日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2014年16号の感想と予想その1 | main | 週刊少年ジャンプ2014年15号の感想と予想その1
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2014年15号の感想と予想その2
背表紙は登場順とかはそこまで関係なく、
近しい関係・所属の人から順に出てくるみたいですね。
となると次はキャサリンか。





◆暗殺教室

【暗殺者募集】
本編に出てくるわけではなく、
あくまでも扉絵出演に留まるわけですね。
それでもこの作品に出られるのなら大いに価値はあるでしょうが。

とこるでシロさんは保護者であって暗殺者ではないような。


【ケイドロ】
誰かにスポットが当たるわけでもなく、
シリアス系の話に広がるわけでもなく、
特に何もなくいたってフツーに終わりよった。

ヌルヌルの実の能力者である殺せんせーでも、
水にまったく触れられないというわけではないはずですが、
さすがに水中で3対1は分が悪いと判断してのことでしょうか。






◆食戟のソーマ

「言い方・・・」で
ナレーションに汗をかかせる手法にとんでもない違和感。

ナレーションは極力、文字を発するだけの存在にすべきで、
そこにキャラや人格を感じさせてはいけないと思うんですよ。

ナレーションはあくまでも読者に情報を伝えるためだけにあり、
作中世界に存在しているわけではないのですから。
人格っぽいものを与えてしまうと
「読者と同じ神の視点から作品を眺めているこの人物は誰なの?」
って、すごく不可思議な気分に襲われる。

「作者の声です」
ってしてしまうと、
「自分で考えた話に自分でツッコミを入れている」
と言う関係になるので、それはそれで白けてしまう。

というわけで、一色先輩をボケとして使うつもりだったなら、
もう一人他にツッコミ役を同行させるべきだったのではないかなあと。
そうすればナレーションにツッコミを入れさせる必要もなかったろうに。

って今回は全然内容の感想書いてないけどまあいいや。






◆BLEACH

【今週のサブタイトルをExcite先生に翻訳してもらおうのコーナー】
a Devilish Perspective
     ↓
極悪非道な展望

どんな展望ですかw

Perspectiveには景色とかの他に
「(物事に対する)見方、視点」
という意味もあるので、
見えなくなるし、認識もできなくなるという
Vの能力を良く表した単語と言えそうです。


【V】
ちょっと能力を整理してみましょう。

モード1:透明化。絵での表現は「白塗り」。
     見えなくなるだけなので物理的な接触は可能。

モード2:存在消去。絵での表現は「ぐねぐねしたトーン」。
     存在が消えるので攻撃をすり抜けられるが、こちらからの攻撃も不可。

モード3:記憶消去。絵での表現は「目と口が黒塗り」。
     これを使った後は(恐らく)モード1,2に直接戻ることは不可能で、
     一度能力を解除して姿を現さないといけない。

基本の戦法は、モード1と2を行き来しての不可視攻撃と攻撃すり抜け。
モード1の時に相手がカウンターを仕掛けてくるようになったら、
モード3に切り替えていったん記憶をリセット。
またモード1と2の切り替え攻撃。

というハメ攻撃が可能な鬼畜能力ですね。

でもこの能力はハズレの部類と言っていいと思います。

だって、モード3を一回使うと、
家族からも仲間からも忘れられて「一人ぼっち」になっちゃうんですよ?
シュガーに触られたおもちゃ達のごとく。

親友や恋人がいたとして、モード3を使ってしまえば
また「はじめまして」からやり直しです。
「誰かのために」この能力を使って戦い、勝ったとしても、
その誰かはもう自分のことを覚えていません。

てか、グエナエルさん、今後大丈夫なん?
他の騎士団員も、陛下ですらも、あなたのこと覚えてないんですよ?
バズビーさんみたいな好戦的なヤツと遭遇したら
敵と間違われて攻撃されるんじゃ。


【やちる】
「剣八がグエナエルを倒す(キリッ」
みたいなことを先週言ってしまった手前、
このままやちるが勝利してたらわりと恥ずかしい。

でもやちるが強キャラだったのは良かった。
長年の希望が実現したですよ。

でも三歩剣獣って、これ斬魄刀なん?
大きさ的には卍解でもおかしくない、っていうか、
こういう「召喚」系の斬魄刀ってこれまでにないですよね。
刀が変化して別の存在になるみたいなのはありましたけど、
刀が原形をとどめたまま別の生き物を呼び出すってのは前代未聞?
わんこ隊長の明王はそんな感じでしたっけ?

