日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2014年10号の感想と予想その1 | main | 週刊少年ジャンプ2014年9号の感想と予想その1
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2014年9号の感想と予想その2
案の定、作品数が多すぎて雑な感想にw





◆黒子のバスケ

これはいよいよ
洛山ベンチに隕石を落とすしかなくなってきたようですね。

仮に黒子が覚醒して逆転できたとしても
まだ赤司くんには2つ目の能力があるんでしょう?
なんかフリーザ様の変身回数を聞いた時のような絶望感。






◆ニセコイ

突然出番が増えたと思ったら
カメラで撮影ばかりする謎のキャラ付けが始まった風ちゃん。

この子、怪しいなあやっぱり。
出てくるたびに楽が「風ちゃんだっけ?」
と聞いているのもなお怪しい。

4人目だとすると、
自分ではなくていも寺さんを楽にけしかけるのは
不自然に感じられるかもしれません。

が、そもそも絵本では、鍵を持っていた女の子たちは
「主役の2人が出会えるように手助けをする」
ポジションだったわけでして、
サポートに徹する風ちゃんはむしろ役割を真っ当に全うしているのかもしれぬ。






◆食戟のソーマ

【Aブロック】
丸井くんは、隠していた実力を発揮したはいいけど
特に下馬評を覆すような活躍には至らず。
むしろ3強の誰かを食うくらいの活躍を期待していたんだがなあ。

そして附田先生、とうとう審査員に取らせるリアクションがなくなったのか、
料理人の方がコスプレする流れになってますね。
さすがに残った2人はそんなことないと思いますが。

ソーマ達がワンツーフィニッシュはほぼ確定だとすると、
丸井くんと伊武崎くんが同点4位で並ぶことになりますね。
となると決選投票じゃまいか。

・・・まだ料理してない人他にいたっけ?


【Bブロック】
あ、あれ?
ジビエカレーは・・・?

「料理人の方がコスプレをする」流れから察するに、
吉野さんがカモの着ぐるみを着て羽ばたいてたりしてたんじゃろうか。

アルディーニ兄弟と、あと田所ちゃんが残ってて、
北条さんが現在2位。

つまりトップ3はアルディーニ兄弟と秘書さんで、
田所ちゃんが僅差で北条さんを倒して4位に滑り込みというところですかな。






◆E-Robot

本誌の懸賞漫画に始まり、
トレジャー佳作からNEXTの読切まで
とにかくエロい漫画しか描いてこなかった山本先生が
とうとう本誌読切デビューした結果がコレだよw

実のところ、NEXT版の方がもっと過激で
今回のはむしろ控えめになってるんですが、それでもヒドイw

ソーマのリアクションが控えめになりつつある今、
ジャンプは深刻なエロ欠乏症に陥りかけており、
わりと連載すればうまく枠を勝ち取れるのではなかろうか。






◆放課後オブ・ザ・デッド

渡邊先生、急遽代原のわりには整った絵で、
さすが連載作家の地力が窺えます。

ネタの方はまあ、時間がなかったということもあり、
本来ならもっと練り込めるていただろうなあとは思います。
次はちゃんとした読切か連載で帰ってきてください。






◆SOUL CATCHER(S)

【人気コンビ投票】
4回目の結果も出ました。
意外と言えば意外ですがコンビっちゃあコンビなのか。

結果が知りたい人はジャンプLIVEをダウンロードするのだぜ。


【闘う者達】
超能力スタンドバトル吹奏楽漫画の本領発揮w

能力バトル「みたい」と言われてはいましたけど、
今回は本当に戦ってますからねw
今までのパートリーダーお悩み解決路線も良かったけど、
神海っちゃんはやはりガチンコバトル描かせたら熱いですよ。

今んところ神峰くんのスタンドが合体できるのは
気心知ったる刻阪くんの「手」だけみたいですけど、
そのうち虹のモンスターとか虹の刀とか虹のワルキューレとかに
悪魔合体するんでしょうね。






