日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2014年13号の感想と予想 | main | 週刊少年ジャンプ2014年11号の感想と予想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2014年12号の感想と予想
今週一番面白かったのは
ジャンプNEXT紹介に載ってた
野々上先生の新作読切紹介でした。







◆i・ショウジョ

高山先生、初めましてではないですがお久しBLEACH。

オムニバス形式ということで、
初回の2人は読切版を元にしたアプリで恋愛模様(とエロ)を
描くようです。

が、次回(次週ではなく)以降のテーマというかアプリをどうすっかですよねキモは。

毎度毎度「触ったら好きな人をいじくれるアプリ」
だけでは話が広がらない(というか似たようなものばかりになる)ので、
上記アプリはあくまでもいくつかある中の1つであり、
毎回異なるアプリをダウンロードさせて話を転がすと思うんですよ。

例えば、カラー扉一番右の場合、
これ女の子の方が死んでるっぽいので
それを生き返らせるアプリとかそんなのも出てくるんじゃないのかね。






◆ジャンプNEXT

なんと年6回発行になるらしいですよ。
つまり2か月に1回読めるわけですね。
新人の作品発表の機会が増えるのはいいことだ。

本誌作品特別編もだいたいいつもの面子、
さらにキルコさんの平方先生の新作など今回も目白押しですが、
一番の衝撃は
無刀ブラックの野々上先生の新作ですよ。

どうしたのw
どうしてしまったの野々上先生w






◆バレンタイン&ホワイトデー企画

以前、投票を受け付けていた
ジャンプヒロインの壁紙配信投票企画、
結果が出たようです

銀魂の2位以外はおおむね順当な結果でしたかね。

てか実質4択だった黒子のバスケが上位作品として選ばれているのに驚き。
そして一番出番が多いはずなのに1位になれないカントクェ・・・
まな板か。まな板だからいけないのか。

しかし他作品ではむしろまな板キャラのが成績いいんですよね。
えりな様と桃井さん以外全員まな板やぞ。

小野寺さんは・・・そうでもないか。

KONAMI先輩の壁紙見たかったけど相手がトリオン怪獣なら仕方ない。


そんでホワイトデーにも同じ企画やるそうですね。
バレンタインでは振るわなかった
トリコ・ハイキュー・斉木が猛威を振るいそうな予感。






◆暗殺教室

【E組の実態】
松井せんせーノリノリw

完全な濡れ衣だったり誇張表現されている生徒はおれども、
前原くんと岡島くんについては
当たらずとも遠からずかもしれないw

渚くんの扱いもヒドイw


【再教育委員会】
しかし、B~D組の生徒の大部分は、
世紀末にヒャッハーしてるような生徒や
女性下着とカメラを装備して女湯に突撃する生徒に
期末テストで惨敗しているわけでして。

仮に竹林くんがこのとおりの演説をしていたら
けっこう空しいことになっていたのではなかろうか。


【竹林くん】
E組への戻り方は予想通りでしたが、
しかしけっこうあっさり展開だったかな、という印象。

殺せんせーの一押しはあったにせよ、
竹林くんは自分からA組に登ってその実情を知り、
そして自分からE組に戻って来たので、一人相撲感がありあり。

もちろん自発的に自分の問題を解決したのだから悪いことではないけど。
これまでの生徒たちに比べるとせんせー他の出番が少なかったからかな。


【ビッチ先生】
今シリーズの間ずっと姿が見えないビッチ先生は、
やっぱロヴロ先生絡みでどっか行ってるのかね。






◆ニセコイ

千葉県のYさんまさかの19位w
コミィ先生、もう彼を漫画に出してあげたらいかがか。
マリーの熱狂的な追っかけ、もしくは部下みたいな役で。

作者が1位になったり、他作品のキャラがランクインしたりすることはあったけど、
読者がランクインって総評にあるとおり前代未聞w






◆食戟のソーマ

熱いですね。
エロ枠はi・ショウジョにいったん預けて
熱い少年漫画モードに突入。

アリス嬢に続いて葉山くんも、
リアクションもコスプレもナッスィン。
あまりそっちにインパクトを持っていくと、
ストーリー・構成的な熱さとケンカしてしまいかねんので
見送られたのでしょうか。今回の場合。

さて次回、
ソーマが1位を取るかどうかはともかく、予選落ちは考えられないので、
そうなると
1:89点以上の場合
 ⇒丸井くんと伊武崎くんとで決戦投票。
  個人的には面白いが蛇足感あり。ばっさりカットされるかも?