斬魄刀ではない全く別の何某、ってのも期待したいです。

ところでグエナエルさんに剣が当たったのは、
やちる本体の剣をかわして油断し、モード1に戻ったところで
遅れてやってきた「まねっこの剣」が命中したから、ですね。
鼻から出血する前に、グエナエルさんがモード1に戻っているのが描写されてます。






◆SOUL CATCHER(S)

【ライバル】
今後戦うであろうライバル勢ぞろいに加えて、
中学生の部で出てきた聴川くんと演藤さんは
来年度、鳴苑に入学してきそうですね。どっちも3年だし。
聴川くんは遠いからひょっとしたらライバルポジかもしれないけど。

パートリーダーを全員攻略したら次はどうするのか、と思っていたけど
そうか、新入生のカウンセリングをするという方法もありましたね。

この後のパートリーダー大集合といい、
敵・味方・新キャラを総登場させた、新章突入前にふさわしいまとめ回でした。


【パートリーダー会議】
第二話のリーダー総登場回再び。

あの時と比べて、みんなの心が融解していて
神峰くんがいかにこれまで頑張ってきたのかということが
読者的にも直感できるよう描かれていますね。

てか神峰くんが来る前はすっごい殺伐とした部活だったんじゃないのかコレw

神峰くんと刻阪くんの間にチラッとだけ「壁」が見えます。
まだ攻略していない金管リーダーの誰かの心を表しているんでしょうか。
たしかに第二話のときにも「壁」は描かれていたような。
位置関係的に女性2人のどっちかですかね。

それとチェーンソー使いは結局誰だったんや。


【さくらまつり】
祭り会場でまた吹奏楽部が出張演奏でもするのかと思ったら、
予告を読むにどうもただのお花見っぽい?

神海っちゃんは番外編もカオスで面白いので
NEXTを読むようなノリで期待しておきますw






◆アイアンナイト

【1年後】
屋宜先生の次回作にご期待ください!

・・・という文字があるかどうかを真っ先に探してしまったよ。
鉄兵の雄姿には目もくれず。

ちなみにこの展開は、
読切版アイアンナイトのラストを踏襲していますね。
あっちはもうちょっと救いがない終わり方でしたが。
だからなおのこと終わりかと思ったよ。


【炎】
ユキちゃんの意味深発言。

彼女が何を言っているのかと共に、
なぜそれを知っているのか、というのも気にかかります。

ユキちゃんは偶然、鉄兵と出会ったわけではなく、
最初から彼の正体を知って近づいてきた、のか?

「奥底にある炎」を使うとどうなってしまうのか。
真っ先に思いつくのは
「人間に戻れない」
ってのですかね。
気絶してから1年後まで含めて、一切「人間の姿」を見せていないもので。


【翼ちゃん】
心ここに在らずだったのは、結局どういうわけだったのでしょうか。
次回以降明かされるかなあ。
1年ずっとあんな調子で生きてきたんか。





信用ならない次回予告。

暗殺教室:「イトナ再登場」
え、まじで? 信用ならないとわかっていても期待しちゃうよ。

食戟のソーマ:「料理教室でとまどう創真と田所」
・・・それは今週終わったよ編集。

銀魂:「鯱先生のゴーストライター疑惑」
当たってなくてもこの予告だけで面白いw
時事ネタ好きねえ空知先生も編集も。


ではまた来週・・・
と行きたい所ですが、実は今週金曜日にNEXTが出るので
来週待たずに更新するかも。

ではノシ
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 23:37 | トラックバック:0コメント:9
コメント
>信用ならない次回予告
>暗殺教室:「イトナ再登場」
自分は今話のラストの新聞の下着泥棒がイトナの仕業でイトナ君がおかしな進化をしたか、シロが先生に有効な精神ダメージ作戦辺りを立案したのかと考え、予告を見て正解だと確信したのですが、色んな所の感想で普通に先生の仕業だと思われていて悲しくなりました笑
2014.03.12 Wed 00:00 | URL |
◆BLEACH
>【V】
>モード3
躊躇せず発動しているところを見ると、
恐らく、有効範囲が狭いんじゃないかと思います。
しかし、グエナエルが大間抜けの可能性も・・・。

>【やちる】
>三歩剣獣
言われてみれば、狛村の卍解がこのタイプですね。
ということは、獣たちが傷つけられると、やちるにも傷が? 