◆アイアンナイト

【回想】
あんまりにも出番がないもんだから
とうとう回想シーン使って出てきたメインヒロインの頑張りに
涙を禁じ得ない。

これが本当に翼ちゃんに出番を与える為だけのものとは思えないので、
たぶん次の展開の布石になってるんじゃないかと。
つまり近々、翼ちゃん再登場するのでは。

ただねえ、「アイアンナイト」的に考えると
あんまりいい予感はしないんですよね・・・


【三つ目】
怪しすぎる無線といい、ゴブリン達全員に現れている第三の目といい、
操作系能力ゴブリンが罠を張っていると考えてよさげです。

ゴブリンは人間の時の特徴が色濃く出てくるっぽいので、
沢山のゴブリンを統率して操作できる能力は、
それこそ国防軍のお偉い人だったのがゴブリン化したからでしょうか。

最後に出てきた人は国防軍ですかね。
つか国防軍という組織が機能してる以上、
人間たちが生き残っている場所はどこかにあるみたいですね。
大和山基地はたぶんダメでしょうけど。






◆Gカップ&トレジャー新人漫画賞

【Gカップ】
黒田先生、伊原先生、観寺先生といった鬼才を輩出したGカップの結果発表がありました。
今回はGカップ2作。
どちらも今後のNEXTに掲載されるようです。

「沢田くん」はあらすじだけでめっちゃ面白そうw
早く読みたい。


おねだりヒーローHEIWA
そしてトレジャーは佳作2本。

ONE PIECEっぽい絵でヒーローものというのは
前回の佳作とやや被り。

ストレートな少年漫画の読切といった内容で、
画力を除けば全体としてはそんなに悪くない印象。

でも、キャラ特性にして特殊能力でもある、
一番のウリであったはずの「ほめられて伸びる」
が、
さほどでもなかったのは残念だったかな。
根性論の延長でしかなかったような。


カミクイ
どうでもいいことですが、
トレジャー結果発表ページのレーダーチャートが間違ってますねコレ。
HEIWAと全く同じ点数なので、編集が間違えたんでしょう。
構成を誉められているのに構成力2点てあーた。

閑話休題。

上でも書きましたが構成力が素晴らしいです。
前半にいろいろ布石伏線ばらまいて、
いくつかは予想もできることではあるんですが、
最後の最後にまとめて回収して綺麗に締めた流れはお見事。

魔法本のエフェクトがしつこくて
何やってるのかよくわからなかったり、
主人公のネガティブがちょっとしつこかったりとか
粗も探せばあるものの、なかなかに面白い作品でした。






