日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2014年3号の感想と予想その3 | main | 週刊少年ジャンプ2014年3号の感想と予想その1
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2014年3号の感想と予想その2
いつぶりですかね記事を3つに分けるのは。

時間がないので久方ぶりに三分割で行きます。
今回のはちょい短め。






◆食戟のソーマ

白貞子さんがわりかし普通だったというか、
浄化される直前のもぐもぐしてるときの顔のが
可愛かったと思う私的感想。

来週、番外編? 1話まるごと?
人気投票開催中なのに
あまりにもメインヒロイン?の出番がないから急遽ぶっこまれたのでしょうか。






◆暗殺教室

【ハシラ】
せんせーの紹介文、
とうとうマッハ20の文言すらなくなったw


【必殺技】
まさかの猫だまし。
セクシーコマンドーじゃなかったか。似たようなもんだけど。

重要なのは猫だましそのものよりも、
戦闘中に虚をつく行動をすることで相手に隙を作る、という部分ですね。
やっぱセクシーコマンドーやこれ。

ただの猫だましなら本命の暗殺相手である殺せんせーには効かなさそうですが、
「虚をつく」という部分を応用すればあるいは。


【三人組】
とっさにわさびを構えるカルマくんと
それにちゃんと気づいてアオリ文を配置する村越編集の
見事なコンビネーション。
人間味は薄いけど仕事はできる人物です村越編集(ただしコスプレを除く)。

ガストロさんが銃を咥えたままだったり、
あっさりと姿をさらしたりしてるところを見ると、
もう戦う気はないのかもしれないですね。
本当に殺る気なら、存在に気付かれていないうちに、
ガストロさんの射撃で何人か仕留めておくのがベストですし。

あのウイルスも、実はそもそも一過性のもので
時間が立てば普通に治るものだった、とか。






◆アイアンナイト

【画】
今週の動きのある画は
止め絵の演出も入ってたからでしょうけども、
効果線が少なくてすっきり見やすくなってました。

毎回これなら全然文句ないのですがなあ。


【兎】
侵入したもう一人ってのが兎さんっぽいですが、
いきなり姿をくらましたのは
鉄兵の人となり、そして
「普通の人間たち」にどう対応していくのかを観察するためでしょうか

兎さんも一匹狼ならぬ一匹兎なのか、
あるいは意識を保ったゴブリン達が
レジスタンスのようにチームを作っていて、
兎さんはそれのスカウトに来た、とか。
(そしたらまたHACHIと被りますが)


【ゴブリン化】
普通なら、敵ボスを倒したはいいが
助けた人達から迫害されてまた独りに逆戻り&闇落ちパターン
が予想されます。

が、
今回の場合、敵ボスを倒したら
外のゴブリン達に対しての抑止力がなくなってしまうわけで、
ほっといたら生き残った人達全員殺されてまいます。

つまりあの人たちは鉄兵のことをどう思おうが、
それとは関係なく鉄兵の戦闘力に頼らざるを得ない。

なので割と早く
「ゴブリンだけどお前なら信用できる」
パターンになるかもしれんかなあと。






◆三ツ首コンドル

トレジャー佳作「デコ・ボコ モンスター
でお馴染み?の石山先生。

当時からキャラ同士の掛け合いやセリフ回しを
評価する声が多かった(俺の声)ですが、
今回の読切でもその辺は如何なく発揮されていた気がします。

少なくとも現連載陣のどれとも被らない主人公
(外見的にもキャラ的にも)
を作ってきたり、
その気になればいくらでも数を出せる「レアモノ」設定とか、
連載狙ってる雰囲気が窺えます。

ストーリーも、よくある「悪党をぶっ飛ばして万事解決」
に一捻り加えていて、その点も良かったです。

惜しい所は、
主人公に目だった特殊能力がなく、
「基本能力がめちゃくちゃハイスペック」
というだけなので、
キャッチーさに欠けるかなあという。





ぶつ切りですが続きはまた。
ノシ


スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 00:46 | トラックバック:0コメント:6
コメント
トリコ>・・・例えば・・・例えばですよ・・・仮に青キジが革命軍に入った(共闘関係を結んだ)としても、赤犬の暴走を止めるという共通の目的が達成された暁には、再び敵同士に戻り、
ポーネグリフの後始末はつけますよね。
現状ではもう上記のような展開しか希望はないですよ・・・
タケちゃんの衝撃の告発の後では時既に遅しかもしれませんが・・・
それにしても・・・わからない・・・「何がわからないの?」と聞かれても、何がわからないのかもわからない・・・
2013.12.18 Wed 21:32 | URL | 隆明
◆食戟のソーマ
>白貞子さんがわりかし普通
でしたね。私も黒貞子のほうが好みです。
白貞子は美少女なんですが、個性が消えてしまったような。