恐らく、グエナエルはモード1のまま避けたんだと思います。
モード2に切り替えたのなら、後方に飛ぶ必要はありませんし。

「無敵ゲーム楽しい」のときも、モード1のまま避けてますから
やちるを侮っているみたいですねw

>◆SOUL CATCHER(S)
>【パートリーダー会議】
>それとチェーンソー使いは結局誰だったんや。
まさか、1年近く経っても不明なままとは・・・。

◆アイアンナイト
>【1年後】
これ見た瞬間に、覚悟しましたよ・・・。
「屋宜先生の次回作にご期待ください!」をね。
心臓に悪すぎる。

ユキの発言や翼の精神状態など、
気になる謎を残したまま1年経ってしまった・・・。
次回でどこまで明かされるんだろう。
2014.03.12 Wed 21:46 | URL | 秋あかね
どうも、DEEP PURPLEです。今回は感想を描いてない作品に対するコメントがございますのでご了承ください。

>食戟のソーマ
何か微妙に絵柄変わってるような気がしますね…。
さて、今回の話、佐伯先生が幼女を描きたかっただけなんじゃないか?と勘繰ってしまいました(笑)。

>i・ショウジョ
話数カウントを見たところ、どうやら「一の位が章そのものの数、小数点以下がその章の何話目かを表している」という形となるようですね(予想はしていましたが)。
さて、今回の主役、個人的に前回のより好みだなあと思いました。ちなみに今回の2人、ロリ・ショタ好きにはたまらないだろうと思います。ハッキリ言って小学生にしか見えません(笑)(ちなみに僕はロリはそれほど好きな方では無いです)。

>BLEACH
>>「消尽点」
こんな強くて実用的な能力をギャグっぽく描くあたり、やっぱりこの漫画だなあと思いました(笑)。
そして、
>>三歩剣獣
やっぱりやちるは剣八の妹分だなあと思いました。ヤバそうな本性が今にも頭に浮かんで来そうです(笑)。

>アイアンナイト
むしろ「まだ終わらないのかよ…!」と思いました。

それでは、今回はこんなところです。自分で言うのも何ですが最近コメントが毒舌気味になってきているような気がします。ではまた。
2014.03.12 Wed 22:29 | URL | DEEP PURPLE
Re: タイトルなし
コメントありがとうございますm(_ _)m


> >信用ならない次回予告
> >暗殺教室:「イトナ再登場」
> 自分は今話のラストの新聞の下着泥棒がイトナの仕業でイトナ君がおかしな進化をしたか、シロが先生に有効な精神ダメージ作戦辺りを立案したのかと考え、予告を見て正解だと確信したのですが、色んな所の感想で普通に先生の仕業だと思われていて悲しくなりました笑

なるほど。
あれはてっきりせんせーの仕業だとばかり思ってましたw
せんせーに窃盗の罪を着せる作戦、シロさんならやりかねませんね。
せんせーは、食べ物でもやろうと思えば窃盗何て朝飯前なのに
律儀に行列に並んだり金払ったりしてますから、
下着ドロに手を染めるのはちょっと考えにくいかもですしね。


2014.03.15 Sat 10:48 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
秋あかねさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ◆BLEACH
> >【V】
> >モード3
> 躊躇せず発動しているところを見ると、
> 恐らく、有効範囲が狭いんじゃないかと思います。
> しかし、グエナエルが大間抜けの可能性も・・・。

そうか、効果範囲が狭い可能性もありますね。
モード1と2が「グエナエル自身」に作用するものだったので、
3も「グエナエルという存在についての記憶」すべてが消えるもんだと思ってました。


> >【やちる】
> >三歩剣獣
> 言われてみれば、狛村の卍解がこのタイプですね。
> ということは、獣たちが傷つけられると、やちるにも傷が? 

動きをまねっこするところも同じですね。
ところで獣たちは姿をけせるようですが、
それこそ消えている状態ではモード2のように当たり判定もなくなるんでしょうか。
だったらむしろわんこ隊長より性能がいいかもw


> 恐らく、グエナエルはモード1のまま避けたんだと思います。
> モード2に切り替えたのなら、後方に飛ぶ必要はありませんし。
>
> 「無敵ゲーム楽しい」のときも、モード1のまま避けてますから
> やちるを侮っているみたいですねw

これについてなんですが、
どうやら私、モードと絵の表現を勘違いしてまして、
・モード1:トーンの身体、目と口と鼻が描かれる
・モード2:白抜きの身体、目のみ(開いていれば口も)描かれる
みたいなんですよ。
つまり、モード1と2の表現を逆に理解してたみたいなんです。

