日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2014年14号の感想と予想その2 | main | 週刊少年ジャンプ2014年13号の感想と予想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2014年14号の感想と予想その1
ここ何回か1まとめにしていましたけど
今回は2つにわけるよー。







◆TOKYO WONDER BOYS

のっけから
「Jリーグ終了のお知らせ」
「ギャハハハハ」
を思い出させる展開。

この作品はあの伝説のサッカー漫画を越えられるだろうか。
いろんな意味で。

読切で多用していたジャンプネタは控えめになってますが、
南條と監督のキャラがどうにも受け入れがたいというか、特に監督。
「普段はふざけているけど決めるところは決める」
んじゃなくて
「普段もふざけているし決めるところでも結局ふざける」
ものだから、
つまりちゃらんぽらんな奴という印象しか受けないのであります。

主要キャラの好感度が上がらないとけっこう厳しい戦いになるやもしれんよ。






◆ONE PIECE

【ウソランド】
ルフィやフランキーと違って、
彼は特にドレスローザ人との繋がりは深くないので
そこまで戦いに乗り気ではないのはわからんでもないですが、
しかしそろそろやる気を見せていただけないものか。

レオを拾ったウソランドですが、
レオはまだ例の激辛グレープを持っていたので、
ここらで一発、狙撃手さんの腕前でシュガーの口内に放り込んでですな。
レオごと。


【シュガー】
トレーボルを「ガン」と蹴っ飛ばしてるけど、
ネバネバしてない硬いところを蹴ったのか、
シュガーが覇気使いでネバネバの実態を蹴飛ばせるのか。


【ディアマンテ】
ヒラヒラの実は、ヒラヒラにすると重量もなくなるってことですかね。
そんで棍棒をヒラヒラにして持っておくことで重量制限にひっかからず
大量の武器を持ち込める、のか?

便利だし応用は効きそうだけど、
他の最高幹部と比べるとイマイチ派手さがないですよね。
やはり悪役の能力としては・・・


【兵隊】
まあ、消去法的にもうキュロスしか考えられなかったですからね正体。

故に正体そのものに驚きはなかったです。

気になるのはかつてキュロスに一太刀浴びせたのが誰なのかってのと、
その一太刀と片足に関係があるのかどうか。

兵隊が片足だったのは、キュロスがそもそも片足の戦士だったから、
というのもありそうで。
となるとその一太刀で足を落とされてしまったのか、とか。

でもレベッカの剣がそうであるように、
当時のコロシアムでは本物の刃物は使われてなかったから
片足とは関係ないか。






◆ステルス交境曲

【透明竜誕生秘話】
タイトルの由来とか、あとこの透明竜の生い立ちとか、
読切では出てこなかった情報が出始めてきました。

「細かい作業が苦手だから人間に化ける」はずの竜族が、
なんで竜の姿のまま鉛筆片手に研究ノートとってるんですかw
そこはあなた人間の姿使いましょうよw


【暗殺者ギルド】
成田先生は群像劇が得意だと、以前からうかがっていましたが、
これはまた大量にキャラを投入してきましたね。
第一話の扉にいたキャラは全員V&Vの社員だと思ってましたが、
暗殺者ギルドの人も混じっていそう。

ステルス交境曲が「この街の"組織"の掟」らしいので、
V&Vや暗殺ギルド以外にもまだまだ組織が出てきたりするのかしら。警察とか?
成田先生作品ではそんくらい普通だったりするんかしら。
組織じゃないけど、
BLEACHのノベライズでは5つくらい勢力が同時に動いてたもんなあ。

最近記憶力が鈍ってきたんで、
増え続けるキャラ立ちをちゃんと覚えられるかどうか心配。






◆暗殺教室

【8巻】
明日発売ですよ。
最初見た時何の表情かと思ったら、
「あのモード」ですね。
意外とネタは尽きないモノですねえ。
まだド怒りも使ってないし。

でもド怒り表紙って見た目怖すぎて売り上げに響くのではw


【ビッチ先生】
ロヴロさんが死んだこととか知らなさそうだなこれは。
能天気すぎる。

そろそろシリアス編に突入して
ロヴロさんの件を詳しく知りたいんですけども。

いやさどうでも良さそうなシリーズにこそ
布石を仕込んでくるのが松井せんせー。
死神さんがケイドロの最中に割り込んでくるとか?
それならシロイトナが乱入する方がまだありそうですけども。


【律】
なんか最近はすっかり二次元コスプレマシーンと化していないか。

いいぞもっとやれ。






◆ワールドトリガー

【表紙&巻頭】
来た!
葦原先生の時代が!!