2:88点の場合
 ⇒上記2名にソーマを加えて決選投票。
  ソーマが絡むとはいえ盛り上がりに欠けるか。

うーむ。
1の展開にするなら、わざわざ同点にせずに
勝たせる予定のキャラの点数を高くしておけば済んだのに、
と思ってしまう。

1でも2でもなく、
次回、得点でソーマに負けた葉山くんが
決勝戦進出を辞退、とかもあるか。






◆トレジャー新人漫画賞

【黄金時代】
なんと準入選が2本!
佳作じゃないですよ。準入選です準入選。
どっちも本誌か増刊に掲載されるそうです。

そして佳作も3本という大豊作。まさに黄金時代。
うち編集部の評判が良かった1本が本誌or増刊掲載で、
残った2本がWEB掲載となっています。

ジャンプ本誌の連載陣だけでなく、こういった新しい勢力が台頭してくると
ジャンプならず少年漫画の未来は安泰、と思えてきます。


RIoT PARK
画力がちと残念で、そこが最後まで足を引っ張っていたんですが、
編集部が評価したように
セリフ回しのセンスとかには光るものがあります。

ただ、セリフそのものは良くても、
それを1コマのフキダシに詰め込むので、
なんか漫画を読んでるっぽい感じがせんのですよね。

画力と共に構図、演出とかも課題でしょうが、
なんか新人の頃の許斐先生を彷彿とさせる雰囲気は嫌いじゃないです。


8と96
逆にこっちは絵、上手っ!!

ただし線がごちゃごちゃしてる上にコマが小さくて
何が起きてんのかよくわかりませんだったのはマイナスポイント。

でもそんなことはわりとどうでもよくて、
ロボット! 世界観! 少女と機械のコンビ!!

などなど好物ばっかりで構成されていたので個人的には大満足。

「伝える技術」と編集部には言われていましたけど、
世界観を冒頭から小出しにしていって、
中盤あたりで展開を大きく動かすと共に真相を知らせるこのやり方、
自分としてはかなりイイと思います。

少年読者を相手にするには確かに向かないかもしれないですね。






◆ハイキュー!!

トング二刀流の福永くんはどこへ向かおうとしているのか。
でもそんな彼がお気に入り。

三本の指はウシワカがいるから
あとはベンKとか一寸とかシュテンドルフとかそんなんかと思いきや
あんまり童話関係なかった。

ほんで春高編開幕。

1回戦の相手っぽい「○○学園」って既出でしたっけ?
新キャラ?
ここだけ名前出てないし。






◆ワールドトリガー

【壁紙】
と、いうわけで
バレンタイン企画で
見事にワールドトリガー内で1位をとったチカ子ちゃんの壁紙が
絶賛配信中。

ゆーても描き下ろしじゃないですけどね。そこは仕方ない。


【新3バカ】
リーダー「我々は絵にかいたような本物のC級。
     戦闘にトリガーは使えないのです」
そばかす「でも捕獲用トリオン兵は弱いからギリギリセーフッス」
出穂「じゃあ、相手がいかつい新型だったら戦えるの?」
リーダー「お嬢さん、こんな言葉を知っていますか?
     『C級、危うきに近寄らず』」
出穂「こいつら・・・(怒)」

で、お馴染みの
「賢い犬リリエンタール」が再販されますとのことよ。

新3バカは旧とは違って憎み切れない、いいバカですね。
なんやかんやと言いながら
結局バムスターを倒せるだけの実力と行動力はある。

次回で市民を置き去りに戦略的撤退したら台無しですけど。
彼らはそんなバカではないと信じたい。


【村上コウ ~鈴鳴でビックリ~】
鋼きた!!

