日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

週刊少年ジャンプ2009年44号の感想と予想 | main | 週刊少年ジャンプ2009年43号の感想と予想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
七武海パクリ疑惑について
今回の記事は別にどの作品がどの作品のパクリだとか
そういうことを言いたいわけではないんで、
そんな真面目にではなく、
あくまでネタとしてお楽しみくださいね。
ちょっと検索して拾ってきた
七武海パクリ疑惑のコピペ。

「ロマンシング・サガ2」の七英雄
ノエル       天才剣士。七英雄で最も紳士的な人物
ワグナス     古代人探索のためヤウダ国の支配をもくろむ。
ボクオーン    傀儡師。人形を操り戦う。
ダンターグ    暴れん坊。己の体を強化改造することに熱心。
スービエ     海の覇者。海中で戦う。
クジンシー    相手の力の源(LP)を盗む。
ロックブーケ  七英雄の紅一点。相手を魅了する技を使う。

「ワンピース」の七武海
ミホーク     最強の剣士。七武海で最も紳士的な人物。
クロコダイル   古代兵器探索のためアラバスタ国支配をもくろむ。
ドフラミンゴ   他人を操る能力を持つ 。
くま         暴君くま。パシフィスタという改造人間。
ジンベエ     魚人族の長。海中で驚異的な強さ。
モリア       相手の力の源(影)を盗む。
ハンコック    七武海の紅一点。相手を魅了し石化させる。

ロマンシング・サガ2というゲームに出てくる
「七英雄」という7人の敵ボスと、
七武海の設定が酷似しているというもの。

まー、ネタコピペだとは思うんですけど、
これだけ見ると「似てるかも」とは
思っちゃいそう。
自分も十三隊と黄金聖闘士で似たようなことやってるしね。

なんですけど、
これっていわゆる「箇条書きマジック」なんですよね。
似てる要素だけ抜き出すとあたかもそっくりなように感じられるという。
参考

たまたま人数が同じだった七武海に
箇条書きマジックを使って無理やりこじつけた
ってのが真相でしょうたぶん。
個々のケースはそこまでそっくりなわけでもない。

例えば、ほとんどのメンバーは能力や特技が似てると言われているのに、
ワグナス&クロコ、ダンターグ&くまの2組は、
なぜか行動や設定が似てるとしか言われてないんですよね。
それもそのはず、この2組は
戦闘における能力はまったく似ても似つかないから。

砂の能力者であるクロコに対して、
光や火の術で戦うワグナス。
衝撃波やレーザーで戦うくまに対して、
肉弾戦や地震で戦うダンターグ。
能力がまったく似てないんで、
行動や設定で似ている感を出すしかなかったと。

その行動や設定もかなりこじつけが。
ダンターグは強化"改造"などと書かれているから
くまに似ていると思ってしまいがちだけど、
実際にはモンスターを吸収・同化しているのであって
まったく"改造"じゃない。
機械で改造人間になったくまと、
モンスターを吸収して強化したダンターグ。
この2名の特徴を、ちょっと書き方を変えることで
あたかも似ているように見せているだけ。

クロコとワグナスも、
古代人と古代兵器は字面が似ているだけで
中身はまったく違うし、
それぞれの動機も戦力増強と復讐で全く違う。
真っ向から戦争を仕掛けたワグナスに対して
裏で暗躍したクロコ、と国攻めの方法も全然違う。

というわけで、少なくとも7組中この2組に関しては
似てるどころか「全然違う」と思うわけです。
※2012/5/20追記
一方、ハンコックとロックブーケ、ドフラミンゴとボクオーンなんかは
むしろ非常に似ているとは思います。
が、自分は
七武海が七英雄のパクリ、というのは
「7組すべて」が似ていないと成り立たないと考えますので。


7人中2人が全然似てないという時点で、
自分はパクリではないと思うわけですが、
なぜこんなネタコピペが作れたかというと、
七英雄は、漫画・ゲームでの敵幹部集団における
ごくありふれた設定・能力を持った奴らが多いから、
だと思います。
紅一点とか剣士とか暴れん坊とかね。

