり役なのかw


【鷹岡】
先週のBLEACHの大爺様も大概でしたが、
こいつはそれを軽々と飛び越えてきました。
さすが松井せんせーは狂人と外道を描かせたら右に出るものはいませんね。
ってなことを先週も書いた気がする。

とはいえ、
雇った殺し屋も部下もやられているこの状況、
解毒剤を爆破してしまえばもう
殺せんせーとの取引に使える材料がなくなってしまうので、
本当にすべての解毒剤を爆破したわけではないのでしょう。

いくら狂ってもその辺はきっちり予備を用意しているはず。
単に渚くんに本気を出させるための演出でしょう。

こう、完全に狂ってはおらず、
ちゃんと理性的な部分を残した狂人は普通のソレより
よっぽど恐ろしく、タチが悪いですね。


【渚くん】
「必殺技」で鷹岡を血祭りにあげるのは目に見えていますが、
この事件が渚くんに
本気で暗殺者の道を歩ませるきっかけになったりするんじゃなかろうか。

そのうち出てくるであろう死神さんの後を継いで
二代目死神とかなんとか。
もしくは実際に死神さんと関係があったり?

シロさんもロヴロさんもなぜか渚くんを気に留めていて、
渚くんがかわいいからというのでなければ
誰か有名人の関係者という線もなくはないような気がしなくもないんですよね。






◆ワールドトリガー

【ポスター&センターカラー】
新鮮力キャンペーンの一環として、
新刊発売記念特大ポスターがついております。

左半分と右半分で
・玉狛派&本部チーム
・日常&戦場
を体現しておるのでしょうか。

右半分は戦闘狂な人達ばかりで、
左半分は穏健派っぽくもありますね。
まあ、一番危険なのはアイビス構えたトリオン怪獣なんですが。

つか右半分アタッカー持ち多いな。


一方センターカラーは玉狛の非戦闘員。
楽しそうだなきみたちw

陽太郎と林藤さんの初共演がこんな形になるとは。
本編でも同じ部屋にいましたけど
特に親子関係を臭わせるやりとりは終ぞなかったですねえ。


【新鮮力キャンペーン】
謎だった企画が次々と公開されています。

中でもやはり注目なのは店頭PVですね。
実はこれ先週から公開されていましたが、
遊真や修くんに声がついているのはやはり一ファンとして嬉しいですね。

「トリガー起動(オン)」
が、ちょっと自分の思ってたアクセントと違った。

自分は
「トリガー↓ オン」
で、「トリガー」の尻が下がる感じで
ずっと脳内発音してたんですが、PVのは
「トリガー↑ オン」
で、
むしろ持ちあがってるんですよね。

あと最後の企画として、
ジャンプフェスタで
迅さんと裸エプロン先輩(二代目)がカードを配り歩くとか。

迅さんはバティ編集がコスプレしてぼんち揚げ食いながら歩けばいいと思うけど、
一色先輩の方はどうすんだw


【緑川】
迅さん祭り開催w

始めは嫌なキャラっぽい扱いだったのが、
いつのまにやら
遊真と熱いライバル関係の素直で生意気な
プライドの高い迅さん大好き猫口少年という
とんでもない大量のキャラをつけていきました。

猫口キャラは葦原作品にいるようであんまりいないですね。
後はスーパーうちゅうねこくらいですか。


【遊真】
最初の2敗は動きを見きるため、
というより
グリリバを調子に乗らせてペースを握るためでしたね。

すでに終わった戦いにこんだけのページと文字をつぎ込んで解説すると、
また「ペースが遅い」と言われてしまいそうですが、
きっとこの時の遊真の闘い方解説が
この後あるであろう修くんの見せ場で活かされてくると思うので、
みなさんもその時まで忘れないように「動物・・・動物・・・」
と唱えておきましょう。