迅さんが言っていた風刃候補者の中の1人ですね。
しかも支部所属のB級にしてNo4アタッカーって。
さすが風刃候補に選ばれるだけのことはある。

B級とは言ってもそれはチームでの順位。
個人戦でならここまで上位に食い込んでくるB級隊員もいるんですね。

武装は弧月とレイガストの二刀流。
実力者の戦闘でレイガストが使われるのは初めてですね。
スラスターで突っ込んで弧月で斬るとか
応用はいろいろできそう。


【諏訪さん】
諏訪さん・・・怪盗Xiにでも襲われたかのような変わり果てた姿に・・・

近界民はこれまでもバムスターなどを使って
こちらの人間を攫って行ったわけですけども、
遠征艇には数名しか乗れないという縛りがある以上、
攫った人間を連れ帰る手段があるはずだとは予想されていましたが、
これがその答えですかね。

実際、遊真の肉体は指輪の中に納まってるわけですし、
トリガー技術があればやってやれないことはないか。


【本部】
門が開いた時点で誰か当真さんを起こしてやれよw

太刀川さん、大学で餅食ってんのかと思ったら本部にいたのか。
襲撃への備えとしては妥当ですが、
そんなだから単位落とすんですよアナタw


【天羽】
天羽の素顔、ついに公開。
わりと(目以外は)まとも。

あの独特な目はやはりサイドエフェクトの持ち主か。
「色」に関連する?

ンマー、でもこんな威力を持った兵隊を動かそうとしたら
そりゃキツネさんも忍田さんも必死こいて止めようとしますわな。
「街を破壊する気か!」
ってレベルを超えてますよw

得体のしれない敵に攻められている現状で、
味方側にも上限不明なチート実力者がいるってのは
先が読めなくてわくわくします。

この天羽トリガーを見せつけられた後では、
例えばエネドラさんが瞬殺されても全然納得できる。


【教えて!レプリカ先生】
なるほど。
「敵を追いつめると痛い目を見る」
黒トリガーの設定を上手く使ったいい話の転がし方です。

現状の謎は
1:なぜ本国を手薄にしてまでこの作戦を行ったのか
2:作戦の本当の狙いは何か
ですが、
1については、敵がアフトクラトルではないとすれば
うまく説明がつくのではないかと。

アフトクラトルはもう、別の国に征服されているとかね。
そっちの国が黒幕で、アフトクラトルは命令に従って
自国のトリオンやラービットを提供しているだけ、とか。
黒幕さんにとっては
アフトクラトルの守りが薄くなろうが知ったことではないでしょうし。

ただしその場合も、
この作戦に投入したトリオン以上の価値を持つ成果をあげなければ
意味がないわけで。
さすがにトリオン怪獣を1人攫ったくらいで元が取れるとは思えない。

だとすれば・・・


【ラービット】
おや? ラービットのようすが・・・

プレーン体から進化したラービットですが、
カラーリングや肩のマークがすっごく「ボーダー」っぽい。

ラービットは戦った相手、もしくは体内に取り込んだ相手の
トリガーを使うことができるロックマンシステムを採用しているのではあるまいか。
つまりこの進化ラービットは両手からショットガンを撃ってきたり
タバコを吸ったりするという。

遊真が驚いていたように、ボーダーのトリガーは近界とは違う進化を遂げているので、
大規模侵攻の真の狙いは
ラービットでボーダートリガーの技術を手に入れること、とか?


結論:たぬきさんスゲー






◆BLEACH

【ルキア】
修行してパワーアップしたのに初戦で敗退することに定評のあるルキアェ・・・

能登さんの能力は確かにチートでしたが(藍染様にも勝てるんじゃね?)、
でも氷雪系はこの漫画だと扱い悪いですねえ。
ぜんぶキグナス氷河がいけないんです。

さしもの兄様も1人では勝てないから2人で協力して恐怖を打ち倒す、
とかならまだ救いがあるかな。


【S能登】
セリフの最後の文字だけひらがなになるという半端な変化を遂げたS能登さん。
いやさしかしチートすぎやしませんか。
マスクドさんの能力も大概だと思ったけど、これはさらに。
完聖体になっただけで勝ち確定じゃないですか。

