日本人に生まれながら漫画やゲームを楽しまないのはアメリカ人に生まれながらハリウッド映画を楽しまなかったりスペイン人に生まれながら闘牛を楽しまないのと同じだと思うブログ。

青キジの「骨がある一味」発言について | main | 七武海パクリ疑惑について
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
週刊少年ジャンプ2009年44号の感想と予想
コンの姿を見たのはいつぶりだろう。
○BLEACH
-ベストバウト
なんか最近、普通の人気投票をあまり見かけない気がする。

主人公が一位になれない人気投票って
やっぱり作者は嫌がるもんなのかな。

それはそうと、冒頭のカラーページでも出てた
コン絡みの話、コンがチャドに追われる奴は
かなり面白かった記憶がある。
やっぱり久保師匠はコメディを書いてるときが
一番輝いてる気がするなあ。

ああ、ベストバウトは剣八vs東仙で。


-マユリ様ぬいぐるみ
怖えって。
全然「愛くるしく降臨」してませんよ。
暗い部屋に置いといたら子供泣くレベルだよこれは

あ、狛村隊長のは普通に愛くるしいです。


-「流儀に酔って勝ちを捨てるのは三下のすることさ」
それはあなたの同期に言ってあげてください。


-スターク戦決着
ん~、
結局、スタークが群狼を使わなかった理由がわからんので
勝っても釈然としない。
強い能力を持っている相手に対して、
「何とかしてその能力を攻略して勝った」
んじゃなくて
「何故かその能力を使ってこなかったので勝った」
だから、
勝っても「何故!?」って感想しか浮かんでこない。

接近戦で群狼を使うと巻き添えを食うとか、
京楽の能力に巻き込まれた時点で斬撃しか使えなかったとか、
そーゆー理由があるのかもしれんが、
それならきっちり作中で示しといて欲しかったなあ。


○ONE PIECE
-扉絵
ブルックさんはもちろん男のパンツに興味はありません。
しかし、他のメンバーのはまだ話の繋がりは理解できたけど、
このブルックのは繋がってるようにすら見えないな。

女さらわれる→他の人何もしない→作曲

ひょっとして、今作ってる曲にはバーサクの効果があって、
戦わない人達の闘争心を呼び起こしてやろうとでも
思っているんだろうか。


-山場
ワンピースは、シリーズの区切りや山場の話を
単行本の最後に収録するように話数を調整している。

56巻には恐らくエースの素性暴露~戦争開始くらいまで
収録されるはずなので、
そこから逆算すると57巻の最後に収録されるのは
来週の話~5話後のどれかということになる。

つまり早ければ来週にでも大きく話が動くはず。


-今後の展開
そんなこんなで、その山場とは何ぞや、と。

まず、前々から書いてるがたぶんエースは死なない。
それはエースはたぶん仲間になるから。
仲間の法則「○○登場」に従うならね。

あの法則はもう廃れてるって声も聞くけど、
「登場」なしで仲間になったキャラはいても
「登場」ありで仲間にならなかったキャラは1人もいないしね。
(そもそも数自体少ないんだけど)
それに「エース登場」というタイトルが使われたのは
まだ「○○登場の法則」が破られていないアラバスタの頃。

だからエースは仲間になると思うんだが、
白ひげ海賊団を抜けてくるとは思えない。
ので白ひげ海賊団はこの戦争で壊滅すんじゃないかな。
エースはそのあだ討ちのために麦わら一味に同行。

で、白ひげ海賊団を滅ぼすのが、
これも前々から書いてるけど黒ひげティーチ。
シャンクスの「いずれ(白ひげの)首を取りに来るぞ」
という忠告があった以上、
白ひげがティーチのあずかり知らぬ所で死ぬはずがない。
つまり黒ひげは必ず白ひげの所にやってくるはず。

インペルダウンで手に入れた何がしかを用いて
白ひげ海賊団を殲滅すんのではなかろうか。
それがこの戦争でなのか、戦争が終わった後でなのかはわからんが。

ただ、ティーチは世界を震撼させるショーを
「数時間後」と言っていて、
それは今の戦争が続いていてもまったくおかしくない時間。
全世界が注目している戦争の裏で何をやっても
世界が震撼するとは思えないので、
やはりティーチの言うショーとは
戦争に乗り込んでくることではなかろうか。