◆BLEACH

【今週のサブタイトルをExcite先生に翻訳してもらおうのコーナー】
God Like You
    ↓
あなたのような神

わかるようなわからんような訳。
陛下=神と言いたいのでしょうが。


【ジェイムズ】
これはいったいどうしたことか。

1:ジェイムズは死んだがマスクドはまだ生きている
2:マスクドの本名こそがジェイムズであり、ちっちゃいジェイムズはマスクドが生み出した能力

後者のがキレイな展開かな。
「吾輩とお前(ジェイムズ)は一心同体」というマスクドのセリフにもかかってきますし。

陛下によって「勇気を与えられた臆病者」が
まさにジェイムズだったんですかねえ。


【文字】
ロイドさんたちの例を見るにつけ、
騎士団のみなさんは生まれた時からもう文字を刻まれてるんすかね。

「文字を刻まれた状態で生まれたからその文字っぽい性格になってしまった」
人がいっぱいいるような。

マスクドさんとかバズビーとか、
エス能登にキルゲさん、バンビエッタもそうか。


【陛下】
陛下と青ビョウタンが
事あるごとに部下や手駒を殺したがる理由がようやくわかりました。

そして滅却師が虚を滅するのも、
どっちかというと世界のバランスを崩すためではなくて、
陛下に魂を届ける為、というのが本来の目的だったんでは。

斬魄刀で斬られると魂は尸魂界に送られるけど、
滅却師が撃ち抜けばそんなことにはならず、
そのまま陛下が吸収できるとか。

あと、やっぱ宗弦さんが滅却師最終形態にこだわっていたのは、
自分の魂の中から滅却師の力=陛下の魂
を排除するための方法を模索してたからじゃないのかなあとか。






◆べるぜバブ

終わるな・・・
これは終わる。

次々号から4連続新連載ということなので、最低3作は終了しないといかんのですが、
HACHI、塵の他にはもうこれしかないよなあ。

まだまだアスランとか早乙女先生関係とか
ベル坊の別の兄貴とか久我山さん♀とか回収してない伏線はいっぱいあるけれど。

あと岩代の血族がこれで本誌から絶滅してしまうことに。
誰でもいいからカムバーック。





次号はトリコ復活の他、読切に門里先生が!!
来たね来たわさ期待の新人さん。

ワールドトリガーはセンターだけど、
一周年はまだ先にお預け、かな。


ではノシ
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 23:08 | トラックバック:0コメント:14
コメント
>Bブロック
あ、アリスお嬢・・・・・・。
2014.01.28 Tue 23:51 | URL | グッドマン
◆食戟のソーマ
うーん、進行に余裕のなさを感じます。
先を急いで、ぱっぱと4人分処理した印象が強い。
田所と因縁のある北条の出番すらカットしてますし。

・・・吉野ちゃんェ・・・。ジビエカレーェ・・・。
吉野ファンの私は悲しいです。

◆E-Robot
エロ漫画しか描いてこなかったんですかw なんつー拘り。
今のジャンプにエロコメ漫画はあっても、エロギャグ漫画はないので
本作のような漫画が連載されると、案外受けるかもしれませんね。

◆放課後オブ・ザ・デッド
『アイアンナイト』もギャグに振れたらこうなるんだろうかw

◆アイアンナイト
>【回想】
>次の展開の布石
翼ちゃんが「ウサギのぬいぐるみ」を抱えていたのは意味深でした。
「ゴブリン覚醒前の記憶」を失った翼ちゃんがユキちゃんなのでは、
と思いましたが2人は身長が違うんですよね・・・。

>【三つ目】
銃火器の扱いに慣れているので、一般人とは思えませんよね。
国防軍、もしくは暴力団の幹部がゴブリン化したんでしょうか。
と見せかけて、支配欲の強いミリオタだったりしてw

◆BLEACH
>【ジェイムズ】
私も2だと思います。
小さいジェイムズは人工的な印象が強く、
とても生きた人間には見えませんでしたし。

>【陛下】
陛下の行動原理がわかって、すっきりしました。
「私は争いを好まん」の真意も説明が欲しいところ。
2014.01.29 Wed 12:18 | URL | 秋あかね
>ソルキャ
吹奏楽マンガじゃなくて吹争楽マンガってのが某所で定着してますが、文字通りだなと(笑)
ルノーは何段階卍解するのでしょうか
>トリガー
来週Cは再開と4巻記念みたいですから周年巻頭はだいぶ遅れそうですね、べるぜとハイキューも周年近いですがべるぜは終了濃厚ですし、斉木が6週遅れとかあったみたいですから新連載in終わりの15号か16号あたりですかねー、トリガー巻頭
2014.01.29 Wed 21:48 | URL | らら
Re: タイトルなし
グッドマンさん
コメントありがとうございますm(_ _)m

> >Bブロック
> あ、アリスお嬢・・・・・・。

Σ (゚Д゚;)ハッ!

2014.01.29 Wed 21:52 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
秋あかねさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ◆食戟のソーマ
> うーん、進行に余裕のなさを感じます。
> 先を急いで、ぱっぱと4人分処理した印象が強い。
> 田所と因縁のある北条の出番すらカットしてますし。

貞子さんに1話使ったのに、
丸井くんや伊武崎くんが2人まとめて消化されて、
北条さんに至ってはカットという・・・

あるいはこれから回想みたいな形で料理がどんなんだったか
明かされるんでしょうか?