兄様これにどうやって勝つの。

いくら恐怖を感じても、今度は千本桜を奪われていないから、
卍解して数の暴力で攻めればなんとかなる気がしなくもないけど。

もしくは
「千本桜と自分を一つにすることによって、自らの中の恐怖を1/1000に分割したのだ!!」
とかやりそうかも。






◆アイアンナイト

せっかく出てきたネームドキャラが事もあろうに皆殺し・・・
黒い屋宜先生略して黒ヤギ先生絶好調です。

三つ目を倒しても翼ちゃんも普通の状態ではなさそうだし、
まだまだ続くよダーク路線。

三つ目は操作能力は凄いけど、
真っ向勝負では火力が足りずに鉄兵相手は厳しい気が。
「装甲貫通弾」でも鉄平は「痛い」程度だし。

ここで「アイアンナイト」の由来を持ってきたのは上手いと思いましたが、
これは計算通りなのか巻き展開なのか・・・






◆HACHI&塵

2つまとめて、お疲れ様でした。

HACHIは3話まで使った序章は面白いと思ったんですが、
そっから先の伸びがなかったというか。
3話のヒキが一番面白くて、あとはただただ平坦な印象でした。

西先生のデザインは独特なんですけど、
それが「かっこいい怪物」を描くのに向いてなかったってのもあるかも。
ムヒョのときは設定とデザインがハマってたんですが、
それは怪物≠ヒーローだったから。

ヒーローとしての怪物を描くとなると、どうもしっくりこないっつーか。
ケルベロスは最後までかっこよくならなかったですしねえ。


一方で塵。
序盤の塵がメインを張ってた展開も面白かったんですが、
それでは票がイマイチだったのか、
キャラを増やして塵がギャグ担当から外れる回も多くなりました。
でもそれはそれで面白かった。ゴルゴンさんとか。

感想はあんまり書きませんでしたが、
わりと気にいってる作品ではありました。
画力が拙い分、セリフで笑いを取るために
セリフ回しとかやり取りとかを相当研究したんだろうなと。

画力さえ磨けば化ける人だと思うので
次回作に期待しています長谷川先生。






さて、次週はべるぜバブがセンターカラー。
ということはやっぱり・・・

ここで「もうちっとだけ続くんじゃ」
ってのもべるぜバブならやりそうですがw
5年間お疲れ様で・・・と言うのは来週にしておきましょうか。


ではノシ
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 23:56 | トラックバック:0コメント:6
コメント
◆i・ショウジョ
説明書ちゃんが「魔法のアプリは多種多様」と言っているので、
色々なアプリを使った話を見せて欲しいですよね。
せっかくのオムニバス形式ですし。

◆バレンタイン&ホワイトデー企画
『ワンピース』が選ばれていなくて驚きました。
こういう企画だと弱いんでしょうか。

『銀魂』の2位には爆笑しましたw まぁ、美人でしたしねぇ。

トリオン怪獣とKONAMI先輩に押されて、広報担当の霊圧が・・・w
それにしても、KONAMI先輩は意外と人気ありますね。

◆暗殺教室
>【E組の実態】
岡島はああいうことやりそうですからねw

>【竹林くん】
「呪い」からあっさり自由になったなー・・・
という感じで拍子抜けしました。

◆ニセコイ
三銃士、ランキングの姉寺無双など、見所の多い感想戦でした。
いやー、まさか読者がランクインするとはw

◆食戟のソーマ
リアクションを楽しみにしていたので、今回はガッカリでした。
正直、料理のほうも地味だったし・・・。

◆ワールドトリガー
>【新3バカ】
即戦力として期待されているだけありますよね。
ここまで動けるC級は、そういないと思います。

次回は戦略的撤退をしようとするも失敗し、
全員「ラービット」に捕まってキューブにされそうw

>【村上コウ ~鈴鳴でビックリ~】
「風刃」候補者の1人、かつ、貴重な「レイガスト」使い
ということで、私の中では存在感がうなぎ上り!

東隊長も、A級隊員並みに個人のランク高そうですよね。
B級合同部隊の隊長をも務めるみたいですし。

>【諏訪さん】
この圧縮技術を使えば、「遠征」に
相当数のトリガー使いを投入することも可能だと思いますが、
人的資源は貴重なので、トリオン兵メインなんでしょうかね。

それか、圧縮は負担が大きく、解凍してしばらくはまともに動けない、
というデメリットがあったり?