◆暗殺教室
>【必殺技】
>まさかの猫だまし。
意表を突かれましたが、考えてみると納得です。
素人の中学生でも、短期間で習得できる技ですし。

ビビりまくった鷹岡に爆笑w
まぁ、渚に呑まれてしまっていたので、当然の結果なんですが。

◆アイアンナイト
>【兎】
冒頭の質問を見ても、明らかに鉄兵を観察するつもりですよね。

大和山基地の状況にもよりますが、
沼沢を倒したあと、避難民をどうするかという問題があります。
兎が人間に友好的なゴブリン集団の一員なら、
ゴブリンたちに保護してもらうことで解決しますね。

>【ゴブリン化】
>割と早く「ゴブリンだけどお前なら信用できる」
>パターンになるかもしれんかなあと。
なって欲しいです。
ただでさえ陰惨な傾向の強い作品なので、
少しでも救いのある展開が見たいです。
2013.12.18 Wed 21:48 | URL | 秋あかね
どうも、DEEP PURPLEです。

>食戟のソーマ
今週の拍子抜け漫画その1。
えりなの秘書、散々引っ張った割に普通の名前だなんて…。主要キャラと因縁のありそうな名前だと予想していたのに…。
さて、予想通り貞塚さんはかませ犬でしたね。まあ、確かに料理はこっちの方が美味しそうでしたけど。薬膳とカレーの組み合わせはなるほどなあと思いました。スパイスは薬として使われることもあるというのは知っていましたし。ただ、その割には何故かリアクションが薄かったですけど。むしろその方面では個人的には貞塚さんの勝ちだと思います。そして僕もpsychobindさんと同意見で、彼女は黒いままの方が魅力的だと感じました。白貞塚は一発ネタであることを祈ります(笑)。それにしても、緋沙子がここまでえりなに尽くす理由は何なのでしょう? 少しだけ気になります。彼女自体は今回のエピソードを見ても個人的にそれほど関心のあるキャラとはなり得なそうな感じですけど(笑)。
そして、ここで番外編を挟むのは個人的には残念でしたが、psychobindさんの意見を見て「そういう見方」もあるかと思いました。でも、僕はあまり関係ないような気がしますけどね。

>暗殺教室
「猫だまし」とは思ったより地味な方法だと思いましたが(意外ではありましたけど)、松井先生らしいハッタリが効いているなあと思いました(特にあの鷹岡のイメージの演出とか)。

>アイアンナイト
今週の拍子抜け漫画その2。
ウサギ、あの引きで今回は顔見せだけって…一体何のために出したんでしょうか? 屋宜先生、ちょっと構成力に問題あるんじゃないだろうかと思いました。残念です。生存者の様子とかいろいろ描いていきたいのは分かりますが自分としては正直、あのウサギ以外はどうでも良くなっている感じなのでに早く本格的に登場すること願っています(笑)。
2013.12.18 Wed 23:48 | URL | DEEP PURPLE
Re: タイトルなし
隆明さん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> トリコ>・・・例えば・・・例えばですよ・・・仮に青キジが革命軍に入った(共闘関係を結んだ)としても、赤犬の暴走を止めるという共通の目的が達成された暁には、再び敵同士に戻り、
> ポーネグリフの後始末はつけますよね。
> 現状ではもう上記のような展開しか希望はないですよ・・・
> タケちゃんの衝撃の告発の後では時既に遅しかもしれませんが・・・
> それにしても・・・わからない・・・「何がわからないの?」と聞かれても、何がわからないのかもわからない・・・

最新号の話になりますが、
ネオについた奴等はだいたい「操られて」「洗脳されて」
裏切ったようですから、特に問題ないと私は思います。

2013.12.21 Sat 20:48 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
秋あかねさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ◆食戟のソーマ
> >白貞子さんがわりかし普通
> でしたね。私も黒貞子のほうが好みです。
> 白貞子は美少女なんですが、個性が消えてしまったような。

ですよね。
貞子さんは良くも悪くもインパクトの塊だったので、
白くなるとそのインパクトが消えて
「普通の美人」になってしまった気がするんですよね。
まあすぐ元に戻りましたけどもw


> ◆暗殺教室
> >【必殺技】
> >まさかの猫だまし。
> 意表を突かれましたが、考えてみると納得です。
> 素人の中学生でも、短期間で習得できる技ですし。
>
> ビビりまくった鷹岡に爆笑w
> まぁ、渚に呑まれてしまっていたので、当然の結果なんですが。