【会議室】
たぬきさんもいたのね。

たぬきさんがツッコミ入れるまで、
陽太郎の存在にまったく疑問を持ちませんでしたw
そうだよね。
こういうことにならないようによねやんが子守してたんだもんね。

会議室ではなにやら不思議な機械で
太陽系のような不思議な映像が投影されています。

これが上層部のみなさんが暇つぶしにプラネタリウム鑑賞していたのでなければ、
恐らくは
「近界」
を示したものではないでしょうか。

「近界」とは1つの地続きの世界ではなく、
上記映像のようにいくつかの世界が
惑星のようにぐるぐると回るような構成になっておるのでは。

各世界がつまり1つの国かもしれないですし、
1つの世界に国がいくつもあるのかもしれないですし。

で、真ん中のひときわ大きな世界こそが
「こっちの世界」
で、
たまたま周回軌道で「こっちの世界」に近づいた世界が門を開いて
侵攻してきているとか。


【レプリカ先生】
先生、ついにボーダーデビュー。

トリガーじゃないかとか予想もされていましたが、
トリオン兵だったんですね。
奈良坂&古寺と戦おうともしてましたし、
単独での戦闘力も有するのでしょうな。

しかしトリオン兵だとわかったところで
まだまだ謎だらけの炊飯器先生。
今のところ人語を解するトリオン兵は先生だけですし、
そもそもなんで「レプリカ」なのかも謎ですし。

遊真の母親の「レプリカ」である、という説が
実しやかに囁かれていますが真相やいかに。

近界側で
トリオン兵以外の戦力としては人型近界民を出すしかない、
と思っていましたが、
レプリカ先生のようなことが可能ならば、
「知能を持ったトリオン兵」
とか今後は出てくるかもしれんですね。


【城戸司令】
「隊務規定に従う限りは」
とちゃっかり付けている城戸司令抜け目なし。

今回は嘘をついていなくても、
後々邪魔になったときに
隊務規定違反扱いにして処分することも可能というわけですね。


【VOMIC】
いよいよ今週からジャンBANGでVOMIC開始です。
キャストも発表されておりますね。
ジャン魂G!の前のページで。

遊真と修くんはPVと同じお二人が担当。
気になっていたレプリカ先生の中の人は男性、でしたね。






ONE PIECEが無い分、若干軽めでしたが、
残りの作品はまとめてまた明日。

ではノシ

スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 21:57 | トラックバック:0コメント:14
コメント
黒子のバスケ>先週からの流れでやるんじゃないかな・・・とは予想していたのですが、海南戦の宮益君のエピソードの
見せ方を変えているだけですよね。
藤巻先生がスラムダンクの存在すらも知らなくて、偶然・・・という可能性も否めませんが、あんまり度が過ぎると、今度は
法廷で井上先生と一戦交えることになりかねませんよ。
鷹岡さん>暗殺教室または鷹岡さんに限らず、自分が思い描いたストーリーを達成するためには手段を選ばず、部下さえもそのための道具としか考えていないような人間の
結末は決まっているのかもしれませんね・・・
そう考えると、仲間思いの若様やアーロンには救済の道が残されているのかもしれません。
エニエスロビーバスターコール>鷹岡さんで思い出しましたが、エニエスロビーに派遣された五人の中将達の行動は常軌を逸していますね。
巻き添えにされた海兵達は、彼等も相手の命を奪おうとしているのだから自分が殺される立場になっても文句は言えないという理屈が通るかもしれませんが、海賊でもましてや犯罪者ですらないココロさんやチム二ーまで犠牲にしようとするのはどうかと思います。
全ての責任をCP9に被せたのも、おそらくはスパンダムと
彼等でしょう。
「海兵ごと撃ちやがった」というフランキーの発言に対して、
「これが正義だカフィ・フラム」というスパンダムの発言を聞いてニヤリとしていた海兵がいい証拠です。
2013.12.03 Tue 00:37 | URL | 隆明
◆アイアンナイト
>【屋宜先生】
絵はかなりうまくなってますね。
『ゴブリンナイト』のときよりも、全体的に見やすかったです。

しかし、おっしゃっているように、戦闘シーンが・・・。
鉄兵の変身した姿が、背景の闇とほぼ同化していたり、
烏葉の風を使った攻撃が、一見してそうは見えなかったり、
と相変わらず、何やってるか分かりにくい。

>【内容】
>HACHIといろんなところが被ってますね。
雰囲気で差別化しているとはいえ、競わせる気満々ですよね。

>【ゴブリン】
>彼らの変身は「自分の衣服を破壊しない」んですね。
大人の事情ですかね。
女性キャラの場合、さらに面倒なことになりますし。

天狗のおっさんは、もっさもさでしたな。
うん、あのもさもさ・・・目立ちすぎです。

◆暗殺教室
>【鷹岡】
『ニセコイ』では母寺が大暴れしてましたし、
「ジャンプ冬の外道祭り」なんですかねw

後先考えずに治療薬を爆破しやがった!
渚を精神的に痛めつけることしか考えていない!
完全に気が狂ってる! と思ったんですが、
そこまで、イカれてはいないんでしょうか。