>【本部】
当真→寝てた。
餅川→ダラダラ餅を食ってて出撃が遅れた?

・・・こ、こいつらw

>【天羽】
この黒トリガーは、天羽にしか適合しなかったんでしょうなぁ・・・。
天羽が他の候補者を蹴散らしてゲットした可能性もありますが、
こんな性格で候補者に選ばれるとは思えず。

>【教えて!レプリカ先生】
>アフトクラトルはもう、別の国に征服されているとかね。
先生の持つデータは7年以上前と古いので、
アフトクラトルの内情が激変している可能性はありますよね。

その逆に、
アフトクラトルは軍事力を増強していて
今回の侵攻に投入したトリオンは、大したコストではないのかも。

>【ラービット】
肩の模様が凄い気になります。
ハイレイン弟のマントにも、同じ模様がありますし。

あと、背中の機構が意味深。
トリオンを噴射して飛行しそうな気がします。

◆BLEACH
>【ルキア】
不意を衝いた-18度の攻撃は、ノトに通用したのに・・・。
絶対零度は「静血装」で防がれたんでしょうね。
本当、厄介な能力です。

>【S能登】
>兄様これにどうやって勝つの。
精神力で「恐怖」に打ち勝つベタな展開になるんでしょうか。

ふと思ったんですが、ラストの白哉は虚像ではないかと。
あれは、「千本桜の無数の刃」で形成された偽者。
本物はノトが豆粒にしか見えないほど遠くにいて、
「神の怯え」は効果を発揮しないとか。

白哉はノトと真正面から戦わないと思うのですよ。
一度痛い目に遭わされているので。

◆アイアンナイト
菊田は鉄兵の自滅(熱爆発の使いすぎによる融解)を狙って、
兵隊を動かしそうですね。

正直、桜山の援護なしで、鉄兵が菊田に勝つのは難しいかと。
菊田の戦術に翻弄されて、窮地に追い込まれる気が・・・。

たぶん、ユキが勝利の鍵になるんだろうと思います。
鉄兵の迎撃に夢中になっている菊田を、背後から爪で!

ホワイトデー企画に作品名があるので、
今期は打ち切りを免れたのかもしれません。
(今回終了した2作品と『べるぜ』はありません)
2014.02.18 Tue 21:33 | URL | 秋あかね
>8と96
この出来で佳作とは・・・判定が厳しいですね・・・
内容が少年誌向きじゃない・・・という理由だけで入選させなかったのだとしたら作者が可哀想だなあ・・・
暗殺教室>浅野君の小物化にはがっかり・・・・
理事長の弱みを握って支配してやるという野心は買っていたのですが、実際は理事長が怖かっただけ・・・竹林君にさんざん言われた上にぐうの音も出ない事が全てを物語っています。
トリコ>なんか・・・グルメ界編に入ってからトリコ達が急激に凛々しくなりましたね。
べるぜ>もしかしたら・・・ギリギリ打ち切りは免れたかも・・・!? めだかも終わる終わると言われながらも持ちこたえましたし。
2014.02.20 Thu 00:15 | URL | 隆明
どうも、DEEP PURPLEです。僕は漫画家・今村陽子先生を応援しています。

>i・ショウジョ
期待通り好みの作品でした。やっぱり僕、高山先生のセンス、好きです。個人的にこれは当たって欲しいと思います。この漫画、おそらくそのセンスを理解できるかどうかで好き嫌いが分かれると思います。
ところで、今や死語になりつつある感がある「いやし系アイドル」という言葉が使われている辺り、先生の年齢を感じさせるなあと思いました(注:高山先生は現在34歳位だったと思います)。

>暗殺教室
うーん、個人的にはもうちょっとA組にいても良かったと思うのになあ…。それで竹林の変貌ぶりを見て一般生徒たちのE組に対する印象が変わっていき、そしてしまいには先週も言いましたように「自ら進んでE組に落ちようとするキャラが出て来る」という展開になっても面白かったと思うのですが。
それにしても学秀、ますます小物化が進んでますね。最終的に「愛すべき小物」というポジションに落ち着きそうな予感もします(笑)。