> ・・・吉野ちゃんェ・・・。ジビエカレーェ・・・。
> 吉野ファンの私は悲しいです。

ジビェ・・・
落選も濃厚ですし、吉野さんあんまりいいところなかったですねえ。


> ◆E-Robot
> エロ漫画しか描いてこなかったんですかw なんつー拘り。
> 今のジャンプにエロコメ漫画はあっても、エロギャグ漫画はないので
> 本作のような漫画が連載されると、案外受けるかもしれませんね。

ある種、強い信念のもとに漫画を描いてらっしゃいますw
斉木以外のギャグがパッとしない現状、エロギャグこそが道を切り開く方法かも?w


> ◆放課後オブ・ザ・デッド
> 『アイアンナイト』もギャグに振れたらこうなるんだろうかw

屋宜先生のギャグセンスは常人の2,3歩先を行っているので、
さらにカオスな漫画になるかもしれませんなw


> ◆アイアンナイト
> >【回想】
> >次の展開の布石
> 翼ちゃんが「ウサギのぬいぐるみ」を抱えていたのは意味深でした。
> 「ゴブリン覚醒前の記憶」を失った翼ちゃんがユキちゃんなのでは、
> と思いましたが2人は身長が違うんですよね・・・。

おお、確かに回想で兎のぬいぐるみ持ってますね。
さらに、ユキちゃん(ゴブリン体)の背中には
「やぶれた翼」みたいなものがくっついてます。
これらの符合が示すものは一体・・・

仰られるように同一人物ではなさそうですし・・・


> >【三つ目】
> 銃火器の扱いに慣れているので、一般人とは思えませんよね。
> 国防軍、もしくは暴力団の幹部がゴブリン化したんでしょうか。
> と見せかけて、支配欲の強いミリオタだったりしてw

悪人がゴブリン化しやすいということを考えると、
暴力団とかもあり得るかもしれませんね。
ミリオタだったらどんだけ欲が強いやつだったのかw


> ◆BLEACH
> >【ジェイムズ】
> 私も2だと思います。
> 小さいジェイムズは人工的な印象が強く、
> とても生きた人間には見えませんでしたし。

最終的に分裂なんて離れ業もしてましたしね。
かつての自分をイメージして生成したファンがアレだったんですかね。


> >【陛下】
> 陛下の行動原理がわかって、すっきりしました。
> 「私は争いを好まん」の真意も説明が欲しいところ。

自分が寝ていないときに争いが起きると
魂を吸収できないので、
「お前ら勝手に戦争すんじゃねーぞ」
って意味だったりして。
2014.01.29 Wed 22:48 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
ららさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> >ソルキャ
> 吹奏楽マンガじゃなくて吹争楽マンガってのが某所で定着してますが、文字通りだなと(笑)
> ルノーは何段階卍解するのでしょうか

上手いこと言う人がいるもんですねw<吹争楽

ルノーの卍解という表現がぴったりくるのもこの漫画らしいですw


> >トリガー
> 来週Cは再開と4巻記念みたいですから周年巻頭はだいぶ遅れそうですね、べるぜとハイキューも周年近いですがべるぜは終了濃厚ですし、斉木が6週遅れとかあったみたいですから新連載in終わりの15号か16号あたりですかねー、トリガー巻頭