賢い犬から苦節4~5年くらい。
いやあ長かった。長かったさ。

ストラップ発売とか、ぼんちコラボとか、
いい感じに風が吹いているので
これに乗ってそのまま、願わくばアニメ化にこぎつけてくれればなあ。


【ラービット】
「ラービットは"まだ"プレーン体」
ということは、
つまり時間をかけて、あるいは何かの条件を満たせば
進化するという意味に解釈できます。

そこに「捕獲用」というラービットの特性を絡めて考えると、
「捕えた相手の能力をコピーする」のではないかなと思ったんですが、
今週見せたビームは特に関係なさそうですね。

ショットガンぶっぱなしたら即、諏訪さんのだとわかったんですが。


【木虎】
血も涙もないスコーピオンキック、気にいったんでしょうか木虎さん。

今週ラストで修くんが見たものとは!?
1:血も涙もない木虎がラービットをばらしてほくそ笑む姿
2:ラービットが3バカを吸収して酉の陣を披露
3:ラービットが木虎を吸収してちょっと巨乳に

さあどれだ。


【玉狛】
きっと単行本オマケで解説されるに違いないやしゃまるシリーズは置いといて、
イルガーのシミュレートもできるってのは
これけっこう大事なとこだと思うんです。

イルガーがこちらの世界に出現したのは、
たぶん木虎さんが応対したあのときが初めてだと思うんですよ。

あの1回でシミュレートするに足る情報が集められたとは思えないので、
玉狛は最初っからイルガーの事を知っていたわけですよね。
恐らくは近界民のエンジニアとやらが。

イルガーを使う国自体がそんなにないということですから、
玉狛エンジニアがキオンかアフトクラトル出身という可能性も?


【修】
修くんのイメージした動きが
遊真のそれだったというのは胸アツであるとともに納得ですね。
一番近しい強者である、というのと、
実際にモールモッドを倒す姿を見ていますからね。

修くんは負けて負けて負けて相手のパターンを学習し、
最後には勝つというなんとも泥臭い主人公気質ですね。
そんな修くんに初戦で負けたバンダーェ・・・

しかしこうしてみるとレイガストけっこう万能じゃね?
飛べるし、硬くなるし、伸びるし。
今回なんてモールモッドの背後から剣伸ばして
目玉まで斬撃届いてたんだから、そーとー長いよアレ。


【一周年突破企画】
人気投票か?
人気投票なんだろう???





面白かったのに割と書くことがない号でした。
ってまだ後半あるけど。

スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 23:03 | トラックバック:0コメント:4
コメント
>そんで棍棒をヒラヒラにして持っておくことで重量制限にひっかからず
>大量の武器を持ち込める、のか?

キャベンディッシュのセリフでは「防具には重量制限がある」ということなので、武器の持ち込みは自由なんじゃないですかね。なので、ヒラヒラにしても重いままかも。

>玉狛は最初っからイルガーの事を知っていたわけですよね

それだとさすがに本部と情報共有しておけよという感じもw
危険な機能持ってますしねえ。

2014.03.04 Tue 00:09 | URL | グッドマン
◆TOKYO WONDER BOYS
>南條と監督のキャラ
印象が悪かったですねぇ・・・。
これでは、「SA西ヶ丘の大逆転劇」への興味まで薄れてしまいます。

チーム、主要キャラともに魅力に欠けていますから、
ヘタしたら2話以降は、メイン読者に読み飛ばされてしまうのでは。

◆ワールドトリガー
>【表紙&巻頭】
小説化とか発表されないだろうか。
1周年突破じゃまだ早いかな?

>【ラービット】
この「ラービット」は、捕獲行動を見せませんね。
すぐ近くにトリオン怪獣がいるというのに。

市街地に侵入したら、破壊・殺害行動に切り替えるよう
プログラムされているんでしょうか。
そうした方が、ボーダーをより惑乱させられるでしょうし。

>【木虎】
3で吹き出しましたが、1でしょうか。
修は「ラービットが相手だと、A級でも単独では負ける」という
レプリカの発言を聞いていたので、
木虎が「ラービット」に圧勝した姿を見て困惑気味なのかも。

>【玉狛】
確かに、「イルガー」をシミュレート可能なほどのデータを
1回だけの交戦で集めた・・・というのは考えにくいですね。

しかし、「イルガー」のデータを持っていたのなら、
本部に伝えておけよと思いますw
これは、林藤のダークな一面を示唆しているのか?