>BLEACH
先程まで優勢な感じだったのにあっさり覆されるとは…。ただ、白哉が駆けつけて来たのは燃えると思いました。久保先生、こういう燃える演出はやっぱり得意だなあ…。

>アイアンナイト
ユキが敵でなくて、なおかつ間一髪で助かってホッとしました。それにしても容赦ない展開だ…。
そして、明らかに打ち切り決まったような展開ですね。菊田を倒して「俺達の戦いはこれからだ!」という感じで終わりというところでしょう。
2014.02.20 Thu 23:46 | URL | DEEP PURPLE
Re: タイトルなし
秋あかねさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ◆i・ショウジョ
> 説明書ちゃんが「魔法のアプリは多種多様」と言っているので、
> 色々なアプリを使った話を見せて欲しいですよね。
> せっかくのオムニバス形式ですし。

ですね。
このアプリ一種だけでは展開も広げにくいと思いますし
話に応じたアプリがたくさん出てくるといいなあ。


> ◆バレンタイン&ホワイトデー企画
> 『ワンピース』が選ばれていなくて驚きました。
> こういう企画だと弱いんでしょうか。

女性キャラは多いですが、恋愛要素は
ほぼギャグのハンコックだけですからねえw
こういう企画にはあまりハマらなかったのでしょうか。


> 『銀魂』の2位には爆笑しましたw まぁ、美人でしたしねぇ。
千葉県のYさんみたいな強固なファンがいたのでしょうかw


> トリオン怪獣とKONAMI先輩に押されて、広報担当の霊圧が・・・w
> それにしても、KONAMI先輩は意外と人気ありますね。

木虎さんにはアホ毛が足りませんからねw
KONAMI先輩はアホ毛のアホの子なのでそりゃあもう。


> ◆暗殺教室
> >【E組の実態】
> 岡島はああいうことやりそうですからねw

彼についてはわりとノンフィクションw


> >【竹林くん】
> 「呪い」からあっさり自由になったなー・・・
> という感じで拍子抜けしました。

「いつか自分を殺せる日がくる」
というせんせーのセリフからすると、
竹林編は後々もう一度あるかもしれません。

今回はまだ竹林くんは親の呪縛から逃れられたわけではなく、
ただ呪いを断ち切る方法がA組に上がることではないと気づいた、
ってところで止まっているのかも。


> ◆ニセコイ
> 三銃士、ランキングの姉寺無双など、見所の多い感想戦でした。
> いやー、まさか読者がランクインするとはw

おおっぴらに組織票を認めるどころか、
組織票を送ってきた人物を表に出してきましたからねw
他に類を見ない面白い人気投票でした。


> ◆食戟のソーマ
> リアクションを楽しみにしていたので、今回はガッカリでした。
> 正直、料理のほうも地味だったし・・・。

リアクション、この大会が始まる前は
ネタ切れを心配していましたが、まさか本当に・・・


> ◆ワールドトリガー
> >【新3バカ】
> 即戦力として期待されているだけありますよね。
> ここまで動けるC級は、そういないと思います。
>
> 次回は戦略的撤退をしようとするも失敗し、
> 全員「ラービット」に捕まってキューブにされそうw

相手が遊真だったり、嵐山隊をバカにしていたりするところから
ザコキャラと見られがちですが、能力自体は高いんですよねC級の中でも。

キューブにされた後、木虎さんに助けられて嵐山隊の実力に気付き、
木虎さんを「姐さん」と慕う展開を妄想していますw


> >【村上コウ ~鈴鳴でビックリ~】
> 「風刃」候補者の1人、かつ、貴重な「レイガスト」使い
> ということで、私の中では存在感がうなぎ上り!
>
> 東隊長も、A級隊員並みに個人のランク高そうですよね。
> B級合同部隊の隊長をも務めるみたいですし。

実力者のレイガスト使いということで
今後の活躍に期待大ですね。

東さんもB級ですが個人ランクでは上位につけているのかもしれないですね。
コアラとかが足引っ張ってるだけで。


> >【諏訪さん】
> この圧縮技術を使えば、「遠征」に
> 相当数のトリガー使いを投入することも可能だと思いますが、
> 人的資源は貴重なので、トリオン兵メインなんでしょうかね。
>
> それか、圧縮は負担が大きく、解凍してしばらくはまともに動けない、
> というデメリットがあったり?