「無敵ゲーム」のときにナイフをもってやちるを斬りつけている時、
グエナエルは当然、モード1のはずですが、
このとき「鼻」も描かれていました。

鼻があるとき、モード1で、
目だけのとき、モード2ってことになります。

そして、グエナエルがやちるの鉄拳や刀を避けたとき、
どちらも「目だけ」になっていました。
彼があのときモード2になっていたことは間違いないと思います。

なぜ無敵のモード2のとき後ろに下がったか、というと、
モード1に戻すもしくは姿を現す時に当たり判定が復活するので、
「念のため距離をとる」
ということでないでしょうか。


> >◆SOUL CATCHER(S)
> >【パートリーダー会議】
> >それとチェーンソー使いは結局誰だったんや。
> まさか、1年近く経っても不明なままとは・・・。

金管の誰か、がそうなんでしょうか。
もしくは谺先生という可能性もw


> ◆アイアンナイト
> >【1年後】
> これ見た瞬間に、覚悟しましたよ・・・。
> 「屋宜先生の次回作にご期待ください!」をね。
> 心臓に悪すぎる。

新連載攻勢が始まったばかりなので、
時期的に打切りはないかとは思っていたんですが、
それでもこの展開は不安になりますw


> ユキの発言や翼の精神状態など、
> 気になる謎を残したまま1年経ってしまった・・・。
> 次回でどこまで明かされるんだろう。

鉄兵以外の面々がどうなっているのか気になりますね。
翼ちゃんもそうですし、
桜山さんが生き残っているんかとか。


2014.03.15 Sat 11:52 | URL | psychobind
Re: タイトルなし
DEEP PURPLEさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> どうも、DEEP PURPLEです。今回は感想を描いてない作品に対するコメントがございますのでご了承ください。
>
> >食戟のソーマ
> 何か微妙に絵柄変わってるような気がしますね…。
> さて、今回の話、佐伯先生が幼女を描きたかっただけなんじゃないか?と勘繰ってしまいました(笑)。

こういう機会でもないと幼女を描く機会はないですからねw
佐伯先生たっての希望でこうなった可能性もw


> >i・ショウジョ
> 話数カウントを見たところ、どうやら「一の位が章そのものの数、小数点以下がその章の何話目かを表している」という形となるようですね(予想はしていましたが)。

みたいですね。ショートオムニバスの形式にふさわしいカウント方法だと思います。


> さて、今回の主役、個人的に前回のより好みだなあと思いました。ちなみに今回の2人、ロリ・ショタ好きにはたまらないだろうと思います。ハッキリ言って小学生にしか見えません(笑)(ちなみに僕はロリはそれほど好きな方では無いです)。
今回の2人はどっちも幼児体型ですね。
オムニバスですから各章ごとにビジュアルにも差を付けないといけないので
さっそくロリ枠を使用してきたんでしょうかね。


> >BLEACH
> >>「消尽点」
> こんな強くて実用的な能力をギャグっぽく描くあたり、やっぱりこの漫画だなあと思いました(笑)。
> そして、
> >>三歩剣獣
> やっぱりやちるは剣八の妹分だなあと思いました。ヤバそうな本性が今にも頭に浮かんで来そうです(笑)。

三歩剣獣はうしろの奴がえらい怖いですねw
味方側の能力とは思えない恐ろしさw


> >アイアンナイト
> むしろ「まだ終わらないのかよ…!」と思いました。
>
> それでは、今回はこんなところです。自分で言うのも何ですが最近コメントが毒舌気味になってきているような気がします。ではまた。

新連載始まったばかりなので、
まだ打切り時期ではないということでしょうね。

この次から読切の続きを描くことになるのでわりつ続きが気になります。



2014.03.15 Sat 12:02 | URL | psychobind
◆BLEACH
>・モード1:トーンの身体、目と口と鼻が描かれる
>・モード2:白抜きの身体、目のみ(開いていれば口も)描かれる
そうか、逆だったんですね。私も勘違いしてました・・・。
ぐねぐねトーンのほうが「透明化」だったのか。
2014.03.15 Sat 15:47 | URL | 秋あかね
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.03.16 Sun 20:47 | |
Re: タイトルなし
秋あかねさん
コメントありがとうございますm(_ _)m


> ◆BLEACH
> >・モード1:トーンの身体、目と口と鼻が描かれる
> >・モード2:白抜きの身体、目のみ(開いていれば口も)描かれる
> そうか、逆だったんですね。私も勘違いしてました・・・。
> ぐねぐねトーンのほうが「透明化」だったのか。

今となってはさして重要でもない話題になってしまいましたが、
どうもそうっぽいですね。
説明コマで白抜きとトーンの体の並びがまちまちなので
勘違いしやすいです(´ー`;
2014.03.29 Sat 09:48 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/574-a5f9f753
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。