>【修】
>そんな修くんに初戦で負けたバンダーェ・・・
ま、まぁ、レプリカ先生のアドバイスがありましたし、
ボーダーのトリガーは優れものですから。

>【一周年突破企画】
間違いなく人気投票ですよねw
気が早いですけど、結果は迅が1位でしょうね。
2014.03.04 Tue 21:19 | URL | 秋あかね
Re: タイトルなし
グッドマンさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> >そんで棍棒をヒラヒラにして持っておくことで重量制限にひっかからず
> >大量の武器を持ち込める、のか?
>
> キャベンディッシュのセリフでは「防具には重量制限がある」ということなので、武器の持ち込みは自由なんじゃないですかね。なので、ヒラヒラにしても重いままかも。

そういえば「防具」としか言ってませんでしたね。
武器は大量に携行してもかさばるだけだから
特に制限設けてないのかも。

しかしあの小ささに折りたたんでいながら重量同じとなると、
ポケットに穴あきそうですねw


> >玉狛は最初っからイルガーの事を知っていたわけですよね
>
> それだとさすがに本部と情報共有しておけよという感じもw
> 危険な機能持ってますしねえ。

本部に情報渡しておけば、
自爆特攻のこととかも事前に知れたわけですしね。
いくら玉狛と本部が仲良くないからといって
情報を秘匿する、というのはなさそうですね。


2014.03.09 Sun 23:15 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
秋あかねさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ◆TOKYO WONDER BOYS
> >南條と監督のキャラ
> 印象が悪かったですねぇ・・・。
> これでは、「SA西ヶ丘の大逆転劇」への興味まで薄れてしまいます。
>
> チーム、主要キャラともに魅力に欠けていますから、
> ヘタしたら2話以降は、メイン読者に読み飛ばされてしまうのでは。

この監督なら低迷も仕方なし、という印象になってしまいますしねえ。
味方側の登場人物に応援したくなる・共感できるようなキャラを出さないと
厳しそうです。


> ◆ワールドトリガー
> >【表紙&巻頭】
> 小説化とか発表されないだろうか。
> 1周年突破じゃまだ早いかな?

グッズ化やぼんちコラボのことを考えると、
小説化もありうる、かも?

A級隊員の昔の話(それこそとりまる先輩の貧乏話とか)、
正式入隊日までの特訓の話とか、
いろいろネタにできそうなものはありますし。


> >【ラービット】
> この「ラービット」は、捕獲行動を見せませんね。
> すぐ近くにトリオン怪獣がいるというのに。
>
> 市街地に侵入したら、破壊・殺害行動に切り替えるよう
> プログラムされているんでしょうか。
> そうした方が、ボーダーをより惑乱させられるでしょうし。

3バカに対しても、捕獲ではなくて
ビームで殺そうとしてましたしね。
仰るように市街地に近づいたり、
あるいはプレーン体でないラービットは捕獲より破壊優先なんでしょうかね?


> >【木虎】
> 3で吹き出しましたが、1でしょうか。
> 修は「ラービットが相手だと、A級でも単独では負ける」という
> レプリカの発言を聞いていたので、
> 木虎が「ラービット」に圧勝した姿を見て困惑気味なのかも。

仮にもボーダー的「キセキの世代」ですし、
並のA級とは違うんです、ってところを見せてくれますかね。

あるいは敗北することすら近界民側の作戦なのか。


> >【玉狛】
> 確かに、「イルガー」をシミュレート可能なほどのデータを
> 1回だけの交戦で集めた・・・というのは考えにくいですね。
>
> しかし、「イルガー」のデータを持っていたのなら、
> 本部に伝えておけよと思いますw
> これは、林藤のダークな一面を示唆しているのか?

遊真がいなかったら、イルガーの自爆で甚大な被害が出ていたわけですしねえ。
知っててイルガーの情報を秘匿していたのだとしたら
わりと玉狛がブラックな気がします。


> >【修】
> >そんな修くんに初戦で負けたバンダーェ・・・
> ま、まぁ、レプリカ先生のアドバイスがありましたし、
> ボーダーのトリガーは優れものですから。

レプリカ先生の弱点レクチャーがなかったら
バンダーにも2,3回は負けていたかもしれないですねw


> >【一周年突破企画】
> 間違いなく人気投票ですよねw
> 気が早いですけど、結果は迅が1位でしょうね。

迅さん本命でしょうねー。

主人公2人に、女性票を数ポイント跳ね上げるサイドエフェクトを持つ三輪隊長、
さらには21歳児、もじゃヒゲ青春二刀流も強そうです。


2014.03.09 Sun 23:26 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/571-83a71823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。