あれだけ圧縮されてしまうのですから、
それなりの副作用はありそうですよね。
兵士を圧縮して持ち込むのはできなり理由があるのかも。


> >【本部】
> 当真→寝てた。
> 餅川→ダラダラ餅を食ってて出撃が遅れた?
>
> ・・・こ、こいつらw

冬島さん⇒酔ってた。

とかもありそうですw


> >【天羽】
> この黒トリガーは、天羽にしか適合しなかったんでしょうなぁ・・・。
> 天羽が他の候補者を蹴散らしてゲットした可能性もありますが、
> こんな性格で候補者に選ばれるとは思えず。

でしょうねえ。
遊真と同じく近親者の黒トリガーだったりして。


> >【教えて!レプリカ先生】
> >アフトクラトルはもう、別の国に征服されているとかね。
> 先生の持つデータは7年以上前と古いので、
> アフトクラトルの内情が激変している可能性はありますよね。

敵国として候補に出された国がそのまま黒幕でした、
というのはストレートすぎて無いかなーと思うので、
どこぞの遊星国家に侵略されてたとかもあるかなと。
わざわざ遊星国家の情報を出したというのも引っ掛かりますし。


> その逆に、
> アフトクラトルは軍事力を増強していて
> 今回の侵攻に投入したトリオンは、大したコストではないのかも。

キオンとかすでに支配下に置いていた、ってのもあるかもですね。


> >【ラービット】
> 肩の模様が凄い気になります。
> ハイレイン弟のマントにも、同じ模様がありますし。
>
> あと、背中の機構が意味深。
> トリオンを噴射して飛行しそうな気がします。

む、そうか。
あのマークはボーダーのそれを真似たのかと思ったら
あれは近界民側のマントについてた奴ですね。
弟の子飼いのラービット、とか?

肩についてるブースターみたいなの、絶対飛びますよねw
それこそスラスターでも学習したんじゃないかとか。


> ◆BLEACH
> >【ルキア】
> 不意を衝いた-18度の攻撃は、ノトに通用したのに・・・。
> 絶対零度は「静血装」で防がれたんでしょうね。
> 本当、厄介な能力です。

ああそういえば存在を忘れていましたw
山じいの始解すら致命傷にならない防御力ですからね。


> >【S能登】
> >兄様これにどうやって勝つの。
> 精神力で「恐怖」に打ち勝つベタな展開になるんでしょうか。
>
> ふと思ったんですが、ラストの白哉は虚像ではないかと。
> あれは、「千本桜の無数の刃」で形成された偽者。
> 本物はノトが豆粒にしか見えないほど遠くにいて、
> 「神の怯え」は効果を発揮しないとか。
>
> 白哉はノトと真正面から戦わないと思うのですよ。
> 一度痛い目に遭わされているので。

あの兄様はすでに千本桜を散らしているので、
兄様の姿自体がすでに幻影・虚像などなんらかの仕掛けを施している可能性はありますね。

ノー対策ということはないはずなので、
何か策はあるだろうとは思いますが。
精神論で克服は能登さんの能力がしょっぱくなってしまうので違う解決策がいいかなあ。


> ◆アイアンナイト
> 菊田は鉄兵の自滅(熱爆発の使いすぎによる融解)を狙って、
> 兵隊を動かしそうですね。
>
> 正直、桜山の援護なしで、鉄兵が菊田に勝つのは難しいかと。
> 菊田の戦術に翻弄されて、窮地に追い込まれる気が・・・。
>
> たぶん、ユキが勝利の鍵になるんだろうと思います。
> 鉄兵の迎撃に夢中になっている菊田を、背後から爪で!