◆ワールドトリガー
>【ポスター&センターカラー】
>本編でも同じ部屋にいましたけど
>特に親子関係を臭わせるやりとりは終ぞなかったですねえ。
林藤に向かって「とうちゃん」、と声をかけるかと思ったのに。

>【新鮮力キャンペーン】
>店頭PV
修の声はわりと爽やかで、
思ったより弱々しくないのが印象に残りました。
うむ、この声のメガネはカッコいいな。

>ジャンプフェスタで
>迅さんと裸エプロン先輩(二代目)がカードを配り歩く
セクハラコンビ・・・! ではなく、
それぞれの作中における、主人公の頼れる先輩コンビ
ということなんでしょうか。

>【緑川】
>迅さん祭り開催w
こんだけ慕ってたら、そりゃ修に嫉妬もしますわなw

緑川のネガティブな印象は、今回で一気に払拭されましたね。
本作でも珍しい、感情表現豊かなキャラで
属性も多いので人気出そう。

ところで、彼は迅がA級になったことを知りませんでした。
「風刃」の新しい所有者を決める争奪戦や、候補者の選定は
まだ行われていないんでしょうかね。

>【遊真】
>すでに終わった戦いにこんだけのページと文字をつぎ込んで解説
説明台詞ではなく、絵で見せて欲しかったですが、
それをやられると話のほうが停滞してしまうという・・・。
ジレンマである。

>【会議室】
>太陽系のような不思議な映像
鬼怒田が映像に目を向けながら、
「近界にいくつもの国があることはわかってる」
と言ってますし、「近界」を表しているんでしょうね。

>【レプリカ先生】
>「知能を持ったトリオン兵」
>とか今後は出てくるかもしれんですね。
トリオン兵の指揮を執ったり、トリガー使いを支援したりして、
ボーダーを苦しめそうです。

>【城戸司令】
いざとなったら、
遊真の不利になるように隊務規定を変更すればいい、
などと企んでいるかもしれませんな。

>【VOMIC】
>レプリカ先生の中の人は男性
人型(女性)にトランスフォームして、
遊真を守るという妄想が木っ端微塵にされました・・・。
2013.12.04 Wed 18:31 | URL | 秋あかね
隆明さんへ
他人のブログへのコメントに対してコメントするのは本来ならマナー違反なのですが、あなたの「黒子のバスケ」に対するコメントがどうしても我慢出来なかったので言わせて頂きます。

あなたは以前にも別件で同じような事を言いましたが、何でもパクリと決め付けるのはどうかと思います。僕も最初見た時、似てると思いましたが、自分はオマージュとしてやっていると感じました。また、そこまで行かなくともただ「モチーフにしているだけ」かも知れないと思います。ましてや世の中に膨大な作品の数があるわけですからどれにも似てない物を探す方が難しいと思います。
あなたが「黒子のバスケ」を嫌いなのは別に構いませんが、そのような一方的な決め付けで批判を行うのは作者にとっても僕のような一読者にとっても失礼だと思います。不愉快です。次からそのような発言は謹んでいただく事をお願いします。
2013.12.04 Wed 22:52 | URL | DEEP PURPLE
ゴブリンナイト
いろんなサイトでハチとネタが被ってると言われてますが
個人的にはよかったです。主人公の牛積鉄平の元ネタ
は悪名高い「ペルリスの牛」だと思われます。

YJ読者だったら元ネタもすぐわかったと思います
「嘘喰い」に出てましたし。

今後も拷問器具の元ネタのキャラがでてくるのかと
どきどきしております(汗)
2013.12.05 Thu 00:36 | URL | mitiki
Re: タイトルなし
隆明さん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 黒子のバスケ>先週からの流れでやるんじゃないかな・・・とは予想していたのですが、海南戦の宮益君のエピソードの
> 見せ方を変えているだけですよね。
> 藤巻先生がスラムダンクの存在すらも知らなくて、偶然・・・という可能性も否めませんが、あんまり度が過ぎると、今度は
> 法廷で井上先生と一戦交えることになりかねませんよ。