だから人数さえ気にしなければ
七英雄のパクリコピペって、
同じようなやり方で
いろんな作品に対してこじつけられるんだよね。

例えば、

「ロマンシング・サガ2」の七英雄
ノエル       天才剣士。火の術なども得意とする。
ワグナス     翼を持ち空を飛べる。火や光の術を使う。
ボクオーン    傀儡師。人形を操り戦う。
ダンターグ    暴れん坊。相手を体内に取り込んで強化する。
スービエ     水を使った攻撃を得意とする。
クジンシー    相手の命の源(LP)を奪い回復する。
ロックブーケ  七英雄の紅一点。七英雄二大巨頭ノエルの妹。

「NARUTO」の暁
うちはイタチ   最強剣「十拳剣」や火遁の術を得意とする。
デイダラ    鳥型粘土で空を飛べる。爆弾の爆炎・閃熱で攻撃する。
サソリ     傀儡師。人形を操り戦う。
飛団        殺人狂。相手の血液を取り込んで変身する。
干柿鬼鮫     水遁の術を得意とする。
角都       相手の命の源(心臓)を奪い寿命を延ばす。
小南      暁の紅一点。暁のリーダー長門と兄妹同然に育つ。


別の例、

「ロマンシング・サガ2」の七英雄
ノエル       天才剣士。七英雄で最も好戦的でない人物
ワグナス     翼を持つ。神槍ロンギヌスの固有技を使う。
ボクオーン    狡賢い。人形を操り戦う。
ダンターグ    暴れん坊。物理攻撃メイン。七英雄で最も体力が高い。
スービエ     上半身が人間、下半身がモンスター。槍と水を操る。
クジンシー    即死攻撃を得意とする。
ロックブーケ  七英雄の紅一点。強力な水の合成術を使う。

「BLEACH」の十刃
スターク     最強の十刃。十刃で最も好戦的でない人物。
ウルキオラ   翼を持つ。槍の形状をした必殺技を持つ。
ザエルアポロ   頭脳派。相手のクローンや人形を操り戦う。
ノイトラ      暴れん坊。物理攻撃メイン。十刃で最も体が硬い。
アーロニーロ   上半身が人間態、下半身が怪物。槍と水を操る。
バラガン     即死攻撃を得意とする。
ハリベル     十刃の紅一点。大量の水を操る。


またまた別の例、

「ロマンシング・サガ2」の七英雄
ノエル       火の術、冷気攻撃、格闘など多様な技を持つ。
ワグナス     翼を持ち空を飛ぶ。七英雄のリーダー。
ボクオーン    傀儡技で他者を操る。機動要塞「地上戦艦」を操る。
ダンターグ    肉弾戦を得意とする。七英雄で最も体力が高い。
クジンシー    闇の力を使う剣士。
ロックブーケ  相手を意のままに操る能力を持つ。戦闘は術がメイン。

「ダイの大冒険」の六大団長
フレイザード   火の魔法、氷の魔法、鎧武装による肉弾戦で戦う。
バラン      翼を持ち空を飛ぶ。六団長最強の男。
ミストバーン   傀儡技で他人を操る。機動要塞「鬼眼城」を操る。
クロコダイン   肉弾戦を得意とする。鋼の肉体を持つ。
ヒュンケル    暗黒闘気を持つ剣士。
ザボエラ     相手を意のままに操る毒をもつ。戦闘は魔法がメイン。


とまあ、このように、
やろうと思えばいろんな作品の敵幹部集団に
七英雄の特徴との類似点をこじつけられるわけですよ。
七武海は人数が7人で同じだから
特に七英雄のパクリっぽく感じられるだけ。


まあ、それはそれとして、
こういうこじつけを考えるのは
なかなかに面白い作業ではありますね。
それをもってパクリというつもりはないですけど。
スポンサーサイト

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック

| ONE PIECE考察 | 11:05 | トラックバック:1コメント:7
コメント
こんばんは、初めまして。
この度トラックバックさせて頂いた
「おとなのじゆうちょう」のジョニィと申します。

お許し頂きありがとうございます!
実際にやってみて難しさが良く分かりました…。
こんなに思いつけるなんてすごいですね!