確かに長期戦に持ち込まれると鉄兵に勝ち目はないですね。
既に囮役として1戦やらかしてるわけですし。
いざとなったら基地内の人を人質にとる、とかもやりそう。

そこをユキちゃんが背後から(ry


> ホワイトデー企画に作品名があるので、
> 今期は打ち切りを免れたのかもしれません。
> (今回終了した2作品と『べるぜ』はありません)

今回は乗り切れたみたいですね。
しかしこの作品、投票対象が
(存命キャラでは)鉄兵とカズモチしかいないのではw


2014.02.21 Fri 01:09 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
隆明さん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> >8と96
> この出来で佳作とは・・・判定が厳しいですね・・・
> 内容が少年誌向きじゃない・・・という理由だけで入選させなかったのだとしたら作者が可哀想だなあ・・・

講評にはどこにも「少年誌向きじゃない」とは書かれていませんよ。
仮にそういう欠点があったとしても
それ以外に「ここが悪かった」というのは講評に記されているわけですから
上記の理由「だけ」で落とされたわけではないことは明らかです。


> 暗殺教室>浅野君の小物化にはがっかり・・・・
> 理事長の弱みを握って支配してやるという野心は買っていたのですが、実際は理事長が怖かっただけ・・・竹林君にさんざん言われた上にぐうの音も出ない事が全てを物語っています。

彼はむしろ小物化することがE組入りのフラグなんじゃないかと思っています。


> トリコ>なんか・・・グルメ界編に入ってからトリコ達が急激に凛々しくなりましたね。
特に小松はメインキャラなのに(鼻が)ブサイクというのは
不評な部分もあったのでしょうw


> べるぜ>もしかしたら・・・ギリギリ打ち切りは免れたかも・・・!? めだかも終わる終わると言われながらも持ちこたえましたし。
ホワイトデー企画の投票対象によると
どうも終了するみたいですよ。
2014.02.21 Fri 01:36 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
DEEP PURPLEさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> どうも、DEEP PURPLEです。僕は漫画家・今村陽子先生を応援しています。
wikiってみました。
青年誌系、ジャンプだとウルトラジャンプで描かれたことがある方ですね。


> >i・ショウジョ
> 期待通り好みの作品でした。やっぱり僕、高山先生のセンス、好きです。個人的にこれは当たって欲しいと思います。この漫画、おそらくそのセンスを理解できるかどうかで好き嫌いが分かれると思います。
> ところで、今や死語になりつつある感がある「いやし系アイドル」という言葉が使われている辺り、先生の年齢を感じさせるなあと思いました(注:高山先生は現在34歳位だったと思います)。

いやし系、確かに最近めっきり聞かなくなりましたねw
一周回って再度この漫画をきっかけに流行ったりするかもw


> >暗殺教室
> うーん、個人的にはもうちょっとA組にいても良かったと思うのになあ…。それで竹林の変貌ぶりを見て一般生徒たちのE組に対する印象が変わっていき、そしてしまいには先週も言いましたように「自ら進んでE組に落ちようとするキャラが出て来る」という展開になっても面白かったと思うのですが。
> それにしても学秀、ますます小物化が進んでますね。最終的に「愛すべき小物」というポジションに落ち着きそうな予感もします(笑)。

ちょっと物足りない結末になったシリーズでしたね。
ですがDEEP PURPLEさんのおっしゃる展開も、
今後話が進んで理事長の教育制度が崩壊しかかってころに実現するかもですね。

学秀くんは、エロキャラが定着した岡島くんのように
キャラがこれで安定していくかもしれませんw


> >BLEACH
> 先程まで優勢な感じだったのにあっさり覆されるとは…。ただ、白哉が駆けつけて来たのは燃えると思いました。久保先生、こういう燃える演出はやっぱり得意だなあ…。

師匠の演出力は目を見張るものがありますからね。
演出に全精力を注ぎこんでいるんじゃないかってくらいw


> >アイアンナイト
> ユキが敵でなくて、なおかつ間一髪で助かってホッとしました。それにしても容赦ない展開だ…。
> そして、明らかに打ち切り決まったような展開ですね。菊田を倒して「俺達の戦いはこれからだ!」という感じで終わりというところでしょう。

展開巻いてますよね。
タイトルの由来も出してしまいましたし。
基地編終わってからの展開も見えないですしねえ。


2014.02.21 Fri 01:50 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/569-a5828a7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。