渚くんの笑顔を夢に見るほどに恐怖していた時点で、
戦う前からある意味では負けていたんですよね鷹岡。
悪党にふさわしい結末でスッキリでした。


> ◆アイアンナイト
> >【兎】
> 冒頭の質問を見ても、明らかに鉄兵を観察するつもりですよね。
>
> 大和山基地の状況にもよりますが、
> 沼沢を倒したあと、避難民をどうするかという問題があります。
> 兎が人間に友好的なゴブリン集団の一員なら、
> ゴブリンたちに保護してもらうことで解決しますね。

明らかに試していますよね。
というか最新号では試していることが発覚しましたし。

ゴブリンだらけのこの地域に一人で来ている所からすると、
仲間はいないのか、あるいは一人で十分なほどに戦闘力が高いのか。


> >【ゴブリン化】
> >割と早く「ゴブリンだけどお前なら信用できる」
> >パターンになるかもしれんかなあと。
> なって欲しいです。
> ただでさえ陰惨な傾向の強い作品なので、
> 少しでも救いのある展開が見たいです。

ネガティブ路線まっしぐらなので
希望のある展開がここらであってもいいころですよね。


2013.12.21 Sat 20:54 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
DEEP PURPLEさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> どうも、DEEP PURPLEです。
>
> >食戟のソーマ
> 今週の拍子抜け漫画その1。
> えりなの秘書、散々引っ張った割に普通の名前だなんて…。主要キャラと因縁のありそうな名前だと予想していたのに…。

そういえばずっと名前なしキャラで行くのかと思いきや、そうでもなく、
特に誰かとの関連があるわけでもない普通の名前でしたね。
特に名前を伏せたことに意味はなかったのかw


> さて、予想通り貞塚さんはかませ犬でしたね。まあ、確かに料理はこっちの方が美味しそうでしたけど。薬膳とカレーの組み合わせはなるほどなあと思いました。スパイスは薬として使われることもあるというのは知っていましたし。ただ、その割には何故かリアクションが薄かったですけど。むしろその方面では個人的には貞塚さんの勝ちだと思います。そして僕もpsychobindさんと同意見で、彼女は黒いままの方が魅力的だと感じました。白貞塚は一発ネタであることを祈ります(笑)。それにしても、緋沙子がここまでえりなに尽くす理由は何なのでしょう? 少しだけ気になります。彼女自体は今回のエピソードを見ても個人的にそれほど関心のあるキャラとはなり得なそうな感じですけど(笑)。
点も高いですし審査員の反応も良かったですけど、
リアクションは薄かったですねw
貞子さんはあの黒いキャラ・外見がいいので
あれがなくなっちゃうとなんとも普通の人になってしまってましたよね。
次はまた緋沙子さんのストーカーとして黒貞子として登場してくれるでしょうw

緋沙子さん自身は仰られるように
そんなに重要なキャラには思えないんですよね。
強キャラの直属なので自動的に強キャラ設定されただけというか。


> そして、ここで番外編を挟むのは個人的には残念でしたが、psychobindさんの意見を見て「そういう見方」もあるかと思いました。でも、僕はあまり関係ないような気がしますけどね。
ここで番外編をはさんでも人気投票にはさして影響がないということもありえますw


> >暗殺教室
> 「猫だまし」とは思ったより地味な方法だと思いましたが(意外ではありましたけど)、松井先生らしいハッタリが効いているなあと思いました(特にあの鷹岡のイメージの演出とか)。

あれは猫だましというか
音響爆弾でも目の前で炸裂したようなリアクションでしたねw
松井せんせーお得意の過激リアクション。


> >アイアンナイト
> 今週の拍子抜け漫画その2。
> ウサギ、あの引きで今回は顔見せだけって…一体何のために出したんでしょうか? 屋宜先生、ちょっと構成力に問題あるんじゃないだろうかと思いました。残念です。生存者の様子とかいろいろ描いていきたいのは分かりますが自分としては正直、あのウサギ以外はどうでも良くなっている感じなのでに早く本格的に登場すること願っています(笑)。

連載会議には3話目まで提出することになっていますが、
3話目までで沼沢とバトルさせて新キャラ(兎)出すところまで描くのは
流石に不可能ですので、
連載会議に出席している編集者の面々に
「こういうキャラもいるんですよ」
という紹介用に出番だけ早めに作っておいた、という可能性もあるでしょう。

これがないと、この漫画の設定上、
3話目までに鉄兵しかメインキャラが登場しないことになってまいますし。

2013.12.21 Sat 21:06 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/557-87342a42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。