まだ怪我治りかけでしょうし、
無理せず完治したところで周年記念ってのが良さげですね。
巻頭もらえるかなあ・・・

2014.01.29 Wed 22:52 | URL | psychobind
どうも、DEEP PURPLEです。先週、コメントしたかったのですが事情により出来ませんでした。

さて、知っているかもしれませんが日本のライトノベル「All You Need is Kill」(作:桜坂洋)がアメリカで映画化(主演:トム・クルーズ)されました。日本のライトノベルが外国で映画化されるのは史上初ではないかと思います。僕は最初聞いたとき驚きました。これはアメリカが日本のライトノベルを認めたのか、それとも日本のライトノベルに頼らざるを得ないほどネタが無いのか、はたまた、日本側の売り込み方がスゴかったのか…(笑)。
ちなみに僕は原作は未読ですが(僕は読書は大好きですがライトノベルは全く読みません)スクリーンショットや現在ヤングジャンプで短期集中連載されている漫画版を見た限りでは好みじゃないなと思いました。個人的にトム・クルーズ主演映画にはハズレが少ないほうですが(この前見た「アウトロー」は面白かったですし)。

>食戟のソーマ
>>むしろ3強の誰かを食うくらいの活躍を期待していたんだがなあ。
以前にも言いましたが、僕は逆にメガネ君はあの「いかにも影の実力者っぽそうな感じを見せて実際は大したこと無かった」というギャグ展開を期待していたんですが…(笑)。「メガネキャラは知性派」というのはお約束だと思います。
あと、先週・今週とちゃんとエロリアクションが出てきて良かったです。
ちなみに、
>>あ、あれ?
>>ジビエカレーは・・・?
僕、本気で忘れてました(笑)。
そして次回ではアルディーニ兄弟の対決が見られるようですが個人的にはどうにも燃えません。個人的にタクミはどうしても「イジられキャラ」というイメージが強いので(笑)。

>E-Robot
NEXT!版の時にも思いましたがエロコメ描くには画力が足らないなあと思いました。特に現在は佐伯俊先生がいるだけに余計にそう思います。話が少し逸れますが、
>>ソーマのリアクションが控えめになりつつある今、
>>ジャンプは深刻なエロ欠乏症に陥りかけており、
とあなたは仰っておりますが、僕は「食戟のソーマ」は現在もお色気担当としての役割を果たせていると思います。先週・今週とエロリアクションはキチンと出てきておりますし。先週の涼子のふんどし姿はなかなかエロかったですし(笑)。

>アイアンナイト
>>あんまりにも出番がないもんだから
>>とうとう回想シーン使って出てきたメインヒロインの頑張りに
>>涙を禁じ得ない。
メインヒロインはユキでしょう。翼じゃないと思います。
さて、掲載順が下がってきましたね。でも妥当なところだと思います。ハッキリ言って個人的にプラスよりもマイナス面の方が大きいです。
・画力がイマイチ…というか地味。
・主人公の変身姿や敵キャラなどデザインがダサいのが多い
・展開遅い
などなど、欠点が結構見られます。特にデザインに関してですが、バトルする度に主人公のダサい変身姿を見なければならないのかと思うと、正直キツいです。また、3つめの「展開遅い」といった点ですが、この間の沼沢戦の時「こんなザコっぽさ全開なヤツ相手に3週もかけるなよ…」とイライラしました。こういった点を何とかしないと正直、挽回するのはキツいと思います。
あと、ユキですが、キャラが安定しませんね…。少女っぽい面を見せたかと思いきや、今週のように冷静で大人っぽい態度を見せたりなど…。あざといデザインは悪くないんだからその点もキッチリさせて欲しいです。

今日はこんなところです。ではまた。
2014.01.30 Thu 23:18 | URL | DEEP PURPLE
>トリガー巻頭
平均掲載順とか鑑みると貰えないってことはないすね、連載19中の中で直近の平均で8番目すから
問題は表紙も貰えるかどうかですがタイミング的にぼんち揚げコラボ発売直後あたりに巻頭空きますから新連載4つ、ハイキュー周年、トリガー周年巻頭の順番って感じですか
2014.01.31 Fri 06:26 | URL | らら
批判コメが先週に続いてしまってすみません。もし鼻につくようなら、削除なりスルーなりしてください。ペコ。