まあでも、スポーツものでは
超人の中にまぎれた一般人が必死の練習で食らいつく、
というのはままある展開ですよ。
同じバスケ漫画ということで
どうしても似通って見えてしまいますけどね。


> 鷹岡さん>暗殺教室または鷹岡さんに限らず、自分が思い描いたストーリーを達成するためには手段を選ばず、部下さえもそのための道具としか考えていないような人間の
> 結末は決まっているのかもしれませんね・・・
> そう考えると、仲間思いの若様やアーロンには救済の道が残されているのかもしれません。

少年漫画でそんなキャラの生き残る道はないでしょうね。
まず破滅の最期を辿るでしょう。


> エニエスロビーバスターコール>鷹岡さんで思い出しましたが、エニエスロビーに派遣された五人の中将達の行動は常軌を逸していますね。
> 巻き添えにされた海兵達は、彼等も相手の命を奪おうとしているのだから自分が殺される立場になっても文句は言えないという理屈が通るかもしれませんが、海賊でもましてや犯罪者ですらないココロさんやチム二ーまで犠牲にしようとするのはどうかと思います。
> 全ての責任をCP9に被せたのも、おそらくはスパンダムと
> 彼等でしょう。
> 「海兵ごと撃ちやがった」というフランキーの発言に対して、
> 「これが正義だカフィ・フラム」というスパンダムの発言を聞いてニヤリとしていた海兵がいい証拠です。

砲撃の件はともかく、
海兵たちは命令を受けてバスターコールを実行しただけですから、
CP9に罪を着せたのはスパンダムの独断(もしくはスパンダイン)だと思いますよ。
海兵たちは「命令だからやった」と言えばいいだけで
わざわざCP9を陥れる意味がありません。

2013.12.05 Thu 20:55 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
秋あかねさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ◆アイアンナイト
> >【屋宜先生】
> 絵はかなりうまくなってますね。
> 『ゴブリンナイト』のときよりも、全体的に見やすかったです。
>
> しかし、おっしゃっているように、戦闘シーンが・・・。
> 鉄兵の変身した姿が、背景の闇とほぼ同化していたり、
> 烏葉の風を使った攻撃が、一見してそうは見えなかったり、
> と相変わらず、何やってるか分かりにくい。

止め絵はかなり上達されてたんですがねー。
仰るように風もようわからんエフェクトでした。

効果線の量を減らせばまだなんとかわかりやすくなりそうですが。


> >【内容】
> >HACHIといろんなところが被ってますね。
> 雰囲気で差別化しているとはいえ、競わせる気満々ですよね。

お互いに切磋琢磨して高め合えればいいですが、
共倒れになるのが一番怖いパターンですね・・・


> >【ゴブリン】
> >彼らの変身は「自分の衣服を破壊しない」んですね。
> 大人の事情ですかね。
> 女性キャラの場合、さらに面倒なことになりますし。
>
> 天狗のおっさんは、もっさもさでしたな。
> うん、あのもさもさ・・・目立ちすぎです。

足とか影で隠すよりも、よっぽど卑猥な感じがしましたw


> ◆暗殺教室
> >【鷹岡】
> 『ニセコイ』では母寺が大暴れしてましたし、
> 「ジャンプ冬の外道祭り」なんですかねw

母寺さんも大概でしたなw
どっちがヤクザかわからん。


> 後先考えずに治療薬を爆破しやがった!
> 渚を精神的に痛めつけることしか考えていない!
> 完全に気が狂ってる! と思ったんですが、
> そこまで、イカれてはいないんでしょうか。

渚くんにだけ毒を盛ってなかったり、
その理由が「これから(俺と戦うため)」
だったりするようなので、かなり計画的なところがあるように思いました。


> ◆ワールドトリガー
> >【ポスター&センターカラー】
> >本編でも同じ部屋にいましたけど
> >特に親子関係を臭わせるやりとりは終ぞなかったですねえ。
> 林藤に向かって「とうちゃん」、と声をかけるかと思ったのに。

絶好のチャンスだったのに、絡みありませんでしたね。
3巻によると意外な事実が発覚したので
それ絡みで親子のやりとりがあるかもですね。


> >【新鮮力キャンペーン】
> >店頭PV
> 修の声はわりと爽やかで、
> 思ったより弱々しくないのが印象に残りました。
> うむ、この声のメガネはカッコいいな。