するとやっぱりこの戦争は
白ひげがティーチに討ち取られて閉幕、
という流れかもしれない。


○NARUTO

-水月さん
ワンピース世界で言うなら自然系能力者のはずなのに、
この活躍できなさっぷりはどうしたことだろう。

やはり自然系は絶対防御だけじゃなく
その攻撃力も重要だったんだなあと実感。


-重吾さん
「ペチャーン」が面白かった。
長門の「ゲソソソ」といい、
岸本先生はそのまますぎる擬音を使うから侮れないぜ。


○賢い犬リリエンタール
今週も安定して面白い。

-「わたくしめが!」
なるほど。読切のときに連呼してた
「わたくしめが」のセリフは
今週のライトニングさんのセリフに
影響されたものだったと。

読切ネタが出てきたところで、
紳士強盗さんの出番はまだだろうか。
来週は隣人さんとの話だから違うっぽいな。


-吉良・ライトニング・光彦
ミラクルストーンとかワイルドギャラクシー山とか
ライトニングイナズマとか、
ネーミングセンスが中学生だ。
だが、そこがいい。

しかし、テレビ番組の登場人物が
突然自分のことを喋りだして、
そしてそのまま登場人物がテレビ画面から出てくるとか、
ちょっとしたホラーだよねこれ。
今回は目的が「遊び相手になるため」だから
マイルドになっているけど。

あと王国兵士。
王様が尻を噛まれた話を聞きながら「ゴクリ...」
の図が実にシュールだ。
「実家で犬を飼っていた」とか真面目に話す王様もシュールだ。


-城の人間をぜんぶひつじに変えたこともある
かなり悪いワリーゼ・カナリーナさんの1コマ、
ストーリー的にはさっぱり必要ないんだけど
なんか好きだこういうお遊び。
400歳とかいう不必要極まりない情報とか。


-「おかえり」「おかえりなさい」「モギュー」
いやあ、この1コマ最高だわ。
そりゃばれるよ。

とうとう同居人まで増えてしまった日野家だけど、
この風船兵士は強いし携帯することもできるから、
今度また黒服に襲われたときに役に立つんじゃなかろうか。


○べるぜバブ
実は今週は1コマもベル坊の顔が見えない。
うん、そんだけです。


○PSYREN
-エルモアウッド(幼)
ああよかった。
またヴァンだけお昼寝中とかではぶられるんじゃないかと
戦々恐々だったもんで。
相変わらず出番は少ないがな。
サッカーボールを持っているのは遊んでのサインだから
遊んであげてアゲハ。


-アゲハ父
父は通信空手でライズにでも目覚めたのか。
結局若さの秘訣については謎のまま。
まあぶっちゃけどーでもいいっちゃどーでもいいが。


-祭先生
まだ先走ってなかった!
予想は外れたがまあ、それならそれで良し。

これで未来の祭先生達の結末を伝えたら、
未来はどう変わるだろう。
1人で暴走することはなくなるにしても、
はっきり言って今伝えられる情報量だけでは
世界崩壊を止めることはたぶんできない。

すると結局は、崩壊後の世界で人命救助をしてる所に
グラナ&シャイナと遭遇という流れは変わらないわけで。
かといって人命救助に行かない、という選択肢は
祭の性格的に考えてありえない。

つまり、世界崩壊を食い止めない限りは
祭先生達は同じ運命をたどるんじゃないかなーと
最近思った。
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

| ジャンプ感想 | 21:16 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://psychobind.blog57.fc2.com/tb.php/70-184598c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2ブログランキング

↓参加しています

FC2Blog Ranking

拍手返信ページ
プロフィール

psychobind

Author:psychobind
※ブログ・記事へのリンクは
ご自由にどぞ。

twitter

最近の記事
カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(7)
  • ジャンプ感想(417)
  • ONE PIECE考察(56)
  • PSYREN考察(17)
  • リリエンタール考察(11)
  • 超好意的BLEACH論(4)
  • その他考察(34)
  • ゲーム関係(5)
  • ジャンプSQ19感想(3)
  • ワールドトリガー考察(4)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
相互リンク&巡回サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。