べるぜの最大の失敗は、作品にどんな方向にも触手を伸ばせるようなポジショニングをさせたことですね。だから、どんどんあらゆる方向に挑戦して、何かの作品の能力を研ぎ澄ませることもなく、どれもこれも慢性的につまらないことしかできなくなってしまった、それがこの作品の顛末だと思います。

というのもぼくも最初はこの作品に期待してまして、まあ、魔界にいったりなんやかんやでも多少は大目に見てたっていうか、えこひいきがないでもなかったのです。しかしながら、キャラをどんどん使い捨てのように扱う姿勢が露骨になってきたあたり、脇役キャラの見せ場というものをはき違えてるあたりから、期待を失いました。

そういう意味では、めだかボックスという作品とは対照的だったと思います。あちらもまあ、例によって新キャラばんばん出す作品でしたが、少なくともあちらには、ちゃんと何かキャラのドラマを描こうという意志あるいはエンターテイメントの姿がありました。このときこいつらはそれぞれこんなこと考えてるっていうのがしっかり管理できてましたしね。

べるぜは作品としてのポジションを間違えたがゆえに、結果としてその両方を喪失した、言い換えれば、何もかもしようとして、質が向上することもなく、何もできなくなるようなドツボにはまった。いくらなんでも目的・動機・思想がわけわかんない新参キャラ(つーか往々にして主要キャラもそれに該当)ばっかりでドラマもクソもないよなあ・・・。

次回作に望むのは、「まったなし」を合言葉とするような世界観。こうでもなきゃまた間延びしそう。というか、この作品で作者が得たキャリアっていいとこプラスマイナスゼロか、実はそれ以下であると思えてしまうので。

(この作品の長所は省略しました)
2014.01.31 Fri 12:08 | URL | さーべ
Re: タイトルなし
DEEP PURPLEさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> どうも、DEEP PURPLEです。先週、コメントしたかったのですが事情により出来ませんでした。
>
> さて、知っているかもしれませんが日本のライトノベル「All You Need is Kill」(作:桜坂洋)がアメリカで映画化(主演:トム・クルーズ)されました。日本のライトノベルが外国で映画化されるのは史上初ではないかと思います。僕は最初聞いたとき驚きました。これはアメリカが日本のライトノベルを認めたのか、それとも日本のライトノベルに頼らざるを得ないほどネタが無いのか、はたまた、日本側の売り込み方がスゴかったのか…(笑)。
> ちなみに僕は原作は未読ですが(僕は読書は大好きですがライトノベルは全く読みません)スクリーンショットや現在ヤングジャンプで短期集中連載されている漫画版を見た限りでは好みじゃないなと思いました。個人的にトム・クルーズ主演映画にはハズレが少ないほうですが(この前見た「アウトロー」は面白かったですし)。

私はこれ、映画や原作より先に
小畑先生作画の漫画版で知ったクチですね。
といっても読んではいないんですがw

ついにラノベもハリウッドに進出する時代になりましたか。
とはいえ、設定を見ると「ループもののSF」らしいので
ハリウッドが好きそうな内容ではありますね。


> >食戟のソーマ
> >>むしろ3強の誰かを食うくらいの活躍を期待していたんだがなあ。
> 以前にも言いましたが、僕は逆にメガネ君はあの「いかにも影の実力者っぽそうな感じを見せて実際は大したこと無かった」というギャグ展開を期待していたんですが…(笑)。「メガネキャラは知性派」というのはお約束だと思います。
> あと、先週・今週とちゃんとエロリアクションが出てきて良かったです。

丸井くんは「強そうな雰囲気を出している」状態がすでにギャグでしたからね。
ギャグ描写にさらなるギャグでオチを付けるのもありですし、
本当に凄かった、というのも期待していました。
結果はわりかし半端な実力描写だったなあと。


> ちなみに、
> >>あ、あれ?
> >>ジビエカレーは・・・?
> 僕、本気で忘れてました(笑)。
> そして次回ではアルディーニ兄弟の対決が見られるようですが個人的にはどうにも燃えません。個人的にタクミはどうしても「イジられキャラ」というイメージが強いので(笑)。