VOMICもこの声でいくようなので楽しみですね。
修くんの名セリフ
「そうするべきだと思っているからだ」
が声付きで。


> >ジャンプフェスタで
> >迅さんと裸エプロン先輩(二代目)がカードを配り歩く
> セクハラコンビ・・・! ではなく、
> それぞれの作中における、主人公の頼れる先輩コンビ
> ということなんでしょうか。

なるほどセクハラコンビw

仰られるように味方側の先輩キャラってところでしょうね。


> >【緑川】
> >迅さん祭り開催w
> こんだけ慕ってたら、そりゃ修に嫉妬もしますわなw
>
> 緑川のネガティブな印象は、今回で一気に払拭されましたね。
> 本作でも珍しい、感情表現豊かなキャラで
> 属性も多いので人気出そう。

予想以上の迅さんフリークでしたw
ここまで感情を表に出すキャラは
佐鳥ととりまるがいるときの木虎さんくらいなので
誌面を華やかにしてくれそうです。


> ところで、彼は迅がA級になったことを知りませんでした。
> 「風刃」の新しい所有者を決める争奪戦や、候補者の選定は
> まだ行われていないんでしょうかね。

迅さんがA級になったことが周知でないってことは、
風刃の新しい持ち主とかそういう話はまだ全然なんでしょうね。

まさか修くんがその争奪戦に加われるとは思いませんけど、
次の使い手はホント、誰になるんでしょう。


> >【遊真】
> >すでに終わった戦いにこんだけのページと文字をつぎ込んで解説
> 説明台詞ではなく、絵で見せて欲しかったですが、
> それをやられると話のほうが停滞してしまうという・・・。
> ジレンマである。

先週は「だから代わりに俺がやる」
みたいな決めゴマに尺を割いたので、
その分が今週にしわ寄せされたのかもですね。


> >【会議室】
> >太陽系のような不思議な映像
> 鬼怒田が映像に目を向けながら、
> 「近界にいくつもの国があることはわかってる」
> と言ってますし、「近界」を表しているんでしょうね。

ぽいですよね。
むこうの国は惑星みたいに空間をくるくる回ってるんでしょうか。


> >【レプリカ先生】
> >「知能を持ったトリオン兵」
> >とか今後は出てくるかもしれんですね。
> トリオン兵の指揮を執ったり、トリガー使いを支援したりして、
> ボーダーを苦しめそうです。

BLEACHもトリコもそうでしたけど、
やっぱ人格なき怪物より
知能のある敵がメインになっていくんですかねえ。


> >【城戸司令】
> いざとなったら、
> 遊真の不利になるように隊務規定を変更すればいい、
> などと企んでいるかもしれませんな。

嘘をついてるわけではないですから、
サイドエフェクトにもひっかからないですしね。
城戸司令の狡猾なやり方が見れるかも。


> >【VOMIC】
> >レプリカ先生の中の人は男性
> 人型(女性)にトランスフォームして、
> 遊真を守るという妄想が木っ端微塵にされました・・・。

仮にこの先アニメ化された場合、
VOMICから声優が変更になることもあるそうですから
まだまだ希望を捨ててはいけませんw


2013.12.05 Thu 21:31 | URL | psychobind
Re: 隆明さんへ

お二方へ。

コメントへのコメントは私は特に問題視していません。

ただ、熱くなってケンカになってしまわないようにだけ、
ご注意ください。
ご意見が違っても冷静なやり取りをお願いできればと思います。
2013.12.05 Thu 22:11 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
mitukiさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ゴブリンナイト
> いろんなサイトでハチとネタが被ってると言われてますが
> 個人的にはよかったです。主人公の牛積鉄平の元ネタ
> は悪名高い「ペルリスの牛」だと思われます。
>
> YJ読者だったら元ネタもすぐわかったと思います
> 「嘘喰い」に出てましたし。
>
> 今後も拷問器具の元ネタのキャラがでてくるのかと
> どきどきしております(汗)