それではまた~。
2009.09.23 Wed 23:55 | URL | ジョニィ
.
信者が必死にパクリ説を否定しているようにしか見えない

紛れもなくパクリです
本当にありがとうございました
2010.11.19 Fri 22:49 | URL | .
Re: .
コメントありがとうございますm(_ _)m

> 信者が必死にパクリ説を否定しているようにしか見えない
>
> 紛れもなくパクリです
> 本当にありがとうございました

最終的には読者各自の判断によりますからね。
自分はそう思わなかったというだけで
いろんな意見があると思います。
2010.11.20 Sat 13:00 | URL | psychobind
ノエルって火の術つかったっけ?
確か月影は冷気属性だったような…
さらにダンターグはプラズマスラストっていう衝撃波みたいな技も使ったハズ。
つまり何が言いたいかというと、NARUTOの説明とそれ以下全てのこじつけ感がハンパなく、十刃や六団長に至っては人数すらあってないので説得力に欠けると思います。

こじつければなんでも説明出来ますが、あまり接点が無くてもダメですよ。
長々と長文失礼しました。
2011.11.16 Wed 09:48 | URL |
Re: タイトルなし
コメントありがとうございますm(_ _)m

> ノエルって火の術つかったっけ?
> 確か月影は冷気属性だったような…

ノエルは第一形態がヒートハンドを使いますね。
正確には火と土の合成術ですが、
まあつまりノエルには火を使った攻撃もあるよという言及です。


> さらにダンターグはプラズマスラストっていう衝撃波みたいな技も使ったハズ。
プラズマスラストは雷属性なので電撃だと思ってました。
名前もプラズマですし。


> つまり何が言いたいかというと、NARUTOの説明とそれ以下全てのこじつけ感がハンパなく、十刃や六団長に至っては人数すらあってないので説得力に欠けると思います。
>
> こじつければなんでも説明出来ますが、あまり接点が無くてもダメですよ。
> 長々と長文失礼しました。

まあ、あれらはもともと
「まるで違う2つの敵組織を無理やりこじつけて似ているように見せかけよう」
というのが目的でしたので、
こじつけ感ハンパないのはその通りですw
ハリベル=池袋とかひどいもんですね。

人数はまあ、7人ぴったりの幹部集団なんてそういませんので
そこにこだわると比較対象がそもそもいなくなってしまうのでw
それに、
今回のはそもそも暁や十刃は七英雄のパクリだ!
と言いたいわけではないので
メンバー数はそんな重要でもないと思ってます。
組織ではなくメンバー個人同士の比較なので。

あと、
クロコとワグナスが似ているとか、
ダンターグのアレを「改造」と言うのが許されるなら、
このくらいのこじつけはアリじゃね?
とも思うんですがどうですかね?
アロニロさんとかザエルさんのこじつけは
かなり気にいってたりするんですが。

2011.11.16 Wed 21:28 | URL | psychobind
七英雄と七武海の類似点について、箇条書きマジックが発生しているという見方は的を射てはいると思う。

ただ、箇条書きマジックじゃ説明つかないことも多いのも事実、たとえばNARUTOやBLEACHとの比較の場合、こじつけ感がワンピースとの比較よりも半端なくなることについて、もともとこじつけようとしているから仕方がないというけどやはりこの点は見逃せないわけで。

たとえば、ロックブーケとハンコックについて。
彼女らは共通点を抽出して似ていると主張されているのではなく、彼女らの本質的に部分が似ているという指摘がなされているのだと思う。
たとえば、ロマサガ2をやったことあるけどうろ覚えの人に、「ロックブーケって誰だっけ?」と聞かれたら「強力な水の合成術を使う」って説明するかな?
やっぱり「魅了の術を使ってくる敵だよ」って説明すると思う。
ハンコックについても同様で、結局彼女らの"最も"特徴的な部分が似ているからこそ、指摘されているのだと思う。
ボクオーンやドフラミンゴだってそうだよね。一番セールスポイントとなっている能力や戦い方が指摘されているのであって、その他些末なことは問題にしてない。
ボクオーンなんかは闘う時、人形遣いというよりもやはり味方同士で同士討ちさせるというイメージが強いキャラクター(本人も「互いに傷つけあって死ね!」って言ってるわけだし)なわけで、ドフラミンゴだってやっぱりそういうことをしているキャラクターなんだし。

一方、例のコピペがクロコダイルとワグナス、ダンターグとくまに関してはこじつけに近いという意見もわからないではない(この点は実際に箇条書きマジックが発生していると思う)。
モリアとクジンシーの類似点についても無理があるって突っ込まれることも多いしね。
そこで結局どういうことになってるかと考えてみると、要するにパクリ説を主張する人間は「でも残りの4人(5人)が似てるからその3人(2人)の似てなさは些末な問題だ」って言ってること、逆に擁護からは「この2人(3人)が似てないからほかの5人(4人)の類似点だってこじつけだ」って言ってること、になってる。
この両者の主張を見るに、やっぱり自分の主張にとって都合の悪いところは上手くごまかそうとしているわけ。