ジビエカレーは調理段階でけっこう全貌が割れてしまったので
省略したんですかねえ。
タクミのいじられキャラ(というか空回りキャラ)は定着してますが、
弟君の実力を見られるのはこれが実質初めてなので何気に楽しみにしています。


> >E-Robot
> NEXT!版の時にも思いましたがエロコメ描くには画力が足らないなあと思いました。特に現在は佐伯俊先生がいるだけに余計にそう思います。話が少し逸れますが、
> >>ソーマのリアクションが控えめになりつつある今、
> >>ジャンプは深刻なエロ欠乏症に陥りかけており、
> とあなたは仰っておりますが、僕は「食戟のソーマ」は現在もお色気担当としての役割を果たせていると思います。先週・今週とエロリアクションはキチンと出てきておりますし。先週の涼子のふんどし姿はなかなかエロかったですし(笑)。

ええ、もちろんそれは存じ上げていますw
ただ、初期のような見開きで裸体を描くようなことは少なくなってますし、
料理バトルにも力を入れてきてますからね

現状エロい作品がソーマしかなく、
そのソーマも回によってはエロ描写がないときもあるので、
エロを前面に押し出した作品は受けるかも、ということですよ。

何もソーマが全然エロくなくなったということではないですよw


> >アイアンナイト
> >>あんまりにも出番がないもんだから
> >>とうとう回想シーン使って出てきたメインヒロインの頑張りに
> >>涙を禁じ得ない。
> メインヒロインはユキでしょう。翼じゃないと思います。

両想いな描写がある以上、
作品から退場しない限りは翼ちゃんがメインヒロインだと思いますよ。
まあこれは「メインヒロイン」という言葉の定義にもよりますが。


> さて、掲載順が下がってきましたね。でも妥当なところだと思います。ハッキリ言って個人的にプラスよりもマイナス面の方が大きいです。
> ・画力がイマイチ…というか地味。
> ・主人公の変身姿や敵キャラなどデザインがダサいのが多い
> ・展開遅い
> などなど、欠点が結構見られます。特にデザインに関してですが、バトルする度に主人公のダサい変身姿を見なければならないのかと思うと、正直キツいです。また、3つめの「展開遅い」といった点ですが、この間の沼沢戦の時「こんなザコっぽさ全開なヤツ相手に3週もかけるなよ…」とイライラしました。こういった点を何とかしないと正直、挽回するのはキツいと思います。

私は鉄兵はそこまでダサいとは思いませんが、
敵は醜悪なのばかりなので、そういうデザインがキツイ人にとっては厳しそうですね。
展開も(バトル以外のイベントもいろいろ挟んでいたので)私は特に遅いと感じませんでしたが、
6話使ってようやく2人目の敵を倒した、ってのは確かに言われてみると遅いかもしれません。

個人的には楽しみにしている漫画の1つなので頑張ってもらいたいですね。


> あと、ユキですが、キャラが安定しませんね…。少女っぽい面を見せたかと思いきや、今週のように冷静で大人っぽい態度を見せたりなど…。あざといデザインは悪くないんだからその点もキッチリさせて欲しいです。
>
> 今日はこんなところです。ではまた。

まあ、そもそもどんな背景をもった人物なのかということもわかってないわけですから、
「キャラがブレているかどうか」の判定はもう少し先でもよいのでは?