ほほう。
あれやっぱり元ネタあったんですね。
オリジナルの怪物には思えなかったですし、
天狗なんかはモロだったので。

拷問器具というと、アイアンメイデンとかw


2013.12.05 Thu 22:25 | URL | psychobind
返信ありがとうございます。
まずは、黒子のバスケに対して、不適切な発言があったことを
お詫び致します。
藤巻先生に関しては、巻末コメントでの空知先生に対する「我慢できなかったので」発言が個人的には不快でしたので
あのような感情的な書き込みをしてしまいました。 今後は
自重致します。
>海兵たちは「命令だからやった」と言えばいいだけで
・・・うーん・・・でも第四号艦を砲撃命令に対して
「ご冗談を!?味方が千人も乗っております」と部下から
諌言されていますし、ためらいの橋でも佐官達を大勢犠牲にしていますから真相がわかれば「命令だからやった」では済まされないと思います。 
だからこそ、CPは海軍から追われる身となっているのだと
思います。
現に、看守長シリュウは大量殺人犯としてレベル6に幽閉されていますし。

2013.12.06 Fri 00:20 | URL | 隆明
Re: タイトルなし
隆明さん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 返信ありがとうございます。
> まずは、黒子のバスケに対して、不適切な発言があったことを
> お詫び致します。
> 藤巻先生に関しては、巻末コメントでの空知先生に対する「我慢できなかったので」発言が個人的には不快でしたので
> あのような感情的な書き込みをしてしまいました。 今後は
> 自重致します。

まあ、あまり引っ張るのも何ですので、
この話はこれで(´ー` )


> >海兵たちは「命令だからやった」と言えばいいだけで
> ・・・うーん・・・でも第四号艦を砲撃命令に対して
> 「ご冗談を!?味方が千人も乗っております」と部下から
> 諌言されていますし、ためらいの橋でも佐官達を大勢犠牲にしていますから真相がわかれば「命令だからやった」では済まされないと思います。 
> だからこそ、CPは海軍から追われる身となっているのだと
> 思います。
> 現に、看守長シリュウは大量殺人犯としてレベル6に幽閉されていますし。

ええ、ですから
「砲撃のことはともかく」と脇に置いての発言です。

そもそも砲撃の件でCP9に責任が発生するのはどう考えてもおかしいですしね。
砲撃できるのは海兵だけです。
その責任を問われるのも海兵だけのはず。
CP9になすりつけようと思ってもできないでしょう。

どっちかというと、
バスターコールまで使ってエニエスロビーを崩壊させてまでの作戦を行ったのに
結局はロビンに逃げられ、麦わらの一味もとりのがし、
と何の成果も挙げられなかった責任を問われたので、
最高責任者だったスパンダムがCP9に責任をなすりつけたんじゃないでしょうか。
「奴らが命令を無視した」
「勝手にバスターコールを発動した」
とかいって。

砲撃の件をどこのだれが責任を取ったとしても、
それとはまったくの別件で、
エニエスロビーの作戦が失敗したことの責任をスパンダムは取らされるはずです。
CP9が「なすりつけられた」のはそっちの責任だと考えた方が
スムーズに納得できる気がします。
2013.12.06 Fri 20:24 | URL | psychobind
返信ありがとうございます。
>CP9が「なすりつけられた」のはそっちの責任だと考えた方がスムーズに納得できる気がします。
自分が何が腑に落ちないのかというと、砲撃の件で責任を
問われるのは海兵だけなのなら、何故、彼等が今でも海軍に
在籍し続け中将をやっていられるのかという点です。
もしも、あれだけの海兵を巻き添えにしまくったにもかかわらず、お咎めなしとしたならば、もはや彼等だけの問題だけでなく、バスターコールの責任者である青キジや元帥であるセンゴクの管理不行き届きの問題にまで発展したとしてもおかしくないはずです。
以前ルッチは人質に取られた王国の兵士全員を皆殺した
という過去がありますし、あの混乱した現場では砲撃の事実は有耶無耶にした上で、「CP9が軍艦に被害を与えた上に、海兵達まで犠牲にしてまで麦わらの一味を仕留めようとした」と言えばいくらでも誤魔化しは効きます。
実際にあの現場には青キジはいませんでしたし。
勿論、これらの推測で持ってpsychobindさんの説が
「ありえない」と主張している訳ではありません。
ただ、バスターコールに派遣された中将達が今でも中将を
続けている事実を見ると、軍艦への被害や犠牲になった
海兵達の件もCP9のせいにされてしまった可能性もあるということです。
2013.12.07 Sat 00:21 | URL | 隆明
Re: タイトルなし
隆明さん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 返信ありがとうございます。
> >CP9が「なすりつけられた」のはそっちの責任だと考えた方がスムーズに納得できる気がします。
> 自分が何が腑に落ちないのかというと、砲撃の件で責任を
> 問われるのは海兵だけなのなら、何故、彼等が今でも海軍に
> 在籍し続け中将をやっていられるのかという点です。
> もしも、あれだけの海兵を巻き添えにしまくったにもかかわらず、お咎めなしとしたならば、もはや彼等だけの問題だけでなく、バスターコールの責任者である青キジや元帥であるセンゴクの管理不行き届きの問題にまで発展したとしてもおかしくないはずです。
> 以前ルッチは人質に取られた王国の兵士全員を皆殺した
> という過去がありますし、あの混乱した現場では砲撃の事実は有耶無耶にした上で、「CP9が軍艦に被害を与えた上に、海兵達まで犠牲にしてまで麦わらの一味を仕留めようとした」と言えばいくらでも誤魔化しは効きます。
> 実際にあの現場には青キジはいませんでしたし。
> 勿論、これらの推測で持ってpsychobindさんの説が
> 「ありえない」と主張している訳ではありません。
> ただ、バスターコールに派遣された中将達が今でも中将を
> 続けている事実を見ると、軍艦への被害や犠牲になった
> 海兵達の件もCP9のせいにされてしまった可能性もあるということです。