で、僕自身は何が言いたいのかというと、別にパクリと主張したいわけでもなく、パクってないと主張したいわけでもない。
ただ、7という数字の特異性に目はつぶるとして、所詮子供向けゲームと子供向け漫画だからある程度ネタが被るのは仕方ないと思うし。
だから、尾田が七英雄から何かしらの着想を得たのではないか、という推測は可能だと思う。
でも、そこから丸パクリしたとまで結論してしまうのはやはり無理がある。
同様に、尾田は七英雄からパクったりしていない!彼のやっていることはオリジナルだ!っていう推測もやはり的を外している。
そう主張したとしても、やはり本質的な部分での類似点はあるわけだし、それを隠ぺいするようなかばい方をしても無理があるということ。
2012.05.02 Wed 03:50 | URL |
Re: タイトルなし
コメントありがとうございますm(_ _)m


ご意見拝読させていただきました。
以下、私の解釈が間違っていましたらご指摘ください。


私の結論としましては、
> ただ、7という数字の特異性に目はつぶるとして、所詮子供向けゲームと子供向け漫画だからある程度ネタが被るのは仕方ないと思うし。
> だから、尾田が七英雄から何かしらの着想を得たのではないか、という推測は可能だと思う。
> でも、そこから丸パクリしたとまで結論してしまうのはやはり無理がある。

コメントで頂いたこのご意見とほぼ同じです。
丸パクリではない、というのがメインでして、
ハンコックやドフラミンゴは仰られる通り似ていると思います。
また暁や十刃よりは
七武海のが七英雄と共通点多いのもそうですね。
(暁、十刃の比較は
クロコ≒ワグナス、くま≒ダンターグが許されるなら
こいつらも似てることになるよね? 
というレベルです。
それにしたって酷い、と感じられたのかもですが。)

自分は
> 擁護からは「この2人(3人)が似てないからほかの5人(4人)の類似点だってこじつけだ」って言ってること、になってる。
似てないメンバーがいるからといって
他のメンバーも似てない(こじつけ)、とするつもりはないです。
ただ、
「敵集団としての模倣」はないんじゃないか、と。

七武海が七英雄のパクリだとするなら
メンバー全員が似ていないとおかしいと思うんですよ。
「7人の中の何人かだけパクリました」ってのは不自然ですし。

故に
ハンコックやドフラミンゴがどれだけ七英雄と似ていても、
クロコダイルやくまが似てない以上、
七武海は「敵集団として七英雄をそのままパクった」わけではないと。

似ている部分は
> 子供向けゲームと子供向け漫画だからある程度ネタが被るのは仕方ない
だと思います。


自分がパクリでないと思う理由は
「似てないメンバーがいるから」なので
似ているメンバーについては特に記事内でとりあげませんでしたが、
そこは確かに
> やっぱり自分の主張にとって都合の悪いところは上手くごまかそうとしているわけ。

> 本質的な部分での類似点はあるわけだし、それを隠ぺいするようなかばい方をしても無理があるということ。

と指摘されても仕方ない部分だなとは思いました。
都合のいい部分、悪い部分を等しく取り上げないと
箇条書きマジックとやってること変わらないですしね。
時間あるときにでも
「ハンコック、ドフラミンゴは確かに似ている~」
的なことを追記しておこうかと思います。



ちなみにこの記事には続きがあったりします。
ま、やってることはほぼ同じなんですが。
(URLにリンクはってあります。)
すでにご覧でしたら失礼。

この問題に対しての現状の認識としましては
「クロコダイルの"弱み"如何では
本当に七英雄からネタを引っ張ってきてるかもしれない」
といったところです。


以上です。
ご意見ありがとうございました。
2012.05.02 Wed 19:07 | URL | psychobind
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/69-075ac6d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
「めだかボックス」のパクリ疑惑(※ネタ)
 まずは次の記事を読んでみて欲しい。 「七武海パクリ疑惑について」(倩)  この記事の「ONE PIECE」の王下七武海がパクリでは無いかとい...
| おとなのじゆうちょう | 2009.09.23 Wed 19:26
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。