2014.01.31 Fri 22:44 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
ららさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> >トリガー巻頭
> 平均掲載順とか鑑みると貰えないってことはないすね、連載19中の中で直近の平均で8番目すから
> 問題は表紙も貰えるかどうかですがタイミング的にぼんち揚げコラボ発売直後あたりに巻頭空きますから新連載4つ、ハイキュー周年、トリガー周年巻頭の順番って感じですか

おお、けっこう高いんですね掲載順。

最近は表紙と巻頭が違うってことは稀になってきたので、
巻頭カラーなら一緒に表紙も飾ってくれそうです。
ぼんちカラー狙えそうですねw


2014.01.31 Fri 22:46 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
さーべさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> 批判コメが先週に続いてしまってすみません。もし鼻につくようなら、削除なりスルーなりしてください。ペコ。
>
>
> べるぜの最大の失敗は、作品にどんな方向にも触手を伸ばせるようなポジショニングをさせたことですね。だから、どんどんあらゆる方向に挑戦して、何かの作品の能力を研ぎ澄ませることもなく、どれもこれも慢性的につまらないことしかできなくなってしまった、それがこの作品の顛末だと思います。

コメディ成分はトップクラスだと勝手に思っているんですが、
それ以外の要素をもう一本の柱として建てようと思ったがどれも上手くいかなかった、
という印象はありますね。


> というのもぼくも最初はこの作品に期待してまして、まあ、魔界にいったりなんやかんやでも多少は大目に見てたっていうか、えこひいきがないでもなかったのです。しかしながら、キャラをどんどん使い捨てのように扱う姿勢が露骨になってきたあたり、脇役キャラの見せ場というものをはき違えてるあたりから、期待を失いました。
この辺、自分は
初期に登場させた東邦神姫まわりのキャラ人気が圧倒的すぎて、
新キャラをいくら作っても彼らの人気を越えられなかったせいじゃないかと思ってます<使い捨て


> そういう意味では、めだかボックスという作品とは対照的だったと思います。あちらもまあ、例によって新キャラばんばん出す作品でしたが、少なくともあちらには、ちゃんと何かキャラのドラマを描こうという意志あるいはエンターテイメントの姿がありました。このときこいつらはそれぞれこんなこと考えてるっていうのがしっかり管理できてましたしね。
少なくとも出した新キャラには話において何かしらの役割を持たせることが多かったですね。


> べるぜは作品としてのポジションを間違えたがゆえに、結果としてその両方を喪失した、言い換えれば、何もかもしようとして、質が向上することもなく、何もできなくなるようなドツボにはまった。いくらなんでも目的・動機・思想がわけわかんない新参キャラ(つーか往々にして主要キャラもそれに該当)ばっかりでドラマもクソもないよなあ・・・。
>
> 次回作に望むのは、「まったなし」を合言葉とするような世界観。こうでもなきゃまた間延びしそう。というか、この作品で作者が得たキャリアっていいとこプラスマイナスゼロか、実はそれ以下であると思えてしまうので。
>
> (この作品の長所は省略しました)

一度、悪魔野編でバトル化に失敗したことも影響が大きい気がしています。
あれで
「バトルはNO」と読者に突きつけられてしまったので、
その後の路線をいろいろ模索した結果、器用貧乏的な流れが加速したのかもしれません。

さっきも書きましたがコメディは本当に面白かったので、
次回作もそのノリを期待しているんですが、
やっぱもっとシリアス寄りの作品のが受けるんですかねえ。

2014.01.31 Fri 23:03 | URL | psychobind
べるぜバブ>自分は本格バトル路線にシフトした点については文句はないのです。
幽遊白書にしても、最初からバトル漫画を描くつもりで始めた訳ではありませんから。
ただ・・・最大の誤算だったのは戸愚呂(弟)のような魅力的な
敵役を作ることが出来なかったという点につきます。
2014.02.01 Sat 12:23 | URL | 隆明
Re: タイトルなし
隆明さん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> べるぜバブ>自分は本格バトル路線にシフトした点については文句はないのです。
> 幽遊白書にしても、最初からバトル漫画を描くつもりで始めた訳ではありませんから。
> ただ・・・最大の誤算だったのは戸愚呂(弟)のような魅力的な
> 敵役を作ることが出来なかったという点につきます。

東条のころは問題ありませんでしたね。
東条が味方に回ってから、東条を(人気的に)越える敵を作れなかったのが痛かったんでしょうか。
2014.02.07 Fri 21:25 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/565-42e77476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。