むしろ、隆明さんが挙げておられる
「ルッチは任務のために兵士を皆殺しにした」
が答えではないですか?

そんなことをしでかしたルッチがその後も普通に政府で任務を続けられていた以上、
「任務のため、作戦のために味方が犠牲になった」
ことで処罰は受けない、というのが、
いいか悪いかは別にして、
実際に起こりうることだというのはルッチの存在が証明しています。

また、中将たちも、
彼らは快楽殺人者でもなければ
スパンダムのような能力が足りない人間でもなく、
「それが正しいこと」
として味方の船に砲撃しています。

そもそもその事実が発覚した時に別人に罪をなすりつける
自分の保身しか考えないような奴は
最初からそんなこと(味方への砲撃)しないと思うんですが。


ルッチの前例がある以上、
味方を砲撃した中将が処罰されなかったとしても不自然ではなく、
その中将も
ミスではなく自分の意思で砲撃を行ったのですから
後になって責任を誰かになすりつけることはしない、
というのが自分の考えです。


2013.12.07 Sat 16:20 | URL | psychobind
返信ありがとうございます。
>「ルッチは任務のために兵士を皆殺しにした」
が答えではないですか?
・・・確かにルッチが兵士を皆殺しにした事実をドーベルマンだ
けが知っていて、政府上層部が知らないなんてことは在りえないですよね。
つまりはシリュウがレベル6に幽閉されたのも、「任務」のため
ではなく、己の快楽のために囚人を虐殺したからと・・・
モモンガが、ココロさんとチム二ーの乗船している軍艦を
砲撃したのも、麦わらの一味を取り逃がすということは
ポーネグリフを解読できる唯一の存在であるロビンを野に放つことに繋がり、ロビン奪還に協力をした以上は、もはや
罪の無い一般市民とは言えないと判断をしたからとも考えられます。
2013.12.07 Sat 22:15 | URL | 隆明
Re: タイトルなし
隆明さん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 返信ありがとうございます。
> >「ルッチは任務のために兵士を皆殺しにした」
> が答えではないですか?
> ・・・確かにルッチが兵士を皆殺しにした事実をドーベルマンだ
> けが知っていて、政府上層部が知らないなんてことは在りえないですよね。
> つまりはシリュウがレベル6に幽閉されたのも、「任務」のため
> ではなく、己の快楽のために囚人を虐殺したからと・・・
> モモンガが、ココロさんとチム二ーの乗船している軍艦を
> 砲撃したのも、麦わらの一味を取り逃がすということは
> ポーネグリフを解読できる唯一の存在であるロビンを野に放つことに繋がり、ロビン奪還に協力をした以上は、もはや
> 罪の無い一般市民とは言えないと判断をしたからとも考えられます。

シリュウは確かにその通りでしょうね。
やつの所業は仕事ではなくただの快楽でしたから。

ルッチの考えが政府や海軍で認められているのなら、
一般人の犠牲を顧みずに砲撃するということもありえるでしょう。

2013.12.12 Thu 22:04 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/551-02ca5e19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。